◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2016年11月


 ボールのスピン
昔もこのテーマで記事書きましたけど
通常 何千回転という風に表記されますが、
結構忘れられているのは その単位です。
この何千回転は 1分間で ということなのですね。

例えば ドライバーショット
2000回転前後と言われていますが
これは やはり 1分間のボールの回転数 で
1秒間には30回転強です。
002

ドライバーショットのボールスピードは
200キロ/時速になります。
時速200キロで進むものは 1秒間に大体55メートル位移動します。
つまり 55m移動する間に30回転ですから
1mを移動する間には半回転強しかしていない
ということになります。

ボール速度がとても速いので
たくさん回転しているように見えますが
移動している距離に対してはたいして回転はしていないのです。

漫画のように火の出るような回転はまったくしていないのです。


ボールのスピン量は
1分間に幾つ という単位で表されるのですが
移動距離に対して という意味では
ドライバーショットよりも
パッティングの方が「回転している」とも
言えるのです。 面白いでしょ?!

329500ce


では、ウエッヂはどうでしょう。
ドライバーに比べると 回転数そのものは3〜5倍になります。
確かに移動する距離も少ないのですが、
ウエッヂはショットは移動する距離に対し
道のりはとても多くなります。

ボールの外周は約14センチ強です。
1mの距離をロスなく転がるのに7回転強必要です。
ドライバーショットの場合 1mの移動に対し半回転前後ですから
ほとんど回転せずに スキッドしている 
と言えます。

ウエッヂショットの場合 
移動距離と高低という意味での道のり
そして 回転数を考慮しても
水平距離の1mを移動するのに 
ドライバーの5〜15倍程度の回転量ですから
ボールが普通に転がっているのと実は大差ないのです。

結構意外でしょ?!


 実はウエッヂショットに関しては
それに似た別な側面もあります。
ショットの数値管理において
距離と言うのは水平移動距離です。
ドライバーショットの打ちだされる角度は10〜20度
それに比べると ウエッヂショットは40〜60度位です。
ですので 同じ1mを水平移動するのに
ウエッヂショットは斜めに横切る訳ですから
多くの道のりを通る訳です。
よって 単純にボールスピード…と言っても
思っているほど ドライバーとウエッヂに差はないのです。
ICOPY26

なんか ボールはグルグルってスピーディに
回転しているように思えて
その実 移動速度そのものが早いのに騙されていて
ボールの回転は意外なほど少なくゆっくりしているのです。
ウエッヂショットであっても 回転で移動しているというよりも
スキッドしている量のほうが多いのです。

そこにはやはりゴルフというゲームの本質が隠れており、
ゴルフはやはり飛ばしても、飛ばさなくても
ボールを水平距離移動させるゲームで
当たり前ですがボールを回転させるのはあくまでもおまけに過ぎないのです。
低い球が良いとか無理に低く打つ必要性はどこにもありませんが、
その逆の 無理に高く打つ、無理にスピンを増やす というために
何かするのは ゴルフショットにとって大変リスクが伴います。
もともと 飛行中のボールのスピンはイメージのようなものでは
ないのですから、スピンをかけることはクラブのロフトに任せてしまったほうが
簡単だと思います。

多くのゴルファーは
球を上げるのも
スピンを増やしたりするのも
なにかスイングで!
何かテクニックで!
と思っている節がありますが、
それはほとんどすべてクラブの役割なので
フルショットである限り
ドライバーからウエッヂまで
同じように、同じような速度で
振ってあげることが一番クラブの機能を活かします。
唯一、打ち手がしなければいけないのは
距離を加減する際のエネルギー調整
すなわち 動作の速度調整だけ なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは練習やドリルという事だけでなく
アプローチそのものを劇的に向上させる
『正規』のゴルフクラブ扱い ですから
ぜひとも トライし、身に付けて下さい。

そうですね
設定は 花道からの30ヤード位の
ランニング〜転がし という状況です。

o0361056812059034776


ボールとの間合いはアプローチなり ですが
スタンスは狭いとは言え
ボールの置き位置は普段のショット通り
左足のかかと位〜やや中寄り がよいでしょう。

 ✋ボールの置き位置は
  インパクト時!の体のセンターです。
  実際のアプローチではやや中央寄り に
  なるとは思いますが、
  練習やドリルでは 左足かかと!
  そこが インパクト時! のセンターにする
  という気持ちでやってみましょう。


30ヤード位なので
そこそこ打つ必要があります。
クラブの扱いのイメージを優先するとして
🌟体はフルターン
 がっちり右向き
🌟腕はあまり曲げずに
 右ひじはやや曲げるか〜伸ばし『気味』
 コッキングして クラブを起こす と言うよりも
 ヘッドではなくゴルフクラブ、シャフトそのものに
 高さを加えるイメージです。
 例えば 地面と平行なまま クラブを高くするような…



まず テークアウェイの時点で
クラブを円で振らない意識を持ってください。
スナップショット 6 (2015-09-24 17-54)

体はフルターン(右向き90度)ですが
クラブで円を描くのではなく
体のフルターン   90度に対し
シャフト・クラブは 70〜80度程度
に抑えるため
上・真上から自分を見ている想像をして
トップの位置の  グリップとヘッド(クラブ)と
アドレスの位置の グリップとヘッド(クラブ)を
出来るだけスライドで運ぶように
自分の体の向きでグリップを動かしましょう。

スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

体は90度右向き
クラブも90度前後右向き
ここから始めても良いと思います。

シャフト・クラブは地面とほぼ平行
ややヘッドが持ち上がり気味

ここがスタートポジションです。

真上から見た時
アドレス時の体の向きを12時
トップ時の体の向きを3時
横(アドレス時の正面)から見た時
アドレス時のクラブの位置6時
トップ時のクラブの向き9時
をドリルの基礎として話を進めます

i320
スイングでもそうですが
ここで 縦・横 円を描く振り方・イメージを持つと
クラブの重さの作用から
真上から見た時に1時半や1時の方向
横(アドレス時の正面)から見た時、7時や7時半の方向に
体が引っ張られてしまいます。
その対になる
真上から見た時 7時や7時半
横から見た時 1時や1時半の方向に
体を引っ吊らせて調整することが
ショットやアプローチの原因になる訳で
アプローチに多いダフリ は
100%ボールの手前
絶対にボールの先をダフルことが無いのはそのせいです。
トップしてしまうのも
ボールの高さに届いていないのが原因 なのではなく
ヘッドがあがり軌道
スイングの最下点がボールより手前 にあるからで
加減の違いだけで ダフリとトップは同じものなのす。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを造っていく時、
ゴルフスイングを改善していく時、
ビデオや写真などの視覚映像は
出来るだけ「結果論」の照らし合わせ として利用し
形・型を追いかけていくのは避けるべき です。

少々 嫌味交じりで言えば
ゴルフスイングは 当人・本人にとって
楽に、繰り返し、遠くに飛ばせればいい訳で
他人にそのスイングを評価されるためのものではありません。

そのスイングの中で
ゴルフクラブの機能を利用していく
正しくは ゴルフクラブに動かされてしまう
ようにスイングするのには
ちゃんと自身の感覚としてクラブと自分の関係
掴むようにするべきです。





では二つの写真を見て下さい
トップオブザスイング、トップの位置での
クラブと自分の関係です。
、           □
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420












 ✊オレンジ色の線は肘から先の前腕
 ✊赤い線はゴルフクラブ・シャフト
 ✊黄色い➟は肘にかかっている重さの方向



左の,亮命燭任
両方の前腕の間にクラブがあり
左の肘の方が低い位置にありますから
グリップを通してのクラブの重さは
右ひじよりも「左ひじ」の方にかかっています。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)
こちらは 次の動作、ダウンスイングをするための
トップの位置 と言えるのではないでしょうか?




一方、右の△亮命燭任
ゴルフクラブは右前腕の延長線上
もしくはそれよりも外に位置しており
右ひじの方が左ひじよりも低い位置にありますから
ゴルフクラブの重さは殆ど右ひじにかかっています。

ce17f420アドレスの状態から
両肘の運動量、移動量は
圧倒的に左ひじの方が多く
50属幣絨銘屬鯑阿しています。
右ひじはアドレスの位置から
ひとこぶし〜ふたこぶし程度
動いたに過ぎません。
左ひじは上方だけでなく
横にもズレていますが
右ひじはその場でやや高くなっただけです。

ハミングバード視点では
この類のスイング、テークバックは
ダウンスイングの為のものではなく
テークバックの為のテークバック
テークバックを手抜きするためのテークバック
…クラブヘッドに運動の慣性を付けて
左手で跳ね上げれば、ゴルフクラブの構造上
この位置に行き易いのは確かですが、
最もダウンスイングがし辛い形、位置と言えます。


4bcbe6f4


理想論で言えば
元の状態に戻すのには より積極的に
より多く、より素早く 左ひじを動かす必要がありますが
この時点でのクラブの重さのかかり方では
右ひじを下方
(黄色い矢印で表示)
左ひじには上方に動くようにかかっており
元に戻すのには『真逆』な重さのかかり方と言えます。


厳密にする必要はありませんが、
理想論では クラブは体の幅の中で
インパクトは体の正面でとらえたい ですよね。
8a862ab6

体の正面でボールをとらえるのには
両方の腕が概ね同じ長さに
突っ張らかっている訳ではありませんが
概ね伸びたような アドレスに近い状態でないと
ボールを打つことが出来ません。
スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)

当たり前ですが
トップ位置からは
グリップが高くなった分
グリップの位置も下げたいわけで
どちらの重さのかかり方が
よりその理想に近づけるか
より理想の形、理想の場所にもっていけるか
普通に考えれば 選択の余地は無いように思えます。





と同時に考えて頂きたいのは
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











この時に自分の体や腕にかかっているクラブの重さ
特に ヘッドの重さ のことで、
ヘッドには あの形 がある訳ですから
それが当然 
 ✋スイングすること
 ✋スイングし易いコト
 ✋ボールを打ち易いコト
 ✋繰り返し易いコト
 ✋体に負担の少ないコト

であった方が良いでしょうし
そう望んでいると思いますがいかがですか?

クラブの形、その形の創りだす重さ
ある意味負担とも言えますが
それを無視して 力づくてねじ伏せますか?
力づくてねじ伏せるため 
軽いヘッド、小振りなヘッド
硬いシャフトにすることが好ましい道でしょうか?






