◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2015年07月


弊社の悶絶…と呼ばれる サンドウエッヂを使う限り
バンカーショットがうまく行かない(距離感は別として…)
バンカーから出てこれない ということは

全くないと思います。(断言できる…かも、です)

バンカーから打っても
予想以上のスピン効果も期待できると思います。

ヘッドの重さとシャフトの柔らかさは
やはり 対 重さ にはとても強く
ボール以外の質量をどかさなければならない
ラフからのショットやバンカーからのショット
そしてダフッてしまった時などに
大変効力を発揮します。
02_b

よく言われる 同じ距離であっても
バンカーからは普通のショットの3倍の力 が必要…
なんて言われますが、
軽いヘッドのクラブ、硬いシャフトのクラブの
性能をそのまま物語っているような、そんな気がします。
チカラのない方や女性やお子さんが
軽いヘッドのウエッヂを使っている限り
かなりの確率で バンカー苦手 バンカー嫌い に
なるのは ある意味必然なのかもしれません。

ハミングバードのクラブであれば
全く同じとまでは行かないかもしれませんが、
同じ距離のバンカーショットであっても
 普通のショットの2倍も「チカラ」要らないような
そんな気がします。

よほど特殊な状況でない限り 「打てば出ます」
バンカーだからと特別な打ち方も必要ありません。
まあ、足場が緩い場合もあるので、その場合
けが防止のため、足場をそこそこ固めたら
ただ 思った通り打って頂ければいいだけ です。

そうですね。。。
軽いヘッドを使っている人もいらっしゃるので
バンカーの基本をひとつ・・・

ゴルフクラブの一番低い位置は
ヒールの裏側
ウエッヂで言うと 角の部分 です。
ここが 上下関係でいうところの
「ボールよりも低くになればいいだけ」 です。
位置関係でいうボールの真下 ということではありません。
ymage

そのために 通常のショットよりも
心もち、ボールより離れて構えるのがいいかも…です。

リーディングエッジをボールの下に入れる感覚は
ショットの距離感を大幅に狂わせますから
避けた方がいいと思います。

ウエッヂの素振りをする際
(バンカー内でって意味じゃないですよ)
ヒール部分だけ地面に触れ
地面に 進行方向と平行な跡が出来るような
そんなイメージですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote





006

多分 現在 流通しているパターでも
唯一の存在 
軟鉄削り出しのL型パター

企画、製作、販売までに一年余かかった
ハミングバード刻印入り パターです。

004


原型は ジョージロー スポーツマンの
量産型「ブリストル」
これをベースに 軟鉄で作りました。
003

無駄な飾りをすべて 剥ぎ取り
シンプルかつ重厚に仕上げてみました。

004


009

L型ブリストルパター

009


弊社オリジナルアイアンの
シェイプを取り入れ
仕上げ、素材、メッキともに
アイアンと全く同じです。
0番アイアンとしての
イメージを持っています。

010



ヘッド重量   470g
シャフト重量   90g
総重量     650g前後
ロフト角度     5度
ライ角度     71度
バンス角度     3度



006

お尋ねください☆046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

硬いシャフトを使っている人や
ウッドとアイアンを全く別な性格で
構成をしているゴルファーのボールの位置を見て貰いたい

今 このブログを練習場で見ているのなら
目の前の打席の人のボールの位置を見て貰いたい 

ドライバーのティーアップの高さなんかによっても違うけれど
20年前に比べると ドライバーやウッドの
シャフトの硬さは大分落ちてきている

昔で有れば Sシャフトなんか は
振動数で言えば 280〜300cpmなんかも
珍しくなかったけれど 
今では 結構ハードと呼ばれているモノでも
250〜265cpm程度である

ところが それに比べ アイアンの振動数は
スチールシャフトであれば 依然高く 
5番290〜320cpm 位
ウッドとの硬さギャップはどんどん広がっている

販売する番手構成に 3番等が排除されているので
シャフトは全般的に長くなっており
アイアンであっても 20年前に比べると 半インチ以上
長くなっている。  長くなっていると言う事は
ヘッド重量が下がっている 軽くなっているのだから
より クラブは下方向に落ちにくい
 届き難い と言うことである


