カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離・移動速度を稼ぐ

 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する
👉ヘッドの重さの増し によって起こる
 ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変え易くなります。
 用語で言うと 縦に遅らせる と言えば良いでしょうか…
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)









 遅れをロフトの立ち、縦の遅れにしてあげれば
 フェースターンの必要は一切合切ないので
 インパクトポイントをより左に、前にするコトが可能です。
●フェースターンを行うための グリップの停止 がありません。
●シャフトを振るコトによって ダウンの弧が 無駄に大きくなりません。

 より直線に近い
(イメージ) グリップの移動に出来、
 より「早く」にインパクトを迎えられます。

 左サイドの動きを止める必要が無く、
 フェースターンの必要もありませんから
 腰を痛める、肘や手首を傷める可能性も格段に下がります。


 
 腕がたたまれる クラブを短く使うコト によって
 アドレスで構えた状態の クラブの長さ、
 その円弧よりも 内側 中側の、
 度合いはありますが、小さな円弧でダウンスイングは
 行うことが出来ますから、遠心力に邪魔され辛く
 結果、回転の速度をあげられる可能性が上がります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インサイドから、や 上から入れる、
 は そういうことでは無いでしょうか❓


ゴルフスイングと言う動作を 完全に無視して
 ボールを繰り返し 真っ直ぐ行かせる
には グリップを目標に向かって 限りなく真っ直ぐ動かす
ゴルフクラブをスライドして使う…
   …サイドステップして打つんか???
そういう想像は出来ると思いますが、
打ち手である人間にそれを高速で行うのは難しいですし、
平らなトコロの無い、障害物の有る、限られた空間
というコトを考えると
 それを その場で、ある程度の高速で行える
 からだの回転で処理したのが ゴルフスイングだと思います。

また、グリップの横のみの移動、クラブのスライド では
 クラブを短くする、円弧を小さくする機会が無く
 ロフトを立て、その分 上から、インサイドから入れる
 方法がないので ボールが喰わず(つかまらず)
 飛ばしに フェースターンが必要になってしまうので
 スイング、ショットには 横の動きを少し縦に変える
 腕の作用 と クラブの構造が不可欠なんだと思います。

カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離~移動速度を稼ぐ
 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する

飛ばす、真っ直ぐ行かせる、曲がり具合をコントロールする、
 そして クラブの構造とからだの回転
それをつなげていくと その答えに行き着きます。