◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2016年03月



亡くなられた方のご冥福をお祈りし、
ご遺族や今なお避難生活を送っている方に心よりお見舞い申し上げます。
 黙祷

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社のお客様でない方も
 このブログを見て頂いています。

何かの参考になるといいのですが、
ご自分でスイングを研究したり
もっと良くしたい、もっと飛ばしたい
自分のゴルフショットやゴルフスイングに行き詰まりを
感じている
 のであれば
ショットを大きく変え
クラブの機能を使えるよう
になる
スイングの 単純な改造点は2点 です。
この2点が出来ないと先には進めません。

単純といっても口で言うのは簡単で
素振りでは出来るでしょうが、
ボールを打つ段階になると まず出来ないでしょう。
スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)

まずはテークアウェイで右ひじを開く
    外に。 出来れば高く


多くの人は フライングエルボー だとか
今どきのスイングじゃあない とか
御託を並べますが 
 まずは やって御覧なさい
出来てから 二つを比較して 話は始まります。

勿論、ゴルフなんて所詮遊びですから
どんなクラブで、どんなスイングで楽しむのも
それぞれの方の自由で
逆に他人のスイングやクラブに干渉すべきものではありません。

右ひじを下に向けるスイングを否定するつもりはありません。



ただし

右ひじを下に向けるスイングは
体を使ってクラブを動かすことを「し辛く」なる
スイングであることは間違いありません。
腕でクラブを振ってしまう基礎動作になり「易い」のです。
腕でクラブを振るスイングは
 軽いヘッド 硬いシャフト という
クラブが手伝いをあまりしてくれない
クラブがボールを打つ破壊力をあまり多く持っていない
ので、飛ばすも、曲げるも、すべて自分次第です。
クラブの機能の恩恵もあまり受けられず
飛距離や方向性、繰り返し度はすべて
自分の身体能力と練習量や身体能力と被りますが、
自分の関節などの耐久力も重要な要素になります。
スナップショット 3 (2013-06-12 22-56)

宣伝ではありませんが、
弊社を訪れるお客様だけでなく
私の感想では 正直その手のゴルフに飽き飽きしているというか
限界を感じています。

右ひじを外に張る
というのは 実は
右ひじを意識させることによって
体でクラブを動かす、移動させることを覚えます。
両方の肘の高さが自分の上半身に対し
似たような位置(高さ)にある ということは
グリップは体の幅の中に必ず収まります。
体の幅の中にグリップがあるのですから
「自分自身が」右を向かないとスイングは始まりません。

右ひじを外に張ろう
この場合の外は アドレス時の後方(背中側)です。
飛球線の後方ではありません。
それを心がけると
テークアウェイの始動で
右半身を動かす習慣が付きます。
多くのゴルファーは 「左肩を入れろ」 という
正直には意味不明な言葉を妄信していて
右半身を動かさず 右半身を軸として
左半身… いえ、左肩だけを動かす
結果をしては前(ボール)に倒れる
ボールにお辞儀するテークアウェイをしています。

嘘だと思うなのら
飛球線後方からビデオを撮ってみてください。
アドレス時の背骨にあたる部分にテープを張る とか
鉛筆をおいて 動画をスタートすると
かなり前(ボール方向)に倒れますねー。

この手は 必ず右ひじが下を向いています。

よく分からないんですけどね
右ひじを下に向けるテークアウェイのメリットが
なにひとつ見つからないんです。
別に何かにすごくこだわってるわけじゃあないんです。
クラブを利用して、ルールの範囲の中で
楽して、インチキしたい と考えているだけで
この年齢になって 毎日ゴリゴリ練習なんて
したくないだけなんです。
ですので、右ひじを下に向けるスイングも研究しましたが
ホントに 何一つメリットがなくて
繰り返しになっちゃいますが、
腕でクラブを振るから 軽くて、硬い
俗にいう「振り易い」クラブが欲しくなってしまって
クラブの本当に役割「打ち易い」からは
どんどん離れて行ってしまうんです。。。

なんでなんでしょうねー。
なんで みんな 妄信してるの?
わかんないんだよなぁ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今日行って参りました
そのダ振りが連発 左肘の抜きを意識して胸が回ってないのか?
色々試し面白いラウンドでした
帰って鏡で見たら右肘がTOPで下がってたのかなと?
特効薬是非お願いいたします
それとディッシュアングルを保つと左肘
 筋肉に負担がかかりますかね?


スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)


ゴルフのスイング用語での
ディッシュアングルとは
インパクト時の 左腕とシャフト(クラブ)が
一直線にならず、薄いスープ皿のような角度が残る
維持される ということを指します。

正直、これを 力技で「維持する」のは
我々、オジサンゴルファーにとってほぼ不可能と言えるでしょう。

ディッシュアングルが無い 言葉として維持されていない
というのはどういう状態なのでしょう。
単純に考えて、シャフトと左腕に角度があるのと
シャフトと左腕が一直線になっているものの
一番の違いは 左肩とボールとの距離 ですね。
シャフトと左腕に角度 がある状態では
左肩とヘッドの間での距離が ないものに比べると
かなり短く、近くなっています。

つまり 手首周りの使い方とかの問題ではなく
体の姿勢、インパクト前後での体の姿勢に問題がある訳です。
左サイドがボールから遠い
 ➡アドレス時と比べ遠いとか、高いとか
の状態になっていれば
空振りしたい と思っているゴルファーはいませんから
ヘッドとボールに届かせようとする色々な演算が
働きますから ディッシュアングルの解けもその一つです。
逆に言えば、解かざるをえなく なっているのです。

インパクト付近で
左サイドが高くなる〜体が開く
大きな要因の一つにテークアウェイがあります。
ご自身でも自覚されているようですが
足を使っての骨盤の向きでクラブが、グリップが動いて
いない という証が右ひじの下向きです。
緊張感の伴いやすいコースで起こりやすい
重大な「初歩的」ミスですが
クラブの「引き」を肩も含めた腕周りでしてしまう
結果が 右ひじの下向き なのです。

体が右を向いて クラブの位置も動く
という原則に反して
体は概ね正面を向いたまま
 クラブだけが疑似的にはありますが トップの位置

となると、ここから打ち始めたとき
クラブを戻してくる時間分
左サイドは開き、高くなります。
これで ディッシュアングルを維持してしまったのでは
ボールに届きませんから空振りです。
41cce488-s

ディッシュアングルに限りませんが
フットワークで骨盤より上の上半身が右を向くから
グリップも動き、クラブも動く。
という原則を外してしまった時点で
 クラブは本来の機能を発揮できなくなります。

その次のステップとしては
右を向いている状況というのは
体の左サイドが右サイドよりも低くなっています。
ですので 自然なシャット・・・
 フェースが地面に向いているような
これが この時点での「スクエア」です。
それでなくとも ゴルフクラブのクラブヘッドの
重量の位置は シャフトよりも右に位置しています。
ですので そのシャットは少々意識して
オーバーめに作ってあげないの残りにくくなります。

そのシャットが グリップを進行方向に押し
左サイドの低い時間を長くとります。
この時点で フェースが上を向いてしまうと
体の動作の流れ だけでなく、クラブの重さが
さらに 体を左に、上に向けてしまいます。
アマチュアのゴルファーの多くが
正面〜右向き〜正面〜左向き という回転にならず
正面〜やや右向き〜いきなり左向き

になってしまうのはここにも大きな要因があるのです。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)


ここまでの条件を満たしたうえで
もう一つ覚えておくことがあります。
少々、理由があって中身は端折りますが、
ディッシュアングルは 手首のライ方向への動きです。
まあ 俗にいうコッキングアングル ですよね。
その コッキングアングルは捨ててしまってOKです。
ディッシュアングルをスナップアングル
すり替えてしまえばいいのです。
短い説明ですが、ここが理解できれば
たぶん ご自身のゴルフ用語から
 ディッシュアングルという言葉は永久に削除できる
と思いますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


通常のショットで
勘違いしているところがあると思うのですが、
「真っ直ぐ引く」
とはどういうことでしょう?

ショットであれば
どのような形でも
テークアウェイ時に右ひじは曲げますよね。
正しくはクランチして貰いたいのですが
そうでなかったとしても右ひじは曲げます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

肘を曲げる ということは腕は短くなる
ということになりますよね。
腕が短くなるのですから
アドレス時よりも
グリップの位置は体に対して近づくこと
 になるでしょう。

まあ 実際にはグリップの位置が多少あがりますから
それと相殺されて その距離は変わらない が
一番自分から遠い位置ということなんですけど…。

テークアウェイとは
体の向きが右を向いていくこと
その時間を指しますよね。
体が右を向くということは
グリップはボールから遠ざかっていくのが
普通の動きではありませんか?

にもかかわらず
体はボールから離れていくのに
グリップは飛球線に真っ直ぐ引くんですか?
それって 必要以上に
グリップが体から離れませんか?

ここら辺からシテ やっぱりおかしいです。
とても物理的に当たり前のことなんですが、
自分が動くからグリップが動き
その結果、ヘッドが移動するんですよね。
テークアウェイは
重力にさからった方向への動きです。
ですので なおさら そこは重要です。
体はイン方向。。。
ボールから離れる方向に動いていくのに、
ヘッドのみを飛球線に真っ直ぐ動くって・・・
どうやってやるんですか?
もしくはグリップをまっすぐ引くのって
いったいどうすればいいんですか?

手打ちのスイングは避けたいんですよね。

でも この行為は手作業以外では絶対に出来ません。

ショットの準備段階である テークアウェイの
それも初期段階で
グリップやクラブを手で大きく動かしたら
帰りはどうするんですか?

振り遅れが嫌なんですよね?

でも ショットの準備である テークアウェイの
それも初期段階で 体の動作よりも
より多くの移動、より長い道のりを描いてしまったら
これも帰りはどうするんですか?
もう その時点で「振り遅れ」は確定してるんじゃあ
ありませんか?

