◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年01月



進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)


006

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。
007

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009







距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009

パターは確かにクラブの中では
ロフトは立っています。
L型ブリストルはやや多めの 5度のロフト です。
そのロフトとは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539








インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


昔から ゴルフは
『グリップに始まり、グリップに帰る』
と言われるほど グリップは大切です。

多くのゴルファーのグリップは
今のその形を目指したわけではなく
いつの間にか 今の形に落ち着いた という感じだと
思いますが、それはクラブの扱い方に準じます。


特に問題になるのが 左手のグリップ です。
現在の主流は 左右が相対することを放棄して
左手がフックと言うか ガブ握り
右手は添えるだけのような形が多いですね
IMG_0511

それは 左手グリップを支点に
クラブを跳ね上げる、クラブを振る からで
がっぷりと握っていないとクラブが飛んでしまいます。
IMG_0528

グリップは そのクラブの扱い方が変わって行かない限り
握り を変えても、数球も持たず 元の握りに戻ります。
よって 意識はしながらも、自分のクラブの扱いの変化
の目安として 『握り』に注意してみてください。

hand_kansetu


グリップは用語的に指で握ることを指し、
手のひらで握るのは「グラブ」です。
指は 先端部から 第一、第二、第三関節 とありますが、
第三関節 ✊ (俗に言うナックルの部分ですが) は
厳密には指ではありません。

よって クラブを握る際
とても大切になるのは
グリップは両手で握りますから
その密着度と位置関係です。

お互いの手のひらを向き合った関係になっていることは
とても大切で そのためには
左手を✊にして握るのはあまり感心しません。

左手にもしっかり手のひらが出来ているから
右手と相対しますし、それによって密着度もあがります。
IMG_0530IMG_0531









ですので 今すぐにとは言わないまでも
第三関節にナックルを造らない
左手にも手のひらを造れるようなグリップは欲しいところです。
左手を握り込むのであなく
手のひらは熊手のように外に反らせるような感じです。

慣れとともにクラブの扱いもあるので
目安として意識しておいてください。

IMG_0533IMG_0532











???疑問に思う人もいると思いますが、
この握りでは クラブが飛んでしまう
握っていられない・・・ のではと思うでしょう。

そこがポイントなのです。

左手を支点としてクラブを振ることが出来ず、
クラブを握っていられないから
左手、グリップ、体がどんどん回る!

左グリップがガブッと握る ということは
スイング動作中に体が止まることを示唆しているのです。


それと同時に
これも意識して貰いたいのは
左グリップの指と指を出来るだけ離して
✋ぱー で握って貰いたいのです。
IMG_0534

多くの人はグーで
指をつかって 掌の方にグリップを押し付けています。

そうではなく、出来るだけ指と指に感覚を開け
指も含め、左手の平を広く使って貰いたいのです。

グリップは 単純に 強さと接触面積の関係です。

グーで握る握り方は
その握りに反し、接している面積は少ないので
より力で握らなくてはならず、
指を開いて握る方が 実は少ない力で握ることが出来るのです。

ボールを打たない状態でトライしてみてください♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


練習場などで 多くの人がアプローチしているサマを
見ると ふと思うことがあります。

ボールと言うのは 当たり前ですが 球体 です。
その大きさは 約43mm 4センチ強の直径の球体です。

ところが 多くのゴルファーは
その 4其の球体というよりも 4其の白いコイン
を打とうとしているんじゃないか と思うのです。
adc717b3-s

しかも このコインを 前に飛ばそうとするのではなく
ひっくり返そうとしているように見えるのです。


ボールにも芯 ➟センターがあり、
その芯というのは クラブの芯よりも遥かに重要です。

逆に言えば、クラブの芯 とは クラブの真ん中って訳でもなく
ましてや重心の位置でもありません。
アイアンであっても ウッドであっても
重量の中心点はフェース面には存在せず
図に書いてあるような重心位置は
フェース面上を基準に測定した場所に過ぎません。
ボールと ヘッドの重心位置は触れることが出来ないのが
殆どのクラブの構造なのです。

