アプローチどりるを自分でやってみて
 気付いたことは
自分が右向きから左向き 約180度ターンする
 に伴い クラブも、ヘッドも180度ターンさせよう
 とすると 回転が二重
 脚を主に使ったからだ、胴体、骨盤の回転に対し、
 運動により増した重さ分 腕とクラブの負荷のかかる
 肩部分は のちのち もう一度回転しなくてはならない
 と言う感じが残りますし、
 実際、映像を超スローで見ると 二重の回転になっている
 のが判ります。 
肩で廻っている のも体の一部ではあるのですが、
根底には やはり ヘッドを振る感覚 …
向きが変わるから ヘッドが円を描く のではなく
自分で ヘッドを丸く振る、たくさん動かす 感覚があるんだと思います。

あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1





手打ちは良くない、手で振ってはいけない、意識の有る方が
陥ってしまうパターンのように感じます。

 通常 の 胴体の廻り プラス 肩の廻り(腕の振り)
 それが 分離している回転は
 からだ👉胴体の「一体な」廻り に比べ
 ヘッドのアップダウンがやや激しい軌道になります。
 ショットの場合、
 スライスやフックがより強く曲がるようになったり、
 アプローチでは
 微妙なインパクトロフト 実働ロフトが微妙になり易い だけでなく
 トップ、ダフリも増えるような気がします。



アドレスでの 自分からヘッドまでの距離
 コレをクラブの長さ と仮称し、
 アプローチであっても、ショットであっても
 なにがしか の形で その距離は短くなります。
 感覚的には その距離を元に戻さないと
 「ボールに届かない」と思いガチ ですが、
 それは スイングの仕組み、クラブの構造に任せ
 トップで出来た クラブの長さ
 それを維持したまま 打ってしまう位で良いと思います。

実際には それを遠心力の利用 と言うのだと思うのです。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

元の長さに「自発的に」しようとすれば
 ソレに更に遠心力がかかり、
 オリジナルのクラブの長さよりも さらに長く
 元の弧の大きさの 外側(大きな円)になる…
 コレを 本来の アウトサイド だと思うのです。

そうすると クラブヘッドの通る道のりは長く、多く、
 なりますので 当然、からだの向き〜時間の進行 から
 遅れますので 必要以上にクラブがズレ(右打ちの場合、蕁
 フェースもロフト開くコトになりますし、
 からだの向きがボールを通過する。。。その時間の波に乗れません。
 フェースが開いたコトもあり、ソコを「手で」ターンせざるを得ない。
 というのが 多くの方の実情なのだと思います。

インパクト を ジャストオンタイム にするには
 重くなり、長くなりがちなクラブの長さ を 短く保ち、
 元の円弧の大きさの 内側(小さな円) に
 するのが 本来の意味の インサイド だと思います。