◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2015年08月


ゴルフスイングで、「からだ」と呼ばれる部位は
骨盤も含めた胴体〜上半身 である。
股関節から上のこと。
b440d398

頭でわかっているとは思うけれど
この胴体〜上半身には横方向に向きを変えられるような
関節などの機能が存在しない。
各部分の遊びなどを集結させて少しだけ捩じることは出来るが
捩じりは縦横の混じった動きであることと
各部分の遊びは体の機能を壊さないためのクッションであること。

ゴルフスイングで「体を回す」とは
フットワークを主にして、骨盤、そして骨盤から上の
上半身を動かすことを指す。


スナップショット 1 (2014-01-17 0-17)

一般的なゴルフスイングを見ていると
へその辺りを分かれ目に
上半身の上の部分(主に肩)と骨盤(腰)
に回転差、ねじり差を付けようとしている
これでは安定しない上に、故障の原因になる。
体を回す動きと呼ばれてい疑似回転(捻転と呼ばれる)は
肩甲骨を動かしているだけなので
肩甲骨を動かすことによって両腕の長さが都合が付かず
苦労が絶えないこと。


⇒出来れば 股関節から上の上半身を一体に動かしたい

そこで・・・。
多くのゴルファーは
先に腰の部分を捻り、
腕やクラブ、クラブヘッドの重さを使って手抜き、他力本願で
後から肩の部分を回そうとする。
それを逆にしてみよう。

テークバックは、
その進行方向にある右ひじ
ダウンスイングは
その進行方向にある左ひじ
それを先に動かし「始める」
先に動かすイメージを持ってみよう。

それによって今まで体で覚えた上半身のねじり
上半身の肩部分の遅れ を相殺し
上半身が一体で動くようになるかも知れない。
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)

両方とも進行方向の目標方向に対し
先に肘を動かす
それをあとから回転が後追い していくようなイメージを
持つといいんじゃないかな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


99%…のゴルファーがボールをうまく打つのには
「ボールをよく見る」べきだと考えているかな
ボールを使うスポーツだとそう考えて至極当然なのかも。。。。
BlogPaint

でも ゴルフはボールは動かない。
ボールは止まっている。
自分の好きな構え、
自分の好きなタイミングで打ち始めることが出来る。

ボールを見てしまうことによって
本来、背骨が支点の軸運動の筈が
目や顔が支点の手振りになってしまう可能性は
否めないし、私の見る限り、
多くのアマチュアは実際そうなっている。

ボールを見ちゃいけない訳ではない。
でも 顔をボールが正対した状態では体の向きは変えにくい。
顔は動いて〜顔の向きは変えても
その逆(動かした方向と反対)に
目ん玉を動かすのが正当なんだけど
やはり 体を回す習慣付けをするのには
ボールから目線を切ってしまった方がいいかも。
124

体の向きの変更とともに
視界を動かせば、体の回りもずっとスムースになるし
視界を一定の面上動かせば
ぎったんばっこんみたいなのも防げる。

ボールへの目線は切ってないけど
ジャックニクラウスも、アニカソレンスタムも
ニックファルドも 体の回りと同調した顔の向きを
造っているよ。
特に アニカとファルドは現役の初期から中期にかけて
かなり大幅のスイングを改造した。
以前のスイングは今風の手振りスイングだったけど
スイング改造して体が回せるようになった。
確証はないけれど、顔の向きも訓練したかもね…。
44_1_0p

顔の向きを固定しているのに比べると
軸である背骨と顔の厚み分
テークアウェイを取ると目とボールの距離が離れる感じ
慣れるのにはちょっと時間が必要だけど
今までよりずっと
体がスムースに回せるようになるから
是非 やってみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


動作の進行方向と言うのがあります。
テークアウェイでは右方向
ダウン〜フォローでは左方向
と考えて下さい。

スイングをする際、大きな動きとして
その動作の進行方向の前輪駆動
でした方がよりシンプルに出来ます。
スナップショット 1 (2015-05-05 16-54)

前輪駆動とは右方向の動作の時には右半身主導
左方向の動作の時には左半身主導と考えるといいでしょう。

特に動作として意識することのできる
テークアウェイでその感覚を刷り込むことは
とても重要です。

多くのゴルファーは
テークバックを
左腕… 左肩を入れる ことと考えている節 があります。
その動作は実際には
体を回す〜体の向きを変える になっておらず
ただ上半身をまるめる というか「つぼめる」
動きになってしまっています。
本来は、フットワークで骨盤の向きが変わり
その上に乗っかっている胴体が動くから
結果として左腕が移動しているので
左腕が主体として動作をしているのではないのです。
テークアウェイ時は左腕は非常に受け身な存在です。
スナップショット 2 (2015-06-08 16-14)

左腕でテークバックしてしまうのは
典型的な飛ばない、飛ばせられない姿勢になり易いのです。
テークバックで体を縮め(つぼませ)
ダウンスイング〜インパクトで体を解放する
という一番胴体に力の入らない姿勢になります。
成人男性のドライバーショットの
インパクト荷重は  約1トンです。
それを支えるのには理想的には腹筋が締まった状態が
望ましいのですが、体を回さず、
左腕だけを動かす疑似テークバックは
インパクト時に腹筋が伸びた状態になり易く
インパクトの荷重を支えることが出来ません。

ですので、テークアウェイ時は
出来るだけ 右半身を主として動いてもらうと
インパクト時に重さを支えられる姿勢になり易くなります。

下半身で言うと ライトポケットバックと言って
右のお尻のポケットをアドレス時の背後、後ろに
下げてあげるような感覚です。
鼓笛隊 モデルケース-119フレームショット

また、上半身で言うと
右ひじをやはりアドレス時の背後、後方に
肘鉄を食らわせるような感じの移動が
体をより回しやすくなります。
20090801 2009_09_01_01_25_27-306フレームショット

あとここも頭に入れておいてください。
スイング動作の支点、軸になるのは背骨です。
背骨に対して、目の付いている顔面は
頭の厚み分だけ前にずれていますから
ちゃんと背骨を軸として右を向くと
例えボールを視線で捉えて置いたとしても
(まあ 体が回すのが得意でない方は
 テークバックでボールを見ない習慣をつけた方が
 良いと思います。
 テークバックを始めたら、一度視線を切って
 視界で体の回り、右向きを誘発した方がよいと思います)
その頭の厚み分、背骨と顔面のズレ分
ボールから目が遠くなります。
慣れないとちょっと怖いかもですが
意外に重要なポイントですから
覚えておいてください。
逆に言うと、テークアウェイ〜トップで
アドレスと同じ 目とボールの距離感…という事は
体は回っているのではない可能性が高いのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


超〜〜〜軽い平均的な市販のヘッド重量であっても
クラブの総重量の50%以上は先端のヘッドに集中しています。

ドライバーであれば クラブの長さは1m20cm…。
アイアンでも90cmはあります。
その先に重さの50%があるのです。
腕の長さも入れると優に2mの長さです。
その先端に50%が付いているような道具は
他にはそうそうありません。
10003407_290033064486765_134308500_n

では こう考えてみましょう。
ゴルフクラブには機械仕掛けも電気仕掛けもありませんから
打ち手の人間が動くとクラブも動き、ヘッドも動きます。
実験として
ヘッドの重さを「30キロ」としたとします。
ボールを打つ、打たないは別にして
持ち上げられないから「引きずる」としましょう。
人間が 100 と言う単位動いたとき
ヘッドはどの位移動するでしょうか?
人間が 100 という単位の「最大スピード」で動いたとき
ヘッドの最大スピードはどの位になるでしょう?

数値はわかりませんが たぶん90とか85とか
100未満の移動量、最大スピードになりますよね。

ちなみに30キロの重さのヘッドを動かすイメージは
スイング造りにとても役立ちます。
地面と引きずるとして 100動くと100とは
腕の長さとクラブの長さ分の円が地面に描かれることです。
30キロ・・・ヘッドの重さが増すと
その描かれる円はより直線に近づき大きな円になろうとします。
自分が体の向きを90度変えたとしても
クラブヘッドの作り出す円は90度未満になります。
ダウンスイング側はヘッドの形状によるグリップの「押され」
が強くなりますから、その傾向はより顕著です。
ヘッドの移動はより一層直線的になります。

スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

それが 300gになると
100以上動くのが道理だと思いますか?
重さの大小、運動量やスピードの大小あっても
重さがあることには変わりませんから
100未満だと思いませんか?

30キロのモノよりは100には近づくとは思いますが…。

その当たり前のモノの道理を壊してしまうのが
打ち手の勝手な思い込みです。
「ヘッドは速く、もしくはたくさん動かさないとボールは飛ばない」
でも、もしそれがロフトをどんどん寝かして
造るエネルギーは増えてもスピンや高さに化けてしまうと
したら どうでしょう…。
確かに同じ条件なら たくさん動かす必要はありませんが、
速く動かせるほうが距離にはなり易いです。
しかし、それが人間の動作100に対し
それ以上動かすという事はほぼ例外なく
正しく打つロフトよりも大きなロフト効果になりますから
それは勝手な思い込みに過ぎないのです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)
多くのゴルファー、アマチャアだけに限らず
ヘッドを速く、たくさん動かすことが飛ばす秘訣と
信じています。
それがよく表れているのが
 初期のテークバックです。
よくテークバックは「ゆっくり」と言われますが、
その言葉の意味はスピードをゆっくりすることが重要でなくて
手先でクラブヘッドだけを「ピュッ」と動かすことが
問題なのです。
振り遅れるとか、クラブヘッドがインパクトに遅れる
間に合わない と言う言葉を使いながら
始めのヘッドの移動の30センチの時点で
クラブヘッドだけを自分の手によって
正面からずらしてるわけですから
インパクト時はそれが増幅されてくるのは当然です。
スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)

自分の体の向きの変更によってクラブを移動させる。
クラブヘッドを移動させる。
自分の運動量100に対し、
ヘッドの移動量も最大スピードも100未満である。
多くの人はこれが信じられませんし、
理解することも難しい…とは思いますが、
これが何となく掴めてくると
飛ばすことと真っ直ぐ行かせることはほぼ同意語で、
より簡単に繰り返せること、
そしてそれには日々の反復練習はあまり関係ないこと、
ある程度の距離であれば(平均的な成人男性の飛距離)
運動性能や運動能力、年齢などはほぼ関係ないこと
などがわかってくるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


