◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年07月



ごくごくゴルフの一般論であれば
シャフトはしならせて しなり戻して使うモノ
ヘッドでボールを弾いて打つもの
 と思われています。

そこに柔らかいシャフト、重いヘッドを加わると
柔らかいシャフト/重いヘッドの方が
その弾くチカラは強い…と思われがちですが、
その使い方で 柔らかいシャフト・重いヘッドを打つと
👉遅くて飛ばない球
👉低くてだらしない球
👉ただ上がるだけの球
👉見たこともないようなスライス

になったりします。

それは スイングのメカニズム・クラブのメカニズムとして
至極当然の結果で
やわらかいシャフト/重いヘッドのクラブをしならせれば
よりロフトは寝ます。
重く柔らかいので しなり戻しもままなりません。
89aa44d5

しなり戻る工程では
スイングの軌道そのものが外に膨らむ働きが強くなりますので
開いたロフト・開いたヘッドを元に戻す、
ヘッドを返そうとすればするほど ヘッドが返しにくくなります。

ロフトが寝すぎてしまえば 推進力が付かず弾道は遅く、
ロフト具合によっては浮力も付きにくくなります。
当然 スライス気味の球になるでしょう。

しかし それは硬い・軽いヘッドでも基本同じことで
✋弾道の作り方
✋スイング軌道の作り方
✋クラブの機能の利用の仕方
 を
理解していない という結果は同じです。

若い時は運動性能も高く、練習量も豊富に出来ますが
ある年齢になってくると そうも行きません。
その時に クラブの機能を使い方を知らないと
かなり苦しい思いをするでしょう。

IMG_0685



ゴルフクラブとスイングの関係は
基本 重さ〜モーメント の使い方です。

ボールは重さです。

その重さに負けず、遠くに、そして安定して飛ばすには
コチラも重さが必要で、
打撃の瞬間、そして前後には
出来るだけ多くの質量体を動かしておくことが基本です。

クラブも含めた体全体が動いているのと
クラブだけ、ヘッドだけが動いているのでは
対質量に対する強さが異なります。

重さを利用して 自分の体を動かす、
クラブのその形状が スイング動作の方向性や
場合によってはタイミングすら作ってくれます。

ミスは仕方ないですが、スイングの軌道や弾道、
ボールの飛ぶ方向は打つ前から、構えた瞬間から
あらかじめ決まっているものです。
それは クラブの形やアドレスの姿勢など
メカニズムとして作れるモノ であって
スイングする度、振る度、打つ度に
規則性のない軌道や動作を毎回作り直している
今のスイングでは なんの基準も生まれてきません。

そう言う意味でも
重いヘッド 柔らかいシャフト
のゴルフクラブはこれ以上ない
スイングの先生と呼べるのではないかと思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



プロも含めた多くのゴルファー…ほとんどのゴルファーは
殆ど テークバック・テークアウェイで
 ( ゚Д゚) 
右を向きません ( ゚Д゚)
スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


上半身を捻って
上半身の上部〜肩の部分だけを動かして
『クラブだけ』
トップらしい位置へ持っていくだけです。

この時点で
前傾姿勢 という、体の回転の鍵になる部分
を失ってしまいます。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)

そして 非常に恐ろしいことに
そのスイングが自分に馴染んでしまうと
アドレス姿勢の前傾姿勢に意味を成さなくなってしまうので
アドレス姿勢もおざなりな、適当なモノに当然なって行きます。


肩、上半身を上部をねじるスイングには
もう一つ 大きな欠点・欠陥 があります。
それは スイングの後半 トップからフィニッシュ まで
本来 右向き ➡正面向き ➡左向き
という行程がある筈なのですが、
ダウンスイングの初期の段階で
いきなり左を向いてしまい、ボールと正対する
正面向きという時間が存在しない ことです。

正面が無い➡いきなり左を向いてしまう
ということは インパクトにおいて
腕の長さが釣り合いません。
左腕の長さが足らず
右腕の長さが余る という現象になりますから
その両腕の長さ関係では 当然ロフトは開きます。
逆に ロフトが締まるのは神技の領域です。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

スイングでは 体が左を向くということは
ちゃんと 骨盤毎、股関節から回っていなくとも
左サイドが高くなり、右サイドは低くなりますので
左足上がり、登り勾配で打つような弾道になります。

ロフトが開いており、登り勾配で打つのですから
普通の体力・筋力の人が打てば
飛ぶ弾道にならないでしょうし、
余程力のある人が打っても
効率よく飛距離が出るような球にはならないでしょう。
体への無理もかなりすごいですし…( ;∀;)




 で 本題に入るのですが、
その「始まり」に当たるのが
おそらく この部分だと思うのです。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)この状態…というのは
前傾姿勢を保ったまま
骨盤・胴体を右に向けた姿勢で
特に 腕を使ってクラブを上げた訳ではなく、
前傾姿勢の分 ヘッドが高くなりました。
シャドースイングで真似てみて下さい。

で ここから ボールを当てる訳…ですが、
多くの人は この高くなったヘッド 遠くなったヘッド
では ボールに届かない と感じていると思います。

正解は 腕の上から見た枠で左太ももを見るようにし、
その重さによって 体重が左足に移り
その流れの中で 右向きが解け
それによって グリップが移動するからボールに届くのです。
簡単に言えば 体が回り、グリップが移動するから
ボールに届くのです。
✊ですので グリップが移動した分
直線で」ヘッドもボールに向かっていくのです

da454685

しかし 多くの人はこのポジションから
ヘッドで円を描こうとします。
体が回るから 結果としては 弧になりますが、
ここで ヘッドで横に下に円弧を描こうとすると
運動分クラブは重くなりますし、
体が向きを変え円弧を描く、クラブで円弧を描く
をいう 二重の円弧になります。

重さも増えますから、それを相殺する動きで
その重さがかかる 斜め下の反対、斜め上方に
体は引かなくてはならなくなります。

人間のクラブのつながり であるグリップが移動するから、
その分 ヘッドが動く・・・・
ヘッドには重さがあるから その重さ分 ヘッドの動きは鈍い
ということをすっかり忘れ、
スイングは円弧だから、意図的にヘッドで円弧を描く
という スイングのトリックに自らハマることになります

シャフトが柔らかく、ヘッドの重い、弊社の悶絶クラブは
この クラブそのもので円弧を描く という動きには
とても敏感です。
悶絶してしまう方は 総じて
 ここから ヘッドを振ってしまうケースが多く、
逆に悶絶しない人はここを体で、
 ヘッドは直線で動かすイメージを持っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば ダウンスウィングで
ヘッドを振ってしまう動き

