◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2016年10月


とても参考になる質問を頂いたので
記事のテーマに拝借しました。
スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)

Q:グリップは何処に落とすのか?
右腰? 左腰?
 

質問の意図はトップオブザスイングで
グリップエンドをどの方向に下げる のか
という事だと思うのですが、
まず ポイントになるのは
「いつ 下げるのか?」
「体の回転と腕によるグリップの下げはどちらが先か?」

という事だと思います。

前の記事 でも書きましたが
多くのゴルファーは
『腕を積極的に使ってスイングするのは良いことではない』
という認識のお陰で
結果として より腕ばかりを使うスイングをしてしまっています。

ダウンスイング ・・・
トップからインパクトまでの時間は
ほんの 0.15〜0.20秒 です。

体を先に回してから腕を動かし始めると
何度も説明していますが
体によって移動させられるはずの
大きな斜め下への移動の源を
時機として失ってしまい、
より重くなるクラブをより小さな筋肉の腕で
体の変わりに動かさなくてはなりません。

体で動かしても クラブの遠心力は生まれてしまいますが、
.ラブ単体が動かず、体ごと動いて作る円弧 と
∀咾鮖箸辰謄ラブ単体で作る円弧 では
後者の方が遠心力は増えてしまい、それを司るのは腕です。


実はゴルフスイングの場合
重いものを持った小さな筋肉の腕を
先に動かし始めて、あとから体が回る
という順序でないと、結果的に同時 というか
腕が動かし始めることが体を回すスイッチとして
機能させないと ひとつのユニット
一つの動作に出来ません。

インパクトまでに右腕を伸ばすこと
左上腕を動かし(逃がす)ながら 先に腕を動かす
という習慣が必要になります。



次に 多くの方は
腕を、グリップを動かしているようでいて
単に体を屈曲させグリップの位置を下げている だけ
の場合は少なくありません。
まあ プロも含め 上手下手とか、ハンディキャップにかかわらず
8割を超えるゴルファーがこの「ミス」というか
勘違い? 錯覚をしています。

実はゴルフの多くの悩み事は
ここに起因しており、
😱体が突っ込むのも、
😱スウェーしてしまうのも
😱体重が右に残ってしますのも
😱体が早く開いてしまうのも
😱煽り打ち、上向きで打ってしまうのも
これが原因とも言えます。

ダウンスイングで 左上腕を逃がしながら右腕を伸ばす
気持ちでいても
結果として 体がグリップを下げてしまい
その行為は上記のミスムーブを必ず伴います。

素振りやゆっくりしたショットで
トライして貰いたいのは
右腕、右ひじを伸ばす気持ちも良いことですが、
右腕を体の前、横ではなく
体の前に早めに入れてしまうことが
体でグリップを下げることを防ぎます。

☛その時に注意するのは
自分の右胸や右わき腹の前に 右ひじを入れるのではなく
右ひじはその位置に残し 前腕を早めに
体の前に、胴体の、上半身の前に入れてあげることです。
IMG_0363

これによって 右サイドが下げられなくなり
右腕を伸ばさざるを得なくなりますから
必然 で右腕を伸ばすこと、右サイドを高く保つことが
刷り込まれていくと思います。


スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

で 質問の答え…なのですが
体よりも先に 腕によってグリップが動く
という事が条件で
「シャット」を保って 右腰? 右の股間(○○玉)あたりに
下げることが良いと思います。

先に腕によってグリップを動かせば
この姿勢。。。
このタイミングでのみ有効ですが
ほぼ「真下」に近い位置だという事です。

右を向いている時には下に、横が混じります

これが体が先に体が動いてしまうと
下と横が別々なものになってしまい
挙句の果てに 下そのものがなくなってしまいます。

質問の答えになりにくかったですが、
何かのヒントになると良いかと思います^^ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングは アドレスの動き出しから
スイングの終わるフィニッシュまで
長くかかっても 2秒はかかりません。

多くのゴルファーがゴルフを覚えて行く過程で
ミスをしたり、うまく出来ないと
「ボールをよく見て!」といわれた経験がある筈です。
自分がボールを打つまでは 決して動かない
逆に動いているボールを打ってしまうとペナルティ
になるゴルフなのに不思議なアドバイス に感じます。

トップをしたり、はたまた空振りしてしまったりは
ボールから目を離したことが原因でしょうか…。
あまり関係ない気がします。

スイング全体で 1.5〜2秒弱
トップオブザスイングからインパクトまでは
0.2〜0.4秒しかありません。
その間に何か意志をもって動作するのは
なかなか難しく 練習をして動作を反射…
に近い行為にするものなのかもしれません。

その刹那の時間に ボールをよく見る習慣を
馴染ませてしまうと 本能的に
ボールと目の距離を保とうとしているように思えます。

スナップショット 5 (2013-07-05 23-44)

スイング動作の軸になるのは 背骨 で
目のある顔の部分は 頭や体の厚み分だけ
背骨よりも前に出ていますから
本来は スイング最中 常時
ボールと目との距離は変化するものです。


ボールを見る意識が強く
ボールと目との距離を保ってしまうと
とても変な動作になってしまいます。

スナップショット 5 (2013-06-03 19-45)スナップショット 7 (2013-06-03 19-45)






ボールを視界にとらえていれば良い訳で
侍の言葉で言うと「半眼」でモノを見ておれば良く
凝視する必要はないのです。

見なくとも ボールは動かないのですから
「見る」ことよりも
顔や視界を上半身とともに動かし
胴体を一体に股関節を稼働させる体の回転を
覚える方が格段に大切で
しかも、その動作は体を痛める可能性をグンと下げます。

スナップショット 8 (2013-06-03 19-46)
スナップショット 9 (2013-06-03 19-46)
スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)

腕さばきをしない という話の中では
テークアウェイで 腕の三角形を保ちなさい というのは
胴体を捻らず、 股関節から上の胴体ごと右を向く
という事です。
それを「慣らしていく」のには
胸の向き通り、顔も動かすことを薦めます。

首のひねらず 顔ごと右を向く方が
格段に 体の回転はしやすくなるはずです。

その上でボールを見るのなら
顔を残すのではなく 上部に視線を動かす
視界の真ん中にボールを置いておく、維持しておく
のではなく
視界の中で ほぼ真ん中にあったボールを
左端の動かすような訓練も有効かもしれません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



頭、もしくは顔というところを注視して
この3枚の写真を見てほしい。
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)

スナップショット 7(2012-10-29 20-11)