外から振る アウトサイドイン
内から振る インサイドアウト

ヘッド通る軌道を腕捌きで作っている限り
その答えは無限に存在し、そして同時に
その捌きにはフェースコントロールも必須となる。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)

インサイドアウト を「体の回転でダイレクトではなく」
腕捌きで作ろうとすると
インサイドから入れてくるのにはかなりフェースを開いて、
外から入れてくる(アウトサイドイン)よりもずっと
開いて入れてこなければならない。
これではボールはフェースで打てないから
急激なフェースターンが必要になるが、
フェースターンを急激にしようとすると
クラブは自分にまとわりつくようにインに切り込む。
それを無理やり、腕を伸ばしてアウトに…。
無理がありすぎる。。。
ボールをうまく打つよりも、軌道を造ることを
優先しているかのような打法になってしまう。
スナップショット 3 (2013-06-12 22-56)

スイングのヘッドの軌道は
本来体の回転でダイレクトに行うもの。
正しく体の回転でクラブを動かすと
そのヘッドの軌道は 「インサイドイン」になるのだが
スイングは ボールの手前
 テークアウェイ〜トップ〜ダウン ではクラブが地面に対し、
起きた状態〜シャフトが立った状態になるので、
自分に対しクラブヘッドは近いところを通っていく
(クラブが短くなっているような状態)
414

それに対し ボールより先
 インパクト〜フォロー では 遠心力もあり
クラブヘッドが自分から遠い状態
クラブが長くなったような状態になる。

これを傍から見ていると
インサイドアウト に見えるわけで
基本、クラブを体の回転でダイレクトに動かしていること
そして、普通にボールを打つのにクラブを扱う事
を双方満たしていれば
 誰でもが
「見てくれ」インサイドアウト になるわけだ。

ここでもやはり一番ポイントになるのは
体の回転とクラブ、クラブヘッドの移動が
ダイレクトにつながっていること。
多くのアマチュアゴルファーは
体の回転というのは
骨盤と肩の別々の二重の回転として
クラブが動く、移動する肩の回転を骨盤の回転とは別に
体を捻られたゴム、消しゴムのように使う傾向にある。
回転に順序がある。
これでは クラブを振りだすそのタイミングで
外から振るような形になってしまうし
それを修正するため クラブを寝かしてインから入れる
という深みにどんどんはまってしまう。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)
小さな 飛ばさないアプローチからでいいから
体、フットワークによる骨盤の回転で
ダイレクトにクラブを動かす練習をしてみよう!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「アウトサイドインに振ってる」
この言葉をよく耳にしますね。
あまり良い意味、良いニュアンスでは使われていないですよね。

一般的にはこの言葉は
スイング中、インパクト前後のヘッドの軌道を指しています。
そして、アマチュアの多くが悩む「スライス」
原因とも考えられています。

ボールの飛び出すアドレス時の目標飛球方向に対し
ヘッドが外から入ってきて、内に抜けていく
という事だと思うのですが、
これには二重の問題が隠れています。

まず、ヘッドの軌道が アウトサイドイン だった…
としても、それを単にヘッドの軌道で修正しても
問題は一切解決しません。
その軌道だけで
インサイドアウトに変えたとしても
よりフェースは開くことになり
インパクト前後でより高度で複雑、かつ高速な修正が
必要になるだけです。

スナップショット 4 (2013-05-13 21-26)アウトサイドインになる基本的な原因は
クラブを振るタイミングにあります。
まず 体を回し、
一呼吸おいてクラブを動かせば
正面を向いてからクラブを振ることになりますから
どうしたって アウトサイドイン になってしまいます。
前述しましたが、それを軌道だけで修正しても意味がありません。

そして、このアウトサイドインと言う言葉の本質は
体の向きそのもので
体の向きでダイレクトに
      クラブを動かしなさい
という事なのです。

スナップショット 7 (2013-05-14 4-36)スナップショット 8 (2013-05-14 4-36)スナップショット 5 (2013-05-14 4-35)





スライスや飛距離不足に悩んでいる多くのアマチュアが
単なる軌道のせいで その悩みが始まっていると
思いがちですが、実は根本にはクラブを体の向きで
フットワークでダイレクトに動かせていない という
かなり本質的な問題が隠れているのです。

だからこれに付随する「左の壁」なんかも
体が開かないように体の回転を止める という誤解への道を
進んでしまったりするのです。

何度も言いますが
アウトサイドインの原因は
体の向きの変更でクラブを移動
クラブ軌道を造っていないことにあります。
それを勘違いして、軌道を修正したり
スライスを防ぐために手を返したり、体を止めたり…。
基礎になるクラブの動かし方を間違っている限り
どんどん無駄な、本来無意味な習性を
どんどん重ねることになり
どんどんスイングの迷路にはまっていくことになるのです。

ドライバーでの悩みが多い訳ですが
これはやはり 10ヤード…30ヤードあたりの
ランニングアプローチで
体で直にクラブを動かす ということを
身につけていかないと そこにたどり着けないかと
思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすのに
ヘッドをたくさん動かしたいのは心情的には理解できる。
ヘッドを速く動かしたいのも心情的には理解できる。

ただ…ね  重さの使い方っていうのは
クラブにしても、ヘッドにしても、体にしても
とても一貫している。
ymage

シャフトっていうのはヒールに繋がっている
クラブヘッドのトゥ部分はヒールに対しては「重さ」だから
ヒールが動作・移動した分を100とすると
トゥはその重さ分だけ 移動量も、移動速度も
かならず100未満になる。

クラブっていうのは 人間が動くことによって
グリップが移動することが結果としてヘッドも移動させる。
グリップにとってヘッドは「重さ」だから
グリップが動作・移動した分を100とすると
ヘッドはその重さ分だけ 移動量も、移動速度も
かならず100未満になる。

ゴルフスイングで言うところの体・上半身っていうのは
股関節より上の骨盤を含めた胴体で
それはフットワークによって向きを変えるのだから
直接動かされる骨盤に対して、それより上の胴体は「重さ」だから
骨盤が動作・移動(向きを変える)した分を100とすると
それより上の胴体は重さ分だけ 移動量も、移動速度も
かならず100未満になる。

全部が共通して同じ法則になる。

厳密にする必要はないけれど
ボールを出来るだけコントロール(管理)したければ
自分の体の動きも管理したいし、クラブの動きも管理したい
管理するということは、すべて自分の動作 によって
動かすことを指す訳で
遠心力や慣性など、他力本願でクラブやクラブヘッドを
動かしてしまうことを コントロールする とは言えない。
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)

ゴルフスイングを覚えたいのなら
クラブの扱い方、重さの扱い方を考えたいのなら
フットワークでクラブを動かす ってところを
もちっとしっかりとらえて欲しいと思います。

フットワークによる骨盤の動作量>ヘッドの移動量

フットワークによる骨盤の動作速度
           >ヘッドの移動速度


これを守れるようになることがスイングを覚えること
とも言えるくらい 大事な部分なんだけど
たぶん・・・・通じないんだろねー。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日はHBSで作った最初のセットをもらって
丸3年経ったアニバーサリー。

記念日に私は横須賀にでかけました。


長年の謎だった、

「左足の土踏まず付近にあるボールに
ヘッドをアドレスして、グリップ位置が股

関節付近にある場合どうするの」が、

解けたことがまず一つ目のプレゼント 


そして、3年間の懸案、グリップ。

形はマネできましたが、それで打つことはできない。

打つための、それぞれの指の力感、押し方がわかってないのと、
相互に関連する
条件が整わず、できませんでした。

IMG_0052
昨日は、左手の親指と人差し指を使って、
中指以下3本をクローグリップに保つ

方法を知り、,塙腓錣擦董
ボールはその場で、クラブが飛ぶ〈チーム 300

とならず、打つことができました。


横須賀にあった新モンスター(使い古されている言葉ですね)
モデルの効果も相
まって、とても楽しい打感を楽しめたのでした。

とうとうアイアンもモンスター時代です。
どこまで飛ぶのか知りません。
やっぱ
り飛ぶのはアイアンでも魔力あります。

欲望に溺れました。


さて、このグリップ、特徴は、キャストできないこと、だと思います。

キャストできない、ので、
振って打つひとは、振れない、=打てないになってし
まいます。


このグリップで打って、といきなりやったら、
新しいスポーツをやるのと同じで
す。
いままでの、力感や方向感は役に立たない気がするし
(そんなこと ないん
だけど)、
目からウロコより自分を否定されて、私をバカにしているのか、と怒

り出す人がいてもおかしくありません
(実際に何人もいたのでは ないか)。

IMG_0089 (2)
このグリップ、キャストできないから、
ディッシュアングルを保ってくれます。

アプローチやパットのように小さい動きでの切り返し、
(最近テーマに なって
いました)自分の望んだところではっきりします。

いわゆる、アドレスからフルスケールのトップまでの間の
どこでもスタート位置
にできます。


良いことづくしですが、やっぱり、
これまでの自分がカワイイから、いきなりそ
れはできない、
となるのでしょう。なんか、殻を破るとか、2,3年前 のブロ

グに戻りました。


上に思い切り振りかぶって、下に力一杯振る、
からモディファイしている私は、

最初からこれを矯正しないことについて、
無理からぬことと思いまし た。動き
出せませんよ、
こんな持ち方で。

しかるべきときに、できるようになるのでしょう。
でも今日はもう昨日の感覚が

消えてる、あれれ、おかしいな?昨日できたのに。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サンドウエッヂのバンス、バンス角度ってのがありますね。
あまり数値など気にする必要はありませんが、
使えるのなら 出来るだけ大きなバンス幅、バンス角度が
ある方がいいです。
001

サンドウエッヂのバンス角度は一般的に
 12〜16度位の範囲です。

気にする必要はありませんが、適正な角度とは
その人、その人のヘッドを入れてくる入射角度
ヘッドを地面なり、ボールにどの角度で入れてくるか
によるもので、インパクト時 0度のバンス角度になる
⇒バンス角度15度 入射角度15度
そんなイメージです。

昨今では バンスが地面に干渉してしまい跳ねてしまう
と言う理由で、少ないバンス角度のウエッヂを選択するゴルファーが
いますが、あまり誉められたものではありません。

