◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年07月


軽いヘッドの装着された
硬いシャフトのクラブを使う限り
ヘッドを出来るだけ多く、かつ速く動かし
足りないヘッド重量の分を運動速度で補わないと
ボールは飛ばない〜ボールの質量に勝てないでしょう。
yjimage0IQ6BINQ

しかし そのヘッドをたくさん動かす…
本来、グリップが移動した分…
ヘッドの重量分動こうとしない分を差し引いて
移動する筈のヘッドを
グリップの移動よりもたくさん動かせば
ヘッドの軌道、インパクト時のヘッド姿勢、
体の姿勢に対するインパクトの時期 は
ほぼ無限に存在し、
よくゴルファーが言葉にする
 体を開く = スライス
みたいな 単純な公式では測れなくなります。

それを ハミングバードでは
 ヘッドを振る・シャフトを振る・クラブを振る
スイングと定義しており、
もっともゴルフクラブの機能を発揮させない
体に負担のある 打撃方法 としています。

悶絶クラブユーザーには分かられる方も多いと思いますが、
クラブを振るスイング とは
どういうモノか 具体的に説明します。
場合によっては 実験できるかもしれません。


仮想に練習器具を造るとしましょう。
グリップエンドに装着し
ヘッド➡グリップ 方向に レーザーなり、
光を発するとします。
グリップエンドに 50属未遼世鮖匹靴
 としても良いでしょう。
IMG_0709

テークバックは棒を刺している場合
流石にその棒はそれを邪魔しますが、
トップの位置を作ってみましょう。

トップオブスイングは
体の姿勢やヘッド姿勢、クラブ姿勢よりも
そのレーザーなり、光、棒が どこら辺を指しているか
というのが分かり易い場合もあります。

おそらく それは右の靴つま先〜〜よりも前(ボール寄り)
あたりと思われます。

そこから ボールを打つ訳ですが、
棒を刺していても
その棒は体を横切らず
スイング動作の邪魔はしません。

スイングの進行方向は
右向き➡正面➡左向き という
回転運動なので 傾いた曲線の半円 のような
形式になる訳ですが、
グリップの向き、グリップエンドから発せられる光
はその進行方向を逆行することは決してありません。

左への進行方向の中で
インパクトは当然のことですが
ほぼすべての作業は終了します。

棒やレーザー、光は トップ以降
どの場面であっても 自分の体の向きの左側を指しており
自分の体を向くことは決してありません。
まして 自分の体の右を向くことはありえません。

ところが ヘッドの振る・クラブを振るスイングは
その グリップエンドからの光は逆行します。
もしも 50促皀遼世鮖匹靴討い燭
その棒が自分に当たってしまい
スイングを中断する羽目になります。

棒を刺しての練習は
実際の打撃では危険ですし
シャフトの内側に負担を掛けてしまうので
素振り程度にして頂きたいですが
クラブを扱う感じを掴むにはとても有効です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フェースに残る打痕とソールのすり跡
その双方を照らし合わせると
おおよその自分のショット・スイング
というのは出てきます。


まずはフェースの打痕から。


ボールはロフトが立っているほど潰れます。
ロフトの大きなもの、
インパクトロフトが45度を超えるものになると
ボールには上方にこすれた痕が付き始めます。

そのロフトは丁度 9番アイアンとPWの境あたり
になりますから、それよりも下の8番、7番…
がこすったあとになっているのは
ロフトを開いて打っている証です。

と同時に ロフトの寝たものほど
ボールはリーディングエッジ(下方)になります。
ロフトが立っていると 打痕より下に空間が
出来ますが、8番アイアンより多いロフトのモノで
あると リーディングエッジに打痕が被っていて
良いほど下です。

大きなロフトのモノでも
打痕が上にある場合、ダフッているか
煽って振っている可能性があります。

001

ソールに付いてですが、
打痕とのコンビを見てみましょう。
地面からボールを打つクラブの場合
ソールの擦り傷の位置とボールの打痕位置が
ヒール〜トゥ方向で似ているのが良好な状態です。
よくある例ですが、
その双方の傷・跡が揃っていないのに
ライ調整しても効果はありません。
9df38f18

ウッド形状のものでは
ソールのお尻の部分とリーディングエッジとで
前後どちらに「すり跡」が寄っているか
が弾道や高さ、飛距離を表しています。
上手にとらえられていれば
ソールの真ん中付近からリーディングエッジにかけて
前方への擦り傷になります。
飛距離不足、不必要な高さ、ゆるいだらしない球の場合
真ん中から後方(お尻)への傷になります。
doraiba

また スイングの軌道も見て取れます。
ロフトの立っているものは概ね長いモノです。
長いクラブのソールの傷は
ヒールからトゥに向けて やや開いた感じです。
これがロフトが寝てくる(クラブが短く)と
だんだんリーディングエッジに垂直なものになってきます。

ただその角度が逆になるのは芳しくなく
体が大幅に開いたタイミング
体が上を向いたタイミングでのインパクトの可能性が高く
ソールのすり跡を見ながらの練習も役に立つでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングの回転軸 になるのは背骨です。
体を突き抜く
『真っ直ぐ』なものではありませんが、
位置としては 体の厚みの真ん中よりも後方にあります。
198Trim_Moment

人間の感覚としては実感し難い部分です。
特に動作中はより把握し難いですね。

頭を動かすな と言われると
多くの人は 顔を動かさない を錯覚してしまいがち ですが、
顔は軸にあたる背骨よりもかなり前方にあります。
視覚による影響は少なくないでしょうね。

実在する軸は 感覚としては言葉で言う
 「首」 に近いでしょう。
もしくは 背中を後ろの傾いた柱に押し付けているような
感じも遠くはないでしょう。

スイングの回転は結果として
右に約90度〜左に約90度
つごう 180度向きを変えます。
軸に対する 顔・顔面・目の位置 で言うと
顔の厚み分の半径 円を描く形になります。
逆に顔〜目の位置が動かないと
軸を左右に動かすことになります。
20140624_1195723