スナップショット 8 (2012-10-29 20-11)

少々オーバーにしている とはいえ
顔の面 で言えば 下の土台になっている灰色のマットの
端から端まで移動、動いている。

マットの大きさは1mあるから相当な移動に見える。


では もう一度
今度は着眼点を変えて、見てほしい。

背骨と土台のマットの関係を見てほしい

スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)


スナップショット 7(2012-10-29 20-11)

スナップショット 8 (2012-10-29 20-11)

背骨は 前傾姿勢分斜めに傾いてはいるものだが
その背骨の延長線、尾てい骨の先の延長線(下方への)は
3枚とも似たような位置を指している。

この写真の通り、
ゴルフのスイングを背骨の軸にした回転運動にすると
かくも大きく 顔の面は動くわけだ。

まあ 胸の同じだけれど
背骨よりも前にある 体の厚み
30〜40造△襪箸垢譴弌,修譴半径になって
向きを変える訳だから 1m位ズレるというか
移動することになる。
スナップショット 2 (2012-10-29 16-32)

多くの人が軸運動をするのに
背骨ではなく、体の厚みの真ん中に仮想の軸を作り
顔の位置を出来るだけ動かさず
スイングしてしまうとするのだと思うが、
この上から見る角度で
顔の面が動かなければどうなるか
薄々想像がつくと思う。

仮想の軸に対し 背骨はずれたところにあるので
その軸に対し、腕の付け根からボールまでの距離は
交互に近づいたり、離れたりしてしまい
それを立体的に挑戦する必要が出てくるだろう。

ボールを見続ける かどうかは
それぞれの人の好き嫌いではあるが、
背骨を軸に顔の面も動かしてあげると
目からボールまで距離はけっこう変化する。
テークアウェイではしっかり離れる ものだ。

ボールを見続けてしまう人が陥るのは
 「目とボールとの距離感の維持」 なんだろう。

ボールと目の距離感を維持し続けて
体を痛めるような、体の機能を使えないようなスイングを
覚えて行くのか、
ボールなんか見ていても どの道ミスは出るのだから
ちゃんと 背骨を軸とした回転を覚えるため
ボールから視線を切ってしまうのか
私は後者をお勧めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



過去の記事との重複になるか…とは思いますが
ゴルフのスイングを誤った認識でしてしまうと
「体の故障」の元になってしまいます。


確かに 現在、流通しているゴルフクラブ
ユーザーに何をさせたいのか よく理解できない
軽く小振りなヘッド、壊れないだけの硬いシャフト
では そういう振り方や扱い方をしたくなるのは分かります。

軽いヘッド、硬いシャフト、バンスの無いウエッヂ
これでは バンカー恐怖症養成機器ですし、
見た目大きいだけの その見た目とは反比例した
軽くて大きいヘッドでは パター苦手育成機器です。

とはいうものの
やはりプレイする前の認識とか、概念は
ゴルフクラブの扱いを大きく左右しますから
ちょっとだけでも考えてみて下さい。


4c9a0689       
ゴルフクラブを上手に扱えない人が
パッティングをすると
ほぼ例外なく このようにパッティングします。
ですので 昨今パッティングスタイルは
前傾姿勢が不必要なほど深くなりつつあります。
プロでもそうです。

まず よく考えてみて下さい
前傾姿勢とは 股関節
大腿骨(太もも)と骨盤(お尻)の角度です。
前傾姿勢が深くなることは
特に良くも悪くもなく、個人差の世界ですが
前傾姿勢 というのは
スイングにおいては 今流行りの用語 プレーン
スイング軌道の『基礎』になるものです。

パッティングにおいて
骨盤を動かして打つ ということを
薦めている訳ではありませんが、
逆に 前傾姿勢はしているけれど
結局 両肩甲骨という 前傾姿勢とは関係ない部位で
ストロークするのは奇妙ではありませんか?
ましてや 肩甲骨を動かすとかなり背骨も捻られます。

90000392_1背骨には横に回るような関節は一切存在しない訳で
昔の勉強机に乗っている電気スタンドのように
背骨はひねられてしまう訳で
自分でイメージしている
背骨を軸とした軸運動は出来ないのです。
「軸運動した」気分になるだけです。

その延長線上でアプローチやショットをすれば
当然 腰回りや背骨、首には負担がかかる訳で
それでは危ないです。

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)これもパターストロークを略式化して
絵にしたものですが、
この動作は ギッタンバッコンの典型例で
ロフト変化の激しさや
軸が必ず右に傾くことの問題は「無視」です。

例えばこの延長線上でアプローチするとすれば
テークアウェイでは 股関節が稼働して
骨盤(胴体)が回転して
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)右肩は背中側の後方に下がるのですが、
この角度から見ると 前傾姿勢があるので
このように見えるだけです。
体を その体の機能に乗っ取って
 前傾姿勢はあるとは言え
水平に回転させる のと
見た目を勘違いし、
体の側帯を交互につぶしギッタンバッコンにする
 のとでは大違いです。
この絵を見て このスイング(パターストローク)が
しゃくり打ち というか 煽り打ち になってしまう
という事が理解できるようになると良いと思います。

天才的な距離感の持ち主を除けば
このように ヘッドをあおって使い
毎度ロフトがばらつき、上り間際のトップ気味で
ボールを打っている(パッティング)限り
相当な練習量が必要になり、
特に前傾姿勢の深い昨今の基礎姿勢(ポスチャア)では
その練習が体を蝕んでいくのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重量の軽いゴルフクラブは非常に罪深い。

恐らく その「軽いゴルフクラブ」を選ぶゴルファー
軽い➟「振り易い」 という判断なのだと思う。

少々 物騒な例えではあるけれど
車が二台 正面衝突したら
 軽い車と重い車
どちらが致命傷を負いそうか
どちらの車が大破しそうか そういうものに等しい。


質量は それそのものがエネルギーなので
破壊力もそうだけれど、衝撃なども吸収するに等しい
だから 軽いヘッド程細かい関節などに故障を誘発するし
軽いクラブ ということは「自分が速く振る」ということが
前提だから どうしょうもない。
速く振って飛ばす のと
ゆっくり振って飛ぶ のと
飛距離だけでなく、方向なども必要なゴルフの場合
どちらを目標にすべきか は本来、明白な筈だけれど…。

自分でも体験中だけれど
加齢してくると 急激な加速や減速
ゴルフに限らないけれど そういう動きは怖い…。
筋を痛めたり、痛みを誘発するので避けたいはずだけど
それを無視し、振り易い という怠けのココロ
自分の関節などを痛めていくのだ…。
004