この動きは ヘッドがグリップよりも動いている
グリップが止まっているから 出来る のです。

確かに ヘッドには落下したいチカラ が働いています。

クラブの 鎌首を自分の方にもたげた姿勢
を考えれば その ヘッドが落下したいチカラは
クラブ自身を下に下げたい になっておかしくない
のですが、多くのゴルファーは グリップに掛かる
負荷を筋力や握力でねじ伏せて、グリップを
止めてしまい ヘッドの重さで ヘッドを動かして
しまいます。

BlogPaint

勿論 それを「しなければ ボールに当らない」
なにかの 事前な動きがあるのも確かですが
どちらにしても ゴルフクラブのような重量を
使って何かする物体を動かせば なにがしかの
逆らえない力が 働きます。

クラブはその動かし方によって
長さなどを変え、結果として 重さ
打つ人に対する負荷 を変化させます。

そして 忘れがち ですが
その負荷には 必ず ベクトル 方向
伴ってきます。


これから ボールを打つ
そして 動作として 左を向く とか
左に体重を移したい のに
クラブを 右脚の前で、体の右側で
重く、もしくは 長くしてしまったら
いったいどうなるのでしょう。。。

ダウンスウィングで クラブを円に
腕周りで振ってしまうと
創られる遠心力は 右下方
ボールを打つのとは おおよそ 反対の
負荷になります。

クラブが右脚の前で 外に 下に
重くなったら。。。
ボールを目標の方向に打つ のには。。。

そうですね
その掛かる重さと方向の
真反対の力で相殺するしか
方法はないでしょう。

ですから クラブを右側で円に振る
(腕を使って ヘッドを振る)
その行為をしてしまうゴルファーは
その時点で 体も開いて
左上方にクラブを引きつける動きで
そのクラブの作り出す不可抗力を
相殺する動きを 必ず します。

ee213269f2e5a758

02

そう考えると すこし それにヒントが
あると言うコトです。

自分の特徴的な あまり芳しくない動きは
その 
真反対の負荷を相殺する動き
と考えれば クラブの作り出す
その時のその方向への「不可抗力」を
消してあげれば それは自然に消える可能性も
秘めているということです。

そして もう一歩進んで考えれば
左に行きたければ
左に行かなければならない
クラブ姿勢 を作り出していけば
自分で意識しなくても 自然に
必然的に左へ行くことになる
と言うコトです。

今の クラブの姿勢 クラブの位置が
次のアクションの殆どを決めてしまう
と言うコトですから
感触と共に、想像力、推察力 というのは
必要になるでしょう。

こうなってると 次は こうなって
 という 展開力が スウィングを創っていく
と言えるのかも知れません。

そうなると トップから始めろ とも
トップで一度止まりなさい とも
言いませんが バックスウィング
テークアウェイ〜テークバックの
勢いをつけるような動き
 は
クラブを ボールを打つ方向とは
反対方向に重く しかも ずれを
大きく作る動きになるのですから
せめて そこだけでも 改善して頂く のは
如何でしょうか。。。。。。。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社のアイアン HBS-16(5番アイアン) ですと
ヘッドの重さ 320g
シャフト    60g
グリップ    50g
総重量    440g位です。

IMG_0622


ゴルフクラブのその重さは
その姿勢や位置によって
人間に加わる負担として
重さそのものや方向が異なります。



そのクラブの縦方向・重力方向にかかる重さ を
利用して体を楽に回していくには
いつというのがとても重要になります。

スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)例えば 
グリップよりもヘッドの方が低いこの状況では
(グリップ➡ヘッドの方向)へと重さがかかり
運動という係数分、遠心力なども増えます。
この位置関係で クラブの重さを活用しようとすると
逆に 自分の動作・運動の妨げになります。
ゴルフ用語で言われる 右手を使うな 左手のリードだ
みたいなものも この状態で重さを使おうとすれば
そう言う結末になるのだと思います。


ゴルフクラブはスイングする際、
ヘッドが高い時間
(グリップとヘッドの上下関係)  と
ヘッドが低い時間 の二つがあり
当然 それによって かかる重さの方向が異なりますし
重さそのものも異なってきます。

ヘッドの方グリップより高い時間帯 では
クラブそのものの重さは 
主にグリップに掛かってきますから
グリップを動かしやすくなります。

逆に ヘッドの方が低い時間帯では
クラブの重さは運動による重さも加わり
クラブの形状のヘッド方向に外へ外へと
重さが掛かって来て
打ち手との接続であるグリップを移動させ辛くなります。
千人

ゴルフスイングの構造はとてもよく出来ており
ヘッドが高い時間帯 は
スイングにとって
 テークアウェイ後半〜トップ〜ダウンスイングの前半
という 体が右を向いた時間帯
 です。

体が右を向いた状態 は
正しく 股関節〜骨盤毎 右を向いていれば
体の左サイドの方が低い時間帯 ですので、
グリップに掛かる重さ は
 主に左サイド・左グリップにかかり
トップ➡ダウンスイングの前半 では
ボールを打っていく方向に対し
グリップが動かしやすくなります。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

準備 として 体がちゃんと骨盤毎
右を向いていれば、
グリップに掛かる重さ は 重力方向ですが
この重力方向には 動作にとっての縦と横(斜め)が
混じり合いますので 非常に便利です。
このタイミングであれば
一つの方向で 縦横いっぺんに出来るのです。

この位置関係から想像力を働かせてもらうと良いですが
グリップに掛かっている重さは 
グリップエンド➡インパクト位置 の方向ですので
スイングにとっては非常に好都合です。
そして ヘッドには重心距離 と言って
シャフトよりも内側 自分の方に鎌首をもたげた形状が
ありますから それはより有利です。


ヘッドの方が高い時間を失うと
後に 横の動き そして 縦の動き
の二つをする必要が生じます。
しかも、ヘッドの方が低い時間に入ってしまうので
その重さは 単純な目方の 数百グラムではなく
運動が加わった 数キロ〜十数キロ の重さになるのですから
いつ クラブの重さを使うのかは 天国と地獄になるわけです。

dohirakiですので この姿勢などは
意図して この姿勢を作ったのではなく
クラブの重さを処理し
ボールを打った結果 作られたもの…。

クラブを動かす遠心力を
必死に体で引っ張って相殺し
ヘッドとボールが当たるようにした
クラブに振られてしまって出来た結果です。

これで遠くまで正確に飛ばすのですから
やはり すごいと言わざるを得ません。
体を痛めないのか 心配でなりません…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Q:体を回すことが大切なのは分かりますが、
  体の回転をどのように覚えて行くのが良いのでしょうか?
  (漠然としていてすみません…( 一一)

