◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2016年09月


お店に初めて来られたお客様 で
そのお客様のゴルフ歴やハンディ、
年齢、性別、運動神経などに
ほぼ全く関係なく


ヘッドの重さを使えるか
シャフトの柔らかさを利用できるか
上から打てるか



それらの見極めは
テークバックに
 右ひじを外に張れるか
どうかでおおよそ見当がつきます。

逆に何年かかっても
上手くいかない人の多くが
✊テークバックで右ひじが外に張れない
✊右ひじが上げられない
✊右ひじが動かせない方で
そこがクリアできないと
先に進めないのは事実です。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c620150330_237549










この二人を比較してみて下さい
トップの位置での
✴自分の上半身をヘッド

タイガーはフェースが胸に対し
90度倒れてしまい
90度ヘッドを回転させてこないと
ボールを打つことが出来ません。

タイガーは腰はボールを向いているのに
肩回り、肩甲骨だけが動き
体が非常に捩じられており
ここからダウンスイング始めると
体は離れながらボールを打つことになりますから
殆ど曲芸的なショットになります。

これは 練習量が少なく
運動性能も当然タイガーよりも低い
オジサンゴルファーが真似て良いことは
ない ということです。

なぜ こんなに複雑に体を痛める
使い方をするんですかねぇ 不思議…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



恐らく 一般的なスライス防止は
インパクトに フェースターン
ヘッドを返してあげること だろうか?

でも、よく考えてみよう
普通のオジサンゴルファーであっても
ドライバーショットの
➟ボールとヘッドの接触している時間は長くても
 1/2500秒
 0.0004秒

瞬間とも呼べないような
存在しない と言ってもいいほどの刹那の時間。

フェースターンは
✋早くやり過ぎても
✋多くやり過ぎても

スライスよりも痛手を負いやすい
引っ掛けやフックなどになってしまう。

その「一発芸」
練習を行っているからと言って
現場で反映されにくい というか
結局は その一球一球次第で
前回ウマク行ったからと言って、次にはつながらない


これではその場で偶然スライスは防げても
スライスを治すことは出来ない。

スライスを治す基本は
ボールを打つ前から
構えを取った瞬間から
「スライスが出る可能性を出来るだけ減らすこと」
であって、
その瞬間に頼って一発芸をすることではない。

スライスが出る可能性は
(骨盤)が右を向く時間を出来るだけ取ること
から始まる訳で
その時間があればあるほど
ナチュラルに、特にメインテナンスを要するほどの
テクニックを要せず、インサイドから打てる可能性が増える。

つまり テークアウェイでしっかり
お尻や脚などを使って 骨盤を右を向けることで
それをしないと スイングには
「インサイド」という箇所が存在しなくなる!


スナップショット 1 (2011-01-18 23-43)

✋ ✋ ✋ その点でちょっと気になる点があって
スライスに悩む人、だけではないけれど
スライスに悩む人の多くが
 クローズスタンスに構えており

それにあまり例外が無いことだ。
005

確認して貰いたいのは
スタンスの向きとは
両足のかかとのライン
✖つま先のライン ではない
(つま先は開き具合がそれぞれだから)

・・・それはさておき

クローズスタンスのゴルファーに
意識して、オープンスタンスを取って貰うと
数球で元に戻ってしまう。

その理由を聞いてみると
やはり スライスの本質が見えてくるようで
勿論、全員に該当するわけではないけれど
「左を向いているから より多く体を回さなければいけない」
のが しんどい のだそうだ。


オープンスタンスにすると
その言葉の通り、
よりたくさん右を向く努力をしなくてはならない。
元々 体(骨盤)を右に向ける習慣が薄く
左腕だけ、左肩だけを動かすテークアウェイを取ってる人
には やり辛いんだろう…。

出来れば 練習で 多めの、強めのオープンスタンスに立ち
出来るだけ お尻や脚を使って
✊骨盤を右に向ける
✊右のお尻を動かす
✊右ひじを外に張ることによって右サイドを動かす
スナップショット 4 (2011-01-18 22-17)
ひじを外に張る努力は
ハミングバードの経験で
永続的に スライスを消す とても大きな作戦になる。

オープンスタンス
骨盤を動かす
右ひじを外に張る

スナップショット 8 (2011-01-18 22-07)

この努力で スライスはかなりの確率で消せます。
頑張れー!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト〜ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スライスの出る原因 でよく言われるのが、
『外から降りてきている』
『アウトサイドインだ』 …ですね。

これを「ヘッドの軌道」で考えてしまうと
スイング迷路に入ってしまいます。


鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット53









この二つの写真は
二人の人のトップオブザスイングです。
全く別なものに見えますよね。
左に比べ、右は 俗にいう
「手で上げた形のスイング」に相当します。
手で上げる というのは
骨盤から上の胴体が一体になって動かず
「肩をまわす」という言葉に踊らされて
動体を捻っている状態を指します。

右の写真のトップで
ここからクラブ(ダウン)を動かし始めると
動き出した途端に
体は開き始め
その開き具合と同時(同量)に
体が上を向く(左サイドが高くなる)ことになります。
53
このトップ、このスイングには
殆ど インサイド というのが存在しません。
インサイドはこの写真の視線(方向で)
ボールから離れていく、遠くなること
遠くなる➟近くなる(アドレスに近い状態)
が インサイドから という意味なので
このトップからボールを打ちに行ったのでは
瞬時に体が開き始め
ボールに一番近い状態→ボールに離れながら
ボールを打つことになります。
 ☞ これがスライスの源 になります。

この状況 から
無理やり ヘッドの軌道だけを考えてみても
根本的な解決にはなりません。
0-0763-1388

骨盤がしっかり右を向く というのは
インサイドから というのと 上から というのを
同時に作り出します。

この基本が無いと
小手先での スイング軌道造り になってしまいますから
軌道が出来るとヘッド姿勢が満たせず
ヘッド姿勢を良くすると軌道が外から になってしまい
絶対に解決することが出来ません。


ボールを上から打ちたい
ボールをインサイドから打ちたい
アウトサイドから打ちたくない
煽り打ちをしたくない

の主原因は テークアウェイでの
『骨盤の右向き不足』
にあるのです。

どんな形になったとしても
どんな格好になったとしても
骨盤が出来るだけ多く、大きく
右を向くことは スイングの中でとても大切です。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

テークアウェイで右ひじを外めに出すのも
それが理由とも言えます。

理解できている人にはくどいかも知れませんが、
ここの部分が欠落しているゴルファーが
あまりに多いので、繰り返し記事にしてみました。
点検してみて下さいね👀

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーは
クラブの重さは 
グリップ→ヘッド方向 へ使う
外へ外へと掛けるものだと思っているようです。

しかし、その 外へ、外への重さ
おそらく 遠心力は ボールを打つ方向や
スイングしていく方向とは大きく異なる、
負荷 にしかなりません。

ゴルフクラブヘッドの構造や機能を有効に
使っていくのには クラブの重さを その逆の
ヘッド➟グリップ方向 に
使って行かなくては
もしくは、そうイメージしていかなくてはなりません。
IMG_0361

ヘッドの重さでヘッドを動かしてしまうと
グリップの移動が止まり(滞り)
結果、体の回転も滞ってしまいます。

ヘッドの重さやクラブの重さでグリップを
動かしていくスイングをイメージしていかないと
ゴルフクラブの重さと常時「闘う」ためのスイングに
なってしまいます。
ゴルフクラブと戦って良いことはありません。

グリップがヘッドのより低い位置にあり
その重さによって グリップを動かしやすい
その瞬間がとても大切です。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)

この写真のような状態で
ゴルフクラブを離せば(落とせば)
当然 このクラブの姿勢のまま、
グリップから地面に落下していきます。

錯覚しているゴルファーがいるか と思うのですが
グリップを支点に ヘッドの方が地面に落ちていく
というのは、クラブの重さとイコール分
人為的に、作為的に グリップを止めている〜固定している
という作業が必須になります。

これから ボールを打つ という目的が待っているのに
クラブを移動させる主たるグリップの移動を止める
という矛盾する行為が行われるわけです。

これでは上手くいかないか
その矛盾を 自分の体のどこかで受け止め故障を生み出す
そのスイングになってしまいます。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

ゴルフクラブの形やその時の体の姿勢
➟右を向いている時は左サイドの方が低くなっている
を利用すれば、クラブの重さでグリップを動かせば
より 進行方向への行為 打撃が楽になって行きます。

ゴルフクラブの「重さと」上手に付き合って行く
そういうことを 悶絶クラブは訴え続けています(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


機種によって多少に違いはあっても
ゴルフクラブは長い棒状のモノで
その先端には クラブ全体重量の60〜70%の
重さが集中しています。

スイング中に、その重さを
外に、外に、
『グリップからヘッド方向』に増やすのが
本当にその形状のモノの使い方でしょうか?