スウィング破壊兵器 軽量スチールシャフト
を 
破壊兵器と呼ぶ最大の理由は
低い所に置いてある ボールを拾う
クラブにとって 最大であり 始めの一歩である
機能が 殆んど備わっていない事で
これが備わっていないと
その機能を自分で処理しなければならなくなり
その処理による副作用は あまりに多く 重大。
頭痛を解消するため 薬を飲んだら
頭痛はおさまるけれど
その副作用の為 肝機能障害 腎不全 心不全 
などになってしまうほど 深刻な事態。

話は戻るが アイアンのボールの位置
前の打席の人は 多分 真ん中よりも右
日本人は 利き目が右の人が多いから
真ん中に置いている と思っても
正確に後ろから見てあげると 相当 右
右の☆たまの前とか 右の股関節の前なんて
人も少なくないし ウエッヂなんかは
体を少し左に開いている と言うのを差し置いても
右のつま先の前 なんて人もいる筈です

極端な例ですが ドライバーを左足かかと
アイアンを右足かかと の位置にボールを置けば
スウィング ヘッド軌道を変えるだけでなく
二つは大きく リズムやタイミングも異なる訳で
スタンス幅 人によって異なるが
往復では 1メートル以上の差にあったりもするのです

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)


bcb3a5e8


ですから 例えば 他人のクラブなんかに
アドバイスを求められた場合
双方の ボールの位置の違いがどの位なのかによって
だいたい見当が付く訳です

お薦めはしませんが
右にボールを置くのならば
そこで 全部のクラブが打てるのであれば
クラブによって ボールの位置を置き換えるよりも
ショットの問題は大幅に軽減出来るのです

多くのクラブは
その使う人にとって 動かないオーバースペックなモノです
ハミングバードのクラブのように
重く柔らかい軟体動物系のクラブは
かなりの幅 15センチ程度 ボールを動かしても
満足は出来なくとも 何とかなりますが
オーバースペックなクラブは
ボールとヘッドが接する時間と場所は
多分 一点しかないのだと思うのです

届いて スライスし辛く 一番飛ぶところ
幾つかの要素を満たす 唯一の場所
ですから オーバースペックなクラブで
ボールの場所がズレテしまうのは 命取り なのです

しかし 良く考えて下さい
コースは練習場のように 目標になる直線や規格が
一切無い場所で 精神状態も 非常に高揚しています
遊びの無いボールの置き場所・・・
果たして その ミッションインポッシブル が
一球 一球 成功するでしょうか  乞うご期待!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフの構えには 『前に傾きを造る前傾姿勢』
  というのがあります。
BlogPaint

前傾姿勢を造る大きな理由の一つに
前傾姿勢があると、打ち手が手の動作として
クラブを上下に大きく振らないで済み
クラブの移動を大きな筋肉、部位に任せられます。

そして、もう一つ、クラブにはそれぞれロフト角度があり
クラブの長さがあり それが生きることが
打撃の破壊力を効率よく ボールの速度、回転、角度に
分散させ、距離を分けられるわけです。
その機能を維持するのには、打ち手が
長さに応じて、前傾姿勢を変えるだけで
自分の上半身に対し、クラブの動かし方は変えない
というのがポイントになるのでしょう。

そのためには 少なくとも ある程度 正しく
前傾姿勢を作っておく必要があります。

多く見かける間違いなのですが、
前傾姿勢とは 腰の折り具合、背中の曲げ具合ではなく
骨盤と大たい骨の角度差を指します。
無理に背中をまっぐす、反らすまで真っ直ぐしておく必要は
ありませんが、背中を前に折り曲げるのは
前傾姿勢とは異なります。

そのためには 基本の構えとして
体の重みが ちゃんと靴に乗っかっている必要があります。
直立の姿勢から 前にお辞儀するのではなく
・・・腰やお尻の位置を固定し、頭を前に出す のではなく
逆に、頭の位置が変えず(その位置で下がりますけど)
お尻の位置が後ろに下がるのが基本になります。
頭と靴の位置が固定で、お尻が下がり「くの字」を
造るのです。
BlogPaint

