◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2016年08月


飛距離に悩むゴルファーの多くが
「飛ばしはヘッドスピードにある」と考えています。

ウソ! とは言い切れませんが、
半分はホント、半分はウソと言えるでしょう。
(もっと少ないかな…)
飛距離に悩むアマチュアゴルファーの飛ばない理由においては、ヘッドスピードを上げると飛ぶようになるか
には疑問符が沢山付きます。

ごくごく平均的なゴルフをする
成人男性(平均値59歳)のドライバーショットで
ヘッドにかかるボールの重さ、
ボールにかかるヘッドの加圧(質量)は
800キロにも及びます。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

その重さに耐えるクラブ扱いをしておかなくてはなりません。

多くのゴルファーが行うゴルフスイングは
インパクト付近で、体や左腕を止めた状況で
クラブと利き腕(右腕)だけを動かしている
俗に言う「手打ちの状態」です。

別な言い方をすれば
グリップそのものを体や腕さばきで動かして
グリップの移動が直接ヘッドの移動になる打ち方と
グリップを先に動かし、それを支点として
その後ヘッドだけを動かす打ち方は
極端には 打ち抜きの前後はクラブしか動いていません。

それでは動かしている総体の質量が低く
しかも、その打ち方ではボールの打撃力は
スピンに化けやすいので
スピードをアップしても 飛距離増加の効果は薄い
殆どないと言ってもイイでしょう。

インパクトで 体と言う一番質量の重いものを
原動力にして重さをどかす打ち方をした方が
ボールと言う質量に勝ち易くなります。
329500ce

腕や手だけで クラブを動かしてショットしている限り
その800キロと言う重さに勝てず
労力が飛距離に繋がらない だけでなく
その質量(ボール)に動きを止められてしまいやすいので
フォローやフィニッシュが取れない
というのもありますね。

ゴルフクラブは
その形状から クラブの重さはグリップをどう移動させるか
グリップを移動させるためのもの
 です。

➡グリップを移動させ
それから後にヘッドを動かして打撃すれば
クラブの重さやその形状の理由は
既に使われた後に、単なる「労力」で打つことになります。
クラブの機能が使われている時にボールを打たず
逆にその重さが負荷になる状態でボールを打つ訳です。

そして、とても重要になるのが
一番速度を上げたいところで
体の中に止めておく部分と動かす部分の二極が発生し
その境になる部位・箇所に負担が集中するということです。

それは人によっては左手首であり、左ひじであり
場合によっては首なんてことにもなりかねません。

質量に勝つ為にも、飛ばすためにも、
体を痛めないため、にも
グリップの移動そのもので打撃を心がけて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これは悶絶クラブだから…という訳ではなく
ゴルフクラブの使い方で
『根本的に間違えてしまう』ところは
ヘッドを動かしてボールを打とう
としてしまうことです!

これはどういうことか…と言うと
当たり前ですが、悶絶クラブであっても
そうでない市販のクラブであっても
ゴルフクラブは グリップとヘッドは一体!
つながっているものです。

多くのゴルファーは
グリップを動かすことで直接ボールを打つのでなく
〇ヘッドのみを動かすことで
〇グリップを動かして、その後ヘッドを動かすことで
グリップをどう動かすか?でヘッドを動かすのではなく
グリップを止めて、ヘッドを動かす ことで
ボールを打とうとしてしまっています。
o0361056812059034776

シンプルに考えれば
ヘッドの重さがどうであっても
シャフトの硬さがどうであっても
グリップを動かせば、ヘッドも動きます。
グリップを移動させれば、ヘッドも移動します。
その原理原則の元、
クラブの各機能は働くようになっていて
ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ(硬さ)は
その助力、その動きの源にもなっています。

ところが、苦労を重ねてしまうゴルファーは
グリップの移動=ヘッドの移動 とは考えず
グリップの移動&ヘッドの移動
という二度手間をかけてしまうのです。

テークアウェイでもそうです。
まず体の動きで、…キッカケ的な感じではありますが、
グリップを動かし、次いでヘッドの動かす。
視覚的な要素から入っているから
仕方ない…と言えばそれまで‼ですが
クラブはヘッドとグリップがつながっていますから
グリップだけを動かして、あとからヘッドを動かす
(主にヘッドだけを動かす為の一連の動きですけど)
そのヘッドを動かす時にはグリップは止めておきたいが
いかんせん 長い棒の先にあるヘッドの重さというのは
運動も加わって 長さ×重さ×運動 というように
意識はしていなくとも重たいものですから
その重さにグリップも動かれてしまいます。

ヘッドを動かす時は
体もグリップも止めておきたいのに
どうしたって動かされてしまう。
運動中のクラブは
その軌道の大きさや道のり、クラブやヘッドの姿勢によって
殆ど無限と言われるほどの量や種類の
不可抗力〜重さを作り出しますから
毎回、毎回 その動かされ方は異なる。
これが ショットの繰り返せない理由やミスの原因で
あったりするのです。

.哀螢奪廚魄榮阿気擦
▲哀螢奪廚鮖澆瓩謄悒奪匹魄榮阿気擦

という2個の動作ではなく

.哀螢奪廚魄榮阿気擦襪海箸把樟椒悒奪匹魄榮阿気擦

という1個のアクションに替えない限り
ゴルフクラブの「働き」は見えてきません。

悲しいことに 今や
トッププロ?と呼ばれる人からも
重心距離をゼロにした
 シャフトの延長線上に打点があるクラブを
意識するようになってしまっています。

グリップを止めて ヘッドを動かすのには
ヘッドは軽く、シャフトは硬く、重心距離は短め(小振り)
の方が不可抗力が少ないので振り回しやすく
それの方が 量産型クラブを作るメーカーとしては
コスト意識にマッチするので
そう言うクラブばかりが巷に溢れています。
  ゴルフ熱急減、ゴルフ人口急減は無関係とは言い切れません…。


