◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2015年11月


 ボールのスピン
昔もこのテーマで記事書きましたけど
通常 何千回転という風に表記されますが、
結構忘れられているのは その単位です。
この何千回転は 1分間で ということなのですね。

例えば ドライバーショット
2000回転前後と言われていますが
これは やはり 1分間のボールの回転数 で
1秒間には30回転強です。
002

ドライバーショットのボールスピードは
200キロ/時速になります。
時速200キロで進むものは 1秒間に大体55メートル位移動します。
つまり 55m移動する間に30回転ですから
1mを移動する間には半回転強しかしていないということになります。

ボール速度がとても速いのでたくさん回転しているように見えますが
移動している距離に対してはたいして回転はしていないのです。

漫画のように火の出るような回転はまったくしていないのです。

ウエッヂはどうでしょう。
ドライバーに比べると 回転数そのものは3〜5倍になります。
確かに移動する距離も少ないのですが、
ウエッヂはショットは移動する距離に対し
道のりはとても多くなります。

ボールの外周は約14センチ強です。
1mの距離をロスなく転がるのに7回転強必要です。
ドライバーショットの場合 1mの移動に対し半回転前後ですから
ほとんど回転せずに スキッドしている と言えます。

ウエッヂショットの場合 移動距離と高低という意味での道のり
そして 回転数を考慮しても
水平距離の1mを移動するのに ドライバーの5〜15倍程度の回転量ですから
ボールが普通に転がっているのと実は大差ないのです。

結構意外でしょ?!
ICOPY26

なんか ボールはグルグルってスピーディに回転しているように思えて
その実 移動速度そのものが早いのに騙されていて
ボールの回転は意外なほど少なくゆっくりしているのです。
ウエッヂショットであっても 回転で移動しているというよりも
スキッドしている量のほうが多いのです。

そこにはやはりゴルフというゲームの本質が隠れており、
ゴルフはやはり飛ばしても、飛ばさなくても
ボールを水平距離移動させるゲームで
当たり前ですがボールを回転させるのはあくまでもおまけに過ぎないのです。
低い球が良い とか 無理に低く打つ必要性はどこにもありませんが、
その逆の 無理に高く打つ、無理にスピンを増やす というために
何かするのは ゴルフショットにとって大変リスクが伴います。
もともと 飛行中のボールのスピンはイメージのようなものでは
ないのですから、スピンをかけることはクラブのロフトに任せてしまったほうが
簡単だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトが走る という言葉がありますね。
これ 相当間違った認識や勘違いを生んで
その言葉がクラブやシャフトの使い方を壊してしまっています。

概ね シャフトが走るとは
ヘッドが走る。。。グリップに対しヘッドが走り
グリップを追い抜くようなイメージだと思われています。

はっきり言って「大間違い」です。


質量とは 基本「そこに留まるエネルギー」です。
それに運動が加わると勿論慣性も生み出しますが、
その運動の速度分だけ さらに「そこに留まるエネルギー」は
増えるのです。
ヘッドの質量は
全体の移動の速度分、積算。。。掛け算で
質量が増えるのと同じです。より一層留まろうとする訳です。

それに対し ヘッドがグリップを追い抜くのには
グリップの減速が絶対条件になります。
413

シャフトがしなって しなり戻る の
しなり戻る は グリップの減速が必要なのです。

体が向きを変え(体を回転させ)
それに伴ってグリップが移動している運動が
等速、もしくは加速状態である限り
ゴルフクラブと言う構造、機能上
シャフトがしなり戻ることはあり得ません。
体を止める(減速)なり、グリップの移動を止めるなり
しない限り シャフトはしなり戻らないのです。

シャフトがしなり戻るスピード…
えせヘッドの走り と
体の回転が減速、グリップの移動が減速
って ヘッドの加速要素の方が上回るでしょうか?

単に振った気になるだけです。
実質 ヘッドスピードがシャフトのしなり戻りによって
上がることは考えられません。

しかも シャフトがしなり戻り
ヘッドがグリップを追い抜くということは
グリップエンドを進行方向と逆の方向
後退方向へと動かす動きになるので
この動きから 必然的に体重は右に残り
上を向く姿勢を造ることになります。
445

運動で積算されたヘッドの重量を
無理くり しなり戻した労力の充実感があるだけで
実質ヘッドスピードは上がらず
右に体重が残り、体は開き、左サイドはあがる
何一つメリットのないイメージなのです。


本当の意味での「シャフトの走り」とは
シャフトの走りによってヘッドが
「速く」動くことではなく
シャフトのしなりによって、グリップが押され
「早く」インパクトが訪れるという事なのです。

シャフトがしなることによって
グリップが押され、回転運動にグリップや手が
遅れにくくなるばかりか、それ自体が
回転運動の速度の助けにもなります。

グリップが押されることによって
運動により積算されたヘッド重量が回転促進の助けになり
いくばくかでは有っても落下速度も
スピードを増す要素になり得ます。

グリップよりも高い所にあるヘッド重量によって
グリップが押されれば、体重は自然と左に移される形に
なるでしょう。

故に 左サイドの低い時間が長く取れ
上から打てるチャンスが増える訳です。


 ヘッドが走る というのは
一見すると クラブが自主的にやってくれる他力本願的な
イメージを持ちがちですが、実際には自分で全部
しなくてはいけないのです。

ここがイメージとして掴めるとだいぶ違うと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


イメージの問題ですが、
ボールにも芯があります。
まあ 単純には球体のセンターですね。
81fd2fa0

ボールの直径は 約4センチ半です。
アプローチなどで 多少ボールが芝に沈んでいるとしても
ボールのセンターは2センチ地面から浮いているのです。

多くのゴルファーはアプローチなどで
ボールの地面の隙間にヘッドを入れようとしています。
ヘッドの方の 芯は意識するのに
ボールの芯の感覚はすっぽり抜け落ちているような気がします。

スピンをかけようが、ボールを上げようが
どの距離を打つんだとしても
ゴルフショットの基本は「距離の移動」です。

特にロフトの付いた、ロフトの多いクラブで
ボールの底を打つ、ボールの底をさらう というのは
ボールを打つチカラを距離に変えず、
スピンに変えてしまう方法です。
他のクラブに比べると ウエッヂなどは
出る回転数・スピンには非常に大きく幅があり
どう打つかによって 数千回転も回転は変わってしまいます。
c534b357

ボールの底にヘッド入れる感覚は
球体ではなく ボールの大きさのコインを打つ感覚です。
これでは難しい。

ボールの皮、表面に包まれたボールのセンターを打つ感覚は
アプローチだけでなく 通常のショットでも
非常に重要な感覚です。

正しいイメージでは
フェース面でボールの底をさらうのではなく
逆に、地面に向けたフェース面で
ボールの上っ面を体の回転でさらう感覚です。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

各クラブのロフトの応じて、ロフトに沿って振るのではなく
常時 ボールにフェース面を向けて
地面【練習で言えばマット】とフェースで
ボールを挟んで行き場をなくしてしまうような
そんな感覚が必要なのです。

短い距離のアプローチで
しっかりと その距離を打つためのショットは
ドライバーを遠くに飛ばすのと全く同じなのです。

物理的に上から打つ と言うのと共通なのですが
クラブの重心が必ずボールの上、斜め上から
ボールに対しアプローチしてくるということでもあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


代表的なゴルフ用語に「上から打て」
と言うのがありますが、これはとても誤解しやすい用語
と言えます。

言葉のイメージ通り
クラブを上から下に向かった振ったら
ヘッドを上から意図的に降ろしたら
実は必ず 上に向かって振ることになります。

上から打つというのは確かに
クラブやクラブヘッドの重さ
支えるという意味で自分の重さも利用できますから
「飛距離」に直結しやすい方法です。

ところがスイング動作とは
打ち手の意思、意図する動きだけでなく
クラブの造りだす「不可抗力」によっても構成される訳で
打ち手がクラブを上から下に向かって振れば
必ず体は上を向くことになります。
自分はクラブを下に振っていても
土台になる自分の姿勢は 地面を撃たないように
反射的、本能的に上を向いてしまうので
実は本末転倒になってしまうのです。
457d8efa

上からボールを打ちなさい の本意は
体が進行方向に対し
左サイドが低くなっているうちに「打ちなさい」という
時限を示している訳で
動作を示している訳ではないのです。

クラブの動作、移動を体の回転に任せ
インパクトに入ってくれば
自然に 進行方向の低い「上から打つ」という事に
なるのですが、言葉としての「上から打つ」を
追いかけてしまうと その反対になってしまうのです。

確かに 感覚としては
地面にある、地面に近いボールを打つのに
上から振って来ないと届かないような気が
している訳ですが、実際にはアドレス時
ディッシュアングルが保たれた状態で
ヘッドはボールに届いている訳です。
高い所から落ちてくるのならば
それよりも高くても 勢いもありますから
届くはずなのですが、
多くの人は 一生懸命下に向かって振ってしまいます。
MOL061_Sc

本来は 前傾姿勢
  ⇒軸足の大たい骨と骨盤の角度差
が維持されれば クラブを下に振らなくても
届くはずのもので
地面にあるボールを打つのに、届かせるのに
下に振ることではなく、軸足(左)と作ることと
軸足の前傾姿勢を維持させる意識の方がよほど重要なのです。

クラブを下に振れば 体が上を向く。
体が上を向けば 前傾姿勢は失われ
結果 下に振らなければ届かない と言うスパイラル
に入ってしまい、そこを動作が覚えてしまいます。
しかし、この動作は振っても飛ばないスイングの基礎
になってしまうのですから
そこを しっかり認識で解消しなければなりません。
スナップショット 9 (2012-03-02 19-56)

やはりここは 短いアプローチで
体捌きによって 地面にあるボールに届く…ということを
覚えるべきだと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーの飛距離というのは
ゴルフの最大の魅力と 言えるかも知れません。

機械や電気、火薬などを使わず
ゴルフクラブと言う道具だけで
ボールを 200mもぶっ飛ばせる遊びは
他になかなか思いつきません。
72498_600400

単純計算ではありますが、
 
ヘッドスピード×ヘッド重量 というのが
ボールを飛ばす基礎になっています。
多くの方は ヘッドスピードを上げることが
ボールを飛ばす要因と思っている節がありますが、
ほかの要素が変わらないという前提の元でも
ヘッドスピードが 3m/s 高くなっても
10ヤードも余計に飛ぶことは多くありません


勿論 ヘッド重量だけ と言う訳でもありません…。
ヘッドが重い方が振りにくい と考えられがちですが
ヘッド重量が20g増えても、
逆にヘッド重量が20g減っても
ヘッドスピードそのものは 殆ど変化がなく、
単純計算の上では その20gはヘッドスピードで言うと
3m/s分の破壊力と同じですから、
減らすのに ただ動作としても
「扱い易い感」が生まれるだけで
実は何もメリットはないのです。
逆に その
「扱い易さ感」はゆくゆく
体力や運動性能が年齢とともに衰えてきた時に
クラブを利用して、クラブを使って飛ばす という事から
離れてしまうので 大きなデメリットを生みやすい
と言えるのでしょう。

我々、おじさんはトレーニングをしても
ヘッドスピードを伸ばすのは大変です。
毎日ジョギングをして、ジムに通って…。
 ちょっと 非現実的です。

ヘッド重量を増やすのは簡単ですよね。
単に 増やせばいいんです。

そして 本題の なぜ飛ばないのか と言う部分は
先ほどの 速度×重さ と言う基礎破壊力を
ボールの 速度・回転・角度(高低)
どう配分・分配するかにかかっています。