とはいうものの…
愚痴っぽいですが、最近では自称上級者のゴルファーも
クラブの形、例えばアイアンの顔
を「見る目」がとても幼稚にものになってしまっていますし
スイングの型を追い掛けろ という意味ではありませんが
かなり退化、30年分以上退化してしまった現在の
ゴルファーの『スイングアイ』では理解できないというか
自分の頭で考えようとしないのではないか とも思います。

誰々がやっているから とか
トッププロのスイングだから とか
そういう理由がないと そのスイングを肯定できない のは
とても疑問に、残念に思います。

自分のやっている動作・スイングは
いったい誰のためのものですか? と。
誰のスイングなんですか? と。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



テークアウェイを始める時
その重さをどこで感じるか
・・・このポイントも大切です。

多くのゴルファーはテークアウェイを
左肩や左腕でクラブを押してしまいます。
maxresdefault

これでは クラブの重さは右腕にかかってしまいます。
クラブの重さを右腕で支えるような形です。

テークアウェイの一番の鍵は
ボールを打つ行為に直接つながる
ダウンスイング➟インパクト をより簡単に
より力強く、繰り返しやすくすることです。

テークアウェイのためのテークアウェイでは
意味がありません。

ゴルフクラブとゴルフスイングの「秘密」は
そのクラブの構造と前傾姿勢などの体の関係にあります。

ダウンスイングは左サイド
打っていく方向
運動していく方向 の高さが低い

と言うところがポイントです。
b440d398

それをするためには
ゴルフクラブの形に伴う重さを
利用するに越したことはありません。

しかし テークアウェイをこのような形
テークアウェイでクラブの重さを
このような掛け方をしたのでは
必然的に右サイドが下がることが
ダウンスイングの始まりになってしまいます。

スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)

この弊害は 煽り打ちになるだけでなく
体の回転は アドレス時の前傾姿勢なりの
傾きはあるとは言え、横への運動なのですが、
この重さの掛け方では 回転は限りなく縦のモノに
なってしまいますから
それが習慣付くとそれをするためのアドレス姿勢
ボールの位置、グリップになってしまいます。


この重さの掛け方は
結果 ダウンスイング以降で
右サイドを縮める 潰す動きになるので
右腰を痛める、左ひじや左首を痛める原因になります。



 
少々 斜な見方…なのかも知れないけれど
最近のゴルフ選手、日米欧州の合わせて
肩から上、特に首周りの筋肉ばかり目立ち
非常に 違和感を感じている。
おじさんだから嫉妬して…という訳ではなく
元々、ドレスを着て、正装して みたいなところから
始まっている娯楽で、歩くことがメインになる遊びだから
逆にベルトから下が大きくなるバランス…
になるものと感じるけれど…。

どちらが卵で、どちらが鶏か、は分からないけれど
クラブの重さを利用して、その形を利用して
ボールを打つか
クラブの重さを無視して、それを力技(力技)でねじ伏せるか、
どちらをアマチュアのオジサンゴルファーが選ぶか
という事なんだと思う。
ジャンボのファッションはちょっと…なんだけど
昔のフレッドカプルスとか
どちらか というとユルユル系のウエアが中心だったけれど
最近はぱっつんぱっつんのものばかりで
なんだかな〜〜〜 と感じますね。



テークアウェイで出来るだけ
クラブの重さを左手に掛け
重さの下支え、支えをするのは左腕で
勿論体の向きの変更が一番主たる移動の手段ですが
右腕で移動を司るような重さの掛け方を
心がけましょう。


スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

ゴルフスイングはご存知の通り
自分が思った通りに動いた…としても
あとから その映像を見ると
そのイメージしていた動きとは別な動きになります。

それは 自分が動かしているクラブの重さ
それを処理しながら ボールを打っている という事の証で
クラブが作り出す重さ というのを
想像していないと 結果 違う動きになってしまう
ということなのです。

クラブの創りだす重さ〜不可抗力
それによって 動きは作られてしまうのですから、
逆に 自分の思い通りの動きになるような
クラブの重さ を自分が作ってしまうべきです。
スナップショット 1 (2016-10-03 18-03)

テークアウェイでは 右ひじを後ろに引くように
体の回転に合わせ 肘を引いてあげ
クラブを移動させましょう。
左手は 右手一本で持っていては辛い ので
お手伝いをしている程度です。


この時点で 俗にいう「軌道」を考えるのなら
ヘッドではなく グリップの軌道を考えてみましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブ(重たいヘッド・柔らかいシャフト)
だけに限りませんが、
ヘッドの重さやシャフトの機能を使って
ボールを打ってみたい・・・
そういうスイングを覚えたい という方は
是非 
✊出来るだけ重たいヘッド
✊出来るだけ重心距離の長いヘッド
✊ストロングロフトでないもの
✊出来るだけ柔らかいシャフト

を使うことをお薦めします。
いきなり ウッド(ドライバー)からは
ちょっと辛いかもしれないので
アイアンから始めると良いと思います。

スナップショット 1 (2016-11-26 1-11)

通常 スイング破壊兵器と呼んでいる
「軽量スチールシャフト」装着のアイアン
 😱5番で ヘッド重量 は 240g弱
 😱重心距離は 35舒焚爾離皀里多いです
 😱SR位の硬さで 振動数は290cpm位です
 😱ストロングロフト系だと5番で25度位です

軟鉄のヘッドの場合、
 小振りなものが多く採用されています。

市販品にはほとんどない…かも知れませんが
 🌟5番アイアンで ヘッド重量 270g以上。
 🌟重心距離は 37舒幣紂
 🌟振動数は 5番アイアンで230cpm以下。
 🌟ノーマルロフト で 5番で28度位を目安に。

ここら辺を使っていれば
スイングは兎も角、体を痛めるゴルフにはならないでしょう。



今まで軽いとか、小振りなヘッド、動かない硬いシャフト
を使っていた人が この手のセッティングを打つと

まず 大ダフリ
 (もしくはチョロに近いトップ)から始まります。


おそらく 
先端にあるヘッド(重さ)をいかに振りまわすか
いったん 遅らせたヘッドを 如何にもとに戻すか
しならせたシャフトを 如何にしなり戻すか
ヘッドの重さとシャフトの柔らかさでボールを弾く

という事をイメージしていたゴルファーにとっては
重いヘッド、長い重心距離、柔らかいシャフトは
より沢山しなり、よりクラブが重く感じ
今まで以上に ゴルフクラブが思うようにならないでしょう。

色々なことを試しながら
まずは 『スイング中のクラブの重さ変化』 を
感じてみて下さい。

アドレス時に感じる ゴルフクラブの重さは
動作を始めると必ず変化します。
おそらく重くなるでしょう。


スナップショット 1 (2015-06-14 18-02)


ヘッド重量だけでなく
重心距離やシャフトの柔らかさは
その重さを良い扱いではとても軽くし
悪い扱いではより一層重くします(重く感じさせます)。

重くなるということは
自分自身の動作したい 動作しよう と思っている方向と
ゴルフクラブが行こうとしている、行きたがっている方向に
大きな差があるという事です。


テークアウェイを始めます。
テークアウェイは
ボールを打つ為の準備行為です。
ショットの目的は
「ボールを打つこと」
「ボールを目的の方向へ打つこと」

ですから
その動作時、ボールへの方向/ボールの打ちたい方向
と大きく異なるような方向に重さが掛かるのは
あまり良いことではありません。

それは打つ方向と逆に動く
準備としてのテークアウェイでも同じです。

ヘッドの重さやクラブの重さの役割は
それを使って
同じく重量物であるボールをどかすこと
その重さを使って、より動作を簡単に、
スイング動作速度を増すようにすること
 
です。

ですので テークアウェイは
確かに重力に逆らい、クラブやクラブヘッドに
位置エネルギー(高さ)を与える行為ですから
アドレス時よりは多少重くなるかもですが、
反動をつけるような動き、
加速するような動き、
必要以上にクラブを重くする動きは
決して良いことではありません!

595bd670_Ben20Hogan20Backswing

ハミングバード視点で言えば
軽くて、硬い 飛ばなそうなクラブに
自分の動作スピードでエネルギーを作ってあげている
今までの癖 です。


ヘッドに重さがあって、シャフトにも柔らかさの
あるゴルフクラブには不必要な動きです。

いかにクラブの重さ、重さ感を増やさずに
速やかに・・・
 この場合の速やかな というのは速度の速さではなく
短距離で、一番近道をして、トップオブザスイングまで
行きつけるか がテーマになります。

自分の胴体・骨盤の動きと
クラブヘッドの動きが直接リンクして
体の動きが止まったら、ヘッドも止まる
と言う動作を身に着けておかないと
フルショットでない ハーフショットとか
距離コントロールするようなショットが
別なものになってしまいます。
2010111116444243889

多くのゴルファーのスイングを見ていると
始め、揺さぶる程度に少しだけ体を動かし、
クラブヘッドの重さに慣性を与え
あとはその慣性に任せて、
適当にテークアウェイしています。

これでは クラブヘッドの重さは全く活きてきません。
クラブヘッドの重さはボールをどかす為
ダウンスイング時の運動の促進の為のものであり
テークバックを横着するためのものではありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



と題しては見たけれど
マレット型…奥行きの深いパターそのものの欠点
と言うよりも
多くのゴルファーが信じて疑わない
肩を揺さぶるショルダーストロークとのかみ合わせ
組み合わせが問題を作り出します。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)564dfb4d








マレット型のパターで
登りのパッティングや
ミドルレンジ(3mを超えるような)の距離の
パッティングを打つと かなりの確率で
引っかかります。


と言うよりも ひっかけないと打てません。
スナップショット 2(2016-11-24 20-30)

マレット型のパターヘッドのメリット,
見ての通り、重心が深いことです。
それは動作として、どう作用するか、というと
重心の浅いパターに比べると
ヘッドが進行方向に…前に出やすく フォローが出やすい
という点なのですが・・・・・・・・・・・
4c9a0689それを 主流のショルダーストローク
肩を揺さぶるストロークで行うとどうなるか というと
4c9a0689ヘッドが前に出ると
打っている本人は真っ直ぐフォローを
出していると思いますが
体の構造上 体はやや左を向き始めます.
そう ショルダーストロークは
アウトサイドインの典型
スイングにとっては諸悪の根源なのです。

b4deceb9この状態が正面を向いている状態で
例え肩甲骨、肩だけであっても
この姿勢から 左サイド(肩)を下げ
右サイド(肩)を下げる状態は
その度合いによって
どんどん左を向き、どんどん上を向いていくのは
お判りでしょう。
自分の頭で考え、自分で試してみれば分かりますが
真っ直ぐ出そうとするショルダーの動きは
体をねじる、ひねる動きになっていくので
真っ直ぐ引き、真っ直ぐ出す というのは不可能なのです。