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

A:ゴルフクラブの移動、回転は
腕のさばきを補助に使い、体の回転でグリップを
移動させることが基礎になります。

誤解を生みやすいですが、
体の回転でクラブを動かす というと
長さのある重量物のゴルフクラブを
体の回転で引っ張る というイメージが付きやすいですが
そうではありません。

重さ という縦(下)へのチカラ を
如何に 回転という横のチカラに変換するか

というのが ゴルフクラブを上手に利用する方法です。

腕も含めたゴルフクラブの重みで回転をしていく
重さを先行させて、自分の移動して行く方向に送っておく
ところがポイントです。

体の回転でクラブを引っ張る
クラブを最後尾において、体の回転で引っ張る形では
クラブの重みは運動の抵抗になってしまうばかりか
スイングの構造上、ロフトが増え、上を向いて
振ることになってしまいますから 良いことは殆どありません。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

クラブ、腕の重みがあるところが
体の重心位置にあたります。
クラブや腕が 胴体〜骨盤に対し
右にあれば、右に重心が来易く
左にあれば、左に重心が来易く なります。

そして、体は構造上
背骨を軸として 右を向いている時は右に重心
左を向いている時は左に重心が来易くなりますので、
右に重心を、左に重心を、回転に伴う、
正しく回転すると発生する重心の移動、体重移動を
クラブと腕の重さで作り出してしまった方が簡単、
意識をしないで体を回すことが出来るようになります。

体、胴体には捩じったりするための『遊び』はありますが、
基本的には それは体を守るためのクッションのようなもので
それを意図的に使う(捩じる)と体の故障になりますし、
両腕の長さが変わってしまい 一定のクラブ姿勢 や
前傾姿勢が保てなくなってしまいます。
yjimage

股関節から上の胴体を一体にして
常時、両腕の長さの均衡が保てるようにするのには
イメージとして 両腕で作る枠
自分の目から見える 両腕の枠で
それぞれの足を捕えたら(見える)ようにしておくと
良いと思います。

右向きの時は その両腕の枠で右太ももが見えるでしょう。
198Trim_Moment(2)

ダウンスイングに入ったら
シャドースイングやイメージの中では
その枠が先に 左太ももを捕えたら
その重さに従って 左に重さをかける
➡体を回し始めると良いと思います。

スローな練習の中では
両腕の枠が しっかり左太ももを捉えるまで
右向きはキープしておいた方が良く
同じ意味ですが、体重移動も、それ以降
左太ももが見えたら 開放してあげる感じでやってみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



番手にもよりますが
ある程度の距離(10ヤード以上…)を打つのは
ショットにとって、重要なインパクト付近を
抽出した動きです。

チカラやスピードで解決できないこの距離を打つのには
ある程度 規則的な動きが必要となります。

近いからが故か、ダフッたり、トップしたり
というのが多いように見られますが、
そのミスは殆どは「必然で起こっています」
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

アプローチショットで
ボールには少々近づいたとしても
少なからずの前傾姿勢 というのは存在します。
ですので、クラブを手で起こしていない、上げていない
としても 体の向きを変えれば
その傾き分、ヘッドは高くなります。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

セットアップ時のアドレスとヘッドの位置関係
この延長線のラインよりも
下の領域は ある種 地面 と考えても良いほどです。

アドレス時の腕とクラブの関係(ディッシュアングル)
を固定し、体を捻らず、胴体〜股関節より上の
向きを変えれば 概ね このラインに沿って
ヘッドは移動、高低という意味ではジンワリ高くなります。

少々右ひじも曲がり、クラブを起こすでしょうから
より上の領域にヘッドは入り込むはずです。


ところが アプローチに苦労されている方の多くは
この下の領域にヘッドを入れてしまいます。
言い方を下げれば ヘッドを下げたことになります。
クラブを上げたつもりなのに 下がったということです。
89aa44d5

テークアウェイの時点から この領域に入れてしまう人も
少なくありません。

本来、体の傾きに沿って向きを変えたのですから
この領域・このラインより下は地面 とすると
この領域にクラブを入れたという事は
自分で新たな空間を創り出したことになります。
実際の地面と自分の作り出す仮想の地面
止まっている筈のボールを動かしながら打っているのと同じです。

まあ 手で動かしている見本なんですがね…。
IMG_0347IMG_0348IMG_0349










想像がつくと思いますが
この領域にヘッドが入ってしまうと
クラブヘッドの重さで 体がその方向に引っ張られ
上を向かざるを得なく、左を向かなくを得なく
なりますから 当然、円弧の最下点は右にズレます。
ダフリやトップになる主原因です。

本来 スイングの入射角度を司っている前傾姿勢
左の股関節の角度を失い、体は置きますから
自分独自の、そのショットの独自の入射角度を
毎回毎回自分で作り出すことになります。

距離も含めた弾道は
クラブの姿勢とヘッドの入射角度によって作られるので
その双方が 毎回・毎回 ということになります。
上がり軌道でインパクトを迎えてしまう可能性も高くなるため
上手く当たっても、本来のその番手より飛ばない球に
なり易いですね。
IMG_0610

アプローチだけではありませんが
本番・コースでは 本来の半分しか発揮されません。
心理的にも その場を早く終わらせたい
 という意識が強く働きます。
体の向きの変更をしっかり前傾姿勢を維持し行う
というのは ジンワリした速度の大きな動作です。
見た目 テークバックっぽいものを手でスッと作りたい
そう言う心理は強く働きますので、
普段のシャドースイングや練習で
しっかりと大きな動きを覚え
 それが
「当たり前」にしておかなくてはイケマセン。

これだけでも かなり飛躍的にアプローチの精度
距離感は身に付きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ニューアイアンヘッド製作に伴いまして
ウッドシャフト・アイアンシャフト
バージョンアップしております。


IMG_0611
🏣238-0024 
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  ☎
046-804-1480 
    ハミングバード 野澤まで

 営業時間10時〜20時  水曜定休
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp






IMG_0498.ローム仕上げ
 シルバーです。
やや光沢のあるモデルです




IMG_0619Wニッケル仕上げ
 シャンパンゴールド(金)です

サテン/ミラー2種あります






IMG_0459テフロンブラック仕上げ
 艶消し黒 です







ニューアイアンヘッドのご紹介です

IMG_0622

軟鉄鍛造 HBS-16

 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆

IMG_0624

  ロフト角度 ヘッド重量
#5  26度  325
 6  29   333
 7  32   341
 8  36   349
 9  40   357
PW  45   365
PS  50   373
SW  55   381

IMG_0613


 5番アイアンのスペック
 重心距離  39mm
 重心高   21mm
 重心深度   6.5mm
IMG_0616

今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)
IMG_0623

重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制。

IMG_0617

ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています.