多くのゴルファーは
体を回すことと体の重さの移動(体重移動)は
別なものと考えているようですが
体の構造上、その二つを切り離すことは出来ません。
最近は へそやみぞおちより上の上半身を捩じる
妖怪のような動きを回転と呼んだりしていますが、
体を壊さずゴルフを楽しみたい方には禁忌な方法です。
その方法では 体重移動をしないようですが、
それこそ 体の構造を無視した方法。。。
故に痛めるのですね。

体の回転ばかりではありませんが、
見えていることをそのまま真似しても
その動作は真似られません。
動作中に色々な負荷・不可抗力がかかり
その補正動作が入ってしまうからです。
やろうとしている動作を造るには
その見た目とは異なる、色々な負荷や不可抗力が
混じって完成されるものをイメージしておく必要があります。
見た目と違うイメージが必要です。

特にダウンスイングでの体の回転は
見た目や望みの動作と 全くと言えるほど違うイメージを
持っていないと おそらく完成させることは出来ません。

スイングで言う 型 に囚われてはイケマセン。
ゴルフクラブという形状、人間の構造 からすると
結果として 似たような形になるに過ぎません。
dohiraki

右から左に180度向きを変える
この動きを自然にすれば
顔面と後頭部の位置関係は当然入れ替わります。
飛球線方向に対し 前に有った後頭部 は後方に下がります。
これを考慮に入れ
クラブの重さが左に掛かったら
自然に頭も「大きく」左脚に動かしておく感覚があると
結果、軸は同じ位置を維持できます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。

bf312f18


ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。

93512ec8

では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?



c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には「重」という言葉が
大変多く使われています。

ヘッドの機種ごとの違い、特性は
重さの量と位置の違い
 
と言って過言ではありません。


ですので ゴルフスイングは
その重さの使い方 と考えても良いでしょう。
555

ゴルフクラブは始めから
長い棒の先の重さの編重した道具です。
多くの方は 勘違いしているところ ですが、
『ゴルフスイングは
その重さをより多くするものではありません。』

重さを増やすと
クラブの形に沿って 外に向かって重さが掛かります。
重さは本来 ボールの質量に勝ち
その重さによって 希望方向にボールを飛ばすモノ
なのですが、動作によって必要以上に増やした重さは
打ち手に掛かってしまい、
『時期にも寄りますが』クラブの形状は
ボールを飛ばしたい方向ではなく
 それとは異なる方向になります。

動作中 クラブの重さを増やす行為は
即ち スピードを上げることを指す訳ですが、
その創られてしまう不可抗力の重さは
スピードを上げるのに妨げる力になります。
労力ばかり掛かり、スピードは上がりません。
まあ ミイラ取りがミイラになる訳です。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

ただ 時期によって
それはスピードを上げることが可能です。

それは
✋ヘッドの方がグリップより高い時期
 と
✋進行方向が低い時期
 です。
その時に 重さを増やす ことではなく
重さによって動かされるようにすると
より 短距離を近道で 重力を味方にして
インパクトに入って行けるようになります。

体を積極的に回し
クラブヘッドを引っ張るように動かせば
それによって 増えてしまう負荷の分
自分のお持っている以上にヘッドは動きません。
殆ど移動しないと言って良い✊
そうではなく
クラブの重さを先行させ
進行方向が低い時間を出来るだけ維持し
短距離でインパクトに入るのがスイングです。


どこかの記事でも書きましたが
腕で作る枠 その枠から下に見える足
トップでは右太ももが見える訳ですが、
その枠から見える足を 左太ももに変える
この行為からダウンを始めるのです。
IMG_1632_Moment

その重さによって
体は左にズレます
その左へのズレが 自然な正面向きを生みます。
その 受け身の回転 無意識の回転が
とても重要です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転において十分な右向き
しっかり骨盤が右を向き
左サイドが右サイドに比べ低くなることは
とても重要です。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

しかし こちらは打つ準備 であり
練習の中であれば、途中でやり直すことも可能です。

コチラは全員のゴルファーに出来る筈です。

ところが ダウンスイング➡フォローへの
右向き〜正面〜左向き は
ちゃんとした展開をしないと出来ません。

多くのゴルファーは
体の回すことの重要さは知っていますが、
体の部位を間違っています。

体は胴体、骨盤より上の事を指します。
足を回して 胴体、そして腕やクラブを
引っ張るのでもありませんし、
腰 という体にとって 中間の部位を
積極的に動かすことでもありません。
胴体を一体に回せない のであれば意味はありません。

体の回転は バランスよく動けるのであれば
速く回せることは良いことですが、
基本 重力方向に働く重さを
体の回転によって 飛ばす方向を水平方向に
変換することです。
バランスを失ってまで速く「主導的」に回る必要はありません。

と同時に 前傾姿勢という
多くの動作を省ける
スイング軌道を最短距離にすることの出来る
これを しっかり右の軸足から左の軸足に
移してあげることが必要です。
前傾姿勢をしっかり左軸足に移せないのなら意味はありません。
「回転動作」は
動作としては 受け身に動いた方が良いでしょう。
h170

この廻り方は
現場での多少の傾斜であれば 問題なく出来ます。
軸足を移せないような傾斜 であれば
原則フルスイング出来ないのですから
そこで 誤魔化しの手先のスイングをして
それ以降のゴルフスイングを壊すのは
利口な選択ではありません。

軸足を移せないような傾斜地 に打ち込んだのは自分なのです。

自分に出来ることをする
というのがゴルフショットの基本中の基本です。

回転の基礎は
背骨を軸にする動きです。
それを軸に 右を向き 左を向く
という行為には
背骨よりも前に多くある 体の重さを
向きに応じて 左右の軸足に移すことが付いてきます。
ダウンでは それを逆の応用すると良いでしょう。
鼓笛隊 モデルケース-123フレームショット

下半身は 瞬間的な補足をするのに優れた器官です。
回転するのに、それを積極的に使わず
受け身にすることによって 疲労や傾斜に対応し易く
しておくと良いでしょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーは
トップ から インパクト のダウンスイング
グリップを かなりたくさん『下げる』もの
と思っています。