結果、上に振る のも相まって
左に出て 左回転の入り易いストローク
と 左に出やすいパターとの組み合わせです。






そして マレットパターのうたい文句
(実質的には詐欺に近い状態ではありますが)
ヘッドが大きく、重心が外に配されているので
慣性モーメントが高い ということです。
スナップショット 1 (2016-11-24 20-30)

しかし 実際には見た目の大きさとは異なり、
非常に軽く作られています。
本来モーメントは質量、
見た目通りの、見た目で想像する重さよりも
ずっと ずっと軽いのです。
確かに 同じ重量の重心の浅い、小振りなヘッドよりは
慣性モーメントは数値的には高いには高いのですが、
人間の感覚的 見た目の大きさ=重さ のギャップがあります。

🌟しかも フェースバランスであると
ヘッドの実質重量 はより軽く感じられます。
マレットに良く採用される ベントシャフト(曲がったスチール)
が装着されていれば より一層軽く感じますので
数値で表すのならば
 330gのパターヘッド(マレット・フェースバランス)
 スチールのベントシャフト
のものは 250g弱のヘッド重量「感」になるでしょう。



マレットの大きな欠点として
逆に重心の深さがあるので
テークアウェイを引く際、
イメージのパターの重心→フェース面やネック部 に対し
本来の重量の中心点がかなり離れたところにあるので
真っ直ぐ引こうとすると 外にはらみ易くなります
マレット型を苦手とする人は
この外に上がってループする動きを嫌がります。
ショルダーストロークをして
マレットを使うと意識しなければ
 ➟ループスイングになり易いのは確かです。

と同時に ヘッド重量が軽い ですから(飛びません)
強く打たなくては飛ばないので
どうしても テークアウェイが大きくなり
ストロークが速くなります。

✋外に上がり易く
✋テークアウェイが大きくなり易く
✋ループスイングになり易く
ヘッドが前に出やすいので 左に振り易く、上に振り易い
これでうまくいく筈がないでしょう。


🌟引っ掛け癖
🌟ショート癖
はマレットの最たる特徴なのです。



色も含め ゴテゴテしたデザインが
よりテークアウェイの取りにくさを生みますし
どこにどのように引いていいのか と
性質としての動きやすいところ
 に一致点がありません。

幾何学的な形状にしていても
それは逆にマイナスに作用します。

パッティングストロークは
行きつくところ 人間の感覚の最も発揮されるもの。


ハッキリ言って
マレット型をショルダーストロークでしていると

✊基本、ショートしやすく
✊良い転がりにはなりません ↔ 跳ねます
✊チャンスの距離は殆ど引っ掛かります
✊どこに引いたら良いのかわからなくなります
✊テークアウェイに入りにくくなります。


➟イップス製造機になるでしょうねー


言葉は悪いですが
ビビり症の場面位しかメリットは出てきません。

イップスになりたければ
より派手な よりゴテゴテしたデザインの
ベントシャフト(曲がったスチールシャフト)の
フェースバランスのモノを使えば
2年位で成れるのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


地面に置いてあるボールを基準に
その高さを ゼロ とすると
クラブの種類や肉体的な多少の差はあっても
ヘッドの一番高くなる時の高さは2m50位になります

0⇒2m50⇒0⇒2m50

と考えると 大きくクラブを腕で動かさなければ
いけないような 錯覚 に陥りますが
実際には そうではありません。

この写真をご覧ください。

スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

こと上半身に関しては 変りはないのですが
地面基準にすると ヘッドの高さ変化が起っています。

この練習は脚のトレーニングが目的ですから
腕は殆ど動かしていない  にもかかわらず
この地面基準に対しては ヘッドは 靴の高さから
ベルト〜へその高さ まで 動いています。
この場合 1m20位の高さまで 高くなり
そして 靴~地面の高さ まで低くなっています。

しかし 動作として あげたり 下げたり
しているのではないことが分かると思います。

スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)スナップショット 2 (2012-01-10)


















この2枚の写真 インパクト付近〜フォロー ですが
これも 腕の動作として クラブを上げているのではなく
単に 前傾姿勢&向きの変更 が あるだけです。

慣性や構造上の特性を除けば
クラブの高さの変化 の主力エンジンは
前傾姿勢&体の向きの変更 によって起こるのです。

運動中 動作中に 前傾姿勢を維持しようと
意識するモノではありません。
正しい言い方をすれば 前傾姿勢を維持しなければ
ならない、維持してしまう脚の使い方を
憶えれば良いだけで ま どちらにしても
ヘッドの高さ変化を生む 主力エンジンは
体の向きを変える 脚の働き である

ということなのです。

本当は脚の仕事... 全部とは言いませんが
脚の仕事である クラブヘッドの高さ変化
部位として その対極にある 腕や手で
作ってしまったら 上手くいかない...


長い棒の先に 重さがあって
その重さは 全体の重さの6割〜7割もある。
しかも 先端の打撃部分は偏重した歪な形で
ルール上も構造上も 立体のある面でしか
打撃することが出来ないし 距離を打ち分ける
為の番手によるロフト構成の隣同士の差異は
3〜4度程度しかない。

脚に比べると 筋力も弱く クラブの不可抗力の
影響力を大きく受けやすい 腕や手で
運動させると 15キロ〜20キロ 相当の
負担になる ゴルフクラブを クラブヘッドを
上下に動かしてしまったら 上手く生かすのは大変。。。

筋力や体力があって 練習量豊富な状態であれば
維持できるかもしれないけれど。。。

スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)


出来る出来ないは別にしても
クラブヘッドの高さ変化は 腕ではしない
と考えてから スウィングを始めることのほうが
近道だと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

軽量ヘッドのドライバー
 軽量スチールのアイアン

ここら辺のクラブで
クラブに助けられることの限界を感じ
どれ使っても同じだな〜 と感じている人は
まず

 悶絶セット 入門編 あたりから始めると
あまり 悶絶もせず 今まで体験したことの無い
打感とか 弾道とか アプローチでのスピンとか
実感・体験できることであろう。

1〜2年使えば ボールポジションも正しい場所に
徐々にずれ始めるし スウィング自体 クラブ扱いが
「正しくは」ならないけれど 悪化するコト
無理やりボール打つことの進行は止まるし
確実に 体の痛みからは解放、もしくは
かなり軽減されるだろうから
まだまだ ゴルフを楽しむ希望が湧いてくると思う。

数年経って 悶絶セット入門編を持った前の
画像や動画と比べると そこはかとなく 個性的な
スウィング箇所が少なくなっていることが
分かるのではないだろうか。。。

特に オーバースウィングは早い段階に消えると思うし
ボールの位置も 左に移ると思う。

結果が大幅に変るのであれば
ヘッド重量だけ増量した 初期タイプの悶絶ヘッドに
従来使っていたシャフトの硬さの ほんの少し柔らかめ
例えば ダイナミックゴールド・スチール を
番手ズラシして 使っても良いと思う。

まずはきっかけとして ヘッドの重いモノ を
体感してみて 数年過ごすのは
未来の ゴルフ人生やゴルフスウィング を
大きく変えると思う。

02fe5ea6-s

多分 使って数年して くると
もっと 重いヘッド もっと 動くシャフトが
欲しくなると思う

ねんすう、年齢も重ねれば
硬いシャフト 軽いシャフトが
体を軋ませていく事も それを認識する
一つの要因になるだろう。

ここでもう一歩進んで
 悶絶セット に突入

ここで 説明しておかなければならないけれど
例えば アイアン

市販の軽量スチールの硬さは 
振動数で 300cpm
 を超えるモノも少なくない
悶絶クラブの5番アイアンは 
振動数 170cpm
 を下回るモノも可能

ヘッド重量であっても 市販のスチール用だと
 5番アイアンで 
240gより軽い
 悶絶クラブだと 
310g弱

IMG_0004


シャフトの硬さも ヘッドの重さも双方
 この間は幾らでも作ることが出来る
この間であれば 無限のレパートリーを持っている。

例えば ドライバー
 市販のスペック
 ⇒ 
ヘッド重量185g 振動数240cpm
 悶絶スペック
 ⇒ ヘッド重量240g 振動数140cpm

この間であれば どのような組み合わせでも可能で
重いヘッドを使って 短いドライバー 43インチ とか
42.5インチを作ることも可能だし
ドライバーと言う固定観念から離れれば
42.5インチで 16度のロフト
 昔で言う ブラッシーを作ることも可能

まずは そこそこ重いヘッドから入って
 徐々に 時間を掛けて やわらかくしていく
そんな手もある。



スウィングを鉢巻まいて たすき掛けて
気合で直したい〜すぐに直したい
しばらくの期間、結果は度外視しても
 スウィングを直したい
 と言うゴルファーもいるし
スコアが悪くなるのは 避けたい 
 と言うゴルファーもいる
クラブやスウィングのせいで体のどこかに
 故障や傷みがあり、早急にそれに対処したいゴルファー

もいる訳だから それぞれの方が
それぞれの目的、時間、プランで作っていくのが
オーダーメイドゴルフクラブ

綺麗事でなく、ゴルフを続ける限り
いずれ また ゴルフクラブは買う、買い直す。
毎年 モデルチェンジの度に買い替える なんて
論外中の論外だけれど
人によっては 3年〜8年位で
買い替えるのだから、長い目で自分のゴルフライフを
考えていくために 弊社のオーダーメイドは
存在する。

勿論、選択するゴルファーの自由ではあるけれど
何に投資するのか
★今の自分の結果だけを追い求めるのか
★数年先を見ているのか
★もっと先、高齢になってからのコトを考えているのか
☆スコアだけを追い求めているのか
☆距離を追い求めているのか
☆弾道を追い求めているのか
☆スウィングを学びたいのか


どれか一つ というのでなく
総合的に、どの時間の進みで行くのか
考えてみるコトが出来るのが
オーダーメイド だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
まずは この映像をご覧下さい
90センチ位ティアップしたボールに対して 普通にセットアップ/アドレスしてみました。  ボールの位置は90センチですから ベルトなり へそなりの高さの筈… ですが 実際にやってみると顔の前 目の前にボールがあります

感覚的には 頭より高いところにボールがあるような感じがします。
このボールの高さを打つのには この姿勢は 全く適していません。
このティーの根元を打つような そんな感覚にとらわれます。