そもそも 軽い…というのには
5種類あって
〜軆杜未軽い
 45インチで平均的なドライバーは 総重量300g
 ヘッド 190 シャフト50 グリップ50
 こんな配分が平均的なところだけれど
 昨今ではグリップの軽量化が進んでいるので
 総重量 280g は少なくない。



▲悒奪表杜未軽い
 これが一番問題だろう。・・・ヘッドは打撃の要
 静止時、ボールの重さは45g だが
 打撃をして 200mも飛ばすとすると
 その質量は およそ 1トン になる。
 1トンの破壊力がないと 45gの物体を200m
 移動させることは出来ない。

 実際に実験してみたけれど
 基準値を 45インチ/300g ヘッド重量190g として
 ゴルフクラブの総重量にしても
 ヘッド重量にしても
 
総重量を40g軽く しても
 
ヘッド重量を40g軽く しても
 ヘッドスピードは ほとんど変わらない。
 
 ☛違いが完全にない…とは言えないが
 ヘッドスピードが速くなるのは 始めの10球位までで
 それ以上打ち続けると元に戻ってくる。

 最終的には、
 4人の人が30球ずつ打っても 1msの差は出ない。

 人によっては 軽いモノの方が遅い場合もある。


 ボールを打撃するエネルギーは
 ヘッド重量 × スピード の二乗に比例
 ヘッド重量が減って
 距離が変わらない、距離が伸びたのは
 ヾ靴譴襪泙任隆屐軽くなってスピードが上がる
 ▲悒奪匹軽くなって ヘッドターンがしやすくなった

 
 ✋おそらく だろう。


 
シャフト重量が軽い
 これは特に問題がない。
 強度や剛性が保てているのであれば
 シャフト重量とヘッドスピードや距離との関係に
 なにか特性はない。
 シャフトはドライバーであれば 1m近い棒で
 30g軽くなったとしても
 各10センチ毎には 3gしか軽くなっていない。
 
 シャフトが軽くなると スイングウエイト
 俗にいうバランスの数値が変わる…と考える人がいるが
 シャフトには シャフトのバランス
 先端と後端でどのような重さ配分になっているか
 重量ではなく、機種ごとに色々あるので
 そちらの方が問題。
 総じて 軽いシャフトの場合、強度の心配が生まれるので
 先端部を補強して、先端部が重くなり易い。
 軽いヘッドとの組み合わせがニーズ的にも多いので
 軽いシャフトはそういう構造が主。
 シャフトの問題というより やはり打撃部の重量がポイント。
 

´↓の複合

ソ杜未亡愀犬覆自分に適している
625be574-s

イ鰐簑蠅ないので言及しないが
特にヘッド重量が軽くなる というのは
安易なゴルフ用語を用いれば
 ヘッドの芯、スウィートスポットが小さくなる のと同意語
ヘッド重量が減れば
ヘッドの慣性力が減るので
打撃のミスなどによる影響が大きく
計測したデータで言うと
 軽いヘッドほど インパクト前のヘッドスピードと
 インパクト後のヘッドスピードに差が大きく、
 基準値のモノで  37ms ➟ 31ms
 40g軽くすると 37ms ➟ 26ms
 40g重くすると 37ms ➟ 33ms
 こんな具合になる。

 軽いヘッドで打撃すると
 瞬間 ボールの質量に負けて
 ヘッドスピードが約10msも落ちる
 ある意味 止められてしまっている訳 だ。

 これが体に良い筈もない。

スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

そして 軽いヘッドを使う、もしくは好む典型的なスイングは
『ヘッドターンを多用する』スイングに当たると思うが、
ヘッドのミスの寛容性の低くなった軽いヘッドのクラブで
ヘッドターンを多用しても安定して打つのには
今まで以上の練習量、頻度、球数が必要になる。

それをしている人が認識していないが
 ヘッドターンをするのには
 クラブの移動を止める、体を止める という行為が不可欠で
それ自体、体に悪いのに
更にインパクトで重さの衝撃を受けるようになるのだから
まあ 自虐的…と言えなくもない。

今 流通しているドライバーには
長尺とは言え ヘッド重量が150gを切る ものもあり
この手のドライバーは
ヘッドスピードが 25msにも満たないような
体を痛めないインパクトで済んでしまう人のみ
本当は使うことが出来ると言える。

まあ どんなクラブで、どんなゴルフをして
どんなスイングをするかは それぞれの人の自由だし
それを選択するのもゴルフの楽しみだけれど
体の痛みを誘発するクラブを使うのは出来れば避けるべき
とハミングバードでは考えている。

重いヘッド 柔らかいシャフトは
ホントーに ホントーに 痛みや故障と無縁なゴルフクラブ と
断言できるんだけどね。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは体のセンターに置く


そんな言葉があります

その本当の意味には 言葉が欠けています

インパクト時の

です


sample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット

弊社のクラブを使う限り
しゃくってしまって あおってしまって
上がり際にボールを打つのでない限り
必ず ヘッドはボールに届きます
ボールを拾う 地面に置いてあるボールを拾う機能は
マックスで備わっていますから
自分で クラブヘッドを下に下げる行為
自分自身が下がる行為は 一切要らない と言えるでしょう

出来れば フルショットをする限り
フェアウェイウッド〜ウエッヂまで
左の靴 と ボールの関係 は一定にして下さい
はっきりと どこ とは言えませんが
ボールの前面がかかと線上 位が基本と言えるでしょう

そこが インパクト時に 体のセンターになる場所 です

ですから 足腰に自信があったり
シフト スライド サイドステップが得意な方は
もっと 左でも良いかも知れませんし
そうでなくとも 出来るだけ 左足かかと付近
そして それを 統一させて下さい

クラブによる スタンスの差は
それを基準に 右足(靴)の位置を変えるだけです

これで ヘッドとボールのコンタクトの基準点が出来ました
番手による違いがなく 一貫したボールの位置
その基準になるのは さきの言葉
インパクト時に 体のセンターになる場所


ドライバーも含め ティーアップするモノは
その高さ分 更に左 と考えて下さい

左足かかとのボール位置 は
ゴルフのショットには非常に重要です
そこが インパクト時 体のセンターになり
概ね 体はボールに正対している
両方の腕の長さが揃っている
体のラインがターゲットに平行

結論として そこに行き着くのには
ヘッドを振る動きでは無理がありますし
ダウンスウィングで 腰を先に切る 動きでも
そこには到達出来ません
クラブを後ろに倒して 寝かせれば
必ず体を開き 右サイドが下がりますから
それも そこへ到達出来ません。