真っ直ぐ引け・・・引けというと手作業みたいな
ニュアンスを内包していますが、そこは割愛して
真っ直ぐ引けというのは 体に対して です。

その体は刻一刻と向きを変えていきますから
それを想定して 真っ直ぐ引くことを言います。
スナップショット 1 (2015-06-29 12-35)

アウトサイドイン。。。細かいことはさておき
それを多くのゴルファーは嫌っているのにも関わらず
体はインサイド〜右向きに
グリップやヘッドを真っ直ぐ…って
これって アウトサイドインにスイングするための
準備そのものです。
手でインサイドに引くのが良い訳ではありませんが
もっと グリップはインサイドに「体」で動かすべきです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在、巷で主流になっているスイング論 では
ティーアップして空中のボールを打つドライバーは兎も角
地面にあるボールを重心の深いフェアウェイウッドで打つのは
かなり無理があるのでしょう。

派生して枝分かれしているスイング論はあれど
多くのものが ヘッドをより前に出す
ヘッドがグリップを追い越す そんな理論ですね。

ゴルフクラブ・ヘッドの機能、重心の位置
(ヘッドの重量の中心点)
・・・この各機種による違いは
   そのヘッドの特徴を表しています。
特徴を表してはいますが、錯覚して、誤解して、
認識していることが多いかと思いますが、
衝突・インパクト時のその重心位置の効果…よりも
遥かに その重心位置(重量配分)によって
クラブがどのような姿勢で入ってきやすいか
どんな姿勢になりやすいか
ということの違いなのです。

重心位置が深いほどヘッドは前に出やすく、
ロフトが多くなりやすくなります。
ゆえに ロフトのきついクラブに限っては
重心位置が深いもののほうが易しいと言われれるのです。
同時に重心の深いものの方が
入射角度が緩くなりやすく
今流行りの 高打ちだし・ロースピンを生み出し易く
出来ています…あくまでも理論上ですが…。


その重心位置の機能と現代のスイング論を
兼ね合わせると フェアウェイウッドのような
アイアンの8倍も10倍も深い位置に重心のあるヘッドでは
ヘッドが前に出る機能/ヘッドを前に出すスイング
によって 体重が右に残りやすく
インパクト以前に体が上を向きやすく
ヘッドが前に出やすい(相乗効果) によって
トップやチョロが多発するクラブになってしまっています。

アイアンであれば ボールの位置を右において
ごまかすことも可能ですが
ドライバーに近いような長さのウッドでは
そうも行きません。

BlogPaint


重心が深く ヘッドが前に出やすい
故に ロフトが付きやすく 易しい というのが
フェアウェイウッドだけでなく 重心が深いクラブヘッドの
大きな利点な筈なのですが、
現代のスイングと組み合わせると
地面から打つショットが届かなくなってしまう という
これまた大きなデメリットも内包しているのです。

弊社はドライバーだけに限らず
フェアェイウッドもアイアンも
重心が長く、重心が深いものを好んで作り、使います。
第一にはヘッドの重量効果が高くなることですが、もうひとつ
ゴルフのショットでは 飛距離を損なわず
弾道の高さをしっかり取る というのが
一番大変なことで
これをヘッドの性能に補うのがとても重要と考えている
というのがあります。

008


フェアウェイウッドは
高齢になった時 とても重要なクラブです。
同じ距離が打てるアイアンに比べると
高さが取りやすく、キャリーボールを生み出し易い…。
パワーやスタミナなくなってきた時に
例えば 小雨振る 肌寒い 17番ホールで
150ヤードのキャリーボールの必要な池越えのショット
これは やはりフェアウェイウッドの出番 です。

そのためには やはり
 フェアウェイウッドの利点をしっかり使える
 重心の深いヘッドをしっかり使える
クラブ扱いを身に着けておく方が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


意味不明に感じるかも知れませんが、
少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、
ゴルフショットの
「ダフリ」というのは
ボールにヘッドが届きすぎている
と考えるのは大きな誤解です。

ドライバーショットで 10センチも手前を
ダフってしまっているのは
実は ボールに届いていないのです。

ボールに届いていない
という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係
高さの違い
 を連想させますが、
「届く」という言葉はも勿論、立体です。
移動中の空母に着艦しようとしている艦載機は
上下左右 甲板に届かなければ着水してしまいます。

ヘッドがボールのその所定の高さに到達していても
そのポイントが手前になってしまえば
当然、それも「届いていない」に該当します。

ヘッドの高さがボールに届いていないのではなく
ヘッドのその横移動が足らずに、ボールに届いていないのです。
bd169146-s

ゴルフクラブは本来
そのヘッドの形状などの作用によって
グリップが動かされる という働きを持っています。
軽いヘッド、硬いシャフト、のクラブは
その作用が少なく、グリップを進行方向に押す力が足りません。