そして それをするために
テークバックの置いて 下げるため
よりたくさんグリップを「上げ」ようとします。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)

本当は体を回すことが
実は グリップの高さの変える
主エネルギーです。

グリップをたくさん上げ
グリップをたくさん降ろすと
その量が多ければ多いほど
体は開き、上を向きます。

下げないわけにはいかないのが
意地悪なところですが、
出来れば アプローチの練習などで
グリップを最低限しか下げない
必要分以下上げない 習慣を付けると良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

スイングのメカニズムはよく出来ていて
前傾姿勢が維持できる 骨盤の右向きがあるという条件で
右を向いているうちに グリップが左へズレれば
重さが左にかかり 前傾姿勢が左股関節にずれます。
それによって 下げなくても
グリップの位置が低く出来るので 下げなくて済みます。

骨盤が右向きを作れなければ
グリップを下げなくてはならなくなりますし、
骨盤が右向きを作れないと
右を向いている時に 横の動きと縦の動きが混じりませんから
グリップを動かしても 重さは左に移せません。
よって 前傾姿勢が左股関節に移せず
グリップの「低さ」が足りなくなりますから
やはり 下げなくてはならなくなります。

真っ二つに分かれる ということです。


前傾姿勢を除くと グリップの必要な上げる量は
40〜50センチ程度です。
下り は 重さによる助力もありますから
20堕度で十分でしょう。
それも 真下…重力方向に下げるのでなく
横と縦の混じる 右を向いている間に
左斜め下に動かすような感じ が良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転。。。向きの変更はフットワーク
と言うのはとても大切です。

腰のキレ。。。と言うのも正確には
正しくありません。
正確には膝の動き。。。と言う訳でもないのですが、
単独で腰・・・お尻より上のベルトライン付近
と言うの訳でもないですね。
スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)

体の向きの変更はイコール体重移動ではありますが、
上手に出来ていない人の動作を見ていると
多くが右を向くのはまあまあでも
左を向くのが上手に出来ていないように思えます。

そのカギは
動作の速度にあるように思えます。

体の向きの変更は
膝〜大腿〜お尻 付近を使って
股関節より上の胴体の向きを変える という事です。
胴体の重さは 30〜50キロもある
決して軽いものではありませんし、
背骨を軸、支点としての運動を正しく行えば
右⇒左脚への体重移動も伴います。
つまり その動作は決して キュッと動けるような
素早いものではなく、意外にゆっくり ゆったりしたもの
なのです。
スナップショット 17 (2013-06-03 19-49)

イメージからすると
水の満タンに入ったバケツを
右の人から貰い、左の人に水を出来るだけこぼさず渡す
と言う動作に非常に近いものがあるのです。
・・・・・・・特に速度。

多くの上手に体の向きを変えられない人の動作を
見ていると 水の入ったバケツで
水を撒いている動作、速度に見えます。
水を撒く は ゴルフクラブを投げる という事です。

ゴルフのショットは、もちろん遠くに飛ばすことは
魅力としては否めませんが、
それはある意味 ゴルフクラブの仕事です。

ゴルフクラブは 同じ人が同じ感じで
同じように振った時に クラブによって距離が分かれる
という非常に大きな役割があります。
つまり ウエッヂや9番アイアンと同じように
振った時、同じようなタイミングで動いたとき
ドライバーであれば クラブの中で最大の
距離が出る働きがあるので、
ドライバーだから強く振る、
ドライバーだから速く動く
と言う必要は全く必要ないのです。
それとともに、ゴルフクラブは
ロフト角度と長さ(長さもロフト角度をある意味同種のものです)
によって、ある程度正確に距離が分かれるように
出来ています。
ですので、その長さとロフト角度を狂わせてしまうような
クラブの動かし方は クラブを何本もバッグに入れて
持ち歩いている意味を台無しにしてしまうのです。
スナップショット 2 (2013-06-12 22-56)

ゴルフクラブを遠くに投げるような使い方は
ロフト角度、インパクトのロフト角度を不安定な
ものにしてしまいます。

水の入ったバケツを右の人から貰い
左の人に水を出来るだけこぼさず渡す

この速度が体の向きの変更のカギなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 

悶絶クラブ受け取りました。
大変気に入っております、ありがとうございました。

良い買い物をしたと自己満足しております。
(家族には内緒ですが)

 

柔軟シャフトの予想はしておりましたが、
想像以上で驚きです。

パターまであの柔らかさとは恐れ入ります、
いやー、まいりました。

初めて持った人が絶句するのもわかります。

幸い、私には合っているようで
新境地を発見しちゃったーっ!と感動しております。


006


以下、初めて打った時の感想です。

 

(構えた瞬間)やっぱ、重いなあ、ちゃんと打てるかなあ...。

(トップで) なんだ、この重量感は!
    (シャフト方向に重力を感じたのは初です)

(打った瞬間)あれっ、軽い?あれれっ??
       なんか楽に打てるんだけど..???

 

最初5番で打ったんですが、
1発目からまっすぐ飛んだので自分でもびっくりです。

(御社のブログを拝見して練習していた成果でしょうか...)