 また クラブを持っている腕
  その腕のはえている体と言うか 肩と言うか
   その部分から ボールまでが近過ぎて
    このボールとの間合い
     では このボールを打つのは 至難の業です

このボールを ある程度遠くに飛ばす為に ボールを叩く為には
 クラブを動かさなければなりません
  そうすれば クラブは重くなり 遠心力が働くので
   多分 腕は 意志とはあまり関係なく 伸ばされてしまうでしょう

この位置関係では 自分のこぶしで ボールを打つ感じです
腕だけの長さでは届かなそうだし… かと言って クラブは長すぎる
なんとも 中途半端は ボールとの間合い と言って良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット ですから 傾斜地に止まっているようなボールを打つ姿勢と 間合いが必要になりますよね…
実際にこのような条件下でボールを打つ場合には
クラブのロフト角度に注意して下さい
ロフトが多い(寝ている)方がやさしく感じますが
この 高さを打つとなると ロフト と ライ角度の本来の機能を失ってしまいますので ロフトが多いほど クラブは左を向いている事になります
 少ないロフト(立った)ロフトのクラブを短く持つ事をお薦めします。

それでは 上の画像の骨盤/股関節から上の部分をカットし
 30度傾けてみます 二つを良く見比べてみて下さい
lesson 2009_10_31BlogPaint














上の画像は へその高さまで ティアップしたボールに 前傾なし
           セットしている絵、 
下は  地面に置いてあるボールを 前傾あり でセットしている絵

ヘッドとティー 画像奥のキャンバスの傾き を良く見て下さい

微妙な違いはありますが もしも 後ろの背景は全く同じだったら
 騙されるでしょ…

へその高さに ティーアップし それにセットしたクラブ 上半身
 それを 30度傾けただけ  あれ?  ボールの高さって?
  下がったの?  ただ傾いただけ?
   90センチ ティアップされたボールを打つの?
    それとも 地面に有る ティーの根元を打つの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードでは
お客様にお届けするシャフト(仮にドライバー)の
平均値でも 硬さの目安(振動数) 
 45インチ換算で 150cpm 以下です。


現在 流通している市販のものは
柔らかめ…と呼ばれているもの でも 振動数 220pm
硬いものであれば振動数270cpmを超えるものもあります。
IMG_0361

振動数は硬さの目安ですが
だいたい ワンフレックス→RシャフトとSシャフトの差異で
10cpm位ですから
7フレックスも 10フレックス以上も硬い訳です。

弊社の平均値から比べると
どれもかしこも 異様に堅く、ただの棒…のようで
その硬い棒の「キックポイント」というのを
語るのがとても奇妙に思えます。

思えますが、基礎知識としての
その「間違っている」キックポイント/調子について
話をしたいと思います。

d11be403-s



🌟キックポイント

シャフトは見た目 ただの棒 です。

重量、硬さ、トルク、色柄
元々、比較する要素がとても少ないものです。
そこで登場するのが 調子・キックポイント です。

シャフトは 本当は
その『形状そのもの』に一番特徴があるのです。
どこにテーパー(シャフトの太さの変化)があり
そのテーパーはどんな具合の、どんな領域にあるのか
そちらの方がシャフトの特徴を作り出します。

どちらが先で、どちらが後かは微妙ですが、
シャフトに使う繊維の組み合わせとその形状によって
シャフトの特徴は作られるので
シャフト開発は どの繊維を使うか よりも
どんな形状の「巻き芯」「芯金(マンドレル)」を
作るかが 一番のポイントなのですが
どうも その芯金は最近新開発はされていないようです。
ずっと 同じ芯金が使われていると思われます。
少々残念です。


話は元に戻ります。
キックポイントのことですが、
シャフトの前後から加圧をかけた場合に
一番 外に膨らむところ という意味なのですが、
実は シャフトには ある知られていない部分があります。

ドライバーのシャフトで言うと
シャフトだけの状態で 
その長さは 約110です。

先端部の太さ   直径約 8.5ミリ
握るところの太さ 直径約 15ミリ です。
004
端から端まで均等に テーパーがかかっている訳ではなく
先端から 15センチ程度はほぼ寸胴です。
後端も  30其瓩はやはりほぼ寸胴です。
先端部は強度と言う意味では一番細く、
同時に負荷がかかりやすいので強度がメインとなり
殆ど動きません。
後端部、握る部分は折れてゴルファーにけがをさせては
行けませんので やはり動かないようにします。

よって、残りの真ん中の部分
 60堕度にそのテーパーがかかっており
その部分がシャフトの主要稼働部分です。
IMG_0457

ドライバーの全長110造紡个
キックポイントの 先調子〜元調子の差異は6堕度ですが、
実はそのキックポイントよりもずっとずっと
その主要稼働部分の方がシャフト性能としては大きく、
稼働部分が前端寄りの 元調子 と
可動部分が後端寄りの 先調子 では
シャフトそのもののキックポイントが元調子のモノよりも
可動部分が後端より のモノの方が
元調子としての性格を色濃く持っています。

過去の例で言うと
某Fメーカーの先調子は
某Mメーカーの元調子よりも
一層元調子の性格を強くもっていたり したのです。


その稼働域はテーパーと密接につながっていますが
元々 8.5ミリ→15ミリ という差の大きくない
テーパーですから 違う機種ごとに比較しなければ
見分けることも難しいですし
最近の 派手派手シャフトではその判別もしにくく
ノギスでも使わないと見分けにくいのではないでしょうか。


そもそも論として
15年前のゴルフクラブの平均値よりも
硬いシャフトを普通に使わされている多くのゴルファーが
その動かないシャフトの 
調子・キックポイントを論ずるのは滑稽でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーの悩みでもあり
上手く理解できていない部分でもあるのが
『体の回転と体重移動』の関係です。

人間の体のつくりを正しく使って
体の向きを変えると
骨盤、そして大腿骨
俗にいう『股関節』を使って動作することになります。
d11be403

その動作軸になるのは 背骨になる訳で
その背骨に対し 人間の重たい部分は
前方〜前側に位置しています。


ですので、背骨を軸として
胴体が右を向けば
右足の上にその重さはかかり
左を向けば左足にかかるように出来ています。

よって 完全なるイコールとは言わないまでも
体の回転と体重移動は同じもの
一体のものなのです。

(正しい)体の回転だけ出来て、体重移動が伴わない
ということは 通常ではありえないのです。

何度も書いていますが
肩甲骨を含めた 肩の部分(肩回り)は
体ではありません。
位置として体の本体に接続していますが
これは体とは分離した「腕の一部なのです」
images20150404163453

人間の歩く動作が代表ですが
肩を捻ろうとすると、下半身は逆に動こうとします。
双方が同じ方向に動こうとすると 肩は動かせません。




ですので 体の回転は出来るけれど
体重移動がうまくいかない というのは
体ではなく、肩を含めた腕だけでスイングしようと
しているに過ぎないので
体・胴体は一つの塊として
もっともっと足を活用して、
骨盤ごと上に乗っかったものを動かす感覚が必要です。
52442_360240

その際に目につくのが
テークアウェイの際(進行方向 左から右)
右へと動く必要があるのですが、
その進行方向側にある 右半身 右上半身が動かず
そこに左半身や左腕だけを押し込もうとしている様子です。
d11be403-s

本来は 双方が仲良く動くもの…ですが
あえて言うのならば 左半身が右へ押すから(黄色)
右半身が後方に逃げるのです。
右のお尻が後方に逃げなくては回転になりません。

その動きがみられません。

右半身を動かすことに違和感の強い人は
その逆に 右ひじを後ろに肘鉄するように
右上半身を後方に引くから
左上半身が右に引かれる と考えて下さい。

スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)









右が軸足になるのですが、
軸足は全く動かないもの ではなく
重さのかかる脚 という意味です。

私個人の感覚では
向きを変える というよりも
なんとなくですが 位置関係を入れ替える というか
右のお尻のあった場所、右の股関節のあった場所を
左のお尻や股関節に明け渡す ような
そんな感覚があります。


テークアウェイだけでなく
ダウンスイングもそうですが
進行していく左右方向
その前側の半身が、
前側の肘が先導して動いていかないと
体はきれいに向きを変えてくれません。


テークアウェイの時は 右半身〜右ひじ
ダウンスイングの時は 左半身〜左ひじ
これが先行して動き、
反対サイド、残りの半身を動かしてあげることが肝心で
決して 進行していくサイドの半身で
回転を作って行かないことです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



二人の動き。。。

僕は 肘が先に動作していると思います。

もうヒトカタは 自分では肘を先に動かしている。。。
しかし 映像的には 体が動いて 肘が移動しているだけ
同時。。。って言ったらいいんでしょうか
そう見えると思います。

ご自分では 相当早い段階で
かなり 思い切って 肘を使っているように
努力されていると思うのですが
結果は そうは見えません。。。


ココの部分は 本当に 
オーバーすぎる位
思いっきりの壁をぶち破って貰いたい
 のです。

肘を使って クランチで 刷毛塗で
クラブを 横スライドさせる

その感じ。。。 それが ダウンスウィングの一番
始めの動き ってことを 感じて貰いたいのです。

s11


両腕で作る 五角形〜台形 この空間を
先に 先に動かして
それに 追随するような形で 体を動かす

そう考えて欲しいのです。

その時に 忘れないで欲しいのは
自分の ボールを打ちだす
 俗に言う ターゲットラインは
常時 自分の胸に平行なライン です。

右を向いている時は
[弊社で言うと] 鏡の方向がターゲットライン です。

時間の経過を考えていくと
結論としては 
シャンク方向 が スウィングの
ターゲットライン 
になる と言う認識が
必要になります。

マットに平行のラインを意識してしまうと
体がそこに対峙してから 腕を 肘を動かす
タイミングが身についてしまいます。

腕を動かし始めてから
ボールを打つまでは 何がしかの時間が必要で
ココも重要なポイントですが
クラブは 動きが早まると(速まると)
そのスピードに比例して 重くなっていきます。

まして 体を先に動かし 腕やクラブを置き去りにすると
クラブの形状、構造上 クラブは右に回転しやすくなるので
より一層 重くなってしまいます


そうならないよう 時間の経過
スピードの増加によって クラブが重くなること
そちらも 想定し 想像し 肘を先に
動かして貰いたいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