クラブや動かすスピードにもよりますが
静止時に300〜400gしか目方のないクラブは
運動によって 10数キロ〜30キロ位の負荷になります。

スイングは視覚的には ヘッドで円弧を描いているように
見えますが、正解としては クラブを動かしている のではなく
クラブ単体は大きく動かさず、
クラブを持った打ち手が向きを変えているに過ぎません。

逆に打ち手が動かず、クラブ自身が反転するような
円を描く動きは 単に円弧に対し、外へ外への負荷を
作るばかりで、その負荷のかかる方向は
ボールを打ったり、動作をしたいと思っている方向とは
概ね反対か、立体的に90度ずれているのです。

悶絶クラブを始め手にして
スイング中にその重さを感じ、
そして その重さのかかる「方向」を見極めると
今までの自分のゴルフクラブの動かし方や
自分にとって『出やすいミス』と言うのが見えてきます。

過去にも記事にしていますが、
オンプレーンスイング等によく出てくる「遠心力」
という言葉は 運動した時に重さが外に外にかかる力です。

・・・ボールを遠心力で打つ ・・・

という カルト宗教みたいなスイング論 がありますが
遠心力が有効なのは機械のようにその軸点が
その重さに耐えられて移動しない
☞固定されている場合にのみ有効な作用です。

ゴルフのように
毎度 立つ地面の傾斜具合が違う状況…。
ダウンスイング〜フォローまでは 0.2秒程度の時間…。
その中で 遠心力が掛かれば 必ずその反対方向に
立体的にその反対方向に「求心力」に相当する「引き」を
働かせなければならなくなります。
c20aa9e2

おそらく 悶絶クラブを持つと
クラブが一番重くなるのは
ダウンスイングの中ごろから後半インパクトまでの区間で
その状況でかかる重さの方向は右足のつま先方向
a15bd60f
右足に沿って斜め下方にかかる筈です。

ボールは「止まっている」、
定められた位置に固定されているので
その「負荷」がかかっても そのボールを打つのには
その負荷のかかる方向と 魔反対に引かなければなりません。

ダウンスイングの最中で言うと
右足(右靴)から 左肩への斜め上方です。

実験好きな人は是非やってみると良いですが、
遅く振ってみる
速く振ってみる
それを意図的に行うと
自分自身が その左斜め上方にクラブを引っ張っている
ひっつらせているのを感じるかも知れません。

その動きは慣れているとは言え 反射に近い動きで
ダウンスイング中にかかる遠心力を消すため
常時 クラブを上方に引っ張る動きをしています。
この時期に その求心力を作用させると

‖里榔Ωきから正面向きをすっ飛ばし
 いきなり左向きに体を開きます。

△修領未鳳じて、左サイドは上がり、右サイドは下がります。

1Ε汽ぅ匹下がるので インパクトまでに
 右腕を伸ばすことが出来ません。

ず犬上がり、右が下がるので
 体重は右に残ったまま振ることになります。

ッ鰐未砲△襯棔璽襪紡个
 左上方に離れながら打つので 左サイドを止めたくなります。
 スイングの円弧の最下点(ボトム)は
 想定しているよりも 右になります。
  ➟上がり際でボールを捉えますから
   トップとダフリの交互が出やすくなります。


ξ磴┘哀螢奪廚移動していても
 その方向が上向きになるので、横移動の量が減ってしまい
 グリップが移動を辞めているのと同じ作用になります。

Д棔璽襪話罅扮Δ瓠砲肪屬たくなるでしょう。

などなど
ダウンスイング中に感じられる重さ だけでも
これだけでもたくさんのことを発生させるのです。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

市販のクラブだと
軽くて硬いので そうせざるを得ない というのはありますが、
重さなどの感覚的な情報も何もないので
結局 「型」でスイングを覚えることになるのでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
22dfc18d-s

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


https://www.youtube.com/watch?v=h5J43wMQXZ4


リートレビノ氏は
アプローチショットでフリップしないことを述べています。

フリップ flip とは
クラブフェースの歯、リーディングウエッヂを
跳ね上げるような打ち方を指します。


実はこれが ショット全般でのこすり打ち に
つながっていきます。

002001









ボールは球体です。

圧力が加わった時、逃げ場を探します。
それが ゴルフクラブで言うところの「ロフト」です。
この逃げを利用して
ボールへの破壊力・打撃力を
 ボールの速度・回転・角度 に分散させ
意図的に距離のロスを作り、
方法を変えなくても、距離を打ち分けられるように
しているのが、クラブであり、番手です。

それをフリップしてしまうと
そのロフト以上の逃げ場をボールに作ってしまい
一定の距離を安定して打つことが出来なくなってしまい
打撃力が本来の距離にならなくなります。

これが主にアマチュアの距離不足の原因です。


トレビノ氏は
ボールに対し、地面に向かって圧力をかけてあげること
これがショットだと言っています。

その通りだと思います。

ボールを浮遊させる、上げるのは
クラブの、ヘッドのロフトの効力であって
それになんの作用も与えてはいけません。
それは「クラブの仕事」なんです。

そのクラブのロフトなり や
そのクラブの長さなり に打ち手が振ってしまっては
クラブは仕事が出来ません。

どの番手であっても
ロフト0度だと思って扱ってみて下さい。
ゴルフクラブにロフトがあるのと
そのロフトなりに振ってはいけません。
4656cec4


打ち手はボールに地面方向に圧力をかけてあげればいいのです。

と同時に フリップしないで打つと
トップやダフリ というミスが
自分の辞書から ほぼ抹消されます。
感触的に トップやダフリが出ても
実際の弾道には殆ど影響が出なくなります。


✊ ✊ ✊ 
そして その肝心なところは
開いたロフトで打たない!
ボールを上から打つ!

というのは手先の動作ではなく
打ち手の姿勢によって作り出される ということで
それを手先で作ろうとする限り
答えは永遠に見えてきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は スライス➟ボールに右回転が入ること 
の原因を横の動き
(フェースの向きとかフェースの閉じ不足など)の
左右の横の動きだと思っている。

そこらへんもスライスが横行してしまう
大きな『勘違い』のひとつ。

スライス は こすり球 で
そのこすりは 結果として右回転が入るが
左右のフェースの向きや閉じ具合 ではなく
単にロフトが付きすぎているからで 縦方向のミス なのです。

ymage


勿論、所々色々絡み合いますが
イメージでは コチラよりも

4656cec4
コチラの方が
4656cec4
断然スライスは予防できます。

その上で考えて貰いたいのはグリップ(握りの方)です。

スライスの多くは 色々な経緯はありますが、
   必要以上に
ロフトを付けてしまう事から
   始まります。


ロフトを付ける というのは
シンプルな見方をすると

右グリップ(右手)と左グリップ(左手)の関係で言うと
インパクト時、もしくはインパクトまでに
右グリップの方が左グリップよりも低くなってしまう
という事になります。

右グリップが左グリップよりも
明らかに低くなるのは 腕 ではなく 体さばき に
よるものの方が多く、そして大きいです。

と同時に明らかに
そうなることを前提とした「握り」も多く存在します。

例えば コチラ

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223

この握りは インパクトで明らかに
右サイドの低くし、上を向くことを前提としています。

よほど 練習していない限り
この握りでは 奥行きのあるフェアウェイウッドを苦手と
してしまいます。

正しい体さばきで インパクトに入ってくれば
✌インパクトは概ねボールと正対➟左右は概ね同じ高さ 
✌インパクト以前はまだ右向き 右の方が高い

というのが原理原則です。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

スイングを手さばきで作っている人は
ダウンスイングの時点で
既に右グリップの方が低く
インパクト以前に右グリップの方が低くなると
必ず 体は上を向いてしまい、
それは同時に体の開きと同意語です。
スナップショット 2 (2014-06-24 15-38)

勿論 体の向きによって
グリップ(握り部分)は移動させるのですが
多くの人は ヘッドばかり、ヘッドの軌道や姿勢ばかりを
気にしていますが、
正直 ヘッドは直接的に触れている訳でもなく
高速で動きますから、視認もかなり困難。
老眼入ったおじさんには奇跡に近いトライです。

だから グリップの動作管理
これを意識してあげるだけで
飛躍的にスイングの管理は易しくなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングストロークやアプローチなどで
肩の揺さぶり、肩の三角形を使っての
ストローク・ショッ
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)
トをする人は総じてスライス傾向が強い。

スイング用語としての定義間違いが原因か、と
思われるのだが、肩は「体ではない」
・・・肩をまわすこと と
・・・体をまわすこと
体が回ったから、結果としてその上に乗っている肩が廻るのと
体は回さず、肩だけを回すのは「天と地」の違いがある。

当たり前ではあるが
肩(肩甲骨)は腕を柔軟に動かすための機能で
体や胸に対して 横方向に回転するようには出来ていないので
動体を捻る〜捩じる動作の一環になってしまう。

アプローチで言えば 体が回る ということは
体が回ることによって グリップがインサイドに移動する
スナップショット 4 (2015-04-18 18-59)

ボールから離れていく方に動くはず。

ところが 多くの人は
グリップがこの視線で 真っ直ぐ動いたり
最近では ボールの方に寄って行く、
体から離れる人も少なくない。
2010111116444243889

これでは インサイド というのが存在しないので
小さなアプローチであっても
ボールを打つのにはダウンスイングで
体をボールから離さないと、離れながら打たないと
行けなくなってしまう。

ゴルフのスイングでは
ボールから離れるのは
上に伸びあがるか
右・もしくは左を向かなければならず
この場合は 左を向く☞体を開くことになる。

ゴルフクラブは両手で握る都合上
体の幅の中、体の正面にヘッドがある時が
オリジナルのロフトで
体の正面よりも右にあれば 大きなロフト
体の正面よりも左にあれば 小さなロフト になる。

同時に体も開く イコール 上を向く
ということなので
その基礎的な動きがスライス癖になるのは勿論
アプローチそのものも安定し辛くなってしまう。
IMG_0361

現代、流行っているゴルフスイング論は
軌道〜スイングプレーンを意識するもので
多くの人は それをヘッド軌道だと強く思っているが
シンプルには
 ヘッド軌道を作るのはグリップ軌道であり
打ち手が直接的に関与できるのはグリップ軌道
なんだという認識は殆どない。

スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)この状態からフットワークによって
グリップはインサイドに移動していくのだが
シャドースイング等で確認して貰いたいのは
右を向いている時間〜期間は
前傾姿勢が絡むが故に
右サイドの方が左サイドよりも高くなる


インサイドのグリップが動いたのは
「体の」向きを変えたからであって
グリップはやや上方のインサイドの移動して行くとともに
当然 右グリップ方が左グリップよりも
若干高い位置関係が維持されていく筈。

IMG_0348インサイドに手だけで動かすと
このように
左右のグリップの上下関係が狂う。

グリップの管理
グリップの移動
これが直接的に出来るスイング
クラブ扱い管理 だと
理解すると良いと思う。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライス こすり球を常用としているゴルファーは
ゴルフが安定しない「選択」をしています。
0-0763-1388

ゴルフ・ゴルファーにとって
スライス・こすり球は忌み嫌われるのは理解できますが
ゴルフを安定させ、向上させるのには

 ✌逆球を打たないことはとても大切です。

逆球とは 概ね出るだろう「
曲がり
例えば いつも「
右曲がり」の人が
その反対の「
左曲がり」の球を打つことを指します。

✋右曲がりの球にも、左曲がりの球にも
長所短所は存在します。

右曲がりの傾向は
距離が出にくく、弾道が高く、風に左右されやすく
番手に不得手得手が多いことで
左曲がりの傾向は
距離が出るが曲がりの危険度は高く、弾道は低い
同じく番手に不得手得手があり、
左曲がりの出し方によってはバンカーを苦手としています。

ゴルフはコースを攻略して
無駄なショットを極力少なくするところにありますから
ボールの飛ぶ方向は当然大切です。
u=341495341,3618090510&gp=0

右曲がりの多い人が
コースで突然逆球を打ってしまうと
当然 右曲がりを計算して構えを向けていますので
そのまま OBやスコアの直結するミスになってしまいます。

ところがショットのそのもののメインテーマを
小手先によるスライス封じ にしている限り
右曲がりと逆球は くじを引くように 交互に
しかも意図せず出てしまいます。

それがスコアを頭打ちにするのです。

右曲がりは前述の通り
距離が出にくく、弾道が高く、風に弱い
その代わり OBになるほどの曲がりは少ない ので
決め打ちしてしまう と言うのも一つのアイディアです。
でも、ショットの基本、基礎を『スライス殺し』として、
それを金科玉条のようにし続けている限り、
それも難しいでしょう。
こすり球を常用する人がスコアが伸び悩むのは
ショット = スライス殺し という
メインテーマがコースでも続くことです。
2f69dcd8.jpg

ゴルフスイング・ゴルフショットは
自分の動かすゴルフクラブや腕など重さの
その動きによって作られる重さのベクトル(方向)
不可抗力をいつも体が反射的に補足するものです。

スライス殺しを小手先で行う動作は
小手先はスライスを殺しているつもりでも
その動作によって生まれる不可抗力封じのための
体の動きは『スライス促進』してしまう という
矛盾の中から抜け出せないことにあります。


アプローチでの基礎からのスライス撲滅の前に
少なくとも ショットの練習やコースで
テークアウェイの始まりを 右ひじで
その右ひじをアドレス時の後方(背後)に
肘鉄をくらわせるように上げることを心がけて下さい。


右ひじを体に付けて
遼君のように右ひじを体に付けて上げるスイングを
肘を外に開いて、出来るだけ両肘の高さが
前傾姿勢なりに揃っている(胸に平行)を保てるだけで
それ以降のスイングは兎も角
だいぶ スライスは軽減されると思います。

そのテークアウェイでの右ひじ使いは小手先のため
ではなく、体の姿勢を作ります。
鼓笛隊 モデルケース-143フレームショット

右ひじを後方に引けば
右ひじを体に付けてテークアウェイを取るよりも
はるかに体が右、骨盤が右を向きます。

骨盤が右を向く ということは
スイングをインサイドからする
ショットをインサイドからする
『機会』を圧倒的に増やします。

骨盤が右を向く ということは
打撃の進行方向に当たる左サイドが低い時間を増やしやすく
ボールを上から打てる ☞ ボールを潰せる
『機会』を圧倒的に増やします。

スイングは小手先で覚えるのは間違っていませんが
小手先で覚えることによって
無意識なうちに 不器用な体をコントロールする のが目的です。

小手先で小手先のスイングを作っている限り
体を壊すほどの練習量が必要になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライスを治す方法論として
◇スイング軌道を治すこと
◇アウトサイドインを治すこと

と言われていますが
スイング軌道ってなんでしょう?
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
そもそも論として
このスイング軌道が
『土星の環』のように斜めに傾いているのは
スイングの前提として 基本姿勢であるアドレスに
前傾姿勢がある からです。
つまり 姿勢・体なのです。

軌道を腕さばき主体で作っている現状で
アウトサイドインをインサイド○○に変えるのは
より一層スライスを増すことになります。

本来、スイング軌道の基礎は
前傾姿勢と体(骨盤)〜胴体の向きの変更によるものです。
だから スイングの軌道は前傾姿勢なりに傾いているのです。

体(骨盤)を回さず、腕で作っているスイングでは
俗にいう「アウトサイドイン」は必然です。
それを無理やり インサイド から に変えても
腕さばきである限り、
さらに開いてボールにアプローチしてくるのですから
問題をより複雑に、困難にするだけです。

誤解を生みやすい言い方ですが
腕の働きは 前傾姿勢&体の回転 で出来る傾きに
更なる上下…高さを作り出すことです。(傾きの角度を変える)

ところが その腕での無理やり「インサイドから」
その高さも殺してしまうので
スライスを修正出来ないだけでなく
クラブヘッドの重さの理由すら負荷に変えてしまいます。

という事で
スライス撲滅の第一歩は
アウトサイドインを治すこと…ではなく
スイング軌道を本来の形に戻すこと から
始めなくてはいけません。


まず ゴルフ用語の定義 から必要です。

ゴルフスイング用語での
体は股関節から上の骨盤を含めた胴体一式 です。
肩と言う人も少なくありませんが
肩は胴体が回るから ついでに。。。と言うか
当然回るのであって
肩そのものの横方向への運動は「遊び」であって、
動作ではありません。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)

ゴルフクラブの形を考えて下さい。
フェースというものがあって
それによって 打撃する箇所があり
そこには打球の飛距離などを決める「ロフト角度」が
機種や番手によって設定されています。
アイアンで言うと 隣同士の番手との「ロフト角度差」は
3〜4度・・・・・・ それをスイング軌道の為に
数十度も変えてしまうようなスイング論は
正直、スイング論と呼べる代物ではありません。

肩を体と規定し、腕で「スイング軌道」を作ってしまうと
スイング軌道の課題はクリアしても
打撃時の「ロフト角度」や「飛球方向」の問題が
必ず生まれてしまいます。


常識的に考えて、腕を引っこ抜けば肩から抜ける訳で
肩を回せ とは 体を回せ の意味で
肩だけをまわせ は 腕だけで打て
 と言う意味なのです。

多くのゴルファーは
肩だけを動かす その感覚が
体を動かしている〜体をまわしている という
大変大きな過ちの基礎 を刷り込んでしまっています。
そこを修正しないと
スライスとお別れし、ボールを捕まえる日々は
永遠にやって来ません。

それには、やはり静的なアプローチから始めることでしょう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スライスは別名こすり打ちを言われます。
スライスそのものよりも
「こすり打ち」というのに
解決のヒントがあると思っていいでしょう。
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)

そのこすり打ちの典型が
このパターによる ショルダー打ち
肩を揺さぶって打つ方法です。

確かにパターと言う道具は
クラブの中で最もロフト角度が立っており
こすり打つ という認識から最も遠い気がするでしょう。
しかし、この同じ動作を60度のウエッヂで
やってみたらどうでしょう?
4c9a0689
おそらく 何回かに一回はボールの下を潜り抜け
ボールがポコんとほぼ真上にあがり
数十センチしか飛ばない だるま落としになってしまうでしょう。

これが典型的な『こすり打ち』です。

ボールの底 下部分をこすって打つのでそう呼ぶのです。
006009






アプローチで多くの方が
ヘッドの動く軌道をフェース面でなぞる
そんなイメージを持たれていると思いますが、
それがこすり打ち、スライスを産み出します。

フェースで軌道をなぞる のは
実質上、ロフト効果90度で打つことイメージです。
60度のウエッヂを30度も余計に増やして打つイメージです。
2388c2a5

60度前後のロフト効果でボールを打つのは
ヘッドの動いてきた上下の軌道に対し
60度の前後の角度になって ボールを打撃することです。

まして そのヘッドの高低差、上下の高さの変化が
体に前傾姿勢があって、回転するから発生するのです。

それを腕や肩の揺さぶりで作ってしまったのでは
体の回転で作る円弧よりも小さな急激なものになり
ヘッドの姿勢の増え 以上にロフト効果は付いてしまいます。

パッティングでもそうですが
小さなアプローチの時点でこすり打ち
スライスを打つ為のトレーニングをしていることなります。
o0361056812059034776

練習で要注意なのですが、
ショットの練習をして、アプローチの練習もする。
ショットでこすり打ちを気にし、体でクラブを動かす意識を
持ってトライしていたとしても
いざ アプローチで腕や肩の揺さぶりで行ったのでは
そのショットの練習はリセットされてしまいます。