あえて 言うのであれば
クラブヘッドの方の芯 とは
当たる場所を指すのでなく
クラブヘッドの動いてきた方向、立体的なベクトル
の事を指すのです。





クラブの方の芯の話はさて置き

アプローチショットだけでなく、パターでもそうですが
多少 ボールの自重で芝やマットに沈んでいるとは言え
ボールのセンターは、ボールの芯は
中に浮いた 地面から約2センチの場所にあるのです。
IMG-20130818-00414

ボールの底、4センチの大きさのコインを打つように
ボールを打っても、
ボールにはスピンばかりがかかり、
ボールは上に飛ぶばかりで、
思った距離になってくれませんし、
原則として ボールは自重で芝に少し沈んでいるのですから
その部分に歯を入れようとすること自体
始めから不可能なのです。

日本のプロが欧米の試合に出ると
欧米選手の体の大きさや飛び よりも
実は 日本よりも沈んだボールに苦労する のです。
飛び において 勝負は難しいのですから
そこはアプローチなりパッティングで勝負 となるはずなのに
そこの部分に苦労して 断念する選手や
小手先のスイング改造に挑戦しておかしくなる選手が
今も後を絶ちません。
090804_01

技術的な問題は別にして
ボールの芯は宙に浮いている という認識は
とても大切です。

そして アイアンで言うところの
上から打つ、ボールを潰す というのは
正確には スイングには前傾姿勢があり
右を向いている間は 左サイド
 ダウンスイング〜インパクト という時間で言うと
進行方向が低くなっており、
その低くなっている間に ボールに入ってくる
 という事を指すのですが、
少なくともイメージとして
ボールを進行方向に弾く のではなく
ボールの底を打つのではなく、
宙に浮いたボールの芯をフェース面で
 地面なり、マットに抑えつける
下方に圧力をかけてあげるイメージを持っておくべきです。
bd169146-s
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


振り子式ストロークでは、多分、広背筋を使って
肩周りを揺さぶる運動になるのだと思います。
確信はありませんが、そこで微妙な距離感は
とても難しいと思いますし、その動作そのものは
自分の背骨を捩じるものですから、お薦めはし難い。
総じて、前傾も深くなりがちですので
余程、そのストロークに自信が無い限りは
辞めた方が良いと思います。
スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







刷毛塗のストロークは、利き肘の曲げ伸ばしです。
右左のグリップは上下に少し重なっていますから
右手を飛球線に伸ばしていく
(厳密には自分の胸に平行に伸ばしていくこと。
パッティングストロークの場合は向きの変更が
殆ど無いので、それが飛球線と一致している、だけ)

これを出来るだけ 左の肘で受け止めず
左の手首を手のひら側に逆折りしていくことで受けます。

右手で左の掌底を押していくような感じです。




この動作はパッティングストロークだけでなく
アプローチやショットの基本になる腕(肘)さばきになります。
右ひじを伸ばし、手のひらを自分の胸の平行に左に押す。

左腕は肘でそれを逃すのではなく
それを受け止めて、受動的にしていればいいのです。

パターストロークだけではありませんが
ショットを左手、左腕で動かそうとしていること自体
おかしなものなので、右手に任せてください。

左腕というのは、体の向きの変更で動かすもので
左腕の移動を司っているのは「脚」です。


スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








その練習をするのに、右手一本でのドリルが
大変有効だと思います。


右ひじを伸ばしていくことで
掌底を飛球線に出していきます。
インパクト以降にも、親指を人差し指が追い越すことは
ありません。
右ひじを伸ばすことで、手首の角度を変えてしまう
ストローク・ショットは上に向かって振るスイングに
なりますから、パターストロークの場合は
歯でボールを打つことになってしまいます。


左ひじを進行方向に逃がしてあげる のも悪くないですね

パッティングだけでなく ショットでも同じですが、
スピンコンロトール➟ロフトコントロール
というのは ヘッドではなく
 クラブというか、シャフト姿勢を管理してあげる
ということを意識してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ちょっと なぞなぞのようなお話・・・
swing102
アドレスの時、ボールの位置は
高さを除けば、左の股関節や左の膝の前
辺りに有ります。

さて、テークバックしていきます。

ちゃんと 足回りなど大きな筋肉を使って
股関節を右に向けることが出来たとします。
230141133










その右を向いた状態
ここをトップオブざスイング トップを呼ぶのですが、
この時、どこにあるボールを打とうとしていますか?

