◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2017年01月



進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)


006

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。
007

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009







距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009

パターは確かにクラブの中では
ロフトは立っています。
L型ブリストルはやや多めの 5度のロフト です。
そのロフトとは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539








インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昔から ゴルフは
『グリップに始まり、グリップに帰る』
と言われるほど グリップは大切です。

多くのゴルファーのグリップは
今のその形を目指したわけではなく
いつの間にか 今の形に落ち着いた という感じだと
思いますが、それはクラブの扱い方に準じます。


特に問題になるのが 左手のグリップ です。
現在の主流は 左右が相対することを放棄して
左手がフックと言うか ガブ握り
右手は添えるだけのような形が多いですね
IMG_0511

それは 左手グリップを支点に
クラブを跳ね上げる、クラブを振る からで
がっぷりと握っていないとクラブが飛んでしまいます。
IMG_0528

グリップは そのクラブの扱い方が変わって行かない限り
握り を変えても、数球も持たず 元の握りに戻ります。
よって 意識はしながらも、自分のクラブの扱いの変化
の目安として 『握り』に注意してみてください。

hand_kansetu


グリップは用語的に指で握ることを指し、
手のひらで握るのは「グラブ」です。
指は 先端部から 第一、第二、第三関節 とありますが、
第三関節 ✊ (俗に言うナックルの部分ですが) は
厳密には指ではありません。

よって クラブを握る際
とても大切になるのは
グリップは両手で握りますから
その密着度と位置関係です。

お互いの手のひらを向き合った関係になっていることは
とても大切で そのためには
左手を✊にして握るのはあまり感心しません。

左手にもしっかり手のひらが出来ているから
右手と相対しますし、それによって密着度もあがります。
IMG_0530IMG_0531









ですので 今すぐにとは言わないまでも
第三関節にナックルを造らない
左手にも手のひらを造れるようなグリップは欲しいところです。
左手を握り込むのであなく
手のひらは熊手のように外に反らせるような感じです。

慣れとともにクラブの扱いもあるので
目安として意識しておいてください。

IMG_0533IMG_0532











???疑問に思う人もいると思いますが、
この握りでは クラブが飛んでしまう
握っていられない・・・ のではと思うでしょう。

そこがポイントなのです。

左手を支点としてクラブを振ることが出来ず、
クラブを握っていられないから
左手、グリップ、体がどんどん回る!

左グリップがガブッと握る ということは
スイング動作中に体が止まることを示唆しているのです。


それと同時に
これも意識して貰いたいのは
左グリップの指と指を出来るだけ離して
✋ぱー で握って貰いたいのです。
IMG_0534

多くの人はグーで
指をつかって 掌の方にグリップを押し付けています。

そうではなく、出来るだけ指と指に感覚を開け
指も含め、左手の平を広く使って貰いたいのです。

グリップは 単純に 強さと接触面積の関係です。

グーで握る握り方は
その握りに反し、接している面積は少ないので
より力で握らなくてはならず、
指を開いて握る方が 実は少ない力で握ることが出来るのです。

ボールを打たない状態でトライしてみてください♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場などで 多くの人がアプローチしているサマを
見ると ふと思うことがあります。

ボールと言うのは 当たり前ですが 球体 です。
その大きさは 約43mm 4センチ強の直径の球体です。

ところが 多くのゴルファーは
その 4其の球体というよりも 4其の白いコイン
を打とうとしているんじゃないか と思うのです。
adc717b3-s

しかも このコインを 前に飛ばそうとするのではなく
ひっくり返そうとしているように見えるのです。


ボールにも芯 ➟センターがあり、
その芯というのは クラブの芯よりも遥かに重要です。

逆に言えば、クラブの芯 とは クラブの真ん中って訳でもなく
ましてや重心の位置でもありません。
アイアンであっても ウッドであっても
重量の中心点はフェース面には存在せず
図に書いてあるような重心位置は
フェース面上を基準に測定した場所に過ぎません。
ボールと ヘッドの重心位置は触れることが出来ないのが
殆どのクラブの構造なのです。

あえて 言うのであれば
クラブヘッドの方の芯 とは
当たる場所を指すのでなく
クラブヘッドの動いてきた方向、立体的なベクトル
の事を指すのです。





クラブの方の芯の話はさて置き

アプローチショットだけでなく、パターでもそうですが
多少 ボールの自重で芝やマットに沈んでいるとは言え
ボールのセンターは、ボールの芯は
中に浮いた 地面から約2センチの場所にあるのです。
IMG-20130818-00414

ボールの底、4センチの大きさのコインを打つように
ボールを打っても、
ボールにはスピンばかりがかかり、
ボールは上に飛ぶばかりで、
思った距離になってくれませんし、
原則として ボールは自重で芝に少し沈んでいるのですから
その部分に歯を入れようとすること自体
始めから不可能なのです。

日本のプロが欧米の試合に出ると
欧米選手の体の大きさや飛び よりも
実は 日本よりも沈んだボールに苦労する のです。
飛び において 勝負は難しいのですから
そこはアプローチなりパッティングで勝負 となるはずなのに
そこの部分に苦労して 断念する選手や
小手先のスイング改造に挑戦しておかしくなる選手が
今も後を絶ちません。
090804_01

技術的な問題は別にして
ボールの芯は宙に浮いている という認識は
とても大切です。

そして アイアンで言うところの
上から打つ、ボールを潰す というのは
正確には スイングには前傾姿勢があり
右を向いている間は 左サイド
 ダウンスイング〜インパクト という時間で言うと
進行方向が低くなっており、
その低くなっている間に ボールに入ってくる
 という事を指すのですが、
少なくともイメージとして
ボールを進行方向に弾く のではなく
ボールの底を打つのではなく、
宙に浮いたボールの芯をフェース面で
 地面なり、マットに抑えつける
下方に圧力をかけてあげるイメージを持っておくべきです。
bd169146-s
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


振り子式ストロークでは、多分、広背筋を使って
肩周りを揺さぶる運動になるのだと思います。
確信はありませんが、そこで微妙な距離感は
とても難しいと思いますし、その動作そのものは
自分の背骨を捩じるものですから、お薦めはし難い。
総じて、前傾も深くなりがちですので
余程、そのストロークに自信が無い限りは
辞めた方が良いと思います。
スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







刷毛塗のストロークは、利き肘の曲げ伸ばしです。
右左のグリップは上下に少し重なっていますから
右手を飛球線に伸ばしていく
(厳密には自分の胸に平行に伸ばしていくこと。
パッティングストロークの場合は向きの変更が
殆ど無いので、それが飛球線と一致している、だけ)

これを出来るだけ 左の肘で受け止めず
左の手首を手のひら側に逆折りしていくことで受けます。

右手で左の掌底を押していくような感じです。




この動作はパッティングストロークだけでなく
アプローチやショットの基本になる腕(肘)さばきになります。
右ひじを伸ばし、手のひらを自分の胸の平行に左に押す。

左腕は肘でそれを逃すのではなく
それを受け止めて、受動的にしていればいいのです。

パターストロークだけではありませんが
ショットを左手、左腕で動かそうとしていること自体
おかしなものなので、右手に任せてください。

左腕というのは、体の向きの変更で動かすもので
左腕の移動を司っているのは「脚」です。


スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








その練習をするのに、右手一本でのドリルが
大変有効だと思います。


右ひじを伸ばしていくことで
掌底を飛球線に出していきます。
インパクト以降にも、親指を人差し指が追い越すことは
ありません。
右ひじを伸ばすことで、手首の角度を変えてしまう
ストローク・ショットは上に向かって振るスイングに
なりますから、パターストロークの場合は
歯でボールを打つことになってしまいます。


左ひじを進行方向に逃がしてあげる のも悪くないですね

パッティングだけでなく ショットでも同じですが、
スピンコンロトール➟ロフトコントロール
というのは ヘッドではなく
 クラブというか、シャフト姿勢を管理してあげる
ということを意識してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ちょっと なぞなぞのようなお話・・・
swing102
アドレスの時、ボールの位置は
高さを除けば、左の股関節や左の膝の前
辺りに有ります。

さて、テークバックしていきます。

ちゃんと 足回りなど大きな筋肉を使って
股関節を右に向けることが出来たとします。
230141133










その右を向いた状態
ここをトップオブざスイング トップを呼ぶのですが、
この時、どこにあるボールを打とうとしていますか?

