◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2016年07月


L型ブリストルパターを使って左手一本ゴルフスイング
これをお薦めするのは
このドリルには色々なことが隠れているからです。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)

まず多くの人は
長い棒の先に付いたヘッドという重さ
長さや運動も重さの積 ですので
ひとくくりに「重さ」を使って
なにをするか? どうするか?
という事があります。

これをオンプレーンスイングのように扱って
シャフトを振る、クラブを振るように扱えば
当然左手一本ですから握っていられなくなります。

➡このヘッドの重さを使って 如何にグリップを動かすか
という事を実感してみて下さい。
重さとは当たり前ですが 重力方向〜縦にかかります。
この縦に働く力を如何に横〜水平方向へのグリップの移動に
使うかを考え、感じてみて下さい。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)

次に重さを上手に利用してボールを打つのには
動作の順序を 腕➡体 としてみて下さい というのがあります。
多くのゴルファーは 通常体を先に動かし
その体がエンドを迎える〜止まり始めると
その反動を使って腕を振る という 体➡腕 の動作順序で
ゴルフスイングをし、それを体で記憶します。
ハミングバードではその順序を入れ替えましょう と
推奨していますが、多くの人は
体➡腕 の順序の中で 
出来るだけ早めに腕を動かすことを考え
順序そのものをはっきりと逆転するのは
なかなか出来ません。

体➡腕の順序でボールが打てていたのに
それを魔反対の順序にすると
⚠ボールが打てないのではないか
⚠ボールに当たらないのではないか
という恐怖心のような、猜疑心のようなものが
浮かんでしまうからです。

ところが このL型ブリストルパターを使って
左手一本のシャドースイングでは
クラブ自体が左手一本で握っているのがかなり辛いほど
クラブが重たいので
体➡腕 の動作順序ではクラブを握っていられず
スイングを完遂することが難しくなります。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

左上腕、左ひじを先に動かし
ひとテンポ間をおいてから、体が後追い
する位の動作順序でないと
 最後までクラブを握っていられません。

と同時に 前述のクラブヘッドの重さで
グリップを横に移動させる という事を念頭に置いていると
自分が思っている以上に 意志や意識として
体の回転を思わなくても、そのクラブの重さに
体は回されてしまいます。

これは実際にボールを打つときにもそのまま使えますが
クランチ、刷毛塗の動きで
先に「左の上腕」を緩める、動かす、落とす  それを
体を止め、まだトップの体の向きに固定して
右を向いたまま行い始め
ヘッドが落ちていくチカラでグリップが押され
それを持っていられなくぎりぎりまで
体の回転を止めて、待っていていい位です。
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)

今日 あるお客様がそのタイミングを体験され
もの凄く驚いていました‼
とてもボールを打てる動作の順序、タイミングではなく
感じるそうです。   …そうでしょうね。
自分が思っている順序とはまるで異なり
体を回すのと我慢し、ずっと右を向いたまま
左上腕〇〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・
インパクト直前に体の回転のブレーキを離す
位のタイミングで十分ボールに当たり
そのタイミングを掴むと体の回転も
「やらされる」に変わりますから
回転する意識をしなくても回転できます。
意識するのは「回転する」ことではなく
「回転しない」「回転を待つ」意識なのです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)o0361056812059034776
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◇投稿◇ 

最近、本当に練習が楽しい

疲れない。400打っても平気・・・

うれしいことです。

なぜに、振らずにボールが飛ぶのか?不思議?

後ろで打っていた人は、いつの間にか打席からいなくなります。

 

「アプローチ」から「60%位のクオータースイング」で 

徹底して、刷毛塗を実施してます。

これオンリーのためだけに練習場に通ってます。

2時間1000円の打ちっぱなし練習場で・・・

 

 

 

初冠雪

 

初ラウンドしてきましたので アドバイスお願いします

 

ドライバー 

前半は弾道高くスライス

後半よりTEEを低くしたら中弾道、右に230ヤード

右腕を早く伸ばすことに集中

 

7番アイアン

前半はトップぎみ

後半は右腕の降ろすタイミングに集中

高く右に150ヤード

多少カンでも、芝に負けないヘッドの重さが心強い

 

SW

20ヤード前後のアプローチで使用。

弾道転がりともによい

スイングがシンプルになります。

いろいろ考えずに打てるヘッドの重さが心地良い

チップインしました

 

PTは・・・

この進化版L型ブリストルパターは

あきらかに「インチキ」を体現できる

ホントに ものすごいものだと実感しました。

あの

シャフトの柔らかさ が生み出す「転がり」

「滑る」本当に滑る 半端なくすごくいい

 

ラウンド前半はショートしていましたが

なれてくると

中盤から ロングパットが入りまくり

午後のラウンドでは1パット続出

まさに「パーフェクト」

全てのパットが吸い込まれるように

カップに向かい、そして沈みます

 

こんなゴルフしたことなかったのでびっくり

同伴者も空いた口がふさがらず

オリンピックやっていたら総採りできた???

 

特にショートパットはただカップに向かって打つのみ

曲がるラインでも芝目に影響されないのがいい

 

パターの概念がまったく変わってしまった

次のラウンドが楽しみです

800px-JackNicklaus2006MastersPar3



お手紙ありがとうございます♪

アプローチであっても、
パットであっても
フルショットであっても
上手にクラブヘッドの重さを使うのには
こう考えることが必要です。

➡スイングはどうグリップを動かすか で
 ヘッドをどう動かすか とは似ているようで大きく違います。


例えば 故障した車をロープで引っ張るとします。
その後ろの故障した運転手のいない車で、
カーブ中に電柱をヒットさせるとします。
運転する前の車がどのルートを取ると
いったい運転手のいない後ろの車が電柱をヒットするか

ということです。

kenin-rope


後ろの車には運転手はいないのです。
そして それを引っ張る前の車と後ろの車の関係は
前の車の通りに後ろの車は動きません。
後ろの車は 重さという負荷と慣性という負荷の塊だからです。

そう言う感覚というか、頭が必要なのです。


例えばグリーン周りなどのアプローチをする時
主に、体の回転だけでボールを打つとします。
一旦高くなったクラブヘッド…
高くなった、地面から離れたクラブは
前傾姿勢と回転の右向きがあるから
ヘッドが高い位置に移ったので
上げるという行為が無くても十分高さは確保できます。

上げるという行為は重力に逆らいますが
下げる行為ではなく、下げる方向というのは
重力でも出来るし、重力がなんらかの助力になります。
「下げる」という腕の動きをダウンに入れてしまうと
上げてもいないのに「下げる」という生き帰りで
違う行為をすることになりますし、
本来 前傾姿勢と向きの戻しによって
届くはずの「低さ」は下げる腕の動きによって
取られてしまい、不必要になりますから辞めることになります。

スイングにとって大切な
特に一番その行為の効果が必要なところで
それが要らなくなれば
当然 前傾姿勢は単にゴルフスイングらしく見える飾り
になってしまいますから、おろそかになります。

腕の補助はあったとしても
体の回転、向きの変更でどうやってグリップを動かすか
何処へグリップを持ってくるか、グリップを通すか
何処を通すとヘッドとボールが接触するのか
そういうことを追いかけながら練習するべきです。

グリップの移動方向、軌道、移動速度
グリップエンドの向き それをチェックしながら
スイングを作っていくと良いと思います。

sample 2009_09_29_23_01_02-405フレームショット


🏁ヘッドの方が高いうちは
その重さはグリップの移動に使えるが
ヘッドの方がグリップより低くなると
その重さはグリップの移動を止める
という事を忘れないでください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを振ってしまう…
クラブを振らない…
そこらへんが掴めない方がいるので
ドリルとしてトライしてみて下さい。

L型ブリストルパターを持ってきてください。
☎こいつを片手(左手)だけが素振りします。


重いですよね。
始めは広いところの方が良いです...たぶん。

一般的なのスイングイメージだと
トップの位置から 体をまず回転させて
体が正面を向いてから 左肩を軸に
腕クラブを回転させるようなスイングになると思います。

が しかし 左手一本、片手で持っていると
L型ブリストルはとてもじゃあないけど
持っていられないというか、痛いです。
握力も持たないですね。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)

では、こうしましょう
トップの位置から
クラブの重さに従って左ひじ・左上腕を落とすというか
緩めます。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)

シャットを作る意識をもって
クラブの重さを利用してどんどん左グリップを
進行方向に逃がします。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

この時左腕を伸ばす意識を持ってしまうと
左グリップの移動、体の回転は止まってしまい
クラブの重さが左グリップの移動、体の回転に使えず
その重さ分だけ左肩が上に逃げてしまいます。
そこ、注意ですね‼
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)
体の回転は左グリップの移動を補助するように
後追いで付いていく感じです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
今までのイメージからすると
相当早い段階で左上腕〜左ひじを先に逃がさないと
クラブの重さが 運動の負荷になり動きを止めてしまいます。
スナップショット 7 (2016-07-27 18-57)
これがスイングのイメージそのものです。

普通のクラブを振るスイングでこれを行うと
このドリルをするのにかなりのスペースが必要になりますが、
このようにクラブを扱うと
少々オーバーですが、体の入る筒の中で
スイングが可能になるような感じです。

クラブの重さを使って如何にグリップを動かすか
グリップをいかに体から離さず、出来るだけ近いところを
移動させられるかを感じられると思います。

スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)










是非トライしてみて下さい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら
必ずここに戻ってください。

002まず ボールの位置ですが
ボールの前面が左の脚の踵付近
これが基本です。
これは持つ番手やクラブに関係なく
この位置を維持しましょう。
クラブの長さによって変わるのは
右靴、右足の位置であって
左靴とボールの関係は一定にします。


ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合
そのティーアップ分を目安に
その量分だけさらに左に置く 感じです。


次にたぶん問題の原因…になっているのが
スタンスの向きです。
多くの人は右目が利き目です。
色々な要素が含まれますが、利き目が右の人は
放っておくと クローズスタンス になります。
構えが右向きになる という事です。
右向きのまま 左足踵にボールをセットすると
必要以上にボールは外(左)に出た形になるので
普通に振ると届かなくなるので スイングの順序や形態が
それに応じて変化してしまいます。
005

普段からそれを心がけておく必要があります。

スタンスの向きは つま先ではなく 踵ライン
両方の踵を結んだラインです。
それをクローズではなく ややオープンにして
慣れていく必要があります。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

飛球線に対し平行を時計の12時とすると
疲れてきたり、緊張したりしてくると1時位
時計の針1時間位右を向き易くなりますから
練習では 11時くらいを目安に左を向いておくことを
慣れておいた方が良いと思います。

多くの人は 両つま先で左足のつま先の方が開き目
であるので余計です。つま先で見た時にどの位オープン
左向きになるのが 正規のスクエアか把握しておく
必要があります。

とてもシンプルなことですが
スイング基盤になるものです。
体の向き、ボールの位置によってグリップも変わります。
オーソドックスですがクラブなどを置いて
十字を作って確認してみるのも良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



私の欠点は上体が先行し、
左腕が伸びたいわゆる振り遅れ状態で
インパクトを迎えることです。

体を開かないために、
後ろを向いたままで打つように心掛けていますが
やはり左腕が伸びてショットしています。
鼓笛隊打法やグリップが先行する、
などと意識していますがうまくいきません。

昨日7/20の記事で”左ひじ右ひじの押し体の回り
とあるのを読み「グリップ」ではなく「左肘」に
意識をもって打つ事をやってみました。

結果は、「ショットの感覚が右肘で押し込む感覚になった」ことです。
今まではどうしてもヘッドを振っている意識から抜けられなかったのですが、
肘を意識し左肘から動かす事をやってみると上手くいきました。
(上手くいっていると思っています)


短い距離例えば30ヤードのショットをやると
フィニッシュ後のクラブの形が、
飛球線方向に直線的に伸びているのでは無く
飛球線に交わる角度(直角とはいいませんが)
で止まっていることです。

これだよなあ、これなんだよね、などと納得してしまいました。

意識を肘に持って来ただけでこれだけ変わりました。
ボールを打った時の音も
ブッ
とゴムの潰れる音がします。
今夜も確認するために練習に行きます。


楽しみです。





お手紙ありがとうございます。

スイングを改良していく際に
過去のスイング造りにおいて
タブーとしていた観念を破らないと行けないところが
結構難しかったりします。

ダウンスイングで
腰や左足よりも先に
『左の上腕・左の肘を先に動かす』 なんて
今までは想像もしていないことでしょうし
どちらかと言うと 視覚情報のスイングとは
なんだか合致しにくい動きだから
なかなか納得して出来ないかもしれません。

20年を超えて 多様なスイングを見てきましたが
多くの方が形にこだわるが故に
結果として その形や動き方を一生懸命に作ってしまって
それはダウンスイングというか、その初期段階で達成され
いざ ボールを打つときには 
単なる手打ち
になってくる様子をたっぷり見てきています。

そして 腕 というと
手首を含めた肘から先の意識が非常に強く
刷毛塗を意識しても 肘から先ばかりを使いがち です。

腕は肘から上の事を指して
逆に肘から下は意識して動作させる必要は多くありません。

特に体の回転で打つ のには
肘と体の位置関係はとても大切です。

体の回転が先行して あとから腕を! と思うと
クラブの重さもあるので その腕の重さは数十キロになってしまい
体が止まる、か減速するまでは動かすことができなくなってしまいますので、結果 最後に腕だけでクラブを振ることになります。

IMG_0379IMG_0378









上腕はある意味体と直結した部分で
クラブと体の中間地点にあり
それを分離してしまうと、最後には肘から先に手先で
クラブを振ることになってしまいます。

練習では ほんの短い距離でいいです。
フルスケールのトップオブスイングから
左上腕を動かしいったん止まり
右腕を使ってさらに左グリップを左に押しながら
体を回してボール打つ という練習から始めて下さい。

最終的には同時・・・、見たいになって行くのですが
初期段階では 左上腕 ➡ 体 との順序を掴んでください

同時にしていく時に 今度はちょっと頭を切り替えて
左上腕を動かして体で回して打つ という感覚ではなく
左上腕を動かすこと そのものが打撃と考えてみて下さい‼

 

おもちゃの鼓笛隊-163フレームショット

 

 

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロフトの多いアイアンでは視覚的に
なかなかイメージし難いので パターでやってみましょう。

本来のボールを潰すイメージとは
靴でボールを蹴るイメージではなく
靴でボールの一部を下に踏みつけるイメージです。

一般的なゴルファーのショットは
ボールを蹴るイメージです。
しかし、これではゴルフクラブでなく
どんなモノを使って打っても違いが出ません。

ですので本来カギになる 長い棒の先にある重さ
ではなく 長さというものを利用して撃つゴルフショットに
なってしまうのです。

折角 ゴルフという遊びの目的に適した
『ゴルフクラブ』を使うのですから
その使い方のイメージではダメです。
adc717b3-s

足で飛ばしたい方向と反対のボールの一部分を
下に踏んであげると ボールは飛ばしたい方向に
飛び出て、ちゃんとスピンが掛かって止まります。

実際には出来ませんが
パターを使って そのイメージでボールを打ってみましょう。
従来のパッティングの多くは
上下にヘッドを、振り子のように動かして
上に弾きあげる打ち方が多数です。

その魔反対に マットなり、地面に
フェース面でボールを抑えつけるような
そんなイメージを持ってストロークしてみ下さい。
靴の変わりにフェースでボールの一部を踏みつける…ような
そんな感じです。
スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)

本来のパッティングは氷の上を押して
ボールを滑らせる感じではありますが
ボールを潰す感じ…というのには視覚要素も含め
ロフトの立ったものの方がイメージが付きやすいので
今回はパターを使って…ということです。

この…ショットのイメージが理解できると
かなりゴルフクラブの扱い方は変わってくると思います。


 ・・・ああああ 市販の空気のような軽さのパターでは
   やればやるほど弾きたくなりますから不可です( ;∀;)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近のスウィングの傾向は
テークバックで右肘を体に付けたまま
下に向けて たたみ
フォローでは体に付けたまま 行う。

この肘さばきでは、不必要な肩の上下
しかも 本来であれば 高くなりたい方が低くなり
低くなりたい方が高くなる 動きに必ずなる。
tiger
その影響で、重量の有る頭が
テークバックでは 上半身に対し左に傾き
フォローでは右に傾くことになる。
これでは、体重は動かせない。
頭が軸に ベルトから下だけが左右に動く
俗に言う「スウェー状態」になってしまう。

だから 体重移動はしない なんて理論が
横行するようになる。

傾きがあるのだから
右を向けば 右サイドの方が高くなって
然るべしだし、左を向けば左サイドが高くなる。
それぞれの状態で 肩だけが
逆の動きをすれば、常時 体の側帯は
伸ばされたり、縮められたりし 首や背骨に
負担が増すばかり。。。
imagesCAXUT058
体を回す
ということは 上半身(胴体)の
乗っかった骨盤の向きを変える
ということなのだけれど
本当は回転には全くもって
使用しない、不必要な肩(肩甲骨)
を体を勘違いし、長年その難しい作法
技術を刷り込んできたゴルファーにとって
それは 易しくないのかも知れない

だから 回転することは考えから
(特に左回転)
一旦 捨ててみる
ということも良いのかも知れない。
(右向きだけは意識しても良いかも)

その上で あれ いつの間に?!
って感じで 綺麗に向きを変えるのには
肘が体の外、胸の横(後ろじゃないよ)
に張り出している というのは
とっても 憶えやすい代替え案 だと思う

体の外に 腕が張る というのは
腕で円を描いている振り方
俗に言う 振る動き をしていると
することが出来ない。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
特にテークバックを左腕也
左肩で行っている人は
テークバックの中に 右腕が
左腕に被られてしまうので
肘を外に張ることが出来ない

肘が外に張れる(クランチ)
ということは
腕でクラブを振っていない と言う証
でもあるし、
それによって クラブは寝かされない。

クラブが寝かされていなければ
クラブの姿勢として
ロフトも維持できるうえ
ヘッドの重さも利用できる。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)
ヘッドの重さによって
腕や肘、そして体までも
動かされるようになるし、
クラブが寝かされていなければ
クラブヘッドのあの歪な形
右に偏った重さも意味を成してくる
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)
体の前にクラブがあるので
クラブソノモノの重さによって
ダウンスウィングも前傾が維持されやすいし
傾きが維持されれば
左へのシフトも自然に行いやすい

体を回す! って思ってしまうと
体って本当は骨盤 を指すのに
条件反射のように 肩(肩甲骨)が
回ってしまって 体重移動も出来ない
内回りの動きになり
結果として 腕を振って
そして ヘッドを返さざるを得なくなる
ので 左への回転は
意識しない よりも 右向きっ放し で
丁度いいのかも知れない