329500ce兎も角!
グリップを動かすことで直接ボールを打つ
という感覚を磨いてください。

グリップを動かし
その後 ヘッドを動かす
という意識のままでは
重いヘッドや柔らかいシャフトは邪魔はしても
なんの手助けもしません!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。



この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃


✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


本日現場で、
新しいクラブを試してきましたので、
簡単にご報告いたします。


新しいクラブの試し。

352503-1y

HBSに20日土曜の午前中に新しいクラブを引き取りに行き、

その足で近くのドライビングレンジに行きました。

私はあのクラブヘッドに押される感覚が、

今回は自分を助けてくれる(導いてくれる)ことを

ずっと期待していましたので、

子供のように純真に?胸躍る1日でありました。


店長から、「このクラブは、慣らしを十分やってほしい」と言われましたので、

(本当はガンガン打ってみたかったのですが、)

この日は近くのドライビングレンジで”ならし”に徹しました。

 本当に一本あたり30球を優しく、優しく打って

シャフトのならしに徹底いたしました。

パターからは初めて、30×12=360球。

この日の2時間は全てならしに徹しました。



翌日曜日は、少し打ってみましたが、

6年間の悶絶の後遺症でしょうか、

短いのから初めて7Iになった頃には

自分の中に余分な力がみなぎっていることを感じました。

この感覚になってしまうといくら練習をしても

当日に何も成果を味わうことができないことを

経験的に理解しているつもりです。

また、新しいウッド7W〜1Wまでの動かし方が

頭でイメージできていませんでした。


上記は日曜日まででしたが、

”念願の現場”

に出られたのが本日木曜日でありました。


この3日間は、夢では毎日うなされたり、

起きていてもスイング中に右サイドが低くなってしまい、

大ダフリというイメージに攻められていました。

11100002


そして本日現場実習です。

家から一番近いホームコース、

本日のパートナーは私より少し先輩のおかーさん二人でした。

お二人は私に迷惑をかけているのではないかとご心配されていましたが、

そんなことはなく、私もお二人に失礼がなかったかと反省しています。

帰りがけにお二人から「またご一緒に!」というお言葉がいただけたのが幸せでした。


自分自身の中でのプレッシャーがあり、

最初の一打は左に引っ掛けてしまいましたが、

硬い岩に助けられ、ラフではありましたが、コース内に戻されていました。

アイアンの5番でリカバリーしたのですが、

生き生きとしたボールが出て、パー5だったのでボギーで収めることができました。

本当にラフにあったボールが気持ちよく飛んで行きました。



523e02d2


パターは優れものでした。 
       (…も?!じゃなくて? (#^^#)店主)

上記、ダブルボギーを覚悟したところファーストパットでOK

  まで寄せることができたのです。

最新のHBSブリストルパターの威力には一日中驚かされました。

距離はほとんど意識しなくても自分の感覚がそのままでした。

時どき左に出てしまうことがあるのですが、

私の場合上腕を意識しすぎると引っ掛け気味になるようです。

こんなことも自分で意識できるようになりました。


ラウンドを終えて上がった時に、

「きれいなクラブですね!」と言われました。

確かにこのセットは美しいです。

ひとしきりそこにいた数人の関心を引きました。

”燻し銀”という表現がぴったりくるような

アイアンのクラブヘッドはかなり目立ちます。

ヘッドが重くて、シャフトが柔らかいという話題に持ち込んだのですが、

「でも、曲がるんでしょ?」という指摘がありました。

「(しっかり当たれば)まっすぐ行くよ!!」と答えましたが、

理解してくれたかどうかちょっと怪しい感じです。

私も本当に理解できるまで、5、6年かかっています。


明日も御殿場でこのクラブを試してきます。

本日も悶絶前の飛距離レベルに戻って時ましたので、

「どこから攻めるとか、ゴールから逆算した攻略法など、

しばらく考えていなかったことも考えながら、

楽しむことができると期待しています。

少なくとも悶絶前の飛距離回復は目前です。


本当に良いクラブとその使い方を教えていただき、感謝いたします。


                こちらこそ有難うございました 店主


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


下に振らない
下に振る感覚を持たない

というのは、易しいようで易しくありません。

e968a0ac視覚的に 地面に有るボール
トップの位置では2mを超える高さになるヘッド
これを器用な腕さばきで処理したくなるのは
心情として理解できますし、映像などでは
そうやっている”ように”見えます。

まして そのダウンスイング後半の半円を腕捌きで描き
ナイスショットをした経験のある人に
ショット、スイングの醍醐味である斜め下への半円捌きを
辞めろ と言っても、地面のボールに届かないばかりか
飛ばないような気がするのですから、尚更 かも知れません。

前傾姿勢を解き、ディッシュアングルを解き、
体の向きを左、そして上に向けさせる
ダウンスイングの半円捌き は諸悪の根源とも言えます。


まず、ヘッドは手よりも高い位置にある というコト。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

そして 前傾姿勢があるお蔭で
膝〜腰 の高さを通せば(ヘッドを)十分 ボールに届く
ということ。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット


ですから 下に振る コトを辞める
ということは 下に振るコト、そのものを辞めるのではなく
前傾が維持されてしまうよう
ディッシュアングルが維持されてしまうよう
すること と言う少々回りくどい、間接的な解決方法に
あるわけです。