ショットやスイングの改良は
スピードや力で誤魔化せる部分や練習では
改善されていきません。

出来るだけ 遅い速度の非常に基礎的なクラブの扱い
基礎的な動作でしか改善されていきません。

その習慣付けがとても大切です。

001

それとこれは マメ知識 ですが
ゴルフクラブのアイアンの厚み(高さ・タッパ)のことを
『プロファイル』と呼びます。
このプロファイルは
アイアンの先端部-トゥ側の方が高く
根元部-ヒール側の方が低いのが常識的なものですが、
これはボールがヒール下部からトゥ上部に斜めに
逃げていくのを防止するためのモノでは ありません

ゴルフクラブには安全上の問題で
重心距離と言って、グリップ〜シャフトの延長線上に
重量の中心点がなく、その距離分 
シャフト軸線から離れています。

そして 限度はあるのかもしれませんが、
同じ質量のヘッドであれば
その距離が離れているほど ボールを打撃する力が強く
かつ 慣れれば安定感もあるものです。

と同時に その形状、
トゥ側の方がプロファイルは高い、厚みがある
というのは 番手間の違いがあっても
テークアウェイを取り易く、
移動させる方向を視覚的にガイドする役割 

を持っていて
クラブ設計にはとても重要なポイントです。
a08683cd

良いアイアン形状と言うのは
番手間の違いを上手に
その長さなりの軌道を視覚的に統一させる というものです。

以前は アイアンの設計に削り手さんが関わっていましたが
現在はパソコンによる画面上の設計のみ が主流なので
設計する人にその観念が存在せず
番手間にその造りに統一性が無いものばかりに
なってしまいました。

各メーカーの主力アイアンを並べてみると
びっくりするほど「酷く」
同じメーカーの同一機種の中に
そのガイド性が数種類混在しているものばかりです。
その造りが流れになっているアイアンは見つけることが
出来なかったですね・・・。
これでは使い手さんの目も養わないし
クラブ造りの衰退を目にするようで残念に思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


おじさんゴルファー、アマチュアゴルファーにとっての
永遠の課題…に 
「スライス」「こすり打ち」があります。

こすり打ち は 打撃力が距離になりにくく
頑張って打っても(振っても)高さやスピンばかり増え
非常に口惜しい思いをします。

そればかりでなく
ek

こすり打ちは フェアウェイウッドを苦手としやすく
兎角 飛距離に悩んでいるゴルファーにとって
使えるクラブの番手(種類)も限定的…。

総じてバンカーショットは苦手ではありませんが
アプローチであっても、バンカーであっても
上がる、もしくは出るだけで
上がるが故に毎度毎度ショートし
アプローチの場合はダフリやトップのミスの頻度も多く
スコアにも直結する課題です。

スライス〜こすり打ちでゴルフを組み立ててきた人は
練習量、練習頻度で克服してきているので
その悪癖を治すのは魔法…という訳にはイキマセン。
特に こすり打ちの人は
その練習量・練習頻度をアプローチに割いている場合が多く
スコアに対する固執感(失礼な言い方ですいません😱)
強いので なかなか根本のこすり打ちと別れるのが
精神的に難しいのだと思われます。



スライスやこすり打ち を自覚されているゴルファーは
少なくないとは思いますが、
果たして そのメカニズムがどうなっているか
理解されていない方が殆どです。


u=2431157136,2974056371&gp=0

それを紐解いてみたいと思います。

ちょっと遠回りな話ですが、
スライスが、右に曲がる球が現実になるのは
ロフトの少ないクラブです。
ロフトの少なくラブで右に曲がるのですが
だからと言って ロフトの大きいクラブも上手く打てていない
のが現状でそこら辺から始めましょう。

ボールはパターストロークであっても
右、もしくは左の回転が混じります。
空を飛んでいる場合、
基本になる縦の回転が分母になり
横の回転が分子になるような関係です。

打ち出しの角度も絡みますが、
そこは今回は無視し
ヘッドの移動してきた上下の軌道
それに対しての クラブヘッドのロフト角度が
主に 縦の基礎回転を作ります。


ですので 2000〜4000回転位のドライバーショットでは
800回転(右)でも 弾道として右に曲がる可能性があり、
7000〜10000回転のピッチングウエッジのショットでは
1500回転(右)でも 弾道としては曲がらない
という事になります。

球の速度などにもよりますが
縦の回転に対し 1/3以上の横回転が入ると
弾道として右左に曲がる というのが表れてきます。


後々 書きますが
こすり打ちはアプローチ…
そうグリーン周りのアプローチやパッティングストロークで
改善しないと治りません。
基礎的な スピードや力で誤魔化せない 
ファンダメンタル的な動きを治さないといけません。

u=341495341,3618090510&gp=0

ここでハッキリさせておかなくてはいけないのは
 ゴルフクラブのフェースがアドレスの飛球線に対し
『右』を向いているのとスライスは
 直接関係にはありません!

 フェースが右を向いているのは
 ボールの出る方向がその分『右』になるだけで
 直接的に右回転〜スライス回転になる訳ではありません。


➡そうであると
 右に出て 左に曲がる球が存在しなくなります。


2388c2a5


 スライス回転になる 主な原因は
 まず ロフトが必要以上に開いていることです。
 ただ クラブは構造上 ロフトが開いていると
 フェースが右に向いていることが多いという事です。
 変な例えですが、タクシーの運転手さんは男性が多い…
 その程度の関係で、最近では女性のドライバーさんも
 増えているのだと思います☺

 ボールに影響を及ぼす「ロフト効果」
 クラブヘッドの姿勢だけではなく
 打ち手の姿勢も大きく影響します。
鼓笛隊1-01 (2)

 何度も言ってもいますが
 インパクト付近で、左サイドが上がり、右サイドが下がる
 この姿勢の方が ヘッド姿勢よりも
 はるかに大きくロフト効果に作用します。
 単純に左上がりになっているのと同時に
 右が低くなっているため、右腕が伸ばせず
 その条件では ロフトを開かなくては
 ボールを目標方向あたりに打ちだすことが出来ませんから
 ロフトは  で開くことになる訳です。
20090801 2009_08_28_14_38_06-572フレームショット

 そして クラブと体、スイングの構造上
 左サイドが高い というのは 同時に
 それと同じ分、体が開いている というのは
 クラブや体が遠ざかりながら ボールを打つ
 というのが その開いたロフトに絡み合う
 というのが 『スライスの作り方』 です。


 ですから スライスの悩んでいる方は
😱体の開きが早い
😱右サイドが突っ込む
😱体重が左に移せない

 というのは もれなく付いてくる特典で
 体の開きが早く、右サイドが突っ込み
 体重が右のまま・・・・・・ であれば
 フェアウェイから奥行きのある形状の
 フェアウェイウッドを苦手とするのは納得! ですよね。

BlogPaint



 そこを解消しましょう!  続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いきなり玉に届かなくなりました
駐車場練習でLブリパターの左手ドリルから始めて
練習マットでプラスチックボール打ちに移行
5球程打ちながら力抜いて〜
ヘッド振らない〜 とやってたら
突然空振り!
続けて空振り?
玉に当てる意識してやっと掠める
下に振る意識してやっと当たります
コンクリートの床にダフると嫌なので今日は中止しました
こんな時の修正はどこを意識するべきでしょうか?




 緊急を要しているようなので(^_-)-☆
まず、ボールに届かせるのにはどうしたらいいでしょう?

想像してみて下さい。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)

例えばトップの位置があります。
ここから クラブ『ヘッド』を地面にあるボールに
届かせるのに下に振ったら姿勢はどうなるでしょう?

腕も含め ゴルフクラブの重さ に運動が加われば
十数キロ〜20キロを超えるような重さ感になります。

いくら低い、地面にあるボールとは言え
上下位置は決まっている訳で、
水面に浮いている フローティングボールを打つ とすれば
重さが増え、下にかかる分、人間は上方向への調整が必須‼
になります。

多分 そこは理解されていると思います。

そこでもう一歩踏み込んでみましょう。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

手で振る にしても、体で振る にしても
クラブヘッド下に振ろうとしたら
重量物を下方向、しかも
体の正面に対し 右側での円弧運動で
運動の軸になるであろう部分(背骨なり、なんなり)は
右〜左 のどちらにズレ易いと思いますか?

トップの位置から 重量物を下に向かって
円運動で振って、軸に相当する部分が
どちらかにズレると仮定すると
どちらにズレ易いと思いますか?


例外がない とは言いませんが、
ボールに届かない その原因は
下・・・・ 上下方向に届いていないのではなく
左・・・・ 左右方向に届いていないのです。

届いていない から 届かせよう とする動きが
下に と同時に 上向きを作るので
軸が右にズレる・右に傾く ので結果 届かない のです。

スイングはバランスゲームなので
下げれば その分 上がる箇所が出来ます。
下げる 上げる というのは相対関係なので
体の中で「止まっている箇所」があるという事です。
下げている「箇所」があるという事です。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)

ボールと打つ
ボールに届かせる というのは
スイングの一連の動きの中で
インパクト その付近は
一番低く 一番ボールに近づく瞬間です。
概ね 全部のモノが一番低くなる方向に
概ね 全部のモノがスイング中で一番ボールに近づく瞬間
そういうものを作らない限り

下げれば 何かが上がります。



   …回答になったでしょうか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





クラブ扱いを考える際に
クラブの側からも人間の動きを考えてみましょう。

スウィング破壊兵器である硬いシャフトや軽いヘッド
を使っている場合は、仕方がないのですが
少なくとも ある程度、運動するシャフトや
必要最低条件を満たすようなヘッド重量が備わった
クラブを使っている場合、
クラブやクラブヘッドの重さ など
から発せられる 感覚情報を
感じてみましょう。