そして 飛ばない最大の原因、
要素としての物理的な要因は
ボールの速度に分配されるはずのエネルギーが
ボールの回転と角度に化けてしまっていること
 にあります。

多くのゴルファーは 飛ばなかったり
当たりが悪かったり、スライスしたり
というのを インパクト時のヘッド
そう ヘッドばかりに気を取られている節がありますが、
ボールをフェースに当てる という前提の上では
小手先でヘッドを操作できる量はたかがしれています。

最大の原因は
インパクト時に 左足上がり の状況を
体が作ってしまう事で・・・。
imagesCAB3227Q

そして それを改良しようとした時の
最大の問題は 意味不明…かもですが
左足上がりの状況を無理に止めてしまう ことなのです。

左足上がりのインパクト姿勢 というのは
左サイドの方が右サイドよりも極端に高い
そういう状況です。

左サイドの方が高い と言うのは
同時に体が左を向いている という事でもあるので
左に 上に 左サイドがボールから遠ざかっている
とも言えます。

そういった状態ですから
本来 届かなくなるような左サイドなので
それを意図的に止めるような体の動き をすると
動いていくる全体 動いていくる右サイド
に対し 左サイドを止めようとすれば
左サイドの上がりは更に増していくわけです。

このような状態では ヘッドスピードアップを図っても
その左サイド上がりの状態が増すだけですから
数値がいくら上がっても 距離には結びつきません。

・・・・・・・
さて この状況…。
実は左サイドが上がらないと ボールが打てない
と言う問題です。
この左サイドはある種 必然で上がり、遠ざかっている訳
なのですが、 これを解決するのに
頭からすっぽり忘れ去られている要因があります。
市販の軽〜くて、硬〜いゴルフクラブであったとしても
自分が振っている 動かしているゴルフクラブ
というのは 動作(移動)も加わって
かなりも重さ、負荷、不可抗力になっています。
練習で培った本能で
ヘッド、フェースをボールに当てようとする
反射に近い行為は 必ず 必ず
クラブが作り出す、クラブによって作り出された
(それを動かした自分も含め)
重さ、負荷、不可抗力を勘案し
ヘッド、フェースとボールを当てるのです。
スナップショット 9 (2013-09-23 15-37)

つまり 飛ばしたい でも 飛ばない の多くの理由は
左サイドが遠ざかり、上がり、左足上がりの状態
な訳ですから、それって
クラブの負荷(重さ)が
その正反対の右サイド、右下にかかっていることに
対する対処、相殺処置な訳です。
そこを解消しないと
体の動きだけで 左サイドを離れないようにすれば
動いていくる体、右サイドに対し
止まる左サイド…うまく行かず、飛ばないばかりか
体の故障の元になってしまうでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



1★0cpmドライバーセットから

1★★cpmドライバーセットの新悶絶クラブが到着して

先週2ラウンド そして 今週 2ラウンド消化しました。

この間 練習無し。と言うより出来なかった。

 

ドライバーは、これまでより格段に精度が上がった様に思います。先週まで 落ち際に少し右へスライドする現象は無くなりました。原因そのものが解らなかったので

 何故 その減少が無くなったのか解るはずがありません。

ただ 先週より弾道が少し高くなった様には思いますが

確信はありません。

 

cea9c3ea


そして 驚いたのは ウェッジです。

30Y が上手く打てるのです。

これまでも 脚による身体の向きの変更 で

 打つように 意識して 腕を動かさずに

打撃していたつもりだったのですが

新悶絶クラブは 全く別物です。

腕は何にも出来ない。

何かをしてはいけない。

でも ボールはしっかり浮いて 止まる。

 

FWは 五分五分で悶絶します。

空振りしそうになるほどの悶絶。

距離を欲張ると 悶絶します。

 

アイアンは しっかり 上がり 距離も出ます。

ただ 番手毎の距離が掴めておらず オーバーが多い? 

様な気がします。

曲がり ドローも しなくなっていますが

たかが4ラウンドで ドライバー程 打ってませんので

 まだまだ ですね。

 

ただ この柔らかさだと 今まで以上に曲がらず

 打ち出し方向に すっ飛んで行くんだろうなぁ〜と。

 明日 練習します。

 

001


既に 柔らかさは感じなくなっており、

人ってスグなれるんだなぁ〜 と思っています。

心地より柔らかさとでも言いますか 安心感 抜群です。

ヘッドの位置がビンビン グリップと言うより

体全体に伝わって来る様な感じです。

 

そして ライ角を意識して動いての打撃を意識する様になりました。

 

とにかく 明日 練習場に行って 久々の練習します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『クラブを振る』『丸く振る』 という事の
駄目なこと、 クラブを機能させない振り方、
それをちゃんと頭で理解する必要があると思います。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)


まず、丸く振る クラブを振る と言う振り方は
なぜ そうするのか という事を考えてみるべきです。

クラブは長い棒の先に重さが集中した
クラブの重さの6割以上のものがヘッドとして
装着されている道具です。

もしも その構造の道具で
遠心力を多く造りだそうとするのならば
その遠心力で出来る力の方向・ベクトルを
考えみて下さい。

遠心力とは外へ外へとはらもうとするチカラです。

ショットの目的は そこにあるボールを
目的の方向に、目的の距離を打つものです。
その打球の方向と一致、もしくは似たものになるのは
ボールを打った フォロー後半の部分です。

長い棒の先に重さの集中した道具で
その遠心力を造るように扱う というのは
その道具そのものを遠くに投げる と言う行為に近く
その道具でボールを出来るだけ正確に打つ
出来るだけ望む方向に、望む距離を打つ
 と言う行為とは一致しません。

遠心力を造りだせば
それを投げるのが目的でない限り
その遠心力のチカラ と それを握っていられる握力
はイコールに近い関係になります。
速く振れば振るほどそのチカラは増えますので
握力に対する負担は同様に増えます。

遠心力には方向がありますから
ボールを打ち出す方向とは90度異なるような
チカラ関係になりますから
遠心力を増せば増すほど ボールを打撃する破壊力
にはならず、方向が大きく異なるチカラ関係になりますから
角度や回転にエネルギーは化けてしまいます。

まして 遠心力は
ヘッドの進行していく方向とも大きく異なるため
自分で速く振っていたとしても
振れば振るほど クラブ、クラブヘッドの運動負荷は増え
ブレーキをかけているのと同じです。

遠心力は外にはらもうとするチカラですから
定点であるボールを打つのには
そのかかる遠心力の方向と立体的に180度
反対に引きながら 打撃する必要が生まれます。

その不可抗力は
必ず 左サイドを上後方に引く動作を伴いますから
必然として前傾姿勢を失い、
左が開く⇒ということは同量 左が上がる
という事になる訳です。

振れば振るほど 左足上がりのライから打つのと
そしてその量が増す、という事になります。

ヘッドを振る ヘッドを丸く振るスイングの多くは
振っているのに距離にならず、
左足上がりのライから打つような
高く上がり、スピンも多く、
ぽとりと落ちるような弾道になります。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

クラブを丸く振る
というのは実際には
クラブ単体を動かさず、それを持った打ち手が
体の向きを変えることを指すのです。
前傾姿勢があるので、それは斜めの円軌道になります。

これを手で『真似て』遠心力で振ろうとすれば
インパクト付近は 打ち手の動作とは異なる
別な速度で動くヘッドで打つことになります。

本来スイングは 制御して打つ距離も
全開で打つ距離も同じ方式を取るべきです。
それには 打ち手の動作がそのままヘッドの動作(移動)
になっていないといけません。

手でそれを造ってしまう打撃方法では
無造作に遠心力任せのヘッド移動になりますから
速度を制御して打つショットが苦手となります。



とまあ 色々あげてみましたが
クラブの円軌道を「手、腕や肩のみ」で作るスイングは
何一つメリットのない、デメリットの塊のような方法なのです。
体の動きも不自然になるので
体の故障にもつながります。
手で軌道を造れば その軌道や姿勢は無限になりますから
同じショットを繰り返す可能性は奇跡よりも低いと言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



新しいクラブで悶絶を続けています.


正しいスイングにするためには,まず,イメージを

固めることが必要なので,ホームページを読みながら,

次のように考えています.



インパクト時のロフトを,クラブの設計通りに立てることが大切で,

そのためには,クラブのグリップが,常に自分の身体の中心を向く

ようにする.クラブは先端が重いので,普通に振ると,ヘッドが先

に動いてしまうので,これを補正して,右肘でヘッドと同じだけ

グリップを動かすのが,刷毛塗りになる.


前傾姿勢を維持して,背骨を中心に回転すると,トップで右肘は

肩くらいの高さになり,腕だけでなく,骨盤より上が右を向く.


前傾を保ったまま左に重心を移動して,それから左に回転すると,

自然に腕は身体の近くを通り,ハンドファーストになる.


YouTubeのJack NicklausとハミングバードのビデオをiPhoneに

入れて,イメージを固めるようにしています.



こんな理解で正しいでしょうか.


最後に,刷毛塗りが正しくできているかどうかは,どのように

判断したらよいでしょうか.


練習場のフルスイングの時は,ボールの軌道で高く上がりすぎた

かどうかである程度分かりますが,腰から腰のスイングで30

ヤードを打つ時,更に,自宅で3ヤードくらいを打つ場合は,

何を判断基準にしてよいか悩みます.


2/28-29ブログの「刷毛塗」は大変参考になりましたが,

> うまく出来たら、「ピンポン」の

> 正解音のように「あの打感」が

> パリンという音と一緒に出ますよね!

が経験のない人には分かりません.




音は重要で参考にはなりますが
なかなか どう表現したらよいか難しいところです。

まぁ 単純な発想では
アイアンであっても ウッドであっても
打撃物は金属。。。かたや ゴルフボールはゴム
ということが肝心でしょう。

多少の誤差はあったとしても 双方のヤング率
歪み率は 200倍近く差があります。
当然 金属の方が歪み辛く ゴムのほうが歪みやすい

ドライバーは中空構造である為 ヘッドの方が
共鳴しやすいですから 掴み辛いですが
通常 打撃音はボールの音な訳ですから
甲高い音や角の立つような音では無く
少々 湿気を含んだような音が理想的かと。。
(これも 分かり難いですけど)
パリン という音は 僕もちょっとなぁ。。。
と思います。

005




刷毛塗であっても ショットであっても
ゴルフショットの用語で「上から打つ」みたいな
モノが在りますが、これ、多くの人が錯覚? 誤解している
と思うのです。 確かにヘッド重量を有効に利用する
みたいなイメージは ヘッドを重力方向に動かす
そんな感じにつながり易いのは確かですが
それでは ソールでボールを打つことになってしまう。。。

ゴルフクラブは当たり前ですけれど・・・
フェース面で打つことによって 機能する。

006

上から打つのに その面が横にあるってところが
ミソ だったりするのですが・・・

上から打つ と言うイメージは というか言葉は
フェース面が 上から 上方から ボールを見て
入ってくると言うことを指していて
実際には出来ませんが ボールの真上から
マットや地面に対し ボールを押し付ける みたいな
イメージでも間違いはないと思いますし
そのイメージの方が 体の向きを変える(回転)する
意味合いもより鮮明になるのかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くのゴルファーが大きく、非常に大きく
錯覚、勘違いしてしまっているのが
クラブヘッドで円を描く、円運動させる?ということは
本来、ゴルフクラブをただ持って向きを変えれば
体の向きを回転していれば、結果として
クラブヘッドは円を描く
 という事です。