先日、お客様と ボールの方向とフェース面の向き、
と言う話題になりましたが、
前傾姿勢とディッシュアングル というのは
ボールの方向と密接な関係にあります。
15cf26df-s色々な理由によって
ゴルフのスイング、ゴルフクラブは
多くの斜めの線によって構成されています。
単純化するのに、地面を基準として
縦横と考えてしまいがちですが
そうはいきません。
前傾姿勢を解けば
クラブを持っている腕の付け根は
高く、ボールから遠くなってしまいます。
人間の反応 と言う意味では、届かせようと
手をボールの方に伸ばそうと する訳ですから
ディッシュアングルは消え、本来のフェースの向きは
違うものになってしまいます。

フェースターンでボールの方向性 というのは
地面に縦横の動きで考えているか
人間の動きを機械のように固定されたものと
判断しているかの どちらかです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昔の記事の焼き直しになりますが、
ゴルフクラブには ディッシュアングル と言って
腕とシャフトにはなにがしかの角度(120度位)があり
腕とシャフトは一直線になることはありません

f350b387-s
これを維持することがイコール前傾姿勢を維持することでもあり
ゴルフクラブのライ角度を活かすことでもあります。
しかし、これの維持は動作として意識することは出来ませんし
まして、手先で維持するのも不可能に違い所業です。

この維持が安定性を生むことでもあり
方向性を司るところでもありますし、
少々、間接的ではありますが、ボールのつかまり
ロフトの立ち、上から打つ というコトにもつながってきます。

これを出来るだけ維持していくようにする のに
幾つかのヒントを上げていきましょう。


lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット


✪まずは・・・
ボールは高いところに有るという認識です。

アドレスの前傾姿勢を解き、直立して立ち
腕が地面と平行になるところまで 上げると
グリップは胸の前、ヘッドは頭の上 の高さになります。

前傾姿勢があるので、錯覚しやすいですが
クラブと両こぶしの関係は
一番下にあるのが左手、その上に右手、そしてヘッドと
ヘッドが一番高いところあるのです。

ですから、前傾をしているので これまた錯覚しやすいですが
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット股関節から下の脚に対しては
ボールは靴の高さに有りますが
前傾姿勢をしている股関節から上の上半身に
とっては、ボールはあそこ(秀二)〜へその
高さに存在しており、前傾姿勢さえ 何かの作用によって
維持されてしまえば、膝よりも高いところに有るボールを
打つ感覚で十分にボールに届くのです。
lesson 2009_10_31BlogPaint






例えば、練習でやって頂きたいこと ですが
d18b70e3-s右を向きっ放しの状態で
こぶしをおろし、シャフトを地面と平行
もしくはそれ以上の角度を作ります。
フェース面をちょっとシャットに…
イメージとすれば フェースを地面に
向けておくようなそんな感じで有れば
そこから 十分にシフトし、回転すると
クラブをそれ以上 下に動かさなくとも
地面に有るボールとヘッドは接触します。

ここが クラブ使いの分かれ道 と言えますが、
その状態からスタートし、
✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪ヘッドをより下に振る
のいずれかを行うと、その動きは同時に
全てを発生させ、別な形でボールとヘッドは接触します。
これが一般的なゴルファーのショット です。

e968a0acこのななめ下に半円を描く腕さばき
というのが、多くの人のゴルフショットの肝
になっています。
これはクラブの重さも感じやすい行為ですし
それによって実感、打ち応え、振り応えもありますから
練習の中で(結果として)良いショットが生まれれば
そこの部分の研鑽を積むようになります。

この腕で作る ダウンスイング後半の半円 というのは
例外なく ✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪右サイドを下げる
✪その動作と平行(比例)して体が開く
を生み出しますから、
ロフトの増え
ダウンスイングの最下点の右へのズレ
軌道の偏心
に直結しますので、スライス、ダフリ、トップ
から始まることになります。

それを上に振ることやフェースターンすることで補うのですから
間違いを間違いで修正する のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイでの腕さばき、肘さばきのコツ
というか、参考になるのは、野球で言うところの
捕手(キャッチャー)の送球に大変似ている。

ボールを取ってから
ゴルフで言うところのトップオブザスイングに行くのに
右のこぶしは直線でしか動かしていない。
例えば へその前でボールを取ったら
そのまま直線で右の耳の横にこぶしをもってくる…感じ。

bb-20110511-004-ns300
それと同時に体の向きを変えているので
ボールの動きを見ていると
円を描いているように見えるが
股関節から上の胴体が脚というターンテーブルの上で
向きを変えただけで、腕を振っている訳ではない。

クラブ扱いで重要になるのは
グリップに対し、ヘッドを多く動かさない。
グリップの移動量に対し、ヘッドの移動量も合わせる
というのが基本になるのだが
腕に対しても同じで
右腕〜利き腕 のこぶしと肘の移動量を
同じに動かしてあげる
 ことが
そのままクラブ扱いに繋がってくる。
IMG_0377

つまり 体の向きの変更によって動く分を除くと
腕によって ヘッドを動かす量は
肘を動かす量と同じ
 
…ということなのです!
ヘッドは行きも帰りも肘の動かす方向や量次第。

多くの人は ヘッドは肘から先で! って考えがちですが
肘そのものの動きがヘッドの動きなのです
IMG_0363

肘から先でクラブを動かすと
腕も、クラブも円を描くことになり
不必要な遠回りをしてしまい、時間も合わず
体の回転に付いていけなくなります。
結果、最後は体に置いて行かれた分を
腕で取り返すことになり 手打ちになってしまうのです。

パターでも、アプローチでも
肘≒ヘッド の感覚で練習してみて下さい(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス時の腕とシャフトの角度は
人によっても微妙に差はあっても
120度程度です。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

トップオブスイングでは
90度程度です。
0-0763-1388

その差は30度です。

では 30度動かしましょう って問題でしょうか?

