◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2015年10月


縦にふってしまう・・・
ヘッドを上げて、降ろす・・・
下に振る・・・
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

これらのイメージがスイングを
結果として二重の円造りにしてしまい
挙句、体の向きでクラブを動かすことを
辞めさせてしまいます。

確かに トップオブザスイングの位置では
ヘッドの位置は 2メートル以上 の高さになり
地面…0メートル の低さにあるボールを打つのには
下に振らないと、ボールに届かない
ボールに届かせたい衝動に駆られるのは
理解できるところではあります。

ナゾナゾ のようなものではあるけれど
腕でクラブを振ってしまうと
その造られる遠心力に対抗することから
十中八九 前傾姿勢を失ってしまうが、
体の向きでクラブを動かせば
逆に遠心力のせいで前傾姿勢は意識を強くしなくとも
維持されやすくなる。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

故に体の向きの変更でクラブを動かせば
前傾姿勢の分、クラブを腕で全く動かさず とも
アドレス〜フルターン では 1m以上のヘッドの高さ
を動かすことが出来る。
別な言い方をすれば 前傾姿勢があれば
上半身に対しては ボールがベルトの高さにある
とも言える。

ここも知識として 覚えておかなければならないが
腕でクラブを振るスイングでは
クラブの長さ(自分からヘッドまでの距離)が
大きく変化する。
体の向きでクラブを動かすスイングでは
それに比べるとクラブの長さは大きくは変化しない。
それに加え、腕で振るスイングでは
外、外に強く遠心力が大きく働いてしまうため
それに対抗しないと 定点のボールを打つことが出来ない。
つまり 遠心力は単なる負荷
遠心力と真反対方向に動作しないといけない。
スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)

体の向きでクラブを動かせば
その遠心力を利用して打つことが可能になる。
遠心力でクラブが外に膨らむことによって
届かなそうな下にあるボールを打つことが出来る。

それを腕をつかわず、体の回転だけで
ボールをさらう練習で体験しておく
 といいだろう。

腕で円を描くと 遠心力は
スイングにとって邪魔なものになり利用できず
体の向きで円を描く(クラブを動かす)と
逆に遠心力を利用出来ること。
腕で円を描くと
クラブがクラブヘッドの重さで下に向かっている時に
インパクトに入れず、
ほぼ必ず クラブヘッドが上がり始め
それによって遠くなる分 上を向き、右サイドを
下げることで距離調整することになる。
体でクラブを動かすと
下がることそのものが打撃のエネルギー
運動の補助エネルギーとして使える
ということを実感してもらうのはいいことだと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは「結果」として、ヘッドの軌道によって
円弧を描きます。
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
スイングの"誤解"は、
クラブを持った打ち手が体の向きを変えれば、それだけで
第3者、外から見れば ヘッド軌道が円を描くことなのですが、
打ち手の多くはそれを動作として円を描いてしまう こと
(それをクラブを振る、ヘッドを振る と言います)
から生まれてしまうのです。

多くのゴルファーは
体の向きの変更と手さばき(クラブさばき)の二つの動作
によって 二重の円を描いています。
感覚的に 体の向きを変えることそのものが
円を描くのと結びつきにくいから 言えますが、
体の向きの変更に手さばきの"円運動"で
二重の円を描く ダブルの円描きは
やがて 本来の「体の向きの変更による」円の描きを
辞めて、円描きを腕に託すようになってしまうのです。

昨日も書きましたが
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1913898.html
本来、スイングの基礎姿勢〜アドレスには
前傾姿勢があるので
体の向きの変更によって 描かれるスイング軌道、円は
斜めに傾いています。
ですので、主のヘッドの高さ変化
主のヘッド軌道の高さ変化、上下動も
体の傾き+体の向きの変更 によって行われるものです。

それを、手さばきによる「スイング」「振る行為」によって
奪ってしまえば、
そのヘッドが、クラブが作る遠心力の対抗措置として
前傾姿勢を失う、という本末転倒が起こってしまうのです。

繰り返しますが
体の向きの変更そのものが円を描く
これの忘れてはいけないポイントは
ヘッドの上下変化、高さ変化の「主は」
前傾姿勢によって その円弧は斜めに傾いている
ことによって生み出される という事なのです。

ですので スイングを改変する場合
円弧を体の向きの変更そのもので行うことを
しない限り、
腕で円捌きを造っている限り
何一つ変わることはありません。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

円を描くことのすべてを
体の向きの変更に委譲できるか どうかが
一番のポイントとなるでしょう。
体の向きの変更で円を描くと
腕でそれを造るのと比べ
腕周りにかかる重さ、感触が極端に減る ため
スイングする実感が激減します。
それが スイング自体をしている実感 でもあるので
自分で円を造っている実感を失うような気になるでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングやクラブの扱いは
写真やビデオなどの視覚情報の間違ったイメージから
グリップを支点にヘッドを振るもの と思い込みがちです。

ところが、
重量とはそこに留まろうとするエネルギーとも
言い換えられる訳で、
クラブが移動するのはそれを持った打ち手が
体の向きを変える のが原動力ですから
ゴルフクラブの先端にはヘッドと言う特出した重量が
備えられている分
先端の方がたくさん動くというのは間違いなのです。

重さの特出した部分をたくさん動かす ということは
ゴルフクラブで言うと グリップの移動を止める
ということとと同じ意味です。

グリップを止める ということは結果、
 ⇒クラブを上に向かって振る 
  ⇒ヘッドの重量が使えない
  ⇒ロフトがなくなる
  ⇒体重が右に残る
 ⇒体を左に向けてから打つ
  ⇒ボールが左に飛ぶ
  ⇒体が上を向く