★今回のスペックは ウッドシャフト・アイアンシャフト
アイアンヘッドともに
「強い弾道・より遠くへ…やや飛距離重視スペック」です


IMG_0628


重量も近づき、よりL型ブリストルに近づいたアイアンヘッドです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある時、大手メーカーが
打ち手には判別の付かない目印を使い
コンプレッション・硬さの大幅に違う
数種類のボールでのパッティングテストをしました。
20150313-00000006-jijp-000-3-view

始めに普通に打って貰い
その硬さの感覚をテストした後で
ヘッドホンを付け、大きな音量で音楽や波の音を流しながら
パッティングをして貰い、再度、硬さの感想を尋ねます。

かなりの人数のプロ、各年齢層、各経験値
ともに 多くのゴルファーをテストした結果
インパクト音が判別できない限り
ボールの硬さは判別できない

 という明解な結果を出しました。

そして それはアイアンでも行われ、
全く同じ結果が出ています。

このテストの結果は一切公表されていません。

アイアンヘッドには チタンアイアン、軟鉄アイアンなど
素材としては硬度、歪み率の異なるものが数種ありますが、
加工の方法を除き、硬さや強度・剛性に応じた厚みになっており
硬い素材は薄く、柔らかい素材は厚くなっていますから
素材ではなく、加工品としてのフェース面の強度は
どれも似たようなもので、
硬い柔らかいに大きな違いはありません。
まして ボールというゴム質のモノを打つ限り、
歪み率(ヤング率)が150倍以上異なるため
フェースの造りや素材による大きな違いはありません。





それはさておき
多くの人は ショットのインパクトそのもの によって
球筋が決まると信じています。
ウソではありません。

が それはほんの一部に過ぎません!

スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)


ドライバーであれば、オジサンゴルファーであって
そのインパクト時、ボールと
ヘッドの接触時間は
1/3000秒以下  0.0003秒

という限りなく ゼロに近い刹那な時間です。

よく打感が柔らかいとか、硬いとか言われる
アイアンショットであっても
1/700秒程度  0.001秒程度 です。
IMG_0607

✋インパクト時、ヘッドにかかる負荷・ボールの重さは
打つクラブの番手によっても異なりますが、
ドライバーであれば 800繊腺吋肇鸛宛紂,任后
ヘビー級のボクサーのパンチよりもすごい重さです。

ですので、インパクト時
打ち手の運動で より大きなものが動いている方が
その重さに負け辛く、ヘッドも含めた運動を継続するチカラ
その運動時の姿勢を概ね維持しやすくなります。

その刹那なインパクトの時間、
インパクトのクラブの形にこだわるあまり
グリップを止めたり、左サイドを止めたり、
体の回転を止めることは
 ミスになる、飛ばない の原因になり得ます。
無理やりの加速はお薦めしませんが、
ヘッドスピードもおおむね最高値になるインパクト付近で
当然、体の回転も、グリップの移動も最高値になる筈です。
そこの意識は大切です。
IMG_1150

と同時に、例え インパクトのクラブ姿勢が同じでも
入ってくる軌道の上下角度、左右の角度が異なれば
同じ弾道になりませんから、
変な表現ですが 1/3000秒や1/700秒のインパクトに
こだわるのではなく
 2999/3000秒 699/700秒
を大事にして、飛距離も含め、弾道を見つけた方が
持続可能なショットが作り出せると思います。

✊どういう入射角度を作れるのか
✊その入射角度に対し、どんなクラブ姿勢なのか
✊その入射角度は何が元になっているのか
というのがゴルフスイングだと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチで避けなくてはいけない概念
上下に対するスイングの弧の最下点
ボトムでボールを捕える考えです。


円の最下点でボールを捕えよう とする考え です。


この概念、方法は大きく二つの点でダメ、まるでダメです。

まず 距離に関してですが、
インパクト時のヘッド姿勢に大きな違いはなくても
下がり軌道時にボールと接触する場合と
上がり軌道時にボールと接触する場合では
出る球筋、かかる回転の量が全く異なり
全く別な球/弾道になります。
IMG_0665

ほんの数センチ、ほんの0.05秒インパクトがずれだけで
全く別な球筋になってしまうのです。

それを毎回同じにするのは奇蹟でしょう。

この方法を採用していると
毎回 出る球筋が変わってしまうので
練習をしても 距離感を身に着けるのは大変です。
オジサンゴルファーが
 練習量で補うのには不可能に近いほどです。


次にミスの頻度です。

確かにスイングは 結果 上下に対し円弧を描きますが、
背骨を軸として クラブ単体が動くのではなく
体が向きを変えて作られる円弧はもっと緩やかで
結果としては円弧に見えても、斜め下方向に動く直線運動に
することが可能です。
ところが 肩や腕を使って作る円弧は
その性質上、自分の考えている最下点は
必ず 想定よりも右にずれます。
左にずれることは不可能です。
トップしてしまうのは 最下点が左にずれたのではなく
よりもっと右にずれた為に起こるのです。

ボールは球体です。
角度というロフトの付いたものが
緩やかとは言え 下降過程で当たれば
余程すごく浅く当たらない限り 球体はフェースに逃げますが
振り子のように肩で揺さぶっていると
歯がどんどん出る振り方になってしまうので
当たるか・ダフルか・トップするか の
ロシアンルーレットになってしまいます。
IMG_0659

理論的には ヘッドは打ち手が動くことによって
移動するのですが、クラブとヘッドの接点は
歯の部分よりも上にあり、歯が出る振り方 というのは
逆に グリップが後ろに下がっているのと同じです。

ボトムが右にずれやすく
ダフリもある上に、ボトム以外で当たると
トップの出る可能性も高い スイング…。
ミスが出て、距離感も一定し難いスイングを覚えて
良いことはありません。

スイングは上下〜高さが変化するということは
同量分 左右方向にも移動するという事です。
左右に移動せず、高さだけが変化する方法 を
人間の体の機能を活かした 円弧の作り方 とは
言えませんから、動きに規則性が身に付きにくく
いつまで経っても進化していかないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 次の件についてのコメントいただければ幸いです。


グリップ及び構え方;

この頃の工夫で、いわゆる on plane swing で

グリップをベースボールグリップにし、

左肘をアドレスで意識的に少し前に出すようにする

(いわゆるハンドアップと言うのでしょうか?)
と大変良い感じで、

正確性及び飛距離も伸びてきました。

 