ゴルフクラブは当たり前ですが
1mの棒の先に鉄の塊 200g〜300gもの
鉄の塊が先に付いている物体です。

329500ceこれを動作中に30度動かそうとしたら
30度では済みません。

逆に 動かそうとしない位で
動いてしまう程度の量ではありますか
 30度って‼

ゴルフスイングは腕と体の角度が
アドレス〜トップに対して30度強程度動かしています。

角度…というか円で考えない方が良いですが
グリップの位置をアドレスに対し
トップの位置の方がへその位置から肩の高さまで
上げています。
➟腕の角度を変える感覚よりもグリップの高さを変える
という意識の方が良いと思います。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)
☞その方の高さからへその高さに下げるだけで
シャフトと腕の角度は十分30度動きます。

スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)


腕を振る感覚を持っていると
先端に重さの付いたものは、
よりそれを倍増することになります。

これを小手先の問題と捉えてはいけません。

体はとても反応がよく
腕の行ったクラブ扱いを必ず補則・補完しますので
クラブヘッドを下に振る、クラブを下に振る、腕を下に振る、
動きをくらえると 前傾姿勢を消します。
つまり 腕の使い/クラブ使いが体の姿勢をつくる
という事なのです。
前傾姿勢を前傾姿勢で制御することは出来ません。
その角度を維持したければ
別な角度(腕とクラブの角度、腕と体の角度)を
制御するもので
もう一歩突っ込んで考えると
腕の角度…角度を考えると
クラブの先端に重さのある構造で制御しきれない
 ので
グリップの高さの変化を意識したが良いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーの腕でのクラブの動かしかたは
肘を曲げ伸ばしすることによって
グリップ(ヘッド)を縦の円弧を描くような(イメージ)
そんな使い方をしてしまっている。

しかし、そのイメージでは
体の回転していく方向とは90度違うものになってしまい
体の動作と腕の動作の双方が
喧嘩してしまう、悪い影響しか与えない。
結果、体と腕の動作するタイミング(機会)が
別々になってしまい ワンピースなスイングを
生み出すことが出来なくなってしまう。

かと言って クラブを腕によって横に動かすのも
結局 体と腕が別々なタイミングで動き
クラブの創りだしてしまう遠心力や重力によって
上を向いてインパクトすることになってしまうから
これも飛ぶスイングに結びついてこない。

クラブヘッドの重さを飛距離に結び付けるのには
ゴルフ用語でいうところの「上から上う」が
必要になるのだけれど
是の意味は前傾姿勢と体の回転を利用して
進行方向の左サイドが低いうちにインパクトに入る
ということが要(要)になるから
クラブを腕で動かすことによって
左サイドが上がってしまうような扱いは極力避けたい。

ということで
肘(腕)使ってクラブを動かす場合
まず基本になるのが
グリップエンドを体から出来るだけ離さない
等距離のまま移動させること!

その上で 向いている状態にかかわらず
胸に沿って平行に 右胸➡左胸 のように
横にグリップを移動させてあげることが大切になる。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375







特にトップの位置で右を向いている場合
自分の胸に対して横…といっても
それに少し斜め下を加えてあげることによって
左サイドが低くなる時間を保てる(稼げる)から
上から打つチャンスは増えていく。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

また そのグリップの移動していく方向が
体重配分になって行くから
右から左へのシフト は そのグリップの横(ななめ)
移動によって、行うように意識づけると
シフトは優しくなると思う。

その時に注意する点は
腕…肘を動かす時に
肘そのものを移動させるのではなく
上腕の上げ下げの意識を持っておくと良い。
肘の曲げ伸ばし と言う動作は
単に前腕の上げ下げになってしまいやすく
是ではグリップも体から離れ
体の回転の方向と一致しにくいので
後々 腕でクラブを横に動かす動作が必要になる。
肘使いは上腕使い と意識してみよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング、パッティングでも同じですが
肘の使い方 というのが実は
クラブを活かす にはとても重要な問題になります。

スイングで言うところの
肘を使う➟肘の曲げ伸ばし で
クラブがライ方向に起きたり、下がったり
ヘッドが自分に近づいたり、離れたり
ヘッドが高くなったり、低くなったり…
スナップショット 12 (2013-05-14 4-38)
ゴルフスイングには
体を回す 向きを変える という
非常に大きな動作があります。

ところが肘の動かし方によって
それと『90度違う方向』にクラブを動かすとなると
そのクラブの動きは体の
体の動きはクラブの動きの妨げにしかならず
その双方の動作をするのには
腕(肘)を動かさず 体を動かし
体を動かさず 腕(肘)を動かす
と言う別々の使い方、別々の動作が必要になります。

腕の曲げ伸ばしによって 縦の円弧を描くイメージでは
スイングはワンユニットになっていきません。
そのイメージを持っている限り
必ず 体と腕は別々に動き
しかも悪いことに腕で振れば振るほど
体は上を向く悪循環に陥ります。
スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)

ではこんどは
体の向きの変更、傾きもありますから
それに沿って クラブをさばく…
肘の曲げ伸ばしで動かす…としましょう。
腕さばきで円を描くわけですね。

ただ ちょっと待ってください‼
クラブを持って 体の向きを変えれば
それだけで 自然に円弧が描けるのに
何故に腕でそれを描く、描きなおす 必要があるんですか?