が必ず付いて回ります。

例えば ラフからボールを打つ時
草がヘッドに絡まるから
ヘッドが閉じ ミスになる という
まるで常識のようになったセオリーがありますが
実態は グリップの移動を止めヘッドを振ろうとする
動きが強くなるので、ロフトがなくなったり
軌道が正しく当たる場所から外れる
出会ったりするのです。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

スイングのイメージの中で
上から見た円 というのは
人間の単純な発想で縦横とイコールなので
掴みやすいのですが
前傾姿勢があり そのイメージの中の縦横に
傾きが付いているという点で
ヘッドを縦に、上下に振る というイメージの修正は
容易ではありません。

多くの方のアプローチなどを見ていても
ボールが低いところ(地面にある)というのもあり
クラブを縦に振る感覚はなかなか取り去ることが
出来ないようです。

体の向きをちゃんとフットワークで変えれば
こと 地面に対しては
体を右、左に向ければ その量に応じてですが、
ヘッドは地面から離れる
即ち 高くなる という事です。
これを 前傾姿勢分、前傾姿勢できる傾きを
基準面〜平らな面とすると
腕を一切使わず 体向きだけを変えるだけで
1206-07その面に上にすべてのものが乗って
移動していたとしても 
実際にはヘッドは地面より離れ
高くなります。
でも 動作としては体の向きの移動での
横への動作です。
動作として『上げ下げ』している訳では
ないのです。
クラブを上げたり 下げたり する事前のイメージが
スイング自体を壊し
クラブの機能を使う事を放棄することになるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブヘッドには重心位置と言うものがあります。
そのヘッドの重量の中心点と言うやつですね。
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

知っての通り 重量の中心点は
握っているグリップ〜シャフトの延長線上になく
L状にずれています。
シャフトの軸線からその重心点までの直線距離を
ゴルフ用語として「重心距離」と呼びます。
短いものであっても30ミリ(3センチ)
長いものであれば 45mmを超えます。

ヘッドを回転させる フェースローテーションのような
邪道なゴルフショットでは
この重心距離は機能として邪魔なものでしかありませんが
本来のゴルフクラブの扱い方であれば
シャフトの延長線上に その重量の中心点(重心距離)が
存在しない ⇒重心距離がゼロ
というのは ある種、ゴルフクラブとしての大きな機能
大切な機能を放棄しているのと同じです。

この重心距離は、重心距離がゼロでないことは
ゴルフスイングにとって
重量効果を増やす という機能だけでなく
ゴルフクラブの移動をガイド するという大きな機能を
持っています。

ゴルフクラブをどのように動かすかは
誰かかな教わったとしても非常に曖昧で
動作中となれば 実際の上下左右の間隔と
感覚の上下左右に ズレが生じて
望む方向と結果的に動く方向にもずれが生じやすくなります。

ところが この重心距離が存在する
重心距離がゼロでない という事を
ちゃんと利用すると 自分の意思を持った動作
筋力による移動だけでなく
クラブ自身の重さによって 
「その方向」
動かす「その方向」をガイドして貰えるのです。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

前提として ゴルフクラブのヘッドの重さが
グリップを動かす、
シャフトの役割はグリップを軸にヘッドを動かす ではなく
ヘッドの重さでグリップを動かす
と言う概念は必要ではありますが、
それをクラブによって感じることは十分に可能です。

まあ 嫌味半分ではありますが
市販のヘッドの軽い、伝達機能の乏しい硬いシャフトでは
どのようにしても クラブからの伝達はほとんどない
と言えるので 体験することは難しいですが。。。
悶絶クラブ…そうですね…
ロフトの立ち目のアイアンを使った方が分かりやすいです。
6番なり 5番でしょうか
そのアイアンを持って
20ヤードのランニング、、、転がし
をイメージしてみましょう。

動作は フットワークを使った
骨盤の回転だけで体の向きを変えましょう。
両肘は突っ張らないまでも 伸ばしたまま…。
動作には一切の加速は要りません。
大きな動作で短い距離を打つので
逆にスローモーションに使い感じですね。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

脚を使った骨盤〜胴体の向きの変更なので
前傾姿勢は残ります。
前傾姿勢があるため、胴体が右を向いている時
体の左サイドの方が右サイドよりも低くなっています。
⇒つまり その姿勢によって
ナチュラルなシャット状態が出来ています。

その状態でクラブの重さを感じてみて下さい。

左手に神経を集中させると
左手には インパクト方向に押される重さが
かかっているのを感じると思います。

悪い例ですが
手先でテークバックを取り
シャットを捨て、フェースが上を向くように上げると
理想とするインパクト方向への押される重さはなく
逆にその方向に対する阻害の重さがかかっていると思います。

その位置を探れば その手のアプローチの
理想的なポジショニングはクラブが教えてくれます。
是非トライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

爪先下がりの場合は、
近い間合いでクラブを長く持つのですか?