そして そのボールをどの方向に打とうとしていますか?


なんだか とらえどころのない不思議なお話し
に感じるかも知れませんが、
とっても 重要な感覚なんです。

もう一度書きます。
アドレスの時、ボールの位置は
高さを除けば、左の股関節や左の膝の前
辺りに有ります。


一度実験してみて下さい。
アドレスの時、クラブを持たず
ボールを右手で指差してください。
腕周りは何もせず、そのまま 右を向きます。
(テークバックを取ります)
その 指がさしている ところは どこですか

アドレス時、高さは別にして
右手で 視覚的にボールの飛び出る(飛び出したい)
方向とクラブを平行にし、握っているとします。
腕周りは何もせず、そのまま 右を向きます。
そのクラブの指している方向はどの方向ですか?

実はこの感覚に大きなヒントが隠されています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのヘッドは金属質 である
チタンからステン、炭素鋼
パターなんかも含めると 色々な素材がある。
アーメット鋼とかマレージング鋼なんて言うのは
ステンレス素材の亜種
昔は プラスチックのヘッドや圧縮した紙なんかも
あったんです。

そして ボールはゴム質

この二つの素材差を発揮させることは
実はシンプルだけれど 重要なことだと思う

素材差という意味では
双方の 歪み率(ヤング率)の差は
金属の種類やゴムのつくりによっても
多少前後するが 200倍
ゴムのボールが1mm歪むのと
金属質のヘッドが その1/200mm歪む
と考えていい。

001


それともう一つ
ボールの当たる フェース面は
バルジ とか ロール とか 有っても
基本的には 平面・・・平らな面で
ボールは 球体



双方の素材差と形状差 を考えていくと
平面で金属質のヘッド、フェースを
極端な円運動や支点運動させてしまうと
素材差も 形状差 も出てこないような気がする

丸いボールを丸く打ってしまえば
打つ部分が平らである意味合いはあまり感じられない

左右にも 上下にも 円に打ってしまえば
ボールには回転の運動が多く加えられてしまうので
ゴムと金属のゆがみ性能の特性はあまり発揮されない

打つ人が どう考えていようとも
ボールとヘッドの 素材 形状 は
それ以前の 大前提になる。
科学や演算技術が進んだ21世紀になっても
やっぱり それには大きな変化がない訳で
それを無視して 俺はこう打ちたいから!
って言われても まずは 現状把握が重要で
コンビニの前で タバコ吸っている中学生が
「お前には関係ないだろ!」レベルに等しいと思う。

ゴルフなんて遊びで そんなのどうでも良い!
とも思うけれど  少なくとも それを販売するメーカーや
ゴルフを教えて飯を食っている人は
そこら辺を踏まえたうえで ゴルフを語って貰いたい と思う。

上手くなりたい
出来る限り ゴルフを突き詰めてみたい
という オタクなゴルファーであれば
ウワベの カッコいい カタカナ言葉を気取るんじゃなくて
底辺にある 本当に単純な基本を見つめて欲しい と思う。

そんな宿題の解決の糸口は
必ず 逆の視点で考えてみること。

ゴルフクラブを使って ボールを打つ プレイヤー
と言う視線ではなく
ゴルフクラブを開発し これから ゴルフを普及させよう!
という 1800年代位の イギリス人にでも
なった気持ちで ゴルフクラブをどうすれば
より多くの方に 色々な種類の人たちに楽しんで貰えるか
そうするには どうしたらいいのか
そういう視点もたまには必要だと思う

スイングに関していうのならば
「ゴルフクラブ」を使ってボールを打つロボット
を作るとしたら どういうプログラムがいいのだろう。
ただ 単に打つのではなく
出来るだけシンプルに 出来るだけ部品点数を減らし
そして メンテナンスを少なく済むように
そんなプログラミングを考える と
思ってみるといいと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの重さにおいて
かなり勘違いされ、思いこまれているところが多く、
しかも それは自称上級者に見られます。


自分の頭で考えてみましょう。

5番アイアンがあります。
ボールは夏の深いラフです。
ボールの重さは静止時、45g
打ちたい距離は 130ヤード位です。

090804_01


市販のゴルフクラブ
 ヘッド重量   240
 シャフト重量  110
 グリップ重量   50g

悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300
 シャフト重量   50
 グリップ重量   50g


目方…で言うと 双方同重量です。
この状況では どちらが強いと思いますか?

クラブには長さがあります。
ですので、目方と言う意味では同じであっても
重さはより遠方にある方が 当然効果としては重くなります。
090726_01

ラフに強い のは圧倒的にヘッド重量の重いものです。
ですので もし選択の余地があるのならば
短い長さの番手➟よりヘッド重量が重い
モノを選ぶ方が成功率は高くなります。




普通にスイングするのであっても
感じ方として 重く感じるのは よりヘッドの重い方
そして よりシャフトの柔らかいものです。
よって 安定的にスイングできるのも、
そして、そのヘッドの重さや、シャフトの柔らかさから
正しいスイングの使い方を学べるのも
よりヘッドの重いモノ、よりシャフトの柔らかいもののほうが
断然有利です。


ただ闇雲に 硬いシャフトを妄信しているゴルファーは
しならないシャフトをしならせて使う振り方を、
軽いヘッドを重く使う振り方をしているので
重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブを上手に使えず
選択肢がないだけのことです。



クラブの重さ・・・という点において
クラブの長さ はとても重要で、
単に製品としての長さ ではなく
使い方による長さはクラブを上手に利用できるか
の鍵になるとも言えます。

分かり易いので 5番アイアンで説明しましょう。
悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300g
 シャフト重量   50g
 グリップ重量   50g
目方で言うと 400gです。

ゴルフクラブが一番軽く使えるのは
グリップとヘッドが重量に対し 長さをゼロにした状態
スイングに言うと 概ねトップオブスイング付近です。
ここであれば クラブの重さは 運動分を除けば
その目方通りの 400gで済みます。
逆に クラブが一番重くなる状態とは
シャフト・クラブが地面の平行な状態、
この状態であると(正確には少々異なりますが)
400g×クラブの長さ という数倍の重さになります。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)
グリップを下に、ヘッドをその真上に位置させれば
バランスさえ取れれば 指でも支えられますが、
クラブが地面と平行になる状態だと
左腕一本で持っているのも辛くなります。

そして その位置関係を考えてみた時
ヘッドの方がグリップよりも高くなっていれば
クラブの重さは グリップを下へ下へと誘いますが、
逆に ヘッドの方がグリップよりも低くなると
(ボールを打たなければ同じですが)
定点にあるボールを打つのであれば、
グリップは上げなくてはならないのです。
スナップショット 4 (2013-03-18 13-18)

手首とか、コッキングを使いなさい という話では
ないのですが、せっかくアドレスに比べ
トップの位置は ヘッドの方が高くなり
その位置関係を意図的に逆転させるのです。
グリップ、即ちクラブを動かしやすい重量配分に
するのですから、それを利用しない手はありません。
その瞬間しか クラブを動かすチャンスはないのです。

ボールを打つ為の
 トップ/テークアウェイを考えなくてはなりません。

スイングの形を作るためのスイングは意味がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まずはこちらをご覧ください
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1943224.html



スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

▲ぅ鵐僖トでは左ひじは曲がっている
ダウンスイング〜インパクトまでに
右腕を伸ばす習慣は殆ど人がありません。

逆に左腕を突っ張るように使う人がほとんどです。
 ➟左グリップを支点に回転させるため と思われます。

インパクトでは アドレスと似た姿勢
右腕が伸びた状態=右サイドが高い状態
というのがとても重要です。
右腕が曲がった状態=右サイドが低い・左サイドが高い状態
というのは一番悪い、そして一番多い状態です。