そこの考察が欠落しています。

クラブ自身を動かさなくても
クラブを持ったゴルファーは向きを変えれば
それによって円が描けるのです。
なのに その円を腕さばき〜肘さばきで描くとしたら
体の向きは変えるのに、クラブはその移動をさせず
体の向きが変わってから 腕で円を描く という
常識に考えて 全く不必要な行動(動作)をしていることに
なります。 上手くいくはずがありません。

体の向きで円を描けば
クラブの姿勢も大きく変わらず
大きな筋肉で動くことになります。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

一方 腕さばきで円を描くと
腕の構造上、腕を長くしたり、短くしたり
グリップ(ヘッド)を自分に近づけたり、遠ざけたり
しないと 円を描くことは出来ません。
体に比べると小さな筋肉で
大きくなったり、小さくなったりする円を制御し
いつも一定の姿勢に戻す・・・。

その行為自体がまったく 不必要な無駄な行為で
それを修正しよう と思っていることが間違いです。

要らないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップを『正しく』『美しく』握るは
アドレスの姿勢やスイング、
特にテークアウェイの初期動作を決めてしまう。
20160501

グリップする際、フックに握るか、そうでないか
問われることが多い。
最近では左だけをフックに握り、右はスクエア
というやや変則的なグリップが主流になりつつあるが
まず 気にして欲しいのは
グリップの上下離れ「距離感」だ‼

グリップは基本的に右手の方が遠いところを握る。
しかし、腕の長さは左右同じ。
左右のグリップがより離れたところを握れば
そのギャップはどんどん大きくなって
当然アドレスの姿勢にしわ寄せがくることになる。
42ea91fd36ed9c16比べて貰えば左右の手首の位置が
関係が大きく違っている。
出来るだけ左右のグリップが上下に
くっ付いたグリップを作れるのが望ましい。

そして次に(グリップの密着の元になる話だけれど)
左のフックグリップを避けたい。
スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

何故 左のフックグリップを避けたいか というと
左がフックに握ってしまうことによって
本来 入ってくる右グリップの場所が
左グリップの親指によって塞がれてしまい
右グリップが横から握らなくてはならなくなるからで
そうなると 左右グリップの上下離れは強くなり
アドレス時から 左グリップは体のセンターに寄せられ
左手の甲側への逆スナップされた状態から
スイングは始まることになる。

インパクト時、ショット時、
多くのゴルファーは上を向いてしまう姿勢に苦しむのに
アドレスのこの時点でもう上を向く準備が出来てしまう
このグリップには良いことは何もない。

グリップは左右両方で1ユニットのものなので
それが出来るように目指したい。

そのうえで 左グリップがフック
もしくは左右のグリップが上下に離れてしまう主な理由は
テークアウェイを体の回転でなく
左腕〜左肩 だけで上げてしまうことにあるので
グリップを改良していくという意味でも
テークアウェイを右ひじの後ろへの引き
という点で行ってもらいたいと思う。
swing102

そのテークアウェイの引き方が変わらない限り
グリップのみを修正しても
数球打てば必ず元のグリップに戻ってしまうし
ましてや コースでそのグリップを実施することは
不可能になってしまう。

コースで18H 疲れてくるとグリップは変化する。
必ず 自分のテークアウェイを取り易い
自分のオリジナルのスイングに適したグリップが始まるので
その点にも注意しておくといいだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振りもし、練習場にも通い
いざ コースに行くとなかなか上手くいかない
まぁ、だからこそゴルフが楽しいんだけれど
コースでのミスショットの原因を
7割近く削ることの出来る2点を覚えてほしい。

何度も繰り返していることではあるけど
「基本」とも呼べることなので
それがスタンダードになるまで
繰り返し意識すると、かなり効果あります。

.▲疋譽垢慮き
疲れてきたりすると注意力も散漫になったり
右利きのゴルファーの7割は右が利き目だそうで
多くの人が右を向いて構える。
002

この体の向きは
ボールの位置の直結するので
体の向きのズレはミスの直結しやすい。
001

普段から意識しておく必要はあるけれど
アドレス時の体の向きは
両足のかかとのラインが基準。
つまさきではない。
疲れてくるとつま先の開き具合や閉じ具合も
曖昧になってきがちなので
そこらへんも踏まえ、注意して貰いたい。

まあ これも定番ではあるけれど
例えば130ヤード位のショットで
グリーンの真ん中を狙っている場合は
体の向きはグリーンの左、
場合によってはグリーンの左外もあり得る。
フェースの目標ラインと体の目標ラインは
永遠に交わることのない平行関係が理想だから
その習慣もしっかり見つけ置きたい。

また疲れてきて危うくなって来たら
胸にクラブを付けて確認してみるのも手だろう。

立ち方によっては ボールの位置は一個以上
ずれてしまい、多いミスの右向きになってしまうと
ボールは必要以上に左にズレて届かない…チョロ
なんてことにもなりかねない。
d11be403

これでミスショットの要因の半分は削れる。


テークアウェイは右ひじで‼
スイング改造に挑んでいる方や
従来のスイングが抜けきれない場合、
そしてほぼ9割のゴルファーは左腕、左肩だけで
テークアウェイを取ってしまう。
左腕でテークアウェイを取ると
背中はかなり早い段階で『張り』を感じてしまう。