これでは、体重はかかと、後方にかかってしまいますから
「膝と足首をおおむね均等に曲げ」
体重を靴全体、土踏まずや拇指の方にかけていきます。

スキーで言うところの
脛がスキーの靴のべろを押している
そんな感じです。

筋力や年齢にもよりますけれど、
前傾姿勢は「あれば」いいので
特に深くする必要もありません。
筋力や持久力に自信がなければ
ありさえすれば、浅くていいのです。

足首を曲げるのは量は兎も角 絶対条件ですが、
膝も足首も「曲げたー」と言うほど曲げず
はっきり曲がってないけど、伸びてもいない
あたりが一番柔軟性があるような気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフの構え、アドレスを取るとき
両足を適度に広げます〜スタンスといいますね。

肩幅程度と言われますが、
脚力に自信のある方はやや広め
あまり自信のない方はやや狭めがいいかと思います。

スタンスを取る際、
とても大切な注意点は
ゴルフのアドレスは クラブヘッドが目標に向きます。
そして、自分のスタンス、アドレスは その線に対し
平行で、どこまで行っても交わらない
 ということです。
yjimage

これ、結構訓練しておかないといけません。
何気なく構えてしまうと
自分のスタンスが目標を直接向いてしまい、
クラブヘッドの目標はそれと平行に右にずれてしまいます。
その習慣が身についてしまうと
右を向いて、ひっかけて打つ という打撃が
身についてしまうのと同じなのです。
アマチュアゴルファーにとても多いパターンなのですが…。


スタンスを取る際、休みの姿勢と同じに
つま先ややや開いた方がいいですけれど、
後々のことを考えると 左足を方をちょっとだけ
多めに開いていた方がいいかも…しれません。
002

その目標に対し、平行にスタンスする
と言う点で も一つ注意しておくべき点は
その つま先の開きにもよりますが、
その基準点になるのは 
つまさき ではなく
『両足のかかとライン』!!!!
これは 練習場などで
始めのうちに かかとにクラブなどを置いて
練習しておいた方が あとあと よいかな と思います。


スタンスの向きは ボールの位置関係と
大変密接なものなので
どの道 ゴルフの構え、アドレスは始めのうち
違和感があるものですから、違和感のある内に覚えてしまうのが
いいでしょうねー。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


人間の背骨には体を回すための関節が存在していません。
テークバックで「左肩を入れる」「肩を回す」というのは
上半身の乗っかっている骨盤が向きを変えたから
その上に乗っかっているものが「動いて」「回って」見えたに
過ぎないのです。

お尻や太ももなどの非常に大きな筋肉を使って
骨盤を、骨盤から上の胴体(上半身)の向きを変える
ことが スイング動作の原点になります。
414

無理やり肩部分だけを捩じってしまうと
もともと その機構、その機能が体にないため
おじさんゴルファーにとっては 
腰痛などの体の故障の原因になります。

肩部分を上半身の水平に回す機能がない訳ですから
体を無理やり「捩じる」しかなくなりますので
必ず 両方の腕の長さを調整せざるえをえなくなります。
ゴルフクラブには ロフトなどの角度が存在し
左右だけでなく、上下に対しても 飛ぶ方向、角度というものが
重要になります。
捩じることによって、毎度いろいろな角度になり易いので
飛距離や方向、あたりそのものに安定性を欠くことになります。

左肩を入れろ みたいな意識を持つと
テークバックからトップオブスイング(トップ)にかけて
体が縮まるような、そんな姿勢になり
ダウンからインパクトで それを解放する姿勢になるので
腹筋に力が入らず、インパクトと言う重い衝撃、負荷に
耐えられる姿勢が出来ません。
同時に 開放する姿勢は起きる姿勢になりがちなので
アドレス時の前傾姿勢、クラブと腕のデイッシュアングル(角度差)
を失い易く、これまた ゴルフクラブの大切な角度の意味が
薄れてしまい易くなります。
あくまでもイメージですが、
テークバックからトップにかけて胸を開き
ダウンからインパクトにかけて腹筋を締める
そういう意味でも
テークバックの動作は
出来るだけ 

その動作進行方向の右サイドが積極的に動く
移動する意識を持つといいかと思います。

英語ではありますが、欧米のスイング用語に
「ライトポケットバック」
というのがありますが、・・・・右のズボンのポケットを引く
というのはテークバックの動作を表す的を得た用語だと思います。

また この時点で動作、進行方向の右サイドを
積極的に 動作の主エンジンにしておくことが
逆の進行方向になった時の左サイドを使う感覚に
つながっていきますから とても大切です。
スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)

