『からだの回転で!』という言葉が
多くの方に スイングに悪い魔法をかけてしまう…
 カラダで、カラダで、と思うほど
 「結果」として 手で振るコトになってしまう…呪縛
という 木乃伊取りが木乃伊になる のが
少なくない……と思います。
 とは言え 手で振るのに良いことは多くありません…。
 クラブの機能が活きて来ません…から。
ee6bd45f

私達 オジサンおばさんは訓練は苦手^^ですから
感覚、イメージ、よい思い込みでなんとかしてしまいましょうー 
良い思い込みで 劇的にスイングが改善することは多くはないですが
間違った」思い込みはかなり大きく影響を、
 望ましくないクラブ扱いを形成してしまうのは確か
、です。

(モノ凄く何度も書いたテーマですが、
 それほど このイメージが悪影響を与えている と思っています)

からだの回転でクラブを動かすイメージを持つと
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
右向いた自分が左を向くと
クラブも 180度反転するモノ と思い込んでいる人が多いと思います、
が、クラブは長さもあり、先端に特出した重さのヘッドがあり、
それが運動、移動によって 速度の二乗分、重くなるので
実際、事前のイメージはこうであったとしても
結果、としては その重さ分 こうなります。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 
ボールを打って以降、インパクト以降
 スイング動作は収束に向け、減速、停止に入りますが、
 クラブやヘッドには 慣性、惰性が残っているので
 打った後、手を追い抜くような形にはなります。
 が、それはショットのオマケ、インパクトの惰性 です。

ゴルフスイングという 回転する動きが入る
「ややこしさ」ではありますが、
事前のイメージ通り クラブを180度反転させる、
コトを実際に行うと
93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s





こうせざるを得なくなり、
これをするには 本来、動きに対し 一番遅れる、
その重さ分 あとからついて来るモノを
動きの先頭に出さなくてはならなくなりますから
「カラダ」「左サイド」「左グリップ」を止めざるを得ません

打ち終わった後、確かに グリップ・手は
慣性の付いたヘッド・クラブに追い抜かれますが、
それはオマケであって、(ここがややこしいよね)
ボールを打つ 行為 とは直接関係にない、
その 追い追い抜くコト、追い抜かれるコトでボールは打たない のです。

ゴルフのスイングで言う回転、
カラダの向きを変える動きは
ヘッドの付いたゴルフクラブの
 グリップ部を多く、出来るだけ速く移動させることで
 それにヘッドがつながっているに過ぎません。
 からだの回転による グリップの移動よりも
 「距離」としては 重さ分 ヘッドの方が少なく動く
 と考え スイングを、クラブの動かし方を考えるべき、です。
MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(3)MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)








ソコのイメージミスはかなり決定的に
 クラブの動かし方に影響を与えるを思います。