実は、ヘッドの重さの利用、体の回転、
グリップの動かし方等を色々練習していたの
ですが、
いまひとつ球筋が安定しなくて、
アイアンだけ何故か左に飛び出すので
どう
したものかと思っておりました。

それがどうでしょう、
今回5番〜SWまでひと通り100球ほど打ちましたが、
意図
しない方角に飛び出ることは皆無で、
失敗する気がしないと思えたほどです。

 

そこで気づいたんですが、
普通のクラブだと、腕で振ろうが、体の回転で打とうが、

クラブの重量不足を補うため、
人の力(パワー)が必要で、
無意識のうちに自分の力
を主力にして
ボールを打とうとしていたんですね、
それが不安定の原因かなと。

   ✋店主:そう思います。そうせざるを得ないのでしょう

仕事の比率に例えると、
自分の仕事=8:クラブの仕事=2 こんな感覚でしょうか。

それが悶絶クラブでは、
自分の仕事=4:クラブの仕事=6 今現在のイメージです。 


今後の練習次第でどう転ぶかは不透明ですが、
普通のクラブを使っている以上、
人間
よりクラブの仕事の比率が大きいと
感じることはありえないでしょう。

 

普通に打てたことも嬉しい誤算でしたが、
驚くべきはその打感です。


今までのクラブで感じていたインパクト時の
微振動の衝撃が、ほとんどありません。

ボールに当った感触はありますが、
痺れるようなイヤな感じが全くないのです。

 ✋店主:質量負けしていないと言うのか
     それこそモーメントの勝利という事だと思います。
 

IMG_0459

それと、これはイメージですが、
普段のスイングが8〜9割くらいの力だとすると、

6〜7割くらいで振っているような感覚です。

えっ?こんな楽な振りで、そこまで飛ぶの?って感じです。
これほど感触が変わる
ものとは想像もつきませんでした。
こんな自然な感覚で打つショットができるとは

普通のクラブでは一生気づけないでしょうね。

 

飛距離も5番で150ヤードを
キャリーで越えますので必要十分ではないかと。

欲を出してヘッドスピードを上げようなんて
考えないほうがいいですよね。

 


パターについては、
まだ芝上でのロングパットを打っていないので
アイアンほど実感
できておりませんが、
部屋の中でコロコロ打っただけでも、
普通のパターとの違いが
はっきりとわかります。
少々強く打っても飛び跳ねませんね、
普通のパターではすぐ
ボールがジャンプしたがります。
あとインパクトした瞬間のボールの回転のしかたが

違うような気が...。
早くグリーンで打ってみたいですね。

 

0e363453-s

とにもかくにも、悶絶クラブ、いいです。私は大正解でした。

あと、ブログに書かれているクラブの機能や扱い方など、
このクラブを使ってみて初
めて理解できたと思います。
今までは解ったつもり。

何せ普通のクラブでどれだけ練習しても
体感できませんから、結局あきらめてしまう

パターンが多いんでしょうね。

私は各クラブ毎の飛距離の安定とミスショットの撲滅に
励もうと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの機能・効果を
より効率よく使うには
トップオブスイング造りが大切です。

それは 弊社の重いヘッドの柔らかいシャフトの
クラブに限らず、ゴルフクラブ全般です。
重い!柔らかい!は効果が強調されているに過ぎず
ゴルフクラブの使い方の基本は同じです。

ここを間違ってはいけませんが
トップオブスイングとは言っても
形や型を追いかけても意味はありません

映像や鏡などを使った 恰好 を作ってみても
そう言うものが利用できないコースでは
あまり役に立たないから です。

それよりも トップの意味
その感覚・感触をしっかり掴んでください。


MVI_0478_Moment(2)


シャフトの役割とヘッドの重さの役割
特に ヘッドの方がグリップよりも高い位置にある時、
その役割は その後の動きにおいて
グリップを動かす為のモノです。

トップからダウン、インパクト以降に向けて
ボールを打つのには 理想とする
グリップの通過地点があると思いますが、
そこに向けて 遅れずに、より簡単に
その方向・場所に向けて
グリップが行き易いようなトップの位置が理想です。

ですので テークバックで
シャフトをしならせて
グリップの移動を妨げるような行為は
出来るだけ避けなくてはなりません。

千人


ショットの時間進行は
体の向きとの関係にあります。

理想的には インパクトは
体とボールが正対した、体の正面で
迎えられるのが一番です。

この際、絶対に禁忌なことは
その理想があったとしても
体の回転を止め、正対した状態を保とうとするのは逆効果です。
逆効果だけでなく、体を痛める原因になりますので
絶対に避けなくてはなりません。

単純な時間として
.棔璽襪体の左にある時間
▲棔璽襪体と概ね正対している時間
ボールが体の右にある時間

というのがあります。

理想的なものですが、
,乏催するのが テークバック・トップ・ダウンスイング
に該当するのがフォローです。

,了間では 体の左サイドの方が右サイドよりも低く
△漏気擁森
では 体の左サイドの方が右サイドよりも高くなります。

➡△隆屬縫ぅ鵐僖ト迎えられれば
 上から打てますし・インサイドから打てます。

△鯡世蕕に逃し、の時間にインパクトを迎えると
 軌道は上向き(煽り打ち・しゃくり打ち)になりますし、
 便宜上、アウトサイドから入ってくる形 になります。

.棔璽襪体の左にある時間
▲棔璽襪体と概ね正対している時間
ボールが体の右にある時間

,了間の中でダウンスイングでは
 体全体がボールに近づこうとしている時間で
の時間では 左サイドが上方・左方向に離れつつ
 逆に右サイドは下方・ボール方向にどんどん近づきつつあります

厳密にする必要はありませんが、
アマチュアゴルファーが苦しむ トップ・ダフリ
の原因も インパクトがになってしまっていることで起こる
一言でいえば 「振り遅れ」「打ち遅れ」「手遅れ」です。


ですので 例えば
テークアウェイで 出来るだけ多く右向きを作る
というのは ,了間を長く確保できるので
インサイドからボールを打つ
上からボールを打つ時間を増やす ということになります。
ただし 股関節が所在する骨盤が動かないと意味はありませんが…

dW l (2)_Moment



トップの位置で クラブ、そしてヘッドの重さによって
グリップが インパクトの通過点 に行き易くなれば
振り遅れる可能性は格段に減ります。

また テークアウェイでも、ダウンスイングでも
ヘッドの方をたくさん動かせば動かすほど
道のりが長くなり、時間がかかり
➡△了間にインパクトを迎えられる可能性が減っていきます。

振り遅れるから「速く動かす」「速く振る」
では答えは出てきません。
クラブは運動させれば 予想以上の重さになり
その動き、そのスピードを妨げる からです。
重いものを速く動かした労力が振った気にさせる