こちらの映像から ご覧ください。




ちょっと 実験台みたいになって貰ってしまい
申し訳ないのですけれど
俗に言う 切り返しからのカット(映像)です。

店主との交互の映像ですけれど
僕は ちょっと オーバー気味に
肘の動きだしを先に行っているのが
分かりますでしょうか。。。

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット


肘のクランチ・・・刷毛塗の動き

実は これが 唯一 動作中に
肩の揺り動かしを防ぐ方法 と言えます。

多くの人が 肘が移動している

肩周りの動きで
肘が移動していることが
肘を動かしている
。。。この場合は 伸ばしている と感覚違い
をしています。

間違ったスウィングを元に解説をすると
ダウンスウィングは まず 足から動きます
ダウンの前半:::体が正面を向いてから
腕周り(肩)を動かしますが
本来 前傾姿勢を基準とした 平行な回転
な筈なのですが すでに からだは正面を向いている
となると 肩周りの 縦の動き
右肩を下げ 右サイド(側帯)を縮める動き
それを 複合したダウンの後半になる訳です。

BlogPaint


体の部位 胴体で言うと
本来、胴体は 一つの塊 一つの部位 なのですが
それを 胸辺りで二つに分けて
股関節〜骨盤から肋骨辺りを胴体の下側
肋骨から〜肩周りまでを 胴体の上側 として
下側は ダウンの前半で 回転に
 その間 胴体の上側は残して右を向いたまま
(ある種 逆に捻る…上側は右回転する)
それが止まると ⇒ ダウンの後半
今度は 上側を回転と言っても縦の回転させる
 ような動きをして インパクトに入ってきます。


右サイドを下げるのと連動し
左の壁
 なんて 都合の良い言葉がありますから
左半身 は上に 伸びあがるような姿勢を
作ってロックします

tngb

若い時だけ 出来る姿勢と言えますね。
ある程度の年齢になると
かなり いろいろな場所に不具合が生まれてくると
思いますけれど。。。

スウィングを直す場合

〇〇 を辞める(止める)

と考えるのではなく
それをする前に 済ましてしまう
それをしなくても良いように考える
方が 動作として 取り込みやすいと思います。

例えば この場合
右サイドが下がる のが問題とすると
原則論としては 右サイドが下がらなければ打てない
その原因を探し つみ取る事なんですけれど
取りあえず。。。 右サイドを下げないようにする
ではなくて 下がる前に 打ってしまえばいいんです。

今回の場合
トップオブザスウィング〜ダウン で
肘を使って 利き肘を伸ばす
クラブを 胸に沿って
右から左
(右胸の前あたりから左胸下辺りへ)
前傾姿勢があって その 右〜左 は
斜め下方への動きになるのですけど
。。。
クラブを斜め下方にスライド
させるのですけれど
この動き。。。全体はゆっくりで良いですから
必ず 先に行って貰いたいんです。

実戦では 動きだしだけ 先であればいいんですけど
ドリル、練習の段階では
ハッキリと
まだ からだが右を向きッ放し
...体は全く動かない位で
おこない切って欲しいんです。

室内とか 庭 鳥かご とかで 打つのなら
右を向きっぱなしのまま
肘さばきだけで
ヘッドがボールとコンタクトする位の
動き出しで お願いしたいんです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社のクラブは…
市販のクラブを一般値とするならば
常軌を逸脱した ヘッドの重さ
常軌を逸脱した シャフトの柔らかさ 
が特徴です。

市販のクラブも勿論そうですが
ゴルフクラブは体そのもので使った方が
より遠くに、より確実に、体も痛めず使えます。

ゴルフに関わらず
モノを移動させる時
軽いものを少ない距離動かす時は小手先…
体を使わずに肩も含めた腕でも出来ますが、
重たいものを動かす時
何度も繰り返して行うときは
腕はモノを掴むだけで、移動そのものは体で行うでしょう。
同じ動作を繰り返しする時は
実は小手先に頼らず、大きな筋肉を使った方が確実です。


腰を痛めたりした時の 物の拾い方や動かし方 なんかも
そうですねー。




✋ ✋ そこで質問です ✋ ✋

多くの方のゴルフ理論やゴルフスイングは
ダウンスイングから まず腰なり体を回して
その後打つ訳ですが、
当然 腕は体から生えています。
images20150404163453
Q:体を回して 体がボールと正対したら
打ってしまうのではないですか?

Q:体を回した後、何でボールを打つんですか?

とても下品な話ですが、裸になって
男性が お〇っこ しながら打つとしたら
お〇っこ がかかる時が 打撃ポイント/インパクト
なのではありませんか?


『体を回してから打つ』
と言う打撃論はそのまま手打ちを推奨してるのではありませんか?

『体を回すことが打つことそのものではないですか?』



……という事で

‖痢聞)を回して から
△修旅坩戮修里發里任覆 その後打つ

というのをゴルフスイングの当たり前にしてきた人には
ダウンスイング時/切り替えし時
 左ひじを動かす 左上腕を動かす
ことをイメージしないと
改善されることは無いと思います。

ゴルフのスイングは
左/右 の動きと
上/下 の動きが
アドレス時にある 
前傾姿勢と一番要(かなめ)の動作の向きの変更
によって 見事に作られています。



右を向いている時は
左 進行方向が低くなり
体(腰)先に回し
正面を作って『から』
クラブを振り始めたのでは
その間体を無理に止めておくか
振り始めて打つまでの時間分
体が開く=進行方向が高くなる ので
体を無理に止めておけば故障の元だし、
上を向きながら打ったのでは
故障の元ともに、ミスや飛ばない主原因になってしまう。

上に向かって振ったのでは
クラブの重さ、ヘッドの重さは使えない…。
まあ 力技というか、若い人だけの特権打法みたいな感じに
なってしまうだろうね。

さあ どうします?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


確かに軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
インパクト後、フォローが出難いのは確かです。

重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブであれば
好き嫌いにかかわらず フィニッシュまで行かされてしまいます。


329500ce


それは兎も角
リゾートコースなどで
インパクト後、フォローで両腕〜腕が伸びない
ということを意識するのは
良いことはなにもありません。

伸ばそうとすることが多くの問題を生みます。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

結果として
インパクト後の遠心力などによって
無意識に腕が伸びるのであって
伸ばそうとしてはイケマセン。

ミスショットの多く
ミスショットの出やすいクラブ扱いの
結果論ですが、原因は
インパクト付近の体の姿勢
左右の体の高さ関係、開き関係にあります。
体の回転方法にも問題があるのはあるのですが、
左腕を伸ばそうとする動きは
インパクト前後の左サイドの止まり を生み
左サイドを上に逃がそうとしてしまいます。

腕を伸ばそうとすればするほど
左サイドは高くなり、上を向いてのインパクトになります。
上を向く・・・というのは同時に
体を開くことになりますから
腕は伸ばせますが、それによって
ダフリやトップ、コスリ球を生みやすくなります。

腕の意識ではなく
インパクトで体が止まらず
ちゃんと左を向いて スイングを終えることが重要です。
(形式で左を向くのではなく、意味のある左回転が必要です)

623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

その腕…というのも左腕の意識が強く、
左ひじの向きが自分の方を向いてしまうと
左腕の逃げどころがなくなって
体が止まり、上に逃げてしまいます。

この動きは 左首、左肩、左ひじ、左手首、右腰
を痛める原因になるので注意して下さい。




🌟肘を抜いた方がよい
スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)

逆に 腕を伸ばそうとするのではなく
左ひじを自分に向けず 腕立て伏せの方向
肘鉄の方向に向けて 曲げるようにすると
体が止まらず 左を向いて
 その結果、遠心力が使え、腕が伸びるのです。



🌟シャフトの使い方を考える

自分の意志で クラブヘッドに遠心力を与える
というのは とても悪いシャフトの使い方です。

『遠心力は外にはらむ力』 ですから
定点のボールを打つのには
その遠心力と同等(同量)の求心力
 遠心力と立体的に反対のひきつける力が必要になります。

フォローで遠心力によって
『結果として』腕が伸びるのは
ボールを打つまでに遠心力を使わなかった から
なので(まるでトンチのようですが)
ボールを打つまでに遠心力を増やそうとすればするほど
左腕が伸びたとしても 右サイドがさがってしまうので
結果、右腕が伸ばせなくなってしまいます。
スナップショット 1 (2016-06-06 19-50)

インパクト付近、インパクトで右腕が伸びる
右腕が元の長さになっている 
 =オリジナルのクラブのロフト
なのです。
右サイドが下がり、右腕の長さが短くなっている(曲がっている)
というのは オリジナルのクラブのロフトを寝かす状態
なのですから、ミスもそうですが、ボールは高く
スピンが増えるだけになってしまいます。


シャフトは ヘッドの重さを利用して
グリップを先へ、先へ押してもらうために使うもので
ヘッド→グリップ
グリップを動かす為に使う
 のが
本当のシャフトの役割としての方向です。

シャフトを グリップ→ヘッド
ヘッドを動かすために使おうとすれば
結果、インパクトで体は止まり
伸ばそうとした左腕は突っ張ってしまうか
曲がった状態で左に抜けてしまいます。


シャフトをどう使うかという概念を変える必要があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフのスイングを良くしていく上で
自分の意志が動作に反映するのは

🌟アドレス
🌟グリップ
🌟テークアウェイ(バック)


ここを主眼にしていくと良いと思う。


動作としてのテークアウェイは
体の回転をメインテーマにして
これを『右ひじ』で管理してみよう。

結果としては
フットワークによって
体の向き、骨盤から上の胴体の向きを
しっかりと右に向けるのだけれど
オジサンゴルファーにとって
フットワークで覚えるのはやさしくないので
逆に 肘さばきで覚え
いつの間にか フットワークが伴っている
という形にしていくと良いでしょう。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

右ひじをアドレス時の後方に肘鉄していく感じ…
の上で 頭に入れておく必要があるのは
体の傾きに沿って
もしくはその体の傾きに対する垂線よりも
ややキツイ・急な角度(アップライト気味)
で 肘を移動させる、肘鉄してあげるといいでしょう。

始めはクラブを右手一本で持って
その右腕と体の連携を掴むと良いと思います。

 ✋実際のスイング動作であっても、左手は
  右手一本で持っているのはきついので
  その『ヘルプ』として使い
  決してテークアウェイを左手で行うことはしない
  左手・左腕を主体にしたテークアウェイに良いことは
  何一つないし、それはそのまま「手打ち」への道に
  なってしまう。



スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)










スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)










これで着目して貰いたいのは
アドレス時のクラブ・シャフトの角度に対し
ご本人はほぼ何も意識していないのに
この肘さばきによって
クラブやシャフトの角度は
トップの位置に近い 70度位のターン(右向き・右回転)
が実行されているコト。

