◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2015年06月


鶏が先か 卵が先か
ユーティリティクラブが
中〜長距離レンジの用具として主流になるのと
同時に、フェアウェイウッドが苦手なゴルファーが
増えてきている。

パワーが落ちてくると
ボールの高さを取るのが苦手になってきて
中〜長距離のレンジでグリーンを狙うのが
難しくなってくるので
そういう点からも早い段階でFWと
仲良くしておく方がよいでしょう。


004


フェアウェイウッドの利点は
重心が深く、自然に高打ちだし、ロースピンの弾道
造りやすいこととと
ソールに奥行きがあるので、
安定したインパクト.インパクトロフトを得やすい
という事がある。

フェアウェイウッドは機種によっていくらか違いはあっても
通常のユーティリティクラブやアイアンの
3〜4センチ程度の奥行き、ソール幅に比べると
倍近いソールの幅、奥行きを持っている。
この奥行はクラブを正しく使っていれば
自転車の補助輪のように、多少の誤差やミスを
補正、補助してくれ、毎度同じようなロフトで
打撃してくれるという とても便利な代物なのだ。

ところが、やはりだけど…使い方を間違ってしまうと
その双方ともに、使いにくい原因になってしまう。


 クラブを腕で丸く振る
 ヘッドがグリップを追い越すイメージでは
ボールを打つ前に 地面とヘッドが干渉してしまうような
単なる打撃の邪魔になるだけの代物と化してしまう。

009
例外はもちろんあるだろうけれど
総じて フェアウェイウッドのを苦手とするゴルファーの
多くが、アプローチショットに「上げる球」を多用する
傾向にある。

クラブを丸く振ろうとしてしまっている。

本来、スイングは
体の向きを変える、回転することによって
「結果」 スイングのヘッド軌道は
「外の人から」丸く振って見えるもの。

それを自分の腕でクラブを振ること
ヘッドをたくさん動かすことで
体の回転でなく、自分でクラブを
丸く振ってしまっていることに
うまく行かない原因があるのだ。


ヘッドを振る、腕でクラブを丸く振る と
インパクト付近〜フォローにかけて
スイングの進行方向〜打球線方向を基準に
ヘッドはグリップよりも前に出る、
ヘッドがグリップを追い越す と言う形、
アプローチショットでボールを上げようとすると
起こるこの形、このイメージ

この形は ヘッドがグリップを追い越す
と言う行為と同時に 自分が上を向き
グリップの指す方向に体重を残すことになる。
つまり 右に体重が残ったまま、上を向くことになる。




スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)
昔から ゴルフ用語には
「ボールを上げるのはクラブに任せろ」
と言うのがあるが、これはそれそのもの。
スナップショット 5 (2013-06-22 0-33)



これもアプローチのような練習で解消できるよ
フェアウェイウッドを持って来て
まず自分のショット、スイングのトップ位置を作る。
出来れば、まずクラブを高くしてから
(シャフトが地面と平行程度)
体を回す トップの作り方がいいね。

そしたら まずグリップを下げる。
出来れば ヘッドは上下左右ともにあまり動かさず
グリップが下へ移動した分「だけ」
ヘッドをその場で下に移動する感じ。

その姿勢が出来たら
あとは 体の向きの変更だけで
ボールをさばく。

この時の注意点は
もしも このドリルで
トップしたり、チョロしているようなら
上を向いて打っている証拠。


言葉で表すのは難しいけれど
お尻も含めた脚、下半身で体を回す ということは
脚の動作がそのまま打撃そのものだという事。

多くの人は 足を動かして「から」
へそから上の上半身をまわす という
二重の回転を造ろうとしている。
脚のアクションがそのまま打撃ではなく
脚のアクションが上半身(の上側)を回す
きっかけにしているだけ。。。

そうではなく足のアクションそのものが打撃なんだ
ということ。

まずはトライしてみてね♪



スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)



そして 打撃というのは
この場合でも 右向き⇒正面⇒左向き と言う過程の
右向き⇒正面 で打つのだから
自分の思っているイメージよりも
うんとインサイドから打撃(もちろん腕で作るものでなく)
するんだということ。

多くの人はアプローチであっても
練習場のマットなり
飛球線方向に
まっすぐ後ろから 真っ直ぐ飛球線に!
と言うイメージが強すぎる。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッド重量を主力エンジンとした
打撃の破壊力は ボールのスピード(推進力)
ボールの回転 打ち出しの角度などに
エネルギーの形態を替え 距離や弾道になる。

その
「スピン」についてだけれど
理想的な ドライバーショットの スピン量は
打ち出しの角度等にもよるけれど
 2000〜3000回転 と言われる

この 数千回転 ⇒ この数量の単位は
一分間の回転数である
 rpm cpm の m はミニッツ(分)