肩向きに沿って 左肘を
左の靴よりも 外を通るように
大きく張って
(自分から必ず離す)
ようにしておけば
色々な作用から シフトも出来るようになるし
それによって 左回転もいつのまにか。。。
されているようになると思う。

先に言っておくけれど
アマチュア(プロも含めて)ゴルファーで
左に乗れている人を
見ることは奇跡の確率。
本当に左に乗れるようになると
自分の体重 運動を伴った
踏みこんでいく自分の体重って
結構 キツイ って感じると思う。
左足って 今まで使ってなかった
と気付くくらい、左脚に重さが掛かるよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


かつてはフライングエルボーと呼びましたが
最近では『脇を絞めて』みたいな言われ方なのだと思います。

硬いシャフトで軽いヘッドのぶんぶん振り回すためのゴルフクラブ
であれば、テークアウェイ時に左腕で押して、右ひじを体に
付けて横に動かし、帰りはその逆をする
という方法になる訳ですが、
それはまさに「手でクラブを振る」という事を示唆しています。
このアクションにはどこにも体の動きが付いてこないので
結果、前傾姿勢もアドレス(ポスチャア)も
どうでもよくなるという訳です。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

クラブの最も大きな機能 ヘッドの重さ
打撃に対するエネルギーとしての重さと
自分の動きに対しての助力としての重さ
これを使うのには
長い棒の先にあるその重さを
ぶんぶんと手で遠心力を作るとか、増やすために
使ったのでは意味がありません。

まずはそのために
体の向きを変える上半身に対し
その運動の方向を頭に入れながら
その「重さ」をスタンバイさせておかなくてはなりません。

テークアウェイとは右へと動く動作ですが、
その目的はその後の左へ動く為にあります。
ですので、多少は右にズレたとしても
その重さが 左へ動きの負荷になってしまえば
意味のないものになります。

よって 右腋を絞めた 左腕だけでのテークアウェイには
百害…いえ 億害あって一利なく
どの面においてもクラブの機能を利用できず
力づくでゴルフショットをするはめになります。
0-0763-1388

自分の胸に対し、右を向いていたとしても
その両肘の高さが胸と平行になるように
傾きと右向きの関係から
外からの見た目は右ひじの方がやや高い位が
次の動作への移動がしやすく理想です。

過去の選手などもそうですが
ジャックニクラウスにしても、ジャンボ尾崎にしても
アニカソレンスタムにしても
強く、そして故障の少ない選手はみなこの形です。

少なくとも重いヘッド、柔らかいシャフトを上手く使うのには
この右ひじ フライングエルボーは絶対条件です。
オーバーにする位で丁度です♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

骨盤の向きを変える  ⇒体の回転(向きの変更)
意外にも、これを制限してしまうのが
顔の向きや視線であることが
少なくない。
最終形態として ボールを見るコトは
好き好きだけれど とりあえず
スムースに体が、骨盤が脚で動かせるまで
顔の向きを 胸の向きや秀二、骨盤の向きと
共に 動かしてしまう事をお薦めする。

出来れば、怖いかも知れないが
一旦 ボールから目を離し
視界から ボールを無くしてしまう方が
良いかも知れない。


メリットを幾つか 紹介しよう。

先ず 目をボールから離すことのメリットは
逆にデメリットから知ろう

スナップショット 3 (2011-02-11 21-46)視線をボールに釘付けにしてしまうと
本能的にか ボールと目との距離を保とうと
してしまうものだ。
本来は 骨盤から上の体が右を向く
その軸になるのは 背骨なのだから
体の厚み分 ボールと目との距離は離れて
然るべし。 

スナップショット 6 (2011-02-11 21-47)正直 目線が変わるだけで この位
体が大きく動くようになる。

また それによって 回り方ソノモノも
変る可能性が高い。
ボールと目との距離を保とうとすると
体の向きを変える動き(上半身全体))よりも
左サイドだけを動かす事に成り易い。

それも防げる可能性がある。

次に これは精神的な面でもあるのだが
ボールを注視、凝視してしまうと
緊張感が高まり易い。
古くから日本では、半眼と言う言葉が
あるけれど、
視界のなかには入れておくが
注視はしない、
 その方が現場でも緊張感も
軽減できるし、焦った動きに成り難いと思う。

ボールから目を離し、顔を右に向ける
実質上のメリットは 一番始めのモノが
非常に大きいのだけれど 悶絶過程では
習の目安ともなるので 以下のコトも注意して欲しい。

アドレス〜初期のテークアウェイ(バック)で
顔や視線も一緒に動かすと
自分の視界の中に クラブやシャフトを留めて置く
ことが出来る。 ボールではなく クラブを
目線で追う事が出来るはずだ。
(イヤ 実際にはそうして欲しい)

そうした時に シャフトがどのように動いているか
良く観察して欲しい。

先ずは 自分のクラブやシャフトが
いずれ 自分の視界の右に消えるのだが
それが どの高さであるのか 確認して欲しい

非常に低い位置で右に消えてしまう ということは
左腕だけでクラブを動かしてる可能性が高い

また 自分の視界の動きは 骨盤より上の胴体と
同時進行しているのだから クラブの動きも
正しくは同調していなければ ならないが
その双方の動きのリズムやタイミングも
目で確認することが出来るだろう

それと最大に参考になるのが
視界に対し シャフトがどのように横切って
いくのかわかるコト。

ココが非常に大事。

どの道、シャフトやクラブは 視界のなかで
左側〜右側 そして 視界の外へ行ってしまうが
シャフトが 横にスライドする形のまま
その移動をしているのか
ワイパーのように 支点運動しているのか
それを確認することが出来る。

願わくば、自分の左頬をシャフトが横滑りするような
カミソリで 頬を剃っていくような
そんな感じだと良いのだけれど…

シャフトが縦に 自分に近づいてくる
そんな光景が目に見えたら 既に ヘッドを振って
仕舞っているので 行きはヨイヨイ 帰りは恐い
になってしまう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「体の力を抜いて 楽に」

「力んじゃ駄目!」


練習場で一番耳にする言葉でしょうか

ミスショットした時に
「今のは力んだからなぁ〜」
良く耳にしますよね

力む理由は簡単です。

力まなければならないから です。

力まないと ボールを打つことが出来ない
そんな環境・状況が出来てしまっているからです。

457d8efa

それを 単に 力まないようにしても
ボールを打つことが出来ませんし
なんの解決策にもなりません。



力んでしまった その理由は


クラブが重くなってしまうから。。。
クラブが重くなってしまったから。。。



 実験してみて下さい☆
クラブを左手一本で持ちます。

シャフトを垂直にして持つと
 クラブのカタログ上の重さ

でも ここに腕の重さも含まれています。


そのまま トゥ方向に倒し
シャフトを地面と平行にすると
(腕とシャフトを一直線にすると)
ヘッドの重さ×長さ の分だけ重くなります。

同じシャフトを倒すのでも
シャフトを自分から向かって右に
フェースが上に向くように倒すと
更に 重さは増します。
重さにベクトルが加わってきます。
左手一本では持っているのが精いっぱいに
なりつつありますし 体でバランスを取らないと
その状態は維持出来なくなりつつあります。


その状態のまま 左腕をまっすぐ伸ばし
胸に付けてみます。
(仮面ライダーの変身のポーズです)
4190-1-2



この状態が 静止時での 最大に重くなる状況です

これを ダウンスウィングの始動時 と考えましょう

自分はこれから 右⇒左 方向に 移動
 運動〜打撃します。

シャフトが垂直の状態と
フェースが上を向き シャフトが倒れ
左腕が左胸に張り付いている状態

この二つを比較すると
その差は ん十キロの運動負荷の差になると思います。

どちらが 力みますか

後者の方で 力まずに ボールまで
辿り着くでしょうか。。。

力むこと そのものでなく
力まなければならない クラブの位置・姿勢を
解決するべきなのではないでしょうか

上手く打てた時。。。
なんの感触とか クラブの重さ感が
記憶に残らない。。。 そんな体験を
皆さんしていらっしゃいますよね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


左上腕なり、左ひじを先に動かす
これと左グリップを左に利き腕で押す
はワンユニットのアクションと考えていいでしょう。

先に左ひじを動かしていく‼ という意識は
とても大切です。

IMG_0379IMG_0378








しかし、左ひじなり、左上腕が動かせる量は
ひとコブシ程度の量です。
つまり やや遅れて(結果同時ですが)
左グリップを左に押す右腕は
結果として体を回すスイッチとなります。
左グリップの移動を止めてはいけない からです。

この3つの動きは
初動はややズレていますが
左ひじ➡右ひじの押し➡体の周り
一つのスイッチによる流れ
一つの動作として理解してください。

ここでポイントになるのは 二つ です。
ショットは確かに飛ばすことは重要ですが
出来るだけ確実に同じような距離、同じような方向
そしてそれが繰り返せるという部分があります。
ですので 望む距離を打つことを最大最速で行うのではなく
一番遅い速度で打てることを優先して考えるべきです
そのために この一連の動作に意識的な加速はいけません。
無理に遅くする必要もありませんが、
逆に 無理な加速はもっといけません。
スナップショット 3 (2015-10-15 19-53)

ダウンスイング〜フォロー この区間で
体の回転とは一致しない 妙な加速がある ということは
急がなくてはならない理由があるからで
決して褒められたことではないのです。

もしも スピードを上げたいのなら
全体のスピードを上げればいいのです。
加速をつけるのとは違います。

自然な加速は兎も角、意図的な加速は
スイングを作るのには不必要です。
それに伴いますが
加速が必要なケースのほとんどが
シャットが足らないか シャットが無いからで
シャットを維持していれば クラブや腕、ヘッドの重さが
運動を自然に加速させます。