というのは少々嫌味な言い方ですが
クラブのその形を上手く利用すれば
その重さは より近道を、よりすぐに動き出す助力になります。




時間の進行を考え、先の行動を見越しての
トップの位置 というのを考えてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

切り返しでシャフトが、グニャッとしなる感触です。

 

コースに出た事で、気付いた感触で修正したいのですが、

短い番手よりも長い番手の切り返しに違和感あります。

長い番手の切り返しで、特に注意する?意識した方が良い?
何かアドバイスを頂けないでしょうか。=

 

☆ ☆ ☆

 

ロフトが立っていて、クラブの長いものほど上手く打てない…

もしくは 飛ばない というケースの

物理的な状態なのですが、

長いクラブほど ヘッドの入射角度が緩くなり

振り遅れることによって 上がり軌道(煽り打ち・しゃくり打ち)

になる場合が多くなります。

 

かなり効率は悪いですが、そのような打ち方でも

脳みそ筋肉的なヘッドスピードがあればなんとかはなりますが、

そのヘッドスピードは、数字上だけの無駄もので実質的な飛距離には結ぶ付きません。

 

18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

標準的なヘッドスピードでは

煽り打ちの場合、打ち出しが高く、スピンも多いですから

手でボールを高く放り投げたような放物線になり 飛びません。

その主原因になっているのが「振り遅れ」です。

 

振り遅れ とは

インパクトをどの状態・関係で迎えているか ということで

理想的には 体(骨盤〜胸)がボールと正対している状態、

振り遅れとは それに対し ボールが右にある状態です。

上下の軌道として 煽り打ちになるだけでなく

体に対し右にあるボールを打つのには

右腕を伸ばすことが出来ず(空間が足らない)

ロフト自身も開いている可能性が高くなります。

 

体があり、ヘッドがあり、それをつなぐグリップがあって

ダウンスイング〜フォローの進行方向に対し

先に有り、グリップ、ヘッドと徐々に右にずれ 振り遅れる

というのと シャフトがしなって感じる というのは

ある意味 同意なことで、

振り遅れの原因になっているのは

自分の移動量・グリップの移動量 に対し

ヘッドの移動量、移動の道のりが長く

相対的な時間として 都合がつかない(間に合わない)からです。

それは 特にクラブの長い・シャフトの長いもので顕著に現れます。

 

推測ではありますが、

グリップよりもヘッドをたくさん動かして

ヘッドでボールを弾くようなイメージの打撃イメージからの脱却が必要かと思います。

 

まずは トップの意味合い・イメージ を造ると良いと思います。

トップオブスイングでは クラブの形状が作り出すその重さが

ダウンスイング以降、ボールを打つ為に掛かるのが理想です。

 

トップでシャフトがぐにゃりとしなる ということは

これから グリップを動かしたい方向、
動かしたいタイミングに対し

相反する重さをヘッドが作り出しています。

それでは グリップとヘッドの進行時間・方向は相容れません。

シャフトが柔らかく・ヘッドが重たいクラブでは

その重さを利用出来れば より遅れず 
より簡単にインパクトに向けて

進めるようになると思いますが、

今の状態では その効果が『より遅れ』を
創り出している可能性が否めません。

 

まずは テークバックで グリップよりもヘッドを多く動かさない

グリップの移動スピード・移動方向とヘッドの移動速度・移動方向を合わせ

シャフトをしならせないように上げることをお薦めします。

 

 ☆ ☆ ☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



コメントも頂きましたが、
視線や顔の向きで 右向きを覚える
右向きの感じを掴むのもとても大切です。

慣れの問題なのですが、
ボールから視線を切り、
顔も右を向けると より楽に右向きが出来るようになります。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ボールを見ないようにしよう! とまでは言いませんが、
ボールは止まっています。
正しく体を回せば ボールを注視していなくても
空振りすることはありません。

逆に変な体の回し方、
体を捻るように使うと
 止まっているボールを動かしながら打つことになり、
 ボールを良く見なければ当たらない になってしまいます。

体の向き、胸の向きに従い
顔の向きも変えて挙げた方が
スムースに体が回ります。

ボールを注視してしまうと
目とボールの距離を一定に保とうとしまうので
体を十分回す弊害になります。



 右向きをしっかり確保する邪魔になるのが
左腕・左肩の動きです。
「左肩を入れろ」とか、左腕をたくさん横に動かすと
背中の筋膜・筋肉が引っ張られ
かなり早い段階で 無理な姿勢が来ます。
背中に張りがあるのを 『体が回った』と
誤認識
している人は少なくないと思います。
maxresdefault
     この始まり↑では前傾姿勢を放棄することになります。
インパクト時に上に体を蹴る・ジャンプするなんて言う
とてもスイング理論とは思えない無理を必要とするようになります。
ああ おそろしや…


体の回転の 部位としての分岐点/分かれ目は「股関節」です。
体を回すことで 張り というか、きつくなるのは
右向きであれば 右の股関節
左向きであれば 左の股関節
その周囲、お尻なり、太ももがきつくなるもので
背中は何一つ使わないに等しいので
体の回転で 背中がきつくなることは一切ありません。

体が硬いから回らない
という言葉の多くは
背中を捩じろうとしており
逆に言えば、その回し方で十分に回れたら 体は壊れます。
二度と歩けなくなる程 の故障になりますから、
体がこわ張って、それを拒否するのは当然です。


股関節から上の胴体が
一体となって右を向くのが 体の回転です。
股関節から上の胴体が一体となって向きを変えることで
前傾姿勢という仕組みが働くようになります。

✋ダウンスイング以降、体の動かす順序が間違ってしまっても
初期の、体の回転の基本になる「右向き」が
十分とれていれば、それだけでかなりミスも防げます。

右ひじを後方に引くように動き出す〜回り出す感じですが、
左腕はそこに残しておくように
左肘も外に張って置くようにすると
背中を使わず回れるようになります。

首から胸〜へそ〜股間
このラインを捻らずに、直線のまま、
やや下を向けたまま、右を向く感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