テークアウェイを右ひじで‼  のココロは
トップの浅さ である。


残り半分のミスショットの原因はその浅さにあるので
そこに注意して貰いたい。

左腕一本で取るスイングに
メリットは何一つない、デメリットのバーゲンセール
特に状況が変わり、疲労も伴なうコースでは特にそう。

右ひじ・右腕で始めるテークアウェイの習慣
コースでの意識を持つと
それは トップの深さ につながるので
それ以降に時間を稼げるから余裕も生まれる。
疲れてくると兎角浅く、速くなりがちなので
そこは意識しておく方が良い⦿
IMG_0378

右ひじはアドレス時 自分の背後に
ボールから離れる方向に肘鉄するような
そして普段から右ひじの動きというのを
肘の曲げ伸ばしではなく
上腕の上げ下げ のような感じで掴んでいくと
その肘さばきが≒体の周りになっていくので
意識し辛い体の周り〜向きの変更を
利き腕で作れるようになるから良いと思う。

トライしてみて欲しい♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。

一番問題なのは
『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当

a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:シャフトはグラファイトを使っている
 ようですがメリットはなんでしょうか?

003

A:平均的なパターの硬さの目安である振動数は
34インチで300cpm以上です。
L型ブリストルオリジナルのシャフトですと
その半分の 150cpm です。
この半分の硬さがボールの滑りを生み出しますし
ストロークの易しさを産み出します。
この硬さをスチールでは作り出せません。

逆にスチールであるメリットはなんでしょう?
恐らくスチールを使うメリットは重さでしょう…。
それ以上には思いつきません。
ただ L型ブリストルの方はグラファイトを使用しても
600gを超える総重量を生み出します。
これも多い勘違いですが、
ボールに影響を与えるのはヘッド重量で
シャフト重量の影響は殆どない と言えるほどです。
ヘッドの重量もそうですが、L型ブリストルパターの
特徴はシャフトの柔らかさにもあるので
残念ですが、製造技術的に 重さ≒硬さ の為
シャフトを重くすることは出来ません。
✴シャフトの柔らかさを最優先させています
001

では、シャフトの柔らかさは何を生み出すのでしょうか?

これもパターストロークだけに限りません。
ショットでも同じです。

シャフトの役割はヘッドの重さを使って
グリップを動かすことにあります。
故にヘッドはこのような形をしているのです。


多くのゴルファーは
シャフトの役割を反対(方向)に
グリップの動き➡ヘッドの動き
に考えています。

ですのでシャフトが柔らかいと
パッティングストロークであってもショットであっても
ヘッドでボールを弾く と考えていますが
そう考えている限り、例えシャフトが硬くても
柔らかくても シャフトの使い方を理解出来ませんし
ヘッドのその重さや形の意味も見えてきません。
シャフトと使って このヘッド重量で
ボールを弾いては打ちません。


002

グリップの移動・運動コントロール
パッティングストロークであれば
そのグリップコントロールを腕さばき、肘さばきで
すればいいので、従来のヘッドのコントロールを主体とする
パッティングストロークからは決別したい というのが
このL型ブリストルパターのテーマです。
424f9307

一般的なパターよりも150g以上重いヘッド
柔らかいシャフトを使うことによって
転がる ではなく 滑るように移動する
このパターでなければ味わえないタッチと距離感を
どうぞ楽しんでください♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:L型パターは難しい印象がありますが…。
005

A:全くそんなことはありません。
何故、その風評が定着したのかは不明ですが、
(おそらくL型パターが世に広がったころ
 米国のモノの並行輸入品が中心で
 35インチのものが多く、非常にヘッドが軽かったですね
 そのヘッドの軽さが難しさを生んだのでは…と考えています)

アイアンの延長線上と言う意味では
他の形状のものに比べると利点はたくさん御座います。
逆にデメリットは殆どないと言えます。

まず、その形状が
ストロークのし易さを生み出します。
例えば、ピンタイプやマレット形状であると
その形から、次に動かすところがイメージ出来にくく
ストロークの初動が取りにくいと思います。
007

L型は特に弊社のブリストルパターは
テークアウェイを取る方向を喚起させる形状に
なっておりますので、
無意識に動かしても そのガイドが活きてきます。

006

次にL型パターは
マレット等のパターに比べると重心が浅く難しい…
と思われがちですが、正直真っ赤な嘘です。
確かにデータ的には
マレットに比べると重心位置は浅いです。
しかし、ボールを上げる必要のないパッティングに
重心の深さの利点は殆どなく
逆にデメリットな部分も少なくありません。
ゴルフクラブ(クラブヘッド)で言う所、
重心の深さは インパクトロフトを大きくする作用が
ありますが、ボールを転がしたいパッティングに
その効果は良い とは言い切れません。
重心が低いとヘッドが前に出やすく思いますが
クラブの構造上、ヘッドが前に出る というのは
ヘッドが上に動きやすい になります。
009

多くのアマチュアのパッティングは
ボールにオーバースピンを与える😱
というものすごく間違った理論に基づいていて
『ボールを下から上にコスリあげる』ストロークが目立ちます。
そのストロークにとって
重心の深いマレットなどは
インパクトなどを葉…ショットで言うところのトップを
生み出し易く、距離が一定しなくなります。
マレットを使用していているゴルファーの
インパクト音を聞いていると
ヘッドの角がボールに当たっている音が多く
これでは望みの距離は打てなくなります。
偶然待ちの状態になります。


慣性モーメント・・・
これも多くの勘違い を生んでいる理論です。
慣性モーメントとは
姿勢や運動を持続しようとするエネルギーです。
だまされてしまいそうですが
マレットなどの形状に比べると L型の方が小さめです。
(打ち手の目線で見ると)
重心も浅いです。
008