ヘッド高さにも作用しますが
インパクトは 所定のグリップ位置(上下前後左右)
というのがある訳なのですが、
そこへ到達する補助をクラブがしないので
ボールに届かなくなるわけです。

ですから 少々噛み気味に当たるのを除けば
ダフリ というのは所定の左右位置にグリップが到達しておらず、届いていない結果であって
「届きすぎている」と間違った解析は
当然 間違った修正を生みます。
ヘッドを振るスイングにとって
届かない と考え ヘッドをもっと振ろうとすれば
体が上を向くか、クラブヘッドがあがり軌道に入りますから
より一層「届かなく」なります。

それをさらに ボールを中に置いたり
体を早く回して結果ボールを中に置いたり
という間違いで塗りつぶしていくことになるのです。

根本は ボールに届かせるには
空間ではありますが、グリップの位置が所定の
ところに届いている必要があります。
それを補助する役割はクラブにはとても多く
その補助能力が足らない というのは
スイングを形成する上で ものすごく大きなデメリットです。

グリップが左に押されて
所定のヘッドの高さの時に、所定のグリップの左右位置
という機能がクラブに薄ければ
それを人間の技術で補わなければならなくなります。

ボールを中に入れて打つ
や 体を早めに開いて打つ となると
体の開いた分を勘案して ヘッドの姿勢を作らないと
思い通りの方向に行きません。

体が早めに開く といのはイコール
体が早めに上を向く ということですから
届いていない「ダフリ」はウサギと亀の追いかけっこで
いつもいつもついて回ります。
adc717b3-s

これは トップのミスも全く同じで
アマチュアの9割9分の「トップ」ショットは
ヘッドの高さが ボールに届いていないのではなく
インパクトの グリップの左右位置が右にずれていて
ヘッドがあがり軌道で当たっているに過ぎません。
ボールは球体で、打撃面にはロフト角度が存在しますから
単にヘッドとボールの高さ関係が届いていないのなら
薄く当たっても 球体は角度のある所に逃げます。
左右位置が右、所定のところに届いていないから
ヘッドがあがり軌道になり、オーバーに言えば
フェース面の歯、角ではなく
ソールで打とうとしている過程で当たったに過ぎません。

ヘッドを振ろうとしている人には
何を言っても始まらないのですが
そうでない人にとって この「届かない」というメカニズムを
ちゃんと理解するのはとても大切です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パターのシャフト…なんていう部材は
なきゃ打てないから程度の扱いで結構ぞんざいな存在です。
よく考えてみると マレットパターにあるような
ベント(曲がった)シャフトなんて
 シャフトの意義を無視しているようなものですね。

市販のパターヘッドは
だいたい 300〜330gです。
結構重いことを売りにしているものでも
 330g がいいところです。
010

宣伝…みたいになってしまいますが
弊社の L型ブリストルパターのヘッド重量は
 470g  …この差はあまりに大きいです。

でも もしかすると シャフトの硬さの差の方が
数値的にも、ストローク的にも
より大きいのかも知れません。

某有名○○パター 34インチの振動数(硬さ)は
 340cpm です。

進化版の L型ブリストルパターの振動数は
 130cpm


 ヘッド重量も違いますから一概には言えませんが
 半分・・・3分の1に近いような数値です。


これがものすごく大きいと思います。


兎も角 簡単
このヘッドの重さ このヘッド硬さ(柔らかさ) があると
勿論 グリップを移動させるからヘッドが動くのですが、
そのヘッドの動かした速度とボールの速度が
ほぼ一致します。
パターヘッドでボールを弾く という感じでは
全くなくなってしまいます。

最近 とみに思うんですが、
正しくクラブを扱えない人が
なんどか独自の工夫を 理論 と呼んでいる気がします。

パッティングも同じだと思いますね。

確かに 地面を転がるパッティングは
順回転で転がっていきます。
しかし これは多ければいいというものではありません。
普通のショットと同じで
ボールの移動速度との関連になります。

始動時、ボールは自重(45g)によって
芝に少し沈んでいます。
ここで いきなり不必要な「オーバースピン(順回転)」
を掛ければ、自分のはまっている穴の前壁に
ぶつかってしまって跳ねてしまいます。
ここで大きなエネルギー(ロス)を使ってしまうので
すぐにボールは 推進力を失ってしまいます。
多くのゴルファー、トッププロのパッティングを
見ていても ボールの速度の減速が顕著で
しっかり距離が打てていないというか
ボールスピードで距離感を把握できない
パターストロークになってしまっています。

たぶん・・・多分ですけれど
これも パターそのもの
パターヘッドの圧倒的な重量不足と
パターシャフトの冷凍マグロと化した硬さのせいから
スタートしていると思います。
006

ヘッド重量が軽く、まるで運動の無い硬いシャフトでは
パターそのものに 質量としてのボールをどかす力が
完全に不十分です。
まったく無い に等しいエネルギー不足です。