円運動って言葉が悪いのかも知れません。
円移動というか、円描な訳です。

ただ ただ クラブを持って向きを変えれば
基本、それがゴルフスイングです。

腕なり、頭の仕事は
クラブにも、それを持つ腕にも重さがあるので
その重さの分 留まろうとする力や
運動が伴った時に膨らもうとする力が加わるので
それを考慮にいれ、
チカラが加わらないとして 向きを変えた時に
体の動作通りに動くように処遇してあげればいいのです。

幸いにもゴルフクラブは
素直にそれを受け入れる気持ちさえあれば
それを補助し 
⇒体の動作通りに動くよう
それを促すような構造になっています。

特に多くのゴルファーの スイングの円運動の
スナップショット 1 (2015-11-10 12-07)勘違いの始まりは
←ここから始まる
インパクト前後の円の動き、
これは体が向きを変える から
自動的に描かれる
という事を忘れてしまっています。
これを横方向だけに限らず
ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
結果としては縦〜上下、ヘッドの高さが変わる斜めの円も
体の向きが変わる と言うシンプルな行動によって
描かれるのだという事です。

逆に ゴルフスイングはある意味、よく出来ていて
打ち手が自分で縦に ヘッドの高さを大きく変え
下に振ってしまい、同時に前傾姿勢を保てば
「ボールを打つことが出来ません」。

また、どこかを支点にヘッドで円を描こうとすれば
必ずその支点になる部分は運動を止めざるを得ず
結果、体の回転は腕を動かして円を描くための
きっかけ程度にしかなりません。
ヘッドを振ろうとする限り、体は止めざるを得ないのです。

特に、左右の目の位置関係上からも
どうしても地面に置いてあるボールに
「届かせたい」と言う意識から
ヘッドを上下、下方向に振ってしまう動きは
動作の遅いアプローチなどでも顕著に見えます。

ゴルフのスイングの間違いの殆どは
その概念というか、意識の間違いが根源です。


動作の修練不足や技術不足ではありません。

ですので、ほんの10m ほんの5mのグリーン周りの
アプローチの練習にスイング改善のほぼすべてが
詰まっていると言っていいです。

練習はウエッヂでなく、長めのアイアンで行ってください。
吾々の年齢では短いクラブの前傾姿勢の長時間は
あまり良いことはありません。

スポンジボールで練習するのでも構いません。

高さで言うと腰の高さ位からスタートしても構いません。

スナップショット 4 (2015-09-24 17-52)

★体の向きの変更 そのものでクラブを動かすこと。

★スタートの位置から、クラブは
 ヘッドの方が多く動く円運動ではなく
 グリップ〜ヘッドは等量、スライドして動くということ。
  ⇒体が回っているから、結果円は描きます。

★届かせるのであれば それは腕の処遇ではなく
 足の処遇であること。

★クラブヘッドはグリップよりも多く、速く動くことは
 自然な物理の法則に反すること。

これを意識してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングの事ではないのですが

練習場での疑問がひとつだけあります。

 

たま〜に、フックしてからスライス、
スライスしてからフックする弾道が出るときがあります。

 

これはどういった現象で起こるのでしょうか?

クラブ扱いを間違って出てしまうのか、

それともボールが欠けていたり

ディンプルが無くなってしまっていたりして出てしまうのか。

 

謎です


スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)



お手紙ありがとうございます。

練習場のボールはかなり豪快に扱われています。

毎時、ベルトコンベアーなどで移動し、

機械的にシャンプー、ブラシなどで大量に洗われますので

年月を経て、磨耗 ディンプルが浅くなり

そのような現象が起こるのだと思います。

まあ 個々の練習場によって異なりますが、

昨今の営業状態ではそうそうボールの新規入れ替えも

難しく、ボールの入れ替えは数万個〜数十万個単位

ですので、一度に数千万円かかるのもザラですから

古いボールが多く使用されていることも

あるかと思います。



全員とは言い切れませんが、

重いヘッド、柔らかいシャフトを使っていますと

段々と「上から打つ」や『クラブを振らない』

ようなスイングになってきますので、

コースの正常なボールで打った場合の

普通の弾道…

一般的なアマチュアゴルファーよりも

かなり 打ち出し角度もスピンも少なめな弾道に

変わってきます。

練習場の磨耗したボールだと スピンが維持されず

スピン足らずになった アイアンショットですら失速

浮力を失うという体験を 私も毎度味わっています。



俗に言うスピンコントロールとは

距離コントロールそのものとも言え

具体的には「ロフトコントロール」です。



そのロフトとは製品のロフト角度と言う意味ではなく

ボールとの衝突時の実質ロフト姿勢とヘッドの入射角度

によってきまります。



その実質ロフト姿勢やヘッドの入射角度は

ゴルフスイングのメカニズムにとって

およそ リンクしたもので

本来ある正規な姿勢(影響するロフト姿勢)や入射角度を

意図的に変えようとした場合、

実質(影響)ロフトが増えれば、入射角度は緩くなり

実質ロフトが減れば、入射角度はきつくなって

その逆は通常起こり得ません。



そして スピンや打ち出し角度などのインパクト付近の

話をすると、多くのゴルファーは

ヘッドとボールの所にばかり意識が行って

しまいがちなのですが、

それを一番大きく作用させる、左右するのは

実はインパクト時の左右の体の高さ関係(体の姿勢)です。



そして これもまた

インパクト時の体の姿勢…となると

体を制御し、左サイドが上がらないよう

右サイドが下がらないよう意識し

体を止める…時間と止める…コマ送りのような意識を持ちがちですが、

それでは何ら解決しません。

スナップショット 17(2012-11-23 11-51)


✘クラブを振るスイング

✘グリップよりもヘッドを速く、たくさん動かすスイング

✘体の向きの変更そのものでクラブを動かさず、

体を動きのきっかけとし、クラブのもった慣性を使って

腕をフルスイングであれば、

必ず そのふり加減によって必要以上に

左サイドは上がり、右サイド下がった姿勢で

インパクトを迎えます。

そのクラブの製品ロフト角度によって

決まる筈のインパクト影響ロフトや

そのクラブの長さによって決まる筈の入射角度よりも

遥かに多い影響ロフト、遥かに緩い入射角度

になってしまうわけです。



振れば振るほど 左足上がりのライになる

といった感じですので、

飛びそうにないばかりか

ウエッヂなどでも スピンが枯れた…終わった・尽きた状態で

着弾するのは見えています。

(高低と言う意味での弾道の道のりが長すぎる)



クラブを振る ヘッドを多く動かすスイングでは

ヘッドの移動する円弧の大きさやその時々のヘッド姿勢

それらがある意味無限なバリエーションがあり

打つ人間は 

↷決まった場所にある打ちたいボール

↷打ちたい決まった方向

その条件を満たすため、まいど微調整、微修正を掛けます。

上手く打てたとして

100球打って 100種類の弾道、100種類の距離を

打つ打ち方ですので、

『練習の意味はなさない』

と言えるかもしれません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



それと、質問があります。



インパクト前後のことです。

腰の回転パワーに預けて、グリップが体の前を移動して います。

左手の甲はシャットで作った手のひら側コックをキープし、

そして左手甲と同じ面をキープしたフェースが後から着いてきます。



ヘッドがボールに到達する頃、すでに左手甲は元の直線軌道のまま左腿前を通過し左腰の外側あたりまできています。



左脇は大きく空き左手甲のシャットキープの援助をしています。



右手首は甲側へのコックを(意地でも)キープし左手に付いていっています。



この後はクラブの行きたい!に任せていると、左肘が曲がり左胸の前辺りにグリップが収まってきます。





こんなイメージで振っています。

実球を打っていないので、こんなに立ったフェースでボールが飛ぶんだろうか?の疑問もあります。

素振り用5番アイアンなどはスイング中バックフェースしか見えません。



ご意見をお聞かせ下さい。




お手紙ありがとうございます。

言葉で説明するとは容易くはありませんが、

概ねそのニュアンスで素振り、イメージされることは

とても良いと思います。

スイングは打ち手の人間の意思動作と

クラブの作り出すいい面・悪い面ともども不可抗力によって

作り出されます。

多くのゴルファーは自分が動かすゴルフクラブの

位置や姿勢などによる作用〜不可抗力が動きに

影響を大きく及ぼすとは殆ど考えず、

自分の意思動作のみでスイングが作り出されると信じています。

まあ 大まかな割合ではありますが、

半分以上〜6割以上のスイング動作は

クラブの打ち手に及ぼす作用への対処とも言える訳のです。

殆どのゴルファーは

自分のイメージしている動作と

ビデオなどに撮ってみた動作との差異にびっくりし、

過去の自分の体験では

「この人誰?」 「誰のスイングを見せているのですか?」

と自分のスイングを気づかなかった方もいらっしゃいます。


イメージの中でのスイングで

しっかり構築しなければならないのは

円軌道は 体の回転 向きを変えることそのもの で

それ以外には円軌道を作ったり、なぞったりするような行為は

ない! ということです。

ただクラブを持っただけで、体の向きを変える という

あまりにシンプルで味気ないこの動作がスイングの根源です。

そして 如何様な場合であっても

クラブはライ方向に上にも、下にも動かすことがありません。

クラブの移動は必ず フェース面(ロフト)方向が基準です。

そして ここが一番実感できない部分と言うか

従来の各ゴルファーが思い描いているゴルフスイングと

結びつかないのは 何度も行っていますが

クラブの先端にある ヘッドの重みは

その分だけ 運動をしたがらない 移動したがらないもの

であることです。

つまり ヘッドはグリップよりも「速く」「多く」

動くことはありませんし、

その移動、運動の源である 体の向きの変更よりも

「速く」も「多く」も動かない ということです。

自分の体や腕のさばきなどの動作速度で

ヘッドの重みに勢い、慣性を付け、遠心力を増やし

ボールを打つ ということは

その遠心力分だけ腕力や握力との戦いになる上、

自分の動作で勢いと付け、自分の動作を減速、停止などによって

ヘッドを放り出す(⇒無造作)ように打つわけですから、

そのインパクトは管理することが出来ません。

良くても、悪くても、次の球とは別なものになるという事です。

そして 自分の動作そのものでクラブの移動を管理するのでなく

遠心力で振るスイングは必ず左サイドが上がる

上を向くスイングに「絶対に」「絶対に」なるので

振れば振るほど 左足上がりのライがきつくなっていくので

労力を増やした分、飛距離になることは殆どありません。


実は何一つ良いことはないのです。


スイングは技術習得の部分よりも

自分の頭の中にある思い込みのリセット

それにかかっていると言えます。

 

 

 

445

 

 

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重心深度は計測上、フェース面から重心位置までの
距離を指すのですが、ウッドヘッドの場合
フェース面はある種張りぼてで前に出ていますので
実は 重心深度にアイアンとウッドには
あまり大きな差がある訳ではありません。
(1センチ半強ってトコロでしょうか)
IMG_0061
ウッドの方が前傾も浅いので
そのナチュラルな前傾の浅さ分、
地面に対するシャットな度合いも少ないので
重心深度が効いてしまい。。。
シャフトよりも右に重心が行き易い。。。