そして そのボールをどの方向に打とうとしていますか?


なんだか とらえどころのない不思議なお話し
に感じるかも知れませんが、
とっても 重要な感覚なんです。

もう一度書きます。
アドレスの時、ボールの位置は
高さを除けば、左の股関節や左の膝の前
辺りに有ります。


一度実験してみて下さい。
アドレスの時、クラブを持たず
ボールを右手で指差してください。
腕周りは何もせず、そのまま 右を向きます。
(テークバックを取ります)
その 指がさしている ところは どこですか

アドレス時、高さは別にして
右手で 視覚的にボールの飛び出る(飛び出したい)
方向とクラブを平行にし、握っているとします。
腕周りは何もせず、そのまま 右を向きます。
そのクラブの指している方向はどの方向ですか?

実はこの感覚に大きなヒントが隠されています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブのヘッドは金属質 である
チタンからステン、炭素鋼
パターなんかも含めると 色々な素材がある。
アーメット鋼とかマレージング鋼なんて言うのは
ステンレス素材の亜種
昔は プラスチックのヘッドや圧縮した紙なんかも
あったんです。

そして ボールはゴム質

この二つの素材差を発揮させることは
実はシンプルだけれど 重要なことだと思う

素材差という意味では
双方の 歪み率(ヤング率)の差は
金属の種類やゴムのつくりによっても
多少前後するが 200倍
ゴムのボールが1mm歪むのと
金属質のヘッドが その1/200mm歪む
と考えていい。

001


それともう一つ
ボールの当たる フェース面は
バルジ とか ロール とか 有っても
基本的には 平面・・・平らな面で
ボールは 球体



双方の素材差と形状差 を考えていくと
平面で金属質のヘッド、フェースを
極端な円運動や支点運動させてしまうと
素材差も 形状差 も出てこないような気がする

丸いボールを丸く打ってしまえば
打つ部分が平らである意味合いはあまり感じられない

左右にも 上下にも 円に打ってしまえば
ボールには回転の運動が多く加えられてしまうので
ゴムと金属のゆがみ性能の特性はあまり発揮されない

打つ人が どう考えていようとも
ボールとヘッドの 素材 形状 は
それ以前の 大前提になる。
科学や演算技術が進んだ21世紀になっても
やっぱり それには大きな変化がない訳で
それを無視して 俺はこう打ちたいから!
って言われても まずは 現状把握が重要で
コンビニの前で タバコ吸っている中学生が
「お前には関係ないだろ!」レベルに等しいと思う。

ゴルフなんて遊びで そんなのどうでも良い!
とも思うけれど  少なくとも それを販売するメーカーや
ゴルフを教えて飯を食っている人は
そこら辺を踏まえたうえで ゴルフを語って貰いたい と思う。

上手くなりたい
出来る限り ゴルフを突き詰めてみたい
という オタクなゴルファーであれば
ウワベの カッコいい カタカナ言葉を気取るんじゃなくて
底辺にある 本当に単純な基本を見つめて欲しい と思う。

そんな宿題の解決の糸口は
必ず 逆の視点で考えてみること。

ゴルフクラブを使って ボールを打つ プレイヤー
と言う視線ではなく
ゴルフクラブを開発し これから ゴルフを普及させよう!
という 1800年代位の イギリス人にでも
なった気持ちで ゴルフクラブをどうすれば
より多くの方に 色々な種類の人たちに楽しんで貰えるか
そうするには どうしたらいいのか
そういう視点もたまには必要だと思う