体の向きの変更
その動きを 脚さばき
左右へのサイドステップを身につけなければ
そこに行けないのです

その場所から 巻き戻して
クラブ扱い ゴルフスウィングを構築するのも
ひとつのアイディアかもしれません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


メールや問い合わせ等が多く
反響があったので、昨日のお話の続きー。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1936963.html



非常に重要だけれど、非常に基礎的なことなので
まずは頭で整理していこう。

多くの人は ゴルフのスイングをする上で
「根本的な錯覚」をしてしまっている。

ゴルフのスイングの
やや傾斜があるとは言え
横の動きが体の回転
縦の動きが腕の動作
という区分けで考えていると思う。
glossary_scheme_126

100%間違い という訳でないけれど
その認識がスイングを迷路に誘い込みやすい。

それともう一つ
前にも記事で書いたけれど
体の回転というのは概ね
 最大の右向き ➟ 最大の左向き
という おおよそ180度の回転運動


腕の役割は その180度の回転を
✋決して増やすものではない!
✋円を大きくしたり、円を増やすものではない!



では 腕の役割はなにか…と言うと
体の前傾姿勢
そして 体の回転
によって、腕に関係なく
スイングの弧は 斜めに進行する。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)







よって テイクアウェイでは
腕を全く固定し、使わなくとも
体を右でも左でも向きを変えれば
(骨盤ごと胴体が向きを変えるという絶対条件で)
前傾姿勢の分、ヘッドが位置を高くし
腕を固定したままでも、正面を向けば ヘッドは低くなる。

前傾姿勢に沿った ヘッドの基礎軌道が存在する。
e3c3ed3f
腕の役割は
その体の回転の斜めの軌道に 高さを加えてやり
より勾配のキツイ斜めの軌道にしてあげること。

よって この上の写真のように
腕を使ってクラブヘッドを動かしてあげる量は
この黄色と赤の線の差
想像以上に少ないと思う。

ところが
殆どのゴルファーは
アドレスでのヘッドの位置
トップでのヘッドの位置
この高低差を腕の役割
長さの単位で言えば 2mを超えるような高低差を
腕のさばきによって生み出そうとしている
ミスの一つにこのイメージが存在する。


と同時に
体の回転と前傾姿勢
これが実際動いている最中に腕も使わないと
最低限のヘッドの動きで この高低差は埋められない。
体を回している「時間」に腕も動かさないと
この時間を逃してしまったのでは
その間違ったイメージ通り、すべての高低差を
腕さばきで埋めることになってしまう。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)


















ダウンスイングのこの区間に
より高くなったヘッドを より最小限の動きで
元のボールの高さにコンタクトさせてあげるのには
昨日の記事で書いたように
先に クラブの重さを利用して 腕を伸ばして
グリップを落として(下げて)あげないと
この「区間」の体さばきと平行して腕は動かない。

先にグリップを落としてあげることで
左サイドが低い体の向き通りに シャットになり
そのシャットが グリップの左への移動を助け
腕やクラブの重さも手伝い、左サイドの低い時間が維持でき
右向きのままシフトしやすくなり
インサイドから、上から打てる
というすべてがつながった ワンユニットの動きが
出来上がっていくものなのだ。

710dcc57

だから 例えば
練習・ドリルとして
右を向いたまま、シフトもせず、体を固定し
,泙此∀咾鮨ばして グリップを落とす、下げる
グリップの位置を肩や顔の高さから
ベルト当たりの高さに落とす。

この時の注意点は
ベルトの高さ にグリップが来た時
当然 ヘッドの方がグリップよりも高い位置にあり
少々オーバーに言えば、グリップの位置がへその高さに下がっても
未だ グリップの真上にヘッドがあるような
グリップエンドが地面に向いたまま の方が
よりクラブの重さは使いやすい。
58337554

ここでも錯覚があると思うのだけど
ヘッドとグリップの位置関係で
スイングの位置、箇所に関係なく
グリップエンドとヘッドの関係は
どの場所にあったとしても ヘッドの方が高いので
この時点で ヘッドの方が低いのは 完全に✖。


テクニックとしてのディッシュアングル維持という意味では
ないですが、グリップよりもヘッドが下がる
腕とシャフトの角度差がなくなる というのは
イコール 前傾姿勢を失うことになるので
ヘッドを下げなくてはイケナイ
ヘッドを下に振らなくてはイケナイ

ということは 同時に
わざと前傾姿勢を無くし 煽り打つことを指すのです。











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイング〜切り返しの動きのお話し。
 ものすごく多い症例で、ここを理解できると
 かなり自分のスイングの欠点が見えてくる…んだけど
 上手に説明できたか ちと心配…です。

e968a0ac

ゴルフクラブは当たり前だけれど手で持っている。
クラブはどこかの時点で手で補助なり、
動かしてあげないと元の形に近いところには戻れない。

一般的な トップオブザスイング では
クラブの長さ →重さという意味での長さは
非常に短くなるので この時点がチャンス☆

.ラブの重さ という意味での長さとは
 例えば 1mのゴルフクラブであれば
 地面と水平な状態になっていれば
 ヘッド(クラブ)の重量 × 1m が重さになるけれど
 グリップの真上にヘッドがある場合
 ヘッド(クラブ)の重さに長さという係数がかからないので
 それそのものが重さになり、
 運動による加算を除けば、スイング中
 クラブの重さは最小の状態になる。

体を回し始めたら 腕や手はクラブを動かすことは
 全くできなくなる。
 体を回す運動分、クラブや腕の重さに加算が加わるため。
 運動による加算は 腕も含まれるので
 長さによるクラブの重さの加算以上に激しく重くなる。


123

✖⓵体を回す
✖⓶腕(手)を動かす

という手順にすると
体の回転、動作が収まる、静まる、止まる、減速する まで
手は動かすことは出来ず、トップの形のままになってしまい
体が止まる☛その反動でクラブ、手が動き始める
という手順になってしまう。

ということから
『結果』として 体の回転と同時にクラブを動かす形を
取るのには、先に腕を動かし始める必要が出てくる。


 
ここまではわかりますか?