ご存知の通り、ウエッヂはゴルフクラブの中では
一番短いクラブですから、ヘッドの作り出す弧は一番小さくなります。
故にボールに対しては一番きつい角度で入射してくるはず。。。
なのですが、 バンスが引っ掛かるからと言う理由で
少ないバンス角度…例えば6度とか・・・
これでは5番アイアンと同じです。
2インチ以上も短いクラブを5番アイアンの入射角度で
入れてくるのは 上から打てていない証拠。
煽りながら打っているという事になります。
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

長さも含め、クラブの特性上
インパクト付近で地面と接触しやすいサンドウエッヂのバンス
クラブそのものの目的として
いつも似たような距離を打つ、打ちたい ということなので
このバンスが地面と接触するというのは
安定して同じロフト角度で打撃するという事に繋がりますから
バンスが遊んでいるよりも、多めのバンスで
地面と積極的に接触させ、ロフト角度のガイドとして
利用した方が アプローチは安定すると思います。

飛ばしてどうする…ってのはありますけど、
飛ぶウエッヂっていうのは バンス角度、バンス幅のある
ウエッヂのことを指します。
とは言っても 市販のヘッド重量であれば
なんであっても変わりはない…かもですね。
あの重量ではラフ、バンカーも含め
ミスショットでぐんと距離が落ちますから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフをやさしくしたいのであれば
出来るだけ柔らかいシャフトで
出来るだけ重たいヘッドの
出来るだけ「大きなロフト」のドライバー

を使いましょう。

ゴルフクラブの役割 として
今、今日、現在 うまく打てるとか、飛ぶとか、
そういう事だけでなく
それを使い続けることや
そのクラブを使いこなすことで
自分の構えや振り方、タイミングを変化させることなど
色々な形で自分に影響を与え、自分を変化させます。

例えば、軽くて振り易い と呼ばれるクラブを使えば
ヘッドの重量が無く、クラブに破壊力が少ないので、
非力な人、運動性能に自信のない人は
バンカーが嫌い〜苦手になるケースが多々あります。

本当に苦手になる と言うのに加え
精神的に苦手意識を持つことは
金額では表しきれないほどの「損害」です。

ドライバーも同じです。
001

軽くて振り易いクラブだと
出来る限り速く振らないと飛びません。
そして、速く振ると「スライス」します。
前門の虎、後門の狼をかいくぐり
上手く打てる時もある訳ですが、
多くの人がドライバーを苦手…もしくは嫌いになります。

柔らかいシャフトの重いヘッドの
ロフトの大きなドライバーは
飛ばすためには ロフトを締めて打てばいいだけです。
ロフトと締める とは
その製品ロフト通りに打てばよいという事です。
一般的なアマチュアおじさんゴルファーにとって
製品ロフトの12〜13度は決して大きすぎて無駄を生みやすい
と言うロフトではありません。
十分です。
体の回転通りのスピードで打てばいいのです。
軽いクラブ等に比べて、ずっと運動性能は低くて大丈夫です。
軽いクラブであれば、立ったロフトであっても
速く振る〜ロフトが増える と言う矛盾の中に埋没しているので
柔らかい、重いヘッドのクラブを体の回転の速度通りに打つよりも
ずっと大きなロフトでインパクトしています。
故にさらに無駄なスピード増加が必要になるのです。

そして 軽いヘッド、硬いシャフト
きついロフトのドライバーは
元々の製品ロフトがきついので
上手く打てた時に方向などのミスに寛容でありません。
6178a215

大きなロフトの 重いヘッド、柔らかいシャフト
のドライバーはミスをした時に ロフトが大きいので
ミスは高さとスピンに逃げてしまうので
距離はロフトしますが、OBなどのミスが出にくいのです。

また、そのドライバーを使い続けることによって
ドライバーの苦手意識も持ちにくく
体の回転でクラブを動かしていくことを覚えやすいので
ほかのクラブ、特にアプローチショットなどにも
良い影響があるでしょう。

クラブは必ず良いにつけ、悪いにつけ
それを使うことによって影響を与え
かならず変化を促します。
そこを意識していれば、プロであっても
高い契約料に誘われて、その後のゴルフ人生を
狂わせしまうケースは未然に防げるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あるお客様の感想レポート(口頭代筆)

eicyan-122フレームショット

そこそこ 長くゴルフをやってきました
そんなに 頻繁にゴルフクラブを買い替える
コトは出来ないので
古い 安価なゴルフクラブで
自分なりに 練習もしたつもり なんですが…

今日 初めて  が解けました

一生懸命 練習し 球数を打っても
20年前と さして進化がないし
このまま やっていても
  何の兆しも見えない…
その上 あまりに痛い
思いっきり 打つと 
痛い
ミスすると 
痛い
成果が上がらない上に 痛いのは勘弁です

自分は素人ですから
当然 上手くならない 上手く打てないのは
 
自分の腕が悪いからで
そんな自分に ゴルフクラブを投資しても
無意味だと思っていたんです

ところが 新悶絶クラブ とやら
を打つと 当たるじゃないですか…
どんな球になって
スゴイ飛んでいるか は分からないんですが
当たり方が全然違う
そして なにより 痛くない・・・

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


で 自分のクラブを調べて貰うと

 と書いてあるアイアンシャフト

振動数ってのが 307cpm
スウィングウエイトが C-7
悶絶クラブが 190cpm
スウィングウエイトが D-8
店長曰く 
 「ファイブエックス位かな?!」って
R って書いてありますよ
 
「いや〜 このクラブの R であって
  すべてのクラブの R ではないよ。」

そ そんな・・・

平均 とか 標準 と言う意味で
 という特殊ではないモノを使っていて
それが上手くいかない
即ち 自分が下手 腕が悪い
と 今日の今日まで思っていたけれど
「このクラブで ゴルフを覚えても
 ヘッドはどこにあるか分からないから
 繰り返すのは難しいし
 当たっても飛ばない上
 ヘッド重量が無いから衝撃がモロに
 手に入ってくるから 痛い よね。」
って

自分が上手くないから と
一生懸命 練習したり
技術的なコトを雑誌で勉強したり
でも なんとなく 第六感みたいな部分で
このままでは駄目だ みたいなのは
実は合っていたんだ・・・

店長曰く
「多くの人は R とか SR と言うラベルを
 信じて 自分が悪い って一方的に思っている。
 その実 それは 軽いヘッド 硬いシャフト
 単なる模造ゴルフクラブだから
 痛い上 スウィング感覚みたいなモノが
 まったく身に付かない。
 自分が下手だから と一方的に思い
 不自然な動作でも 反復練習で
 クラブ感とは関係なく 完全なる機械動作
 として スウィングを刷り込んでいる。
 多くのゴルファーは 感覚を遮断しているので
 自分のクラブと悶絶クラブの違いを
 感じられないんだよ。」

エッ こんなに違うのに?
 
「そうだね。
 良いとか 悪い 好きとか 嫌い
 振り易い とか 振り難い 以前に
 スウィング中にクラブから入ってくる情報
 を感じていたら 痛くて あまりに苦痛
 鼻をつまんで 通り過ぎる
 みたいな習慣も 長年やると
 感覚のスウィッチ そのものが入らなく
 なってしまうのかもね・・・。
 その上 距離やスコアだって
 20年経っても 大きく変化が無いから
 そりゃ クラブにお金はつぎ込めないよね。
 知らず知らずの内に
 自分自身が無機質な感覚を持ってきちゃうから
 違いを感じるコトが出来ない。
 感じていたら バッグの中に
 多種類の性格のクラブは入れられないよ。
 でも この痛いのは犯罪だな〜。」


**やらせではなく本当の実話です

  ちなみに これには「オチ」がありまして
 所有の 某メーカーのドライバー
 ご自分の R シャフトと思っていたモノに
 合わせて 購入されたそうなんですが
 ナント ナント
 
硬すぎて 振動数が測れないのです
 振動数計は シャフトのストローク(動き)
 を 上下に揺らし
 赤外線の前を何度横(縦)切るかを
 測って 一分間に何回ストロークするか
 で 硬い柔らかいを数値で判別しますが
 硬すぎて シャフトの太さ分以上に
 シャフトがストロークしてくれず
 赤外線をまたがないので 数値が出ないのです
 生まれて初めての経験です。


どもです。(後日 ご本人談)

 

Rだとおもってたのに〜〜〜

 

読ませていただきました^^

 

自分のことが書かれていますと
ちょっと恥ずかしいような気がします^^

 

昼間、休みでしたのでゴルフバッグを取り出し
バラバラになっていた
すべてのクラブを集め、磨き、そして、チャックを閉じました。

 

もう、2度と振ることもなくなってしまいますが、
苦をともにしてきた(楽がない・・・)

 

仲間を封印いたしました。 
  ありがとう(ありがたくなかったかも。。。)

 

次に仲間になる本数は少ないけれど少数精鋭ということで

 とても楽しみでありますv(^ ^)

 

メッキの件何ですけれど、メッキがしてあってつるつるのとサテンのようになってるのと

どちらのほうが変えたのがばれにくいでしょうか^^;

 

ばれにくいと思われるほうでお願いしたいと思います。

 

それとパターウッパラいましたのでアイアンが届いてもゴルフにならないような・・・・アハハハハ〜v(;;)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



練習場でのウエッジの感じに感動し、
そのまま職場に持ち込みました。
職場にあれば、OAフロア
(カーペットはお店と同じもの)の会議室で
アプローチができます。

昨日は5時早々に仕事を切り上げ、
会議室に練習設備を設定、
といっても50センチ角のカーペット材を
立てて並べ、それを的にして2mほど手前の
ところから軽く打って当てるようにしただけですが・・・

キャリー5mぐらいのイメージで
ゆっくりのテンポで打ち始め、
これが楽しくて気が付いたら7時を過ぎ、
いい歳こいたおっさんがひたすら
2時間も打ち続ける図はどうか?と
 自分でも思いました。

今日は1時間で終わってこれを書いています。
さすがに2時間も同じことを繰返すと、
練習場で感じたこと以外のことも見えてきます。



まず、切り返しの直後の早いタイミングで
グリップが左にずらされることですが、
これは、短い距離の時も同じです。
私は鈍感なせいか、悔しいけど、
どんなふうに押されているのか
よくわからないのですが・・・、

切り返しの重み、しなりを感じた瞬間、
思ったより早いタイミングで
グリップが左に押されて、
シャフトが斜めになっています。
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット

これは、ゆっくりのテンポで
打っているうちに見えるようになりました。
そして、インパクトでフェイスにボールが乗って、
ゆっくり離れていきますが、
     乗っている時間が長いのです!