スイングに関していうのならば
「ゴルフクラブ」を使ってボールを打つロボット
を作るとしたら どういうプログラムがいいのだろう。
ただ 単に打つのではなく
出来るだけシンプルに 出来るだけ部品点数を減らし
そして メンテナンスを少なく済むように
そんなプログラミングを考える と
思ってみるといいと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフクラブの重さにおいて
かなり勘違いされ、思いこまれているところが多く、
しかも それは自称上級者に見られます。


自分の頭で考えてみましょう。

5番アイアンがあります。
ボールは夏の深いラフです。
ボールの重さは静止時、45g
打ちたい距離は 130ヤード位です。

090804_01


市販のゴルフクラブ
 ヘッド重量   240
 シャフト重量  110
 グリップ重量   50g

悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300
 シャフト重量   50
 グリップ重量   50g


目方…で言うと 双方同重量です。
この状況では どちらが強いと思いますか?

クラブには長さがあります。
ですので、目方と言う意味では同じであっても
重さはより遠方にある方が 当然効果としては重くなります。
090726_01

ラフに強い のは圧倒的にヘッド重量の重いものです。
ですので もし選択の余地があるのならば
短い長さの番手➟よりヘッド重量が重い
モノを選ぶ方が成功率は高くなります。




普通にスイングするのであっても
感じ方として 重く感じるのは よりヘッドの重い方
そして よりシャフトの柔らかいものです。
よって 安定的にスイングできるのも、
そして、そのヘッドの重さや、シャフトの柔らかさから
正しいスイングの使い方を学べるのも
よりヘッドの重いモノ、よりシャフトの柔らかいもののほうが
断然有利です。


ただ闇雲に 硬いシャフトを妄信しているゴルファーは
しならないシャフトをしならせて使う振り方を、
軽いヘッドを重く使う振り方をしているので
重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブを上手に使えず
選択肢がないだけのことです。



クラブの重さ・・・という点において
クラブの長さ はとても重要で、
単に製品としての長さ ではなく
使い方による長さはクラブを上手に利用できるか
の鍵になるとも言えます。

分かり易いので 5番アイアンで説明しましょう。
悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300g
 シャフト重量   50g
 グリップ重量   50g
目方で言うと 400gです。

ゴルフクラブが一番軽く使えるのは
グリップとヘッドが重量に対し 長さをゼロにした状態
スイングに言うと 概ねトップオブスイング付近です。
ここであれば クラブの重さは 運動分を除けば
その目方通りの 400gで済みます。
逆に クラブが一番重くなる状態とは
シャフト・クラブが地面の平行な状態、
この状態であると(正確には少々異なりますが)
400g×クラブの長さ という数倍の重さになります。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)
グリップを下に、ヘッドをその真上に位置させれば
バランスさえ取れれば 指でも支えられますが、
クラブが地面と平行になる状態だと
左腕一本で持っているのも辛くなります。

そして その位置関係を考えてみた時
ヘッドの方がグリップよりも高くなっていれば
クラブの重さは グリップを下へ下へと誘いますが、
逆に ヘッドの方がグリップよりも低くなると
(ボールを打たなければ同じですが)
定点にあるボールを打つのであれば、
グリップは上げなくてはならないのです。
スナップショット 4 (2013-03-18 13-18)

手首とか、コッキングを使いなさい という話では
ないのですが、せっかくアドレスに比べ
トップの位置は ヘッドの方が高くなり
その位置関係を意図的に逆転させるのです。
グリップ、即ちクラブを動かしやすい重量配分に
するのですから、それを利用しない手はありません。
その瞬間しか クラブを動かすチャンスはないのです。