スイングにおいて
意図的に 両腕が伸びた状態 というのは
意識として 失くした方がいいでしょう。
結果として 両腕が伸びる瞬間がある というだけで
体の回転という運動の流れから
腕を遅らせない、ズレさせないためには
必ず 片腕の肘が曲がっている
どちらかが伸びている、どちらかが曲がっている
と言うようにしておいた方が良いです。

ダウンスイングで右腕が伸ばせない。
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)

自分では右腕や右ひじを伸ばそうとしているのに
伸ばせず、右肩が下がってしまう〜もぐってしまう
というのは、進行方向の先 の左腕が止まっている
体の向きを変えて 本来くっ付いていく筈の左腕が
止まっている(この場合、逆に動いているとも言える)
先に有るものが動かず つっかえているから
動きが方向を変えて逃げようとしてしまうのが
右サイドが下がってしまう現象

右腕を伸ばそうとするのなら
 左ひじを曲げてあげればいいのです。
トップの位置で まず動かすのは
左上腕、左ひじから動かすようにすればよいのです。

パッティングにおいても
右腕を伸ばすために、左ひじをまず 動かすのです。
先が動いたら 右腕を伸ばすのです。
左ひじが横に逃げれば、自動的に右腕も伸びていきますので
その流れを動きとして覚えてみて下さい。

IMG_0481

高い右サイド
伸びた右腕を造るため
インパクトでは左ひじが曲がっている、曲がり始めている
ダウンスイングは左上腕・左ひじから
と考えて下さい。




右腕を伸ばす方向は 下ではなく 左
ちゃんと骨盤を右に向け、体でトップを作っている場合
体は左サイドの方が低く、右サイドの方が高い筈 です。
そのトップにおいて
体・上半身に対し 横の動きには縦が混じって
斜めの動きが出来ます。
トップの位置で 右の肩の前あたりにあるグリップを
横に動かすのには 下の動きが混じります。

ここのポイントは 時期 です。

体を先に回してしまってのでは
自分で意図的に 斜めに動かすのか
横、もしくは縦に動かしてから 縦または横に
たくさん動かさなくてはならなくなります。

アドレスに対し、トップの位置の
ヘッドの高さの大きな違いは
グリップの位置の高さの違いです。
その高さを違いを容易に消せるのが
体の回転の時間の流れに乗せてあげることです。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)

結果として 体と同期させて
グリップの位置、ヘッドの位置 その高さを変えてあげるには
時機を失わないことが大切です。
そのためには 前項と同じく
先にグリップ、体に動きよりも先駆けて
前に有る左上腕を動かしてあげることが肝心です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員…とは勿論言えませんが、
スライスに悩むゴルファーの多くは
ショットのスライス(特にドライバー)だけに限らず
パッティングやアプローチに悩んで います。

その理由の一つ、大きな理由の一つに
前日も書きましたが、腕と体の区別が上手くついておらず
自分では体と思っているが、結果としては腕
自分では腕と思っているが、結果としては体
 と
腕と体をひっくり返しに使って入る のがあります。

まずはテークアウェイで 体を回さず
腕でクラブを動かしている という主原因はあります。
本来、トップの位置では
そこから先に動作をしやすくなるため
腕も含め、クラブの重さが左グリップ・左ひじに
掛かるようにした方が良いですね





✊ダウンスイングで力む、とか
✊ダウンスイングで右サイドが下がる、とか
✊体重が右に残る、とか
✊体の開きが早い、とか

これらの理由は
テークアウェイも含め、トップでの
クラブ姿勢、クラブの位置によるものがほとんどです。
クラブの位置や姿勢による重さによって
その後の動きは仕方なく決まってきます。



まあ、とりあえず そこは「さておき」
アプローチショットのような
速度で何とか誤魔化して打つことの出来ないショットにおいて
腕と体のひっくり返しの使い方は致命的です。
重さによって 無自覚の場合は
テークアウェイ、トップでの位置や方法を見直してみましょう。




これはパターでも言えます。

パターの方が分かり易いですから
そちらで説明しましょう。
(これに関連するメールや質問も多数頂いています)

パッティングはスピードを特に必要としないショットです。
羽根が生えそうなほど軽い市販のパターであれば
飛びそうもない、届きそうもない という本能から
強く叩きたくなる、「弾きたくなる」のは致し方ない
かも知れませんが、弊社の重量級「L型ブリストルパター」
であれば、ボールを押してあげれば それで十分です。

弊社が提唱する「刷毛塗」
上腕と言うか、両腕の肘さばき
インドネシア?方面の踊りのような 体ではなく
腕のさばき、肘のさばきで打つ方が簡単ですし、
その肘さばきはショットの為にも、
スイングの基礎の動きとしてもとても有効です。

ところが 自分では上腕、肘さばきをしているつもりでも
肩を揺さぶる、もしくは

肩を揺さぶってから肘を伸ばす
という動きが入ってしまい
上を向いてから
 ボールを打つような状態になってしまっています。

sample 2009_11_10_22_54_10-570フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-588フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-596フレームショット





この部分は認識の変更と
技術的な部分で解消できますので
やってみましょう。

_に通し、前傾姿勢を維持させる
右腕を伸ばす という行為では
右腕を伸ばすことは グリップなり、こぶりなり を
体から離すことではありません!
特にここはスイングでも非常に有効なので
覚えておいてもらいたいのですが、
スイング・ショットのアドレス時、
体の姿勢には前傾姿勢があり、
その前傾姿勢に対し、自分の胸の下には空間があります。
単純にそれを「懐、ふところ」と呼びましょう。
腕は肩からだらんと垂れる位置に存在しています。
✋✋✋腕でクラブを振るスイングをする人は
アドレス時にグリップの位置をボールの方に出しているケースも
よく見受けます。

トップの位置で、右腕を伸ばしていくのは
その懐の中、運動によって腕やクラブの重さで
やや膨らむ〜体から離れやすくなる ので
その分を考慮して ものすごく体に近いところを通します。
20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット

また このポイントは重要ですが、
懐の中にグリップを通すことが
そのまま 「前傾姿勢を無自覚で維持する」につながります。
懐から外にグリップ(握り)を出してしまうと
その重さによって 体を起こさなくてはならなくなります。
ダウンスイングで、前傾姿勢/股関節 骨盤と大腿骨の角度差
なんて 割に鈍い部分を意識することは易しくありません。
ですので 自分で意識できる握り
 こぶし を懐から出さない
という事で、前傾姿勢も維持させる のです。



        …続きます。また明日。                                                                                                                                                                             
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スライスに悩んでいる方がいらっしゃいました。

ご本人曰く スライスになるのは
「フェースが開いている」からだと仰います。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)


では 考えてみましょう。
ゴルフの弾道には
 ボールの高さ(上下角度)
 ボールの方向(左右角度)
 ボールの回転(上下左右の回転)

これが入り混じります。

高さはともかく、 ボールの飛び出る方向は右左
そして ボールの回転の右左
これは 2×2 の関係になり
右に飛び出て右回転(右に曲がる)球もあれば
右に飛び出て左回転(左に曲がる)球もあります。
その逆で
左に飛び出て右回転(右に曲がる)球もありますし、
左に飛びてて左回転(左に飛び出る)球もあります。

つまり フェースの向きは
(とはいうものの フェースの向きはロフトとライ角度の複合体です)
ボールの飛び出る方向と決めるだけであって
回転とは直接関係にはありません。

フェースが右を向いていることが スライスであるのならば
その逆は ひっかけフックですから
右に出て右に曲がる弾道 か
左に出て左に曲がる弾道 の
2種類しか存在しないことになってしまいますよね。
そうであったとしても 双方
目標である まっすぐ を避けて 逃げていくことになりますから
両方とも「ダメ」ということになります。

まあ ご本人が自覚されているかどうかは別として
「フェースが開いている」には多分に
ロフトが寝ている というのがあるかと思いますが
スライスは ロフトが立っていても発生しますし
ロフトが寝ていても抑制することも出来ます。