ボールの位置は、
爪先下がり
爪先上がり
左足下がり
左足上がり
全て左足踵線上で良いですか?
傾斜で踏ん張るために、
いつもよりスタンスを(20cm)広くした場合、
ボールの位置は左足踵線上で、
右足を20cm広げるのか、
左足踵線上に
ボールを置いたまま右足10cm
左足10cmみたいな感じで、
左右均等に広げるのか、
刷毛塗りスイングとクラブにしてから
傾斜の打ち方で悩んでいますので、
御教授お願いします。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

oお手紙ありがとうございます。 
まず 基本的に体の回転〜向きの変更
お尻や太ももなどを使ったフットワークによる
骨盤の向きの変更で上半身〜胴体の向きを変えられているか
という事が出来ているか? やろうとしているか?
ということになります。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

その上で
ボールの位置 ボールの置き位置は
「インパクト時」の体のセンター です。
スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)
特別な状況を除けば
フットワークで体の向きの変更していれば
結果として、
アドレス時の左足かかと付近が
インパクト時には体のセンターです。

傾斜地などでは
フットワークで体の回しがし辛い状況になりやすく
完全に回りきれない状況では
それに応じて センターの位置を選択する必要があります。

重さがかかり易い方向〜場所に
その量に応じて インパクト時の
体のセンターを設定することになります。
どの場合であっても 打ちたい…望ましい球
弾道のイメージはプッシュです。
   ・・・(これポイントです★)
どの場面においても プッシュを打つのに
どの位置がよいか と言うイメージが必要です。


量にもよりますが
左足下がりの場合、左に重さがかかり易いので
そのままの位置で問題ないでしょう。
忘れないでください。
右足下がりの場合は
右足の体重が残り易い、というよりは
体が上を向きやすくなるので
その分 やや右になります。
ボールの置き位置を考える場合
傾斜に応じてどの位体が左を向くか、右を向くか
というよりも どの位上を向きやすいか と言うところが
一番のポイントになります。

ショットであれば 体が上を向けば向くほど
胴体に対して インパクトボールポジションは
右に位置することになります。
フットワークで体が回せているか
というのは重要なポイントではありますが
バランスの取れる以上の距離を望んだ場合
十中十九 体は上を向きますので
イメージよりも 一個 ボールは右でもいいかも…です。


つま先上がり・つま先下がりだけに限りませんが、
アドレス時左足かかと⇒インパクト時体のセンター
を基本として、それよりも右(中)にボールをセットする
と言う意味合いは
その度合いに応じて 緊急度というか
既定の距離を打つことよりも
その場所から脱出する方に比重が置かれる
 という事です。
swing102

コースでの傾斜は必ず要素やその度合いが
まちまちで 複雑に絡み合うので
スイングした場合の体のセンターはどこになるか
そして 緊急度との絡み合いになります。

特にクラブを長くもったり 短く持つ必要性は無いというか
その必要性が出る場面は 打つことそのものが
困難な場面に当たる訳ですので、
そこから答えを探ってください。

ゴルフスイングのスタンスの広さは
ある意味 脚力と比例関係にあります。
広くすれば インパクトゾーンも取れ
飛距離を伸ばすチャンスも生まれます。
生まれますが それには脚力を必要とします。
フルショット出来ない条件下で
広いスタンスや過度に狭いスタンスを取る場合
それそのものが緊急度の証です。
ボールは イメージの中の 
インパクト時の体ーセンター +一個右
だと思います。

確かに傾斜地で打つことはたびたびあります。
しかし、冷静に客観的に自分を見た場合
その傾斜地から既定の距離を上手に打つことよりも
その前の場面でその傾斜地に打たないショットの方が
確率的には簡単なはずです。
そこへ打ったのは自分です。
傾斜地から打つのと比べると簡単なショットをそこへ打った自分
そして少々難易度が上がった状況になる傾斜地からのショット
フェアウェイから打つのと比べると
少なくとも二段階精神的な負荷が上がっています。
その精神的な負荷を計算に入れ
願望としての成功率は差し引くべきです。
まあ そう単純ではありませんが
フェアウェイから打つのと比べると
打とうとしている番手 の二番手分飛ばない距離
それが打てれば 100点満点だ という感じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


市販されている平均的なクラブでは
あまりにシャフトが硬すぎ、動きがないため
シャフトの効果である
ヘッドの重みによってグリップを動かされる
と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。

84e5911c市販されている平均的なクラブでは
あまりにヘッドが軽すぎ、
シャフトの硬さも相まって
シャフトの効果である
ヘッドの重みによってグリップを動かされる
と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。

そこで L型ブリストルパター が真価を発揮します。
このパターの持っているヘッド重量
そしてシャフトの柔らかさ
今どき 時代遅れと思われる「L型」ということが
シャフトの基本的効果を最大限に打ち手に伝えます。

このパターは
ほぼあらゆる面において
それぞれの形のパターの欠点を補完しています。
523e02d2

例えば、マレット型の最大利点は
重心が深い、と言う部分なのですが、
それは グリップを支点とした振り子のストロークにおいては
欠点にしかなりません。
重心が深い ということは
進行方向において ヘッドが前に出やすい/前に進みやすい
という事を意味します。
しかし、間違えて欲しくないのは
パターストロークにおいても
ヘッドの軌道は立体、3次元だという事です。

ヘッドが振り子の 上下〜縦の移動において
振り子の円状がきついヘッド軌道になる場合
前に出やすいヘッドは ヘッドを上に跳ね上げる傾向が
非常に強くなり易くなります。
パターやアプローチにおいて最大優先事項は
「打ちたいその距離を打つこと」です。
振り子にストロークする & 重心が深い
の組み合わせはヘッド軌道の半径が小さくなり易く
ロフト変化が激しくなります。
加えて ヘッドの上下移動、高さ変化が激しくなるため
パターヘッドの接触点も不安定になり易くなります。
BlogPaint