と思うでしょうけれど、ご心配無用です。

あまりオーバーにしてしまうのは
お薦めできませんが、ある程度柔らかいシャフトの
ウッドであれば、その長さ分
自分の動きに対し、ヘッドが遅れて動き出す
普通の働きがありますので
重心深度が深い分も、前傾が浅い分も
そこで解消されます。

故に、腕を使って、手を使って
左手一本で、重心位置をシャフトの右側に
追い込んでしまうような始動は
スウィングを、クラブの機能を台無しに
してしまうのです。

スナップショット 6 (2011-01-21 1-05)
そのシャフトに対する重心位置の関係に
よって、真っ二つに、両極端になってしまい
クラブの機能を使えるか、ヘッド重量を活かせるか
上から打てるか、ボールをつぶせるか、
左にシフトできるか、正面を作れるのか
全てが決まってしまい、 正直、余程の練習量と
運動性能が無い限り、その中間と言うのは
一番難しいかと思うのです。

スナップショット 1 (2012-10-02 13-54)
スナップショット 3 (2012-10-02 13-55)
立体的に刷毛塗が出来るのが理想ではありますが
そうでなくとも、クラブの横の動きは体で
やっている限り、ヘッド重量をパワーの源に
出来るし、無駄にロフトを増やして
飛距離不足に悩むことも少なくなると思います。

重心位置がシャフトよりも右
飛球線後方に入ってしまうと、クラブの重さは
倍増します。その状況では
重さは左腕に掛かりますから、支えていられなくなり
支えとして右肘はその重さの下に入ろうとします。
ee213269f2e5a758
スウィングの円弧は右、飛球線後方にずれ
クラブの重さによる落下する力は
ボールにではなく、打ち手に掛かり
右サイドが下がり、左サイドは必ず上がります。
スウィング中、徐々に左足上がりになっていくのと
同じ症状になります。
早くインパクトを迎えないと
地面をぶっ叩くことになるので
急いで腰を切ることになりますし、
右に重さが掛かり、左にシフトできないので
左上がりはその回転と共に、更に増してきます。
右サイドはボールに近いので
利き腕でボールをぶっ叩くことも困難。。。
体の左半身は左に、上に遠ざかりながら
ボールを打つことになるので 練習によって
それを会得したとしても、神業とも言える技術…
それは 重心位置とシャフトの位置関係によって
生まれるのです。
4190-1-2
それを自分から、テークバックで創り出して
しまうなんて。。。 辞めましょうね

練習場で沢山ボールを打たなくとも
ゆっくりした動き、クラブ扱いをして
シャフトと重心位置との関係を探る
感じ取る、その感じは自分の次の動作に
どんな影響を与えるか考えてみる

ここがクラブ扱いの鍵になってくると思います。

L型ブリストルパターはその為にも
存在しているとも言えます。
是非

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

更に 楽しいゴルフライフとなりそうです。


2f69dcd8.jpg


---

この 約 78年でドライバーの硬さが

200︎150︎10 cpm と柔らかくなり

 10cpm を基準にしたゴルフクラブセットを使って

 2年過ぎたこの11

 いよいよ 1★★cpmセットが届きました。

数ヶ月前から HBSにて

 サンプルを試打していたので

 練習場に行く時間が無かったのですが、

 ぶっつけ本番のラウンドに行きました。



スタートホール 第1打。

どんな弾道だろうかと 丁寧にスイング。

これまでの GR14 に比べて 低めの弾道

(目線を変えずに追える高さ)で 距離は そこそこ。

雨だったので 残業(ラン)が少ない割には飛んでいる。

ストレートボールで方向も狙った所。

打痕もほぼフェースのセンター。

セカンドや約180y 7W

少し右外し PWでランニング。OK パー。

カンタン 簡単 の声に 同伴者 無言。

悶絶すれば良いのに と聞こえたような・・・



2番ホール  180y 池越え。

ティグランドとグリーンの高さは同じ。7W

力が入り トップ。

「池か!」と思って池を見るも 波紋無し。

グリーンに行ってみると グリーン横 バンカー。

「なんじゃ これ!」 今までなら 確実に池ぽちゃ 。

推進力が別次元。

その後 霧が出て 小雨でもあり 慎重に打ったためか

 悶絶することなく

 これまでより 納得の出来るラウンドでした。

霧で弾道もあまり見えず。



そして 翌日。快晴 無風。

朝方までの雨で フェアウェーは濡れているとは言え

 絶好のゴルフ日和。



昨日の初ラウンドで慣れた? 新悶絶クラブで

 ティーショット。

狙いより やや右に飛び出すも ストレートの低めの弾道。

と思いきや 落ち際で右方向へ若干スライド。

でも 飛距離は十分。

2番ホール(412y 上りのドッグレッグ)も同じ様な弾道。

残り 200y

3番ウッドで バシッと と。

ところが大悶絶。危うく空振り寸前のトップ。

でも そこそこ 転がっている。不思議。



145y 打ち下ろし 。7番アイアン。

ナイスショットの声。

「届け!」 と思ってると グリーン奥 カラーに着弾。

「なんじゃ こりゃぁ〜」

明らかに 弾道が違う。

SPEC的には 柔らかくなっただけ。

と言っても アイアンで 140︎10cpm

その後 そこそこのアイアンショットが打てました。

そして 今まで以上に曲がらない。

今までは 弾道の頂点間際でドローしながら

 落下しながら更に左に曲がるドロー。

今回は 頂点間際で左へスライドし 落下はほぼまっすぐ。

あくまで 下名の感じですが。



恐ろしいのが 3W

その後も 悶絶しました。美しい弾道もあるのですが

 悶絶した時が2番ホールと同じく 空振り寸前。

距離を欲張ると 大悶絶です。



ドライバーも不思議です。

低めで ちょっと右に飛び出して 真っ直ぐ 前へ伸びてる感じで

落ち際で右に少し切れる。なんだろう?

弾跡はほぼセンター。

バックスピン量が足りないのか?

でも キャリーはそこそこ出ている。ヘッドのせいか?

2f69dcd8.jpg



ウェッジはこれまでと同じ様に使えましたので

 平均スコアより 良いラウンドでした。

初物なので 慎重にラウンドしたから良かったのかもです。

また、パターとの相性もバッチリ。



新悶絶クラブは 楽しいクラブです。

何にもしなくていい。何かしようとしたら 悶絶する。

寒くなる前に 慣らし運転を終わらせて

寒い日でも 楽しく ガンガン 行きたいと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的に信じ込まれているゴルフスイングは矛盾に満ちています。


典型的な例が
より力を込めた分だけ、より速く振った分だけ
遠くに飛ぶはずなのに、振れば振るほど飛ばない
もしくは変わらない というパターンです。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

まあ 理屈上はヘッドスピードが速くなった分
その飛距離は ヘッドスピード1msのアップで
約3ヤード距離が伸びるはず…なのですが、
そうはいきませんし、
自称ヘッドスピードが自分よりかなり高い人と
あまり距離が変わらなかったりも…しますよね。
逆にその人とはヘッドスピードが 10msも差がないのに
ものすごく飛距離が離れている、なんてこともあります。


深く考えず、ゴルフは遊びな訳ですから
大の大人が やっぱり距離で負けちゃうのは癪です('_')

ですから スイングの改良というのは
振った分、しっかり距離になってくれること
叩いた分、しっかり距離になってくれること
遠くに飛ばせるようなスイングを造ること

が主目的と言えるのかも知れません。

普通のおじさんが今日から体力造りに勤しんで
ヘッドスピードを上げる。。。というのは
ゴルフクラブを新たに購入するよりも予算だけでなく
時間も根気も必要ですし、
経験的に 筋力アップ、体力アップによって
スタミナは向上しても、ヘッドスピードの上がる量は
ものすごく微々たるものです。

振った分飛ぶスイング、叩いた分飛ぶスイング
それは言葉で言うのは簡単です。
それは右サイドが下がらないスイングを造ること
です。
『左サイドが上がらないスイング』とも言えます。

何度も書いていますが、
ボールの飛距離は打つ実質的なインパクトロフト
によって決まってきます。
どんなに高いヘッドスピードでショットしても
左サイドが上がり、前にではなく、無駄に上に飛べば
そのヘッドスピード分の距離には当然なりません。
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

またスイングは左サイドが上がれば
形としてのインパクトロフトが増えるばかりでなく、
ヘッドのボールに対する入射角度が緩くなるので、
⇒高打ちだし、高スピン
左足上がりの斜面で7番ウッドを打ったような
ドライバーショットになってしまう訳です。

で、その左サイドの上がらないスイング
より速く振った時、より強く叩いた時、
右サイドの下がらないスイングというのは
動作…としては右腕がインパクトまでに伸びている
という事になります。

一般的な信じ込まれている
ボールの打撃エネルギーの源は遠心力… なのですが、
遠心力とは 外にはらもうとする「重さ」です。
外にはらもう とするという事は
ボールが飛んでいる方向とは立体的に
90度も、それ以上異なる方向へとかかる重さです。

腕も含め、先端に重さの集中しているゴルフクラブを
ダウンスイングで下に振ろうとすれば
その振った方向のその重さに引っ張られ、
当然右サイドは下がります。
振る速度を増やせば、下がる量も増えます。
どんどん左足上がりのライ、
その左足上がりの度合いは増えていくのと同じです。

ヘッドを振ってしまう人にとっても
そうでない人にとっても
実はヘッドの重さは
グリップをよくも悪くも動かす作用が強い
という事は同じです。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)

グリップとヘッド
ヘッドの方が上にある時は
グリップを下に押す力が働きやすいですが、
逆に、ヘッドの方が下に入ると
グリップを上げる働きが増します。
と同時、ヘッドに遠心力をよりかけた場合
定点であるボールを打つのには
その反対の方向に引く調整が必要になります。

となるとヘッドを振ったスイングで
ボールを打つのは 体でボールを左後方(斜め上方)に
引きながら、そこで腕を伸ばそうとすれば
反射的に前傾姿勢を無くしながらインパクトする
という事になりがちです。
アマチュアのインパクト直前にひょこんと伸びる
ひょこんと立ち上がるような…典型的な例…ですね。

遠心力を増せば増すほど、
より左サイドが上がり、より前傾姿勢を失い
もしくはより右サイドが低くなり
右腕の曲がった状態でのインパクト…
製品の元のロフトは右腕が概ね伸びた時のロフトです。
右腕が曲がった状態とは即ち大きく増えたロフト…になります。
飛びそうにありませんよね。
4289f9fa-s

もしくは練習によって培ったその
ヘッドを振り回すスイングは
空中にあるボール=ティーアップしたボールは
何とかなっても、地面にあるボールとなると
その打法がうまく適用できず、
ドライバーはそこそこ飛んでも、アイアンが。。。
となりがちです。

叩いた分飛ばせるスイングにしたくないですか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフのスイング動作は
人間の背骨を軸とした回転…
回転と言うとあまり良いニュアンスになり難いので
『体の向きを変えるシンプルな動作』です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

体の構造は 背骨と言うのは
体の厚みに対して後方 後ろの方に位置し
人間の内臓などが収まった重たい胴体は
それよりも前の方に位置している訳です。

ですので 背骨を軸として右を向けば
その重たい胴体は右の足上、右の股関節に多く
重さを掛けるようになり、
左を向けば、左の股関節に重さが多くかかります。

ですので 左右の股関節は
背骨の真下に存在せず、左右に離れたところに位置しています。

その体の構造があるから
ゴルフスイングがそうなったのか…
それともゴルフスイングの為に
体の構造がそうなったのか…  冗談です。。。

それほどゴルフスイングは体の構造に沿った
当然ですが、そうなっています。

人間の意識の高い、五感の集まった顔の部分は
背骨の延長線に位置する後頭部から
頭と言うか、顔の厚み分 前に出ています。
ですので、ボールを見ないでシンプルに体の向きを
変えるというのであれば、
顔の位置は 右向きの時と左向きの時では
顔の表面、例えば目の位置は
顔の厚みを半径、顔の厚みの倍分 位置を変える
移動することになります。
スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)

体の回転があまり得意ではない方は
是非 体の向きに沿って
顔の向き、目線も変えてみて下さい。
「ボールは見なくてもいいんです。」

いままで さんざんボールを見てきて
ボールを見つめて打ってきて
何か素晴らしくいいこと無かった訳ですから…。
止まったボールを止まったボールのように打つのなら
特に見ている必要はないんです。
どうせ 見ていても修正は出来ませんし、
ドライバーのインパクトは 1/3000秒です。
見えませんよ。

それは兎も角、
体の向きを変えているのに
体重移動がうまくできない。。。というのは
実は 体の向きの変更そのものがうまく出来てないんです。
肩甲骨を動かし、胴体を捻れば
その動きに体重移動は伴いません。
その「疑似」回転行為と体重移動の行為を
あの忙しいダウンスイング⇒フォローに
しよう!とトライしてきて 身に付きましたか?
難しくありませんか?