この2点を気にしながらやってみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


説明はとても難しいが
このダウンスイングのスタートを
左の上腕、もしくは左の肘から始めるか かどうかが
クラブヘッドを振ってしまうか、振らずに打てるかの
違いになる。

左上腕 左ひじが先に、先行して動かないと
体が、腰が先に動くことになる。
トップの位置 ➡ 右を向いている
インパクト ➡左回転 正面もしくは左向いている
スナップショット 4 (2013-05-13 20-42)スナップショット 4 (2013-05-13 20-59)






前傾姿勢があり 体が右を向いている
それが正面を向く というスイングの中で
一番クラブの高さを変化させられる
一番高くなったクラブヘッドの位置を低く出来る
一番のチャンスを失います。

しかも クラブや腕が体の右に残ります。
フェースが寝たりしますから一番重い状態になります。
本来、理想的には正面向くまでの間は
右の方が高く、左の方が低い時間です。
ところが体が先に動きクラブが残されることによって
右サイドが下がります。
スナップショット 3 (2013-03-18 13-18)

この瞬間に体の回転によって
 低さを作れる効果は失います。

そして その重さ効果もあり
右サイドが軸に体がいきなり左を向いてしまうので
向きを変えるほど 上を向いてしまう
下げる効果を失っただけでなく
より高くなってしまう機能に変わってしまいます。

故に 腕でヘッドを下げなくてはならなくなり
腕でクラブを振ることになるのです。

ここを理解できないと
スイングの迷路から抜け出すことは出来ません。

上から打つ ということは
左サイドが低い時間にインパクトを作ることです。
要はテクニックではなく 時間の問題なのです。

もう一度考えてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドを上から入れる の利点は解説してきたが、
それをするための 上腕のことについて考えてみよう。

一般的なオンプレーン型のスイングであると
左サイドのリード 左足や左腰から
ダウンスイングが始まって、
両腕の上腕や肘の動きが最後というか
インパクトの直前〜直後の区間
体が動ききった後の運動になる。

クラブを上から入れてくる
ヘッドの重さを昨日左折使う方法では
その順序は 真逆 な感じで
ダウンスイングの始まりは 上腕の動作 から
という事になる。
ここはちょっと理屈っぽくなるかも だけど
584506d7基本、ゴルフスイングはグリップ(握る部分)を介して
両腕がつながった状態であるから
片方が動けば、片方も動かざるを得なくなる。
しかし多くのスイングは
左腕と体が固定された状態で
左腕を体から離す習慣が皆無、慣れておらず
ダウンスイングを始めて 右腕を伸ばすとか、
右ひじを伸ばす という行為をしてしまうと
動かない左腕、左グリップを軸に
右腕でクラブを押してしまう。
それでは元の木阿弥だ。
4289f9fa-s

なので 本当は両腕の上腕が一緒に動き始める
体よりも先に動き始めるのだけれど
今までの習慣や癖 を踏まえたうえで
ダウンスイングの始めは まず 左腕上腕から始動始め
自分の胴体から左上腕を離す
左の腋 左の腋の下を開ける動きから動作させてみよう。

意外に難しいと思うよ。

左の上腕 というか 左の肘
これを自分がこれから動きたい方向に移動させる
練習をしてみよう!
と言っても 多くの人が
左の上腕を体から離した経験が無く
体ごと左の肘が移動したのを
自分で左の肘を移動させたく勘違いしているというか
感覚がそうなっているので
体はトップの位置を向いたまま
固定した状態で 左ひじを動かすとか、左上腕を動かすとか
そういう素振りなり、訓練をしないと
なかなかそこには行きつけないと思う。
スナップショット 2 (2014-04-20 10-04)

勿論右腕のサポートも必要で
始めに動かし始める左ひじの向いている 向かう方向が
右腕を伸ばし グリップを押す方向を定めます。

右腕を伸ばすと ライ方向
よく言われるキャスティングの方向にクラブを動かしてしまう
というのは、動作として左腕が止まっているのが原因で
右腕を伸ばした時にグリップやクラブを押すその力が
逃げ場がない証とも言えます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


上からボールを打てるメリットはとても大きいです。
まあ 想像通りヘッドの重さが使えます。
打撃は 物理現象ですから、
その重さがボールをどかす破壊力として
そのまま使える訳です。
そしてそこに来るまで、インパクトまで
その重さの落下速度が運動速度として加算できます。
スナップショット 3 (2015-06-14 18-03)

そして昨日も書きましたが
振り子で振ってインパクトに入ってくると
当たり場所や当たり方によってミスが出ます。
ところが上からヘッドを入れてこれると
まず重さが使えるのでモーメントが高く
ヘッドの姿勢維持性、ヘッドの運動維持性が高くなります。
そして上から入れてくると
そのタイミングによっての姿勢や運動方向の
変化が緩やかなので、当たり所や姿勢による弾道の違いが
ボールという、球体と言う形状によって防がれます。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

さあ 問題は
どうすると上から入れてこれるか、上から打てるか
という事です。
まず 言葉遊びのようになりますが
上から打つ、上から入れる 打つ/入れる は
腕でクラブ、クラブヘッドを上から下へ
特にクラブヘッドの高さを上から下へ動かす
イメージが想起されます。
これはダメ‼
クラブヘッドの1mmでも上から下に動かそうとすると
グリップが動いたから、その分(以下)ヘッドが動くのは良しとして
ヘッドの方をグリップよりも多く
ヘッドを上から下に動かそうとすると
必ず体は上を向いてしまうので
自分はヘッドを下に振っている
「つもり」になるだけです。

上から打つ の環境はひとつだけ
たった一つ
気にしなくてはいけないのは動作ではなく
「時間」
時間というか期間というか。

勿論、それをするには何らかの動作が必要だけど
解決するのは「動作の変更」でなく
「動作の順序」

上から打つ
ということは
進行方向が低いうちに打ってしまえ ということ。
進行方向の左サイドが低いうちにインパクトを迎えなさい
ということで、これが上手く出来ないのを
「動作の仕方」で変えても絶対に成功しない。
基本、動作の仕方で変えても
その時間を短縮することや道のりを短くすることは
神技に近い曲芸になるので不可能。
違う。
「動作の順序」で変えてあげなくてはダメ。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

と同時に時間の問題なので
テークアウェイの時点で
右をしっかり向いてあげないと
左サイドが低い時間は短くなってしまう。
上から打てない原因の一つとしてここは結構大きい。
だいたいのひとは結局
右向いたふりして、体を捩じって
上から打てる時間(期間)を短くしているのに
更に動作で変えようとして悩む。

そこを乗り越えたら
どう動かすか よりも いつ動かすか
どういう順序で動かすか という事を優先して
考えてみるべき。

ヒントとしては一番始めに動かすのは左上腕だよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでよく言われる「芯を喰う」
結構誤解されていると思います。

今のゴルフクラブはどれも 慣性モーメントが高く
☞慣性モーメント…その姿勢や運動を維持する力
フェース面であれば だいたいどこに当たっても
大きくは飛距離も方向もブレません。


にもかかわらず 確かに芯というのは存在します。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

それはフェースの真ん中に当たることですか?

では 試してみて下さい?
 クラブを誰かに持って貰うとか、固定して
 自分が思うフェースの真ん中
 自分が思う「芯」にボールをぶつけてみて下さい。
 出来れば 色々な方向からボールをぶつけて下さい。
 同じ音 ではありませんよね?
 ぶつける方向によって音が変わりますよね?
 同じような場所にぶつけているのに…。

それが芯の正体です。

ゴルフショットは当然運動中、移動中のものです。
ボールは単純に 速度や重さの積算の破壊力が
速度や回転などに分散して
 飛んだり曲がったり上がったりします。
ですので フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

によって 破壊力は分配されます。

インパクトの当たり箇所や当たり姿勢は
結果の判別で利用できる程度に考えなくてはいけなくて、
インパクトの当たり箇所や当たり姿勢を
静止画で、静止のコマ として捉えている限り
ゴルフの向上は必ず頭打ちします。
必ず手打ちに行きつき
その考えがある限り、手打ちから卒業することは
絶対に出来ません。

インパクトはあくまでも流れの中の一部であって
この流れの中の どこかに存在し
この一連の流れの中で ある程度ズレた位置や
ズレた時間、ズレた姿勢になっても
差が出ないようにしていかなくてはいけません。

もう一度言います。
フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

ではなく、流れの中で
多少ズレた箇所、ズレた場所、ズレた時間
で当たっても、それに左右されにくいショット
スイングを作っておくことが重要です。

昔もいいましたが
スイングは自分の意志も動きと
その動かしたクラブの重力や遠心力
クラブの作り出す良くも悪くも負荷とが
掛け合わされたものです。

半分は自分の動作
半分はクラブの不可抗力によって
生み出されます。

よって どこの箇所であっても 静止のなにか
ヘッドの姿勢であっても、クラブの姿勢であっても
フェースの当たり場所であっても
それを追い求めている限りは 一生涯やっても
答えは見つかりません。

その流れの中で 出来るだけブレが少ない通り道、姿勢
ゴルフクラブは常時移動している という観念の元で
スイングを構築しない限り
必ず 自分の動かしたクラブの発生させる不可抗力の虜
になるだけです。

トップの位置からインパクトまで平均で言っても 0.15秒
ドライバーであれば インパクト…
 ヘッドとボールの接触する時間は 1/3500秒です。
 0.0003秒

その刹那の時間を静止でイメージすることは
スイングを流れのモノにしません。
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

ゴルフスイングの芯を喰う とは
ヘッドの動いてきた方向と
ボールの飛ばしたい方向、そしてその姿勢、当たる箇所
それらの総合です。
決して 緩く入れてくるとか
飛球線の真後ろからヘッドが入ってくるとは違います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


書いたことがあったような 無いような。。。

皆さんは不思議に思ったことはなかったでしょうか。。。

グリップは 右左で
ちょっと だけ でも ズレタところ
右手の方が すこ〜し 遠いところを握る

それと 並行して
体はボールに正対
飛球線に平行に立つ。。。

この両立って どうするのでしょうか。。。

多くのゴルファーを見ていると
上半身を捩じって 右肩を前に出したり
右肩を下げたりして それを調整している
ひとコブシ分 届かない筈の右手の長さを
色々な姿勢から捻出しようとしている

スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)

多くのケースが写真のように
上半身の上の方が 左上  を向いていて
骨盤〜ベルトラインは ボールと正対している

日本の多くのプロゴルファーにも
ここまで 極端でなくとも 少なくなく 見られます。

アドレス時に軽く 左肘が曲がって
 左右の長さも調整している...

