ダウンスイングは足で。。。や
左サイドのリードだ。。。
タメを作れ。。。
クラブを寝かすな。。。 など
どれをしたら良いのか、迷ってしまう
そんなスイング用語が使われたりしますが、
ダウンスイング、切り返しで
 ツーモーション
‖、下半身が動く
そして 腕が動く (…肩が廻る、のかも?)

 は出来るだけ避けたいトコロ です。

多くの方が このモーションを刷り込んでしまっている
ように思えます、ので
『先に』左腕(上腕)を下げる、グリップを低くする、
そんな感覚で無いと ツーモーションは抹消出来ないかも知れません。

ですので 切り返しは
左肩を上げる、から始めてみて下さい。
実際にやってみると
左肩はそう簡単に上がりません。
肩の回転、からだの回転を 横 ではなく
縦 にするような感覚でも良いかも知れません。
縦 に回転するような気持で行っても
実際はそうなりません、から。

からだの回転と左腕の下がり
 これをほぼ同時、に行うには
✋意識的には 左腕の下がり の方が先!
おそらく この意識がとても有効と思います。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

今まで 左足の踏み出し、踏み込みが先。。。
 だったかも知れませんが、
それも 左肩の動きを優先させてください。
 その左足の踏み込みが からだの回転先行 を
 促してしまっています。
足の動き、踏み込み は 左肩の動き に合わせて
 補助的に行う位のつもりで良いと思います。

実際にやってみると
 インパクトのタイミング
 インパクトまでの間合い が随分早く
なり
タイミングやリズムが取り辛いかも知れません。
そこは慣れて頂くしかありません。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(2)

折角作った シャットを有効に利用するには
早いインパクト時期はとても良いと思います。

👆👆 この映像でも もっと回ってしまっていれば
この位置がインパクトになっている筈 です。
ココから先に インパクト(モーション)がある が
 いろいろな複雑な問題を生み出します。

トライしてみて下さい。