重さは動作中の何時発生するでしょうか

それも いつも同じ箇所ですか

重さの具合は一緒でしょうか

重さが発生すると、力みませんか




もう一歩進んでみると

その重さには指向性がありませんか

その指向性は自分の進みたい
自分の動かしたい方向と同じですか

その差はどの位ですか



スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)


では その重さと指向性を
自分の動きたい、動かしたい方向や重さに
変えるコトは出来ないでしょうか

クラブの行きたがる方向を
出来うる限り 自分のそれと揃えてあげる

そう考えていくと
より少ない動作や労力で
簡単にボールが打てるかも知れませんよ。


これらの情報はクラブやヘッドの重さを
シャフトを通して ユーザーに伝わります。

僕はその部分が一番の
シャフトの役割と考えています。

硬いシャフトであると その情報を
リニアにユーザーに伝えません。

柔らかいシャフトで ヘッドでボールを
弾いて飛ばす という誤った認識を
持った方が少ない無いかと思うのですが
本来の シャフトの役割は
そのまったく反対なのだと考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在、日本人ゴルファーの平均年齢は61.6歳
15年前は58歳でしたから、ゴルファーも高年齢化しています。


困ったことに、現在、主流になっているスイング
一般的に流通しているゴルフクラブは若者向けのモノばかりで
平均年齢に近い、そしてそれよりも上の年齢層に
不向きなものばかりです。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

若者向けのスイングやクラブは
絶対的な体力や練習量・頻度が必要です。

真っ直ぐ、繰り返し、そして遠くに飛ばすには
練習頻度を維持し、メインテナンスが絶対条件なのが
災いして、体を痛める人がとても多い、
びっくりするほど多く、
それが原因でゴルフを断念してしまう人も少なくない
のが ゴルフ業界の悩みの一つです。

体を痛めてしまうスイング・動きの代表的な例が
運動している〜動いている部分に対し
止まっている〜動いていない部分があることで
特にその支点 ☞ 左手首〜左ひじ〜左肩〜左側首
ここら辺を痛める人が少なくないようです。

ショットの是非 も勿論そうですが
ゴルフスイングを修正、改善するのに
意識する部分で
行き(テークアウェイ)と帰り(ダウンスイング)
ある訳ですが、
行きで出来ていないことは 帰りでは出来ません。
運動の遅さや不可抗力の具合などを考慮すると

『行きで必ずやっておきたいことがあります。』


➡前述しましたが、左手首、左ひじ、左肩、左側首 を
痛めてしまう原因は、移動している全体に対し
その痛める箇所 左腕付近が止まってしまうことです。
そのタイミングは運動の速度や一番速まる時期なのですから
負担がかかる訳です。

体を痛めないスイング、部位を痛めないスイングの基本は
運動している方向の腕、特に肘が
その移動を、その運動を止めないことです。
つまり ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
つまり ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
つまり 
ダウンスイングで左ひじの移動を止めないことです
329500ce

その意識は慣れてこないと難しいでしょう。
ですので、テークアウェイで(右方向への移動・運動の際)
右ひじの移動を止めないスイング を作ることがファーストステップになります。

テークアウェイで右ひじを支点にして
クラブを動かすスイングを作ると
例外なく、ダウンスイングで左ひじを支点として
クラブを動かすことになり、
左ひじを支点…止めるという事は
左サイドの横移動〜回転を止めることになります。
多くのスイングは横移動を上移動に逃がすため
体を絞るようにつながり、首などを痛めるスイングになります。

それを食い止めるため
テークアウェイで右ひじの移動を止めないよう
注意してみて下さい。

横移動➡前傾の傾きを基準にした横への動き


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングする時、クラブを振る時、

体に対し、腕の役割は

クラブの運動量を増やす とイメージしている限り

体と腕は別々に動かさなくてはならない。

0-0763-1388


自分で実験すると分かるけれど

重いものを持った腕が独自で動くとき

そのターンテーブルである体が積極的に動いている間は

腕は動かすことは出来ない。

故に体を回して、体が止まりかかったら

その反動で腕を動かして、クラブを振る

と言うスイングになってしまう。


スイングとしての腕の役割は

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1935617.html

昨日書いたけれど

d11be403-s体の回転で作る円弧

例えば上から見た様子だと

正面➡約90度➡右向き
➡90度➡正面経由➡90度➡左向き

打撃方向だけを取れば、左向きまでの180度

テークアウェイ(バック)方向で、右向きの90度

その量にプラスアルファすることではない!


☆クラブヘッドは重い分、体が180度回っても

 クラブ〜シャフトターンはそれ以下

 と言うことは、今回の話では割愛します


テークバックの動き 右向きの90度

それを増やして 120度にしたり、180度にしたり

それが腕の役割ではない。


体が右を向く

クラブも90度ターンをする ☞ 1/4の円弧を描く

それに腕が加わっても

クラブのターンは角度として一度たりとも増やさない。

『コッキング』を推奨する訳でも

左の手首の角度の話をしている訳でもないが

体の回転だけだと

傾き分(前傾姿勢)しかクラブは高くならないのが

利き肘を曲げることによって、クラブを起こす

f2350aac


(イメージとするとグリップを自分に近づける…感じ)

それによって 傾き分の角度がもう少し急傾斜な

きつい坂の軌道に変わるのが腕の役割。

テークバック(アウェイ)が原因か

スイング全体のクラブ扱いのイメージが原因か

鶏と卵の関係ではあるが、

腕を使って 円弧を増やそうとする限り

長い棒の先に重さが付いているゴルフクラブは

その機能を果たさず終わってしまう。


腕でクラブ、特にクラブヘッドの移動量、運動量を増やして

テークバックを取ってしまったら

帰りは反動を使わないと とても重くてクラブは動かせないよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば

弾道・距離・軌跡は

☆ボールの速度

☆ボールの回転

☆ボールの上下左右打ち出し角度

によって決まって行きます。

それは

★ヘッドの入ってくる上下左右の角度(入射角度)

★入射角度(軌道)に対するヘッド姿勢(ロフト)

★ヘッドの移動速度

によって決まります。

それぞれは複合の要素ではありますが

ヘッドのボールに及ぼすロフト角度は

地面に対する視覚的なロフト角度よりも

ヘッド軌道に対するロフト角度の方が

ボールに影響します。

例えば

実験的に 5番アイアンを同じ速度で

完全に同じ姿勢のまま(10度分グリップファーストの姿勢)

|鰐未吠森圓飽榮

地面に対し10度の角度で移動

打ったとしましょう。

ボールの速度(初速)  祗◆´△速く

ボールの回転量     筬◆´,多く

ボールの打ち出し角度  筬◆´,高い

まあ、打つ速度にもよるのですが

特殊でない状態であれば概ねこういう風になります。

それをそのままショットの状況に置き換えると

アプローチショットの場合

,諒がスピンも多く、弾道も高くなりますが

打球の速度が遅く、スピンの解けが早いので

着弾時にスピンが「効く」状況にはなりにくくなります。

普通のショットであれば

△諒が距離が出せるショットになりやすくなります。

ただ ショットで少々厄介なのは

多くの人は 上を向いてショットする習慣が強く

ロフトを立てて 入射角度を意識してスイングしても

土台である体が上を向いてしまうので 結果

入射角度に対しロフトが立ちすぎてしまい

ボールを維持する浮力(スピン)を与えられず

失速と言うのが少なくありません。

クラブヘッドを振ってしまうスイングであれば

何もアドバイスはありませんが、

そうでないスイングを目指している限り

如何に

 左サイドが高くならない姿勢

 右サイドが低くならない姿勢

☞これを作るための重さの作り方

 と言うのに終始すると思います。

そのヒントになるのが

前傾姿勢とタイミング(時期)になると思います。

しつこいようですが

右を向いている時は左サイドの方が低く

正面を向いている時は概ね均衡です。

体が正面を向いてから

腕でクラブを動かせば

動かしたその瞬間から 動かしている時間分だけ

左サイドは上がっていきます。

スイングの場合、

左サイドが上がる量は≒体が開く量です。

つまり クラブを動かしていい

腕を使って動かしていい期間は

左サイドが低くなっている

右を向いている期間 だけ にしないと

必ず 左サイドが上を向いた煽るスイングを作ることに

なってしまうという事です。

一般的に言う アウトサイドイン のスイングとは

体が先に回り

体が正面向いてから、クラブを腕や肩で動かすので

その時点から上を向いた時間に突入するのです。

アウトサイドイン とは

スイングの軌道を指しているのではなく

スイングの運動の時期の誤りを指しているのです。

左が上を向く分、右サイドは低くなるわけですから

アウトサイドインに振る人は

体重は左に乗せられません。 無理です。

スイング造りに悩んでいる人は

すぐに「どう動かすか」にはまってしまいますが

ゴルフスイングやゴルフクラブのメカニズムは

時機!によって 上下左右が変わります。

いつ!動かすのか というのによって

全体の上下左右感が変わってくるのですから

いつ!動かすのかを適切にしていないと

真逆な体の使い方での打ち方を覚えることになる

可能性がある訳です。

インパクトまでに右腕が伸びない で悩んでいる人は

インパクトまでに右腕を伸ばすこと にトライするのではなく

右腕が伸びていないのにボールに届いている

その体の姿勢…

すなわち 体の回転と肘使いの時期の変更 に

トライするべきなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングと言うのは『動作の管理』よりも
『時間の管理』の方が重要なんだよ。
o0361056812059034776