アマチュアの代表的なアドレスです。
度合いは兎も角 練習場にいる 殆どの人が
この両腕の長さの問題を 本来であれば 一番始め
ゴルフを始めた初期の時期に解決せず
今に至っており、捻った上半身から苦心して
ボールを飛ばす 真っ直ぐ行かせる努力をしてきています。

スナップショット 5 (2012-04-16 23-15)

実は。。。 割に答えは簡単なんです。

上半身 や 背骨を曲げず 捩じらず 反らさず
両腕は自然に構えられ ボールとも正対 出来ます。

まず 左手で 左の親指を除く4本の指で
グリップをします。 二度握りは出来るだけしないよう
心掛けましょう。

右手は パー にして 左手位置にグリップ・クラブを
挟んだ位置(反対側)に添えておきます。

そして 右手が所定の位置に 収まる分
体〜骨盤を右に傾けます。
所定の位置に来たら 右手もグリップして下さい。

背骨を Cの字に反らせるのではなく
骨盤そのものを ほんの少し 右に傾けます。

頭も少々右にずれるでしょう。

ボールを 右上から見る感じです。

体は 左サイドの方が やや上を向く感じですが
ボールとは正対していますし
上半身は捩じられていません。

ほんの少しですが 重心も右寄り
右骨盤の上に重心もかかり気味になるので
始動もし易いのでは と思います。

この際に 重要になるのが
左右のグリップの上下差 です。

上下差が大きい程 右手は遠くを握らなければなりません。

そして その分 傾きが大きくなり
スウィングするのに 運動するのに 適切ではない
量(傾き)になってしまう可能性が
グリップの上下差には秘めているのです。

ですから 正しいアドレス は 
  グリップと一体の関係
だという コトを理解して下さい


IMGA0204


ま それでも 上半身にヒネリ 捩じりの無い
アドレスは 腰痛などを持った方には
非常に効果が高く 格段に体を痛めなくなるのは
間違いありませんので グリップの上下差も
少しずつ直しながらも アドレスの傾きは実践して
みて下さい。 非常に効果アリマス!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの機能は「重さの使い方」に尽きます。

重さを使って 動作の速度の助力
重さを使って 動作そのものの助力
重さを使って 動作を繰り返すことの助力
重さを使って 動作を確認

ゴルフクラブの場合、重さは棒の先、ヘッドに集中しています。
人間の動作にそれを作用させるには時機があり
人間のつながっている部分(グリップ)がその重さよりも低いとき
ヘッドの方がグリップよりも高いとき だけなのです。

ボールを打つまで
ボールを打つことにそれを作用させるには
ヘッドの時間の方が長いことを維持する必要があります。

クラブヘッドの重さで
 クラブヘッドそのものを動かしてしまうと
その重さは重力や遠心力という
ボールの当たる部分がボールの方に向かいにくい
 『負荷』となってしまうため、クラブの機能が使えない。

スナップショット 6 (2013-09-23 15-36)スナップショット 4 (2013-09-23 15-35)







まあ前置きが長くなってしまったけど
クラブの機能をうまく活かせない人の典型が
体の回転が行きと帰りで違う人で
その回転の「角度」の変化、違いのせいで
その重さが使えません。

インパクトまでに右腕の伸ばせるスイングであれば
概ね 行きと帰りの回転角度が揃います。
インパクトまでに右腕が伸ばせないスイングは
概ね 帰りの回転が縦になり過ぎます。

その延長線上に
右腕を伸ばした時に どの方向にクラブ(グリップ)が
移動する(させる)のか? 動作する(させる)のか?
というのがくっ付いてきます。

右腕、利き腕を伸ばした時
グリップが自分の胸に沿って横に、平行に動ければ(刷毛塗)
インパクトまでに右腕は伸ばしきれますし
それによって右サイドは高さを維持することが出来ます。
逆に 右腕を伸ばした時に
ヘッドが縦に 自分の胸に対し垂直に
ライ方向に移動してしまうスイングは
インパクトまでに右腕を伸ばすことが出来ません。
同時に 右サイドがさがります。

ボールは地面に置いてあります
刷毛塗では ヘッドの低さが届かない
低さが足りない
のであれば、それは体で低さを作らなくてはなりません。
スナップショット 7 (2013-09-23 15-37)スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)







勘違いしがちですが、腕さばきで
ヘッドを下に下げれば(何度も書いていますが)
下げた分だけ、自分が上を向いてしまうので
左サイドが下がってしまうので
結局届かないか、姿勢の狂いによって
最下点がボールよりも手前になってしまいます。


地面にあるボールに対し
低さ として届かせるのは
左サイドの低さ、そしてその長さ(時間)が必要です。
クラブヘッドの重さを使いグリップを動かし
グリップの移動の方向 を 自分の左サイドの行くべき方向
と合わせる というか
グリップエンドの移動の方向で左サイドをガイドさせるのです。
左サイドの低さがボールに届かせる感覚を構築しましょう。

これは右腕を伸ばす
それによってグリップが横に胸に平行に移動する
体が地面に回る
と同時に行われる、すべて一つのアクションと考えていいのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


インパクトまでに、はるか手前で
 右腕を伸ばして という練習、ドリルは
当然ですが、高い、ボールから離れた右肩、右サイドの
位置感を作り出します。

スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)


これはとても重要なことです。

例え ヘッドを振りまわしていたとして
それによってダフリ連発だったとしても
それはいつか身になります。
続けて下さい。

右腕、右ひじを伸ばすコツは
トップの位置で出来たグリップエンドの下向きを
出来るだけ長く、出来れば飛球線よりやや右向きを残し
ブレイクラインを通過させることです。

その右サイドの高い感覚を馴染ませることが重要です。

この時に グリップエンドがブレイクラインに届く前に
グリップエンドが上を向けば
その重さによって右サイドの高さが維持できず、下がるので
ダフリになってしまいますから
グリップエンドのコントロールを意識してください。

腕を伸ばす ➡ 体を回す という
完全に分離した二つのアクションから始め
それで短い距離を転がすとか、アプローチするから始め
徐々に一体に動いていくのですが
動き出し始めは「利き腕を伸ばす‼」から始めます。
体を回すとの連携は
利き腕を伸ばすと左腕が押され
 
腋が空く➡左の上腕や肘が体から離れる
それが体を回し始めるスイッチ
と思ってください。

右腕を伸ばすことによって
左グリップを支点としたライ トゥ〜ヒール方向に
シャフトが動くようなクラブ使いは ✖ ダメ です。
俗に言う コッキングの動作は結果ダフリを生むか
左サイドを上げ、右サイドを下げる作用を必ず生むので
「右サイドの高さ感」を覚えることを目的とした
この練習・ドリルでは有効ではありません。
スナップショット 1 (2013-12-05 18-39)スナップショット 2 (2013-12-05 18-39)スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)










テークアウェイでもそうですが
右腕の曲げ伸ばし、右ひじの間で伸ばしによって
左手のコッキングは大きく変わらないような
クラブ使いが必要です。

その右サイドの高いダウン〜インパクトが形成されると
初めて 水平に体を回すことを覚えることが出来ます。
従来の自分のスイングだと
テークアウェイでの体の周り(肩ライン)の角度と
ダウンスイング以降の体(肩ライン)の角度が
大きく異なり、行きはやや傾きはあっても平行に近い回転
帰りは垂直とは言わないまでもかなり縦の回転
これが色々な悩みの諸悪の根源とも言えるのです。

これによって煽り打ちを生み出し
右サイドの空間不足を生み出し
体〜腕・クラブって言う2モーションで打たなくてはいけなくなる 

右サイドの高さ感を身に着けると
行きも帰りも似たような角度の
地面に水平に回転する
 という横運動を覚えることが出来ます。

体を水平に回すことが出来ると
初めて 体の回転でボールを打つ土台が出来る
ということです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブの移動、グリップの移動を

ちゃんと体の回転行いたい

体の向きの変更で行えば、クラブの機能が有効に使えます。
M3


一般的なスイングでは
手で打たない、手打ちはダメ…というのは通説です。
そこで 体、まぁ…意識する体の部位となると
脚とか腰とかになる訳ですが
そこを積極的に使って回ろうとすると
結果は、必ず手で打つことになります。

クラブという重さを甘く見ているかもしれません。
腕も含めたクラブの重さは運動中には
十数キロと言ってもよく、静止状態で持っている時とは
大きく違う重さ、というか負荷になります。