これでは弾いて打つしか 飛ばす方法はありません。

ショットよりも より方向が重要なパッティングは
(勿論 一番重要なのは距離感です)
ヘッドを回転させて打つ 訳にはいきません。
そこで 縦に弾く ことになるのだと思います。


それを後付けで パッティングはオーバースピンを
と なるのだと思いますねー。
体を開いて腕で振るスイングでは
体重を左に移すことがほとんど不可能です。
だから 一軸スイングやスタック&ティルト なんて
ど素人みたいなスイングが生まれてくるのでしょう。


L型ブリストル、特に進化版クラスの
ヘッド重量とシャフトの硬さ を使って
パッティングを始めれば、スタートしていれば
それらの理論はまったく無意味で
ボールを転がす なんて 感覚通りにやるだけ
ってわかるんじゃあないだろうか。
こんなにも ストロークを教えてくれる道具は
かつて無かったのではと思います。

ボールは非常に自然な転がりをします。
速くなったり 急に減速したりせず
その距離を移動する その感覚通りの速度で動きます。
その速度をパターヘッドで与えてあげればいいだけです。

ヘッド重量が十分にありますから
非常に推進力が高く、
市販のパターに比べると
 圧倒的にゆっくりと転がり 狙いの距離に届きます。
ですので ストロークはとても小さくて大丈夫です。
ほとんどの距離は 靴の幅の中で打ててしまいます。

パターヘッドの運動速度通り ボールも移動するので
距離感もすぐに掴めます。

パターにエネルギーがあると
ボールは曲がりにくいですし、
ブレーキがかかることも少ないので伸びて見えるでしょう。

でも これが本当のボールの転がり なのです。

市販の軽いヘッドの硬いシャフトのパターで
パッティング
させられているゴルファーが気の毒に思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人が思い描いている ロフトを立てる
という動き? 形は たぶん「ハンドファースト」のこと を
指すのだと思う。

この ハンドファースト…
まあ 結果としては似たようなものではあるけれど
フェースの向きが 90度異なっている。

フェースが地面ではなく、横を向いているときの
ハンドファーストはダフリやスライスを生むばかりでなく
シャンクの原因にもなってしまう。

動作ではなく、区間として指す「ダウンスイング」時
進行方向に対し、
シャフトよりも右にヘッド重心の位置があると
そのヘッドの重さは グリップの横移動を抑えてしまい
縦方向には「下げたい」時間であるのにもかかわらず
グリップの位置には上がる方向に重さがかかってしまう。
この重さのかかり方では
テクニックとしての(本当は不必要だけれど…)
ハンドファーストも非常に作りにくくなってしまい
必然として ヘッドを振る形になってしまう。
意図していなくても…だ。
sx4

ゴルフクラブヘッドのその形状は
シャフトを通して、打ち手、特にグリップの位置移動
(移動しないことも含めて)
に非常に大きく影響を及ぼす。

本来 ゴルフスイングは
ヘッドの動かし方 ではなく
グリップの動かし方 の方が重要で
ヘッド自体は打ち手が直接持っているものではないから
グリップ以上には管理しきれない。

そのグリップの移動できないことも含めた移動に
ものすごく影響のある
 ヘッドの重心位置とシャフトの位置 関係 というのは
スイングを作るうえでも、
間隔としてスイングの掴む 意味でもとても大切で、
素振りなどで ただ闇雲ヘッドを振り回しても
事前の「運動」にはなったとしても
スイングの予習復習にはならない。

ダウンスイングからインパクトにかけての
体の姿勢を大切にしたいのであれば
そのヘッドの重心位置の感触をよくよく確かめて
置く必要がある・・・
そういう意味でも それを伝えてない硬いシャフトや
存在そのものが希薄な市販クラブでは
「型」としてスイングを覚えるしかないのかもしれないね。

ダウンスイング時の左サイドが低い分のシャット
意識としては 地面にフェースが向いたまま 位を
維持しておかないと、シャフトの延長線上より
重心の深さ分 ヘッドはすぐに上を向きたがる。
実際に「行う」訳ではないけれど
シャフトを反時計回りにゆる〜く回しながら
ダウンするくらいで やっと前期姿勢なりのシャットが
維持できる そんな感じである。

シャットになった ヘッドは
グリップを下へ、進行方向に押す 
それによって 重量物を持っている腕が
体の回転に重さ分 遅れない くっつき を生み出すのだ。
sa4


それと 以前ブレイクライン というお話をしたけれど
体の回転で 結果としてスイングは円弧になり
単なる位置関係として グリップよりもヘッドの方が
地面に近くなる(低くなる)んだけれど
グリップよりもヘッドが下になると
グリップには 横移動を減速する重さの作用が働くから
グリップは ヘッドよりも低いうちに
 ブレイクラインを越えなくてはならない。
ヘッドがグリップよりも下がるより
「遥か」前に 
グリップはブレイクラインを越さなくてはならない・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