ベースボールグリップには当初もちろん違和感がありましたが、

今はしっくりして居ます。

mnswing

この工夫は、モーノーマンの打法の研究をたまたま読み、

小生の打ち方としてはあっておるかと思い、

グリップ、手元を体に引き付けすぎる
(ハンドダウン?)癖があるように見える、

もっと離して前に出した方がはるかに格好良く、

いわゆるインサイドから綺麗にスイングできている、

引きつけると、どうしてもアウトサイドからクラブが降りてくる、

結果球筋が低く、スライス系になる、

右をしっかり向いた時にはある程度是正できているが、

すぐ元に戻りやすい、競技などで緊張すると、

また疲れてくると早打ちの癖が出て、

右向きが不足しやすくなり、
安定しないのではとの指摘!により、

それではと工夫するうちに、
モーノーマンの打法に行き着いたというわけです。

これを練習すると、大変しっくりきて、

昨日などは300Y越えのドライバーショットとかが打て、

その他のfw、アイアインもすごく正確性、
打った感じ、距離も伸びてくれました。

このモーノーマンの打ち方は
あまり一般的ではないようですが、

すでに一般的でない?絶滅危惧種のクラブ
及び打法を研鑽している身としては
案外この絶滅打法がこのクラブには
ぴったりするのかもなどと
思って居ます


スナップショット 1 (2017-06-30 12-39)


店主:お手紙ありがとうございます。

幾つか チェックする点があるかと思いますので
ご確認ください。

ベースボールグリップに関して、ですが
グリップのその形で一番重要になるのは
左と右手の重なりです。
インターロッキング・オーバーラッピング
インターメッシュ・ベースボールであっても
その重なりがしっかりしているのであれば
どの形でも良いと思います。
ただ 往々にしてベースボールの場合、
左手と右手でルーズに離れてしまうことが多く
その点が無ければ問題ないと思います。

モーノーマンのスイングで特徴的なのが
そのハンドアップにしたアドレスですが、
そこは除き
少々気になるのは スイングの軌道に関して です。

IMG_0525

ご存知だとは思いますが、一応説明いたします。
スイングの軌道の インサイド/アウトサイド
というのは その向いた方向に対し、
ヘッド上で飛球線を基準に 自分側をイン、離れた方をアウト
では
ありません
飛球線が基本ではありません。
そう言う意味ではないのです。

スイングの軌道のインサイド  と呼ぶものは
体の回転が右を向いている時間
どちらかというと 右を向いて
ヘッドやグリップがボールから離れている「時間」を呼びます。

インサイドから入ってくる
というのは 右を向いている時間の間に
ボールにアプローチしてくることで
アバウトで構いませんが、インパクトは
概ね ボールと正対した「時間」です。
グリップがボールに近づいていく過程
でインパクトに入って来て、
概ね ボールとグリップが一番近くなる時になります。
IMG_0549

アウトサイドから入ってくる
ということは 右向きの時間が過ぎ
左向きの時間・グリップがボールが離れていく時間
別な言い方をすれば「打ち遅れ」「振り遅れ」です。

そのインサイド アウトサイド には
前傾姿勢が伴いますから
インサイドであれば 進行方向は低く、下方向になり
アウトサイドであれば 進行方向は高く、上方向になります。

スイングを悩んだ時に 戻る基本が出来る
という意味で しっかり規則性を作るのは重要です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


飛ばない、ミスの頻度が多い
スイングの代表例は
動きや動き出す前のスイング概念が間違っている、のでは無く
人間が動作した時に、腕も含めたモノが
その運動に応じて重くなってしまう という事を忘れている
が原因だったりします。
スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)

体の回転通りに クラブを移動させよう と
思っていても、どの動作によってクラブが重くなる分
クラブの移動が遅れ、移動が減り、
結果として インパクト付近で振らなくてはならなく
なっているに過ぎません。

クラブは腕のさばきや肩の揺さぶりによって
振ってしまうと、体の回転の軌道とは異なる
円弧を描いてしまうので、その作り出される遠心力を
相殺する動きが必要になります。
そして クラブは体の右にずれるほど
ロフトを開く形になりますので
ボールに向かって 斜め下に振れば
それと真反対の方向 左斜め上に体を引っ張る動き
が 体そのものの動きを創りだし
そこに 右にずれた開いたロフトが絡むので
飛距離を生み出しにくい というカラクリ です。
2276add6

プロのスイング動画などを見てみると
分かると思うのですが、
アドレスで作られた前傾姿勢の角度が
ダウンスイングに入ったところで
いきなりアップライトになってしまい
上に振ろうとしています。
その結果 前傾姿勢を失う ということです。
これでは スイングの規則性を失ってしまいます。
前傾姿勢による スイング軌道の傾きの基本を失ってしまいます。

無意識の、仕方なく振るスイングを解決するには
動作によって重くなる クラブや腕を
『前もって』行かせたい場所に『先に』動かしておくことです。

体の回転で その重さを引っ張る動きをすれば
スイングの工程上、クラブの構造上
クラブは体の回転より 加速分遅れ、
重さとして右半身にかかります。
これでは 右サイドは下がり、左サイドは上がりますから
前傾姿勢 ダウンスイング以降で
最も重要な 左股関節の前傾を失ってしまいます。

飛ばす ことは
動作の加速やスピード というのは否定出来ませんが、
その加速やスピードを重視するあまり、
作り出される重さによって 煽り打ち、ロフトの開き
と作っては意味がありません。

折角 トップの位置で
左サイドの方が右サイドよりも低く、
クラブや腕の重さは 左右で比べると
左の腕や肘にかかっているのですから
それを利用しなくてはなりません。
f2350aac

ゴルフクラブは重量物ですから
位置エネルギーが増える(高くなる)と
下がりたがります。
その下がりたがる作用を使って
左サイド、特に左腕を先に動かすようにすると
前傾姿勢を維持しやすくなり
それによって シャットが作れ
重さが縦だけでなく、進行方向に当たる横(斜め)
にも働くようになりますから、
体の動作から遅れにくくなります。

どちらかというと 体でクラブを引っ張るのではなく
クラブの重さで体の回転と誘発するように
考えると良いと思います。
スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)

足も含めた胴体は 瞬時の判断
瞬時の補足性能が非常に優れていますから
コースでの傾斜等に対する補完効果が高いので
体や脚を率先的に 回転することに全力を投じるのではなく
重さが行くから 体動き、それが結果回転になる
というのが一番自然だと思います。

そして それには シャットや前傾姿勢の維持
体重移動 など ゴルフクラブの持った構造的利点が
沢山付いてくるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフのスイングは
その規則…ルールを着実に守れば
誰でもそこそこに飛ばせるようになります。
それは ゴルフクラブ構造とスイングのメカニズム
によって ある程度保証されているからです。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)