メカニズムは至極簡単なのですが、説明は難しいです。

一般アマチュアは悩む スライスの原因は
実は 遠心力と関係があります。

ゴルフクラブは 1メートルくらいの棒の先に
鉄の塊という重さが付いています。
この形状のものを使ってボールを打つにあたって
必然的発生する 遠心力などの不可抗力を
グリップからヘッドの方向
 外に外に作り出してしまっている限り
ロフトを立てようが、フェースを閉じようが
スライス…コスリ球かた逃げることは出来ません。
フェースを閉じて、左へ 左に曲がる球を打てたとしても
それは スライスの亜種 というだけで
根本的な解決にはまるで至っていません。
たまたま そういうタイミングであった に過ぎません。

ゴルフスイングは 遠心力を利用しますが
それは ショットそのものにとって
あまり重要なポイントではなく
それを利用して
 最後まで回転するための促進剤程度に過ぎません。

遠心力を使って 外へ外へと重さをかけると
一見すると 回転が促進されるような気がしますが、
グリップからヘッド方向へと重さを増やす
ということは 水平方向の回転に対しては
単なる阻害要素でしかありません。
ブレーキとも言えます。

また それはブレーキだけでなく
決まったところにあるボールをヘッドを衝突させる邪魔を
する要素になりますので、
打ち手は 外に膨らもうとする分を内に引いて
その力を相殺し、定点のボールを打とうとします。
遠心力で外にはらもうとする力を
人間のテクによって 内にひこうする、
 その動きが スライスというか コスリ球の主原因です。
580697_267176673410556_473255573_n

一般的にはそれを アウトサイドイン と呼びますが…。
ウソではありませんが・・・
そう呼ぶのにも値しないほど のものです。

そして その外へ外へと働かせる遠心力は
必ず 軸を右に傾かせ、右体重を残し
上を向いて打撃させることになるので
飛距離不足の原因でもあり、
ダフリやトップ
奥行きのあるフェアウェイウッドの苦手など
ゴルフの悩みの大方を占めた 原因になっているのです。

レッスンプロなどの セオリーを色々研究しても
この部分に触れているケースは非常に少ないです。
その 基礎になっている原因を取り除かず
対処療法ばかりしても
練習量も乏しく、運動性能も低下気味の
我々オジサンゴルファーには問題の解決に至れないと思います。

色々なゴルファー、お店に相談に来られるお客様を見ても
やはり 最後の最後の部分で
ヘッドをたくさん 速く動かさないと
ボールは打てない、ボールは飛ばない
というセオリーから抜け出せず
スイングを変えられずにいます。
それは 確かに 
ヘッドをたくさん(?)☚これは疑問
ヘッドを速く動かした方が 飛ぶ可能性は増えますが
ヘッドが動く源は自分の動作そのものです。
自分が回転をして移動して、グリップを移動させるから
結果としてヘッドが動くのです。

自分が色々乱さない範囲の中で
素早く回転するし グリップを動かすほか
ヘッドの移動速度を上げる方法は一切存在しないのです。

ヘッドだけが動くことは物理的にはあり得ないのです。
ヘッドだけが動くということは
グリップが止まっている ➡ 体の回転が止まっている
ということになりますし、
ヘッドだけが動く そこをインパクトに持って来たら
ロフトを増やして ボールの底をこするだけになり
打撃力は推進力にならず、回転と角度が増えるだけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
昨日も書きましたが
トーナメントプロも含めた多くのゴルファーは
体と、肩と、腕の区別がついていないように
思えます。
amature

都合の良い時に『肩を体と言い』
都合の良い時『肩を腕と』して使っている

その殆どの場合、
逆にしてくれれば解決するのですが…。


テークアウェイの時、
腕の一部である「肩をまわす」というのを
単に左腕だけを動かす、左肩を入れる
という行為で覚えてしまっています。

ゴルファーが陥りやすい
典型的な初動ミス…なのですが、
技術的な部分ではなく、認識不足なのです。
プロゴルファーの〇〇〇さんがどう振ろうが
どう動こうが、実践するのは我々オジサンゴルファーです。
誰がどう振ろうが 全く関係ありません。
我々オジサンゴルファーは
体を痛めず、練習も必須ではなく
楽して飛ばして遊びたいのです。
体のケアのお金や時間を使い、
練習することが仕事であるプロの動きは
実は参考になる部分としては反面教師的な部分の方が
多かったりするのです。

スナップショット 1 (2017-01-23 17-36)スナップショット 4 (2017-01-23 17-40)スナップショット 2 (2017-01-23 17-37)スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)





2コマ目から右の画像では
殆ど何も体は動いていません。
動画で見て頂くと分かると思いますが
ただ ただ 左腕を振っているに過ぎません。

頭を動かさない意識が働いているのかも知れませんが
動いていないのはどちらかと言うと顔の方で
本来のスイングの軸になる背骨の延長線上の後頭部は
かなりボールの方へ近づいてしまっています。

鼻を見て頂くと分かりますが、
トップオブスイングに近づくにつれボールに近づいています。
体を回したのではなく ボールの方に屈曲しただけ なのです。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)トップの位置での骨盤を見て頂くと
殆どアドレスの時と向きが変わりません。
おそらく 意図的…だとは思いますが、
ここから ダウンスイング➟インパクト
という時間経過/動きでは
体を止めておこうと思っても 骨盤は左を向かざるを得ません故
クラブをインサイドから入れてくるチャンスはありません。

でも 多くの人が これで「体」を回している
もしくは 体を「ねじっている」と思っているのです。

百歩譲って これで通常の倍、ボールが飛ぶのなら
考えてみなくはないですが、
飛距離は変わらない…ばかりか
労力比で考えると飛んでいないのですから
やる気になれません。
スナップショット 1 (2017-01-23 17-36)スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)
体を消しゴムのように使うみたいに
考えているかも知れませんが、
まず 消しゴムだとすると
ひねることによって
 長さ…人間で言うと上下の長さ
が縮まります。だから屈曲するように鼻の位置が低くなるのです。
それがもとに戻るということは
おそらく 元の高さ以上に上への跳ね上がり が生まれますから
地面にあるボールを打つのには最も適さない方法
ボールを打つのに ボールから離れながら打つ方法
 に
なる訳です。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420












こすり球に悩む人はよく考えるべきですが、
フェース面、ロフト角度やライ角度などはありますが、
これは 本来自分と垂直の関係です。
それをわざと 水平の関係にして
そこから また垂直の関係に戻す…。
手だけでクラブを振ったとしても
その円弧とはまた違う、違う方向に働く円弧を
ダウンスイングと言う短時間の間に行って
適切な角度 上下の角度のロフトと左右の角度の立体の面を
適切な位置に合わせる なんてことが上手く行くでしょうか?

始めから体の幅の中にあるクラブを
何故 右に外し、元に戻し、左に外す という
運動として「重さ」を無視するような行為を求めるのでしょう?

IMG_0525

こすり球の発生は
その移動しているヘッドに対する立体的なフェース面の向き で
決まってきます。
振って見なければどんな軌道になるか見当がつかない
そして ヘッドをターンさせることによって
刻一刻と変化してしまう軌道、
じゃあ フェースの面の向きをどれに合わせて
どうすればいいんでしょうか?
今打った球を どう、次のショットにフィードすれば
いいのでしょうか?


そして この上げ方は
これ以降の動きをどうしようもないほど
決めてしまいます。
この上げ方をする限り、ココから以降で改善することは
アマチュアゴルファー
それを生業としていないアマチュアゴルファーには
殆ど不可能な、奇蹟を追い求めることになります。




この上げ方は ボールが飛びません。

この上げ方は 尋常な練習量や練習頻度では
 到底 人並みのゴルフになり難いです。
 コンスタントな練習が無い限り、
 ショットの精度も飛距離も、そしてスコアも
 かなりはっきりと劣化します。

この上げ方は アプローチ下手から生涯抜けられません。
 おそらく パッティングも苦手でしょう。

この上げ方は フェアウェイウッドが上手に打てません。
 おそらく FWが嫌いになり、ユーティリティの花が
 バックに咲くことになります。

この上げ方は 左手首・左ひじ・肩・首・腰に
 必要以上の負担を掛け、おそらく痛めます。
 尋常でない練習頻度や練習量が必要ですから
 それは余計です。


・・・・まあ そういう艱難辛苦が好きな人もいるでしょうけれど

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライス(こすり球)になってしまう
一つの「技術的な部分」
実は ゴルファーの多くは
正しく!体って言うのは何処なのか?
腕って言うのは何処なのか?