その時のグリップエンドの位置は
左太ももの左端よりさらに左の前です。
同じようなことをした場合、
これまではグリップエンドの位置は
左太ももの内側の前で、自分の体力、
身体能力ではこれで十分、間違っても
腕力や手先でそれより左にずらしたくないと思っていました。



 次に気が付いたことは、
切り返しからのリリースに合わせて、
左ひざの曲げた角度をさらに深くして、
左の骨盤を低く沈み込ませていることです。
数値にすると数センチの程度なんですが・・・
これも、ヘッド重量とシャフトのしなりが
そうさせている、と思っています。

その沈み込みがもたらす恩恵は、
切り返しからインパクトに至る過程の中で、
上体が右に傾くことを防ぐこと、
それと、骨盤の左回転を制御できることです。
鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット
このことによって、右肩を下げることなく
高く保ったまま、また、右肩を前に出すことの
ないインパクトが同時に実現できます。
グリップが左にずらされ、シャフトが斜めに
なった状態では、ヘッドの位置は高くなり、
打とうと思っているボールの上を通過することに
なります。いくらトゥ・ダウンするとはいっても、
このくらいのアプローチでは足りないでしょう、
そのくらい、グリップは左にずらされています。
でも、左骨盤の沈み込みがヘッドをボールに
コンタクトさせています。



 この「グリップを左にずらす機能」は、
ロフトの立ちによる推進効果を、また、
「左骨盤を沈ませる機能」は、ヘッドの入射角を
確保することによる打出し角、スピン効果を
ボールに与えることになり、より飛距離は伸びる
ことになると思います。こんなことを感じながら、
考えながら、感動しながら、
また、納得しながらボールを打っていたら
2時間なんてアッという間、
途中、翌日の会議かなんかの設定に
何人か会議室に入ってきたんですが、
「お邪魔してすみません。」なんて言われ、
「そんなの昼間にやっとけよ!」と偉そうに言う私って・・・。

でも、今回、気が付き、確信したことは、
アプローチのみならずフル・ショットにも
必ず有効だと思っています。



 最後に、会議室の幅は7m、
チッピングをP/Sでやってみたんですが、
その転がり方は、まるでL型ブリストルパターと
同じです。ゆっくり重く転がって行きました。
終わったら左脚に鉛が入っていました。


ということでおしまいです。

これからも気付いたことなど送らせて頂きます。


 


 


 


 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




究極セットのウエッジはP/SS/W
2本が入っていまして、これがとにかく楽しいのです。


その前に、先月、横須賀のお店にお邪魔しまして、
店主殿にはいろいろご馳走して頂き・・・
その他にも大変お世話になりまして、
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。 


 その際、知り合いのお客さまが
HBS-10改アイアンと365ウエッジのセットを
取りに来店されましたので、
その出来たてのS/Wを試打させて頂きました。

お店の打席で的のセンターに向けて
シャフトが地面と平行になるぐらいで
切返すアプローチ・ショット、シビレました。
・・・ダフったわけではありません。

きれいにインパクトして低い出玉で、
ゆっくりとした球速で、
ゆっくり回転しながら、
ボールのロゴが見えるぐらいの
回転速度で的の中心に当たるのです。
えっ!これって!?
まるでP/Sの打出し角と低い球筋ですが、
球速はゆっくりでフワッとしていて
ボールの飛ぶさまは初めて見るものなのです。

打った本人は当然のこと、
そばで見ていた持主さんも
「エッ! こりゃスゲー!!」とびっくりしてしまいました。
80060a6c-s

ヘッドがマットに触らずに
ボールだけ拾う感触や柔らかい打感などなど、
ひととおり楽しませてもらいました。
その後、365ウエッジに秘められた重量とか
バウンス角のことを説明して頂き、
店主殿の思い入れみたいなものを
感じたものです。
そういったことがありまして、
今回、究極セットのウエッジが届いたことは
私にとって一大事なのです。



私にはウエッジに関するちょっとした思い出が・・・

もう、10年以上も前のこと、
いつものようにお店の打席でアプローチ・ショットを
やっていたんですが、その時のクラブが
共栄ゴルフの新作ウエッジでした。
前々から思っていたのですが、
共栄のウエッジは、どの機種もソケットと
リーディング・エッジの交わるヒールの部分が
普通に構えても、開いて構えても、
うすくアルファベットのVに見えます。
そのVの一番低い角の部分をボールに当てる というか、
Vの角でボールを引っかける感じで
打つと拾いやすくて、どんなライからでも
きれいに打てるような気がします。
そのヒールの部分の作り込みというか、
感じの出し方、構えた人への見せ方とか・・・
いろいろ考えて作られているんだろうな〜
というふうに思っていました。

 そのことを店主殿に「やっぱり、
共栄のウエッジはこのヒールのVの感じがいいですよね、
どんなライからでもボールが拾えますよね?」
と言うと、「それ、ポケットってゆうんだよ!」
と一言、そうです、その時まで私は、
ウエッジのポケットという言葉を知りませんでした。
初めて聞いて「言い得て妙」と感じ、
他のメーカーのウエッジを見るたびに
ポケットに目がいくようになってしまい、
「やっぱり共栄しかない」と思いを新たにしたものでした。



5381cd3c-s

 そこで、今回のセットですが、
いや〜いいですね〜!練習場で実際に打って、
ポケットでボールを拾える感じが
より進化したような感じで、
つかまり過ぎることもなく、
つかまり加減が絶妙というか・・・
これだと手先でボールを捕まえに行くことは
全くないことを強〜く実感しました。
また、切り返しの直後の早いタイミングで
グリップが左にずらされるのですが、
そのままフォローまで左グリップを
抜いていっても、ボールがつぶれてフェイスに
乗っかり低く出ていきます。

また、このウエッジのバウンス角は、
インパクト時のヘッド姿勢を入射角に沿うよう
保持してくれ、より直線的な動きになるように
作用してくれているようです。
これだと、左右はもちろんのこと
縦方向のフェイス・ローテーションも
絶対にやっちゃだめだよ!

教えてくれる先生みたいなものです。感服しました(^0_0^)



 


0d06b52b
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフのショットの魅力の一つ「飛ばし」
 遠くに飛ばすことのできる「ドライバー」
 …ロフト15度以下のウッドクラブを指します。
 を選ぶ時の注意点を少し…。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


手で振ってしまう人にとって
ドライバーは 真っ直ぐ生かすため振らない
遠くに飛ばすため、曲りは覚悟する
と言う二元性の高いクラブです。
この手のタイプの人は硬いシャフト
小振りなヘッド(重心距離の短い)
を選びがちですが、その際 ヘッドの重量は
ある程度あるものを探した方がよいです。
シャフトが硬い、重心距離が短い というのは
双方 クラブに飛ばすエネルギーが少ない 
と言う意味ですので、
少なくともヘッド重量でそこは補った方がよいです。

ドライバーショットのボールの衝撃は
800〜1トンを超えます。
その衝撃を緩和するためにもヘッド重量は欲しいところです。

体の回転でボールを打てる人は
柔らかいシャフト、大きなヘッド(重心距離の長い)
モノの方が適しています。
そのシャフトの柔らかさ加減、大きさ加減にもよりますが
一般的なイメージよりも
大きなロフトを選ぶとよいと思います。

☞正しくクラブを扱えると言う条件で、
 柔らかいシャフト&大きい(重い)ヘッドは
 インパクト時にロフトの立ち を造ります。
 ヘッドの重さ、形状とシャフトの柔らかさが
 グリップを進行方向に押し、ナチュラルなハンドファースト
 を造るからです。

大きなロフトのクラブは
正しく打てれば飛んで、
ミスをした時にミスが左右ではなく
高さに逃げるので、とても安全です。

また ロフト効果(ライ角度との関係)によって
見た目と違う フックフェースを造るので
右には行きにくいクラブとなります。
(良いことばかりではありませんが…)

22dfc18d-s


気持ちは分かりますが、とかく飛距離の魅力に
引っ張られ、製品ロフトとしてきついロフトのクラブを
選びがちです。
体力や年齢にもよりますが、
ロフトのきついクラブは ボールは捕まり易いですが
ミスには非常にシビアなクラブになります。
アマチュアの平均的な体力であれば
11度位を境に それより立ったクラブを使って
良いことはあまり多くありません。

未来に向けてのスイング構築も考えると
大きなロフトのクラブで低く打つ打撃の方が
小さなロフトのクラブで高く打つ打撃よりも
ずっとずっと良いことは多いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どんなものにでも重さはあります。
グリップにしても然り、シャフトにしても然り。
特にゴルフクラブの場合は
平均的なおじさんが使う市販のクラブ(ドライバー)の重量配分は
    
(参考までに長さは違いますが弊社のモノも併記)
 クラブヘッド  190(240)
 シャフト     55( 50)
 グリップ     40( 50)
 その他         5(ソケット、テープなど)

つまり 65% もの重さが
全長1m20cmもある長い物体の先端部に
存在しているのです。
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
この構造は一見すると
その長さと先端部の重さを使って
遠心力を造りだす、たくさん造りだすことに
使うように思えてしまいますが、
そう使ってしまうと
定点に存在する目標物であるボールを打つのには
その作り出す遠心力と比例して手前に引く力と
それを放り投げないよう掴んでいる握力との
筋肉ゲームになってしまいます。
ましてや その定点に置いてあるボールを打つだけでなく
それをある程度の許容の中とは言え
目標方向に、目標距離だけ飛ばす(移動させる)という事には
その使い方は適してしません。
…クラブ本体を遠くに放り投げるには良いでしょうけど…。

基本、多くの道具にとって
「重さ」とは「重し」であり、「重り」でもあります。
同時にトンカチなどと同じく
重さは 打撃力、破壊力の源でもあります。

そう考えていくと
多くのゴルファーがイメージしている
クラブヘッドをより速く、より多く動かすというのとは
反対に、クラブヘッド単体を出来るだけ動かさず
と言う結論に達していくことになります。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

スイングを改良していく場合、
もともと抱いているゴルフスイングのそのイメージとの乖離が
一番の障害となるのです。

速く、多くヘッドを動かしたい
また、スイングには軸を造ろう なんて言葉もありますから、
自分が出来るだけ動かず、重さであるヘッドを
たくさん素早く動かすスイングを造ってきたことでしょう。
しかし、そのスイングは
ヘッドの移動する道を立体的に複雑にします。
立体的に複雑にするという事は
ボールの位置は決まっていますから
それを当てるために 引く力、握る力
そして、ぽっかり忘れられてしまいますが
そのクラブの作り出す遠心力などの不可抗力を
反射的、本能的に調整する自分の姿勢などが
毎度毎度複雑に違うので
その調整に明け暮れることになります。