ボールを打つ為の
 トップ/テークアウェイを考えなくてはなりません。

スイングの形を作るためのスイングは意味がありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



まずはこちらをご覧ください
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1943224.html



スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

▲ぅ鵐僖トでは左ひじは曲がっている
ダウンスイング〜インパクトまでに
右腕を伸ばす習慣は殆ど人がありません。

逆に左腕を突っ張るように使う人がほとんどです。
 ➟左グリップを支点に回転させるため と思われます。

インパクトでは アドレスと似た姿勢
右腕が伸びた状態=右サイドが高い状態
というのがとても重要です。
右腕が曲がった状態=右サイドが低い・左サイドが高い状態
というのは一番悪い、そして一番多い状態です。

スイングにおいて
意図的に 両腕が伸びた状態 というのは
意識として 失くした方がいいでしょう。
結果として 両腕が伸びる瞬間がある というだけで
体の回転という運動の流れから
腕を遅らせない、ズレさせないためには
必ず 片腕の肘が曲がっている
どちらかが伸びている、どちらかが曲がっている
と言うようにしておいた方が良いです。

ダウンスイングで右腕が伸ばせない。
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)

自分では右腕や右ひじを伸ばそうとしているのに
伸ばせず、右肩が下がってしまう〜もぐってしまう
というのは、進行方向の先 の左腕が止まっている
体の向きを変えて 本来くっ付いていく筈の左腕が
止まっている(この場合、逆に動いているとも言える)
先に有るものが動かず つっかえているから
動きが方向を変えて逃げようとしてしまうのが
右サイドが下がってしまう現象

右腕を伸ばそうとするのなら
 左ひじを曲げてあげればいいのです。
トップの位置で まず動かすのは
左上腕、左ひじから動かすようにすればよいのです。

パッティングにおいても
右腕を伸ばすために、左ひじをまず 動かすのです。
先が動いたら 右腕を伸ばすのです。
左ひじが横に逃げれば、自動的に右腕も伸びていきますので
その流れを動きとして覚えてみて下さい。

IMG_0481

高い右サイド
伸びた右腕を造るため
インパクトでは左ひじが曲がっている、曲がり始めている
ダウンスイングは左上腕・左ひじから
と考えて下さい。




右腕を伸ばす方向は 下ではなく 左
ちゃんと骨盤を右に向け、体でトップを作っている場合
体は左サイドの方が低く、右サイドの方が高い筈 です。
そのトップにおいて
体・上半身に対し 横の動きには縦が混じって
斜めの動きが出来ます。
トップの位置で 右の肩の前あたりにあるグリップを
横に動かすのには 下の動きが混じります。

ここのポイントは 時期 です。

体を先に回してしまってのでは
自分で意図的に 斜めに動かすのか
横、もしくは縦に動かしてから 縦または横に
たくさん動かさなくてはならなくなります。

アドレスに対し、トップの位置の
ヘッドの高さの大きな違いは
グリップの位置の高さの違いです。
その高さを違いを容易に消せるのが
体の回転の時間の流れに乗せてあげることです。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)

結果として 体と同期させて
グリップの位置、ヘッドの位置 その高さを変えてあげるには
時機を失わないことが大切です。
そのためには 前項と同じく
先にグリップ、体に動きよりも先駆けて
前に有る左上腕を動かしてあげることが肝心です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


全員…とは勿論言えませんが、
スライスに悩むゴルファーの多くは
ショットのスライス(特にドライバー)だけに限らず
パッティングやアプローチに悩んで います。

その理由の一つ、大きな理由の一つに
前日も書きましたが、腕と体の区別が上手くついておらず
自分では体と思っているが、結果としては腕
自分では腕と思っているが、結果としては体
 と
腕と体をひっくり返しに使って入る のがあります。

まずはテークアウェイで 体を回さず
腕でクラブを動かしている という主原因はあります。
本来、トップの位置では
そこから先に動作をしやすくなるため
腕も含め、クラブの重さが左グリップ・左ひじに
掛かるようにした方が良いですね





✊ダウンスイングで力む、とか
✊ダウンスイングで右サイドが下がる、とか
✊体重が右に残る、とか
✊体の開きが早い、とか

これらの理由は
テークアウェイも含め、トップでの
クラブ姿勢、クラブの位置によるものがほとんどです。
クラブの位置や姿勢による重さによって
その後の動きは仕方なく決まってきます。



