✊ボールを飛ばしたい
✊安定して飛ばしたい
✊狙った方向に打ちたい

 と言うゴルフのターゲット性 と
◉スイングは円運動
◉クラブは先が重たく 長い棒
◉ヘッドには 方向や距離を確定する角度が付いている

 を合わせて考えると
動作としての円運動は
 クラブ、ヘッドを『円運動させる』のが主目的 としている❓
 それに疑問を抱きませんか❓

飛びざまは 右曲がりであったり、左曲がり であったりしますが、
   …そもそも 上下、縦の飛球線は放物線
狙い 打つ場所と止まる場所の関係は直線…なのです。

ゴルフスイングを観察すると
 タイプはあれど、なんとなく腑に落ちる、
 チカラで解決していない いいなと感じるスイング は
 ゴルフクラブとの接点である グリップは
 かなり 狭い幅の中でしか動かしていません。

あえて言うのなら トップの位置 右を向いた時の
 からだの幅
 の範囲です。

グリップの移動動作 で言うと
 からだの向きでの分を差し引くと
 トップの位置で 右の胸の前に在ったモノ(右打ち)が
 左の胸の前に移る(移るか、移すか)程度ですので、
 距離にして 30〜40センチ程度です。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(3)









カラダの向きを変える、その円運動の目的が
 ヘッドで円を描くコト、クラブを丸く振るコト であったなら
 遠心力がかかり、円弧が大きくなりガチ ですので
 クラブが重くなり、右に在ったモノが左に移るコト は
 考えにくいのです。

スイングの原動力、クラブを動かす動力が円運動という
 からだの向きを変えるコトである コトを考えると
 ある程度の幅になるのは仕方ない ですが
 この狭い幅に収まる、
 からだの回転で グリップの描く弧は
 思っている以上に小さい、狭い幅、からだに近い、
 別な言い方をすれば アップライトな弧 である
 (グリップを上下に動かす とは少し違うかも)
 と考えると円運動の目的が見えてきます。

   それでは Asta manana✋✋✋