練習量などによって そこをクリアすると
このうち方は常時、ボールを打つのには
製造ロフトよりも大きなロフトでインパクトして
しまい易い と言う問題が出てきます。
大きなロフトでインパクトするということは
自分がヘッドを速く、大きく動かしても
その破壊力が距離にならないばかりか
ボールには右回転(スライス)が付きやすい
という 初心者症候群が待っています。

そこで 一歩進んで
初心者症候群から脱するのには
インパクト付近で 「ヘッドを返す」
「ヘッドをターンさせる」という高難易度のテクニック
そして そのタイミングや要領を持続するという神業。。。
けん玉で言うと「世界一周」する程度の難易度です。
  
(小皿⇒大皿⇒中皿⇒けんさき を連続する技です)
rousoku

この難易度は初めに戻り
外に膨らむ力⇒手前の引く力
それに対するクラブを離さない握力加減
その手の作り出す不可抗力に対する姿勢の制御
をさらに数倍、二乗倍難しくします。

まあ この時点で多くの人が口にするのは
スイングはタイミングが命
自分には自分のタイミングがある
でしょうねぇー
神業のごときテクニックですから。。。

クラブヘッドのその重さの道具としての基本を貫けば
ヘッド単体を独自には動かしませんから
スイングの弧を意図的に大きくする必要も
ヘッド単体の動きを意図的に速くする必要もありません。

ヘッドを動かす方法よりも数段締まったロフトで
インパクト出来るので、同様のスピードは必要ありません。
自分の体からのヘッドまでの遠さも
あまり変化しませんから、調整幅は少なくなります。
クラブ単体の姿勢変化が少なくなりますから
不可抗力そのものは無くなりはしませんが、
シンプルに、そしてその総量も少なくなりますから
体への影響も少なく、姿勢調整も少なくなります。

知ってしまえば、比較になるような打撃方法では
ないのです。
まして 打撃「方法」と呼べるものでもないかも
知れないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブの構造をご覧ください。
当たり前と言えば、当たり前ですが
『シャフトはクラブヘッドのヒールに接続されています。』
そして先端部分であるトゥ部は
 物理的言えば質量に当たります。
ymage

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
人間が動作によって、グリップ部分を移動させるから
結果として重量物に当たるヘッド部分も
移動するのです。

それと同じく、グリップが移動するのと
直接関係にあるのは クラブヘッドではヒール部分です。
クラブヘッドのトゥ部分は質量なのですから
ヒールよりもたくさん動くことはありません。
つまり、人間が動作をするとヒール「が」移動する
という事なのです。

当たり前のようなことですが、
意外と忘れられていることなのではないでしょうか。
テークバックであっても、ダウンスイングであっても
人間が動作するからグリップが動き、
それにつながっているヘッドは仕方なく動きます。
ヘッドが動く〜移動するということは ヒールが移動する
ということで、これも同じく
つながっているので 仕方なくトゥも移動するわけです。
004

ですからヘッドが単独で回転する
ヘッドローテーションというのは
 質量と言う法則に反した不自然な動き となる訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークバックの「上げ」方の基本ですが、
矛盾していますが、上げないことは大切です。
大切ですが、テークバックで「下げ」てはいけません。
なんだか なぞかけみたいですが、
重要なチェックポイントです。

その意味は
ゴルフクラブ、クラブヘッドは
構え、アドレスでグリップよりも高い位置にあります。
前傾姿勢をしていて、クラブを降ろしているから
ヘッドの方が下にあるように感じますが、
実際にはヘッドの方がグリップよりも上にあります。
★前傾姿勢を解いて直立し
 腕を地面と平行にしてみて下さい。
 若干ではありますが、ヘッドの方がグリップよりも
 高い位置にある筈です。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)ですので、この角度からの画像で

見てみると グリップの通るラインよりも
ヘッドの通るラインは上側になる筈です。
常時、ヘッドはグリップよりも高い「ライン」
高いゾーンを移動するのです。
言葉遊びになりそうですが、
クラブヘッドを上げずとも、アドレスの状態を維持してさえ
いれば、ヘッドはグリップよりも上のゾーンを移動します。
上げなくてもいいんです。

アドレス時の ヘッドとグリップの関係を維持してれば
いいだけ なんです。

位置関係を維持していれば上げなくとも
全体が高くなった分、上げ幅は強調されます。
スナップショット 1 (2015-06-14 18-02)

ところが テークバックを取ろう、取ろうと意識し過ぎたり
上げることを過度に意識すると
ヘッドはグリップの通るラインよりも下のゾーンを
移動することになりがちです。
グリップよりも下のゾーン、下側のラインを通る ということは
クラブは上がったのではなく「下がった」ことになります。
そうなると 上がってないものは当然下がりません から
クラブヘッドも重さを利用できません。
クラブヘッドの重さによって、グリップが進行方向に
押される作用も働きません。

練習場やお家での素振りなどで
鏡やガラスなどを見て、
自分のグリップの移動ライン
自分のヘッドの移動ライン を
チェックしてみて下さい。

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)

面白いもので、ここをチェックするだけで
トップまでのグリップと体との位置関係(距離)や
ヘッド姿勢、ヘッド位置などが大きく異なってきます。

手だけ、手さばきだけでクラブを移動させると
絶対にヘッドは下を通ります。
アドレスのヘッドとグリップの関係を維持したうえで
体の向きを変えると上を通ります。
体が上を向いてしまう、体が開いてしまう
体重が右に残ってしまう、明治の大砲になる
なんていう原因も概ねここらへんにあります。

要チェックです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショットで「スピンを効かせて」
と言う言葉があります。

これは イコール「
スピンを増やして」ということでは
断じてありません。

ショットの、インパクトの打撃力は
ヘッドの移動スピードとヘッドの重さと言う物理的な破壊力です。
それがロフトやヘッドの入射角なりに
「ボールの速度、角度、回転」
に分散されます。
破壊力その物を変えなければ
ボールの角度や回転を増やせば、ボールの速度は落ちます。
分散されるすべてのエネルギーの総和はいつも同じなのです。

アプローチで「スピンの効いた」ショットとは
ボールが地面に触れた時、着弾した時に
逆回転の威力が残っていて、地面と触れ、増大した摩擦力によって
ブレーキがかかることです。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


必要以上にロフトを増やした姿勢でインパクトしてみたり、
必要以上に緩い入射角度でインパクトに入ってきたり、
そうすると ボールの最大回転数と打ち出しの角度が増え
立体的に通るボールの道のりが長くなってしまうので
着弾時まで 逆回転の勢いが持続されていないことが
多くなってしまいます。

スピンを効かせようとした時に
ロフトを開いて、今までよりもより丸くスイングしようと
するゴルファーが多くみられますが、
それでは「スピンが利く」ショットを打てる確率は
低くなってしまいますし、
ロフトを寝かし、インパクトへの入射角度を緩くすると
バンス角度、バンス幅などソールがインパクト以前に
地面と接触する可能性が非常に高くなり
ミスショットになる可能性も上がってしまいます。

7番アイアンや8番アイアンでいい球を打てた時
ボールがグリーンで綺麗に止まる体験は
誰でもがあると思うのですが、
スピンが利くショットは
 ロフトの大きさとは直接関係にないのです。

そのクラブのその長さなりの入射角度
そのクラブのオリジナルのロフトでインパクトしてあげることが
確率よくショットし、スピンを効かせる一番のショットなのです。

sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット


そのために 下半身の動き、フットワークで
「ダイレクト」にクラブを動かす習慣を身につけることが
重要です。
腕周り、肩回りでボールを弾く 感覚や習慣を
出来るだけ早く辞められるかどうかもあります。
下半身で動かす…と言っても
下半身で上半身〜肩回りを反動つけるため
動かしているケースが目立ちます。
しつこく書くようですが、
フットワークで「ダイレクト」にクラブが動くとは
脚が動いているとヘッドも移動し、
脚の動きが終わるとヘッドも止まることです。
決して足で反動をつけて、下半身が止まると
その勢い(反動)を利用して、肩回り、腕、クラブが動くこと
ではありません。
成人男性であれば、骨盤を含めた上半身の重さは
40キロ以上になる筈です。
それが大きく向きを変えていくのですから
途中 妙な加速をしたり、
急激なスピード変化は起こりにくいはずです。

sample 2009_09_19_23_40_47-246フレームショット


非常に基礎的な動きなのですが、
この動作には意識的な「加速運動」は存在しません。
スピードは全体の運動速度を変えるだけで
途中の「加速度」はいつも一定というか
意識としては限りなく等速運動に近い とも言えます。

距離を必要としない アプローチで
この動きを身につけておくのは
ショット全般に対し、とても有効だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ◆電話 046-804-1480  ◆ファックス 046-804-2442 ◆メールアドレス hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あまりにオタクな事書いて! と思われるといけないので
まずは 始めの一歩から
005

ゴルフクラブを始める人にとって他のスポーツと違い 本番であるコースに出るまでに ある程度 練習場なりで 打てるようにならなければいけない ここのところが ゴルフの敷居が高く感じてさせてしまうのかもしれません。

ゴルフは 道具を使うボールゲームです
他の道具と形状がちょっと異質なところが ゴルフを面白くも 難しくもしていると言っても良く、裏を返せば 道具のメカニズムを知ってしまえば 意外と簡単です。

ゴルフは ゴルフクラブを使って 火薬や機械などを使わず ボールを一番遠くまで飛ばす、打つ事の出来る「遊び」です
ですから ゴルフクラブのメカニズムは 遠くに飛ばす という事を第一優先事項に作られています。

長い棒の先に ヘッドという鉄の塊が付いていて
それでボールをひっぱたく事によって 直にボールを殴ったり 蹴ったりするよりも
数倍 遠くにボールを飛ばせますし 痛い思いもしないで済みます。

長い棒 その先にヘッドという重り が付いているのは
前述のように ボールを遠くに飛ばす事に特化している 構造なので
人間サイドにとっては 扱い難いかも知れませんが
振り易い こと よりも 打ち易い というか 遠くに飛ばす事を主眼に構成されています。