正しくクラブを扱って という言葉がありますが、
その 正しく は何かかかるかというと
一つは ヘッドの重さ です。

これもしつこいほど何度も書いていますが、
一般的なゴルフスイングでは
そのヘッドの重さを使って 遠心力を作り出していますが
遠心力は 
直接的に ボールを打つエネルギーにはほぼ一切なりません。
単に クラブが外にはらもう とするチカラですので
掛かるのは自分の腕力と握力と体重に です。
ほとんど ボールの飛び には作用していないのです。

遠心力を増やせば増やすほど
直接的ではありませんが、それを対処しようとする
人間の動きによって その遠心力のチカラ は
ボールの回転に変換されます。

ですから 平均的なアマチュアおじさんゴルファーの
運動性能や練習量では
スピードを上げ遠心力を作れば作るほど
ボールが高く上がるか
回転が増えより一層曲がるか のどちらかにしかなりません。

正しく ヘッドの重さを使う というのは
その重さによって 体の回転速度が自然に増し
そのヘッドの重さが クラブの長さや運動速度によって
積算されたものが ほぼ直接的にボールの打撃に転化
されることを指します。

d11be403イメージの話になってしまいますが
多くのゴルファーは
アドレスと同様に
まあ理想論ですが
ターゲットに平行になった体に対し、
シャフトは直角 とかんがえているかと思いますが
正しくクラブを使うイメージは
アドレスと平行に近い体に対し
シャフトは体をほぼ平行にすり抜けていく
 のです。
もう この時点で 上からの二次元ではありますが
地面と水平面の運動でもクラブの回転が90度違うのです
413

 えええ そんな馬鹿なー って言ってるでしょうけど
 今の平均的なゴルファーは
 自分の体に垂直なクラブでのインパクトをイメージしてますけど
 実際には 大きく体が開いているので
 結局は 体に平行なシャフト で打ってますよー。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5



そして 正しくクラブを扱う のもう一方は
ヘッドの重さを正しく使うと密接な関係ですが
ゴルフクラブの「ロフト角度」
どのようにして使うかという話も
前述のヘッドの重さを正しく使うイメージと同じで
多くのゴルファーは
インパクト時は アドレスの形 にクラブを戻そうと
考えているでしょう。
002
しかし 正しくクラブを扱うイメージは
シャフトが「最大で」地面と平行です。
今度は地面に対し垂直な縦の話ですが、
ここでも クラブの運動量が90度異なるのです。
それはイコール
 クラブが地面と平行で
 フェースを地面に向けた状態のロフト と
 クラブが地面と垂直で
 ロフト分空を向いた状態のロフト
すなわち ロフト角度も90度違うのです。

イメージできない人にはちんぷんかんぷんだと思いますが
例えば ボールの真上からフェースを下に向け
 ボールに対しヘッドを落っことした場合
 そのロフト角度分だけ ボールは逃げます。
 ロフトの隙間の方向に球体は逃げるのです。
 これが本来の打撃のイメージです。
 ですから もちろんロフトという逃げ(ロス)分
 回転は入りますが、打撃のエネルギー(重さと速度)は
 主にボールの逃げる速度に転化されやすい のです。

→それをボールを横からソールが下を向いた状態で
 水平移動するヘッド…
 悪いけど ヘッドは自分自身で水平移動はしませんし
 もし…したとしても 自身の重さは
 その移動の負荷でしかないでしょう。
 衝突したとしても ヘッドの重さはあまり打撃には
 役立ちませんし、上記の状態に比べ
 90度ロフトが多く 入射角度も90度多いのです
 打撃のエネルギーは高さと回転に転化されやすくなります。


 この二つにはもう一つ違いがあります。
 前者はボールとヘッドの当たり所には
 フェース面 とい許容範囲がありますが
 後者には スポットでしか許容範囲がありません。
 故に後者は当たり方によってミスがはっきり表れ
 ミスヒットした時にヘッド重量のバックアップも生きず
 ミスに対する寛容性も低くなるのです。



水平面で90度 垂直面で90度
これ その先も同じだけあるので
両方で 立体的に360度分 余計にヘッドを動かそうと
しているのですから、それはムリがあります。

そのスイングをしている人が
根本を変えようとせずに
360度クラブを回転させないスイングを
取り入れようとしたら
単に
★当たらない ★届かない ★飛ばない
スイングの恐怖心から
逃れることは出来ないでしょう。

まあ その恐怖心を乗り越えられないのであれば
今まで通り
クラブの機能を破棄し それを自分の動作で補う
しかないのですが。。。
年齢が高くなってくると苦しいでしょうねー。
その動きは基本非常に不自然なので、故障や痛みが
練習量や頻度と比例してくっ付いてきますからね…。><
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


21世紀になってから
本来は 知的な、戦略性主体の遊び であったのに
ゴルフは「身体能力勝負」の競技に変わってしまいました。

まあ プロも含め、ほとんどのゴルファーが妄信している
クラブの扱い=スイングでの
飛ばしの極意は
 単に「速く振る」だけです。


本当であれば、クラブの働きを
いかに上手に使うか によっても
左右されるはずのものが、
いまや「脳みそ筋肉」が勝負の時代です。
  まあ とてもア〇リカ的ですがね。。。
個人的意見爆発ですが、脳みそ筋肉というフィルターで見ると
最近の道具のデザインやウエアのデザインも
納得〜〜!って感じがしたりもします。