おそらく ご本人は
『ヘッドをアドレスの位置に置き去りにする』

位の感覚で行っているのだと思う。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

→自分の体の向きが回れば
 当然 クラブはそれに伴ってターンする訳で
 そこに腕を使ったターンをする のは
 単に「無駄な」クラブの動きを増やしているだけ

クラブを腕で動かす意識が強いのは良く無いが
この画像を見て、自分でも行ってみると
腕が補助しなくてはいけないのは
クラブに対し どの方向なのか も見えてくると思う。

それに比べると 従来の自分のクラブの動かす方向や
 一般的なオンプレーンスイング系のクラブの動かす方向は
 90度以上異なり、量も多い。
 腕でクラブを 回転方向に動かせば
 どんどん体の仕事は取られてしまい
 元来、怠け者な人間は体と言う大きなものを動かすことを
 辞めてしまうモノ…。

スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)











画像を続けてみると
体の傾きなりに
右ひじが移動しているように見えるが、
これを実際にするとなると
今までよりも かなり右ひじを上方に動かしていないと
この 傾きなりの右ひじの移動 は出来ないんだよね
BlogPaint

ゴルフのスイングもクラブも関係なく
前傾姿勢を取り、右を向けば
右ひじは その前傾に沿って移動するのだけれど
ちゃんと体の回転で、
別な言い方をすれば ちゃんと右ひじ・右腕主体で
クラブを移動させないと…
左腕 左ひじばかりでクラブを動かすと
かなり右ひじの移動は下めに動いてしまい
それによって前傾も失い、体の回転で
クラブを動かす機会も失ってしまうもの…。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的なゴルフスイングでは
あまり話題になりませんが、
ゴルフスイングの動作の中で
その進行側の『肘』の移動する方向、移動(進み)具合
によって、体…特にその側の半身
の移動する、進む方向や具合はほぼ決まってしまいます。

スイング中、前傾姿勢を維持したい
手打ち、腕振り打ちを解消したい
インパクト時、ディッシュアングルを維持したい

と言うゴルファーは
この肘の使い方を意識した方が良いと思います。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

しつこいようですが、スイングは
前傾姿勢のある姿勢(ポスチャア)が
基礎になって、始まります。

前傾姿勢は そのクラブの長さ→→→ロフト毎の
によって、変わる前傾姿勢の深さによって
スイングの軌道を変えることなく
姿勢を変えるだけで済むようになるわけです。
また 腕なども含めクラブの「重さ」が
落ちる力、落ちることによる加速を利用して
ボールを打つのには、前傾姿勢を失って
腕の振りだけで「下に振る」のではダメです。
体が右を向いて、正面を介して、左を向く動きが
その重さを利用していく唯一の方法です。
スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









右を向く(右回転) = 進行方向が高くなり
左を向く(左回転) = 進行方向が低くなる(打つまで)
を維持するのには
そのガイド役になる、その側の肘がとても大切です。
スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)スナップショット 3 (2013-11-19 11-20)










テークアウェイにおいては
前傾姿勢を維持したい という前提の下で右を向くと、
右半身にある部位は左サイドのそれよりも高くなります。

特に 左ひじが右ひじよりも高くなるような
腕〜手だけで テークバックの真似ごと・フリの動きでは
体自身が回らないばかりか
その時点で 前傾姿勢を失ってしまいます。

右ひじが回転していく方に動く
右ひじが前傾姿勢を伴った回転していく方やや上に動く
スナップショット 2 (2013-12-05 18-39)

その意識が回転そのものを促進しますし
とても重要です。
e968a0ac

運動不足気味
運動性能低下気味のオジサンゴルファーにとっては
腕で振る のではないですが
腕の動きで覚えた方が
スイングは覚えやすいので
確かにフットワークは使いますが
フットワークで覚えるよりも
自然な体の流れで起こるフットワークを作るため
右ひじをやや上方/後方 に引き上げる
やや上方向きに肘鉄をするような動きを
した方が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こちらをご覧くださいませ^^

https://www.youtube.com/user/HummingBirdSports?feature=mhee








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昼間、好天の日でも 半袖 って訳には
行かなくなりました。
気温もちらほらと 10度台前半もあります。

ここら辺の気温になってくると
シャフトの硬さが表に顔を出します。

残念ではありますが、人は年々古くなります。
馬力というか、持久力というか
薄く、薄くではありますが
年々 落ちていくモノ。。。

つかまりが悪くなりますと
結果として、球筋がばらついてきます。
捕まえようとして 引っ掛け、フック
つかまり過ぎ防止に スライス、プッシュを
交互交互に繰り返してしまうからです。

この時季の アプローチのシャンク なんかが
その一番顕著なその例だったりします。

硬さ(柔らかさ)が十分であれば
シャフトの延長線上に「自然に」打点が来るのですが
硬くなれば そこにはヒールが来てしまいます。


ヘッドターンさせて捕まえようとすると
つかまる側にはトップ気味、
逃がし側にはダフリ気味と言うのも
同時に付いてきてしまいますし
ラウンド後半の疲れとか、前日の残業や飲み過ぎ
なんてのも 隠せなくなってしまうかも。。。

理想的には オーダーメイドのアイアンなら
一番長いアイアンにシャフトを何本か充当し
番手を下にズラして、数値を下げた方が。。。
2本位充当すれば 振動数で5cpm位
全体的に低くなりますから、大分 楽になります。

ウッドはそうはいきませんけれど。。。

BlogPaint
ボール、ソフト系のボールに替える
と言う手も無きにしも非ず、ですが
思っているほど 効果はありませんので
少し ヘッドに荷重をかけて
シャフトの運動量を増やしてあげましょう

5g。。。それ以上かな?!

随分と変わると思います。

アプローチなど フルショットをしないクラブ
の方が その効果は大きいと思います。

10g〜20g は勿論 ですけど
鉛 そのモノが飛んでしまう可能性が
否めないですから、その量を貼り付ける場合は
しっかり ヘッドを脱脂して、しっかりした
両面テープで付けることをお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングもショットも
ボールの飛び具合、飛ぶ距離、飛ぶ方向、飛ぶ角度等
出来るだけコントロール(管理)したいのです。

ボールの飛び具合等をコントロール(管理)するのには
それを生み出す 打撃部
 ☛クラブヘッドの動きをコントロールすることです。

そのクラブヘッドは
シャフトが硬かろうが、柔らかかろうが、
ヘッドが重かろうが、軽かろうが
勝手に動きはしません。
勝手にボールを打ったりはしません。

自分と言う打ち手が
なにがしかの動作をして
グリップを移動させるから、
その分 クラブヘッドが動くのです。

☆当たり具合(ボールの速度)
☆飛ぶ方向(ボールの左右角度)
☆飛ぶ角度(ボールの上下方向)

を管理するのには
当然 動かすヘッドの ⇔
🌟動かすグリップの
🌟動かす速度
🌟動かす方向

が付いて回ります
動き具合(速度)、動く立体的な方向、
をコントロールすることになります。

001


002このイメージで打撃をすると
この動作の基本は
グリップを止めておくこと です。
ボールを打つ為
ヘッドを動かすことが
グリップを止めることで行うと
自分の動作の速度や
自分の動作の方向

が直接的に
ヘッドの動く速度 や
ヘッドが動く方向 に
結びついていきません。

動かす のに それの元が「止める」ことなのですから…。


自分の動作の速度や
自分の動作の方向が
直接的に ヘッドの動作速度や動作方向に結び付き
それが ボールの飛ぶ速度、ボールの飛ぶ方向に
結びついていく方が簡単だと思いませんか


ゴルフのスイングは
パッティングであっても、ショットであっても
背骨を軸とした 軸運動ですが
打つ側、打ち手側からすると
それは『結果論』で
動作中にそれを意識するのは困難です。
こういう動作をすると
結果的に軸運動になる にしておく必要があります。

パッティングストロークであっても
ショットであっても
動作によって グリップをどう移動させるか
というのが大切です。

自分がグリップの移動を止めて
ヘッドの移動をコントロールするのは
動作を「止める」具合でコントールするので
簡単ではないのです。

グリップの移動をコントロールすることが
スイングなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◆投稿◆
いつもお世話になっております。


クランチ不足の原因が

しっかり右を向けていないことにもありそうで

初めて「視界移動」をやってみました。

こわいです。とっても。

右を向いて,右が高ければ,上から打てるはず。

記事にあった「上から一気に打て」の意味を噛みしめつつ

悶絶真っ最中です。

映像をみると相変わらず右肘が低いです。

恐怖感や,その時の動き方によって結構視線にばらつきが出ますね。

今日の練習映像だけで相当なバリエーションでしたよ(^^;

おっしゃるように視界のコントロールによって

動きを作ってしまえるんじゃないか?と感じました。

どーんと右を向いて(体も目も),前傾による右の高さをキープ出来れば

このクラブの本来の性能が見られそうで,楽しみです。

スナップショット 1 (2013-11-17 19-19)



お手紙有難うございます。
多くのゴルファーは 上半身の上部
肩周りを捻っているだけで
体の向きを変えられていません。
ミスの多くは「この回転(向きの変更)不足」
原因であったりします。
特に、現場に出ると 緊張感のためか
テークバックで、クラブの所定の移動
所定の動きを手だけ、肩も含めた腕だけの動きで
取ってしまうものです。

ボールを良く見なければ なんて言葉も有りますし
体を回す練習をするのに
胸やへその向きと同じく、顔も向きも変えてあげる
というのは とても有効です。

この練習は 勿論素振りでも良いですけれど
少々長めのアイアン 6番とか7番を使って
30ヤード程度のランニングアプローチの様な
感じで練習すると良いと思います。
出来るだけ クラブ単体は動かさず
体の傾きに応じた 地面に対するフェースシャット
(ちょっとオーバーにフェースを地面に向けるイメージでも
 良いかも知れません)
を作り 体の向きを顔も向きで感じ取る というか
創り出す というのは、いずれフルショットに
良い意味で反映してくると思います。

言葉で説明しますので、イメージしにくいかも知れませんが、
このような 大きくないショットを打つ場合
例えばパッティングやアプローチなどがそうですが
実は、殆どのアマチュアゴルファーは
回転せず、左肩を下げているだけです。
4c9a0689体は柔軟に出来ていますから
この画像のように テークバック(もどき)・・・
肩周りだけを動かす
と一見 右を向いたような錯覚に陥ります。
これを 偽装テークバック、テークバックもどき と言います。