振り易くするために ヘッドの付いていない棒そのもので ボールを打つのでは
遠くに飛ぶ可能性が低くなってしまいますし 棒も壊れてしまいます
振り易くするために 極端に短くしてしまうと やはり地面にあるボールを打つのには
遠くに飛ばす要素を失い易く、体を壊す可能性が高くなると思います。

ゴルフクラブには長~い歴史があり
興味があれば 紐解いてみると 良いかもしれませんが
科学やルール コンピューターなどが無い頃に 基本的な構造などは構築されており 原型は100年以上前からあまり変わっていません。

また 人間の運動能力は 遠くに飛ばす為のひとつの要素ではありますが
それが メインエンジンではなく 知恵や知識を使えば
簡単に マッチョな人にも スコアや弾道だけでなく 飛距離も勝つ事の出来る
非常に 知的なゲームと言えるでしょう
001

ゴルフを始めると まず 思い通りに球が当たらず
思い通りの方向や距離にボールが行かない 壁に突き当たると思います
学生時代などに 色々なボールゲームやスポーツを経験されてきているとは思いますが
ゴルフのちょっと変わったところは ボールの打つ方向に体を向けないところだと思います
スポーツと呼べるモノの中で ボール等の飛ぶ方向と平行に立つ
飛球線に対峙しないモノは 射的やアーチェリーなどの ターゲットスポーツに多いと思いますが それを良く覚えておいて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社のクラブに比べると
市販の平均的なクラブは ヘッドはものすごく軽くて、
シャフトはものすごく硬い。
数値で言うと 5番アイアンで240gと310g
硬さの目安の振動数では 300cpmと170cpm

これだけ軽い打撃部分、これだけ硬いシャフトだと
比較論ではあるけれど
クラブがなにかしてくれる ってことは少ないから、
なんでも自分でやらなくてはいけないし、
軽くて硬いから、それがしやすい。
クラブヘッドの位置や姿勢も感じにくいから
クラブからクラブの動かし方、スイングを学ぶことも
非常に出来にくいから、
なんだか静止画像をつなぎ合わせたような形ばかりの
スイングを追いかけることになってしまう。

面白いと思うのは
★クラブを振る
★ヘッドを振る、
★自分の動作・動きよりもクラブをたくさん動かす、
★クラブを腕で振る方法 は
かならず 大きなロフト効果になる打ち方に
なってしまうから、その分 さらに速く振らないと
飛距離にはなっていかないし、
ロフトを開いて打つことになり易いので
原則、スライス回転から逃れられない。
より速く振った分だけ、距離になるとは限らない。
振れば振るほど スピンに化けてしまう。
インパクト付近というスピードも最高点に
なる場所で、ヘッドを操作するという
忙しい神業が待っている。。。
003

片や 重いヘッド、柔らかいシャフトで
ボールを打つのには、いかにクラブを動かさないで
自分が動いた分、クラブを移動させるから
締まったロフトでインパクトしやすく
スライス・フックという事では
フック回転しか打てなくなる。
ボールを無理に捕まえようとしないで
打たないと フックフックの連続になってしまう。

動作よりもクラブをたくさん動かす方法は
遠心力などを使って「ヘッドを振る」と言う行為が
インパクト付近に来るから、
自分の動作で管理できないスピードになっていて
距離のコントロールが非常にしにくい。
そして、ロフトを、フェースを操作しながら打つので
スピードが決まっても、インパクトロフトが安定しにくく
その方法ではアプローチと言う
距離を調整というか、コントロールすることに対し、
もっとも不適切な方法になってしまう。

動作通りクラブを動かす方法では
自分の動作でスピードをコントロールすればよく
クラブヘッドは単体では動かさないから
容量さえ掴んでしまえば、インパクトロフトは
一定になり易い・・・。

フルショットにも、アプローチショットにも
非常に適切な方法なのにもかかわらず
それが一般化されないのは
今現在、流通している殆どクラブが
何の効果もない、、、とまでは言わないけれど
非常に効果の薄い、クラブの性能が薄められた
原則、人間の運動性能で
ボールを打つことに特化したもの。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

まあ これではどれを使っても差が出にくい(出ない)から
新しいクラブを買ってみたい と言う欲求が
どんどん消えてしまうのだと思うなぁ。。。
お金、予算のことは別にして
新しいクラブを買う、模索する、調べる って言うのも
ゴルフの楽しみの一つだと思うけれど
それが ここまで薄められてしまうと
ゴルフ界、ゴルフ用品界にとって
いいことは少ないといつになったら気づくんだろうね。

そして同時に体を痛めるばかりでなく、
ゴルフをやり始めた若い世代の人が
うまく行かないばかりか、
打撃=痛い思い
をして 魅力を失ってやめてしまうケースが後を絶たない。
言葉は悪いけれど、脳筋のアスリートだけが
残ってしまってはゴルフ人口は激減してしまう。
本来、
道具を使ってやるスポーツ、遊びは
道具の性能差、道具を選ぶ技術
そして道具の使い方の方が 
運動性能を上回るから面白いのであって

人間の素の運動性能を競う のであれば
別にお金と時間をかけて ゴルフを選ぶ必要が
なくなってしまうもの。



近年、ヘッドもシャフトも派手派手の
けばけばしい色使いのモノばかり出てきて、
色々な色があるのは悪くはないけれど
クラブの効能と比較すると
あまりにかけ離れた感じのデザイン、色だから
そこでしか 差別化出来ないのかな と感じる訳です。
古いセンスだとは自分でも思うけれど、
毎度毎度、派手派手しいクラブやウエアって
腕自慢、体力自慢をさらしているようで
日本人の体質にはいまいち
マッチしないような気がしてならないんだよね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿】

7b751c2e


 練習場で最近気になり出したのですが、
特にアプローチで弊社で聞けるような音を
出している人ってぜんぜんいないですね。

振り子にクラブを動かしてアプローチをしていると思うのですが
(じろじろ見るのは失礼なので、ほのかに音を聞いているだけですが)、
決まってトップをしたような音がずっと聞こえてきます。
繰り返し同じ球を打っているので
(球も上がっているようなのでトップではなさそうだし)
ミスショットではないのですが・・。気にすると結構気になりますね。



ハミングバード:そうですね
軽いヘッド、硬いシャフト…主に軽いヘッドが主因だと思いますが、
インパクトまでに加速してきたクラブ…
ヘッドがボールと言う重量物に衝突した時に
重量が軽い故、モーメントが低く、急な速度の減速というのが
音の原因の一つだとも思います。
ヘッドが軽く、シャフトが硬いから
以前のように フェースターン、横のヘッドの回転というよりも
ヘッドを振り子、上に振る、急激に上に持ち上げる
というのが、現代のスイングの主流だと思います。
テークバック、もしかしたらアドレスの段階から
クラブを体の右にずらして、体の右側で
ee213269f2e5a758インパクトを迎える訳ですから
結果、左サイドが非常に上がった状態で
ボールを打つことになる訳です。
左足上がりのライ(地面)から打つのと同じ状況ですね
本来は入射の角度やロフト角度がボールの打ち出しを
決める「筈」だったのですが、
今でも、う〜〜〜ん 恐らく、クラブのせい だとは思いますが、
体の姿勢で左足上がりを作ることが
打ち出しを作るスイングになりつつあります。

大量生産の工業製品としてのゴルフクラブと
ドライバーの距離に偏重し過ぎた結果の芳しくない融合
というコトだと思いますが、
それ故に、体力に自信のないゴルファーや年配のゴルファーが
楽しみにくくなる側面は否めないかと思います。



駄目なストロークの代表

 あと、大型マレットのパターを使っている人と
ラウンドした時によく見てみると、
ほぼ例外なくアッパー軌道で歯でボールを打ってますね。

そのアッパー軌道で打っているパターの打球って不思議と急減速して止まりますね。トップスピンで転がりそうなものですが・・不思議です。見た目によらず意外にヘッドが軽いのかな?

ハミングバード:振り子で打つというコトは
アッパーに打つということにもなります。
歯で当たれば、ボールは下に向かって進むことになるのです。
芝の上のボールは、その自重によって
芝の中の窪みに入った状況にある訳で
初期に下に向かって進めば、窪みの壁に当たって
エネルギーを急激にロスすることになりますし、
あまり知られていませんが、
一定に固定されたヘッドスピードの中で
ボールに最大のスピンを掛ける方法はロフト…ではなく
トップ(ヘッドの角にボールを当てること)です。
10ヤード程度のアプローチショット
普通に転がせば、1000回転/以下になりますが
トップしてしまうと、その回転数は
当たり方にもよりますが 簡単に4〜5倍になってしまいます。
その状況はパターでも同じで、
歯が当たれば、本来の転がりの数倍の回転数が
初期に発生してしまいますから
例え、それが転がり通りのオーバースピンであったとしても
ホイルスピンのような現象になり
地面との不必要な摩擦を生み出すことになります。

本来、パターは打つ距離にもよりますが
初期、地面を舐めるようにスキッドし
着弾し、始めのボールスピードによる推進力が
徐々にスピンへの推進力に移っていくのが
理想とされています。

ボールが転がっていくのには
勿論、オーバースピン(転がり)になるのですが
それを意図的に過度(角)に掛ければ
弊害…ブレーキになる というコトを
認識しなければいけないのですけど…。

まして それをする意図的に)のに
重心が深く、モーメントの高いマレットタイプは
最悪なツールで、ヘッドが前に出易く、ロフトの付きやすい
言い換えれば トップし易いディープマレットは
大きなロフト、インパクト時にヘッド上昇角度によって
空を飛び、着弾すると過度なスピンによる減速(摩擦抵抗)
がかかる、伸びない、飛ばない、ブレーキのかかる
パッティングになってしまいます。
 
それはまるで、ボーリングで
過度にスピンをかけ、ボールを転がすのではなく
空に向かって投げるような状態になり
それがどんな弾道になって、ピンに向かっていくか…
想像すれば、分かると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さて、 これが腕によるクラブ捌きの
二通りになるのですが
一度 ご覧ください



この時に、弊社のクラブを使っていない方で
あると 「ウム ウム 腕の使い方だな」と
言って、腕の使い方、さばき方 だけを
観たり、クラブの動きばかり 見てしまいますが
その スウィングの見方 をワンランク上げて
もう少し俯瞰して見てみましょう。

この実験をしている際 には
テスターは 腕の動き 肘の動き にのみ
意識をして それ以外を無視して貰っています。
良い、悪い そんなコトは無視して
クラブを腕さばき、肘さばきによって のみ
変えてくれ!
 と言う注文です。