例えば
俗に言う、ボールを上から打つ というのは
特別なテクニックではなく、
体の回転と前傾姿勢によって
基礎は作られています。

 人間の目には流れの中で 円弧 に見えますが
 動きとして回転しているので円なのであって
 ダウンスイングは言葉通り
 斜め下への直線運動の過程です。
 その斜め下は スイングは体が右を向いている最中は
 前傾姿勢の為、進行方向に当たる左が右よりも低い
 という点にあります。


それと同時に 「ロフトを立てる」
というのも同じです。

腕の補正や補助は必要ですが、
体の回転を主にクラブを移動させられれば
前傾姿勢の分、クラブヘッドは上からの入射角度を持ちます。
そして その入射角度分
ロフトは地面に対しては立った状態、
入射軌道に対して概ね垂直な状態を作ります。


この仕組みそのものに
とてもスペシャルなテクニックは必要ありません。


前傾姿勢が維持される回転
体の向きが主となって移動するグリップさえ
あれば 前傾姿勢分、ロフトは立つのです。

ゴルフのスイングは
インパクトに入ってくる過程で
ロフトが立っていれば、概ね上から入ってきます。
その逆も同じで
上から入ってくる場合 ロフトは立っています。
IMG_0607

クラブの構造上、
ロフトが寝ている場合(地面に対して開いている状態)
この場合、ヘッドが上から入ってくることはかなり困難で
煽り打ち、すくい打ちになっていることが殆どです。

絶対ではないのですが
特別なテクニックを使わない場合
ロフトが立つ ➡ 上から入ってくる
ロフトが寝る ➡ 下から入ってくる
その逆に起こりえない と言えるほどです。

IMG_0610

インパクトを概ね 体の正面 と捉えると
その間での時間は 左サイドの方が右サイドよりも低く
その胴体・上半身の関係が ちゃんとそこから生えている両腕
にも反映していれば、ロフトが寝ることはなく、
シャットが形成されます。
しかし、スイングの過程で 腕も含めクラブの重さ というのが
打ち手の動作、次の行動や姿勢に多大な影響を与えるため
ダウンスイング時、胴体の左サイドの方が低くても
右腕の方(左上でに比べ)が低い、
右ひじの方が低いになってしまうと
自動的にロフトは寝て、煽る姿勢、
しゃくる姿勢になってしまいます。

飛距離にとっては運命の分かれ道です。
imagesCAXUT058

ダウンスイング時に その体の姿勢なりに
シャットが出来ていると クラブの重さ、ヘッドの重さは
グリップをスイングの進行方向、左方向に押します。
そのことが 左サイドの低い時間の維持にも有効な為、
より 上から、よりロフトを立てられることを進めます。
逆に クラブが寝る姿勢、右腕の方が低い姿勢が
出来てしまうと、グリップには上へと向かう重さ、
移動を妨げる重さが掛かってしまうため
煽り打ちの促進だけでなく、グリップの移動を妨げます。
シャットにするか、シャットを造れないか
は ボールを無理やり力で飛ばすのではなく
クラブの構造を利用して楽に飛ばす分岐点です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーショットは通常、ティーアップし
3センチから5センチほど空中のボールを打ちます。
006

そのティーアップとその分ボールを左に置く
という行為が 無意識な(意識してはイケナイ)
上昇軌道時のインパクトを生み出します。

上昇軌道時のインパクトは
その軌道により 高い打ちだしを生み出し
その軌道に対するスピン効果の減少 という
自分のヘッドスピードでは使いきれない
少ないロフトのクラブを打つのと同じ効果を創りだします。
それが飛距離になるのです。

ただ この点に於いて多大な注意が必要で、
ティーアップという補助器具を用い
空中にあるボールを打つことの許されるティーショット
だけの 限定的な例外的なショットで
上昇軌道時のインパクト ⇔ アッパースイング
これをそれ以上『意図的に作り出す』ことは
地面からボールを打つ通常のショットに阻害します。

ティーアップ分のアッパーまでは問題ありませんが、
それを超える意図的なアッパーを続けると
地面からのショットでボールを置き位置を中に、や
上を向いて煽って打つことによる腰や首の痛み
を必ず招きますので この点は注意です。



それを除くと ボールを飛ばす単純な秘密は
やはり ロフトにあり
自分の使えるロフトという範囲の中で
出来るだけ ロフトを寝かせない ことが重要です。

スイングの軌道は
体の回転と前傾姿勢によって
インパクトまでのヘッドの通る過程の基本は下降軌道
左サイドが右サイドよりも低く、左股関節に前傾姿勢が
あることが一つの基本ルールになります。

そして クラブの姿勢、ヘッドの姿勢は
その下降軌道に対し 直角となるような姿勢 となりますから
ある意味、下降軌道分、シャフトは左に傾き
形式上、ハンドファーストになります。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

ドライバーであれば
クラブの中では一番長いモノ ですから
その分 ほかのクラブに比べ 起きた前傾姿勢によって
緩い入射角度になります。

その入射角度、そのクラブ姿勢、ヘッド姿勢が
オリジナルのそのクラブの ロフトや長さの役割 です。
ミスを除けば 打つ前にそのクラブによって
弾道はあらかじめ決められたものです。
それが ゴルフスイングの基本ルール です。

ですので 自分の腕さばきによって
スイング軌道、クラブ姿勢やヘッド姿勢を決めてしまう
現代のスイングプレーン論には
そのルールがなく、毎回 無限の組み合わせから
それを新たに生み出すことになり
再現性が乏しくなります。

ロフトを立て、ボールを上から打つ
というのは作り出すものではなく、
あらかじめ 物理的に決まっているもの と
理解しておいてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットは
そりゃ 遠くへ飛んだ方がいいし
弾道の真っ直ぐと言う意味でなく
望んでいる目標方向に真っ直ぐ行った方がいい
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

…だろうけれど
体を痛めてしまうスイングではまるでダメだ!