           

ここからが問題で
トップオブザスイングで 先に手…グリップを移動させるのは
単にクラブの重さを利用しつつ
脱力する訳ではないけれど、
 そのままグリップを下げれば良いだけで
特に「筋力」に頼らなくても難しくはない。


結果として トップの位置で右肩の前(仮に)にあったグリップを
その重さも使い、ベルトの高さに落とす
どちららかという「降ろす」という自発的な行為ではなく
「落とす」に近いような行為になるのだが
多くのゴルファーは ここで大きく間違いを起こす。
プロも含め 8割以上のゴルファーがここの動きを間違っている。

ここの動きを 別な言い方、
よく耳にするゴルフ用語では
「クラブを立てて降ろす」とか
「グリップエンドを地面に突き立てて降ろす」
という言葉があるのだけれど
この本当に意味は
利き腕を伸ばしてグリップを下げる
グリップの位置と肩とを上下に離す

という意味なのである。



😱😱😱どう間違っているか というと
多くの人は ここで全く持って腕が使えず(肘が伸ばせず)
体を屈曲する
右サイドを下げる動き
 で
グリップが下に移動しているのを
腕を使ってクラブを降ろしていると錯覚している。
スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)





この動きは 非常に重い副作用が付いていて
『自分では腕を使って グリップを降ろしている』
と思っているが、
実際には 腕、肘の曲がり具合などは
トップの位置のままで 全く動いておらず
体を横(右)に屈曲する動きをすることでグリップを低くするので
腰が左にズレ、頭が残った形で
へそから下だけ 左へシフトするような姿勢になる。
と 当時に この時点で右向きは正面向きにまで
無意識な回転をしてしまうので
スイングの中で一番重要な
✊回転によって ボールを打つ 一番のポイントを失ってしまう。



☆トップでの右向き ➟ 正面

この区間は
本来 ダウンスイングの時間と平行するもので
この右向き➡正面という過程の中で ボールをさばく。
体の前傾姿勢も伴なう回転では
この区間が「上から打つ」でもあり「インサイドから打つ」
でもあるので、その機能を使える時間を逃してはいけないのだけど
自分ではグリップを下げている動きが
👹体の向きをほどき
👹体を屈曲させ、上向きにし
👹下半身だけ左へシフト(
➟これをスウェーって言うんだけどね)
その動きによって 
スイングの一番美味しいところを失ってしまっている。
ここが「スイングの肝」
ここの区間が利用できるから、この区間にボールを打つから
体の回転と前傾姿勢の意味が出てくる んだけど、
そこの「機会」を失ってしまったら、使わなかったら
体の回転と前傾姿勢には何の意味も持たない
ただの形式的な、ゴルフらしく見える恰好なだけになってしまふ。



グリップを降ろそうとすればするほど
回転はほどけ、体は上を向き、
本当の意味でのスウェー…ヘンテコなシフトすることに
なってしまっているんだよね。

この大間違いの動きは
色々な問題を内包してて
多くの人は治そうとしているんだけど
グリップを動かす動きが
 実は体の回転や変なシフトになっている…、
体さばきそのものは意識をした動きではない
ということには気づいていないので
治し様がないんんだよ。

IMG_0363


トップの位置でグリップを落とす 下げる動きは
ほんとーーーは 脱力に近い、筋力の要らない
ほわー っとした動きなのに
この「誤った動き」は 力感一杯
 これをまさに「りきむ」というんだろーね
ー。

 理解できたかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近 プロでもよく見られる構え(アドレス)ですね。

スナップショット 1 (2016-10-05 23-31)

動画等を使ったレッスン…
特にアスリートをうたっている場合、多く見かけますが…。

アドレス時に自分のつま先よりも
ボール側に 体が大きく出てしまっていたり
腕をボールの方に出してアドレスしてしまうと
骨盤から下は固定…動かさないことに使い
背骨や腰を捻ることになります。

 😱腰や背骨には横に回転する関節は存在せず
  それは体を壊さないための「遊び」であって
  それを無理に使えば 当然痛めます。


 👹動作が人間の体の機構に沿っていなければ
  当然、それを守るため 体は拒否・硬直します。
  ゴルフスイングまでも「自虐的」になる必要はありません。


重さの負担も少なくありませんし
お薦めできるポスチャア(構え)、スイングではありません。


体、特に腰回りを痛めにくくするため
アドレス時 ポスチャア(構え)では
つま先の真上に肩が来るような
靴よりも前に体が出ないような姿勢が必要です。

imageCAX9G566

スイングはストレッチではありません。
胴体や脚そのものを捻る動きは
ケガ防止のためのストレッチであって
それそのものを「運動」にしてはいけません。

このストレッチを見てもわかる通り
不自然に体を捻れば
体はシンプルに「横回転せず」
複雑に捻ったような姿勢になります。
☛ゴルフスイングでは前傾姿勢があるので
本来、右を向いた時は 左サイドの方が低く、
右サイドの方が高くなるものですが、
ストレッチ式の体のひねりをすると
左サイドが異質に高い妙な姿勢になります。
52442_360240






ゴルフのスイングは
やや傾いているとは言え
横の回転運動…横方向の動きが「主」たる動きです。
f2350aac

その横の回転方向に対応できる
体の部位は「股関節」です。
決して腰を含む背骨ではありません。
この構えだけ・・・ ではありませんが、
背骨や「足首」を捻って 横回転に対応する
ゴルフスイングが多く見られますが、
 故障の原因、痛みの原因になります。

胴体もそうですが、脚も
脚そのものや胴体そのものを捻ることが運動ではなく
胴体や脚を使って 関節を稼働させることが大切です。

特に「股関節」の場合
加齢とともに 可動域が狭くなりがちです。
年々歩幅が狭くなるのには
股関節の可動域の低下・・・
股関節周りの筋力の低下・・・

がありますので、
股関節が動くスイングを造ることは故障防止
とともに、股関節周りの劣化を防ぎますので
b440d398

歩くときは 太ももや膝を出来るだけ上げ
大きな歩幅で歩く習慣をつけ
お尻や骨盤を動かし、大腿骨との向き差を作るスイングや
運動をしておくことが大切だと思います。

膝や肘を使って
出来るだけ 胴体そのもの、脚そのものは意図的に捻らず
脚に対して 胴体
胴体に対して 脚 が
そのジョイントである股関節を使って
向きを変えられるようなスイングを造っておく方が
痛めにくい と同時
股関節周りを鍛えられるので
未来の投資になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを学んでいく時
ビデオなどの映像、視覚情報に頼ること
決して少なくありません。
4289f9fa-s

スイングは背骨を軸とした回転運動にあたるので
結果として「円弧」を描くのですが、
基本は打ち手である自分が向きを変えるから
グリップが移動し、ヘッドが動くのです。
ごくごく当たり前の事なのですが
ヘッドが、クラブが自主的(勝手)に動くことはなく
例え 引力…重力であっても
クラブ全体が均等に下に落ちるのであって
ヘッドだけに引力が作用して
動くことは決してありません!