一般的にスイングの
テークバックは左サイド を動かす
というのは テークバック(進行方向左⇒右)
に対し 後ろにある左を押し込む動きになるので
帰りであるダウンスイング時に 右サイドを動かす感覚が
身に付きやすく、その動作エンジンでは
よほど訓練を積まないと、やはり体のいろいろな角度が
大きく狂いやすく、クラブの大きな機能
 「角度」を狂わせてしまい易くなります。

★俗に言う「足腰」という 
 大きな筋肉を使って
 骨盤の向きを変える (胴体の向きを変える)
★動いていく方のサイドを
 主エンジンとして動作する

というのは 準備 としての スイング動作としてとても重要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールを使うスポーツでは「ボールをよく見ろ」
と言われますね。
しかし、ゴルフはほかのスポーツとはちょっと異なり
ボールは自分が打たない限り 止まったままです。
ルール上も動いた球を打つとペナルティになってしまいます。

ハミングバードではボールを見るな、とまでは言いませんが
体の向きの変更を促進するために
体の向き、骨盤の向き、胸の向きと同じように
視線を動かすことをお勧めしています。
スナップショット 1 (2013-11-17 19-19)

よくありがちなパターンなのですが、
ボールをよく見てしまうため ⇒ボールを凝視してしまうため
結果、目や顔が支点になるスイング があります。
本能的な部分なのかもしれませんが、
ボールを凝視してしまうと、目とボールとの距離を
一定にしてしまうのかも知れません。

体の向きを変えていくと
アドレスを基準に、どちらに向きを変えても
本当は目をボールの距離は離れるものです。
まあ ボールを見ているとするのならば
体が右を向いたとき、顔が左を向くような恰好に
なるんでしょうか…。

ボールをよく見ておくことよりも
体をちゃんと回すこと
そして、それに伴って
体に妙な、不必要な傾きなどを造らない方が
よほど重要です。
ボールを凝視してしまうと よくあるケースが
本来、傾きはあれど 体の向きの変更は
地面に水平に近い、横への動作なのに
顔を中心に縦の動作、左右肩ラインの上下の動きに
変えてしまうことがあります。
これでは 動作中に地面の傾きを変えてしまうの
同じになってしまいますから、ダフリ、トップなどの
ミスを誘発することになってしまいます。
44_1_0p


正直、慣れてさえしまえば
ボールから目を切ってしまった方が
現場に出た時に起こる「妙な緊張感」も薄れますので
視界から一度ボールを切ってしまう事で
スイングを覚えてしまった方がいいような気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフ用語によく「体重移動」というのが出てきます。
実はこの体重移動を言う言葉は
正しくスイング動作、ショット動作をすると
『体を回転させること』と同意語と言っていいと思います。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

体を回転させる(体の向きを変える)という事は
お尻や太ももなどと大きな筋肉を使って
骨盤から上の、股関節を境に胴体の向きを変える
という事になります。
この動作では 人間の背骨が軸、支点になる訳ですが
その人間の背骨は 人間の身の厚みに対し
後ろ 背中にあり、内臓などの入った重い部分は
それよりも前方(厚みに対し)、前側にあるのです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




ですから 右を向けば 重みの部分は右の股関節が支え
になるような、重さのかかり方がしますし。
左を向けば 重みの部分は左の股関節に乗るような
そんな体重配分になる訳です。

スイング全般に言えることですが
如何に クラブ単体を腕で振ろうとせず
それを持った自分が動く、自分が向きを変えるから
クラブが移動する と言う意識を持てば
体の回転とともに「体重移動」は自動に付いてきます。

逆に体重移動を意識しなければいけない というのは
クラブを腕で振っている
クラブ自身を単体で動かしているという証とも言えるのです。

スイング軌道(スイングプレーン)の記事でも書きましたが、
クラブを腕で、自分が動くことで移動させるのでなく
クラブ自身を振ってしまうと その答えは無限の迷路ですし
腕と言う小さな筋力で動かすことになります。
基本、打撃力をボールの回転、スピン製造方法になりますから
ボールを遠くに飛ばす ということには
非常に無駄の多い動作になる訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)ゴルフスイング用語でよく使われる
『スイングプレーン』とは
スイングを前や横から見た時に
ヘッドの通る道、軌道や
シャフトの作る面を指します。