向きを変える と言う動きは
傾きは多少あれど、基本 もっと横の動きです。
傾きを維持しつつ 水の入ったバケツを
右の人に渡したり、左の人に渡すような動きです。

ここが改善されるだけでも、かなり大きく色々改善されますし
これによって フォローも変わってくるものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現代の流行りのゴルフスイング・テークバックは
左手〜左腕でクラブを後方に押してしまうタイプのものです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を全く使わない…手打ちの始まり…
意味不明に胴体をねじるテークバックなのですが、
この方法の致命的な部分を幾つか上げてみます。


左腕でクラブを押して始めると
左腕をロールさせなくてはなりません。
アドレス時は横を向いている左手の甲
(まあこのスイングをする人は極度のフックグリップで
 アドレスの時点から上を向いていますが…ね)

が動くとともに上を向きます。
 ☛フェースも上を向きます。

クラブヘッドには重心の位置 というのがあり
ヘッドの重さの中心点はシャフトの延長線上にないので
テークバック時にフェースを開くと(上を向けると)
クラブヘッドは必要以上に重くなり 下に行きたがります。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)

クラブヘッドの重さに引っ張られ
左手ばかりが上げられてしまうので
背中の筋肉が引っ張られ、
どんどん浅い回転になってしまいます。

また 左手が引っ張られることによって
本来、前傾姿勢があるので
右を向いている時は 左サイドの方が低い
という基本的な姿勢が崩され
この時点で 前傾姿勢を失うことになります。

体に対し、腕もクラブも
右の外に外れてしまっています。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

非常に言いにくいですが かの▼ン◆ーガンのスイングも
人間の動きとしてはとても
醜いものと言わざるを得ません。


クラブを90度(ロフト?)開いて
腕の振りで270度もターンさせ
体は殆ど回していませんから
ダウンスイング えらく時間がかかります。

体の右に外れたクラブや腕のお陰で
重さが必要以上にかかり、右サイドが下がる
体が右に屈曲するダウンスイングになってしまいます。

この時点で 左に体重を乗せることは不可能ですから
右に体重を乗せたまま
体を開いて、上を向いて打つことは確定です。

これを打撃論と言えるのか…とても不思議ですね。

左肩〜左首は常時引っ張られる・引っ張るように動かし
クラブだけでなく体の重さは常時右腰の掛けたまま
素早い動きが必要ですから
左肩〜左首、右腰の故障はついて回ります…。
こわい…こわい…
スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

この手のスイングを上から見た場合
腕だけで振っている というのを割愛しても
左腕をテークバックで150〜180°回したのに対し
クラブはさらに90度以上 合計270度近く動かすので
腕をインパクトの位置に戻してきたとしても
まだシャフトには90度の運動が必要です。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)
ですので、それを消すために
体を90度開くんです…。

4289f9fa-sプロも含め 現代のスイングを見ると
インパクト時に 体が飛球線の方
を向いているのが多すぎます。

584506d7本来はアバウトであっても、体がボールと正対した時
両腕の長さに都合がつくところで打つもの だと
言われてきましたが、
今は 90度も違います。

この打ち方をするのであれば
一体 何の意味で アドレスの方向決めをするのでしょうか?
前傾姿勢を作るアドレスに意味があるのでしょうか?
甚だ疑問です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッド/柔らかいシャフト
 のゴルフクラブを使い慣れると

スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)


☆☆体の故障からは解放☆☆されます。


この事象はかなりの確率で
ほぼ 100%に近い と言えるでしょう。

✊体を痛めていて
 ゴルフを辞めようかと思ったお客様
✊常時、痛みに耐えながらゴルフをしていたお客様
✊過去の故障を恐れながらゴルフをしていたお客様


のほとんどが 痛み・痛みの恐怖から解放されます。





使い慣れていくコツ というか、基本は
「胴体」「体」を捻らないことです。

多くのゴルファーは
肩ライン・肩甲骨や腕を動かすことで
体を引っ張るように回しています。
imageCAX9G566

それでは ヘッドの重さやシャフトの柔らかさは
活きてきません。 逆にその動きの邪魔になるだけです。


脚やお尻周りの筋肉を使って骨盤(お尻)を回す
→そうするとその上の胴体はその分だけ回る
回転する座椅子を回すような感じです。

決して 肩回りでその座椅子の回転を誘導してはダメです。


体を骨盤から上で一体にして回る
体を捩じらない という意識の上で
それを実践するために
 テークアウェイの初期段階で 二つ注意してみましょう。

〆玄蠅旅叩△發靴はフェースはボールに向けておく

 正確にボールを向けておく必要はありませんが
 どちらも やや下向き、地面向きをキープしておくこと です。


✋次の項目は出来ている人が少ないです。

テークアウェイ時
 体の回転に対し、腕の働きは
 円弧・円を増やしたり、大きくしたり
 多くしたりするものでは
 ありません。
e3c3ed3f

 体の回転が、向きの変更が仮に90度としたら
   →クラブの回転は90度以下

 (この90度は前傾姿勢に対し横の運動です)
 決して 体の回転90度 腕でさらにプラスアルファ
 ではありませんし、
 体の回転横90度に対し、腕で縦90度とか
 縦の回転を加えるものでもありません。


テークアウェイ時
基礎になる 骨盤の向きの変更(仮に)90度とすると
その前傾姿勢の沿った横の移動に対し
腕の働きは その横の移動の角度を少々起こしてあげる
やや斜め方向に角度をつけてあげることです。


ですので、多くの…ほとんどのゴルファーの
テークアウェイは上げ遅れています!

廻ってから上げたのでは
腕やクラブに回転の慣性が付いてしまい
自分の動作以上にクラブや腕、
特に重さのあるヘッドが移動して(動いて)しまい
リズムやタイミングも含め
ゴルフクラブを管理しきれなくなります。

俗にいう オーバースイングなどは
言葉の通りには大きい過ぎるテークアウェイ なのですが
実は 上げるのが遅いから 起こるのです。
(遅いはスピードではなく時期を指します)


ですので ,藩蹐瓩襪
回転だけでは傾きなりに
フェースや左手の甲はボールを見て(下向き)いますが
その横移動に伴い、逐一 その高さは
高くなって、より高いところからボールを見るような
感じなのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ◆電話 046-804-1480  ◆ファックス 046-804-2442 ◆メールアドレス hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



雑誌やレッスンで受ける「知識としてのゴルフスイング」よりも
練習場でボールを打ちながら
ゴルフクラブから教わる(
教わってしまう)モノの方が
はるかに多いと思います。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

多くの方が体験されていると思いますが、
新しいクラブを手に入れて、練習場で打つと
ボールの置く場所 であったり
トップでの間の取り方であったり
なにがしかの変化というか、工夫を加えたりすることが
決して少なくないと思います。

ドライバーでは左足のかかとの位置にボールをセットし
フェアウェイウッドだとボールを1個右に置き
ユーティリティだとさらに右
アイアンになると真ん中
(このようなセットは決しておすすめはしません)
何て言うのも、今使っているクラブを打って行きながら
身についていった知恵というか、スイングです。

ドライバーは左足かかと
アイアンが真ん中 だとすると
テークアウェイ〜トップ〜ダウン〜インパクト
という往復の動きの中で
生き帰りの合計で50センチも移動が少なく
クラブの短いアイアンの方が速く当たるのです。
こんなの 両方が同じスイング、同じタイミングでは
絶対に当たりません。
なにがしかの アレンジがないと
 双方をこなすことは不可能で、
おそらく これはレッスンプロに教わった。。。のではなく
打ちながら お持ちのクラブに応じてのアレンジの結果
ということになります。
2388c2a5

ある程度 使い慣れたセットの中に
一本だけ 新しいクラブを入れると
だいたいの場合、なにがしかの問題が生じます。
下世話な話ですが、価格の安いユーティリティだったり
ウエッジだったりする場合、それが上手くいかないと
それは結局クラブの構成には加えられず倉庫行きとなり、
高額なドライバーの場合、それが上手くいかないと
それを一所懸命こなす練習をした結果、
それと噛みあわない従来のセット(残りのクラブ)の方に
問題が生じたりする訳です。

弊社にもクラブやスイングの悩みの問い合わせは
沢山来ますが、おそらく ずっと同じクラブを使い続けたケース
よりも、なにがしかの新しいクラブを呉越同舟にしたケースや
今までのクラブのコンセプトをガラっと替えてしまったケース
買い足してすぐ、買い替えてすぐ よりも数か月後
のケースの方が多い感じがします。

ゴルフクラブはその形と重量配分から
他人からは絶対に教わることの出来ない
逐次逐次の動かす方向やタイミングなどを
教えてもらえる唯一のツールです。
スナップショット 2 (2016-07-03 0-22)

勿論 それぞれの方はそれぞれの考えですから
好き好きではありますが、
ヘッドが重く、シャフトが柔らかいと
自分の思った通りに振り回すことが出来ないからと
その動かす方向やタイミングを教えてもらえる機能を
無くしてしまう 軽いヘッド&硬いシャフト に行くのは
とても勿体ないと思います。

ヘッドにはどの道『重さ』があり、
ヘッドの基本の形はどれもみな一緒です。
ロフトというものがあり、その構造によって
ヘッドにはそれぞれ個性があります。
使いにくいからと その個性の強弱に当たる
ヘッドの重さとシャフトの柔らかさ を
軽く・硬くしてしまえば
如何にクラブの機能・効果を殺して使うか を覚え
ていくことになります。

今の自分を生かすため 今の自分のスイングで
より良い結果を出すため というのはゴルフクラブの
選び方の一つではあると思いますが、
私達オジサンゴルファーは 一日一日劣化していきます。
体力低下していきます。
そのクラブは何年使うつもりですか?

