交通標語のようで申し訳ないですが、
 からだの回転でクラブを動かす の
 最大のメリットは
 クラブの機能を活かせる、活かし易い というコトです。

逆に 手で振るコトのデメリット は
 クラブの長さ、ヘッドの重さ、重心距離、重心深度、
 シャフトの柔らかさ などが すべて
 悪い意味の「重さ」 負荷…負担になってしまい
 それを処理するには 絶対的な体力、特に腕力が必要
 それらのパワーを持て余しているのであれば
 他人から何か言うことはありません。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(3)

 また、ドライバーショットで言うと
 そのインパクト、ボールとヘッドの接触時間は
 平均的なアマチュアであったとしても 1/3000秒以下
 もっと短時間である可能性があり
 フェースローテーションは
 フェースの向きだけでなく、ロフトやヘッドの入射角度、
 また その手作業で変化するからだの姿勢 など が
 大きく変化し易く、からだの回転に比べ
 そのバリエーション、組み合わせも無限に存在する為、
 インパクトで再現性高くするためには
 絶対的な練習頻度と量が必要になる
・・・のですが、
 それもまた楽しい と言うのであれば、何も言うコトはありません。

運動能力や運動神経にも自信の無い
初めてゴルフにトライする方が あんまり進むべき道
ではないような 気もするのは 余計なお世話でしょうか❓


兎も角、クラブの機能を出来るだけ活かす為、
 からだの回転通りにクラブを移動させる は
 決して 腕を使わない、
 腕を動かさない ではありません。
👉腕を使わない で からだの回転『だけ』で
 と言う意識では 結果として、必ず 手で振るか、
 ボールが打てない(当たらない)か
 
のどちらかになります。

クラブを振る と言うのが言葉として伝わるか、は微妙ですが、
クラブ(ヘッド)は振りませんが
手は振らないと クラブの重さとからだの回転がつながらない
で 単に体の向きを変えるだけ になってしまいます。
✋スイングの目的は ソレ じゃないですから
スイング ココを治そう❹_Moment(3)スイング ココを治そう❹_Moment(4)






からだの回転で! を意識している その時点で
もっと 手は振って良いと思います。
その振っている手に 同調させて からだの向きを変える
そんな感じの方が良い
 と思います。

伝わり難いニュアンスなのですが、
手はやや上下気味に振りますが、
(ヘッドの遅れを縦の作用にするため)
👉ヘッドは上下には振らない
👉グリップは上下に高さを変化させますが、
 ヘッドは 意識的には上下に動かさない

そんな感じです。

例えば 右打ちの人で
クラブを持たず 素振りをしたとしたら
ダウン、切り返しから 
自分に向かって…手を通すことを考えると
前傾した その空間に(体よりもややボール寄り)に下げる
のですが、このまま では 腕がからだに当たります。
そのタイミングで 一気に左を向いて
自分では下げていた「筈」の腕が
結果、としては 上げる で終わる感じです。
下げる → 上げる と言う意識ではなく、
下げたら その延長線上が上に向かっていた
 
と言う感じです。

トライしてみると分かると思いますが、
腕の振り始め、に比べ からだの動き始め が
今までよりも だいぶ遅いタイミングに感じ、
かつ 左をしっかり向かないと 腕の通す場所、逃げる場所を
確保出来ない……  そんな感じです。
手で振る(フェースターン) もっとも悪い効果は
クラブを捻ってしまう、倒してしまうコト で
俗に言われる スイング軌道、ヘッドの進むべきルート
に対し 常時、とは言わないまでも ロフト角度、ライ角度、
簡単に言えば フェースがその軌道に対峙している、
出来るだけ その変化が大きくないコトがポイント
それを守るのであれば
「感覚」として 手を振ったんだけど、
カラダの向きと同調されて クラブは捻じられていない
そんなイメージの方が 移行し易いのではないかと思います。

クラブを振っちゃえ じゃないよ✋