◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2016年03月


ゴルフスイングはその前傾姿勢と体の向き
そしてゴルフクラブの構造が密接につながっています

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

正しいダウンスイング時は
右向きと前傾姿勢のおかげで
左サイドの方が右サイドより低くなっています。

それを維持することが 結果 ボールを上から打つ に
つながっていきますし、
左股関節への前傾姿勢の移譲
ディッシュアングルの維持 も可能になるのです。

しかし この部分、例えば 左股関節の前傾姿勢維持 や
ディッシュアングルの維持は その時のその場を意識しても
決して実行できません。

先日、クラブを動かさないようにするため クラブを動かす
という記事を書きました。
ダウンスイング時、シャフトを基点に
時計回りに回りたがるクラブ に対し
反時計回りに力をかけておく ことによって
そのクラブ姿勢を維持する ということですが、
それをしないとフェースは上を向きます。

フェースが上を向くと
運動に伴い その作用を増幅する重さがどんどんかかります。

それによって グリップには上方向へと誘う重さがかかり、
結果 左サイドの低い状態は失われます。

この時点で 前傾姿勢の左股関節への移譲は
ほぼ不可能な状態になります。

左サイドが高くなる ということは
同時進行に 体が左を向く ことになります。
体が左を向くということは
左半身はボールに遠ざかっていく ということになりますから
高くなることも同時進行なので
ディッシュアングルの維持も不可能になります。
左腕を伸ばさないとボールに届かなくなるからです。

ゴルフスイング。。。というか正しいクラブ扱いは
クラブの構造上、シャフト軸を基点として
どちらに重量が存在しているか
という 真っ二つな状況にあるのです。



意外に気づいていない人が多いですけど
スイング解説をする際の ヘッド軌道
インサイドアウト とか アウトサイドイン とか
ありますけれど、
実際には 正しくクラブを扱えば
スイングは アウトサイドアウト か インサイドイン
にしかなりません。
俗にいう 良いスイングに「見える」 インサイドアウトは
右向きの時 クラブを短く使っていて
左向きの時 クラブを長く使っているから
そう見えるだけなのですが、 それはさておき
アウトサイドイン で振っている限り
正しい意味で 絶対にボールを上から打つ ことは出来ません。
なぜならば アウトサイドイン とは
体が正面(ボールと正対)した時にまだ インパクトには
ほど遠いところにヘッドがあるからです。
体が正面を向いてから振り始めたのでは
その振っている分だけ、体は上を向くことになります。
上下と左右のそれぞれ二つは必ずリンクしたものなのです。

スイングの用語として あまり意味はないのですが
上から打つ ということは進行方向の左サイドが低い時間帯に
インパクトに入ってくる
つまり インサイドアウト と同意語なのです。  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この飛ばしの極意は実は昔から変わりません。

100年以上も前から同じです。

近年になって ロフトを正しく立てる というところから
どんどんと遠ざかるスイング理論になっている要因の一つに
クラブもあると思います。

ヘッド重量が少なくなる、
シャフトがどんどん硬くなる
最近ではシャフトは硬くなるだけでなく
         無機質感が強くなっている
そんな気もします。

それらはすべて 回転力の源
もしくは 回転力の補助の欠乏につながっていきます。
BlogPaint

昨日の記事で書いた
如何に打ち手がイメージの中で
水平(横)方向に自分(腕や肩)でクラブを動かしたがっているか

という原因になっているかと思います。
クラブは持った打ち手が向きを変えるだけで
補助や補足はしても、打ち手がクラブを意識的に
横に動かすことはほとんどありません。
まして ヘッドスピードという
水平(横)方向の移動速度を計測する
 そのことに対しては ほぼ一切 何もしません。
その感覚は今のゴルファーにはほとんどないと思います。

これらのことが ある程度理解できると
ゴルフスイングとゴルフクラブの構造には矛盾がなく
ほぼ完成されたものである
 ということに気づきます。
私個人はゴルフのスイングやクラブの一般的な常識に
全くとらわれず自由に考えていました。
そのうえで もっと簡単に、もっとインチキのできる
構造や形状を追い求めていましたが、
結局のところ、先人たちの作ったクラブの構造や形状を
容認し、強化しただけに過ぎません。
   ちょっと悔しかった…ですけどね。





クラブヘッドは お尻なども含めたフットワークに
よって移動させる訳なのですが、
それと同調させるため、同時進行させるため
腕の役割は
「クラブを動かさないために、クラブを動かす」のです。

ゴルフスイングは クラブ単体を動かすのではなく
それを持った自分が向きを変えることによって動きます。

しかし、ゴルフクラブは
ボールを少ない力で、安定して、目標方向に
撃たせるために 打ち手を動かす(動かさせる)構造に
特化しているため、
その構造を理解して 腕さばきによって
体の動きの同調して動く…クラブだけが動かない
ように補足して動かしていなければなりません。
f2350aac

例えば
 ダウンスイング…
ダウンスイングという動作の肝になるのは
前傾姿勢と体の向きの兼ね合わせ、絡み合い から
体の左右の 左半身の方が右半身よりも低い
というところがポイントです。
となると 自然な形で
 ヘッドはややシャット気味 
がその状態でのスクエア(スタンダード)に
なるわけです。

ゴルフクラブはシャフトの接続部であるヘッドのヒール部
に対し、トゥ部というところに重量が集中した
L字型の構造をしています。

重量というのは
運動が始まる時は特に
そこに留まるエネルギーを重量分発揮します。

つまり 放っておくと
体を動かしてグリップが動き、その結果
移動した分のヘッドのヒール部に対して
重量の集中しているトゥ部はそこに留まろうとする…
フェースが開こう(フェースが空を向く)
としたがるわけです。

それらを総合していくと
ナチュラルなシャット状態を維持するのには
その分だけ ヘッドを意識的にシャットに
少々強調して行っておかないと
そのままの姿勢は保てない のです。

重量によって シャフトを基点に
時計回りしたがるトゥ部に対し
やや 反時計回りの力⒲をかけておかないと
そのままの姿勢は保てないのです。

動かそうとすることによって 動かさない
とはこういうことを指します。

そうですね
動く電車の中で 吊革につかまらず立っている
直立に近い姿勢を保つには
進行方向に対し 少々体を傾けていないと
直立は保てない ということと似ています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