まずはコチラから


だいぶ 振れる ようになって来ていると思います。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)

ご本人いわく
『左肩を上げる』がヒントになったようで
始めは 「え?! 上げるの? 下げるんじゃなくて???」
???マークが頭を取り囲んでいましたが、
実際、トライしてみると
「あああ 左肩を上げるように動き始めると
 左腕が下がって つっかえにくい、と言えば良いのか、
 からだの回転と同調し易い のか」
と。

左肩を上げる、縦に廻るような感じ
とは言っても やってみると
回転通りに回っている訳で
先頭に位置する 左腕、特に左肩、左上腕がツッカエ
渋滞してしまい、その結果、腕で振ってたんだ
というコトが「気付いた」のです。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(4)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(5)





また、切り返しから 左肩を上げる感じだと
左腕だけでなく、腕と体の中間に位置する肩が動くので
からだの回転もスムースに始まる感じ、だそうです。

手を下げて"から" クラブを下に振る-『時間』
がありませんので 立ったロフト
 上から入るインパクトが作れますから 飛ぶ…かも❓


 ココから先は 支部長と同じで、
インパクト付近で カラダ(骨盤)が止まる
肩の回転と胴体(骨盤)の回転が別れてしまい、
肩だけが廻る感じになってしまっていますが、
ココは怖がらず 胴体、骨盤ごと廻してしまった方が
ヘッド姿勢や挙動、全体の流れが運動速度は速いですが、
穏やかになりますから 安定感も作れます。

また、私たちの年齢では 腰回りに負担がかかる
 というのは 怖いモノです。
ですので その危険も回避できますから
 左肩を動かし始めたら、遠慮せず
ドカンと左を向いてしまいましょう。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)
インパクトでは 少し腰、骨盤は左を向いている…
 やや開いている位の感じで良いと思います。

このケース がそうか、とは言えませんが、
「インサイドアウト」を意識するあまり
外に振りだそうとする人が多いですが、
カラダは左を向くのですから
 もっと 茲某兇辰討靴泙Υ兇検,良い人も居ると思います。