時間の管理 とは
全コンマ何秒とか、タイミングとかそう言うことではない。

例えば ゴルフ用語でよく言われる
「アウトサイドイン」のスイング

このスイングする人を良く観察して欲しい。
例外が無いほど、この手の人の骨盤は右を向かない。

アウトサイドイン というのは
裏を返せば インサイドから入ってこれない ということ。

骨盤が右を向いていなければ
インサイドから入ってくる『時間』が始めから
存在しないという事。

骨盤が右を向いて
一旦ボールから離れる と言う時間を確保し
(アドレス時のボールに対して遠くなる という意味)
帰り(ダウンスイング)でボールに近づいていく
ということが初めて出来る。

骨盤は正面を向いたまま、
動体だけを捻って クラブを肩回り、腕周りで
疑似的なトップの位置に持ってくると
ダウンスイングで 動き出した途端に
腰が開き始めてしまうから
外からしか クラブを入れてこれない。
インサイドが始めから存在しないんだから…。

それをさらに寝かして ループさせても
クラブを寝かせるというのは ロフトやフェース面を
更に開き寝かせるということなので
間近に迫った インパクトで更なる仕事、
更なる難易度が上がるだけ。

☞体は開いて、上を向いて、無理やり寝かして
本来の意味とは違うインサイド軌道からロフトを寝かして
インパクト付近で急激なフェースターン。


こりゃ いったい どの方向に、どの高さの球を打つのか
スイングの中の目安、アドレスの向きや姿勢の意味はなんなのか
打撃と構えが全然つながらない。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)


テークアウェイでの
『骨盤を右に向ける』と言う行為は
インサイドから入れる
『時間』を確保し
上から打てる
『時間』を確保し
ゴルフのスイングで イメージする
縦と横、上下と左右、クロスするその進行方向を
『ななめ直線』
 で一発解決する決定的な手段なのだ。

一般的にイメージされる(↓間違ってます!)
‖里硫鹽匠皺の動き
∀咾了纏≒縦の動き

それをひとまとめに出来る 唯一の
非常に画期的な方法なのに 何故しない?


ホントに不思議だ。。。

例えとして ちょっと違うかも…だけど
歌手になりたい人が審査員の前で当然オーディション
するのだろうけど、自らそんな時間は要らない
歌わないけど採用してくれ って言っているのに等しいような…。

右を向いている時は左が低い
胸に対して 横に動かしていても
それには下の要素も含まれて
逆に下に動かしても横の要素も含まれる。
e3c3ed3f

ゴルフクラブは構造上
握っている棒(シャフトよりも)右に重さが存在するから
放っておけば 左には動きたがらない物体が
骨盤が右を向いている時には
ヘッドの方が上にあって
グリップを動かせば、そのクラブの構造が逆に
クラブを移動させるのに積極的に利用できるのに
骨盤を右を向けずに ダウンをスタートさせれば
そのクラブの構造は ヘッドが尻もち突くことに
結果を招いてしまうんだよ…。


骨盤をしっかり右に向け
左サイドが低い時間をしっかり作り
インサイドから入れられる時間と空間
上から打てる時間と空間を確保してあげなくちゃ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングでは
テークバック(アウェイ)でしっかりと
骨盤が右を向くことがとても大切!

そして その右向きが出来るだけ
股関節の可動域の範囲で出来るだけ多く
出来るだけたくさん 右を向くことがとても重要になる。


それが何故大切か❓!というと
その前に最近の主流スイングの大いなる問題点を挙げておこう。

最近のスイング、特にプロのスイング…
正直言って、体をわざと壊してしまうスイングの
問題点は、
テークバックにおいて 骨盤は回さず、
胸だけを、肩だけを右に向けるところにある。
2010111116444243889

背骨には関節が無いから
自分で自分のことを「コブラツイスト」するみたいに
拷問的な体の動かし方をするところはさておき
(まあ こんなのは問題外だし、30年前では絶対にやっていけないスイングが主流になってしまうほど、指導者のレベル低下なんだろうねー)
骨盤を回さず、肩だけ、背中だけ捻るスイングの
技術的な問題点は
52442_360240
トップの位置から
動き出した瞬間に体が上を向いてしまうこと にある。

多少肩や胸に引っ張られて、骨盤が右を向いている としても
クラブを動かし始めた途端、切り返した途端に
すぐに体が開いて、上を向いてしまう…。
✋右が下がる ≒ 左が上がる
✋左が上がる ≒ 体が開く
こういうスイングになってしまう。

本来はスイングは
体(骨盤〜胴体)の体の向きと前傾姿勢、それによって
ダウンスイングでの進行方向(左)が低い
その状態があるから 上から打っていくことが出来、
クラブやクラブヘッドの重さだけでなく
打つ人間の重さ⒲も打撃のチカラとして利用できるモノ。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

ところが骨盤の右向きを作らないスイングでは
地面付近にあるボールを打つ為に
クラブなり、クラブヘッドを低くしようと、
下げようとすればするほど 進行方向が上がってしまい
ヘッドは下げるけど、自分が上を向く という
何とも奇妙な状態になる。

これでは クラブヘッドの重さも自分の重さも
有効に利用することが出来ない。

 まあ だから軽くて小さいヘッド好きなんだよね…。(*_*;

41cce488-s

ボールの位置も前に置けないし、←飛ばす要素が低い
左が高く、右が低いから必然として体重移動も出来ない。

体の無理も曲芸級で これで倍も3倍も飛ぶのなら
トライする価値あるけれど、
アマチュアを見てる限り、飛ばない人や体を痛める人
痛めたおかげでゴルフを断念する人が後を絶たない。

世の中の情勢変化や景気 というのは否定できないけれど
ゴルフ人口の激減の主要因と言う可能性も高いと思う。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)

背骨には関節無いんだし、
クラブの機能が使いやすいんだから
理解できる人は ちゃんと骨盤の右向き作ろう‼

骨盤の右向きをたくさん作ると
✊ダウンスイングで 進行方向が低い時間が長く取れる
進行方向〜打撃方向が低ければ
クラブの重さ、ヘッドの重さも使いやすい
体重も左に移しやすくなり、それは打撃方向と絡むので
✊自分の重さも打撃に使える可能性があがる
ショットの寛容性、ミスへの強さ とは
慣性モーメント≒重さ が出来るだけ多いことを指して
それは ボールの重さを受けた時に
それに負けず、クラブや自分の姿勢、
そして打ち抜くその運動を持続する能力が高い ということ。
一般的なスイングの 
クラブや腕という小さな重さを速く動かすの と
自分自身やクラブという重い重さをゆっくり動かす のでは
圧倒的に後者の方が モーメントは高い。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

しかも 反復や安定性 と言う意味では
速く動かすことよりも当然ゆっくり動かした方が有利。

じゃあ 飛ばしはどうか と言えば
上から打てるから重さが利用でき、
打ち抜く力が強くて、
ゆっくり動かせるから反復度、安定度も高く、
上を向いて打たないからロフトも締まる。
どこにも、なにひとつデメリットが無い。

何故 やらないんだろ?

兎にも角にも 骨盤のしっかりした右向きを作る
というのはスイングの基本中の基本だよ。



骨盤と肩回りを分離させ
動体を捻って回す 似非回転、似非体の向きの変更は
体重移動も出来ない
上を向いて体を開いて、こすって打つ始まりなんだよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的に言われる『テークバック』
日本のニュアンスで言うと『上げて〜降ろす』
『上げて』と言う部分に相当するだろう。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

多くの人が その『上げて』と言う部分を誤解し
それが元でスイングを苦しんでいる傾向はとても強い。
特に『上げて』という行為は手とか、腕の役割、担当で
その腕を使って どうクラブを動かすかのイメージを
正しくしてあげることはとても大切。

なかなか説明し辛い部分ではあるのでよく読んでほしい。
とっても説明が難しいけれど
とっても大切な部分で、
恐らく ほとんどのゴルファーが間違ってイメージをしている。



スイングは斜めに傾いた円弧が基本になる。
その斜めに傾いた円弧の正しい『源』
何度も書いているけれど、ゴルフスイングの始まりの姿勢
アドレス〜ポスチャアに前傾姿勢があるからで、
その前傾姿勢を保ったまま、体を回すことによって
結果、スイングは斜めに傾いた円になる。

その一連の動作、スイングやクラブの動きの中で
腕の役割の正しい役割は
前傾姿勢によって傾いた円弧に対し
その傾きの角度をよりアップライトにしてあげること。
腕さばきによって クラブを起してあげることによって
何もしなければ 前傾の傾き通りの軌道になるのを
より起きた、より急な傾きにしてあげることであって
腕さばきによって 円を増やしたり、大きくしてあげる
ことでは「決して」ない。 
(意味わかるかな?)
e3c3ed3f

多くのゴルファーは
クラブの軌道、円弧そのものを腕に頼っている場合が
大変多いが、それはさておいて
円弧の大きさや多さ、量そのものは
 『体の傾きと体の回転』 の量分だけで
腕を使って その量を多くしたり、大きくするのとは
全く意味が違う。

ゴルフ用語の「上げる〜降ろす」というニュアンスが
良く無いのかも知れないけれど
上げたり降ろしたり(下げたり)の基本は
『体の傾きと体の回転』であって
腕を使って その角度〜道のり(軌道)の角度を
変えているに過ぎない。

ここを間違えていると思う。

腕が作用・作業が入っても
円弧、スイングの軌道の大きさや量は変わらず
その角度だけが変わる…と言うイメージを持つのと
持たないのではクラブの働きはまるで異なる! のだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットのミスの原因
その一つ、とても大きな原因が
「回転…右向き不足」にあります。

この場合の回転 右向きは
骨盤の向き、あそこの向きを指す のですが、
例え テークアウェイ時に
手さばきが入ってしまっていたとしても
十分な右向きを作れていれば、時間が稼げるので
ミスになる可能性はグンと下がります。