テークアウェイも勿論そうですが
そこは意識しやすいので、今回は省きます。
スナップショット 3 (2013-05-13 20-59)スナップショット 4 (2013-05-13 20-42)





ダウンスイングです。
体で回らなければいけない…それは正しいですが
体、フットワークで腰を回そうとすると
胴体には「遊び」がありますから
腕も含めたクラブ、頭も含めた上にあるものは
当然のその重さ分、腰に対しては元に位置に残ろう
とします。重さの法則ですね。

ではどうしたらいいか
まず第一段階として
クラブを振ろうが、振るまいが
ダウンスイングの一番始めのアクション
これを右腕を伸ばす から始めて下さい。
正しくは 右上腕を下げ、右ひじを伸ばす行為によって
グリップを胸に沿って左に押してあげる ですが
そんなことは兎も角
右腕を伸ばしてください。
出来れば グリップが右の太ももを通過する前に
ボールを打つ前に伸ばしてしまってください。

結果として 大ダフリ か どスライス に
なるのではないかと思いますが
それで正解です。

まず その右腕の伸ばしで
体 体の姿勢を確認します。
右腕をの伸ばした状態 というのが
『両肩とボールとの距離感』にとって
 アドレスに近い相関関係です。

右サイドが高いインパクト というのが
飛ばしていくための、クラブの機能を使うための
体の回転でクラブを使うためのファーストステップです。

そこで確認してみましょう。
ダウンの一番最初のアクション、
体を全く回さず 右腕を伸ばす!
それは特に力のいる、パワーでやるものではありません。
トップオブザスイングでクラブの重さがグリップに
掛かっていると思いますが、その重さ通りに
ゆるゆるにするという意味ではありませんが、
脱力してグリップを下げる に限りなく近い行為です。
右肩に近かった右のこぶしを 上下 という意味で
出来るだけ離す とも言えます。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)







スライスは兎も角、それをトライして 大ダフリする
のであれば、自分の動作の「感覚」、命令が正しくありません。

単に右腕を下に向かって伸ばせばいいのです。
力は特に要りません。

右腕を伸ばす、肘を伸ばす のと
右肩を下げる のは全く違う動きです。
殆どの人がここで右肩や右サイドを動かす動きが
右腕を使っている動きになって覚えてしまっています。

このトライで大きくダフッている人の多くは
ダフッているのに右腕が伸びていないのに気づくでしょう。
自分では右腕を伸ばしているつもり なのに
それは右肩を下げて、体を動かしている だけに
なっているのです。


右肩はそこに置いておいて(トップの位置の高さに)
クラブの重さ通り、グリップにかかっている重さ通りに
グリップを下に下げればいいのです。

これは第一ステップです。
上手く打てなくても 
インパクトまでに右腕を伸ばすことによって
正規の、正しいインパクト姿勢、
インパクトの右サイドの高さ
そしてそれによって 正しい回転の方向、角度を
覚える下地が出来ます。

      ➡続きます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングストロークもそうですが
ランニングアプローチがショットの基本になります。

ゴルフショット、ゴルフクラブの基本コンセプトは
弾道の高さを高くする というのは
実際にはやさしいことではない ということです。

ゴルフのショットには 
1.まず 『球に当たる』
2.狙いの距離・方向に打つこと
3.繰り返せること

というのがあります。

パッティングストロークの部分でも説明しましたが
クラブの番手を変えるにしても変えないにしても
同じ距離に対し、高い弾道を打つ ということになると
➡スイングも大きくなります
➡スイングも速くなります
3つの項目においてやさしくなる というか
成功の確率は高くなるわけです。

当然うまく当てるのに 速いスピード、大きなスイング
では 難しくなりますし、方向も怪しくなります。
距離に関しては 打ち出し角度、スピンを増やさなくては
ならない高い弾道は一定になりにくくなります。
413445








ランニングアプローチというか
そのクラブの正しいロフトで打つのには
兎も角 シャフトの運動角度 を減らすことです。
パッティングストロークで行なう

✖右腕を伸ばして左グリップを支点にしてシャフトを押す
 ではなく
〇右腕を伸ばしてグリップそのものを押す
b4deceb9
グリップエンドの向きで考えると
トップオブスイングから
飛球線方向というか左を向けた
グリップエンドの向きを
決して右に向けることなく
ずっと左に向けたまま、打ち終わる というのが必要で
短い距離であっても、長い距離であっても
ずっと右に向け シャフトの運動角度を最小限に抑える
というのがとても重要です。

ここ気づいていない人も多いですが
シャフトの運動角度を抑えるというのは
インパクトのロフトを一定にする というのと同時に
ボールの打ちだしの角度を安定させるという事でもあります。

パターでもそうですが 肘(上腕)を使うのに
肩を揺さぶってしまう方が多いので
そこは非常にチェックが必要です。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

肩を揺さぶるのでなく
ちゃんとフットワークを使って
胴体を一体に回す感覚をここで使わないといけないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


インターネット上のスイングレッスンの動画などを見ると
この人「本気で」言ってるのかな…と思うほど
強引なスイング論を展開しています。

手でシャフト、クラブを振るスイングの基本は
車のハンドルを切るような
左右の腕の捩じりによって ヘッドを速く、
シャフトを素早く振ることです。

ヘッドを前に出す
(スイング軌道の進行方向の前)
というのは積極的ではないですが
グリップを後ろに下げる
という事と同意語です。

当然グリップが後ろ、体に対しては右側に残り易くなります。
今のスイング論では体重移動があまり語られない のは
そう言う背景があり、グリップが右に残れば
体重移動は出来ない のです。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

上を向いて 体重は右 (これも同義語みたいですが)
となれば、左腰 左側帯は伸び
右腰、右側帯はつぶれる姿勢を多く作ります。

運動の一番はげしいところ で
常時、右腰がつぶれ、左腰が伸びる。

そのうえ オンプレーンスイングで
満足する当たりを出すのには
本来必要な練習量や球数の数倍必要になります。
2時間打ちっぱなし みたいな練習方法です。

まあよほど鍛えていない成人男性では
右の腰はもちません。

体を上に向け(左サイドが非常に高い姿勢)
体を開いた状態でインパクトに入っても
ボールを見ようとするので
首の左側が極端に伸ばされ ここを痛める可能性も否めません。

あと グリップの移動を抑え、
ヘッドの移動を多く速くしますから
その支点になる左手首、左ひじは
かなりねじりによって負荷がかかるので
ここも痛める箇所です。

右腰。左首。左手首。左ひじ。
そして必要不可欠な過度な練習量。

スナップショット 1 (2014-06-26 13-45)

私、思うんですけど
今のプロゴルファーやスイングを教える人って
当たり前ですが それを職業に出来るほどの練習を持って
そのスイングを身に着け、
練習量を維持しないとすぐにそのスイングは自分から離れる…
そのことを忘れているんじゃあないですかね。
アマチュア、オジサンゴルファーは
スイングは覚えたいけど、覚えたらそれを維持するための
練習が欲しいとは思っていません。
そこの齟齬に気付いていないような気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


知っていますか?
スイングプレーンを考える とか
スイングプレーンを作るスイング は
それを作ると同時に
「手打ち」 なのです。
手先でしかスイングプレーンは作れません…。
2010111116444243889

ゴルフスイングの ヘッドなり シャフト軌道
その軌道は本来
体の向きを変える 体を回転させる ことによって
『結果』作られるもの です。
   
 …軌道ですから…
体の回転を変える とか
体の回転をどうするか という事によって
その軌道を変える というのであれば
一応、理屈には沿うのですが
そうでなく 軌道を作るというのは
手先を使って・・・ということになるので
スイングにとって 改悪でしかなく
アマチュアのとっては改善には一切なりません。

言いたくはありませんが、
これを仕事として教えるのは
いかがなものか…と思うほどです。

手先でスイングプレーンを作る ということは
スピードや加速なども含めると
万も億も種類というか 軌道/ルートもあり
一回のスイングを全く同じにするのは奇跡以外なにものでもなく
手先でスイングプレーンを作りやすいクラブ…
 ◆シャフトが硬くて
 ◆ヘッドが小振り(重心距離が短い)
 ◆ヘッドが軽い

と組み合わせると
 体を痛めることを促進する効果は絶大です。

軌道(スイングプレーン)は
ヘッド姿勢などによって
毎回その大きさや軌道そのものが
大きく影響を受けるため
練習頻度や量が少ないアマチュアには
復元性が非常に(ほとんど不可能)低い方法です。
低い・・・というか 1000回ショットすると
1000種類の軌道とタイミングを生み出すもので
体を痛める可能性も含めると
練習量や頻度の少ないオジサンゴルファーにとっては
一番避けるべきものです。
yjimageLL1DHR4Z

先日も書きましたが
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1931802.html
手先にクラブを動かすスイングは
クラブヘッドの動きと打ち手の動作が直接結びつかず
偶然待ちの状態が続き
『動作を覚える』という意味で
スイングにとっては一番避けたいものです。


クラブ屋の立場から言うと
手先で打つことを推進する「オンプレーン系スイング」は
ヘッドの重量を軽く、重心距離を短く、
シャフトを硬く、トルクも少な目 という
クラブの個性というか、特色をどんどん「薄く
『無くす』方向に進みやすいので
非常に心配です。
まあ 逆に没個性は大量生産向きのクラブですので
その意味では大手メーカーには適していそうですが、
より体力重視、より筋力重視、より運動神経重視の
クラブになっていくので
ゴルファー人口の減少に拍車をかけてしまうでしょう。