ゴルフを楽しむ多くの人は
おじさん世代であるし、
ゴルフは娯楽であって、部活じゃあない。
ゴルフは練習も楽しいけれど
スイングをメインテナンスするための
必要以上な練習頻度や量…
ということは
 そのスイングは既に壊れている という事。

あまりに多くの人が
ゴルフのスイングの為に
ゴルフのスイングを維持するために
本末転倒な練習で体を壊している。



体を壊すパターンは二つ

‐紊鮓いてしまうことによる体幹の故障
tngb
最近のスイングはインパクト時に
両かかとが浮いて 上に蹴っているのばかりで
この手のスイングの主流が続くと
いずれ ゴルフショットでアキレス腱を切る人が
出てくるだろうねー😱



ボールを打つはるか前に 体の左サイドが右サイドよりも
高くなってしまい、ショットや動作の進行方向 右→左
が高くなっており 結果上に向かって打つような形。

ダウンスイング インパクト直前では
インパクトに向けて
左サイドは左上方にボールから離れつつあり
右サイドはボールに向かって近づきつつある。
☞左サイドはボールから離れるので
 ボールを打つ為に、空振りしないために
 左肩や左腕、左グリップだけを
 そこに残す。

この行為が左の首を痛めたりの原因となる。

また、体が上を向いて
体重が右の腰につぶしたまま
素早い運動をする為、
背骨や腰の故障の原因となる。




⊆蠅鯤屬好好ぅ鵐亜▲侫А璽好拭璽鵝淵イナさばき)をする為、肘や手首を故障。

4e4cfce4
ここまでこすってると
こんなに振っても ここにボールがある
ボールの速度が遅すぎますよね
ドライバーでロブショット打ってるようなもんだわ



手を返す、フェースターンをするスイングは
よ~く考えてみると
ヘッドをたくさん動かしているようだけれど
そのヘッドをたくさん動かすため、
グリップを止めなくてはならないので
その 動いている部分と止まっている部分に負担が多い。
支点になるのが左ひじや左手首だから そこかな。
体の姿勢によっては右ひじを痛める人も多いでしょうね。
特にパワーやスピードのある人はそうかも…。

特に、腕力で飛距離を出したいタイプのゴルファーに多く
このパターンは 振れば振るほど
それと同じだけ「止める」という相反する行為をするので
痛めてしまう。

このスイングのもう一つの迷路は
殆ど例外なく このスイングでは「ボールをこする」
ちゃんとボールを捕まえ、上から打てるのなら
ヘッドスピード 36ms でも 220ヤード
(ドライバーでの例)
楽々打てるのに、こすってスピンばかりかけ
高さばかりを打ちだすので
このスイングで220ヤード打つのには
少なくとも 40msを超えるヘッドスピードが必要になる


フェースターンでボールを打つのには
そのフェースターンを成功させる必要もあるが、
その言葉の通り フェース(打面)ターンさせるので
ボールの飛ぶ方向も毎回動くので
それを使えるショットにするのには 練習の量も頻度も必要。
その練習の量と頻度がどんどん自分の手首や肘を蝕む。
そして このフェースターン打法の問題なのは
使えるショットを覚えても やはり練習の量と頻度が
ないと コースでは役に立たない。

飛ばすためには スイング全体を速くしないとイケナイし、
それに応じたフェースターンの速度が必要で
「真空斬り」するのかという速度で振らないとイケナイね…。



そして 最大にフェースターン打法、
    オンプレーンスイングの欠点
オジサンゴルファーがそれに挑んではいけないのは
フェースターン打法でボールを捕まえるのには
フェースを閉じる→左に向けないとイケナイ。
左に向けてインパクトすれば ひっかけ になってしまう。

その引っ掛けで左にOBしないため
より アッパーに上に向かって振りぬく為
今度は体がのけぞり、腰や体幹を痛めるスイングになって行く。


も、ひとつ言えば
フェースターンの成功は引っ掛けで
それを目標方向に行かせるため
ドライバーの場合 ボールを左に置き
クローズスタンスに構え
より上に向いて ひっかけを狙うので
それが成功せず スライスになった時に
よりスライスはきつく
弾道は高くなり、より飛ばないスイングを作る。

その迷路を楽しんでいるのなら

 言う事は何もないけれど・・・ね

CA3F00300001


スライスを防止するのと同列なのだが
その点についても記事にしていきたい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブを重く使わない、長く使わない
というのと似ていますが、
『飛ばし屋』の絶対条件は
クラブを寝かさないことです。


これは従来、ショットするのの禁忌、タブーとも言われ
最近 意図的にこうする意味が私には皆目分かりません。


▲ラブを寝かすな

 これは絶対守ってほしい
 気にして欲しい点です。
MVI_0478_Moment(2)MVI_0478_Moment













アドレス時のグリップエンド
トップ時のグリップエンド
この二つをつないで 線を引きます。

クラブは原則、手にとって上側で持っています。
座頭市のような、忍者のような持ち方をしていません。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

よって グリップがどの場所に行ったとしても
この右斜め上側の領域にヘッドは存在し、
写真で言うと(矢印の有る側)
左斜め下側の領域には入らない筈です。
手首や腕、肘など完全に固定した状態で
右を向けば確認できます。
その状態で、グリップよりもヘッドの方が高い位置
にある筈です。


この左斜め下側の領域を デッドゾーン と呼びます。

クラブの持ち方から考えても
入り込まない領域に、ヘッドがあるということは
かなりひねった、捻じくったクラブの使い方です。

その使い方ではクラブの性能は発揮されませんし、
クラブの重さ、ヘッドの重さは 打ち手の労力にしか
なりません。 これでは飛びません。

しかも、この左斜め下の領域に入る ということは
ロフトも寝かす ということになりますから、
重くなったヘッドで、より多くの動作が必要になる
(寝たロフトを元に戻す=ヘッドを返す)のです。
上手く行く確率も当然下がりますし、
労力が多く、クラブを重く使うことになりますから
それが 飛びにつながるとは到底思えません。


BlogPaint


右斜め上の領域であれば
その度合いは人それぞれだと思います。

右斜め上の領域にさえあれば良いのです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフに限らず体力増強・維持は素敵です!

体を鍛えたとして
今の状態から伸ばせるヘッドスピード…
はたかが知れています。

自分の持っている体力を最大限に活かし、
それを運動速度にし、
そして、それを出来るだけ距離に転化できるよう
していくには方法があります。


.ラブを重く使わないようにすべし!