実は分かっていない部分があります。

結構重要なことで、そしておそらくほとんどのゴルファーは
それをわかっていません。
多くのレッスンプロですら そうですね。


スイングの会話をしたとしても

『体を動かして!』

と話しても、言い手と聞き手が違う部位を考えていたら
アドバイスとして成り立たないですよね。


まず 肩
肩甲骨を含めた肩から先は すべて腕 です。
肩は位置としては体/胴体に位置していますが、
機能としては腕、腕の付け根です。
骨格模型で見れば一目瞭然ですね。
images20150404163453

胴体を動かせば、それに接している肩甲骨や肩は
当然 動きますが、肩甲骨も含めて肩は
胴体と遊離している部分ですから 
単独で動かすことも可能です。

胴体には 背骨/脊椎がありますが、
ここには体を回転させたり、前に折り曲げたりする
関節は存在しません。
多少の「遊び」があるだけです。
おそらく その遊びは体を壊さないための
クッションのようなモノであって
その遊びを主に使って 運動するのは
大変危険だと思います。
それがプロレスの技であったりする訳です。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)体を回す
とは肩を動かすことではなく
胴体〜骨盤が動くから 動くのです。
そこをほとんどのゴルファーは
     『全く』分かっていません。


maxresdefaultこのテークアウェイでは
腕(肩)を動かしているだけで
体は全く動いていません。

体は腕に引っ張られて
ねじられているだけで
基本、正面向きっぱなしです。
背骨が捩じられて
それを巻き戻す という
とても危ない、人間の生死や
障害にもつながる動き をスイングの理論とするのは
どうかと思いますし、
それを職業としている人はそれを本人の選択としているのですから
本人の自由ですが、娯楽や趣味としている我々が
それと一線を画し、体を痛めず楽しまなくてはいけません。
images20150404163453
テークアウェイで
クラブを左手で押していく動きは
骨格を見て頂くと分かると思いますが
左肩を上げていかなくてはなりませんから
その時点で 前傾姿勢を失うことになります。
それでなくても、背骨を捻る ということは
前傾姿勢〜骨盤と大腿骨の前傾差
の意味そのものを失う行為なのですから…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くの人が右回転だけでなく
距離も失ってしまうこすり球(スライス)打ってしまう
具体的な理由を説明します。






テークアウェイでもそうですが、
殆どの人は ゴルフクラブ…というよりも
自分の腕の移動を体にさせず
腕そのものを左右に振って移動しています。
52442_360240
☆体を壊すほど練習しているので
 ゴルフスイング「らしく」見えますが
 単にゴルフスイングの真似をしているだけで
 手でクラブを上げているだけに過ぎません。
 これで すごいスコアが出るのですから
 ほんとーーーーに上手なんですねー 感心します。
 メタボなおじさんには怖くて出来ません


単に肩甲骨や上半身の上側を
「ひねって」いるの過ぎません。
捻転はけが防止のための準備運動としては良いですが、
重さのかかる、速度も速くなる本運動には
とても危険な行為!なのに…です。

正しくは 体の回転で右を向けば
腕の向きは同じく 右90度を向くはず…なのですが
それを体にさせていません。133
10699240










そして、トップオブスイングから
まず 体を回して、体が正面を向いてから
降り始めます。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
いや これでインサイドとか ないでしょ。。。
既に体は左を向いています。
人間の普通の構造であれば ボールの外から
内に掻いてくる動きになる筈なのに
無理やり その逆にしています。
右腰はつぶれた状態で 体の重さを受けていますから
運動不足の人にはかなり危ない動きです。
ここまで 雑技団のように体を酷使して
スイングしなきゃいけない方法を
アマチュアは求めていない…と思うのですがね…。


6a874f9f-s


➟正しくは その体が正面を向くこと自体がインパクト
 なはずですが、それを実践する人、トライしようとする人は
 ほとんどおらず、ほぼすべてのゴルファーが
 体を回してから振る 1.2.のリズムでボールを打っています。

体を回し、正面を向いてから 振る
 ということは それ以降の時間は
本来 すべて 体の向きは左向きです。
そこから どうやって振っても
どうクラブをこねくり回しても
俗に言う 外から振る、アウトサイドイン にしか
ならないのです。
体の動きでクラブを扱っていれば
特に何もしなくても インサイドからクラブは入ります。
体を先に開き、あとからクラブを振って打つ、
これは素直に振れば アウトサイドイン にしかなりません。
それを無理やり フェースを開き(ロフトも向きもべた開き)
にして、インサイドにループさせ
あと残りわずか 0.2とか0.3秒とかの刹那な時間に
より素早く、より多く フェースを返さなくてはイケナイ!
これが技術ですかぁ?
単に無駄な行為としか思えませんけどね…。

度合いはありますが、
アウトサイドインの軌道に対する
こすらない スライスさせないフェース面の向きは
かなり左向きです

その軌道に対するスクエアが必要だからです。

IMG_0525


体を先に回して
腕を遅らせて(手遅れ)の状態は
左腕が高く、右腕の低い
フェースが空を向いた状態です。
相当ロフトも開いていますし、
フェース面も右を向いています。

スイングプレーン論というトンデモ理論を追いかけると
兎も角 軌道はインサイドアウト…
既に 体が正面を向いてからの
インサイドアウトは より一層クラブをねじらなくてはならず
よりフェースは開く。
そして 実際の軌道は 外からなんですから
インパクトまでに 速く早く フェースを左に向けなくては
なりません。

そして フェースを左に回転させようとすると
より一層軌道は アウトサイドインのインが強くなるので
ウサギと亀の追いかけっこのような状態です。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
この手のテークアウェイは30年前であれば
手上げ、手打ちの代表で やってはイケナイスイングの代表でした。
クラブの基礎構造は何も変わっていないのに・・・。





確かに ゴルフは好きなクラブで、好きなスイングで
それぞれが楽しむ多様性がとても大切だとは思いますが、
ここまで明白なダメスイング論を多くの人が追いかけているのに
驚くばかりです。


体の回転で正しく腕を、クラブを右向きさせていれば
それが インサイド に当たるので
インサイドから入ってくるヘッドは
その軌道に仮にスクエア。。。とすると
一見 右を向いた開いたような状況で入ってきます。
それは 開いているのでなく
 インサイドから入って来ている からなのです。

スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)

➟インサイドとは 右向き〜ボールから遠ざかり
 右向き〜正面 の過程で ボールに近づきながら入ってくるサマ

小手先で フェースの向きを開いたり閉じたり
という意味ではありません。
その意味も考えず、単に見てくれだけ「開いている
を真似ても ちゃんとした結果も出ませんし、
クラブは見ての通り、回転させて使ったり
先端(ヘッド)をたくさん動かして使うのには
最も「適していない」構造をしています。


そして 打ち終わった後(インパクト後)は
体は左を向くのですから
フェースは左向き に見えるに過ぎません。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)

逆に 絶対とは言い切れませんが
クラブは構造上、フェースを右に向ければ
ヘッドは自分から離れる方向に行き易く
左を向ければ、自分の方に近づいてきやすい
ヘッドの向きで軌道は動いてしまうものです。
ですので、概念として
「開いてあげて、閉じて降ろす」
という動きは そのまま
「アウトサイドイン」を製造しやすい と言えます。
2010111116444243889

体を捻って 手で上げて
開いたフェース(右を向けた)を 無理やり閉じようとしないと
スライス、もしくはコスリ球が出やすいのですが、
結局、閉じられたとしても
それも スライスの原因になるのですから
前門の虎後門の狼なのです。