特に現場の場合
メンタルも絡んできますが、
やはり ボールを見過ぎてしまう ことによって
顔が軸、顔が支点になって動いてしまうような
そんな原因で右向き不足は発生します。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




スイングの軸になるのは
体の部位では背骨に当たります。
背骨の延長は 頭部にとっては後頭部に当たる訳で
眼の付いている顔の部分は
顔というか、頭の厚みの分だけ前にあります。
スイングで 向きを変える時
ボールを見る・見ないは別にし
体の向きとともに顔も動かせば
頭の厚みの分が半径になって
右向きと左向きでは顔の厚みの倍分 移動するのです。

ところが
やはり コースではミスを恐れるあまり
眼とボールとの距離を一定に、離せなくなってしまう…
そのお陰によって
体の周りが不十分になる可能性があります。

正直、ゴルフのボールは静止した状態です。
自分がボールを打つまでは 同じ場所にあります。

ボールを見ているコト よりも
体を十分回す方が重要で
ハミングバード的には
胸〜骨盤の向き通りに 顔も動かした方が
より楽に体を回せるようになるのでお勧めしますが、
少なくとも 練習では
胸の向きと一緒に 視界も顔も結構大胆に動かした方が
体の向きの変更は楽になります。

現代のスイングは
テークアウェイで左を向いて
フォローで右を向く という大変異質なスイングです。
それは首回りや脊椎に負担を掛ける方法で
アマチュアがゴルフを楽しむには不適切です。

フルショットでは難しいかもしれませんが
短い距離のランニングアプローチでは
是非 胸の向き通りに 顔や視界を動かして見て下さい。
今までもよりも ずっと自由に、楽に
向きを変えられるようになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今のグリップ(握り方)の主流は
20年前には存在しないグリップです。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

それは兎も角、自分のグリップを見てみて下さい。
20160501
グリップの問題は大きく分けて ✌二つ✌ です

 ̄Δ離哀螢奪廚蛤犬離哀螢奪廚上下に離れているコト

これはとても多いパターンで
左右のグリップが上下に離れる理由は
左のグリップ(握り)を支点に
右手でシャフトを押す(クラブを振るから)です。
俗に言う ヘッドターン・フェースターン をするから です。

ですので そのクラブ扱いが変わらない限り
グリップを治すのは不可能かも…知れません。

左右のグリップを近づけると
それがやり辛くなりますから
治そうとしても、数球で元に戻ります。

どの位を目安にすれば良いか というと
36ed9c16写真ではグローブをしていませんが
左手のグローブには 左親指は手袋でも
別裁断され、あとから縫われている跡があるのですが
その跡に 右手のグリップのカーブがどの位近いか
…完全に被ることはありませんが
1センチ程度の幅…隙間になるのが理想です。
そうすると 見ての通り
左右の手首の位置・高さの差が少なくなります。
42ea91fd


この左右の手首の高さの差は
そのまま アドレスに直結しますから
アドレスの違いも想像できると思います。


これは グリップ修正☞先に有りき は難易度が高いので、
自分のクラブ扱いの変化の目安としてみて下さい。



⊆,忘険Δ離哀螢奪廚慮きです。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

最近のグリップは 左がフック 右がスクエア と
意味不明な状態が多いのですが、
多くの人は 左をフックで握っている意識はありません。
フックに握っているのではなく
,汎韻犬茲Δ法∈犬離哀螢奪廚鮖拇世縫ラブを振るために
握力の無い左が「ガブッ」と深く握っているので
結果、フックになるのが そのグリップの理由の一つです。

それとともに
この握り方の方が テークアウェイで
左腕・左手でヒョイっと上げやすいので
テークアウェイの取り方とグリップは密接な関係です。
スナップショット 4 (2013-09-10 1-45)

,箸睛蹐爐里任垢
左手をフックに、左手を深く握ると
本来 右手グリップの入ってくるべきところが
左手の親指掌底 親指に邪魔されてしまうので
右手は横から…左手とは遠いところを握るしかなくなるので
,鉢△呂弔覆った関係とも言えます。



意味不明かも知れませんが
グリップは握らないことを指します。
グリップはグラブ(握り)ではなく
グリップ(指)を指すわけで
腕さばきや手さばきではクラブを動かすのではなく
クラブ単身は動かさず、自分が動けば
指で握っても十分スイングできます。
スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)スナップショット 6 (2013-09-07 13-16)














グリップ(握る部分)が手のひらのどの部分に触れているか…
手首に近い方の 掌で握っているか
それとも指で握っているか
の違いは そのまま 手でクラブを振っているか
クラブは振らず、体を動かしているか の目安になるので
スイングチェックとして一番の目安になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットにおいて、スイングにおいて
とても重要なことの一つに
もしも ショットやスイングが良く無い(納得いかない)場合、
もしも ショットやスイングが悪くない場合、
修正することや反復することが出来ることです。

毎度毎度 偶然待ちのようなクラブ扱いは
ショットやスイングが良くても悪くても
修正する方法や反復する目安が存在せず、
次も偶然待ちをしなければいけないことです。

現在、プロも含め、競技ゴルフをしているような
ゴルファーのスイングやクラブ扱いの多くは
その「究極の偶然待ち」を練習によって
推測できるほどに煮詰めた「究極の偶然待ち打法」です。

しかし、一般的なアマチュアオジサンゴルファーには
それを煮詰めるだけの時間やお金
ましてやその練習に耐えられるほどの肉体もありません。

 という話です。

lgi01a201308261400
多くのゴルファーは
先端に重さの付いたゴルフクラブは
その重さの創りだす遠心力によって
ボールを打つのがゴルフクラブの機能だと
「誤った」基礎知識も上でスイングしています。

しかし、それは 打ち手が
その遠心力などの不可抗力によって
外に引っ張られる力に抵抗し、
グリップの位置を固定する、もしくは体の姿勢を固定する
と言う動作を強いられるだけで
実際にヘッドの移動〜動きは クラブというか
遠心力や反動などの他力本願任せです。

これでは ミスが起こった時の修正や
ナイスショットが起こった時の反復方法や目安が存在せず
自分の無駄な時間と体の摩耗させる練習量・練習頻度 で
偶然や奇跡の可能性を確率として計算の立つところまで
持ってくる必要に迫られます。

クラブヘッドの重さは
その形が作り出す誘導としての重さ
それも基本縦方向にかかる重力の力を
クラブの形状によって横への移動と変換する機能、
そして打撃の際のボールと言う質量をどかすモーメント
としての機能
決して ヘッドのその重さでヘッドそのものをダイレクトに
動かすものではなく、
基本、重さというものは「動かないエネルギー」というのは
変わりはありません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)



少なくとも 自分の動作そのものでクラブヘッドが移動する、
漠然とした単位ですが
自分が動作することによって グリップが1動いたら
ヘッドも1動くようなクラブ扱いにしておかないと
修正も反復も目安が存在しなくなってしまいます。

体を止め、グリップを止め、ヘッドだけ移動させる
グリップの移動1に対し ヘッドが10も動くようなスイングでは
修正も反復も出来なくなってしまいます。

ヘッドで円を描く
クラブを反転させるイメージが
強い、弱い、多い、少ないにかかわらず
そのイメージがある限り 成功しません。
99と100の1の差 ではなく
『0と1の差』 はとても大きいのです。

自分の体は180度反転するけれど
位置が反転するのはグリップのみであって
重しの付いている先端は
あくまでもイメージですが90度しか反転しない
ヘッドの方が重さが付いている分
少なく動く、多く動くことはないのです。
トライされてうまく行かない方が
お店を訪れるのですが
やはり 円を描くイメージから抜け切れていないのです。
まるで洗脳されているかのごとく
ヘッドは円を描く、描かなくてはいけない
と多くのゴルファーは信じています。

結果、円を描くのは
クラブが動くのではなく、
クラブが動かず、自分が動くからなのです。

アプローチショットでそのイメージが本当に身に付けば
かなりショット能力は向上すると思います。
円を描こうとして クラブヘッドを動かせば
それをするために必ず自分が止まり、
自分の体はそれに対する補正のため
だけに動くことになります。

クラブヘッドの重さは
打ち手 自分を動かすためのモノで
ヘッドの重さでヘッドを動かしてはいけません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


良い…悪い… 正しい…間違っている…
では決してありませんが、
現在トッププロの多くの選手が採用しているクラブの扱い、
スイングは絶対的な練習量が必要な、そんなスイングです。
絶対的な練習量というのは どの位か…と言うと
打撃行為だけであっても 1日4時間以上 365日 5年
撃ち続けるようなスイングです。

あまり体の「優しくない」動きではあるので
その練習量が選手寿命を縮めたりもします…。

しかも 現代の選手のスイングには
マシントレーニングをかかせません。

その筋力が結果として体を痛めつけてもいるのですが…。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a


好き・嫌いの問題でスイングを選ぶのであれば
第3者である ハミングバードに言うことはなにもありません。
ただし 現在のプロ 遼君やタイガーなど
彼らのスイングを真似てゴルフをするのには
それ相応の練習量と練習頻度
そして体力アップは不可欠になってきます。

ゴルフの練習で
 まあ ストレス解消や運動不足解消の側面は別として
スイング改造、スイング改良をする場合
現在、主流になっているスイングは
そこに行きつくまで。。。 よりも
そこに行きついてからのメインテナンス(練習量-頻度)が
絶対に必要なスイングである ということを
忘れてはいけません。