このようにスイングを画像や動画にした時に
比較しやすいので スイング練習で頻繁に使われますが、
 *絶対的な原則として
基本姿勢のアドレス、構えに前斜(前傾)姿勢があり
そして、体の向きを変えることによって
このような 傾いた円系の跡になるわけです。
それを 手さばき、手使いでつくってしまおうと
するのは非常に大きな間違いです。

手さばき、腕さばきで スイングプレーンを造る
なぞろうとすれば その円弧の大きさも含め
それは立体の動きですから その軌道は無限な種類に
なってしまいます。

スイングプレーンを手ばきでつくる と言う行為は
非常に多く、非常に大きな過ちで
それを追いかけている限り、生涯答えは掴めないのですが
まあ、それはさておき・・・

スイングを造る際のイメージとして
とても大切な部分
とても説明し辛く、イメージもしにくいと思いますが
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
そのスイングの軌道
スイングプレーンに対し
打撃面であるフェースは
いつも外、自分でない方を
常時向いている ということです。

となると その軌道に対し
ボールはいつも外
軌道よりも外側にあるという事になります。
これもイメージではありますが
テニスや卓球などのグランドストロークに近い感じ
というところです。
打撃面を伏せて(地面に向け)
ラケット(ゴルフクラブ)を固定し
フットワークでボールを打つ
というのは大変似ているショットだと思います。


その逆で たぶんこちらの方が多いイメージだと
思うのですが、
このヘッドの通る軌道に対し、ボールが中にある
ということは 常時打撃面のフェースは自分側を
向いているという事になります。

これでは 打撃の力は球体に対し
回転にしかなりませんから。。。
俗に言う こすり球製造方法になってしまいます。

スイングプレーンを強く意識する必要は
本来、一切ないのですが
それを 手で作らないという行為にもつながっていくので、
始めの時点でそのイメージを持っていた方が
よいかなー と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフのスイングでは
基礎として、当たり前ではありますが、
その 握り方と構え、グリップとアドレス は
大変重要と言われます。(重要です

双方は当然絡み合った関係にあるのですが、
グリップがアドレスを造る と考えた方が良いでしょう。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223特に左手グリップが
それを運動の支点にするために
がぶっと手のひらで握ってしまうと
…俗に言うフックグリップ…
本来、右手の入ってくる部分に
左手の親指が存在するため
右手グリップは横から、正規な位置関係よりも
5センチ近く下、左手を上下に離れたところを
握らざるを得なくなってきます。

正しく 左手のグリップを指で握った時、
左手のグローブには立体裁断の
親指の部分のカーブが存在していますが、
そのカーブと右手が平行な
数センチ(1〜2センチ)程度の隙間で
平行な関係になる筈 です。


スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)

スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)


左手をかぶっと握った状態と
左手を指で握り、左右が(上下に密着)くっついた状態
その双方をグリップでなく
アドレスで比べてみると その差はかなりあります。
左手をフックにカブッと握った状態では
アドレス時の左右の肩ラインはかなり極端に左上がり
多分、骨盤の傾き以上に肩回りでなにがしかの調整をしないと
いけないほどの傾きになるのでしょう。

大げさではなく 正規な位置関係に比べ
右手が5センチ程度 低い(遠い)ところを握る訳ですから
その分アドレスが狂う訳です。


スイングの悩みとして …体重が左に乗れない
ショットの悩みとして ダフリ、トップ…
正規な構え よりも 右サイドを5センチも下げ
左サイドを5センチも上げていれば
当然、それらのミスの原因になり得ます。
スタートであるグリップ、そして構え が
狂っているのを無視し、それを運動の動作で修正しようと
すれば 問題はより複雑化し、答えは出てこないでしょう。
また、このような握り方。。。
使い方の方に問題があるのですが、
左手のグリップを支点にクラブを振るスイングでは
ラウンド後半になり、握力が低下してくると
そのフックグリップ度合、握りしめ度合いは
強くなってくるのです。


確かに グリップはグリップだけの問題でなく
クラブをどう扱いかが具現化したものであるのは確か、です。
しかし、ここを意識しておく必要は
ある意味、自分のスイングチェックになるだけでなく
事前にミスショットを少なくする方法でもあるのです。


これも結構ルーズに握っていますね↑
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