自分が動き → グリップが動き → ヘッドが動く
という自然な摂理に乗っ取っていれば
体を痛める確率はグンと下がりますが
その自然な摂理を無視して
よくある「間違った思い込み」に走ってしまうのが
体を痛める原因になります。

スナップショット 2 (2014-04-20 10-04)


例えば
クラブ(ヘッド)が走る とか
シャフトが走る とかを
ヘッドが単独で走るとか
シャフトの振り遅れを取り戻す など
ヘッドばかりを動かそうとする動きは
スイングの中で 必ず
止まっている部分と動いている部分を生んでしまい
その境に当たる部分を痛める原因となります。

飛ばしたい気持ちは分かります。
しかし、その方法というか、考えで
速く振れば 本当にボールの速度になっていくのか
速く振ることが 単にボールの回転ばかり増やす方法に
なっていないのか よく考えてみるべきです。

ボールは球体です。
例え ドライバーのように
一見すると立ったロフトのクラブであっても
角度があることに変わりはなく、
その角度(フェース)でボールの底をなぞるように
捉えてしまうイメージでは
スピードを上げた分は主に回転になってしまうだけで
ボールの速度は殆ど上がっていきません。
l064-e1402138366603

アプローチでもパッティングでもそうですが
(勿論通常のショットにおいてもそうです)
ヘッドがグリップを追い抜く ということは
ヘッドが前に出る分
😱体は後ろに下がる(右・後方に倒れます)。
ヘッドが前に出る分
😱体は上を向きます(左が高くなります)。

振り子のストロークと呼ばれる打撃方法は
上手く打てる以前に
おじさんの体を蝕む最悪な方法なのです。
4c9a0689

昔であれば 典型的な
「ギッタンバッコン」…関西では反対の呼び方かな…
を意図的にやるのですから
とても滑稽だと思うのですが。。。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットは
そりゃ 遠くへ飛んだ方がいいし
弾道の真っ直ぐと言う意味でなく
望んでいる目標方向に真っ直ぐ行った方がいい
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

…だろうけれど
体を痛めてしまうスイングではまるでダメだ!

ゴルフを楽しむ多くの人は
おじさん世代であるし、
ゴルフは娯楽であって、部活じゃあない。
ゴルフは練習も楽しいけれど
スイングをメインテナンスするための
必要以上な練習頻度や量…
ということは
 そのスイングは既に壊れている という事。

あまりに多くの人が
ゴルフのスイングの為に
ゴルフのスイングを維持するために
本末転倒な練習で体を壊している。



体を壊すパターンは二つ

‐紊鮓いてしまうことによる体幹の故障
tngb
最近のスイングはインパクト時に
両かかとが浮いて 上に蹴っているのばかりで
この手のスイングの主流が続くと
いずれ ゴルフショットでアキレス腱を切る人が
出てくるだろうねー😱



ボールを打つはるか前に 体の左サイドが右サイドよりも
高くなってしまい、ショットや動作の進行方向 右→左
が高くなっており 結果上に向かって打つような形。

ダウンスイング インパクト直前では
インパクトに向けて
左サイドは左上方にボールから離れつつあり
右サイドはボールに向かって近づきつつある。
☞左サイドはボールから離れるので
 ボールを打つ為に、空振りしないために
 左肩や左腕、左グリップだけを
 そこに残す。

この行為が左の首を痛めたりの原因となる。

また、体が上を向いて
体重が右の腰につぶしたまま
素早い運動をする為、
背骨や腰の故障の原因となる。




⊆蠅鯤屬好好ぅ鵐亜▲侫А璽好拭璽鵝淵イナさばき)をする為、肘や手首を故障。

4e4cfce4
ここまでこすってると
こんなに振っても ここにボールがある
ボールの速度が遅すぎますよね
ドライバーでロブショット打ってるようなもんだわ



手を返す、フェースターンをするスイングは
よ~く考えてみると
ヘッドをたくさん動かしているようだけれど
そのヘッドをたくさん動かすため、
グリップを止めなくてはならないので
その 動いている部分と止まっている部分に負担が多い。
支点になるのが左ひじや左手首だから そこかな。
体の姿勢によっては右ひじを痛める人も多いでしょうね。
特にパワーやスピードのある人はそうかも…。

特に、腕力で飛距離を出したいタイプのゴルファーに多く
このパターンは 振れば振るほど
それと同じだけ「止める」という相反する行為をするので
痛めてしまう。

このスイングのもう一つの迷路は
殆ど例外なく このスイングでは「ボールをこする」
ちゃんとボールを捕まえ、上から打てるのなら
ヘッドスピード 36ms でも 220ヤード
(ドライバーでの例)
楽々打てるのに、こすってスピンばかりかけ
高さばかりを打ちだすので
このスイングで220ヤード打つのには
少なくとも 40msを超えるヘッドスピードが必要になる


フェースターンでボールを打つのには
そのフェースターンを成功させる必要もあるが、
その言葉の通り フェース(打面)ターンさせるので
ボールの飛ぶ方向も毎回動くので
それを使えるショットにするのには 練習の量も頻度も必要。
その練習の量と頻度がどんどん自分の手首や肘を蝕む。
そして このフェースターン打法の問題なのは
使えるショットを覚えても やはり練習の量と頻度が
ないと コースでは役に立たない。

飛ばすためには スイング全体を速くしないとイケナイし、
それに応じたフェースターンの速度が必要で
「真空斬り」するのかという速度で振らないとイケナイね…。



そして 最大にフェースターン打法、
    オンプレーンスイングの欠点
オジサンゴルファーがそれに挑んではいけないのは
フェースターン打法でボールを捕まえるのには
フェースを閉じる→左に向けないとイケナイ。
左に向けてインパクトすれば ひっかけ になってしまう。

その引っ掛けで左にOBしないため
より アッパーに上に向かって振りぬく為
今度は体がのけぞり、腰や体幹を痛めるスイングになって行く。


も、ひとつ言えば
フェースターンの成功は引っ掛けで
それを目標方向に行かせるため
ドライバーの場合 ボールを左に置き
クローズスタンスに構え
より上に向いて ひっかけを狙うので
それが成功せず スライスになった時に
よりスライスはきつく
弾道は高くなり、より飛ばないスイングを作る。