パッと 思い当たったのですが
「あなたもひと月で株やFXで300万稼げる」
というノウハウが在ったりしますよね。
私は一切興味ありませんが、
確かに そんなノウハウは実在するのかもしれません。
しかし 稼げるや儲けると稼ぎ続ける・儲け続ける は
別なもので、
それで儲かったからと 脱サラをして
それを 仕事にしてしまう のはかなりリスクがあるでしょう。
ちょっと違うかも知れませんが
現在主流のスイングは それをなんとなく掴んでも
それを維持するのには 体力は当然で
練習量・頻度はかなり必要になり
大袈裟には セミプロ のようなゴルフ生活が必要になります。


その理由は クラブの扱いに
ぬぐいきれない矛盾が内包されているからです。
スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)

何度も書いていますが
スイングの見た目である 円弧〜スイングプレーンは
クラブを持った自分が向きを変えるから
第3者には円を描いて「見える」のであって、
自分の肩を含めた腕で円を描くのとは異なります。
クラブを動かさないで自分が動くのです。
その運動の中では
自分と言う重さ 体重が運動しますから
それに対して クラブの重さは多くありません。
クラブ自身が、クラブ単体が運動するのではないので
発生する不可抗力〜遠心力や重力も
その総体に比べると大きなものではありません。
ところが クラブ単体を腕で動かしてしまうと
動いているものに対し、クラブの占める割合が
高くなってしまいますから その不可抗力によって
自分の体の姿勢が決まってしまい ミスや飛ばない原因を
必然として生み出すのです。

多くの人のスイングが
先に体を動かし、その後胸から上、肩を含めた腕で
円弧を描きます。
先に脚・フットワークを使った下半身
という腰の動きでポジションを決め
そこから円弧を描くわけですから
そこで作られる遠心力を相殺する求心力の動作
によってのミスが殆どです。

◇右サイドが下がる
◇突っ込む
◇体が開く
◇体重が右に残る
◇体重が左に移せない・・・
ゴルフ用語で出てくるこれらは
すべて 打つ前に作られる円弧の遠心力によって
生み出される体の打つ為の反応 そのものなのです。

脚を動かしてから…打つ!
ではなく
脚を動かして体を動かすこと そのものが打つ行為
という認識を持つことが絶対に必要です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

打つコトの出来ないサンプル品とか
展示品をみて シャフトの性格を見抜く為に
良く観察するのは カタログ とか データ
ではなく、シャフトの形状
である。
gp2

シャフトの外観 外側のサイズは概ね決まっており
昔有ったようなバブルシャフトは既に博物館行き。
シャフトに特殊な形状は余り多くないのだが、
一本 一本を 比べてみると
その形状はかなりはっきりと異なる。

シャフトを オリジナルで作る場合
1.既成のシャフトの ロゴのみ入れる
2.既成の芯金(マンドレル)を使って
 シートの種類
 巻き方、枚数のみをオリジナルで作る
3.芯金もオリジナルで作る
この3種類がある。

シャフトの場合、その形状によって
オリジナルの性格は半分以上決まってしまうと
言っても過言ではない。
人間でいうのならば、芯金はどこの国に生まれ
男なのか、女のか そこら辺まで決めるのに
相当すると言える。
勿論、同国人、同性であったとしても 個性は
それぞれであるけれど 大きな部分は似るだろう。

ウッドの先端径は 8.4mm
グリップ部はだいたい 15.0mm
前後
長さは 1150mm
 一メートルチョイだ。
この 8.4〜15.0 
までが どのようなテーパー
と寸胴の組み合わせで 性格も決まるし
芯金の形状が決まれば どの位の量
どの位の弾性(強度)の繊維を使うかも
概ね決まってしまう。

先端から 寸胴気味で細いところが長ければ
強度の高い繊維を使わざる負えなくなるし
その分 手元側にキツイテーパーが来るので
手元の締まったシャフトに成り易い。

全体に平均的なテーパーの付いたシャフトであれば
細いところに負荷が掛かり易くなってしまうので
巻き方や異種の繊維を組み合わせ 工夫しなければ
商品として有効ではない。

良くシャフト選ぶをするのに
キックポイントKPなんて 言葉が出てくるが
KPのみで シャフトを判別するコトは
殆ど意味のないコトであって
その形状や使われている繊維の強度によって
大きく異なってしまう。
7b751c2e

全体的にしなる 先調子もあれば
手元の締まった 先調子もある訳で
土台 シャフトは 1150mmの全寸に対し
先調子と元調子の差は 40mm程度なので
誤差とも言えるし
メーカーによってその基準も大きく異なる。

カタログ上 A社の先調子は
B社の元調子よりも
ウンと 元調子だったりもする。

土台 一般成人男性が
振動数で 220cpmを超えるモノを
使った場合 硬すぎて どれも同じ。
撓らないモノを撓らせて
使ってしまうのだから、
 本来の使用方法と異なる
ネジレを意図的に作って使うのだから
KPなど 意味もないと言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まあ…もう、可哀想としか言えないですね。
女性は勿論、男性であったとしても
現在、流通している『サンドウエッヂ』では
バンカーに苦労するのは必然です。


20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット

バンカーやラフからのショットは
勿論クリーンにボールだけ打っても構いませんが、
平均的に言えば、ボールだけでなく、
周辺のモノをどかさなくてはなりません。
単純なる「質量」「重さ」との対決です。

30年以上前、メーカーや種類などを問わず
サンドウエッヂは310gのヘッド重量は当たり前
320gを超えるもの も幾つかありました。
シャフトも今より柔らかいものも多く
今よりも断然にヘッドが効いていました。

現在、市販されているサンドウエッヂの多くは
ヘッド重量290g…それ以下も多くあります。
300gを超えるようなものは皆無です。
シャフトは昔より断然硬いですから
ヘッドの重さも感じにくいものばかりです。

20gも30gも軽いヘッドで
同じようなショットを打つのには
当然、速いヘッドスピード、速い動作が必要です。

チカラの無い方、足腰の弱い方、女性、子供…
にとって、足場の悪いバンカーでのショットで
より難易度を上げる「ゴルフクラブ」を使わされています。

02_b

そして その問題は質量だけではありません。
この20年間で、理由は…皆目意味不明ですが、
どんどんとサンドウエッヂのバンスの幅や角度は
デフレ傾向、減少しています。

やはり30年以上前には バンカーを得意とするウエッヂでは
バンス角度18度なんてものは珍しくありません。
15度、16度のバンス角度が平均値でした。

ところが今や 14度のバンス角度があるサンドウエッヂを
探すのはとても大変…。平均しても12度もありません。
質量は減ったうえに、バンス角度が3度も4度も
少なくなってしまっているのですから
バンカー苦手製造機と化してしまっています。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

振り回すための軽いヘッド
振り回すための硬いシャフト
振り回すためのバンスの減少
この手のウエッヂでバンカーショットにトライすれば
筋力・運動性能・練習量
恐らく すべて揃わないと
バンカーショットを好きになることは稀でしょう。

2009年10月20日_IMG_0971

距離感は多少の慣れは必要ですが
✊重いヘッド
✊柔らかいシャフト
✊大きなバンス(幅か角度)

があれば、バンカーにテクニックは必要ありません。
テクニックを必要としないために
その機能や構造は存在するのですから^^

と同時に それらはバンカーショットだけでなく
ショットのそのものをどうすればいいのか
ショットとは何かを教えてくれます。

ウエッヂだけに限りませんが
現在の主流のクラブは すべて
構造や機能を無くす、薄くする、薄める方向に邁進しており
それによって手助けしてくれる能力が落ちているばかりでなく
どうクラブを使ったらいいか
どうスイングをしたらいいか をガイドしてくれません。

2009年10月20日_IMG_0980

重いヘッドは(パッティングも同じです)
バンカーだけに限りませんが、
足場の悪いような状況では特に
必要以上に大きく振らない、
必要以上に速く振らない〜動作しない

でも 必要な距離を打てます。
ショットの基本は慣性モーメントです‼
慣性モーメントとは主に質量を指しますが、
芯が広いとか、寛容性が高い と言う意味よりも
その姿勢や運動を持続する力 を指します。

重いヘッドは小手先で動かさないことを示します。
その意味は、体でクラブを動かして
打つことによって、クラブ…だけでなく
大きな体が動いているから
ボールと言う打撃されるモノと打撃するモノ
の質量に圧倒的な差が生まれます。

軽いヘッドは小手先で動かすことを示唆します。
これでは クラブだけの重さ、もしくは
腕とクラブだけの重さですから
体を動かしながら打つのとは
打撃するものの全体のモーメントが明らかに違います。

柔らかいシャフトはシャフトの使い方を教えます。
バンカーというような 重いものを打つ場合
クラブだけを振ってヘッドだけを動かす方が
有効だと思いますか?
雨の中で水分を吸った砂や土は数キロの重さはあります。
どう思いますか?
体で打った方が負けそうもありませんよね?!
シャフトはそのヘッドの重さを利用して
グリップを動かすためにあります。
柔らかいシャフトはそれを教えてくれますから

自分 が クラブを動かすこと
   なのか…

クラブが自分を動かしてくれる    のか…

どちらを好むか ということですよね

大きなバンス幅、大きなバンス角度は
クラブを弧で振らない、手先で振らない
という事を示唆します。
現代の 小さいバンス、バンス角度は
小手先で弧を作ることを誘導します。
この振り方ではバンカー出ない ばかりか
バンカーショットで飛ばせなくなります。
バンカーから距離が出しにくいから
より大きく、より速く振らなければならない…
2009年10月20日_IMG_0978

ミスショットのスパイラルを産み出す
 その…サンドウエッヂ。


まあ ゴルフクラブを選ぶのも技術です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