体の向きの変更がイコール体重移動 の方が
それよりはずっと簡単そうじゃあないですか?

それはまず 体の向き 胸やへそ、秀二の向きとともに
顔その物を動かしてみることから始めて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュアゴルファーは
スイングの円弧と言うものにこだわっています。

実はこの円弧は スイングの基本姿勢に前傾姿勢というのがあり、
動作として体の向きを変えるから生まれるのです。
スナップショット 6 (2013-06-22 0-33)

ところが多くのアマチュアゴルファーは
その円弧を自分の腕捌き、クラブ操作で描いてしまいます。
それが正しいと信じているのです。
アマチュアゴルファーがスイングを研究していく過程で
目にする写真や動画から そんな答えに行きつくのだと思います。

クラブを振ってしまう
ヘッドを振ってしまう
腕捌きでの円弧〜スイングプレーンは
ボールを飛ばさない秘密がたくさん隠れているのです。

ゴルフクラブの距離というのは「ロフト角度」
インパクト時のロフト角度 によって決まります。
このインパクト時のロフト角度とは 
実はクラブヘッドの製品のロフト はほんの一部で
ヘッドの入ってくる角度(入射角度)や
体の姿勢 左右の方の高さ関係などで構成されます。
多くのゴルファーは
目に見えるインパクト時のヘッド姿勢ばかりを
気にして、手先でロフトを造ろうとしてしまいますが、
それよりもずっとインパクト時の体の姿勢の方が
影響として大きい訳です。
41cce488-sこんな姿勢でインパクトに入っては
30度のクラブもウエッヂになってしまいます。
しかも この姿勢では入射角度も緩くなり
打ち出しが高く、スピンの多い球になり
ボールの速度が上がらず、エネルギーが距離になりません。

クラブを振れば振るほど
自分ではボールを打撃するエネルギーを増やしたつもりの
その遠心力が、体の姿勢を左側上がりを造り
しかもその遠心力と握力との戦いになります。

困ったことに振れば振るほど その度合いは大きくなりますから
振っても振っても距離は増えない という事です。

極端な比較であれば
12度のクラブを平らな所から打つヘッドスピード35msの人に
10度の製品ロフトのクラブを25度にして打ってしまい、
なおかつ20度も左足上がりのようなインパクト姿勢で打つ
ヘッドスピード45ms
の人が飛距離で負けてしまう可能性が
少なくない訳です。
クラブを振って実質ロフトも増やし
左足上がりから打つのと同じ状況を造りだしている人が
飛ばないからと言って、ロフトを1度減らしても
殆どさは生まれないでしょう。
製品ロフトの1度の差ではそれを到底埋めつくせません。

クラブを振って、ヘッドを振って
スイングプレーンとやらにこだわるゴルファーは
ヘッドスピードにもこだわる訳ですが
その打撃方法では振れば振るほど労力との対比で
飛距離が落ちるとも言えるのです。
スナップショット 5 (2013-05-13 20-43)
で、やっぱり一事が万事なのですが、
クラブを腕で振り回すゴルフをすれば
◆振り回しやすい軽いヘッドのクラブを選び
(クラブに破壊力のないもの)
◆振り回しやすそうだからと細いグリップのクラブを選び
(握力に対し、細いほどチカラが必要です)
◆振り回しやすいから軽く感じるシャフト
(つまりスイングの役立つ柔らかさでないこと)

クラブの個性というか、機能を目いっぱい薄めたものを選び
その上で クラブヘッドの機能として大切な個々のロフト角度まで
自分で造りだして打ってしまう訳ですから、
それであれば クラブなんてどれを使っても一緒です。
最後は
「ゴルフは腕だよ」って話になる訳ですが、
それじゃあ あまりに悲しくないでしょうかねぇ…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

質問です

昔のアイアンの標準的なロフトを教えてください

俗に言う アイアンのストロングロフト化

日本向けモデルだけって本当ですか?

やはりこれは、
増やして打つから減らした のでしょうか?
 


IMG_0005




    平均的なクラブのロフトは以下の通りです
   60年前  40年前  20年前  現在
 #2   22    20    19    18
 #3   25    23    22    20
 #4   28    26    25    22
 #5   32    30    28    25
 #6   36    34    32    28
 #7   40    38    36    32
 #8   44    42    40    36
 #9   48    46    44    40
 PW   52    50    48    44
 AW   --    --    (52)    50
 SW   56    55    55    56

ご指摘の通り 日本スペックだけ アイアンロフトが 現在の状況になり
 アメリカを含めた欧米モデルは 2009年モデルであっても20年前と殆んど同じです
 ☆現在でも 日本のAWやPSに当たるギャップウエッヂはオプションです


長さも含め 40年前は今の日本スペックに比べ 1インチ分短かかったので
  
ある意味 単に 4番アイアンの刻印を 6番に変えただけ とも言えるかもしれません


日本では 生涯を通しての ゴルフショット
 その 98% は練習場で  と言われています

それを元に考えると
 例えば かつて セットが #3〜SW だった頃から比べると
 現在の 話題のアイアン とか 人気のアイアン と言うのは
 #4や#5アイアンが打ちやすい事よりも

   7番や8番アイアンが飛ぶ事なのではないのでしょうか…

 全番手が打ちやすい事よりも 練習場でよく打つ番手が飛ぶ事なのではないのでしょうか…



 例えば 5番アイアンが160ヤード 打てるとしましょう
  現代のクラブ構成から考えると それから  下が7本
   160ヤードも含め それから上が 6本

   ものすごく アンバランスな気がします


 40年前の構成に戻せば 160ヤード未満 
に9本ものクラブがあることになります
  ドライバーも含め 170ヤード以上に 3〜4本あれば 十分なのではないでしょうか… 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでのアイアンセットは
番手ごとに 0.5度刻みのライ角度にセットします。
ウエッヂになっては 0.25度なんてこともあります。

市販の多くのアイアンセットは
番手ごとのライ角度は 1度刻み です。
003

実はこの差はかなり大きくて
例えば 5番アイアンを60度スタートとしましょう。
5度刻みであればPWで 62.5度
AWやSWを 62.5度か63度にセットできます。
ところが市販アイアンセットの 1度刻み であると
PWで65度、AWになればもっと…かも知れません。

ライ角度はそれぞれの人の構えに適して、
というのも大切ですが、
同時に弾道の方向、出だしの方向に影響を及ぼします。
フェースの向き、というのは
ライ角度とロフト角度の複合体ですから
アイアンでは存在しませんが
ロフト10度のライ角に対し
ロフト45度のライ角は4倍角度効果
があります。
ロフト10度のクラブは普通近辺のライ角度であれば
あまり方向に影響しませんが、
ロフト45度以上のクラブの場合、
方向に対し、ライ角度はかなり敏感に作用します。

もう一つ ライ角度で重要なことは
クラブには動作時、重量が一直線上に揃おうとする
効果が働くため、シャフトの硬さと密接な関係にある
ということです。
ウエッヂで言うと
振動数300cpmの硬さのライ角64度
振動数250cpmの硬さのライ角64度では
動作時にはあきらかに シャフトの硬い方が
アップライト度は大きく残ります。

構え・・・にとって大切なライ角度 ではありますが、
自分の使う「シャフトの硬さ」に応じて
考える必要があるという事です。


実はこの2点で
市販のアイアンセットは 致し方ない部分はあれど
致命的な問題を持っています。
アイアンセットはシャフトの硬さの流れが
ちゃんと流れていないとライ角度が数値上揃っていても
あまり意味を持ちません。
シャフトによって数値幅は異なりますが、
市販のアイアンセットの主流になっているスチールシャフト
特に軽量スチールシャフトは
長いものから短いものに行くにつれ
数値が流れておらず、
よりシャフトが硬くなっていく
セッティングが多く
・・・・・殆どの状態です。
つまり ライ角度の影響、方向への影響が
激しくなる短いクラブほど
シャフトが硬く、そして 1度刻みであるため
より アップライト効果が残ってしまい
ちゃんとセッティングされたクラブに比べると
より左に引っ掛かり易い状態になってしまっている
という事なのです。
001

まあ 正直、一般の成人男性が
市販のスチールシャフトを使う
というか素材としてスチールと言う意味でなく
その「硬さ」を使うこと自体
体を痛めやすく、ちゃんとしたスイングも覚えられない
代物ですから、どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、
短いクラブは「より引っかかる」というのには
こんな具体的な秘密が隠れているのです。

これをクラブのせい ではなく
自分のせい にしてしまうと
よりスイングがこんがらがってしまうのでしょうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブに、クラブヘッドに備わっている
ロフト角度…というのは
打撃のエネルギーを その角度なりに
ボールの速度(推進力)から
回転/角度に分散させ、意図的に距離をロス させる
働きにあります。
そのロス率が一定になることがクラブごとの距離を造る
という事になる訳です。
今回はそれを実体験して頂いた方の「投稿」です。


【投稿】ロフト角度はロス率

先日 出張移動時の姿勢が悪かったため
背中の筋肉を痛めたのですが

歩けるのでラウンドしました。

3割程度の力と言い聞かせてのラウンド。

ホールを重ねていくに連れて 気付かされたのは

右を向いているうちに打つと言うことでした。
3割程度の力ですので ボールは何時もより浮きませんが
方向性が良く フェアウェーに着弾することも相まって
よく転がって ドライバーの飛距離は
いつもと遜色はありませんでした。

 

アイアンショットはちょっと事情が違っておりまして

新たな発見とでも申しますか・・・
ウェッジのロフト、長さになると 3割程度でも
ボールは浮きますし スピンもある程度効いているのですが

9番より長い番手になりますと 浮かないしスピンも少ない。

従って キャリーは少ないが ランが多く 3割ショットでも

飛距離は いつもとあんまり変わらない。
9番より長い番手になると フルショットと3割ショットで
飛距離は ほぼ同じ。

 

そうかぁ~

 

フルショットでヘッドスピードを上げても

高さとスピンに変換されるのが主であって

飛距離には そんなに還元されない。

でも 高さとスピンは ボールを止めることには寄与する。

 