その迷路を楽しんでいるのなら

 言う事は何もないけれど・・・ね

CA3F00300001


スライスを防止するのと同列なのだが
その点についても記事にしていきたい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば バンカーや池などのハザードの多いコースに出て
ミスや打ち損じは仕方ないにしても
自分の打ちたいと思っている距離
打とうと思っている距離
これを基準に打つ方向を決めることになるだろう。
スナップショット 1 (2013-10-25 12-52)

ゴルフではミスは付きものだけれど、
もっとも残念なのは
『上手に打てた時にそれが反映されない場合』で
打つ距離が決まらないと どこを狙っていいのか決められず
距離も方向も当てずっぽう のゴルフ
というのが少なくないように思える。


ショットにおいて 一般的にボールを捕まえる(スライス防止)
のを 多くの人は
 😱ヘッドを返す
 😱フェースターン
 😱ヘッドを開かない

と思っているようだけれど
読んで字のごとし
 フェースターンはヘッドの回転…だから
ボールをスライスさせない(捕まえる)ために
どの方向に飛ぶか 非常に把握出来ない方法を
取っているのではないか? な

ウマク行けば ボールは左に出て 少し左に曲がり
上手くいかないと ボールは右に出て 少し右に曲がる

この方法論だと 左に出て右に曲がる球は出にくいし
右に出て左に出る球はほとんど不可能だから
どちらにしても 中央、アドレス時の目標というか
ターゲットからは離れて行ってしまう弾道に
なると思うのだけれど…。



ショットの事もあるけれど
パッティングでも 距離 というのは非常に大切で
これもミスや打ち損じは除いて
自分の打ちたい距離、打とうと思っている距離を
打つことが最優先で
方向は その打つ距離によって決まるもの!

例えば 3mのフックラインで
やや強めに打つのなら 曲がりの膨らみは少な目、薄めだし
弱めで惰性で流し込むようならば、曲がり・膨らみは
多めに取るだろうから
打つ その距離感覚というか、距離目標によって
打ち出すべき方向も変わってくる筈。

006

ヘッドを真っ直ぐ動かすことばかりを気にかけ
ロフトや当たり具合が変化しやすいストロークを
採用してしまうと、結果
そのまっぐす動かすこと、
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す ことも意味を失ってしまう。

ショットもパターストロークも
一番同じ距離 似たような距離が打てる可能性の高い
方法を採用していないと
方向を決めること そのものが意味を失う。
そのことをよく考えた方が良いと思うなぁ。。。

007
構えた時のこの角度から見た時
パターヘッドが真っ直ぐ〜真っ直ぐ動くことよりも


010
この角度から見た時に
地面と平行・・・と言う意味ではないけれど
パターが出来るだけ弧を描かず
スライド移動 するようなストロークを作っておかないと
真っ直ぐ と言う方向の意味が出てこないよー。

その概念はショットも同じ。

と同時に真っ直ぐ打とうとして
右にも左にも曲がる球を打つよりも
どちらかにしか曲がらない
逆球の出ないショットを作った方がいい。

ゴルフクラブの場合
パターも含め
正しく「普通に使えば」 左回転になり易いので
パッティングも真っ直ぐ転がすよりも
左回転を掛けて打ってしまった方がいいかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフがスポーツとして、遊びとして
一般化して 100年位の年月が経つけれど
それ以前より、そして今に至るまで
ゴルフクラブの進化の歴史は
 慣性モーメントの増大
と呼べるだろう

主に慣性モーメントはヘッドの事を指すのだが、
それは 20年位前から
数値 1000gcm2とか4000 という数値で
表されるようになった。

ドライバーやウッドなどに形状の変化
ヘッドの大型化は 視覚的な安心感とともに
慣性モーメントを大きくするという主目的がある。
735007_165494646934494_2124497929_n

30年ほど前の
 メタルヘッドの出たてのものは
慣性モーメント 1500gcm2
ヘッド体積と年代変化 で言うと
   体積   慣性モーメント
1995 230  2670
1998 260  2950
2001 314  3300
2004 388  3750
2007 443  4250
2010 445  4400
2013 452  4520

と言うように ヘッド体積の増加に伴い
慣性モーメントも倍化している。

アイアンで言うところの キャビティ化 は
日本語訳すると 虫歯状態…というのは冗談だけど
周辺配分重量のことで そのまんま
慣性モーメントの増大化 のするためのもの。



慣性モーメントとは
どういうものか というと
その重量配分と重量そのものの大きさを指すが
重量そのものが重い、
重量配分によってその効果が高い、 というところ。

機能としては クラブ進化のそのものでメリットが一杯で
慣性モーメントが大きいほど
 ヘッドはその姿勢や運動を持続する力が強く
  当たり所やミスヒットしても姿勢や運動を損ないにくい

と言うところです。

よって ミスへの寛容性とともに
飛距離増大のクラブの大きな切り札とも言えよう。
482426_165494683601157_1747186060_n

ところが
その慣性モーメントもルールの制限や
 軽量スチールシャフトの普及によって
ヘッドの小振り化、軽量化、重心距離の短化によって
数値自身が下がりつつある。

と同時に
慣性モーメントは 重量の中心点を軸に
ヘッドの回転性で計測されるものだから
シャフトがたわみ、グリップの延長線上に
ヘッドの重量の中心点に並ばないと意味を成さない。
ヘッドをターンさせるような使い方では
単なるシャフトを軸とした軸慣性モーメントになってしまい
それは逆に数値が大きくなる程
ヘッドターンがし辛くなる一方なのでマイナスでしかない。


スイングが先でクラブがそうなるのか
クラブがそうでスイングがそうなるのかは
よくわからないけれど
慣性モーメントが不必要になってしまうスイングは
慣性モーメントを無視して作ってしまうゴルフクラブは
あまり楽しい未来を作らないような気がする…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


軽いヘッドと硬いシャフトのクラブ
(変なスイング覚えたければ軽量スチールがいいですね)
まあ 一般的な市販のクラブは
振り回してスピードを上げないとボールは飛びません。

しかし クラブを振り回してスピードを上げると
スライスはより一層増します。
ここで脱落するゴルファーもいます。

クラブの理屈、物理の約束を無視しているので
体への負担も大きく、
スライス解消のために練習量も過度に必要になるので
体の故障も多いですね。
ここで脱落してしまうゴルファーも少なくありません。