ゴルフクラブは1mの棒の先に
その重さの6〜7割が集中している
実はハイスピードで動かすことを
あまり得意としていない構造の道具です。
スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)

最近のクラブは…
多くのアマチュアには選択がないかも知れませんが、
振り回すために ヘッドは軽く、小さく、
シャフトは無機質なほどの硬さ…
振り回すことを前提としており、
テレビで目にするプロも まるで真空切りのようなスピードで
(その割には飛んでないと思いますけどね)
それが ボールの打ち方と信じています。

ゴルフクラブの基礎構造からすると
その先端に重さの集中した長い棒を

✋いかに長く使わないか
✋いかに短く使うか


というのは意外に大切で
ここ、勘違いしている人が多いですが、
多くの人は クラブの長さをスイングの半径 
腕も含めた クラブと腕の長さがスイングの半径
と思っています。

その上で 腕とクラブを最大の長さにしようと…
それがスイングの弧を大きくすること
勘違いしますが、
それはより クラブの重く使い、
単にヘッドの通る道のりが多くなる だけで
スイングの原動力である 打ち手の動作の妨げ
になるだけです。

スイングの弧 の基礎になるのは
そのクラブの長さによる 前傾姿勢です。
その軸になる 背骨からヘッドまでの距離 が
基本になる 円弧の半径になります。
スナップショット 1 (2017-06-30 12-39)

腕の長さとクラブの長さが半径ではありません。

よって アドレス時に出来た その距離感
半径は それ以上長くなる、遠くなることはなく
スイングの中でクラブが起きたり、立ち上がったり
することによって
その基本の円弧よりも中、
近い方にヘッドが存在することはありますが、
その円弧よりも遠くなる、長くなることはありません。

胸から…や、へそからのヘッドの距離が
クラブの長さと捉えると良いかも知れません。
体の回転 を主としてクラブを動かしていれば
短く…なることはあっても、長くなる方には
その長さに大きな変化は発生しません。

4bcbe6f4ですので このような上げ方をしてしまうと
クラブがいきなり長くなってしまう、
もしくは ここに行き着く過程の中で
長くなってしまうので
重いものを動かす、引きずるような
動きになってしまいます。

まあ 軽くて振り回しやすいクラブだと
こう振らざるを得ないのかも知れません…。




tna_Momentスナップショット 1 (2017-06-30 12-39)








また これも勘違いですが、
例えば ウエッヂとドライバーには
クラブの長さとして 10インチ程度 30其瓩
物質的な長さの違いがありますが、
ゴルフスイングの中では
その長さ程の円弧の大きさの違いは出てきません。

クラブの長さを必要以上に長く使うことは
クラブを重くしてしまう 最大の要因になり
ヘッドの通る道のりが倍増してしまうのも伴ない、
労力としてとても要し、
自己満足的な運動で終わってしまいます。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

製品名は仮称そのまま 「GR-14」です。
019

なんと… 申請したら、SLEルール規制まで
通りまして、ルール適合の印も入ります。
 
より一層 SLEのルールに疑問符が付きますけど…。

014


従来、常用していたカムイに比べ
重心距離が短く 右に行きにくいヘッドです。
板材の組み合わせ、重量変更の自由度を考えると
ややディープなヘッドになりました。
超強烈 「飛ばし」にこだわった飛距離に特化したヘッドです。

また、スライス殺しのヘッドと言えると思います。
ですので、外観はオープンフェース
ややフラット目なライ角度に仕上げています。
とは言え 公表は出来ませんが、
ヘッド重量増量、キャビティ効果の増大により
かなり強烈な「慣性モーメント」を持っていますので
安定性も非常に期待できると思います。



スピン抑制型のヘッドですので、「飛ばし」狙いのお客様は
勿論、お使いのセットに合わせてのセッティングなりますが、
 やや長め が良い組み合わせかも知れません。
016

使われる板材によって
重心位置が変化しますが
基本スペックは

 体積・・・・・・455cc
 
 横幅・・・・・・116mm
 奥行・・・・・・104mm
 厚み・・・・・・ 64mm
 板厚・フェース・ 3.4mm
          3.6mm
          4.9mm

 ロフト角度   11.0〜12.0
 ライ角度    58
 フェース角度  −0.5

 重心距離 ・・・36〜38mm
 重心深度 ・・・37〜38mm
 重心高さ ・・・33/27mm(フェース面)
 重心率  ・・・56%強
 重心角度 ・・・20.5度
 基本ヘッド重量  235
  
⇒ご希望によって255gまで増量可能です。
012

 全身 イオンプレーティングの黒のサテン
 クラウン部には塗装無しのオプション(完売)も有り、です。
 塗装無しバージョンはロフトが立って見えます。
 ロフトが大きく見える方をご希望の方は
 白や黄色のスコアラインを入れることをお薦めします。
 ご要望ください。

017

よろしくお願い致します   店主



 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



5月に送ってもらいました新セットですが、

先日ようやくドライビングレンジで試し打ちが出来ましたので、

開封からドライビングレンジでのフルショットまでの時系列で、

第一報を報告します。

 

IMG_0459



・宅急便の段ボールから出して触った第一印象は、

ヘッドのすさまじい重量とシャフトのぐにゃぐにゃ感、

アドレスしただけで顕著なトウダウン、

ヘッドを見ながら体を回すと、

左回転でヘッドが前に出ていくのがありありと視認できるほど。

 

・前のセットでCPM100台に慣れた身にも、

「これで大丈夫か?」と不安がよぎるほどの違いを感じました。

 

・まずは、庭で10mほどのアプローチでの慣らしを開始。

ヘッドを振るような小手先の操作をすると、

ヘッド重量が足かせになり、

超軟体シャフトによって打撃力が全くボールに伝わらない。

この部分は前のセットより、さらにシビアになっていると感じました。

 

・逆に言えばシビアではあるものの、

クラブからのフィードバックは明確なので、迷いようがない。

 

IMG_0624

・トップから左先行、

グリップ先行でやれれば問題は解決、

しっかりボールがつぶれるようになる。

 

・特にLWには感心しました。

ロフト60度なのに10mアプローチで

「ボールのつぶれ感」を感じることができる。

すごい。

 

IMG_0619



・数週間、上記10mアプローチで慣らしたのち、

昨日初めてドライビングレンジに行き、

8番で数10mアプローチ→フルショットに入る。

 

・はじめのうち、ひっかけ気味の球ばかりが出るが、

トップからの始動をグリップ先行/左腕先行を意識し、かなり修正。

8番である程度打てるようになったので、

その後、番手をとっかえひっかえで全クラブの慣らしを開始。

 

・どれも簡単に打てる。「ボールの上半部をさらっていく感じ」が簡単にできる。

 

・前セットで「飛ばない」「ダフリ」を散々繰り返したのが嘘のよう。

 

・特にウェッジがフルショットでもすごい。

 

・力感は前セットの半分とは言いませんが2割減、3割減で同距離を作れる感じ。


 

843b5728


・課題として残ったのはティーアップしている1Wで、

この一本だけ煽り打ちの癖が顔をだします。

昨日の練習では修正できず次週以降に持ち越しです。

地面からボールが浮いている分、「さらっていく」感じがうまく作れないからでしょうか。

 

総じて、前セットからの大幅な進化を強烈に実感できるセットとなっており、

この後が非常に楽しみになってきました。

 

上述しましたが、前セットよりも間違った動きにはシビアですが、

シビアであるだけに覚えるのも早いと思います。

それと、オートマチック感は半端ないです。

もう少し慣らしを進めてからコースで試します。

 

追って報告続けます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