このパターであれば
ヘッドの重さによってヘッドが動くのでなく
ヘッドの重さによってグリップが動くことを
覚えやすくなります。

そして マレット型の形状による
テークバックの引きにくさ を解消し
ほぼアイアン感覚で動かせる高い誘導性を持っています。

ピンタイプのパターは高い慣性モーメント
ミスヒットに対する寛容性を売りにしています。

しかし、慣性モーメントとは
今している運動を、今取っている姿勢を維持するチカラ
継続する力を示す数値です。
実は慣性モーメント…モーメントはある意味重量を示す数値
でもあります。
形状出来にはキャビティであるピンタイプが 300gの
ヘッド重量で
キャビティでない L型パターが 470gであれば
慣性モーメントは勝負になっていません。
既存のゴルフクラブヘッドを計る計測器では
L型ブリストルは計測しきれない…と思います。
慣性モーメントは 見てくれ ではないのです。
010

シャフトの柔らかさとヘッドの重さ
これを使って
シャフトは グリップを動かすためのもの
というのを会得出来れば
このパターの 
転がりの良さ
直進性
安定した距離感
は他のパターでは味わうことが出来ません(自薦^^)

市販のクラブでは話になりませんが、
ショットでは 打ちたい 振りたい 叩きたい
という欲求になかなか勝てず
ヘッドの重さの指示を無視してしまいがちですが
静かに 短い距離を打つパッティングであれば
ヘッドの重さの指示を
ある意味増幅する柔らかいシャフトの
指示を感じられ、聞こえてくるのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パターストロークに限らないけれど
ゴルフクラブの移動(運動)の基本は
自分が動く⇒体の向きを変えることにあります。
009

自分が体の向きを変えるから
グリップが移動し、その結果ヘッドも動くのです。

そして、棒の先にあるヘッド(重さ)は
その重さの分だけ 移動する量は少ない
と言う認識は必要です。

多くのゴルファーは ヘッドの重さを使って
ヘッドその物を動かそうとする傾向にありますが
それはパターストロークも含めてですが、
大きな間違いを生み出します。
ショットは ヘッドの重さを使ってグリップを動かすもの です。
それをL型ブリストルパターを使って
実感できるようになるといいですね。

006パターストロークに限りませんが
ヘッドの重さで「ヘッド」を動かすと
上下(パターを横から見た時)に
円を強く描いてしまいます。
ヘッドの重さでヘッドを動かしたとき
そうなります。
これでは パターそのもののインパクト時の
ロフト、姿勢も安定(毎度同じになり難い)ばかりでなく
ボールに対する入射の角度も円を描くので
安定せず、二重な意味でインパクトロフト…
ボールに与えるインパクト効果が安定しません。

弊社ではグリップを動かして、ヘッドを動かさない
(重量の分だけヘッドの移動量を少なくする)
この動きを「刷毛塗」と呼んでいますが、
それを少しオーバーにやってみるといいと思います。
パターストロークで テークアウェイすると
ヘッドが若干高くなります。
005
その落下する力を使って、ヘッドを動かさず
グリップを動かすのです。
そこで グリップを動かすと
結果、よりはヘッドは直線的に動きますし
ロフト姿勢の変化もぐんと少なくなります。

テークアウェイで出来たシャフトの姿勢、角度を
維持したまま打ち抜く感じです。
インパクト〜インパクト以降も
ヘッドがグリップを追い越して前に出ることはありません。

パターストロークは
ボールと言う球体を転がすのではなく
物体を目標方向に

「地面に平行に」押してあげるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フェイスブックのアカウントを手違いで融合してしまい・・・
う〜〜〜ん なんだかよく分からない…
ご不便おかけいたします m(__)m

https://www.facebook.com/strike.domannaka

です。 です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 046-804-1480 
⇒ 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

424f9307



L型ブリストルパターに関して…ですが
多くのお問い合わせを頂いております。
遠方にいらっしゃる方からが多いです。
 ありがとうございます。
1447556d

特徴としましては
やはり ヘッド重量にあると思います。
市販の平均的なパターヘッド
(300g強)
に比べ
50%増しの (470g強)あります。

L型は重心距離がほかのタイプに比べ長く
昨今流行のマレットタイプのパター(重心距離0)に比べ
同じヘッド重量であっても 重量効果も高いので
より重く感じることになると思います。
004

シャフトは90g程度ですが
市販の一般的なスチールシャフト装着のパターに比べ
総重量も重たく、装着されるグリップにもよりますが
総重量で630gオーバーになります。
似たような総重量ですが、
よりヘッドに重量が集中しているという事です。

50%増しの 470gのヘッド重量の効果は
想像よりも強烈で まず ボールの転がり というか
伸びが段違いです。(手前味噌ですんません)
あと コースの生きた芝の上で使うと実感されると思いますが、
直進性がすごいです。⇒→⇒→⇒→⇒→
ここまで 真っ直ぐ転がるパター は
他にはないかと思います。
ショーとパットであれば
カップの中に打たないと真っ直ぐ抜けちゃいます。
003

シャフトの柔らかさにも要因がありますが
このパターの強み、このヘッド重量の強みは
テークアウェイ、テークバックの動き出しがしやすく
まず イップスになることはないです。
逆にこのパターを一度手にしてしまうと
市販のパターでは 動き出しが非常にしにくくなり
ヘッドの軽さからか テークバック〜ダウンスイングの
ヘッド軌道がループするようになってしまいます。
007

シャフトの柔らかさはヘッドではなく
そのシャフトの柔らかさを使って
ヘッドの重さでグリップを動かせるようになると
より一層 転がり〜直進性 は良くなってきます。
小さなストロークでかなりの距離が打てるようになりますから
無駄なパットを大幅に減らせるようになります。

ヘッドで縦に円を描かなくなり
目標方向に対し 地面に平行にボールを押せる
そんなイメージを持てれば
 パター グリップ を移動させるスピード と
 ボールの転がりのスピード
が非常に近いものになり 距離の管理(コントロール)が
大変しやすくなります。
距離の管理というのが ショットもそうですが
『パターストロークの肝』 ですから
慣れてさえ来れば パット数を大幅に更新できるように
なるのは 保証^^致します。