体でクラブを動かさない という
致命的な クラブが活きない方法、
逆にクラブと喧嘩しなければならない方法、
には もう一つ大きな結果としての欠陥があり、
軌道に対し 開いて当たれば
 右へ行き 右に曲がる球になり、
左を向けることに成功すると
 今度は逆に、左に飛び出て、左に曲がる という
どちらであっても 目標から離れていく球 しか
打つことが出来ないことです。
それに 大きなロフト変化が加わって
打つ距離も非常に大きくぶれやすいのですから
そんな打撃方法を追いかけて
 どのようにゴルフが向上していくのでしょうか?
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

体で腕を、クラブを動かしていれば
その度合いは人それぞれでも、自分なりの軌道は確率します。
それに対しての フェースの向きを管理するから
自分の持ち球(頻度良く出る球筋)が決まるのです。
ロフトも含め、ヘッド管理をしてこそ
自分の距離や球筋が決まってくるので
スイングの途中、自分の体を止め、グリップを止め、
ヘッドをリリース(放り投げて)してしまったのは
握ってはいても、ヘッドをボールに投げつけたのと
大きな違いはありませんから、ヘッド管理、球筋管理など
端からするつもりはない! ということです。


クラブの構造を考慮したうえで
スイングの基礎構造を変える、
今まで 当たり前と思っていた
スイングの概念を変える 以外
こすり球から別れることは出来ないのでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



本来 スイング軌道〜スイングプレーン とは
体が向きを変えることによって生まれる
インサイドインの 背骨を軸とし、
ヘッドまでの長さが半径の円弧です。
414

ただ ゴルフクラブの扱い として
アドレス〜テークアウェイ〜トップオブザスイング
〜ダウンスイング〜インパクト付近
まで ゴルフクラブが起きていて(立っていて)
短くなっているような状態で、

スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

インパクト以降は クラブが長くなっている状態
なので、結果として
傍からは インサイドアウトに見えるに過ぎません。


それを基本に
人によって、アドレスの前傾姿勢、
その長さの変え方の具合が異なるので
色々な球筋になる訳です。
基礎になる円弧は同じで
その円弧の膨らみ具合が異なるだけです。


それを 手先やクラブを振る動きによって
やれ インサイドアウト だの アウトサイドイン
だのを作ってしまったのでは
自分の球筋が決められません。
IMG_0525

立体的ではあっても 概ね自分のスイング軌道が
決まっているから それに対しての
ヘッド姿勢を決めることによって
どんな球筋になるのか設定できるのであって
毎度毎度 その軌道が変わる可能性の高い
円弧の膨らみ具合でなく、ルートが変わってしまう
スイングでは 球筋の決めようがありません。

多くのゴルファーは
インパクト時の ヘッドの向きが
球筋を変えている という錯覚をしていますが、
ヘッド姿勢は スイング軌道次第なので
どちらかと言うと ヘッド姿勢よりも
シャフト姿勢の方が球筋には影響します。

IMG_0516IMG_0517









スライスを予防・防止するために
フェースを左に向けても
そのフェースを左に向ける行為が
ヘッド軌道を急激に内に切り込ませるので
アドレスに対しては 左を向いたフェースであっても
その軌道に対しては 開いた状態になりうるので
有効な解決方法ではないのです。





スイングの当たり前 であるはずの
打ち手はグリップを移動させることによって
ヘッドを移動させる
 という事を無視し
ヘッドだけを動かすスイングであれば
永遠に自分の球筋を決めることが出来ません。

IMG_0511

スイング軌道も 毎回、変数
それに応じたヘッド姿勢も 毎回、変数
 変数×変数 に答えはないのですし
ヘッド姿勢を変える ➟ スイング軌道を変える 
自分では 決まっている筈の軌道に対し
ヘッドターン/ヘッドを返せば
必ず その動作はスイング軌道を途中変更することになり
ヘッドターンをすれば 軌道は内側に切れ込みます。

よく言う 後ろを小さく、前を大きく
というの
スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)
は 絶対にヘッドターンをするとなしえないのです。

この スライス回転やフック回転 の原理原則は
まったく 同じくインパクトのロフト効果にも作用します。
よって 飛び出る左右方向 だけでなく
左右の回転ばかりか
飛び出る上下方向やその回転具合

毎度毎度 変数になってしまう方法を追いかけては
いけないのです。
その方法ではクラブが活きてこないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BAUoIFgCcAA1GTf











パッティングであっても
ショットであっても
縦回る回転と横に入る回転が混じり合って
ボールは飛んでいく。

スライスは 右回転の入った弾道で
スライス
そのものはよくも悪くもない
それも球筋の一つ である。
クラブの構造上、
スライスは 縦回転もやや多めになるので
安定した距離を打ち続ける という点では
とてもメリットのある球筋 とも言える。

スライス そのものよりも
その『スライスの直し方』というのに
とても大きな問題、スイングの悩みの全て? が
含まれている。

IMG_0520
おそらく スライスを打っている人
や スライスを直したいと思っている人
だけでなく、
多くのゴルファーは
このようなクラブ姿勢が
このようなインパクト姿勢が 良い
スライスを生まないと思っている


しかし それは間違い です。


まず 問題なのは
スライスであっても、フックであっても
ヘッド姿勢 静止画のようがインパクト姿勢で決まる
ということ。

IMG_0522←この状態であれば
 スライスしてしまう…と思うだろうが、
このヘッド姿勢であっても
前後の軌道が決まらない限り
球筋を断定することは出来ない。

この姿勢であっても
右回転は勿論、フックになる可能性も
十分秘めている。

軌道の話になると
どうヘッドを動かすか?
とヘッドのことばかり考え
てしまいがち だが
スイング軌道、ヘッド軌道は
体の回転でダイレクトに作るものであって
手先のさばきで作るものではないので
誤解しないで頂きたい。


そのうえで
IMG_0525
このインパクト姿勢であっても
ロフトも含めた立体のフェース面の向き 通りの
黒い軌道であったのならば
左右どちらの回転も殆ど入らず
黒い軌道通りにやや右目に真っ直ぐ出ていく弾道
になる。
そして
この画像で言うと
黒い軌道よりも上にある赤い軌道
黒い軌道よりも赤い軌道側のラインを通れば
この二つのこのような角度差が生まれれば
ボールには左回転が入る、
その角度の度合いにもよるが
やや右にでて、左に曲がっていく弾道になる。

逆に 黒い軌道よりも下側に当たる黄色い軌道寄り
になれば ボールには右回転が入る。
ただ それだけだ。

よって 黒い軌道線よりも下側
俗世間で言われる インサイドアウト であったとしても
スライス〜右回転を生むことも可能で、
弾道は ヘッド姿勢とその軌道によって生まれるので
軌道だけを直しても スライスを直すことにはならない。
IMG_0521

ここにヘッドターンが加わってしまうと
もう最悪の状態で、
そのヘッド姿勢と軌道の関係が
逐一 どんどん変化してしまい
無限の球筋を生み出してしまう。
IMG_0516






仮にヘッドターンして
フェースを左に向けたとしても
このフェース面の向きよりも
画像上上側から ヘッドが入って来てしまえば
左に飛び出る スライスになるだけ なのだ。

そして 悲しいかな
ヘッドをターンさせること
そのものがヘッド軌道に変化を与えてしまうので
ヘッドを左に向けようとすれば するほど
ヘッドの軌道は内へ 中へと入ろうとしてしまうので
そうなりやすい。

フェースが開いているコト
それそのものが スライスの原因で
それを フェースを左に向ける(閉じる)ことで
解決しようとしたら
無限地獄になってしまう



IMG_0525


ヘッド軌道で アウトサイドインを
小手先でインサイドイン にしようとして
開いた(上を向いたフェース)状態から 
クラブを入れてこようとすると
それもまた 開けば開くほど
よりもっと インサイドからが必要になってくるので
答えは見つからないのだ。



              また 明日✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


なかなか スライスの話に辿り着けませんが、
ロフト。。。の項目はとても大切ですので
しっかり理解してもらえると良いと思います。

ロフト角度とは
ヘッドの移動速度と重さが積算された破壊力を
ボールの打ち出し角度や回転に逃がすことによって
同じ打撃力であっても、技術を使わず距離を打ち分けたり、
一定の距離を打ち続け易くするための 逃がし です。
IMG_0518