まあ、とりあえず そこは「さておき」
アプローチショットのような
速度で何とか誤魔化して打つことの出来ないショットにおいて
腕と体のひっくり返しの使い方は致命的です。
重さによって 無自覚の場合は
テークアウェイ、トップでの位置や方法を見直してみましょう。




これはパターでも言えます。

パターの方が分かり易いですから
そちらで説明しましょう。
(これに関連するメールや質問も多数頂いています)

パッティングはスピードを特に必要としないショットです。
羽根が生えそうなほど軽い市販のパターであれば
飛びそうもない、届きそうもない という本能から
強く叩きたくなる、「弾きたくなる」のは致し方ない
かも知れませんが、弊社の重量級「L型ブリストルパター」
であれば、ボールを押してあげれば それで十分です。

弊社が提唱する「刷毛塗」
上腕と言うか、両腕の肘さばき
インドネシア?方面の踊りのような 体ではなく
腕のさばき、肘のさばきで打つ方が簡単ですし、
その肘さばきはショットの為にも、
スイングの基礎の動きとしてもとても有効です。

ところが 自分では上腕、肘さばきをしているつもりでも
肩を揺さぶる、もしくは

肩を揺さぶってから肘を伸ばす
という動きが入ってしまい
上を向いてから
 ボールを打つような状態になってしまっています。

sample 2009_11_10_22_54_10-570フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-588フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-596フレームショット





この部分は認識の変更と
技術的な部分で解消できますので
やってみましょう。

_に通し、前傾姿勢を維持させる
右腕を伸ばす という行為では
右腕を伸ばすことは グリップなり、こぶりなり を
体から離すことではありません!
特にここはスイングでも非常に有効なので
覚えておいてもらいたいのですが、
スイング・ショットのアドレス時、
体の姿勢には前傾姿勢があり、
その前傾姿勢に対し、自分の胸の下には空間があります。
単純にそれを「懐、ふところ」と呼びましょう。
腕は肩からだらんと垂れる位置に存在しています。
✋✋✋腕でクラブを振るスイングをする人は
アドレス時にグリップの位置をボールの方に出しているケースも
よく見受けます。

トップの位置で、右腕を伸ばしていくのは
その懐の中、運動によって腕やクラブの重さで
やや膨らむ〜体から離れやすくなる ので
その分を考慮して ものすごく体に近いところを通します。
20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット

また このポイントは重要ですが、
懐の中にグリップを通すことが
そのまま 「前傾姿勢を無自覚で維持する」につながります。
懐から外にグリップ(握り)を出してしまうと
その重さによって 体を起こさなくてはならなくなります。
ダウンスイングで、前傾姿勢/股関節 骨盤と大腿骨の角度差
なんて 割に鈍い部分を意識することは易しくありません。
ですので 自分で意識できる握り
 こぶし を懐から出さない
という事で、前傾姿勢も維持させる のです。



        …続きます。また明日。                                                                                                                                                                             
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スライスに悩んでいる方がいらっしゃいました。

ご本人曰く スライスになるのは
「フェースが開いている」からだと仰います。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)


では 考えてみましょう。
ゴルフの弾道には
 ボールの高さ(上下角度)
 ボールの方向(左右角度)
 ボールの回転(上下左右の回転)

これが入り混じります。

高さはともかく、 ボールの飛び出る方向は右左
そして ボールの回転の右左
これは 2×2 の関係になり
右に飛び出て右回転(右に曲がる)球もあれば
右に飛び出て左回転(左に曲がる)球もあります。
その逆で
左に飛び出て右回転(右に曲がる)球もありますし、
左に飛びてて左回転(左に飛び出る)球もあります。

つまり フェースの向きは
(とはいうものの フェースの向きはロフトとライ角度の複合体です)
ボールの飛び出る方向と決めるだけであって
回転とは直接関係にはありません。