ここの使い分けがラウンドの質を上げることに繋がるのかも(うふふ)

 

そして 番手毎にロフトと長さが違うのは

打撃エネルギーのロス量を番手毎に振り分けるためのものであり

距離はロス量で決まる ことを考えたラウンドでした。

 

新悶絶変態クラブは更にロス量を一定に保てる打撃を要求し

そして それが出来るクラブだと思う次第です。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが大きく、非常に大きく
錯覚、勘違いしてしまっているのが
クラブヘッドで円を描く、円運動させる?ということは
本来、ゴルフクラブをただ持って向きを変えれば
体の向きを回転していれば、結果として
クラブヘッドは円を描く
 という事です。

円運動って言葉が悪いのかも知れません。
円移動というか、円描な訳です。

ただ ただ クラブを持って向きを変えれば
基本、それがゴルフスイングです。

腕なり、頭の仕事は
クラブにも、それを持つ腕にも重さがあるので
その重さの分 留まろうとする力や
運動が伴った時に膨らもうとする力が加わるので
それを考慮にいれ、
チカラが加わらないとして 向きを変えた時に
体の動作通りに動くように処遇してあげればいいのです。

幸いにもゴルフクラブは
素直にそれを受け入れる気持ちさえあれば
それを補助し 
⇒体の動作通りに動くよう
それを促すような構造になっています。

特に多くのゴルファーの スイングの円運動の
スナップショット 1 (2015-11-10 12-07)勘違いの始まりは
←ここから始まる
インパクト前後の円の動き、
これは体が向きを変える から
自動的に描かれる
という事を忘れてしまっています。
これを横方向だけに限らず
ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
結果としては縦〜上下、ヘッドの高さが変わる斜めの円も
体の向きが変わる と言うシンプルな行動によって
描かれるのだという事です。

逆に ゴルフスイングはある意味、よく出来ていて
打ち手が自分で縦に ヘッドの高さを大きく変え
下に振ってしまい、同時に前傾姿勢を保てば
「ボールを打つことが出来ません」。

また、どこかを支点にヘッドで円を描こうとすれば
必ずその支点になる部分は運動を止めざるを得ず
結果、体の回転は腕を動かして円を描くための
きっかけ程度にしかなりません。
ヘッドを振ろうとする限り、体は止めざるを得ないのです。

特に、左右の目の位置関係上からも
どうしても地面に置いてあるボールに
「届かせたい」と言う意識から
ヘッドを上下、下方向に振ってしまう動きは
動作の遅いアプローチなどでも顕著に見えます。

ゴルフのスイングの間違いの殆どは
その概念というか、意識の間違いが根源です。


動作の修練不足や技術不足ではありません。

ですので、ほんの10m ほんの5mのグリーン周りの
アプローチの練習にスイング改善のほぼすべてが
詰まっていると言っていいです。

練習はウエッヂでなく、長めのアイアンで行ってください。
吾々の年齢では短いクラブの前傾姿勢の長時間は
あまり良いことはありません。

スポンジボールで練習するのでも構いません。

高さで言うと腰の高さ位からスタートしても構いません。

スナップショット 4 (2015-09-24 17-52)

★体の向きの変更 そのものでクラブを動かすこと。

★スタートの位置から、クラブは
 ヘッドの方が多く動く円運動ではなく
 グリップ〜ヘッドは等量、スライドして動くということ。
  ⇒体が回っているから、結果円は描きます。

★届かせるのであれば それは腕の処遇ではなく
 足の処遇であること。

★クラブヘッドはグリップよりも多く、速く動くことは
 自然な物理の法則に反すること。

これを意識してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは正しくは体の向きで動かします。
体の向きは背骨を軸とした回転動作です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

アドレスを基本として
テークバックを取っていく過程で
体の向きを変えていくと
ヘッドは「IN」に引かれていきます。

多くのゴルファーはどこで聞いたのか
真っ直ぐ引こうとして、腕捌きで
ヘッドを真っ直ぐ引いてしまいます。
正しく出来ていなくて量自体は少なくとも、
体の向きは右向きになって行くわけですから
ヘッドを真っ直ぐ引くという事は
体からクラブ、グリップを離していくということに
なってしまいます。

ほんの5mなり、10mのグリーン周りのアプローチ
この練習、ドリルでクラブの初期の動かし方(移動のさせ方)
を覚えるといいと思います。

別の記事で書きましたが、
重量は 特に運動の始まりにとっては
そこに留まろうとする「エネルギー」です。
つまり体の向きでクラブを動かす
〜テークアウェイで右を向くとき
体の向きを変えて、グリップを移動させる量分と同じ
もしくはヘッド重量分ー
それよりも少なく
アドレス時からクラブ自体をスライドさせるように
「IN」に移動させる練習をするべき です。

スローな動作で これをすることは大変重要です。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

理屈で言うと
先端に質量の集中したものを
その移動根源であるグリップの移動「量」よりも
多く動かすという事は
結果として
 グリップの移動をどこかで止めなくてはならなくなります。
これが体の向きを変更を止め、
腕〜手でクラブを動かす習慣が付いてしまう「始まり」なのです。

同時に、長い棒の先に重さのあるものを
腕〜手というあまり大きくない筋肉で動かす訳ですから
初期クラブを動かし、グリップを止め
ヘッドに付いた「慣性」を利用して
テークアウェイを取る「癖」を付けてしまいます。

これによって「重さ」の間違った使い方も身につけてしまいます。

写真を見るとわかると思うのですが、
グリップとヘッドを同じ量動かしても
十分「円運動」に見える訳です。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
視覚的に円運動を造ろうとして
グリップの移動量よりも「重さが多い」ヘッド部を
多く、速く動かそうとする「概念」がスイングを壊します。

ヘッドの方をたくさん動かそうとすると
グリップを軸にヘッドで「円を描こう」とすると
同時にテークバック時点で逆フェースローテーションする事も
覚えてしまいます。
右にヘッドを回転させ、左にヘッドを回転させる。
言葉で言えば 往復二つの動作ですが、
行きと帰りでは速度も異なりますし、
ゴルフクラブヘッドには重心位置と言って
握っている棒の延長線上からずれた位置に重量点が
存在しているので、ヘッドの構造上 右に位置している
重心が 右行きと左行き では
まったく負担感も操作感も大きく異なります。

たった5m 手で投げても出来るグリーン周りのアプローチが
スイングの基礎をよくも悪くも作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【重心距離】 ヘッドの重心… 重量の中心点
 そこから、シャフトの中心線までの垂線(垂直)な距離。

重心距離の短いモノはフェースが返り易く
操作性に富みます。長いモノはリストワークが使い辛いですが
スウィング軌道は安定しやすく、スピン量が増えるため
ボールが上がり易く、かつ止まり易くなります。

重心距離に対するこの解説では
まるで スウィング(クラブ扱い)ではフェースターンが
必須条件...のように書いてありますが
それは 全くの間違いです。

20090801 2009_09_02_14_54_45-78フレームショット

昨日かきましたが 重心距離はその言葉の通り
重さ に対する一つの指標ですから
重心距離の数値が大きくなれば 運動上は
ヘッドが重くなったのと同じですし
そうなれば ヘッドを回転させると言う
不自然な、そして不必要な動きはし辛いのは当然ですし
同じく重心距離が長くなれば、ヘッドが重くなりますから
全体の動きは一定になり易くなります。

極端な例ですが
250gのヘッド重量の 150ミリの重心距離のクラブと
150gのヘッド重量の 250ミリの重心距離のクラブとは
その実質ヘッド重量の作用は似ている と考えても
間違いではないと思います。

スピン量が増えるのも 実質ヘッド重量が増えるので
ボールを破壊/打撃するエネルギーが増えるから
作用する訳で まるでフェースターンがし辛くなるように
誘導する文言は ちょっと恣意的に感じます。

クラブヘッドには ある一定の法則があります。
フェース面で言えば ヒール側よりトゥ側の方が高く
なっていますし、ソール面もトゥ側の方が
厚くなっています。

ですから 重心距離が長くなる というのと
重心深度が深くなる 重心高が低くなる というのは
繋がりのある部分で 重心距離が長くなると
あがり易くなり、スピンが増える と単独では
言えない部分なのは、業界では当たり前の事で
それを さも単独の作用に書くのも ある種
悪質に感じてしまいます。

フェースターンと言う動作が 絶対である
という意味合いが強く含まれていて
ゴルフを憶えて行く過程の方にとっては
このように書かれていることは致命的な
迷路への案内 になってしまうと思います

ゴルフは始められる方にとっては
他のスポーツや娯楽に比べ、ややハードルが高く
始めのうちは レッスン関連の本や雑誌を
一生懸命見てしまうモノです。

遊びの用品カタログというのは、大人であっても
ワクワクドキドキしてしまいます。
まして 無料ですから 簡単に手にします。
017

ゴルフ用語や用品用語を憶えるのも 楽しみの一つ
と言えるのですから、そこに恣意的な使い方を
含ませるような文言を入れるのであれば
正しいものでなければ、読んだ人、見た人にとって
害以外の何物でもなく、後からそれを補うには
多大の労力と時間、お金も必要とします。

弊社のお客様にはいないと思うのですが
多くのゴルファーは 誰か他人の言った、書いた
言葉をさも自分の意見のように口にします。
それが あたかも 自分で調べ、体験したような
言い方で。。。

出来れば 弊社のクラブを通して
ゴルフ用語を覚えて貰うのではなく
ゴルフやクラブの扱い方を味わって
自分から産み出して貰いたいと思うのです。

長い歴史の中で、先人達の作り出した知恵や知識を
年月を経て、感じ取って頂きたいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【重心距離】 ヘッドの重心… 重量の中心点
 そこから、シャフトの中心線までの垂線(垂直)な距離。


ここまでは 客観的な事実で、異論の挟みようがない
クラブを比較したりする時に、参考になる比較データの
一つと言える

ところが、この先にその用途を示すような
但し書きというか、非常に誤った解説が付いており
これが「ゴルフ取扱説明書」の意味合いも含んでいるので
大変厄介である。

IMG_NEW

重心距離の短いモノはフェースが返り易く
操作性に富みます。長いモノは リストワークが使い辛い ですが
スウィング軌道は安定しやすく、スピン量が増えるため
ボールが上がり易く、かつ止まり易くなります。


こんな解説が添えられるのです。

明らかに支離滅裂な 誤った誘導 と言えるほど
酷い解説です。
この文言であれば、スウィングはリストワークが
必須条件のような書き方で、クラブ扱いは
フェースターンが絶対に必要なニュアンスを過分に
含んでいます。

ゴルフのスウィングはクラブからしか教われない。

自分は長年、クラブに触れ、クラブを創り、
お客様に提供してきました その結論としても
その考えはまったく揺るぎません。

なんチャラ、かんチャラ と理屈をこねまわすのも
クラブからの発信される その言語を通訳しているに
しか過ぎず 結局のトコロ、ゴルファーが
ちゃんと情報を発信してくれるゴルフクラブを持って
聞き耳(感じる事)をしていれば
そんなに長い、多い時間と練習でなくとも
クラブ扱いは身に付くし、一度覚えれば
遊び、楽しみのレベルであれば メインテナンスは必要が
無いと言えるでしょう。

では 重心距離に付いて 解説してみましょう。

重心距離はその言葉に含まれている通り
重さ に対する言葉です。
単純に考えれば (ヘッド重さ)×(重心距離) が
クラブヘッドの実際の重さ・・・使用時の重さ
とも言える訳で 同じ重さであっても
重心距離が長いもの程 重いのと同じになります。