回転の中でも 初期の右向き
現場でのショットにおいて 特に重要です。

よく覚えておいて欲しいのは
👉現場へ出た時
👉疲れた時
👉緊張した時
👉興奮した時
👉ピンチの時
👉チャンスの時
 は
普段の練習での半分程度しか右向きが出来ません。
100に対し 50程度しか出来ません。

そんなものです。
アドレス、体の向き、ボールの位置を除けば
現場でのショットのミスの原因の半分以上
右向き不足が原因です

MVI_0478_Moment(2)

ですので 普段の素振りや練習で
右向きだけは 200、
半分しか出来ないコースで100右向き出来るよう
心がけておいた方が良いです。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

右向きが多すぎて悪いことは何もありません。

dW l (2)_Moment

ただ その右向きも
胴体を捻って、肩だけを回すのであれば
全く意味がありません。
言葉は悪いですが、それはゴルフスイングの真似ごとを
しているに過ぎません。
どんなに上半身を捻って 肩のラインを右に向けても
骨盤〜腰のラインと差が出来るような右向きは
逆にすればするほど 問題を生みます。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
✋多くの人が 振り遅れに悩んでいる筈 ですが、
上半身を捻るテークバックは 自分から振り遅れを
作っているに過ぎません。

右向きが浅い方がまだマシです。

左腕〜左グリップ〜左肩 を主に始めるのでなく
右肘〜右半身 中心にテークアウェイを始める感じです。

スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)しっかり 右のお尻を引く
 ➡ライトポケットバック
この角度/飛球線後方から見ている人に対し
左のポケットを見せてあげる位
しっかりと骨盤を向けると良いでしょう。

アドレスから右ひじを後方に引くようにして始めると
骨盤もしっかり回し易くなると思います。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)グリップを飛球線後方に動かすのではなく、
肘と骨盤の向きで、ボールから離れていく方に
 
(斜め上後方に右ひじを離していく感じ)
グリップを移動させてあげる感じです。

左右とも…ですが、股関節は稼働させてあげると
年齢に関係なく、どんどん可動域は広がりますから
せめて素振りだけでも、左のかかとを上げて
股関節の可動域を広げる慣れを作っておくといいかも…です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチに悩まれるお客様から相談を受けました。
50ヤード以下のショットが安定せず、スコアに伸び悩むと…
スコアが全てではありませんし、
それ以外の楽しみ、それぞれの方の違った楽しみ
それを共存させられるのがゴルフの良さ、でもありますが
目の前のグリーンに対し、上手く打てないのは
ストレスになりますわねぇ、確かに。
003
で、その方のショットを見させて頂くと。。。
テークバックの取り方が怪しい のです。
とは言え、その方法論は多くのアマチュアが採用する方法で
練習場では一般的な打ち方なのでしょうね。

フルショットの場合、スピードと言う結構
いろんなことを誤魔化せる要因があるので
そこの部分は取り上げられない、気にしない、なのですが、
50ヤード以下だと、その誤魔化しも効きません。

本来、ゴルフショットのヘッドが描く円弧
世間でいうところの「ヘッド軌道・プレーン」は
前傾姿勢があって、体の向きを変えることに
よって生まれる、斜めに傾いた軌道 です。
概ね 体の幅の中にクラブ・クラブヘッドがあって
体の向きが変わるから、円弧が創られるのです。
それによって、セットされた(選択された)クラブの
ロフト、そしてその運動スピード
それによって、距離が創られていきます。

でも、多くのアマチュアゴルファーは
その円弧を手のさばきによって、なぞる というか
創ってしまうのです。

そうなると、ロフトも変化しますし、
腕も含めたクラブの長さも変化しやすくなります。
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)






腕と言う、さほど大きな筋肉の無い部位で
クラブと言う重量物を動かし、そして、さらに
その動かしたことによって生まれてしまう
更なる遠心力などの不可抗力を、その動かしている
腕が直接的に受けるのですから、安定は
難しいでしょう。

imageCA5Z5UPG具体的に言うと、テークバックで
ハンドルを右に切るように
クラブを動かしてはいけません。
その姿勢のまま、と言うよりも
テークバックでは、少々オーバーですが
ハンドルを左に切りながら動いていく
と考える方が矯正されていくと思います。

前傾姿勢がある状態で、右を向けば
体の右側の部位の方が、左の部位よりも高くなります。
その状態が維持されて「スクエア」なのですから
ロフトの立ったクラブであれば、
フェースの向く方向は、やや地面に向いた
伏せられた方向になる筈です。

よく見かけるオンプレーンスウィングの図解で
ダウンやテークバックのどこかを切り取った静止絵で
地面と垂直になったリーディングエッジが
出てきますが、これは既に開いていることになりますし
クラブの構造上、静止状態でこの姿勢を作ったのでは
動きが入ると、もっと開くことになります。

30ヤード位のショット、から始めるのがいいのかも
知れませんが、テークバックは左にハンドルを切る
フェース面をずっと地面に向けている ような
そんな始まりが練習には良いかと思います。


レッツ トライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の回転 は
実際ボールを打っていく時に
積極的に、能動的に考えるべきでなく
受動的に、受け身でするものと
考える方が易しいでしょう。
tna_Moment

体の回転を積極的に行い
腕やクラブという重量物を引っ張って…
をやろうとすればするほど
その重さによって 回転の基礎になる
前傾姿勢や回転の軸を失い易くなります。

足や体は 本能的な修正能力に優れていますから
受け身の回転をした方が
その役割は果たしやすいですし、
クラブの重さや自分の重さも使って
重いモノは低きに流れる という特性を
使いやすくなります。

トップの位置からインパクトまでは
スイングの流れとしては
高い所から低い所への流れなので、
それをクラブで行えば
概ね体は その反対の高い方へ反発し
相殺する形を取ることになります。


クラブの重さ、腕の重さを利用して
受け身に体を回すことを・・・なのですが、
練習や素振り・シャドースイングなどで
その体の回し方の流れは掴んでおいた方がよいです。
198Trim_Moment