パットが安定すると
アプローチなどのショットに余裕が生まれてきますから
ゴルフの組み立てはより簡単になって行くと思います。
008

決して安価なパターではないですが
全くサンプルになるもののない状態から
一からパターヘッド、パターシャフトを造り
一年半に及んで十数回の削り直し、試作、テストを
繰り返した パターの中では素晴らしいものだと思っています。
是非^^ ぜひ^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターの最大の特徴は
そのヘッド重量にあります。
市販の平均的なパターのヘッド重量は300g強
L型ブリストルパターのヘッド重量は470g強
749d4652

このヘッド重量を活かすのには...
まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね

パターヘッドを真っ直ぐ動かす
という事を勘違いしないことだと思います。

ショットやアプローチも同じですが、
一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です
一定した距離を打ち続ける
という事の基本は 同じロフトで打てるようにする
という事です。
2595cdb2

パターストロークでいうところ
アドレスした目線(上から)で パターヘッドを
真っ直ぐ動かすことが重要ではありません。

c534b357

このラインから見た時
523e02d2パターが「出来るだけ」真っ直ぐ
まあ やや斜め上からのラインになる感じですが
この パターヘッドを横から見たラインで
出来るだけ「円」を描かないように
パターヘッドを動かすことが肝心です。

それをするために
第2のこのパターの特徴を利用するべきです。
このパターは市販の平均的なパターに比べると
異様に「シャフトが柔らかく」なっています。
スチールの装着された市販のパターの平均的シャフトの硬さは
 振動数300cpm オーバーです。
L型ブリストルの振動数は 180cpm前後 です。
bf312f18

多くのゴルファーが勘違いしている
シャフトのしなりでヘッドを弾く(ボールを弾く)
と言う使い方では このシャフトの柔らかさは
より弾きやすく、同時にヘッドがより円を描きやすく
ロフトが一定して打つことがし難くなります。

ゴルフクラブの使い方の基本は
グリップを移動させることです。
そして その結果、でヘッドを移動させる ことです。
シャフトの役割は ヘッドの重さ、その形状によって
グリップを動かすことにあります。
25926758

ヘッドの重さでグリップを動かす
ヘッドを出来るだけ地面に平行、もしくは
横から見たヘッドの状態で直線に動かす
と言う意識をすると
L型ブリストルパターの良さは発揮されると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前傾姿勢があり、「ちゃんと」フットワークによって
骨盤の動かし、その上に乗っている胴体を捻らず
一体に向きを変えると
グリップエンドは体から離れず
インサイドに移動します。
(アドレス時の後方、背中側〜ボールから離れていく方)

と同時に、そのグリップエンドは
前傾姿勢の傾きの分 斜め上…
前傾姿勢に対し垂直な面上を移動することになります。
b440d398
結果として、
腕を全く動かさなくとも
体の向き「のみ」でクラブを動かしていれば
フルターンした際、
アドレスに比べると グリップエンドの位置は
15〜25センチ位地面から離れる(高く)ことになります。

それと同量、クラブヘッドは地面から離れます。

ここでの注意点も
左腕と胸なり、ベルトラインとの関係は変わらず
上から見た時に 両腕で作る三角形の形は
そのまま維持されます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

前傾姿勢で右を「ちゃんと」向いた時
左サイドの方が右サイドよりも低くなっています。
靴を除く 体のほぼ全部の部位がその関係になっています。
そして、その分
クラブフェースは地面に対し、シャットな状態
になっています。

ここまで出来れば
この状態からアプローチすること 可能ですし、
これをアプローチショットの基本にすべき です。
ここからが本題なのですが、
それが守れれば 自分の動作速度そのもの が
クラブスピード…ヘッドスピードになるので
掴んでしまえば 距離コントロールが容易 になります。

前傾姿勢などの話は別にして
ヘッドを振って、もしくは肩を揺さぶって
スイング…アプローチする限り
ヘッドが動作とは関係なく、任意というか
無造作に動く瞬間、動作速度と関係なく加速する瞬間
インパクトするような打撃では
偶然を除いて、距離管理をすることが出来ません。

フットワークで体の向きを変える
⇒グリップエンドと体との距離感を変えない
⇒上から見た時、両腕で作る三角形の形を変えない
⇒前傾姿勢分、ヘッドやグリップが高くなる
⇒右を向いている時、その分シャットになっている


 ここまでのチェックポイントです。

スイングの中で
ここまでの部分はとても重要で
ボールを打たずとも、素振りの時点で
以上のチェックポイントがクリア出来れば
スイング全体の半分クリアしたも同然です。
その位、重要です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレスからテークバックの初期動作〜テークアウェイ
「ちゃんと」フットワークで骨盤を動かし、
上半身を捻らず、肩を回したりせず
クラブを移動させる、シャフトの向きを変える
という事が出来る、もしくはそれを「真面目に」やろうと
する前提で話をします。

そこの部分で、肩だけを回し、上半身を捻り
腕だけで動かしているひとにとっては
何の役にも立たない記事です。


フットワークを使っての体の向きを変更は
スイングを上から見た場合、
グリップの移動はどの量であってもゆるやかではありますが、
結果として、必ず円状の曲線を描きます。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