フェースが右を向いていることが スライスであるのならば
その逆は ひっかけフックですから
右に出て右に曲がる弾道 か
左に出て左に曲がる弾道 の
2種類しか存在しないことになってしまいますよね。
そうであったとしても 双方
目標である まっすぐ を避けて 逃げていくことになりますから
両方とも「ダメ」ということになります。

まあ ご本人が自覚されているかどうかは別として
「フェースが開いている」には多分に
ロフトが寝ている というのがあるかと思いますが
スライスは ロフトが立っていても発生しますし
ロフトが寝ていても抑制することも出来ます。

メカニズムは至極簡単なのですが、説明は難しいです。

一般アマチュアは悩む スライスの原因は
実は 遠心力と関係があります。

ゴルフクラブは 1メートルくらいの棒の先に
鉄の塊という重さが付いています。
この形状のものを使ってボールを打つにあたって
必然的発生する 遠心力などの不可抗力を
グリップからヘッドの方向
 外に外に作り出してしまっている限り
ロフトを立てようが、フェースを閉じようが
スライス…コスリ球かた逃げることは出来ません。
フェースを閉じて、左へ 左に曲がる球を打てたとしても
それは スライスの亜種 というだけで
根本的な解決にはまるで至っていません。
たまたま そういうタイミングであった に過ぎません。

ゴルフスイングは 遠心力を利用しますが
それは ショットそのものにとって
あまり重要なポイントではなく
それを利用して
 最後まで回転するための促進剤程度に過ぎません。

遠心力を使って 外へ外へと重さをかけると
一見すると 回転が促進されるような気がしますが、
グリップからヘッド方向へと重さを増やす
ということは 水平方向の回転に対しては
単なる阻害要素でしかありません。
ブレーキとも言えます。

また それはブレーキだけでなく
決まったところにあるボールをヘッドを衝突させる邪魔を
する要素になりますので、
打ち手は 外に膨らもうとする分を内に引いて
その力を相殺し、定点のボールを打とうとします。
遠心力で外にはらもうとする力を
人間のテクによって 内にひこうする、
 その動きが スライスというか コスリ球の主原因です。
580697_267176673410556_473255573_n

一般的にはそれを アウトサイドイン と呼びますが…。
ウソではありませんが・・・
そう呼ぶのにも値しないほど のものです。

そして その外へ外へと働かせる遠心力は
必ず 軸を右に傾かせ、右体重を残し
上を向いて打撃させることになるので
飛距離不足の原因でもあり、
ダフリやトップ
奥行きのあるフェアウェイウッドの苦手など
ゴルフの悩みの大方を占めた 原因になっているのです。

レッスンプロなどの セオリーを色々研究しても
この部分に触れているケースは非常に少ないです。
その 基礎になっている原因を取り除かず
対処療法ばかりしても
練習量も乏しく、運動性能も低下気味の
我々オジサンゴルファーには問題の解決に至れないと思います。

色々なゴルファー、お店に相談に来られるお客様を見ても
やはり 最後の最後の部分で
ヘッドをたくさん 速く動かさないと
ボールは打てない、ボールは飛ばない
というセオリーから抜け出せず
スイングを変えられずにいます。
それは 確かに 
ヘッドをたくさん(?)☚これは疑問
ヘッドを速く動かした方が 飛ぶ可能性は増えますが
ヘッドが動く源は自分の動作そのものです。
自分が回転をして移動して、グリップを移動させるから
結果としてヘッドが動くのです。

自分が色々乱さない範囲の中で
素早く回転するし グリップを動かすほか
ヘッドの移動速度を上げる方法は一切存在しないのです。

ヘッドだけが動くことは物理的にはあり得ないのです。
ヘッドだけが動くということは
グリップが止まっている ➡ 体の回転が止まっている
ということになりますし、
ヘッドだけが動く そこをインパクトに持って来たら
ロフトを増やして ボールの底をこするだけになり
打撃力は推進力にならず、回転と角度が増えるだけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