019A9s1s

ですから もしも クラブを操作する というのであれば
ヘッドが軽くなる要素の方が 扱いは簡単になる
ということを カタログなどは曲解して書いているに
過ぎません。

そもそそ 
フェースターン
 というのはクラブを「正しく」
扱うコトにおいては 禁忌(タブー)に属する訳で
フェースを30度ターンさせるということは
ボールの飛びだす方向も30度の広角
ロフトも30度の変化...オリジナル状態から±15度も
幅をもたせ それが双方合致して動く訳では無いのです。

しかも 体の向きを変えて作るヘッドの円弧に対しては
ライ角度分 60数度 立体的に違う角度 違う大きさの円
と造ることになりますから
そのヘッドターンによって 作り出す円弧によって
スウィング自体の円弧も影響を受け、当然左右されるのです。

そう考えていくと 昨今のクラブが 誤ったスウィング概念
の元に 軽いヘッド 短い重心距離 硬いヘッドへと
突き進んでいるのも理解出来てきますし、
本来は 知恵や経験、感情のコントロールを主体とする
脳みそのゲームである筈なゴルフが筋肉と修練によって
体を酷使するゲームに変わってしまったのも
うなずけると思うのです。  

シャフトの話になってしまいますが
最近のシャフトの傾向は 如何に安く壊れないものを
作り販売するかに集中しており
スポーツや娯楽、余暇を楽しむ用品の部品というより
まさに耐久消費財と化しています。
そんな折、シャフトの動き と問うのは意味がないかも
しれませんが、 シャフトの動く総量というのは
硬さにダイレクトに関係なく 
重心距離分のみ
(正確にはそれに重心深度も加わるのですが)
なのです。
また 誤解の無いように補足致しますが
重心距離とシャフトの中心線とのズレ分 動く
とは言っても 
シャフトは動かすモノ
 ではなく
放っておくと
動くモノ
 というか ずれるモノ
シャフトの項でいつか説明しますが
シャフトは 
ヘッドを如何に動かさないか
という為に やわらかさ があるので
シャフトが硬いから ヘッドが動かないのとは
ちょっと意味が違います。
(とんちのような言葉ですがね)
シャフトが柔らかければ、使い手の不正確な動きや
雑な動き、多少の動きのミスは緩和、吸収して
しまいますし、ヘッドの重さ、姿勢、位置などを
使い手に伝える能力も高くなります。
また シャフトの持つ最大の機能である
クラブを動かす方向やタイミングの指示 などは
柔らかければ柔らかい程 大きな声で発信されます。
スウィングで力むほどのクラブからの発信は
純粋に クラブが嫌だ!そのタイミングや方向では
ない! と叫んでいるのですから
上手くいかないからと 何も「言葉を発しない」
硬いシャフトを使うことに逃げるのは 
言い過ぎかもしれませんが クラブに対し失礼な気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブなどを机の上に置き
ヘッドを浮かせたとき、
自然にヘッドの向く角度を
「重心角度」と言います。
006

重心の位置
重心距離と重心深さの相関関係とも言え
ヘッドの形状によって差異はありますが
その双方の数値がイコールであれば
重心角度は 45度の半分 
22.5度になると考えてよいでしょう。

この数値 重心角度の数値が大きいほど
ボールは右に行きにくく、左に出やすいヘッドになります。

これも重心深度と同じですが、
運動中、クラブと重心位置が一直線上に並びたがる性質
によるもので、角度があるほど それが左を向いた形に
なる訳です。

アイアンは 重心距離35 深度4mm と言う風に
かなり数値に違いがあり、重心角度は10度程度にしか
なりません。
ウッドは 重心距離35に対し 似たような深度になるので
その角度は20度を超えてきたりして、
現在はチタンヘッドの肉薄技術が向上しているため
余分な重量をヘッドの形状と関係なく配置出来るので
重心距離よりも重心深度が数値上深いものを多数あり
重心角度が30度を超えるものも少なくありません。
IMG_0103

ロフト・ライの話で出てきましたが
ドライバーなどのロフトの立っているクラブは
ライ角度による方向の変化が少なく
ウエッジなどのロフトの寝ているクラブは
ライ角度の変化による方向の影響が大きいですから
ドライバーなどの重心角度がアイアンに比べると
大変大きくなっているのは上手に相殺されています。

とは言うものの 普通にゴルフクラブを扱う限り
重心角度はあまり多すぎないものの方が
後々の影響を少なくします。

余程 右に行くのが嫌 と言う人であっても
重心角度の最大値は25度程度に抑えておいた方が
こすっても真っ直ぐ行く(度合いにもよるのですが)
 事を覚えることになるので良いですね。

軽量スチールシャフトが周流になって以来
アイアンヘッドの小振り化が進み
それに合わせて、ヘッドの体積は大きい(450ccオーバー)
なのに アイアンヘッドに吊られるように
作為的に 重心距離を抑え、重心角度
そしてライ角度もアップライトなクラブが増えてきています。

作為的に重心位置をいじってヘッドは
それによって ミスの寛容性である「モーメント」
下がっている可能性が高いので要注意です。

正直なところで言うと
アイアンヘッドもある程度大きくしていった方が
メリットは大きいんですがね…。
(ウッドとのつながりもよくなりますし
 双方の振りごたえがよくなって行きます)
スライスを防止したい気持ちは分かるのですが
やり過ぎは それから、これからのゴルフクラブ扱いに
大きな影響を及ぼしますので注意が必要です。


あと蛇足ではありますが
重心深度の深いマレット型のパターは
その重心深度が深く、ストロークが煽り打ちに
なり易いのもあり、重心深度も深いので
左に引っ掛かり易い特徴を持っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


映像などで見るシャフトの動き
一見すると ヘッドが前に出ているように見えるけれど
実は そうではなくて
よほど硬いシャフトでない限り
・・・まあ 一般アマチュアが使っているシャフトは
   その余程硬いシャフト とも言えるけれど
シャフトは S字型にしなっているもの

グリップから下 クラブ/シャフト全体は後方に下がり
ヘッド部分だけが前に出ているような形になっている。
シャフトの先端部が前に出て・・・見えるのは
ヘッドには 重量の中心点(重心)に深さがあるためで
ドライバーのような大きなヘッドであれば
シャフトの重心点は フェース面よりも
4センチ近く深い所に位置している。

遠心力が働いた時に、重量が一直線状に揃おうとする働きだ。
 ボールへの入射角度よりも緩くなり易く
 ⇒打ち出しは高く、スピンが少ない効果が働きやすい

しかし、これには罠があり
重心が深くなると その作用が強くなり
煽り打ちを誘発する可能性が高くなる。
現在主流になっている オンプレーンスイングのような
打撃方法では ヘッドターンも、ハンドターンも必要に
なるがゆえに、その傾向はより強くなり
インパクトポイントが中(右)に入り易い。
オンプレーンスイングが主流になって以来
重心の深いフェアウェイウッド
…地面からボールを打つような場合
その煽り打ちのお蔭からか 嫌われるようになっている。
ヘッドが前に出過ぎてしまうので
チョロやトップ、ダフリになってしまうからだ。

スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)


本来のクラブの働きでは重心が深いほど
ヘッドが前に出て、インパクトロフトが増える
ということがやさしさにつながっていくのだが
使い方を間違うと 重心深度の深さは
もう一つの罠が控えている。

重心が深いと そのヘッドが前に出ようとする働きから
各クラブの持っている長さによる

009


ボールを中に入れて打つので
ヘッドの高低・上下と言う意味ではアジャスト出来ても
今度は 中に入れたことによって
中途半端な位置でインパクトすることになり
今度は左右と言う意味で右に出やすくなる。

また 重心の深いクラブほど
テークバック時に手で上げるタイプの人にとっては
ヘッドが重く感じやすく、深くなり易い。
重心深度数値の小さい(1/8程度)アイアンと比べると
ぐんと開いたトップになり易いから
ある意味 ドライバーの方が苦手 というのは
実はクラブの取り扱いの問題がある可能性も否めない。

スイングの基本を間違っている ということは
本来のクラブの機能を台無しにしてしまうだけでなく
それを補おうとする人間の無駄な努力する
身につけなくてはならなくなる。

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)


これと同じように
肩を揺さぶって 振り子に振るパターストロークでは
重心の深い マレットタイプのようなパターでは
ヘッドが上に動いている時間にインパクトを迎えやすい。
パッティングは「オーバースピンを意図的にかける」という
誤解もそれを助長し、
歯で当たり易い 肩の振り子のストロークとマレットは
出玉は速くとも、すぐにブレーキがかかり
勢いほど転がらず、ショートしやすくなる。
パッティングはショートし続けると
やがて、それはショットにも影響を及ぼすことになる。

振り子のパターストロークをしている人は
「良い!」と言われているパターを使っても
その真価を利用できるとは限らない ばかりか
まあ 良い結果は出ず、長い付き合いにはならないだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブ、クラブヘッドのやさしさの目安
指標となっている用語 
慣性モーメント』
もうかなり浸透している用語だと思います。

これは 3000とか4000と言うような数値で表記され
この数値は ヘッドのミスに対する寛容性 というか
やさしさを表すもの として扱われています。
厳密に言うと 慣性モーメントとは
そのヘッドの姿勢や運動性を持続する力で
外的な圧力〜ボールのインパクト衝撃 などが
加わっても 姿勢や運動を崩さない と言う意味です。
006

慣性モーメントの数値は
ヘッドの大きさ ⇒大きくなる
重心距離の長さ ⇒長くなる(ヘッドが大きくなる)
ヘッドの重さ  ⇒重くなる

に大きく影響され、数値が大きくなります。
ドライバーヘッドで言うと
かつて 約20年前一世風靡したエスヤードの
慣性モーメントは 2300gcm2 前後でしたから
現代のヘッドの平均値 4800 はその倍
「正しく使えば」倍安定しやすい とも言えますねー。
弊社のヘッドもそうですが 数値が5000を超えるものも
現代では少なくありません。

ここからがポイントですが
そのヘッドのやさしさの目安
慣性モーメント計測は
ヘッド単体で重心位置を軸に
ヘッドがどの位回転というか、運動しにくい
と言う形で計測します。
数値が小さいものの方が回転しやすく、
数値の大きなものが回転しにくくなります。
001

シャフトを軸にヘッドを回転
フェースローテーションして打撃するような
そんな打ち方にとっては
この数値はほとんど役に立たないばかりか
慣性モーメントの数値は
ヘッドの大きさ、重心距離の長さ、ヘッドの重量
などを表す数値とも言えるので
数値が大きくなるほど
フェースローテーションはし辛く、扱う難くなるとも言えます。

シャフトが十分柔らかく
クラブを正しく扱えば
クラブ、シャフトの延長線上に
自然にヘッドの重心位置が来ます。
クラブが一直線上に並ぶということです。

このクラブを作る側、売る側と
使う側、教える側のずれ を解消するべきでしょうね。

アイアンであっても ドライバーであっても
一般的には ミスに寛容なヘッドがやさしい と
思われています。
ところがそれを数値で表しても
造る側、売る側の「やさしさ」の定義と
使う側、教える側の「やさしさ」の定義が
ずれているというか、魔反対な訳ですから困ったものです。