アドレス時にあるグリップエンド、グリップ(人間のこぶし)
は テークアウェイの量にかかわらず
始まれば 必ずボールから
上の写真上で言うと下側に離れます。
別な言い方をすれば、必ずグリップエンド、人間のこぶしは
インサイドに動きます。
体の向きを 「ちゃんと」フットワークによって
骨盤を動かし、その結果上半身が向きを変えれば
グリップは真っ直ぐに移動したりせず
必ず インサイドに、アドレス時の背中側に
ボールから離れていきます。

たった30センチの動きでも
ここは重要なので
幾つかチェックポイントがあります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

まず アドレス時で出来た
胸なり、ベルトなり、骨盤なり と
左腕の関係が変わらないこと。
アドレス時の胸の左腕の関係(角度)
筆記体の「L」のような関係の腕と胸の角度が
そのまま変わらず動いていること。
上半身を捻って、肩だけ、腕だけで
クラブを動かしてれば その角度は必ず「詰まり」ます。

もう一点、その始めの30センチ…50センチの動きを
腕や肩、上半身の捻り で行っていると
へそとグリップエンドの距離が変わる…離れます。

例えば ティーに紐をつけて、
そのティーをグリップエンドに差し
紐をベルトのバックルに縛る
 と
腕、肩、上半身の捻りで動かしていると
その距離が離れるので グリップエンドからティーは抜けます。
001 (2)

ここのところ、出来る 出来ないは
ものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く
重要なので、一度試してみてもいいでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


分かり辛い内容かも知れないけれど
とても大切…というか、重要な部分です。
何回か繰り返し読まれるか、分からない部分
記事にも出来ますので 質問をください。
いつにも増して辛辣な内容ですが、重要な部分なので
ご理解くださいませ。

スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)


ゴルフのスイングには
前傾姿勢と向きの変更 というのがあります。
多くのゴルファーはアドレス時には存在している前傾姿勢 を
クラブを持ってスイングしてしまうと、
結果としてインパクト時には失ってしまいます。
前傾姿勢を失ってしまいます)
誰もが失いたくない、失わないようにしよう と
思ったり、心がけていても ほぼ必ず失ってしまうのです。
複合した原因はあるのですが、
決定的な原因はこれからの話に含まれています。

前傾姿勢がなぜ必要か
何が重要か と言うポイントから話したいと思います。

前傾姿勢は 地面にある、地面に置いてあるボールを
遠くに飛ばすのに、
打ち手が背中やおなか、お尻、脚などの
大きな筋肉を使ってボールを打てる ためのものです。

前傾姿勢があるから、
単純な体の向きの変更と言う本来「水平」な運動を
斜めの「高さ変化」「高低差」を内包した
運動に変化することが出来るのです。

スナップショット 4 (2015-04-06 2-09)

前傾姿勢がなく、腕の振り、腕の使い方で
スイングを斜めに傾いた軌道、スイング軌道に
してしまうと、大きな筋肉でクラブを動かすことが
出来ないばかりでなく、腕の筋肉も
自分で作り出す遠心力×クラブの長さ×ヘッドの重さ
への「対抗力」として多く使われてしまい
チカラやスピードの増減がそのまま比例して
飛距離の増大に結び付けられません。


また、クラブを持ち替えることによって同じ力加減で
距離を打ち分ける構造(ロフト角度)があるため
それを腕で円弧に振ってしまうことによって
その角度の機能を台無しにしてしまいます。

ここは一度全員やってもらいたいのですが
少々長め、ロフトの立ち目のアイアン(7番くらい?)を持ち
練習場やお家で ちょっとしたアプローチのイメージで
10ヤードなり、30ヤードなり打ち距離感で
スイングします。

この際、絶対条件として
フットワークで骨盤ごと体を動かすこと!

正直、プロも含めたほぼ全員のゴルファーが
ここで脱落します。
私の目で、フットワークで骨盤を動かし
胴体〜上半身を捻らずに 50センチ〜1メートル
テークバック取れるゴルファーはいない!
と言えるほどの確率です。
9割9分9厘のゴルファーが
この50センチ、いや30センチのテークバックを
肩だけ動かして、体を捻って行っています。


⇒この時点で
インパクト時の前傾姿勢を失うのは確定します。

623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

ゴルフのスイングは必ず総体的なものです。
前傾姿勢によって
高くなったヘッド と 地面にあるボールを打つ
と言うのは結び付きます。
下に振らなくても地面にあるボールを打つことが出来る
という事です。

ところが 下に振れば必ず前傾姿勢は失います。
その逆 前傾姿勢を失えば、下に振らないと
地面にあるボールを打つことは出来ません。

ここの30センチ…50センチを
ちゃんとフットワークによって骨盤を動かし
体の向きを変えることによってクラブが動かせるように
なれば、それだけでスイングは完成の扉を開けられる
スイングの半分は完成を言っても間違いではありません。

   。。。まあ たぶん 出来ないでしょう。

そこ部分 ほぼ全員の人が肩だけを回し
体を捻って 腕だけで動かしています。
それを一切! 全部辞めて、全部捨てて
脚だけでクラブを動かそうという強い意志を持って
やっている人はいない と言うほどの人数です。

自分の…肩を回し、上半身を捻る動きに
 フットワークを加えただけで
やる真似をしているに過ぎません。

ベルトから上を一切使わず
クラブの向き、シャフトの向きを変えられない
たった…30センチ…50センチ
クラブの向きを10度 20度変える小さな移動、
ヘッドを移動させることを上半身でなく
フットワークですることが出来ない。
うまく行かなければ途中で辞めることすらできる
その動きを出来ない人は
スイングを変えることは不可能です。

逆に言えば それが出来れば
  いろいろなことが解決していきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
まずは この映像をご覧下さい
90センチ位ティアップしたボールに対して 普通にセットアップ/アドレスしてみました。  ボールの位置は90センチですから ベルトなり へそなりの高さの筈… ですが 実際にやってみると顔の前 目の前にボールがあります