しかし、300gのマレットタイプと
470gのL型パターで
どちらが その慣性モーメント
姿勢や運動を持続する力が大きいと思いますか?
勝負になりません。
数値で言っても段違いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どの距離でも良いのですが
ランニングアプローチを使って
ショット全体を「飛ばせるスイング」に改造していくのが
とても有効です。
0-0763-1388

やはりこの場合も
テクニック…技術と言うよりも
圧倒的な脳の中のイメージ☺
自分の中にある「視覚的」なものの交換が必要で
従来のスイングに『付け足し』では改造には
ならないと思います。

😱😱😱飛ばせない従来のスイングの
最大の欠点は「大きなロフト」です。
入射角度も含めますが
インパクト時のロフト作用が大きすぎて
労力はとても必要なのに
打撃の破壊力が ボールの速度にならず
ボールの回転や角度に変換されがちが
事にあります。
データで追ってみると
例えば 5番アイアン相当の製品ロフトのクラブを
7番とか8番相当のロフト角度にしてしまい、
それを5番アイアンの長さ分のヘッドスピードで
打つことによって『高さ』を作り出してばかりいる!
と言えば分かり易いでしょうか
413
それはこういう事です。

体の回転で‼ クラブをさばく、クラブを動かす
というイメージでも
なんとなくこの写真のようなクラブさばきを
イメージすると思います。

002しかし このイメージのまま
ボールを打とうとすると
物理的な不可能が生じ、
グリップを止めてヘッドだけを動かす必要が増え
その創られた遠心力の中でも
 定点にボールに当てるため
グリップ そして自分の飛球線のは反対に動かす動きが
必須になります。
体や軸が右にずれることによって
体が上を向き(進行方向の左サイドが高くなる)
によって ロフトが増え、打ち出し角度も高くなり
飛距離が生まれない というか
スピードなどの労力に対してのロス率が高くなります。

実験すると分かるのですが
このイメージのまま ある程度の距離のアプローチを
ボールの置き所が真ん中付近〜やや右寄り
でないと上手く打てません。


➡そのイメージを変えてみましょう

ヘッドの重さ…動きたがらないものです。
自分の体の動きによってグリップを動かし
ヘッドを引きずる訳ですから
そのクラブの長さの外周よりも
本当に通るヘッドはもっと自分寄りの小さな外周になります。
001

自分が体の向きを120度変えても
シャフトの角度は半分以下程度しか
変わらないようなイメージです。
445

その時下を向いたフェースとマット(地面)の間で
ボールを挟んでいくような
ボールの上っ面をフェース面で引っ掛けていくような
そんなイメージです。

アプローチでもそうですが
出来るだけ少ない動作、小さなモーション
遅い速度、加速を要しない動作 というのが
飛距離と安定を両立させる秘訣です。

このアプローチでは
決してパンチショットではありませんが、
インパクト以降 クラブやヘッドの動きは存在しません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



自分とボールの方向
ボールに対する遠近の位置関係で
アドレス時が一番ボール側に近い位置にグリップがあります。
d11be403-s
テークアウェイをとっても、
フォローをとっても、
動作が始まると グリップは当然
ボールから離れていく方向(自分側)に動くわけです。
体の向きを変えた分リニアに動く。

写真で言うところの横方向
ボールの飛球線と真っ直ぐ動く瞬間はないわけですよ。

ヘッド、もしくはグリップを真っ直ぐ引く…
という言葉は
自分の体、上半身、胸に対して真っ直ぐ引く
という事とともに
その土台になる 自分の体や上半身、胸は
『常時向きを変えている』
その 常時向きを変えている というところを
多くの人は欠落させてしまっていると思います。

これはアプローチであっても同じです。

体でクラブを動かす努力をするにしても
手で動かしてしまう(原則ダメですけど)にしても
必ず もっともっとインサイドにグリップを動かさないと
いけないです。

2010111116444243889体の向きは右向き
グリップは飛球線に真っ直ぐ…となると
クラブやヘッドは勿論、グリップも自分の体から
離れてしまうことになります。
←これなんかは最悪のパターン
ゴルフのスイングの場合
基礎になる運動の時間軸は
体の向き。。。なので
グリップを体から離してスイングしてしまうと
上半身の不必要なねじれの為
体の向きの変更も中途半端(浅く)になり
ヘッドの通る軌道がものすごく長くなってしまうので
減る時間軸&増える道のり
これを解消するのには「急ぎ」が必要になります。

体から離れて クラブが長くなったのと同じ状態で
それに意味不明な加速度が加わるので
クラブはめちゃめちゃ重くなるわけです。

テークアウェイの時点で
不必要にクラブが重くなれば
当然、それ以降でクラブは遅れます。(右にズレます)
ゴルフクラブにとって遅れる/右にズレる というのは
≒ ロフトを開く ということになるので
ロフトを閉じる という作業が不可欠になるのですが、
😱体の廻りは中途半端
😱ヘッドの道のりは異様に長く
😱テークアウェイ中に不必要な加速による負荷増大
ということで この時点で
上手く打てる、遠くに飛ばす
という確率はぐんと下がります。

体にもとても悪いのに
この打ち方では 練習量/練習頻度が絶対必要‼
になります。 ☞アマチュアの壁 とも言えますね。



このグリップを体の回転でインサイドに引く

という練習はアプローチにも当然有効ですし、
アプローチから始めなくてはイケナイでしょうね。
お家でのシャドースイングで
クラブを持たず、壁を目の前に
アドレス時、グリップを壁に付けて
外に上げられないよう始めてみるといいかも(^_-)-☆です。