よって ヘッドの入ってくる角度〜入射角度も
ロフトの一部と言えるわけですから
クラブの長さ・・・ 自体 ロフトの一部とも言えます。

多くの人は
クラブの長さが異なると、ヘッドの移動速度が異なるので
それが 距離の源 と考えがちですが、
長さによって 確かに破壊力に変化は生まれますが、
ゴルフクラブの構造は
基本 半インチ長くなると
打撃部分であるヘッドの重さは7〜10g軽くなります。
長さによるヘッドスピードの変化は
1インチ(2.54臓砲韮㎳はかなり難しく
3インチ(約8臓砲韮横蹌鹹度です。

3インチ短くなるとスピードが落ちますが、
その分 ヘッドは50g近くも重くなるわけで、
その破壊力そのものに大きな違いはありません。

そこの部分はこの位にしておきますが、
ヘッドの入射
角度はシャフトの前方の傾き分
そして 
 クラブの長さはイコール前傾姿勢の変化につながりますから
それも入射角度を作っていく要素の一つ という話…ですが、
実はそれには絶対条件があります。

それは
クラブの移動、ヘッドの移動を
ちゃんと 体の回転で行っている ということです。

それをいま普通の 肩から先、腕や手で移動させている限り
前傾姿勢にしても、クラブの長さなりの入射角度というのも
全く無意味なものになり、
全て 自分の技術力によって作り出さなくてはなりません。


そう考えると
いまふうのゴルフスイング
オンプレーンスイングが
現在のゴルフクラブを作ってしまっている、
そして そこまで深く考えないアマチュアゴルファーにとっては
ゴルフクラブを機能させないためのスイングを
無理やり洗脳されてしまう機械が今のゴルフクラブという訳です。
自分の運動神経や技術力中心に ボールを打つのなら
どのクラブを使っても差は出ないでしょうに…。

嘆かわしいのは
クラブを機能させないことを覚えさせるクラブを売るため
アマチュアがゴルフクラブの違いや特性をわからなくなり、
自ら どれを使っても同じ を作り出してしまっていることが
より一層ゴルフクラブが売れない原因 だと
気付いていない上に、売れていないから
 またその動きに拍車がかかるという事です。

IMG_0509IMG_0510IMG_0511









クラブヘッドの移動の原動力は
腕の多少の補助はあったとしても
基本は 体の回転です。

そして、クラブヘッドの構造は
長い棒の先の重さが付いていて
その根元の部分、グリップの部分を人間が
体の回転で移動させるから
結果としてヘッドも動くんです。


ヘッド「を」直接動かすのとは違います。

先端に重さが付いている ということは
その重さの分 グリップよりも動きたがらず
腕なども含めた クラブの長さが描くであろう弧
半径よりも ずっと内回りをした
グリップの移動量分(以下)だけ 移動することによって
自然なハンドファーストが生まれるのです。


そして それがシャフトの前方への傾き分の
ヘッドの入射角度を生むのです。


スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)
スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)










ヘッドを振って、ヘッドを前に出すようなスイングでは 
クラブの長さなりのスイングの弧も
ヘッドの入射角度も 製品のクラブの長さとも異なり
毎回毎回まちまち
なんの 規則性も生まれません。
IMG_0483

また 入射角度も クラブのメカニズムとは異なり
打ち手が自分で作り出すもので
ヘッドを振ることによって、クラブが重くなってしまい
右サイドが下がり、左サイドが上がる
のも 加え 打ちだしの高い・・・
高いというよりも ぽこん と飛び出ただけの
フェースに当たった 天ぷらのような球になってしまいます。
そのロフト、ロフト効果のもっと激しいモノ
そして ヘッドスピードの速いものが抜け球です。
IMG_0496


アイアンで言えば 隣同士の番手の
製品ロフト角度の差は 4度程度です。
時計の針の 秒針・分針の一秒・一分 は6度ですから
厳密にする必要はありませんが
インパクト時のロフト角度もめちゃめちゃ
入ってくるヘッドの角度(入射角度)もめちゃめちゃ
ヘッドを振ることによって左サイドが上がることもばらばら
このスイングを極めて行って
いったい 未来に何があるというのでしょうか?




           また 明日✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーが悩むスライス
おそらくすべてのゴルファーが一度は苦しむスライス
そのメカニズムは意外に理解されていない。

ショット全般・スイング全般に関わるとても大切なこと
なので、少々長くなりますが シリーズで書きます。
おそらく 多くの人は始めはピンと来ないでしょう。
逆にピンと来る人にとっては必要のない話です。
とても、とても大切なことなので
出来れば 何度もお読みください。
勿論、質問・コメント・メール大歓迎です






まずは ゴルフ用語の共通用語を確認しておきたい と思う。

ゴルフのインパクト時の
ヘッドの姿勢には 大きく分けて 4種類存在し

.轡礇奪函.蹈侫箸諒弔犬拭閉まった)状態
IMG_0514

▲ープン ロフトの開いた(緩んだ)状態
IMG_0515

まず この二つの状態には
ライ角度等による影響は割愛して
フェース面の左右方向には関係なく
ロフト状態を作るもの である ということ。

そして これは 見ての通り
 グリップ(グリップエンド)の位置が大きく作用するということ

フェースが左を向いた状態
IMG_0516

ぅ侫А璽垢右を向いた状態
IMG_0517

後半のこの二つは
ゴルフクラブヘッドの構造上、
左を向いた状態はロフトがやや立ち気味になり
右を向いた状態ではロフトは開き気味になる。

多くの人は いスライスを生む と思っているが
厳密にはそうではない・・・ というか
 半分合っていて、半分間違っている。
フェースの向きはあくまでもボールの飛び出る方向を
司っているものです。

理屈っぽくなってしまうけれど
いスライスを生む・・・となると
その対処方法としては になる訳だけれど
というのは 自分の立ち向きに対して
左に向かってボールを飛ばす ということで
それでは アドレス時の向き というのが意味を消失してしまう。
それでは 大切なことをうしなってしまう…。


ロフト角度やライ角度の複合体としての
フェースの向きは あくまでも
ボールの出る方向を司るもので、
ボールの回転を作り出すそのものではない。




アマチュアが苦しむ スライスのメカニズムは
 実は、フェースが右を向いているコトではなく
 .蹈侫罰囘戮函
 ▲悒奪匹猟未覽案察
 そして ロフトとライの複合体(立体)である
 フェースの向き
 との絡み合いによって生まれる
 のです。


000009

これは スライス(こすり球)だけでなく
抜き球などもそうですが、
小手先で 右を向いた(アマチャアは開いたフェースと呼びますが)
状態を、左に向ければ、フェースを返せば
片付く という簡単なものではなく
スイングの根幹にかかわる話なのです。

ちょっと難しいかも知れないけれど
分かるまで答えますので、
どんどん質問・コメント・メールなどお寄せ下さい。





そこで 一度 ロフトというもので
頭の中を再確認してみよう。

この手の話をする際、
ヘッド軌道(スイングプレーン)や
入射角度… ヘッドの移動するルートや軌跡になると
兎角 ヘッドの事が故に、ヘッドにばかり意識が行ってしまい
結局 その軌道や軌跡、ルートなどのヘッドの移動を
手先、手の返しなどで作ってしまうことが
そもそものスイング迷路の始まりです。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

何度も何度も書きますが、
左右であっても、上下であっても
そのヘッドの通る軌道・軌跡・移動の源は
『前傾姿勢+胴体(骨盤)の回転』で
肩甲骨などを含めた肩から先は
それを割り増ししているに過ぎず
本体価格ではない という認は絶対に必要です。
それが認識できない限り、
スイングの理屈やクラブのメカニズムなどは
全くの無意味で、練習量や運動神経による
根性論・気合い論でゴルフを解決するしかありません。


ロフトも含め
スライスなど、ボールがどのような弾道になるか
のメカニズムを知れば
どのように修正すればいいのか、おのずと見えてくると思います。








ゴルフクラブの製品ロフトとは
この状態で
多くの人は ロフトとは地面との角度関係にある
 と考えていますが、
それは大きな間違いです
IMG_0518

ショットする前の、製品ロフトであっても
運動させた時の インパクトロフト(物理ロフト)であっても
フェース面のロフト角度とは
シャフトとフェース面の傾きの角度
です。