兎も角ヘッドを速く振る ということを目指すスイングでは
どうしても クラブの構造と矛盾が生じやすく
飛ばす VS 真っ直ぐ行かせる は
相反する関係になってしまいます。

故にプロの練習量はとてつもないものなのでしょうね。

見る人が見ると
トッププロのスイングであっても
ほとんど腕でしか
上半身のへそより上でしかクラブを動かしていないので
常時 クラブをひねって使いますから
瞬間瞬間でロフト・ライが変わってきます。
 ➡体を不自然に捻って使う
 ➡基本、ショットが安定し辛い使い方

この兼ね合いで 必要以上に練習量が必要ですから
体を壊してしまうのでしょう。
プロのドライバーのインパクト時間は
1/3500秒  0.0003秒以下です。
この刹那の時間に
回転させ、ひねられているクラブを
毎度同じように衝突させる技術は
正直、スポーツの技術というより 芸 に近いような
気がすると言ったら怒られてしまうでしょうか…。

体つきをみても
上半身の上側だけがマッチョで
それに比べると下半身は妙に細く
まるでモデルさんみたい…というか
マシントレーニングで作った体ですから
妙に不自然に見えます。
   ➡ごめんなさい デブな私のひがみ…です( ゚Д゚)



正しくクラブを使って
ロフトを立て、上から打つ方法は
クラブの動き自体を体の回転に委ねています。
手さばきは それに遅れないように補足をするためです。
 ➡基本はそうなんですが、そこは腕使い
  肘使いで覚えた方がいいですけどね。

ここ 重要なポイントなのですが、
ヘッドを振り回すスイングは
ヘッドをグリップよりも速く、多く動かすために
ダウンスイングでは 体を先に動かし
体を止め
(左サイドをブロック、横方向への動きを
縦方向に変換し=伸びあがり、グリップの横移動を抑えます)
その反動を使って 腕を振り クラブを振る
という 体 ➡ 腕 ➡ クラブ
という 逆三段スイング です。
413

なので 結果としては スイングの弧を、
ヘッド軌道を腕さばきで作り出すことになり
そのヘッド軌道は体の動きとほとんど関係ありません。
前傾姿勢があるから 斜めの軌道になってしまう のではなく
その前傾姿勢で出来るであろうヘッド軌道を
手さばきによってなぞっているというか
まるで 前傾姿勢が作り出したかのようになぞっているだけ
なのです。

 いい例なのですけど
 朝一のティーグラウンドでの素振り。。。
 周りを見てみてください。
 前傾姿勢がなく棒立ちなのにもかかわらず
 円弧は斜めの素振りになっているでしょ?


クラブを上から
ロフトを立てる
という話の中で
右を向いているときに
仮想のボールに対し地面にフェースで押さえつけるように

という話をしましたが、
このイメージでは シャフトは最大地面と平行まで
それより下にシャフトを(腕で)下げることは
(下半分の円は腕によっては介在し)ないということなのですが、
腕でスイングの軌道を全部作る ヘッド振るスイングでは
これでは ボールに届きません。
本来は この下半分の円軌道は
体の向きが変わるから 発生する訳 なのですが
その動きでクラブを移動させる習慣のない
ヘッドを振るスイングの人にとっては
ボールを打てない(届かない) 空振りする動き なのです。

だから 今まで通りのスイングに
なにか ワンポイントアドバイス で
正しくクラブが扱えるようになるか というと
それは 不可能 なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングはその前傾姿勢と体の向き
そしてゴルフクラブの構造が密接につながっています

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

正しいダウンスイング時は
右向きと前傾姿勢のおかげで
左サイドの方が右サイドより低くなっています。

それを維持することが 結果 ボールを上から打つ に
つながっていきますし、
左股関節への前傾姿勢の移譲
ディッシュアングルの維持 も可能になるのです。

しかし この部分、例えば 左股関節の前傾姿勢維持 や
ディッシュアングルの維持は その時のその場を意識しても
決して実行できません。

先日、クラブを動かさないようにするため クラブを動かす
という記事を書きました。
ダウンスイング時、シャフトを基点に
時計回りに回りたがるクラブ に対し
反時計回りに力をかけておく ことによって
そのクラブ姿勢を維持する ということですが、
それをしないとフェースは上を向きます。

フェースが上を向くと
運動に伴い その作用を増幅する重さがどんどんかかります。

それによって グリップには上方向へと誘う重さがかかり、
結果 左サイドの低い状態は失われます。

この時点で 前傾姿勢の左股関節への移譲は
ほぼ不可能な状態になります。

左サイドが高くなる ということは
同時進行に 体が左を向く ことになります。
体が左を向くということは
左半身はボールに遠ざかっていく ということになりますから
高くなることも同時進行なので
ディッシュアングルの維持も不可能になります。
左腕を伸ばさないとボールに届かなくなるからです。