ところが 映像にしてみると
腕、肘は勿論のコトですが 脚さばき
下半身・・・下っ腹とか 秀二の向き とか
が 二つでは大きく異なっています。

まして 俗に言う 体重移動 なんて
まったく 頭から欠落 している筈 なのに
片方はまずまずの動きで
片方は殆ど静止、腕だけの動きになっています。

これを見ての通り
体の動き というのは 当たり前ですが
全てがつながり、連携しています。
人間にはバランスを取ったり、自分を守ったりする
防衛本能もある訳ですから
無意識な動き というのは覆い隠すことが出来ません。


腕さばきを変えたのに 結果として下半身さばき
脚さばきも大きく変わるのです。

今回はこの動きに対する解説はしませんが
スウィング改造する クラブさばきを変える
動きを変える と言う場合
体の部位として どこか だけを変えても駄目ですし
一連のスウィングの流れ 約2秒のスウィングの
どこかの箇所、瞬間を変えようとしても
ハッキリ言って まったくの無駄です。

全ての動きは必然で
しなければならないからしている
 のであって
クラブと言う無機質なモノが運動によって
作り出す「不可抗力」が 動きの半分以上を作っています

クラブの作り出す「不可抗力」が
動きの方向性、指向性を作っているのです。

だから 逆に追いかけていくコトも出来ます。

体の向きは変わるのに 体重移動が出来ない
というコトは
体の向きを変える 部位や主力エンジンが
間違っている
 
と言うだけではまだまだ序の口で
実は 
肘の使い方や腕の使い方が間違っている
その可能性が一番大きく
 (・・・もしくは その両方)
元に戻って
体重移動が出来ない などの問題を
直接、体重移動で直そう としても
練習の頻度や量によってしても
根本からしか解決は出来ない
という認識が必要になるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

市販のドライバー、とりあえず 45インチとしましょう

平均的なところでは

ヘッド重量は 190g
シャフトの硬さは振動数では 250cpm
こんな感じ。。。 これを ドライバーとします。
482426_165494683601157_1747186060_n

 
 ドライバーヘッド重量 240g
シャフトの硬さは ドライバー,汎韻
(ヘッド重量分数値は下がります)…
230cpm位かな?!
ドライバー
ヘッド重量 ドライバー,汎韻牽隠坑娃
シャフトの硬さ 
150cpm

ドライバー
ヘッド重量   ドライバー△汎韻検。横苅娃
シャフトの硬さ ドライバーと同じ
(ヘッド重量分…振動数は130cpm位まで下がります)

2種類のヘッド重量と2種類のシャフトの硬さで
単純に4本のドライバーが作れるのですが
この4種類のドライバー 相当毛色が違います。

市販のクラブの ちょっとした やれ反発係数の違いとか
やれシャフト特性の違い と比較想像出来ますか???

この4本のドライバーを体験したとしたら
例えばメーカーの同じ機種の SRシャフトとRシャフト
の違いは殆ど差を感じ得ません。
土台、ゴルファーの平均年齢57歳を考えると
基本になっている SRシャフト 250cpm 


辺りは
余りに硬すぎると言えます。
市販のシャフトの基本が 200cpmヘッド重量210gになれば、相当体力に関係ない
下剋上なゴルフになって面白そうですし、
体力に自信のない若者ゴルファーがゴルフを断念することも
整形や病院などに費やすお金も減るのは
間違いありません。

現在のゴルフクラブの装着されているヘッド重量
そしてシャフトの硬さでは
その人の運動性能、練習量、体の頑丈さ
そして失礼な言い方ですが、鈍感さが重要なポイント。
ボールを飛ばすのには 運動スピードが絶対不可欠に
なりますし、飛ばし屋や競技レベルのゴルフをするには
煽り打ちをする必要があります。

003


 
ちなみに 一般的なオンプレーンスイング信者にとって
振りやすいのは のドライバーです。
しかし、ヘッドを振りまわす人にとって
のドライバーはどこに行くか分かりませんし、
△離疋薀ぅ弌爾麓分の欠点を晒しだすことになります。

ロフトを立てる、上から打つ、ボールを潰す
というコトの 本当に意味を知っていない限り
クラブの機能が「濃くなるほど
そのクラブの機能は スイングをするのに弊害…
邪魔や負荷になってしまいます。

硬くする
軽くする
小さくする
という機能を減らしていく
機能をゼロに近づけていく

というコトは 機能に頼らないショット・スイングを
するという意味だとご理解下さい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチの基本は ショットの基本概念と直結する
ここの部分に ショットの基本と言うか
極意が隠されている。
本当に 上手くなりたい
ゴルフショットを理解したい

と言う方は 理解出来るまで しっかり読んで欲しい。

ま 隠されていると言うほど 秘密でも何でもないけれど…

まず グリーンの花道からの 10〜30メートル
殆んど高低差が無い状況でのショットで考えてみよう
昔から 言われるけれど ショットの基本は転がし
青木御大が ゴルフはゴロフ と言っているように
パター もしくは パターに近いモノが基本中の基本

160_56949

それは 何故か?

それは 10メートル打つ

☆パターで10メートル転がしてみよう

その距離の感覚は 限りなく10メートル打つ
ボールを10メートル移動させる という
距離感 スピード感 力加減 と結びつく

では 少しだけ ボールを上げて
7番アイアン当たりで 打ってみるとなると
先ほどの パターで10メートル打つ力加減やスピードよりも
余計なエネルギー、力だったり、スピードが必要になる
最高の高さが1メートルになるのか
それとも80センチになるのか
それによっても 距離感は異なり
それに スピンと言う要素が異なる

それは ロフトが 意図的にスピンや高さという
距離に対しては ロスを作り 相対的な破壊力・エネルギーを
分散させる機能を持っているから。

立体的にボールの「道のり」も 地面を上を転がった
平らな地面の上を転がった「道のり」よりも当然多くなる
パターショットは 距離=道のり
限りなく 距離と道のりが等しいからで
以前にも説明したと思うけれど
ボールを水平に移動させるより 重力に対し
垂直に移動させる方が 数倍エネルギーが必要になる

水平飛行なら プロペラ機でも可能だけれど
垂直飛行で大気圏の外にでるには ロケットが必要なのだ

50度位のウエッヂで打つとなると
更に 弾道は高くなり 7番で打つよりも更に
エネルギーが必要になる

高さによるロスもある上
ボールの立体的に移動する道のりが更に増えるので
当然 ボールをヒットする力やスピードがより必要になる

そうなってくると インパクト時の
ロフトによって その道のりは非常に可変になってしまう

50度でインパクトするのと 52度でインパクトするのでは
その水平距離 目標とする水平距離を達成するのには
本来 必要なエネルギーは大きく差が出てしまう
これから 20メートルの距離を打とう と思っても
パターで打つ20メートルとは まったく違う距離感を
形成しなければならないし インパクト時のロフトによって
エネルギーが 上手く打てば打つほど
高さやスピンという 距離に対して ロス に
化けてしまうのだから 
必要以上の高さやスピンを造りだそうとするショットは
始めから「距離に対するミス」が確実に倍増する。

30度のクラブのプラスマイナス3度よりも
50度のクラブのプラスマイナス3度の方が
結果として 水平距離に大きな違いが出てしまう


まったく同じ状態で打っても
50度のクラブを使う方が 距離にバラツキが出易い
のにも増して 50度のクラブの方が
強く、速く振らなければならないのだ、よ。

更にだ 多くの人は勘違いをしているけれど
これから 打つ本人にとっては
ウエッヂは視覚的に打つ面であるフェース部は
大きく 沢山見えるけれど
ボールにとっては ロフトが増えるほど
打面は小さくなる訳で
飛球線から見た ボールとヘッドの関係は
ウエッヂの場合 1〜2センチの幅しか なく
打撃面の 1/3はソール部分が向いている のだよ


ゴルフのショットの基本中の基本
ショットの目的は

ボールを所定の距離移動させること

その距離の積み重ねが コースを ホールを
攻略していく という陣地取りのようなモノ…

だから ショットは まず 
所定の距離を打つ
その目的に沿った行動をするべきで
ゴルフクラブも その目的に沿って出来ている

多くの方が 所定の距離を打つ事よりも
真っ直ぐ打つコト 曲げないコト
の方を 優先目的にしているように思える

完全に間違い と言う訳ではないけれど
まず 所定の距離を打つ と言う行為を遂行すれば
結果として 真っ直ぐ打つコトも 遠くへ飛ばすコトも
可能なように クラブは出来ている
考え方の順序が逆なんだよ

ものすご〜く 重要なことなんだけど
この根底にあるニュアンス 読みとれるかな〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パター届きました。ありがとうございました。

 

そのパターですが、ヘッドを動かさず、
(その場においておく感じ)

グリップを「右→左」と
スライドさせられたらちゃんと打てました。


すごく簡単?です。
ある意味異常に難しいですが。


意図的にヘッドを下に向ける(=ロフトを立てる)ことをしなくても

勝手にそうなるような気がします。
IMG_0032 (2)
インパクトの強さ

転がりの良さの次元が違いました。

大切なのはロフトを立てることではなく、
右→左のスライド???

ヘッドはシャフトの前???謎は深まるばかりです。

 

同じような感覚でアイアンを打ってみると、球は高いが

芯喰いまくり。自分が意図するよりははるかに高い弾道

(ただ、打ち出し角度はそんなに変わっていない気が…)

なのが、チト気に喰いませんが…。音・距離は最高です。

当然ダフりもトップもまだします。

 

なんとなく、何となくですが、ロフトを立ててインパクト

の感覚がわかったような気がします。

 

感覚的には「from Outside to Outside」とでいいましょうか。

ある意味from Inside to Inside」ともいえましょうが。

 

スイングアーク(ダサくて使いたくない言葉w便宜的に使います)

に沿うのは、ヘッドじゃなくてシャフトの下側というのが

感覚的にわかってきた気がします。

 

そこをキープできれば、ロフトは勝手に立つ。

左ひじは勝手に左にスライドする。ってこと???

 

まあ、理屈こねるより感覚です。フィーリングです。

最近はあれこれ考えないようにしてます。クラブに訊け!

 




お手紙有難うございます。
クラブに訊け というのは その通りだと思います。

先日、取材でありましたが
やはり 多くの方はシャフトというものの、存在というか
役割と言うのを 誤解されているようです。

ですから 多くのゴルファーは
飛びはシャフト! 弾いて飛ばす みたいな
感覚で クラブを替えたり、シャフトを替えたりするのでしょうか?!