ゴルフクラブの傾向によって
スイングの主流は左右されやすいですし、
スイングの傾向によってゴルフクラブは左右され易い。
加速度が付いて負のスパイラルを進むスイングとクラブ…
「スイングを覚えたい」と思っているゴルファーにとって
覚えることの出来ないクラブが大半になっていく現状は
ゴルフの魅力を削っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とてもとても大切な
 スイング・クラブの動かし方 で
鍵になる話ではありますが
とても難解な内容でもあるので
頑張って読み取ってください


ゴルフスイング…とは確かに
体の動かし方第一ではなく 
 
どうクラブを動かすか
であることは間違いありませんが、
クラブの重さやシャフトの働きなどを使って
動き〜動作も手伝ってもらいますが、
覚える や 繰り返す という事を考えると
やはり「動作」「動き方」
「動かされ方」
を覚える必要もあります。



では…

まず 実験をしてみて下さい。
6番アイアンを持ってきます。
ほどほどに空間の広さがあれば家の中でも可能です。
(十分に気を付けて下さい)
自分のショットのイメージ通り、
自分の頭の中にあるボールとヘッドの接触の仕方通り
ボールを転がしてください。
1.アドレスします。
2.普段よりボールの近くに、触れてしまうほどの位置に
 ヘッド(フェース)をセットしてみて下さい。
3.テークアウェイ方向には1mmも動かさず
 一切テークアウェイを取らず
 ボールを1mでいいですから前に転がしてください
  
➡10mなんか狙うと壁や天井が壊れます

4656cec4この時にソールを前に出すように、
リーディングエッジを前に出すように、
フェース面を空に向けていくように、
動かしている・・・
シャフトの角度がこの角度から見た時
6時➡5時➡4時➡3時と動かしてるとしたら
リーディングエッジとかを前に出すようにしたら

それはスイングではないのです。
それは動作ではないのです。

それは単に クラブだけを動かした のであって
動作が伴っていません。


➡ちなみに正しくは ボールを1m転がす のですから
 動かすのはリーディングエッヂでは動かすのではなく
 トップエッジを動かして、
 上側を倒してボールを前に出すのです。
 リーディングエッジを動かして、
 ヘッドの下側を前に出して打つのではないのです。
 この感覚(イメージ)はパッティングも同じです

ボールを打つ インパクト部分でボールをさばく
そこの一番大切な部分、そこにそのイメージがある限り
全ての動作は そのために! 動きます。
4656cec4

ボールをさばくその大切な部分で
クラブ、特にヘッドだけを動かすショットをする限り、
そのイメージにある限り、
そのヘッドの移動や姿勢など は
打ち手の動作と直にリンクしていないので
ナイスショットをしたとしても
ミスショットをしたとしても
動作とクラブの移動が直接リンクしてないので
修正も繰り返しも基本不可能なのです。

何故ならば いくらクラブの重さで動かされる
それを利用してスイングするとは言っても
『動作』でスイングを覚えるのだから
その動作が ヘッドの移動や姿勢とリンクしないものは
学んでも、修正しても、ヘッドとリンクしないので
何も変わりませんし、何も身に付きません。

ヘッドだけを動かして ボールをさばくイメージが
スイングと呼ぶものの基礎にある限り
スイングという動作を覚えても
まったくもっての無駄です。

意味わかります?

多くのゴルファーがやっているのは
動作としてのスイングではなく
ただ動作と結びつかないクラブ、
特にヘッドを動かす曲芸であって、
クラブ、ヘッドと動作が直接結びついていないのに
それを動作で治そうとしても変化が起こる訳ないでしょ?


意味わかります?


この話はとても大切です。
スイングを クラブの重さに動かされる としても
動作として覚えたい! と思っている方は
是非 どんなことでも良いのでご質問下さい
コメントでもメールでも☎でも結構です。
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
記事内にてお答えしたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



golf

皆さん こんな経験をしていませんか



最近流行りの軽量スチールシャフト
社内のベスグロの人や自称うまい人、先輩から
「クラブは重いほうがいい」と言われ
変えたけど重いものの良さなんか、
 何が重いのかも よくわからない…

(重いのがいいのに {軽量}スチールなの?)


距離も飛ばなくなったし 
ラウンド後半に決まって失敗が続く…
気温の低いときには 手首や肘が痛むようになってきた。
ボールの位置なんかを工夫し 
やっと打てるようになってきたけど それにつれて 
前よりもドライバーがうまくいかなくなったおかしいなぁ…


フェアウェイウッドなんて チョロ トップばっかり
最新モデルの死んだ魚みたいな色のヘッドにしたのに
あんまり変わらない
シャフトだって 派手なスキーウエアのような
なんとかにしたのにウッドは当たらないから 
ユーテイリティを2本買ったけどあんまり当たらない
当たらないから…使わないし


ま でも スコアは悪くはなってないし 上手くなってるんだろう?!

 
 それが根本的にゴルフクラブのせいから始まっているとしたら
    どうしますか
  言葉は悪いけれど 今まで 単に知識が足らなかっただけで
  いま その事実を知ってしまったら あなたはどうしますか

多分 多くの方は 日本人特有の 修業論や技術論
日本の典型的な 上級者=ハードスペック論に 疲れているはず

☆異論 反論 も多いと思うけれど
こと ゴルフに限って言えば ゴルフに関することを論ずる場合
それぞれの人が その専門の側面からしか見ていない
 一歩通行の感触をぬぐえない

 

スウィングをする上で 体の使い方は重要かも知れないけれど
いちいち そんなことを気にしていたら 歩くのもぎこちなくなってしまう
正しい体の仕組み  だけでは道具が使えない
ましてや 多くのゴルファーは そんなことに飽き飽きしてしまっている

リリース〜刷毛塗_Moment


●道具を使う

この行為で 道具を持たない よりも 道具を持った方が
 目的の遂行が難しくなる ゴルフ以外のモノを考えてほしい

  • クラブを持たない方が正しく振れる
  • ボールを打たない方が正しく振れる

 なんだか おかしくないですか
道具は人間が作業の効率をあげたり 楽したりするために ある筈
道具にはその目的 ゴルフで言えば
  • ボールを確実に打つ
  • ボールを遠くに飛ばす
  • ボールを安定して狙う
これを遂行するための 機能や機構が存在するはず…

現在のゴルフクラブは おおむね450年前
 殆んど 同じ形状や種類になったのは140年前です
  その目的を遂行「しにくい」 何があれば必ず淘汰され
   進化や変化をしているはずなのですが…


100年前のゴルフは ネクタイを締め ドレスを着て 行う
非常に 社交的な 優雅な 遊び だった筈
近年のゴルフは 自分の筋肉、靭帯や関節が悲鳴を上げるまで 酷使する

何かがおかしくなっている と感じませんか




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ

   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです

自分の側から クラブを見るのではなく
クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
 ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの考える時に
まず第一に考えるのは
「どうグリップを動かすか(移動させるか)?」
ということです。

確かに ボールはヘッドと接触して飛び出しますから
ヘッド! ヘッド! と考えるのは
気持ちは分からない訳ではありませんが、
そこは理屈というよりも、物の道理として理解してください。

打ち手が動作…基本的には体を回す
という行為によって グリップが移動して、
その分 ヘッドが移動します。

ボールを飛ばしたいから たくさん、速くヘッドを動かしたい
というのも心情的には理解できますが、
そうであるのなら グリップを たくさん、速く動せばいいのです。

IMG_0375


ヘッドばかりを意識するのは"なぜいけないのか
説明しましょう。

ヘッドだけを動かす という動作は
必ず反動を使ってヘッドを動かすようになるので
ヘッドを動かすためにグリップを止める
ヘッドを動かすために体の動きを止める
というのが付いて回ります。

ゴルフのショットが「その一球」だけであれば
それでいいかも知れませんが、
ゴルフはショットの連続、そして一年を通して遊び
なが〜く楽しむ遊びです。
そして 出来ればミスは少なくしたいですし、
気持ちの良いショットを続けたい と思うものです。

良いショットが出たら繰り返したい
ミスショットが出たら修正したい
そう思いますよね。

しかし、グリップや体を止めて ヘッドだけを動かすような
そんなショットをしていたら
自分の動作と ヘッドの動きに 直接的なつながりがなく
同期していないので、自分の動作を同じように繰り返したり
また、修正したりしても
 それがダイレクトにヘッドの動きに反映されません。
偶然待ちのような状態の繰り返しになってしまいます。

パターと同じ…なのですが
軽いヘッド、硬いシャフトのボールを飛ばす力のない
ヘッドのスピードアップでしか飛距離増大を生むことのしにくい
クラブでの概念に取りつかれ過ぎです。
自分の頭でよく考えてみて下さい。
ヘッドスピードの増大→遠心力の増大 は
確かに何かのエネルギーの増大につながりますが
そのエネルギーは『ボールの飛び出す方向』とは
まったく一致しない。
結果的に言えばスピンをたくさん生み出すための
エネルギーになってしまいます。
弾いて スピンを生み出すのなら
その速度や量が増えれば 確かにボールスピードも
上がりますが、それはヘッドスピードのアップと相乗せず、
無駄な動作ばかり増えるのです。


l064-e1402138366603


また、ヘッドスピードで言えば
インパクト付近が一番高く(速く)なる箇所です。
ところが ヘッドだけを動かすようなスイングであれば
その付近でグリップなり、体を止める訳ですから
一番速くなる箇所で止める という歪みが
必ず体のどこかに負担をかけます。
おそらく クラブに近い部位の中でも弱い左の手首や肘
などを痛める原因になります。