ドライバーショットが マンガのように
グルグルグル〜っと回転して 飛んでいるのではない

一分間に換算した時の回転数であって
実際に ドライバーの空中を飛んでいる時の時間は
6〜8秒程度であるから 2000回転/分 で
2000 ÷ 60 × 8 = 
266…回転

sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

例えば 200mのキャリーボールとして
1m進むのに 1.3回転程度 しかしていない

ボールの一回転は 14センチ程度であるから
空中を飛んでいるボールは
殆ど 横滑り〜スキッドしているのである。

ボールスピードの速い ドライバーショットなどは
ボール回転が多ければ多い程
ボールの表面積が増えるのと同じだから
パラシュートを開いたように抵抗が掛かってしまい
飛距離をロスすることになる。

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

それとは ちょっと ニュアンスは違うけれど
ウエッヂショットで よく使わる スピンの効いた弾道

スピンが多い と言っているのではない
スピンが効いている と言っているのだ。

始めにも書いたけれど
ボールを打撃する量は決まっていて
それが スピンや高さに分配されれば
ボールスピードは当然下がってしまう

回転や高さは ボールスピードよりも
エネルギー消費が多いので
回転を増やした弾道は スピードだけでなく
それぞれの維持する力も 失ってしまう。

無闇にスピンを増やした弾道は
早い段階で スピンが無くなってしまい
着弾する際には 惰性になってしまうコトが
非常に多い

また スピンの多い弾道は ボールの一番高くなる
頂点の部分が そう飛距離の中でも 早めに来てしまい
着弾する際の 地面へのアプローチ角度も緩くなりがち

総じて スピンを増やした弾道が
予想を反して 止まり難いのは そんなところにもある

しっかり捕まえて スピンの総量は少なくても
スピンが維持される弾道を打つことが
スピンを効かせることだと理解して貰いたい。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


正しいグリップを握る
と言うのは基本 だとは思います。

アドレスも含め、グリップもスウィングの一部ですし、
それを元に、動作と言っていいのか、
クラブの扱い方、動かされ方が決まってくるとも言えますね。

では、グリップから始めよう!
と言うのも、ひとつの方法です。
とっても大きな違和感を楽しめる人ならば
その方法も良いかも知れません。

言葉の通り、
グリップから始まり、グリップに終わる
というのは、正しいと思います。

グリップを真面目に考え始める
というのは、同時にアドレスも考えることになります。
アドレスもグリップも、その人、その人の
動かし方によって決まってきますので
結果、クラブの扱い方も変わってくる と言うコトです。
IMG_0052
グリップは重要とは思いますが
今すぐ、グリップを直しましょう! とも思いません。
ただ 出来れば、常時 自分のグリップを観察して
置く必要はあるかも知れません。
良くも悪くも、クラブの扱いが変ってくると、
それと同時にグリップも変わってきます。
いずれ 正しいクラブの扱いになってくる
その証として、グリップも良くなってきます。
久々に来たお客様のスウィングを見ずとも
グリップを見れば、だいたいのクラブ扱いは、
クラブ扱いの変化は見えてくるものです。

個人的に、最近、主流のスウィングが
好きになれない大きな要因に
グリップの汚さ があります。
オンプレーンスウィングのような
テークバックを左腕、肩も含めた左手だけで
上げるスウィングは、それをする為に
殆どの選手が左手はフックグリップです。
右手を多用する打撃論ではないので、
あまり右手については詳細は問わない ようです。
左手で上げている傾向の強い方は
モノは試しと、左手の甲が地面を向いてしまう位
ウィークグリップにして、始動をしてみて下さい。
とってもやり難いでしょ?!
グリップを変えても、スウィングして行くうちに
自然と元に戻るでしょうね。
自分のやり方がやりづらくなるのですから…。

スクエアというのが、体にも、目にも
優しい訳ですし、正しいアドレスと言うのは
スクエアグリップから生まれると断言出来ます。

フックグリップにすれば、アドレス時から
左手を長く使い、左サイド、左肩が上に
引っ吊れた状態になり易いですし、
本来、腕は肩から生えている訳で、
左右共に、肩とグリップを結んだラインに
沿って、グリップして行く姿が美しい筈…。
しかし、フックグリップにすれば、
左手が基本ですので、右手はグリップに
対し、横から入る事になるので
(入れたい箇所を左手に塞がれてしまっていますから)
必然的に、あまり美しくないアドレスになります。
左右のグリップが 上下に離れた形に
なるのも相まって、アドレスから姿勢の
崩れた状態になりやすい ですね。。。
imagesCAJGF9HV
グリップやアドレスが美しくないスウィングを
自分の目標や憧れにするなんて
なんだか、目の肥えていないゴルファーが
増えてしまったと言うか。。。
ちょっと 寂しいですね。。。


スクエアに近い、グリップを
覚えるのに、割に簡単な方法があります。
クラブ一本とグリップ(装着されていない状態)
があれば、お家で十分できます。

グリップを握ります。
出来るだけ、指側で握って下さい。
もう一本の グリップを縦に同時に握ります。
そちらは自分側と言うか、上側。。。
グリップが板っぽい感じ 分かりますか?
その感じが掴めたら、グリップエンドを地面に向け
手前側のグリップだけを、下に落として下さい。
はい! 出来上がり。

グリップは「グリップ」です。
グラブ ではないのです。

板状に感じることによって
右手の押す方向や役割も見えてくると思います。

是非!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