ゴルフスイング。。。というか正しいクラブ扱いは
クラブの構造上、シャフト軸を基点として
どちらに重量が存在しているか
という 真っ二つな状況にあるのです。



意外に気づいていない人が多いですけど
スイング解説をする際の ヘッド軌道
インサイドアウト とか アウトサイドイン とか
ありますけれど、
実際には 正しくクラブを扱えば
スイングは アウトサイドアウト か インサイドイン
にしかなりません。
俗にいう 良いスイングに「見える」 インサイドアウトは
右向きの時 クラブを短く使っていて
左向きの時 クラブを長く使っているから
そう見えるだけなのですが、 それはさておき
アウトサイドイン で振っている限り
正しい意味で 絶対にボールを上から打つ ことは出来ません。
なぜならば アウトサイドイン とは
体が正面(ボールと正対)した時にまだ インパクトには
ほど遠いところにヘッドがあるからです。
体が正面を向いてから振り始めたのでは
その振っている分だけ、体は上を向くことになります。
上下と左右のそれぞれ二つは必ずリンクしたものなのです。

スイングの用語として あまり意味はないのですが
上から打つ ということは進行方向の左サイドが低い時間帯に
インパクトに入ってくる
つまり インサイドアウト と同意語なのです。  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この飛ばしの極意は実は昔から変わりません。

100年以上も前から同じです。

近年になって ロフトを正しく立てる というところから
どんどんと遠ざかるスイング理論になっている要因の一つに
クラブもあると思います。

ヘッド重量が少なくなる、
シャフトがどんどん硬くなる
最近ではシャフトは硬くなるだけでなく
         無機質感が強くなっている
そんな気もします。

それらはすべて 回転力の源
もしくは 回転力の補助の欠乏につながっていきます。
BlogPaint

昨日の記事で書いた
如何に打ち手がイメージの中で
水平(横)方向に自分(腕や肩)でクラブを動かしたがっているか

という原因になっているかと思います。
クラブは持った打ち手が向きを変えるだけで
補助や補足はしても、打ち手がクラブを意識的に
横に動かすことはほとんどありません。
まして ヘッドスピードという
水平(横)方向の移動速度を計測する
 そのことに対しては ほぼ一切 何もしません。
その感覚は今のゴルファーにはほとんどないと思います。

これらのことが ある程度理解できると
ゴルフスイングとゴルフクラブの構造には矛盾がなく
ほぼ完成されたものである
 ということに気づきます。
私個人はゴルフのスイングやクラブの一般的な常識に
全くとらわれず自由に考えていました。
そのうえで もっと簡単に、もっとインチキのできる
構造や形状を追い求めていましたが、
結局のところ、先人たちの作ったクラブの構造や形状を
容認し、強化しただけに過ぎません。
   ちょっと悔しかった…ですけどね。





クラブヘッドは お尻なども含めたフットワークに
よって移動させる訳なのですが、
それと同調させるため、同時進行させるため
腕の役割は
「クラブを動かさないために、クラブを動かす」のです。

ゴルフスイングは クラブ単体を動かすのではなく
それを持った自分が向きを変えることによって動きます。

しかし、ゴルフクラブは
ボールを少ない力で、安定して、目標方向に
撃たせるために 打ち手を動かす(動かさせる)構造に
特化しているため、
その構造を理解して 腕さばきによって
体の動きの同調して動く…クラブだけが動かない
ように補足して動かしていなければなりません。
f2350aac

例えば
 ダウンスイング…
ダウンスイングという動作の肝になるのは
前傾姿勢と体の向きの兼ね合わせ、絡み合い から
体の左右の 左半身の方が右半身よりも低い
というところがポイントです。
となると 自然な形で
 ヘッドはややシャット気味 
がその状態でのスクエア(スタンダード)に
なるわけです。

ゴルフクラブはシャフトの接続部であるヘッドのヒール部
に対し、トゥ部というところに重量が集中した
L字型の構造をしています。

重量というのは
運動が始まる時は特に
そこに留まるエネルギーを重量分発揮します。

つまり 放っておくと
体を動かしてグリップが動き、その結果
移動した分のヘッドのヒール部に対して
重量の集中しているトゥ部はそこに留まろうとする…
フェースが開こう(フェースが空を向く)
としたがるわけです。

それらを総合していくと
ナチュラルなシャット状態を維持するのには
その分だけ ヘッドを意識的にシャットに
少々強調して行っておかないと
そのままの姿勢は保てない のです。

重量によって シャフトを基点に
時計回りしたがるトゥ部に対し
やや 反時計回りの力⒲をかけておかないと
そのままの姿勢は保てないのです。

動かそうとすることによって 動かさない
とはこういうことを指します。

そうですね
動く電車の中で 吊革につかまらず立っている
直立に近い姿勢を保つには
進行方向に対し 少々体を傾けていないと
直立は保てない ということと似ています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