体の回転のは
体の構造上、軸に当たる背骨に対し
重さのある胸側がどちらを向いているか
によって 体重の配分が決まってきます。
そう言う意味でも 胴体をねじって
疑似回転をすることは良くありません。

体重移動は体の回転をイコールと呼べるほどのモノで
片方だけ上手く行く ということはなく
両立するものです。
右を向けば右に体重が乗り、
左を向けば左に体重が乗る
体を捩じることなく 向きを変えれば
体重移動と共に、前傾姿勢も付いてきます。

従来、体を捻っていることを体の回転を
認識している多くのゴルファーは
股関節を使う事を体験していません。
左に体重を乗せることも体験していません。
故に インパクト後左を「正しく」向くことも
出来ません。
ですので その流れ、股関節の使い方
をシャドースイングで掴んでおき
「重さ」の逃げ として体の回転を
覚えるのはとても重要だと思います。

        >>>続き

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そのショットのロフトの効果、
ロフト角度そのものを決める要素としては
クラブそのモノで作る姿勢・ヘッド姿勢よりも
打ち手の体の姿勢の方が格段に大きいのです。

多くのゴルファーは自覚してやっていませんが、
例えば ボールを上から打とうとして
クラブ〜ヘッドを下に振れば振るほど
その掛かってしまう下への重さを消す為
体は上を向き、左を向いてしまうので
結果として、上から打てず
煽り打ち・しゃくり打ち になります。

スイングの軌道は
➡体(骨盤)の右向き 右サイドが高くなって行く
➡体の正面向き  
*理想的にはインパクト付近まで左サイドが低い
➡体の左向き    左サイドが高くなって行く
3行程・3個の時間割によって作られ
△涼罎妊ぅ鵐僖トを迎えられるか、に入ってからか
という事になる訳ですが
右向き〜左向き
というのを向きではなく
ボールからグリップが離れていく・近づいていく
と考える方が 動作中は理解しやすいかもしれません。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)
スイングをこの角度から見た場合、
.董璽アウェイ時の骨盤の向きでの
 グリップの移動は 平面上、ボールから離れていきます。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)
▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿貌れば
 平面上、グリップはボールに近づいていきます。
 一番近づいた、
 写真上右に一番行ったところ付近がインパクトです。
スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)
フォローになれば
 体の回転によってグリップはボールから離れていきます

ゆっくりした素振りやショット練習・アプローチなどで
このグリップの移動とインパクトのタイミングが
どういう関係あるのか掴んでおくのも良いでしょう。

❶グリップがボールに近づいていく過程 の中に
インパクトが存在しているのか?

❷グリップがボールに近づいて「から」
インパクトがあるのか?

IMG_1150

インパクトがどこに位置・どの時期にあるのか
が 同時にインサイドなどの複合軌道も判別できます。

❶の時間帯の中にインパクトがあれば
 インサイドから打てている可能性は高いです。

❷の時期では インサイドから打てる可能性はなく
 実際には打ち損じ・振り遅れの分類ですが
 アウトサイドから打つことになります。

それを逆手に取って行けば
手先でヘッドを振って 軌道と作ることではなく
グリップがどの方向に動いていて
どの時期にインパクトがあるのか

✋グリップが下がっている過程の中にインパクトがあるのか
✋グリップが近づいている過程の中にインパクトがあるのか
✋インパクト付近でグリップの移動が減速・停止せず
 加速過程の中にインパクトがあるのか


というのは 実はとても大切です。

ここでも スイングに規則を作る必要があるのは
体(骨盤)の回転を主にグリップを動かしていれば
グリップの下がっている イコール
グリップのボールに近づいている
になりますから、スイングの安定化が簡単になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日も書きましたが、
ヘッドの慣性モーメントとは
ヘッドそのものの 同じ姿勢や運動を持続するチカラです。
ボールの重さに負けず、その質量を打ち抜くチカラ、
ミスヒットした時に ヘッド姿勢を保とうとするチカラ です。
IMG_1150

ドライバーヘッドの大型化やアイアンのキャビティ化など
この40年のゴルフクラブの進化は
「慣性モーメントの増大化」
言えます。

過去のクラブよりも より易しい
より飛ぶクラブ というのは
過去のクラブよりも「慣性モーメントが大きい」
というのが大きな条件になります。

ヘッドが大きい、重量物がより周辺に離れている、
ヘッドが重い、重心距離が長い、
重心が深い、重心が低い などが
慣性モーメントを大きくする要因です。

この慣性モーメントは
どのように計測するか 単純にいうと
測定器の上で ヘッドを回します。
そのヘッドの廻り具合を計測します。

数値の大きなものほど回転し辛くなります。
数値の小さいものほど回転し易くなります。
回転モーメントによる使い方そのものですね。
rad-04

✋ドライバーヘッドの場合、
430佞鯆兇┐襯悒奪匹中心の最近では
数値の小さなヘッドと言っても
いずれも4000g2を超えます。
パーシモンドライバー時代では2000g2程度、
20年前のドライバーヘッドニューモデルの
平均値は 2900g2
ですので 数値が小さなモノであっても
ヘッドターン向きとは言えないでしょう。

逆に 10年前のドライバーヘッドのニューモデルで
平均値は 4200g2ですので
この10年でドライバーヘッドは殆ど進化がない…
と言っても過言ではないかもしれません。

アイアンヘッドに関しては
ヘッドの大型化、キャビティ化がピークだった
20年前の数値が 2600g2 です。
ヘッド重量によるものを除けば
市販品の最大値は 3000を少々超えたところです。
その20年前から アイアンの慣性モーメント数値は
毎年毎年下がり続け、今は限りなく2000g2に
近い数値まで下がって来ています。

重量が重いので 弊社のアイアンヘッドは3500g
に近い数値です!
IMG_0459

ウッドと比べると その差は年々離れて行っていますから
アイアンとウッドが同じように打てる感じでは
無くなっている昨今です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフスイング には
技術論や練習によって習得するタイミング
といったもの以前に
抗しがたい約束事があります。