そこを決して間違えてはいけません。


そして ヘッドの姿勢が同じような状態であっても
人によって 弾道が異なるのは
そのヘッドの上下動〜入射角度がそれぞれ微妙に異なるからです。
仮に インパクトの ヘッドの状態、ヘッドの姿勢が同じでも
(そんなことは実際にはありえないのですが…)
✋入射角度がきつければ
 打ちだしの角度は低く、スピンは多め、初速は速め
✋入射角度が緩ければ
 打ちだし角度は高く、スピンは少な目、初速は遅め

 になります。(あくまでも二つの比較論です)
555

そして その入射角度は
先ほど述べた
 製品ロフト
 ➟シャフトとフェース面の角度差 の通り、
シャフトが前に傾いている分と
 ほぼ同等の角度が入射角度
になるのです。


IMG_0482
つまり 多くのアマチュアゴルファーが信じている
この状態、このクラブ姿勢での
インパクトは 入射角度が 0度
クラブへ上からではなく、横から入って来ている
という事になります。



IMG_0481シャフト(クラブ)がこのように前方の傾いてる分の
角度でヘッドは入ってくる
 ということなのです。

イメージを作り出したくはないので
使いたい言葉ではありませんが、
ハンドファーストになった分だけ
ヘッドは上から入ってくる
 ということです。

ですので、ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドが返って、ヘッドの方が前に出る というのは
上から打たず、下からしゃくって打つことを指します。
それを推奨する打ち方なのです。

こすり球や抜き球を打っている人の
秘密はこのイメージにあるのです。


  では スライスはどうでしょうか?


               また 明日✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフ用品に限らないかも知れませんが、
新商品の宣伝 っていうのは
新商品が普及されるまで…行われるもので
ある程度普及してしまうと
恥ずかしくて「その謳い文句」なんて表には出せません。

putter01


新商品ごとに、毎回10ヤード伸びるボールがあったら
既に人間は 500ヤード位のドライバーショットを打つことが
可能な訳で、分かっちゃいるけど騙されます(#^.^#)

006


そんな中 弊社のL型ブリストルパター
進化版になったとは言え、発表時のうたい文句は
まだまだ使える状態です。

010


パターに悩む人や
パッティングを覚えたい人
距離感がイマイチな人
にとって 理論や技術よりも
あきらかに この「進化版L型ブリストルパター」
手にし、使う方が簡単で早いですし
ナチュラルな距離感をあっという間に覚えられます。

008



|憤磴い縫棔璽襪伸びます。
 市販のパターと比べると
 ボールの出球はゆっくりです。
 転がりザマの緩やかで速くありませんが
 ボールが減速せず、気持ち悪いほどボールは伸びます。

距離が合います。
 弾いて打つ必要がまったくないので
 パッティングストロークに応じた自然な距離が打て、
 入る! とは言えませんが、
 距離ミスによる無駄なパット数を大幅に減らせます。
 下り、登り、逆目、順目…
 あまり影響なく 距離が合います。
 ものすごくオリンピックに強いパターです。

6覆りません。
 これは実際にコースで使用しないと実感できませんが、
 ともかく 曲がりません。
 カップ間際で切れる という事が極端に少なく
 逆に保険をかけて曲がりを予想すると そのまま真っ直ぐ抜ける
 そんな体験をされるかと思います。
 勇気をもってカップの中。
 市販のパターで打つ従来の曲がりの半分程度で
 狙ってみて下さい。

ぅ董璽バックの引きやすさは段違いです。
 まあ 手にしたことのないゴルファーにとっては
 宇宙人のような存在の

「進化版L型ブリストルパター」ですから、
 触ったことの無い方にとっては説明のしようがありませんが、
 一般的なパターと打ち比べてみると
 重い 柔らかいのにもかかわらず
 圧倒的に テークバック、初動の取り易さは段違いですね。


比較すると 一般的な市販のパターは
スタートがしにくく、動き始めてからもフラフラ と
特に最近流行っている大型のマレットタイプのモノは
軌道がループになってしまいます。

大袈裟に言えば パターイップス製造機…のようです。

 形状も一役買っていると思いますが、
 ともかくテークバックの初動が動かしやすいと思います。

007


ゥ僖奪肇潺垢減ります。
 小さな、ゆっくりしたストロークで
 十分な距離が打てますので
 狙い通りに打ちだしやすく、ミスも減ります。


ζ曳雫サ纂圓苦しみます。
 遅いボールの転がり、伸びる距離
 これを目にすると 自分のパッティングに迷いが生まれます。
 ここは速いの? ここは順目? 下り???
 「進化版L型ブリストルパター」のパッティングが
 参考にならないばかりか、同伴競技者を混乱させます。
 
 まして、朝一の練習グリーンで
 「進化版L型ブリストルパター」を打たせてしまうと
 その同伴競技者の一日は散々になってしまう可能性が…。


a08683cd


 買って頂いている私が言うのもなんですが
ここまで欠点の無いパターも皆無に等しく、
パッティングの悩みから生涯解消される
素晴らしい逸品だと自負しています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをこすって打っていると必要な距離、
例えば6番アイアンで150ヤード近い距離を打つとすると
こすらないで打てば ドライバーで言うところの37ms程度
ヘッドスピードがあれば打つことが可能ですが、
こすって打つと 
 42ms以上のヘッドスピードが必要になるでしょう。

IMG_0509IMG_0510IMG_0511







見ての通り,
クラブという 長い棒の先に重さの付いている物体を
グリップ・根元を支点にヘッドで円弧を描くのですから
外へと遠心力が掛かり
左ひじには折れない方への圧力がかかりますから
肘や手首への負担も少なくありません。
IMG_0511

打った後に 画像などでは
ヘッドが
グリップを追い越したように映りますが
実際には ただ体が左を向いたから
この角度からの映像だとそう見えるに過ぎません。
そこを間違えている人が少なくないようです。

スナップショット 7 (2016-07-27 18-57)

スナップロックのアプローチドリル
で取り上げましたが
クラブの重さは その重さを使って
グリップ、即ちクラブ自体を動かす為のものです。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)トップオブスイング・・・ 切り返しでは
クラブの重さが グリップを
インパクト時の方向に
斜め・下方に押されるような
そんな クラブの姿勢が重要です。



スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)ダウンスイングの始まりは
従来 体・・・足や腰を回し
体が正面向いてからクラブを振る
習慣/順序が染みついているのですから
体は右を向いたまま
左上腕・左ひじが先に
動かしていくような感覚が重要です。


スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)多くの人はここらへんで
グリップを止め、クラブヘッドの重さを
使って、
クラブをリリースしようとしますが
それは クラブの使い方として邪道です。
左サイドがやや低い姿勢が維持されていれば
フェースはショット(下向き・地面向き)に
なっているのですから
 グリップは進行方向に押されている筈です。



ここで ポイントになるのは
シャットを維持することと
ヘッドの方がまだ高いうちに
アドレス時のグリップの位置、
 もしくは ボールをグリップエンドが追い抜く意識

とても大切です。
いったん ヘッドの方がグリップよりも低くなると
グリップには そのクラブの重さによって
横移動が止まってしまいます。
グリップの方が低いうちに、
 グリップエンドはボールを追い越すのです。

スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)ゴルフクラブを動かす基本は
グリップを動かすことです。
インパクト付近になって
左腕や体を止めてはいけません。
ここで クラブの重さを使って
右手のスナップを開放・リリース
するのは、ボールに向かって
クラブを投げつけるのと一緒です。
運動性能の高くない
練習量や頻度の少ない
オジサンゴルファー向けの方法では
ありませんし、体を止めるvsクラブは動く では
そのリンクである 首や肘などへの負担が大きすぎます。


クラブの扱いが上手になる
は 一歩一歩進んでいくことを指し、
偶然に当たる可能性を高めるのとは異なります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