数年後の自分にとって
そのロフトはきつくありませんか?
そのシャフトは硬くありませんか?
ハードスペックのクラブは
ハードスペック(自分にとって機能を発揮しない)ものを
使うスイングを覚えさせられるクラブになります。

ゴルフは上手に付き合えば、90歳を超えても出来る遊びです。
クラブを上手に利用し、
クラブの機能を有効に使えるスイング
それを覚えられるクラブを選んでおくことはとても重要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体・胴体・骨盤より上の向きを一体として
変えることはゴルフスイングの中では、とても大切です。

それによって、意識を特にしなくとも前傾姿勢が維持でき
ボールを上から打つチャンス
ボールをインサイドから打つチャンスが生まれるから です。

とはいうものの
スイングと言う短時間の動作の中で
腰とか、背中とか、お尻 のような
大きな部分は 鈍感に出来ており
自分の意志をもって動かすことは何とかできても
その動かすべき 方向
特に 立体としての方向を掴むこと は簡単ではありません。

そこで重要になってくるのが 『肘』
特に運動方向の腕の肘(上腕)になってきます。


ダメダメな例からお話しします。images20150404163453
人間の骨格はこのように左右対称です。
背骨を軸に体を回す〜向きを変える
ということは、当たり前ですが
左サイドが動いた分と右サイドが動いた分
それが同量になる という事でもあります。
テークアウェイ(右への動き)の時点で
よく言われる 進行方向に当たるサイド
この場面では右…ですが、右上腕〜右ひじ
右ひじが下を向いてしまう姿勢を取ると
右サイドが移動〜動作を行えなくなり
体が左右対称の運動が出来ず
右サイドを軸に左サイドだけが動く
背骨は軸の運動ではなくなってしまいます。
スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)

まして 前傾姿勢の事も考えると
前傾姿勢のお陰で
右を向いている時は その分右サイドの方が左サイドが高いので
少なくとも その分 右ひじの方が高く無くては
回転運動そのものも歪みやすく、前傾姿勢も失います。

BlogPaint某有名選手ですが…

これでは
このテークアウェイでは
前傾姿勢を失い、
スイング其のものを腕の振りで
しなくてはならず、
これで世界チャンピオンになるのですから
それは それで凄いことで
とても とても 真似のできるものでは
ありません。
オジサンゴルファーが真似ても
体を壊すだけになってしまいます。


ダウンスイングでもそうですが、
体の回転、そして前傾姿勢 というのを
維持することも考え
それを体そのもの、胴体そのもの動きで管理(コントロール)
するのではなく、
その進行方向サイドの 上腕なり、肘・・・
肘の方がやりやすいでしょうね…
肘の移動方向、肘の移動量で作ってあげた方が
簡単ですし、それによって
十分な回転も確保しやすくなります。

自分でテストしてみると分かりますが、
右ひじを下に向けて
テークアウェイしてみるのと
右ひじをやや横、傾き分やや上にあげて横にして
広報に肘鉄を加えるようにして行うのでは
明らかに 肘を横なり、上に動かした方が
楽に、そして多く、大きく右を向けます。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

そりゃあ そうです。
体の構造上、右ひじを下に向けて始めたのでは
単に 肩や肩甲骨の可動域を使っているに過ぎず
本来回転には適さない背骨を捻ろうとしているのですから
本能的に拒否するでしょう。
これで逆に回れてしまったら
通常に人間は病院行きです。



脇を絞めろ! 

は?!

漢字の勉強し直してください。
脇は体の側帯の事を指して
貴方たちの行っているわき は 腋の下の腋 ですよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
今更と言えば今更…ですが、
ゴルフで言われると言う部分は
位置としては 体(胴体)の中に位置していますが、
機能として、部位としては腕です
images20150404163453

肩を回す というのは
正確には 肩の位置している胴体
股関節から上、
骨盤から上の胴体の向きが変わるから
結果として 肩の位置も向きを変えることを指して
肩だけが単独で回ることを指すのではありません。


捻転…なんて言葉も使われますが、
体は横回転に対するゴムではありませんので
それを実践することは
自分で自分に卍固めやコブラツイストをかけるのと同じです。
おじさんには危険な行為です。
BlogPaint
肩だけを回す、捻転する というゴルフスイングは
ゴルフクラブの最大の機能である
ヘッド重量を有効に使う方法を逸してしまう だけでなく
逆に そのヘッド重量を邪魔なものとしてしまいます。

何故ならば
ゴルフスイングには
骨盤(胴体)の向きと前傾姿勢という
とてもよく考えられた機構があるので、
正しくはボールを打っていく時、インパクトに入っていく時
進行方向が低く、それによって
ボールが上から打て、ボールが潰せ
ヘッドの重さだけでなく、腕や体の重さも
インパクトの破壊力や対ボールの重さへの対抗力として
利用できるからです。

imageCAX9G566このような動作は
動作そのものを運動とするのではなく
ある運動をするための準備動作であり
ストレッチです。
体を壊さないようにするための『準備運動』です。
その準備動作そのものを 主たる運動 
にするべきではありません。

肩甲骨などの部分の可動域が広いのは
決して悪いことではありませんが、
それは 体を壊さないようにするため
体を痛めないようにするための保険なだけで
それ そのものを動作そのものにするためのものではありません。

骨盤の向きが変わるから
上から打て
骨盤の向きが変わるから
インサイドから打てるのです。


t02200278_0327041312030346860このスイングに上から打つ
チャンスは既にありません。
このスイングにインサイドから打つ
チャンスは既にありません。
というか 始めから
上から打つ、インサイドから打つ
チャンスが存在しないのです。
ここからひねくり回して
クラブヘッドをインサイドから入れて
きた、もしくは上から入れてきた
ように見えたとしても
クラブを寝かしてひねくり回したに
過ぎず、曲芸に近い技 ですから
オジサンゴルファーにとって参考に出来る部分はありません。
百害あって一利なし です。

20年前や30年前であれば
『器用な手打ち』で片づけられてしまう打撃なのです。
images20150404163453肩だけを回すようなスイングは
この骸骨の背中を見てわかる通り
ほぼ まったく体を動かしません。
そして 背骨には回転するための機構や関節は
存在しないのですから
それが原因で体を痛めてしまうのは
当然に帰結になります。
そのスイングでは シャフトのしなり(運動)や
ヘッドの重さを嫌うので
より硬い(運動しない)シャフト、より軽い小振りなヘッドを言う
より肉体を酷使するスイングになる という結末が待っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングが上手くいかない……

そりゃ そうでしょう。

2



ゴルフでのパターで 打つのは確かに球体のボールです。
球体ですから移動には「転がり」が伴います。

しかし 転がすことが主 ではありません。

球体ではあっても、
約45gの物体を横(水平)移動させること が
パッティングストローク、ショットの基本概念です。

プロのように 毎日数時間練習するならいいですが、
吾々オジサンゴルファーはそんな腰痛誘発行為なんて
真っ平ゴメンです。

COSTARICATANGO10

では どうすればいいか?

簡単ですよ。


ます 『打つ距離』があります。
これはゴルフに限りませんが、
ボールを使うスポーツをする場合
距離感と言うのは 
ボールスピードで掴んでいくものです。

ですので、全容は見ていなくとも、
同伴プレイヤーが打った球の初期スピードを見れば大きいのか、
届くのかはおおよそ見当がつきますよね。

その距離=ボールスピード を管理するのには
パターヘッドの移動スピードとボールの移動スピードに
『シンプルな関係性・関連』を持たせることが大切です。


そして オジサンゴルファーが練習をしなくとも
数か月ぶりにパッティングをしても
いつも通りに出来るように簡単にしていくのには
そこに難しい関係を作らないことです。

一般的に言われているパターストローク
「振り子」のストロークは
両腕で作る三角形を固定して
何処とは言えない 背中の上の方の筋肉を使って
肩甲骨を揺さぶるストロークです。

564dfb4d


これには致命的な欠陥が幾つかあります。

スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)

距離を司る運動のスピード
 これを管理する筋肉なり、部位が特定できないこと
 おそらく 僧帽筋や広背筋だと思うのですが、
 そこら辺の筋肉はダイナミックな動きをするのには有効ですが
 繊細な 1m50 と 1m70 を
 打ち分けるのにはあまり適切な部位とは思えません。
 動かすパターヘッドとの距離が遠いことは問題ではないと
 思いますが、幾らなんでも適した部位とは思えません。

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)

ボールのスピードは水平〜横の直線移動速度です。
 振り子のストロークは シャフト(ゴルフクラブ)の
 角度変化(円)運動です。
 ボールの直線移動速度に対し 非常に複雑な関係にある
 円運動を管理するのは簡単ではありません。
 しかも このストロークはボールの推進力を生み出すのではなく
 ボールに回転を与えることを主にしているような
 ボールの移動速度に対しては大変ロスの多い方法ですから
 腰痛になるほどの練習量は必須条件ということでしょう。

 ,藩蹐澆泙垢 その複雑な調整を肩甲骨周りでやっている…
 上手くいきそうにないですよね…。


スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)


振り子の運動は円運動です。
 シャフトの角-角度分、常時ロフトは変化します。
 ボールを基点に テークバック50臓.侫ロー50
 のストロークをすると
 トップの位置で ヘッドの高さは地上20属
 フォロー(フィニッシュ)でやはり地上20属
 横から見た状態では シャフトの角度は40〜50度
 近く動くわけで、シャフトが数度動いただけで
 ヘッドの高さは大きく変わります。
 ボールの直径は4其
 ボールのセンター(芯)はボールが沈んでいないと仮定し
 地上2センチのところにあるのですが
 そこまでパターヘッドの上下移動が激しいと
 ボールの芯を喰うのはかなり難しいでしょう。

 打ちたいロフト で打てるのと
 ボールの芯を喰うの と同時に実行するのは
 ほぼ不可能な確率です。

2595cdb2


 余談ですが 先ごろ 面白いパターを見ました。
 確かに このストローク方法だと
 かなりの頻度で 歯がボールに当たります。
 硬質で濁音系のようなインパクト音なのはそのせいです。
 ですので このストロークを採用しているゴルファーは
 ソフトな打感(→打音)を求めて
 フェースに異素材がインサートされたものを好んで
 使いますが、結局 トップしてしまうので
 ただの飾りに過ぎません。
 そこで画期的なインサートがありました。
 フェース面にインサートが浮島のようにあるのではなく
 そのインサートがソール面にまで回り込んでいるのです。
 適切な処置だとは思いますが、反面 笑ってしまうというか
 ブラックジョークなのかも知れません…。



010


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 安定(一定)した距離感
 ボールの速度とパターヘッドの速度の関係
 インパクト時のロフトの均一性
 インパクト時のパターヘッドの上下位置



これらをすべて犠牲にして
ただ単に打つ人から 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出して見える
ことがパッティングだと信じているのは
あまりに滑稽です。

スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)

これに見た目は大きいが異様に軽い市販のパターヘッド
なんの反応もない ただ棒としてのシャフト
しかも ミスに寛容?!と言う意味不明な謳い文句の
 重心の深いマレットパター が加わったら
パッティングが上手くいかないのは 必然 というか
ここまでを揃えておいてよく『イップスにならないな』
と感心するばかりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。

bf312f18


ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。

93512ec8

では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?



c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