それは動作の緩急だけでなく
打撃の衝撃にもあります。
成人男性であれば ドライバーショットの
インパクト加重は 800〜1200キロ にもなります。
運動の緩急だけでなく、その負荷は
やはり 動いている場所と止まっている場所の間の
どこかにかなりの負担となるでしょう。


ナイスショットも繰り返し辛く
ミスショットの修正もし辛い…
偶然待ちの連続の上に
体への負担も少ない無い…。

確かに「偶然待ち」のショットであっても
訓練によって その偶然待ちの偶然の確率は高まるかも…ですが
体に負担の多いスイング方法なので
上手くなる(というのかどうか…)のと
体の故障は比例するような関係になります。

ですので
ヘッドを動かしたいのならグリップを動かしてください。
ヘッドを速く動かすのならグリップを速く動かしてください。
こうグリップを動かす…と こうヘッドが動く
こう動かす(移動させる)と こう動く

というリンクを確立させることが
そう考えること そのものが 上達の基礎 になります。

自分の動作によって グリップを動かすスピードが
そのまま ヘッドの動くスピードになれば
自分の動作速度によって ヘッドスピードも管理できます。
 
 パッティングの基本ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この5年位の選手はわからないけれど
大きくは変わってないと思います。

スイングを見る限り
おそらく違いはないでしょう…。



飛距離…においては 確かに体格の違いや
過去のスポーツ経験などから
差があるのは確かですが、ゴルフはそれだけではないので
どうにでもなる筈なのです.

日本人選手が欧米の試合に出て
一番苦しむのは『アプローチ』です。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

芝質の違いもあります。
日本に比べ 欧米のフェアウェイやラフなどは
ずっとずっと深く カットが長めです。
何種類もの複合の芝を使うところも多くはないので
『ボールが沈みがち』です。
1センチとは言えませんが、数ミリは日本の試合より
沈んだようなライ、状況が多くなります。
特にヨーロッパに行くとそれが顕著になります。
芝付きの良いところが フェアウェイが日本のラフのようですし
芝付きの悪いところは 公園の芝程度の生え具合、
そのくせ グリーンは地が堅い(日本と反対)
ものすごく整備された日本のコース育ちの選手には
かなり手ごわいところになるでしょう。

飛距離との絡みのありますが、
欧米の選手並みに飛ばそうとするので
より「煽り打ち」の動きが染み込まれます。

沈んだボールを煽り打ちでアプローチすると
プロですから どミスにはならないですが
自分の思った通りの距離感が出ません。

芝を噛んだ状態になるのでスピンが入らず
飛んでしまったり、
毎度毎度ダフリ気味になるので飛ばなかったり
プロであれば ベタピンになるような距離の花道からの
アプローチからでも 楽なパットの距離になりません。
日本では ゴルフクラブの流れもあり
軽いウエッヂヘッド、少ないバンス角度
小さなバンス幅を多用してきたのが、
欧米では ウエッヂは重め、バンス角度も多め
大きなバンス幅と今までの反対のモノが主流です。
そこでクラブに対する迷いも生まれます。
色々試すけれど、煽り打ちのアプローチには
どれも相性が悪いですから、行ったり来たりを繰り返します。


そんなこんなのストレスが蓄積し
次第にゴルフが崩れていくのです。


ホントは その飛ばしとアプローチは密接な関係であるのに
別なものと判断し、ボールの位置をいじったり
毎度スイングに修正を入れてしまいます。
プロですから何とかしのいでいっても
そんなゴルフで通用するのはいいところ2年が限界です。

自分の知っている限り
昨今の選手の中では「宮里藍選手」だけが
そこを理解し、アプローチを重視したスイングを心がけ
ツアーを戦っていたように思います。
o0361056812059034776

欧米のグリーンは高速型が多いですから
転がすのも決してやさしくはありませんが
飛距離を重視した『煽り打ちのスイング』
プロとして戦うのには 生半可な練習量では通用しません.
その練習量がどんどん体を蝕みます。
 ☆オンプレーン型の煽り振りは前傾を深くとり
  回転を縦型にしてしまうので 背筋や首への負担が
  必ず多くかかります。

アプローチで こすり打ちの延長線上に
『抜き球』というのがあります。
ロフトを寝かして、緩い入射で入れて
だるま落としのようにして、低く緩いボールで
グリーンに止めるアプローチを指しますが、
プロであればさして難しい球質ではありません。
が これを多用するようになると
正直、その選手のスイング生命は終末期にかかっていると
行って差支えは無いと思います。


そして 体を痛め 欧米ツアーを断念する
というパターンに陥るのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


実は欧米(特に米国)のプロの日本のプロの
ゴルフクラブに対する常識?意識?の差はかなり大きい。
日本の選手がコンスタントに欧米で活躍出来ないのは
そこに原因がある。。。可能性も低くないだろう。



その一つは
『シャフトの硬さに対する概念』

日本では 
ゴルフが上手い=硬いシャフト➡初心者=柔らかいシャフト
みたいな概念が強い。
これはプロだけに限らない。
0-0763-1388

昔の話だから もう知られていない…かもだけれど
歴代ナンバーワンの ジャックにクラウスの30代
の時のコメントに
「私はダイナミックゴールドのR300を使っている。」
というのがあります。
ええええええ?!☆ って思うでしょ。
もう そこが差なんですね。
アメリカではあまり驚きません。
他のゴルファーが何を使っているか
というのにあまり興味がなく、
シャフトの「硬さは硬さ」なので
タイミングや好み、慣れ によって人それぞれで
それが 上達度や練度とは全く関係ない と思っています。
私もそう思います。
特に何も感じていない というか
シャフトの硬さにおいて、自分と誰かを比較する
という感覚自体が存在しません。


imagesCA1KRSSW

その2
『日本の選手の方が硬いシャフトを使っています』

最近の選手はわかりませんが、
10年以上前、タイガー出現以前の選手の多くは
欧米の選手はあまり長尺を好みません。
私が担当していた頃はドライバーも44インチが主流でした。

同じシャフトを 44 と 45 インチで使う場合
ヘッドの重量が12〜15g重い 44インチの方が
クラブの数値としては44インチの方が硬くなりますが
シャフトのしなり幅、しなり角は
44インチの方が大きく 実質柔らかい のです。
しかも 米国選手は普通に Sシャフト
Rシャフトを使う選手も決して少なくありません。
ところが日本の選手は
見栄があるのか、固定観念があるのか
X(エクストラスティッフ)以上
中にはXXやXXXを平気で使っています。

001

その3
『日本の選手はストロングロフトを好みます』

ドライバーにおいては
欧米の選手、かなり飛ぶ系の選手でも
ドライバーロフト『10度』という選手もたくさんいます。
流石に『11度』はいませんでしたが、
逆に8度もいませんでした。
『9度』という選手もいましたが多数派ではありません。
アイアンにおいても
日本の選手と比較すると
2〜3度大き目のロフトが多く、
上がりやすいクラブで低く打つ 欧米の選手と
上がりにくいクラブで高く打つ 日本の選手
という感じです。

どっちが上手くなるんでしょう?
まあ ドライバーを飛ばすのに最低限の高さは必要ですが
飛距離を食いやすい高く打つ習慣があるのと
そのまま飛距離につながりやすい低さ とでは
当然差が生まれますし、
上がりにくいクラブで上げようとするスイングは
必ず体を蝕みます。




選手の方も、今主流のスイングでは
長持ちしないのを薄々感じていて
稼げるときに稼いでおこう
 と思うのか
昔に比べ、莫大な契約金に従い
クラブセッティングや組み合わせも
メーカーの言いなり に近いでしょう。
ですので 傾向も変わってきているとは思いますが
スイングを見ていても
明らかに 体力がない、持久力のない日本人選手の方が
キツイ、オーバースペックのクラブを使っていると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットもまったく同じです。
でも 取りあえずパッティングストロークやアプローチから
始めましょう。

距離感を司るのは『利き腕使い』です。
特にコントロールの必要なケース、
微妙な距離感は利き腕(肘)の使い方です。
ショルダーストロークでは
そんな距離感は出せません。
006009







並びに 球体であるボールを弾いて打ったら
一定の距離感は身に付きません。
パッティングは「オーバースピンを!」なんて標語は
まるで意味がないのです。
ボールは地面を転がる限り 順回転
(オーバースピン)になります
必要以上のオーバースピンを与えてどうなります?
転がりというのは基本転がりという「抵抗」です。
それを増やすことになるだけです。
弾いて打てば 距離感、方向も
毎回かなりぶれることになります。

adc717b3-sbd169146-s





距離感とは ボールを水平移動させることです。
ショットの場合は安定した距離を打つ為
浮力が必要になるだけで、パッティングの場合は
シンプルな水平移動でいいのです。

ならば 押してあげたい方向に押してあげたいだけ
押してあげればいいのです。

グリップは左右の握りが重なっているのです。
右腕で クラブを握っている左手を左に
押してあげればいいんです。
体から離れないように 左に押してあげればいいんです。
グリップを動かす速度で距離感が決まるんです。
IMG_0377IMG_0375





その時に注意するのは
 ➡肩を揺さぶらないで
右ひじを伸ばすのと 左上腕を動かすのは
ひとつの、パックの動きです。
右ひじが伸びて行くと左手首が手のひら側に折れていく
そんな感じです。

ボールを転がす…というイメージよりも
『氷の上でボールを滑らす』イメージの方が
良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