感覚的には 頭より高いところにボールがあるような感じがします。
このボールの高さを打つのには この姿勢は 全く適していません。
このティーの根元を打つような そんな感覚にとらわれます。

 また クラブを持っている腕
  その腕のはえている体と言うか 肩と言うか
   その部分から ボールまでが近過ぎて
    このボールとの間合い
     では このボールを打つのは 至難の業です

このボールを ある程度遠くに飛ばす為に ボールを叩く為には
 クラブを動かさなければなりません
  そうすれば クラブは重くなり 遠心力が働くので
   多分 腕は 意志とはあまり関係なく 伸ばされてしまうでしょう

この位置関係では 自分のこぶしで ボールを打つ感じです
腕だけの長さでは届かなそうだし… かと言って クラブは長すぎる
なんとも 中途半端は ボールとの間合い と言って良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット ですから 傾斜地に止まっているようなボールを打つ姿勢と 間合いが必要になりますよね…
実際にこのような条件下でボールを打つ場合には
クラブのロフト角度に注意して下さい
ロフトが多い(寝ている)方がやさしく感じますが
この 高さを打つとなると ロフト と ライ角度の本来の機能を失ってしまいますので ロフトが多いほど クラブは左を向いている事になります
 少ないロフト(立った)ロフトのクラブを短く持つ事をお薦めします。

それでは 上の画像の骨盤/股関節から上の部分をカットし
 30度傾けてみます 二つを良く見比べてみて下さい
lesson 2009_10_31BlogPaint














上の画像は へその高さまで ティアップしたボールに 前傾なし
           セットしている絵、 
下は  地面に置いてあるボールを 前傾あり でセットしている絵

ヘッドとティー 画像奥のキャンバスの傾き を良く見て下さい

微妙な違いはありますが もしも 後ろの背景は全く同じだったら
 騙されるでしょ…

へその高さに ティーアップし それにセットしたクラブ 上半身
 それを 30度傾けただけ  あれ?  ボールの高さって?
  下がったの?  ただ傾いただけ?
   90センチ ティアップされたボールを打つの?
    それとも 地面に有る ティーの根元を打つの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事にも書いたけれど
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1913189.html

自分のクラブのソールとフェースには
まるで 事件現場の証拠のようにくっきりと
自分のショットの痕跡が残っている。

左にボールが行きやすい、行き過ぎる と言う悩みにおいては
★ソールの傷がヒールに集まり
★フェース面上の打痕もヒールに多ければ
おそらく ライ角度をややフラットにすれば解決するだろう。
2009年10月20日_IMG_0980

ボールが右に行きやすい 行き過ぎる と言う悩みでは
★ソールの傷がトゥに集まり
★フェース面上の打痕がトゥに集まっていれば
ライ角度をややアップライトにすれば解決するだろう。

ライ角度の場合、調整できる、出来ないにかかわらず
後々 知らず知らずのうちにアドレス時の
ボールとの間合いや置き位置などが変化することには
少々 注意を払っておく必要がある。


ウッド系の飛距離アップを望む場合も
一度 ソールの傷に注意を払っておくべきだろう。
ソールは リーディングエッジ(フェース側)
トレーリングエッジ(バンス・後方側)のに方向に対し
地面からボールを打つフェアウェイウッドの場合
理想的にはリーディングエッジ側に傷が多く
後方(トレーリングエッジ)は地面に触っていないのが望ましい。
トゥ〜ヒール方向に対しては
ソールの一番膨らんでいるところから辺り…
平均的なFWの形状であれば 4:6位の位置で
リーディングエッジ側にソール傷があるのが
望ましいでしょう。
019A9s1s

ティーアップして使うドライバーの場合
ソールにはっきりした痕跡が少ない
目だったソールの傷がないことが望ましい。
ティーアップして 空中に浮いているボールを打つ
ドライバーのソールの傷が多い場合は
その傷は トレーリングエッジ(後方側)に
集中しているだろう。
後方に集中している場合、
おそらく その使い手はやや距離不足に悩み
弾道がやや高いか、スライスに悩んでいる可能性は否めない。


少々問題なのは
ソールの傷の位置とフェースの打痕の位置が
大幅にずれている場合だ。
この場合は おそらく…
シャフトの硬さが合ってない
 十中八九 硬すぎるゴルフクラブを使っている
 もしくは 使ってきた代償 と思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ライ角度は大切なものなのは確かです。

最近のドライバーは一時流行った(随分昔かも…)
フックフェースのドライバー
  (ドライバーのフェースの角度が左を向いている)
が姿を消し、かなりアップライトなドライバーが
増えてきています。
20年前は 45インチで57度位が普通でしたが、
そのフックフェースのブーム消滅。。。と比例し
いまでは45インチ62度、63度も珍しくなく
なんと ライ角度65度を超えるようなものまで
出てきています。
006

でも実は ロフト角度のちいさなもの(立ったモノ)の
ライ角度の実質効果はほとんどなく
ロフト10度だとすると
ライ角度が3〜4度変わっても
飛ぶ距離に対し1%程度しか左右の方向に対する
影響はないのです。

200m飛ぶとして4m弱しか影響はないのです。

ロフトの立ったものに対するライ角度の影響力は
見た目、右を向いていない と言う安心感
が一番強いのですが、
過度なアップライトは
自然な時間の中でボールとの間合いが詰まり
前傾姿勢がなくなり易い と言う弊害も含んでいます。