軽いヘッド 硬いシャフトのクラブでは
地面からボールを打つ場合、
ボールを右に置かなくては打てません。
BlogPaint

ボールを右に置く…ということは
体重も右に残す と言う意味ですので
インパクトは必ず 上を向いた 煽る状態になるので
フェアウェイウッドは苦手とするでしょう。

オジサンゴルファーが将来を考えながら
ホントはFWと仲良くした方がいいんですが
難しいんでしょうね。

これは重心深度の問題で
重心の深さとは 
 フェース面からの重量の中心点までの距離(深さ)の事で
例えば、ドライバーの平均値は  37mm
    アイアンでは       4mm
    ユーティリティクラブは 15mm
    フェアウェイウッドは  28mm位です。

実はこの重心位置の問題は
クラブの使い方とシャフトの柔らかさ
と密接な関係で
スイングプレーンを妄信する最近のスイング論では
全然 意味の違うものになってしまい
同性同士のカップルなのに 子作りの悩み のような
モノに感じる違和感がありますけどね…。

本当は スイングでは
速度を上げた時に シャフトの柔らかさ性 によって
クラブ全体の重量は一直線上に並ぶ働きがあって
グリップの延長線上にヘッドの重量の中心点が来ます。

故に 重心深度の深いものはヘッドが前に出やすく、
ヘッドの入射角度が緩くなり
ロフト姿勢がロフトの増える方に付き
スピンは少なめだが 打ち出しは高くなり易くなります。
2388c2a5

まあ そのクラブ機能の基本を前提とすると
ボールを中に置きたがり、煽り打ちをする人にとっては
奥行きのあるフェアウェイウッドは
ダフリやダフリトップになりやすく
上手く当たっても ボールが右にあるので
ボールがスライス…もしくは右に出やすくなってしまう。

よって 販売単価も安め で
重心深度の浅めの ユーティリティが選ばれやすい。

クラブを作る側 からすると
フェアウェイやバンカーから打つ場合は
フェアウェイウッドの方が高さが出やすく
距離が一定しやすいのでお薦め。

ユーティリティはFWよりもヘッド重量があり(短い)
ラフなど ボール以外をさばかなくては
いけない場合などにお薦め。


ユーティリティクラブには欠点もあり
重心が他のクラブよりも極端に低いため
(横からの形状を比べて貰えばわかります)
フェースの当たり所に関係なく、距離がばらつき易い
傾向があり、ロフト差による飛距離差が付きにくい。
20度以下のものになれば ランで飛距離を確保するタイプ
になるので、高さに自信のない人にはお薦めしません。



スイングプレーンと言う言葉が
ゴルフ用語に定着した時期と
ゴルフクラブが「大量消費材」的な方向に
進んでしまった時期が被っている
というのが不幸の始まりのような気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ…
特にクラブヘッドの個性や特性を比べたり
見極めたりするのに「重心の位置」
というのがあります。

クラブヘッドには質量があり
その重心は何処に位置するのか ということですが
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

ゴルフ用語では
〇重心距離
 シャフトからのどの位離れているか?
〇重心高さ
 どの位の高さに重心があるのか?
 →ソールからの距離やフェース面上での上下の割合で
 表示されます。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
〇重心の深さ(深度)
 重心位置とフェース面の位置関係です。


長いや短い、高いや低い、深いや浅い
などによって 特性が出たりするのですが
実は 現代のゴルフクラブのブラックジョーク というか
とても質の悪い冗談 が普通にまかり通っています。


この重心位置による特性 というのは
シャフトがある程度動き
スイングさせ、クラブが運動すると
遠心力によって重量が一直線に並ぼうとするモノの性質
が基準となっています。
ゴルフクラブで言うと 運動スピードが一番速くなる
インパクト付近 ダウン後半〜フォローの間で
グリップの延長線上にヘッドの重量点が一直線上に並ぶ
という事が基準です。
ph01_15

ですので 例えば
アイアンやユーティリティよりも重心の深いFW
フェアウェイウッドはヘッドが前に出やすく
よって 入射角度が緩くなり、ロフトが付きやすい
打ち出しの高い〜スピンの少ない弾道になる
というのが基本です。

一般的なカタログなどでは
✋重心距離は長いほどヘッドターンがしにくく→右に出やすい
 重心距離が長いほど距離が出やすく、安定しやすい

という 何とも意味不明な解説がありますが、
この実態は
 重心距離が長いほど トゥダウン効果が大きく
 実質ライがフラットになり易い ☞右に出やすく
 重心距離が長いほど重量効果大きく、飛距離になり易く
 重量効果が大きいほどモーメントが大きく
 ミスヒットに強くなる
 というのが真実なのですが、
これも 重量とシャフトが一直線上に並ぶ というのが
考え方として根底にあるのです。


クラブヘッドを回転させ
シャフトを回転させてボールを打つ現代のスイング論では
それらはすべて
 当てはまりません!

ヘッドを回転させる行為は
クラブを動かすという行為に対し
別な運動の複合になってしまい
ヘッドの重量には クラブの運動の慣性 ではなく
ヘッドの回転運動の慣性が働いてしまうから です。

✌ヘッドを回転させて使っている限り
 ヘッドの重量点とクラブの運動が直線状に並ぶ
 グリップの延長線上にヘッドが並ぶ
 という状態は 絶対に発生しません。



✴重心距離が長いほど ヘッドを回転させにくく、
 回転すると ドッカーん と言う感じになってしまい、
 重心距離が長いほど ヘッドが重く感じ
 単に振り難くなるだけでしょう。


特にボールを右気味に置いて打つ
地面からの長距離ショットの場合での
フェアウェイウッドは殆ど壊滅的ショットになり
ユーティリティであっても距離が一定しません。

ヘッドを回転させて打つ ということは
煽り打つ 上を向いて打つ
 と同意語になるので
ティーアップをして ボールよりも下の空間が無いと
長距離ショットは基本苦手になります。
BlogPaint

特にフェアウェイウッドの場合
クラブの形状に奥行きがあるので
特に苦手にしてしまうでしょう。

アマチュアの8割を超えるゴルファーが
オンプレーンスイングと言う手打ちの煽り打ち を妄信し
その打ち方では クラブヘッドの謡われている機能は
確実に発揮されない のにそれを信じて選んでしまう 
 というあまりの状況に苦笑いしか出ない昨今です。

変な例えですが
同性のカップルが『子作り』を相談するようなものです…。

雑誌などでクラブ解説をする記事とスイング解説する記事が
全く乖離している、ある意味相反している現状を
誰が感じているのでしょう。
ショットはどの道 スイングとクラブの融合であるのに…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