ヘッドの遅れを縦に作用させる を意識するには
 ダウンスイング以降の、
 先頭 左上腕、左腕、左グリップ がツッカエずに
 渋滞を起こさないようにする必要があります。
(進撃のRさん)_Moment(2)

その為の 左肩の上への逃し です。
 横 ではなく 上へ です。
 その意識が 左上腕をカラダに同期させ
 下方向に、横回転を上下の下がりに変換します
 縦に回転する…ような意識になりますが、
 実際には 単に からだの回転に左腕が遅れにくくなり、
 回転で 左腕が下がり どいてくれるようになります。


すると からだの回転に対し、
 肩から先の腕、クラブが渋滞を起こしにくくなり、
 近回りし易く、
 ヘッドの形状 鎌首を自分にもたげている作用もあり、
 クラブの長さが短い時間を維持し易くなります。
 つまり ヘッドの通る道のり が短い(近道)ので
 早いタイミングでインパクトに入れるようになります。

コメント(質問)にもありましたが、
左肩を上に逃がすと…縦に回転するような感じ にすると
「🤒右サイド、右肩がさがりそう…🤒」
ですが、右サイドの、右肩の下がり は
通常、動作の先頭である左サイド、左肩が動いていないので
行く場所を失い もぐる モノで
からだの回転に 左腕が付いていけば
下がらない…のではなく ✋下がる前に インパクトが来ます。



Rさん ご本人も言っていましたが、
 今までだともっと遅く、
 もうひと手間、ふた手間かけてインパクトに入るのに、
,劼伴蟯屐〆献汽ぅ鼻∈献哀螢奪廚鮖澆瓩
右手でシャフト、クラブを押す(フェースターン)
 それをする前に インパクトが来る、と。
Rさんにとって、打撃の真髄(快感)である
 右手のごり押し をする以前にインパクトが来るのに
 打球感、当たり感は弱くなく、不思議と 結構、強い。
  …笑顔になって来ましたね🤗


 多くの方は からだの回転で振る、からだの回転で✋
というと 向きを変える と言う円運動に対し、
その外周、その円弧上、ヘッドを動かす と考えガチ
👉腕を使わない意識があるので 回転に対し、腕やクラブを遅らせる
スイングの円弧をなぞってくる ようなイメージですね。
 ココはまだ ピンと来ないかも知れませんが、
とりあえず 机上の知識 として
 クラブヘッドの移動「距離」/ 移動角度、運動角度 は
 ヘッドの重さ自身、クラブの長さ、運動の速度 によって
 重くなるヘッドの分 グリップの移動距離や移動角度よりも
 少なくなります。

からだの回転によって 移動するグリップの「同軸」外周に
 ヘッドが動いたのでは、動かしたのでは、
 ヘッドの遅れは フェースの開き、ロフトの開きになってしまいます。

手を使わず からだの回転で とそれをつなげてしまうと
 外周通りに 大きな経路を通ったヘッドは
 その遅れから フェースの、ロフトの開き になってしまいますから
 最後には より強い フェースターン、ハンドターンが必要になる、
 元の木阿弥になります。

フェースターン、ハンドターン とは
 左グリップを軸に 右手の伸ばしで クラブを、シャフトを
 押す行為を指しますから
 必ず グリップの移動の減速、停止が必要になり、
 その時点で 肩から先のヘッドまでと
 からだの回転は分離した、別のモノになります。

そういう習慣を身に着けると
 からだの回転は フェースターンをする為の
 位置づくりに過ぎず、先に体を廻し、位置を造り、
 そこで左サイドを止め、ソコを基点にフェースターンする、
 からだの回転→腕の振り(右手の伸ばし) と言う動作の順序になり、
 手打ち と言っても その逆の順序でスイングしている人は
 存在しない と言って良いでしょう。