52442_360240遼君も何を信じて
こんな練習をするのか
イマイチ理解出来ないです。
稼げるだけ稼いだから
もういいのかも知れないけど
一年を通し,それを5年、10年キープするのには
このテークアウェイの取り方では
成績を上げる前に、体が壊れてしまう
このテークアウェイのドリルを見ても
手でしかクラブを動かしてなくて
その分、体が前に倒れてしまっている。
これでは 起き上がりながら打つしかなくて
プロで、賞金王にもなったけど、
アマチュアが真似るべきスイングではないわね…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーでも全く同じですが
今回はアプローチからひも解くショットの話です。
ちょっと難しい…かもですけど、頑張って説明してみます。
rad-04

科学的に言えば
ショットは ヘッドの質量に運動の速度が積算された
打撃のエネルギーが
ボールの速度/回転/角度 に分散 することによって
飛んだり、意図的に飛ばさなかったりするものです。

多くのゴルファーは そのエネルギーを分散させる、
その役割は ロフト角度‼ と思っていますが、
正解‼…とは言い切れません。
それは正解の半分以下です。

打撃の破壊力を分散させる最大の要素は
通ってきた道のりに対するロフト角度 と
(地面に対するロフト角度ではなく)
通ってきた道のり なのです。
     ➡これを分散要素と呼びます

これも勘違いして把握している人が多いと思いますが
熟練ゴルファーでなくとも、
平均的な月一ゴルファーであっても、
ロフトもきつく、シャフトの長いドライバーの方が
ロフトが緩く、シャフトの短いウエッヂよりも
圧倒的に ボールの三要素の比率は安定 します。

それは長さがあるが故に
色々なことがし辛く、ヘッドの入射角度が
均一化しやすいからです。

一方、ウエッヂの方が
プロ級の人であっても
ボールの三要素の比率を安定させることは難しく
100球打っても どの傾向が自分の弾道…か
判別できない場合も少なくありません。

そう考えていくと
グリーン周りでチョイス出来る場合には
出来るだけ ロフトの立った、クラブの長いものを
使った方がショットが想定しやすい…
ミスも含めた弾道の予測が立てやすい という事です。


それでは本題に入ります(^_-)-☆
始めに 30〜40ヤードの距離を打つとしましょう。
グリーン周りで、花道も使えます。
サンドウエッヂと7番アイアンを用意します。

当たり前ですが
この距離を打つのに 大きく振りかぶらなくてはならないのは
サンドウエッヂです。
そして 速く振らなければいけないのもサンドウエッヂです。
アマチュアゴルファーにとって
大きく振りかぶることよりも
速く振らなくてはいけない方がミスの要因になります。
勿論 それもそうなのですが、
そこだけではありません。
サンドウエッヂのようにクラブが短く
どんな扱いでも打ててしまう道具の場合、
多くのゴルファーがスイングするのに
沢山の支点を用意してしまいます。
✪ゴルフの正しい支点は背骨に対する骨盤の運動です。
ところがアマチュアはそれに加え
😱背骨〜肩の捩じり
😱肘を支点とした動作
😱手首を支点とした動作
😱シャフト軸を支点とした動作(ヘッドターン)
と複雑に影響し合う5種類の支点運動を
ミックスで使ってしまいます。
lgi01a201308261400

例えていうのなら ブランコ
本来はブランコのぶる下がっている横の支柱が支点の
単純な動きです。
座椅子はロフト90度ですが
ゴルフクラブのロフトをイメージして下さい。
ブランコを漕いで
その基本の支点運動に加え
多くの支点(チェーンの屈曲点)を交えると
インパクトの入射角度、そしてロフト角度は
なかなか安定しないでしょう。
同じロフトのなることも 同じ軌道になることも
なかなか難しいです。不可能に近い。
特にゴルフクラブには ブランコに存在しない
基本の支点運動に対する横の動き(本来は一切要らない)
に相当するヘッドターンという捩じりが加わると
もう正直訳わからなくなります。


7番アイアンであれば
パッティングストロークの延長線上で打てます。
背骨を軸としたフットワークで
クラブを動かせますから
一定した軌道にしやすい上に
運動速度も一定させやすく
クラブの移動速度も自分の動作で管理できます。

ところが 支点運動を増やしたスイングだと
その速度が変化しやすい上に軌道も変化する。
生み出される遠心力も複雑になるので
一旦振り始めたら 自分の動作で速度管理が
非常に難しくなります。

そして 支点運動を増やせば増やすほど
ロフトは大きくなる…
想像してみて下さい
ブランコを立ち漕ぎする。
シンプルにブランコしたら
座面が地面と垂直になるのは
ブランコのチェーンが地面と平行になるところですから
普通はムリです。
ところが持ち手のところにも支点を作り
そこにも支点を作ると チェーンが45度以下の角度でも
座面を垂直にすることが出来る。
円弧(軌道)が小さくなるからですね。

😱支点を作ると一瞬加速したように感じるけれど
ブランコの運動速度は速くなっても
円弧が小さくなってしまうので
 それが移動速度にはならない・・・。
わかりますでしょうか?

だから 体を捩じったり、手のローテーションで
スイングする人のほとんどが
切り返しからいきなり加速する
ブランコの支点運動と同じ速度感で動き、
初動だけ速く、インパクト時は遅い。
そして 大きなロフト というか
こするための運動をしてしまう・・・。
そして その動きは安定度を生まない・・・。
良いコト何にもないんです・・・😢


これが飛ばない秘密です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