また もう一つの問題点は
ルールの制限があるとは言え
大きくなったウッドやドライバーは
その数値が倍化したわけですが、
アイアンは スイング破壊兵器の軽量スチールシャフトが
主流になって以来、慣性モーメントの数値は年々下がり
軽量スチールシャフトが主流になる以前、
2005年前後をがピークで
2015年のアイアンヘッドの慣性モーメント平均値は
1996年となんら変わりがありません。

ドライバーにとっては やさしさの目安である
慣性モーメントの数値は
アイアンにとっては そうではない という事になります。
nyuusy

個人的にはこの15年で
やはり クラブの扱い方、スイングの概念が
本来のクラブの構造や機能と乖離してしまったような
気がしてなりません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークバック(アウェイ)の取り方で
アマチュアの多いパターンは
コメントに頂いたように
 
クラブをあたかも後ろに放り投げるような取り方 です。

遠くへ飛ばしたいから急ぎたいのは分かります。

ですが。。。
別にリズムを無理にゆっくりする必要はないです。
テンポは「いつも通り」でいいとは思いますが
まずは ヘッドの重量は基本、
ボールに衝突するエネルギーのためにあります。
遠心力を無理やり造り出すような動かし方にとって
その重さは 握力や筋力など打ち手にとっての単なる負荷
になるだけです。
しかも 当たり前ですが
スイング、ショットの目的は
ボールを飛ばしたい方向に移動させること です。
テークバックの動きは平面上であっても
立体的であっても そのボールの方向とは真逆な
反対方向の負荷になりますから、
それを無理やり増やすようなテークバックの取り方は
百害あって一利なし なのです。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

動作として、
ゴルフクラブ〜シャフトは自分の骨盤通りに動くのが理想です。
げひんですが 秀二
(あそこ)の通りに動きたいものです。
見ていると多くのゴルファーは
先に腕でヒョイッとクラブを動かすか、
体を少し動かし、その体が止まる反動で腕を動かし、
腕が止まりはじめたら、ヘッドの重さに生じた慣性で
クラブを動かす というような三段逆スライド方式^^のような
そのどちらかを取っていますね。
どちらも クラブヘッドの重さの利用が間違っていて
勿論ゴルフクラブは人間の負担を減らすためにありますが、
テークアウェイ(バック)のような準備動作では特に
その行為は手抜きでしかなく
反動をつけるような動き方は
打ち手の自分の動きとクラブの動きが直接リンクせず
自分が動いている時にクラブはあまり移動せず
自分が止まり始めるとクラブがたくさん移動する
という 自分の動作でクラブの移動量や移動速度を管理できない
無造作な瞬間が多すぎます。

その無造作な瞬間、クラブが・クラブヘッドが単独で、
移動する最高速度の瞬間をインパクトに当てているので
もしも問題があっても 修正するのがとても難しくなって
しまいます。

テークバックで反動をつけてクラブを動かしてしまうと
その後も クラブの反動で動くことになってしまうので
途中でそれを切り替えることが出来ません。
スナップショット 1 (2015-06-29 12-35)

ドライバーなどの長いクラブを短く持ち
(シャフトの中途〜真ん中あたりを)
グリップエンドをベルトのバックルあたりに当てて
フットワークで骨盤の向きを変えるので
クラブを動かす練習をしてみましょう。
大変初歩的ですが、とても効果のある練習です。
骨盤、ベルトのバックルに対し
シャフト・クラブの角度が変わらないよう
アドレス時に出来ている シャフト・クラブの角度
仮にそれが 直角(90度)としたら
そのまま 右を向いていけるようになると
もしも クラブを腕で上げてしまうにしても(上げないけど)
それによって テークアウェイ(バック)においても
如何に腕でクラブを動かす量が少ないか
実感出来ればしめたものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

右腕の伸ばす意味、タイミングを考えながら
1時間ほど素振りをしてみました。




どうやらまだ癖が抜けずに手の動きで考えていたようでした。




今日気がついたのは、もっと腰のターンに任せるということでした。

ズボンの左ポケットを飛球線後方に向けた後、逆にフォワード方向に動き出します。

グリップは重力で地面方向に動き出します。

右腕も伸びて行きます。

ズボンの右ポケットが左腿裏にしっかり押し込まれた頃、自分の感覚ではグリップは右サイドで最下点に達したつもりですが、実際にはグリップは体の正面を通過し左腿前も通りすぎています。右肘も伸びていて、ヘッドはインパクト直前もしくはインパクト中のポジションにいる。

 

ということはここで右腕が曲がっているとボールに届かないかも・・・




右腕を伸ばす意味が少しわかった気がします。

我慢するでもなく無理に力を加えるでもない。

右肩の高さを維持するという役割。




お手紙ありがとうございます。
インパクト時、右腕を伸ばした姿勢で! というのは
ゴルフショットの基本 とも言える大事なことです。

腕の役割 というのは
説明がし難いのですが
原則論としては
体の向きの変更で移動するクラブ
これに対し、腕でサポートして 腕やクラブの重さ分
不必要なずれや遅れを造らないようにしてあげること。
あくまでも補助としての役割が強い とは思います。

ここはちょっと矛盾しているかもしれませんが
そこに到達するまで
腕で「叩ける」
利き腕を使った時により「強い球」が出せる打撃を
造っておくことも重要です。

クラブを活かして打つ
と言う意味では クラブ、クラブヘッドを振ることは
間違っていますが、
最終的に クラブを活かすために
腕を使って(インパクトより前に利き腕を伸ばす)
腕が伸びて 利き腕サイドの上半身が高い
と言う姿勢を事前に覚えておくことも大切です。

そこらへんは 段階がある ということですね。

最終論ですが
グリップは左右重なっています。
良いアドレス、良いグリップになれば
その重なりは増えていくのですが
多くのゴルファーは
「右腕を伸ばすことによって
 左グリップを軸として
 クラブそのものを押すことによって
 クラブを回転させる。」
 ⇒故に左右のグリップの重なりが少なく、離れている。
これを
「右腕を伸ばすことによって
 クラブを持った左グリップを押す。」
 ⇒故に左右のグリップは密着している。
に変えていきたい訳です。

前者は右手で 左の指の先にあるクラブを動かす訳ですが、
後者は右手で 左の手首を押すことになります。

目的が違う訳ですが、
このグリップの違いは 『アドレスの違い』にも
繋がっていきます。
前者は左グリップよりもより遠いところを
右グリップが握ることになりますから
アドレス時から右サイドが不必要に低くなっています。
後者は両グリップが密着しているので
前者に比べると右サイドが高い姿勢で始まります。

経験則で言えば
1.クラブの扱い方のイメージが変わり
2.クラブの扱い方が変わり
3.それをするためのグリップに変化し始め
4.結果、アドレスが変わっていく
という時間の経過が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


芯を食う とか、 スイートスポットにあてる
と言うイメージがありますが、
どこかに当てる と言うイメージはあまり正しくありません。

(あくまでもイメージですが…)
金槌を使うことを考えてください。
これから釘を打ちます。

e31037d85b90d95ee6f02f4ff4c67817_l


重要なことは金槌の打面のセンターで
釘の頭を打つことではないはずです。

金槌の頭の形状は釘を打ちぬく方向性のイメージを
喚起させるはずです。

金槌の頭の部分の方向性 釘を打ち抜く方向と 
頭の動かす方向を一致させることが重要なのです。

幾ら打面のセンターで釘を打っても
釘の刺さる方向と一致しなければ釘は曲がってしまうだけで
進んではくれないはずです。

ゴルフのインパクトもこれとかなり等しく 
クラブヘッドの動く軌跡にボールとヘッドの重心が
それぞれ一致するイメージが大切です。

インパクト時のクラブヘッドの重心位置とボールの芯を
結んだ線がクラブヘッドを動かしている軌跡と一致する
イメージが必要なのです。

ただしゴルフのインパクトは金槌の
それよりもいっそう三次元ですから縦横にその一致が望まれているのです。

 ただし完全に一致していなくてもおよその一致があれば
フェース面のだいたい良い部分であたれば当たる場所の
厳密さは必要ありません。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

現代のクラブは慣性モーメントが高く
ミスへの寛容性も非常に高くなっています。
パーシモン素材のヘッドや初期のメタル
(石器時代に等しい…でしょうか)
現代の慣性モーメントの数値は3〜4倍にもなっています。

実際にアイアンであっても、ドライバーであっても
スイートスポットと呼ばれる「重量の中心点」
ヘッド素材の中にあり ボールと直接触れることはありません。
(ロフトにもよりますが)
その重心点(重量の中心点)
クラブの次に動く方向・位置に左右する作用が多く
打撃時そのもののボールへの効果はさほどではありません。
移動…連続する位置変化に対し
大きく左右するのが「重心点」
瞬間である 打撃そのものの影響は多くないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿】質問を一つ。

 

今日、素振り練習をしていて疑問に感じたことがあります。

 

ダウンスイングの始まりのところです。


左足への荷重が行われ、
ワイングラスが倒れないようにシャフトが
ほぼ垂直ポジションで、左グリップは地面を向き、
クラブの重みで下がっていく時、
左サイドは引き下ろし作業に参加協力しながら
下がっていくのだと思いますが、
右サイド(右腕右グリップ)は不参加
もしくは多少の抵抗をしながら
いやいや伸びていくような感じで良いのでしょうか?
もしくは積極的に参加させて伸ばしていくほうが良いのでしょうか?


また、その際の右肩の参加状況は
どのようにすれば良いのでしょうか。


44_1_0p


質問ありがとうございます^^

まずダウンスイング始動のイメージですが
多くのゴルファーは
1.体を回してから
2.【腕で】クラブを振る
という二段階動作のように思えます。
しかし、これでは体を回すことは結果として
体が回った後、体が止まる(減速する)ことによって
腕を動かすきっかけになるだけで
体を回すという「大きな筋肉」での動作そのもので
クラブを直接動かすことにはなりません。
体できっかけをつくり、反動で
腕で円を描くことになります。
腕でクラブで円を描くことの弊害はあまりに多く、
良い点は何もないと言えます。

ですので、最終的には同時と言っていいのですが
1.先に腕(肘)を下に伸ばし
2.その後体を回す
という順序のイメージが良いと思います。
その工程を造るために
先に右腕を伸ばす感じが良いかも知れません。

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)


握り の方のグリップは
左右に重なっています。
右腕を伸ばす は実際には
クラブを握っている左グリップを押す ことになります。
左グリップを下目に押す→どかす
というのは腕そのものでどかす というより
体の向きの変更でどかす ということになりますから
それが体の向きを変える と言うスイッチになります。

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)


ダウンスイングで  先に! 早めに!
右腕(肘)を伸ばすということは
右サイドを高く維持するということになります。
右サイドを高く維持するという事は
その反対の左サイドを低く維持する
維持する時間を長く取る という事にも近づきます。

多くの悶絶ゴルファーは
腕を伸ばそうとすると、肘を伸ばそうとすると
グリップを体から離す方に 遠くに伸ばそうとして
しまうようですが、そうではなく懐の中に
腕を伸ばしたいので、肘を伸ばす〜腕を伸ばす習慣を
造るには 先に右サイドが高く
ボールから離れている姿勢を感覚的に覚え
腕を伸ばさないとボールに届かない状況を
造る方が先…かなと思います。

スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)


⇒そのためには
ダウンスイングを二段階に分け
まず右向きをしっかり作り
両腕を無理に突っ張らない程度、
グリップを体から離さず太ももの前あたりに伸ばし
それから体を回して ボールをさらう
その感じをつかんだ方がいいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