代表的な例は
両手でクラブを持っている という事です。
MVI_0670Trim(2)_Moment

その左右の腕は概ね同じ長さで
両方の腕の長さがつりあっている時が
使うゴルフクラブの「オリジナル姿勢」と言えます。

逆に 両方の腕の長さがつりあっていないと
ボールに当たらないか
ボールに当たっても 本来の当たりや距離にはなり難い
 という当たり前の約束・ルール があります。
hiraki

よく考えれば 当たり前すぎて
忘れてしまいがちですが、
少なくとも ここの部分は誰も逆らえません。


そして 一般的に
体の構造上、背骨を軸に体を回せば
右を向けば 体の重さの大部分は右足にかかり
左を向けば 体の重さの大部分は左足にかかります。

そして この体の回し方だけが唯一
両腕の長さの均衡性を保ち易く、
同時に 体の構造上、故障を生みにくくします。

スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)

無理にそこで止めたり、
形を繕うことは避けるべきですが、
本来 ボールを打つ時期・タイミングは
概ね 体がボールと正対した、
ボールに対し正面を向いた(アドレスに近い姿勢)であり、
それによって 両腕の長さはアドレスの状態に近く
そのクラブの本来のロフト角度や方向性が保てる
というのが 単純なクラブと体の関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


祝!4000記事突破(^_-)-☆


IMG_NEW
ゴルフクラブの形状は
ボールを簡単に打つ為、遠くに飛ばす為、
技術でなく番手で距離を打ち分ける為、
自分の方へ鎌首をもたげたような異質な形状をしています。

他のスポーツ用品などと比べ
その形状のせいで 打撃点であるヘッドの重さ
その中心点は棒の延長線上になる ズレています。
この重心の事を重心位置と呼び
クラブは その重心位置の差・違い、
最大の機種ごとの違い、特徴と言えます。

一般的なイメージとしては
インパクトの瞬間にその重心位置がボールに
何かの作用をもたらす というのが
多いと思いますが、それは間違いです。

重心位置は 運動しているゴルフクラブに
どのような影響をもたらすか で
例えば 重心が高いものと低いモノでは
高いモノの方がその重心位置の作用から
きつい入射角度をを作り易く、
重心位置の低いもの方が緩い入射角度を
作り易くなります。
IMG_0607

その作用は 重心の深さとも大変似ています。

結果、重心の高い(浅い)モノは
ボールの打ちだし角度が低くなり
スピンは多めになります。
逆に、重心の低い(深い)モノは
ボールの打ち出し角度が高くなり
スピンは少な目になります。




ところが!
この機能には絶対条件があります!
機能を引き出すには絶対条件があります。


ゴルフクラブの重心位置の性能は
スイングをして 遠心力がかかり
その一直線上に重さが揃う
という条件があります。

その条件を整えないと
ゴルフクラブヘッドの性能は別なものになります。
グリップが動くことによって
結果、ヘッドも移動する。
自分の体が回ることによって
グリップが移動し、その結果としてヘッドも動く
でなく、グリップを止め、ヘッドだけを動かすスイングをすると
重心位置は たんなる重さ・負荷になるだけです。
重心距離が長くなる程、重心位置が深くなる程、
重心位置が低くなる程 運動として重くなる だけです。

重心位置そのものではありませんが
ヘッドの慣性モーメントも同じです。
(ヘッド重量の増加も同じです。)
IMG_0459

ヘッドの慣性モーメントとは
ヘッド重心点を中心とした運動のし辛さ
言い換えれば ヘッドの回転のし辛さ です。
ドライバーヘッドの大型化、
アイアンヘッドのキャビティ化、
ゴルフクラブの進化は慣性モーメントの数値増量化です。

ところが ヘッドを振り、ヘッドを返すスイングにとっては
その 慣性モーメントの増加は
スイングのし辛さに直結します。

正しくゴルフクラブを使いたい
ということは そのヘッドの機能を
インパクトの 1/2500に反映させるため
2499/2500を作ることです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サンドウエッヂのバンス、バンス角度ってのがありますね。
あまり数値など気にする必要はありませんが、
使えるのなら 出来るだけ大きなバンス幅、バンス角度が
ある方がいいです。
001

サンドウエッヂのバンス角度は一般的に
 12〜16度位の範囲です。

気にする必要はありませんが、適正な角度とは
その人、その人のヘッドを入れてくる入射角度
ヘッドを地面なり、ボールにどの角度で入れてくるか
によるもので、インパクト時 0度のバンス角度になる
⇒バンス角度15度 入射角度15度
そんなイメージです。

昨今では バンスが地面に干渉してしまい跳ねてしまう
と言う理由で、少ないバンス角度のウエッヂを選択するゴルファーが
いますが、あまり誉められたものではありません。

ご存知の通り、ウエッヂはゴルフクラブの中では
一番短いクラブですから、ヘッドの作り出す弧は一番小さくなります。
故にボールに対しては一番きつい角度で入射してくるはず。。。
なのですが、 バンスが引っ掛かるからと言う理由で
少ないバンス角度…例えば6度とか・・・
これでは5番アイアンと同じです。
2インチ以上も短いクラブを5番アイアンの入射角度で
入れてくるのは 上から打てていない証拠。
煽りながら打っているという事になります。
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

長さも含め、クラブの特性上
インパクト付近で地面と接触しやすいサンドウエッヂのバンス
クラブそのものの目的として
いつも似たような距離を打つ、打ちたい ということなので
このバンスが地面と接触するというのは
安定して同じロフト角度で打撃するという事に繋がりますから
バンスが遊んでいるよりも、多めのバンスで
地面と積極的に接触させ、ロフト角度のガイドとして
利用した方が アプローチは安定すると思います。

飛ばしてどうする…ってのはありますけど、
飛ぶウエッヂっていうのは バンス角度、バンス幅のある
ウエッヂのことを指します。
とは言っても 市販のヘッド重量であれば
なんであっても変わりはない…かもですね。
あの重量ではラフ、バンカーも含め
ミスショットでぐんと距離が落ちますから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