基本 飛びは 質量・・・ヘッド重量
シャフトの役割は 打ち手にロスなくインパクトさせる為
その指示を伝える と言うことなのだと思いますが。。。
2008042814282476274

弾道の高さ。。。
あまり無理に低くする必要はないと思います。

原則 弊社のアイアンロフトは
とても大きめですし、装備するアイアンヘッドは
重心も低め、深め ということですので
ある程度 持ち球の高さの高い方は
ソコソコの高さになって然るべし かと。。。

必要な距離を 無理せず飛ばせれば
高さはあまり重要ではありません。

逆に言えば、高さを作れる破壊力を
まだ 含んでいるのですから
距離に転化するチャンスもあり
それは 未来への預金にしておくのも
いいかも知れません。
スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)

そうですねぇ 若い力のある方は例外ですが
6番アイアン 32〜33度のロフト
長さ37.5インチ位のクラブで
140〜150ヤード打てれば 良いのではないかと
思うんですけど、ココがまた難しくて
距離の基準というのが 人それぞれバラバラで
打ちおろしや距離基準の甘いヤーデージで
それを掴んでいる人もいらっしゃいますので
ナントも言い切れないトコロではあります。

弊社で言う 140〜150ヤードは 実測
無風 真っ平らな状況で を指しますので
コースヤーデージでは 160ヤード以上
と考えても良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これは 間違いない
老若男女、歴史上 ゴルフに触れたすべての人が
掛かってしまう魔力 であり 魅力

☆飛☆距☆離☆

これさえ あれば ゴルフは楽しめる

そう、その通り

その秘密も分ってしまえば簡単明瞭で
それが分れば ゴルフショットの秘密も少なくなる

殆んどの人が スピードを上げる事だと思っている

その答えは 9割間違っていて
1割合っている


何度も何度もしつこいけれど
入射角度 それに対してのフェースの角度が
ロフト角度
それが ヘッド重量や重力落下、
スピードなどの総合エネルギーを
ボール速度、打ちだし角度、スピンなどの
色々なエネルギーに変換するのだけれど
それがオリジナルのヘッドの持つ角度よりも
大幅に大きなロフトで打っている人にとって
スピードを上げても
スピードを上げても
スピードを上げても
スピードを上げても
スピードを上げても
・・・・・・・・・

打ち出し角度か スピンが増えるばかり で
飛距離にはつながらない

55度のサンドウエッヂで考えて貰いたい
マシーンに打たせるとして
倍の速度にヘッドスピードを上げれば
通常60ヤード打っているのが 倍相当になるだろうか
もしかしたら 立体的にボールの移動する道のりは
倍相当になるかも知れないけれど
多分 単純な水平距離は5割増にも
ならないかもしれない
しかし それを5番アイアンで行えば
より倍相当に近い距離が得られる
ウエッヂを30ヤード打つのと
60ヤード打つのでは
スウィングの大きさやヘッドスピードが
単純な 2倍にならないのは理解できるだろう

5番アイアンで70ヤード打つのと
140ヤード打つのでは かなり
距離 と スピードの関係が比例に近いと思う

123

ドライバーショットを ロフトを寝かして打っている人が
必死な思いで スピードを上げても
高く上がるか 吹きあがるか スライスになるか
はたまた ミスショットになるだけで
スピードを上げた方が飛ばない体験が多いと思う

ドライバーヘッドの元々のロフトを少ないモノに変えても
ロフトを寝かす人にとっては
最大飛距離は伸びても 平均飛距離は下がるモノ
1日に一回は馬鹿当たりはしても
1日平均の飛距離は以前より落ちてしまう

ドライバーショットの飛距離を比較は
14回のショットの飛距離合計で争うモノ

これが基本理念である

如何にスピードを上げるか
ではなく
如何に正規の オリジナルのロフトで打てるか
に意識を図った方が
圧倒的に 努力に距離が比例した上で
必ず 安定性も比例して良くなる

ロフトを立てられる事は
イコール
飛距離と安定の両立
を確保することなのだから

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


巷では昨今 ユーティリティクラブ と言う名称の
奥行きの深い 厚みのある中空アイアンが
中〜長距離を打つのに主流になっていますね。
10003407_290033064486765_134308500_n

奥行きのある中空アイアン と
フェアウェイウッド の差は
クラブの長さと重心位置の奥行きの深さです。
機種によって少々異なりますが
同じ 22度のクラブだとすると
中空アイアンの方は長さ39インチ位
 重心の深さは15ミリ位です。
一方、フェアウェイウッドは長さ42インチ位
 重心の深さは30ミリ弱と言ったところ。
使う方の好き嫌い、好みは別として
 中空アイアンの方が打ち出しは低め
 FWの方は打ち出しは高くなります。
中空アイアンは重心の低いので 打ち出しは低めの
ロースピンとフライヤーのような球になりやすく
 距離が確定しにくいと言う欠点があります。
フェアウェイウッドがあまり好まれない最大の理由は
形状的にソールに奥行きがあり
フェースローテーションするスイングや
煽り打ちをするゴルファーにとっては
ソールの一番奥の部分が地面に干渉しやすく
ボールを打つ前にダフッてしまいやすいところだと思います。

パワーやスピードでボールがあげられる内は
ユーティリティ(中空アイアン)も悪くありませんが
そうでなくなり始めた時、グリーンを狙って
グリーンで止めやすいのはフェアウェイウッドですので、
出来るだけ早い時期に FWとは仲良くしておく方がよいです。
また ある意味 FWはクラブ扱いと言うか
スイングの良しあしをはっきりと表すクラブでもあるので
練習にはうってつけと言えると思います。

フェアウェイウッドをうまく打つ秘訣は
ドライバーの話と同じで
ランニングアプローチをしっかり覚えることです。
625be574-s

イメージとしてはテニスのグランドストロークと同じで
打面、フェース面(ラケット面)を地面に向け気味にし
体の回転・・・フットワークですね 
これでクラブを動かします。
腕も含めた、胸から上でクラブを動かそうとすると
立体形状の強いフェアウェイウッドは
うまくボールとコンタクトしません。
クラブを動かさず、クラブを持った自分が動く
というのを体現できるクラブがフェアウェイウッドと
言えるのではないでしょうか。

現代のスイング主流…になってしまっている
体を先に回し、体が止まり始めたら
クラブヘッドの重さを利用してクラブを腕で振る。
この方法で打っているゴルファーは
練習量がかなりない限り、もしくはかなりのスピードで
誤魔化せない限り フェアウェイウッドが好きでなく
同時にランニングアプローチも苦手になります。
フェアウェイウッドのそのソールの奥行きは
ある意味 サンドウエッヂのバンスとも似た意味合いが
あるので、バンス角度のない ソールの薄いウエッヂを
好むゴルファーの多くはFWが好きでありません。
それは 腕でクラブを振っている限り
インパクト前後のロフトが安定せず
打ってみないとどんなインパクトロフトになるのか
分からないので、ソールやバンスが邪魔になってしまうからです。

まあ それは兎も角、
ランニングアプローチでも
インパクト付近に 自分の動作とは全く異質の
ヘッドの移動速度、ヘッドの動き速度 を造るスイングでは
距離感と言うはよほどの練習量がないと身に付きませんから
自分の動作速度=ヘッドの移動速度 という
アプローチを身につけていくことが
同時に フェアウェイウッドを上手に使えるコツ
 でもあるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーショットとアプローチショットは
実は非常に密接な関係にあります。

ボールがグリーン上で止まる、止まらない は別にして
アプローチショットの最大の目的は
その距離をうつこと」です。

目的のその距離を打つのには
ボールがグリーン上で止まる と言う条件の上では
出来るだけ ボールの飛ぶ放物線(飛球軌跡)と
「打つ目的の距離」が似ている方がいい。。。つまり、
必要最低限の高さにしておくことです。
gc_img03

確かにボールをグリーン上で止める最大の方法は
スピン…ではなく、地面に対する落下角度がきつい
90度は無理ですが、それに近い方が
ボールはその場で止まり易くなります。

スピン…に関しては
誤解なきように言っておくと
スピンは「多い」「スピン量が多い」から
ボールが止まる、スピンが利くのではなく
ボールが地面に着弾した時に
スピンが残っているか どうか なので
低い球であったとしても、スピンが残っていれば
スピンが利く、スピンの効果はありますし、
逆に高い球であっても、スピンが解けてしまっていれば
スピンは利きません。

双方、高さと出す スピンの量を増やす
というのは、ロフトの多いクラブを使えばいい訳ですが、
ロフトの多いクラブは その同じ距離を打つのに
ロフトの少ないクラブよりも
 振り幅も振り速度も大きく速くなり
ミスの危険度が増します。
更に、そのミスが出た時のミスの幅も大きくなります。
そして、アマチュアの最大の問題は
その 高さを出す、スピン量を増やす というのを
クラブの製品ロフト角度「だけ」で作らず
打ち方によって さらにロフトを増やしてしまう事です。
スナップショット 1 (2012-12-07 17-08)

体の回転を主にして(出来れば全部)、クラブを動かせば
クラブはその製品ロフトの効果で打てますが、
クラブを腕で円に振ってしまうと
打ってみなければロフトは分からないばかりか
そのクラブの作り出す遠心力などによって
体の姿勢も変わり易く、インパクト時のヘッドの上下動
上下のズレが大きくなります。

にもかかわらず、スピンを利かせ
ボールをグリーンで止めるんだ妄想狂に取りつかれた
アマチュアゴルファーの多くは一生懸命
ボールを上げようと 手で円弧に振ろうとしています。

この練習は「ロフトを増やして 球を上げる」
「ボールをこする」練習に当たる訳ですから
それをそのまま ドライバーに適用することになります。
練習場で ドライバーを単独で練習する数と
その「ボールをこする」アプローチの練習…
 どちらが練習量多いですか?

コースでは 間にパッティングを挟みますが
その「ボールをこする」アプローチをした後
次に打つのは ドライバー です。

アプローチショットは パッティングと同じく
ボールのスピードをコントロール、管理することが
即ち 距離感です。
状況にもよりますが、許されるならば
ある程度 そのクラブのロフトなりの低めの球で
距離感を身につけていくことが
イコール ドライバーを飛ばす…ショット
の練習にもつながっていくのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