ロフトの立ったもの
そうですね。。。30度位…6〜7番アイアン辺りまでは
ライ角度の方向に対する実質的左右の方向に対する
影響はほとんどないと考えてよいと思います。

ところが ロフト40〜45度辺りを超えると
ライ角度が1度左を向くと
フェースもそのまま「1度」左を向くことになります。
ウエッヂなど50度超えるものはもっとです。

ロフト45度を基準にすると
ライ角度 1度 の影響は
飛ぶボールの距離に対し 5%以上左右にずれる ことに
なるため、注意が必要です。

ただ ここで非常に注意が必要なのは
確かに それぞれの人の構えに対するライ角度という
静的なライ角度は重要ですが、
インパクト時の動的なライ角度には
シャフトの硬さやヘッドの重さなどが関与するので
それらをちゃんと考慮してライ角度を設定するべきです。
1601112_290033061153432_491263581_n

ウエッヂのライ角度を調整する際は
必ずソールを見て下さい。
ボールが左右どちらかに飛びやすいから
ライ角度をいじろう と思う場合、
例えば 左に飛ぶ⇔フラットにしたい
 ソールの傷がヒールに集中していない
 では
ライ角度をフラットにしても方向には意味をなしません。。。
というか ライ角度以外の要素がボールを左に行かしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


たまに見かけますが
ウエッヂなどのソールを削っているゴルファー…。
ymage

リーディングエッジならいざ知らず
ソールを削ることは
 メロンを切って、中身を捨てて皮だけ残しているような
ソール部分を削って、良いことは何一つありません。
重量も落ちる上、機能も削る分捨てています。

バンス幅やバンス角度は度合いはあるものの
双方ともに多くて、広くて、大きいほど
機能として充実していると言えます。
アイアンにおいても
 ソールの進化がアイアンそのものの進化
そして真価と言えるほど重要な部分なのです。

よくウエッヂを評価する時に
「抜けのよいウエッヂ」
と言う言葉がありますが、
ハミングバード的に重量も考慮すると
インパクト前後のぬけが良いか、どうかは
ソールの形状というよりも
シャフトの硬さ であったり
ヘッド重量 であったり
そのシャフトの硬さに対するヘッドの重さ であったり
クラブ全体としての総合的な部分がほとんどを占め
ソールの形状そのものは「抜け」とは
密接な関係にはないのです。

どんなソールの形状をしていても
クラブ、クラブヘッドの慣性が低ければ
ボールと言う質量〜負荷に対し推進力が負けてしまいます。
…ボールに対する質量敗け
ソールを削る ということはヘッドの質量を落とす
ということになりますから、その時点で
ヘッドの推進力を削っていると考えてよいでしょう。



まして アイアン全般に言えることですが
「ヘッドのぬけ」はショットの最優先事項ではなく
繰り返し同じ距離が打てることや
ミスヒットに強いことの方が ショット自体としての
優先事項は当然高い訳です。

IMG_0559


ソールの大きな役割としては
「インパクト時の補正効果」があります。

補正効果には 飛距離とミスヒットがあり
その部分においてソールは非常に役に立ちます。


また、多くの人が錯覚しているかと思いますが
ゴルフクラブをある程度正しく使えれば
★バンス角度があればあるほど
 ⇒打ち出す球の弾道は低くなります。
★バンス角度が少ないほど
 ⇒打ち出す球の弾道は高くなります。


逆にイメージしている人、少なくないかも…ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッド振ってボールを打っている人は
スライスを打たないようにするのには
ヘッドを返さなければなりません。


多くの人は体験済みだとは思いますが、
ヘッドを返して、フェースローテーションをして
ボールを打っている人が
タイミングよく「スライス」でない球を打てたとしても
それがフックとか、ドローボールに似たように球になったとしても
その左に曲がるボールは
よほど特殊なアドレス也、偶然が重ならない限り
出球はアドレスに対し 左にしか出ません。

ヘッドをたくさん動かして打つ方法では
右に飛び出て 左に曲がっていくボールを打つことは
不可能に近いのです。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)

ヘッドを振るスイングでは
ダウンスイングの時点で
かなり加速をすることになります。
写真で言うと 左から二番目のクラブ辺りですね。
このあたりで加速が強くなれば
そのクラブの延長線上に体は引っ張られます。
このままでは ボールの遠い側を空振りしてしまう…かも
ですよね。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5遠心力のかかった その反対に体を引きながら
その力を相殺しないと ボールには当たりません。
右下外に引っ張られる訳ですから
左上外に引っ張り返す必要が生まれるのです。
ですので ヘッドを振るスイングでは
インパクト前後の体がボールと正対する
正面を向く瞬間が生まれず
アドレス(正面)右向き⇒いきなり左向き
と言うスイングになるのです。

ヘッドを振っているスイングの方が
インパクトで正面を造ろうとしても
それはある意味 意図的な空振りを意味するので
ボールを打とうする限り不可能なのです。

と同時にヘッドを返す
フェースを右に向けない⇔左に向ける
というのは ヘッドがグリップを追い越すことを意味します。
413

ヘッドがグリップを追い越せば
その反対に引こうとする体は
飛球線反対に動こうとします。
そのスイングをしている限り
真似事は除いて 体重を左に乗せることは不可能です。
体も思いっきり 左を向いていますから(開いている)
例え フック回転のボールになったとしても
その体の向き通りに出ていきます。

イメージの中で アドレスを基準に
ヘッドで円弧を描こうとすれば
結果として、支点になるグリップエンドは
イメージよりも飛球線後方(右)にずれることになります。
これは ボールを当てようとする限り必然なのです。

多くの方の中にあるスイングの矛盾・・・
こんなところに答えがあるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