◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2015年06月


あくまでもイメージですが
こんなイメージで練習してみましょう。

軽いウオーミングアップの段階や
アプローチの練習で
多くの方は クラブを回転させる・反転させる
イメージを持っていると思います。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)
この写真上で言うと
この段階では グリップの方が画面の左側(ヘッドに対し)
ヘッドが右端にありますが
打った後は その逆の
スナップショット 3 (2013-06-12 22-56)
このようなイメージを抱いて
これを実現させようとしてしまっています。

確かに 色々なものの組み合わせによって
「結果」はそうなるのですが、
打つ前の、事前のイメージは
出来るだけ このように
スナップショット 1 (2015-06-29 12-35)
ヘッドとグリップの位置関係を逆転させず
打ち終わった段階でも
グリップの方が写真上左、ヘッドの方が写真上右
その関係を維持するイメージでボールを打ってみて下さい。
シャフトを回転、反転させずに
シャフト・クラブをそのままスライドさせるイメージです。

出来れば その移動は足を使った体の向きで
したいところではありますが、
刷毛塗のような肘使いでしてみるのも悪くないです。

スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

ゴルフのスイングのメカニズムは
この写真の位置関係で
ヘッドがグリップよりも左にある時間は
体は上を向いています。
逆に ヘッドが右にある時間が下を向いている時間
ということになります。

確かに「結果」は体は左を向きますから
クラブは反転するわけですが、
それは自然な成り行きによってのもので
「意図的な」行為でしてはいけないのです。
意図的にクラブを反転させる
ヘッドを方をたくさん・長い距離動かすのは
イコール グリップを移動を止める動きになり
体は早い段階で上を向きます。
遠心力に対する人間の反応から
体重も左に移せず、右に残ったまま に「必ず」なります。
体重が右に残ったまま 左を向けば
当然左股関節に前傾姿勢はなくなりますので
同時にディッシュアングル(腕とクラブの角度)も
失うことになるのです。


スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)



ランニングアプローチなどの加速をほとんど要さない
そんな練習では 実際にそのイメージのまま
打つことも可能です。


このイメージと 
⇒フェースは常時ボールを見ている
⇒利き肘の伸ばし によって クラブをロフト方向に押す

がつながってくるといいですね。


一見 つながりがないようですが
★ディッシュアングルを解かない
★前傾姿勢を残す(左股関節の)
★ボールを上から打つ
★ボールをつぶす・つかまえる(ボールの逃げ場所を無くす)
★体重を左に移す

はこのイメージがないと成立しません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コースでのミスショット。。。
その原因の多くは…多分6割はスイングではなく
ボールの場所(置き位置) にあると思います。

ボールの置き位置 というのは
自分の体、立ち(足〜靴)の向きと
ボールとの関係も大きく含まれます。

似たようなボールの位置に置いていても
本来構えなくてはいけない、立たなくてはいけない
方向に対し、クローズに構えていれば(右を向いていれば)
ボールの位置はより左に置いているのと同じ、
オープンに構えていれば(左を向いていれば)
ボールの位置はより中に置いているのと同じ、 です。
005

私の見たところ、ほぼ8割のアマチュアゴルファーは
本来向きたい方向よりも かなり右向き
時計で言うと 12時ー6時(12時0分)のラインに対し
1時ー7時に構えていますから
自分の考えているボールの位置よりも実際は
2〜3個…いやそれ以上左に置いて打っているのです。

元来、ゴルフのスタンス(立ち位置)は
ほかのスポーツにはあまり多くみられない
ターゲット (ボール、もしくはクラブと目標のライン)
に平行に離れて立つ と言う特殊なものです。
自分の達とターゲットラインは未来永劫交錯しない
平行な関係にあるのです。
放っておくと 本能的な部分もあるのか
自分自身が目標物、例えばピンフラッグとかに
向きたくなりますが、それではそれに平行して
ターゲットは右にずれてしまいます。

距離にもよりますが、グリーンに向かって打つとして
自分の体、足(靴)の立ち方向は
グリーンの左、左端、左外 と向いていて
クラブ、ボールのターゲットラインは
グリーンセンターだったりするのです。

自分自身、靴の立ち向きがグリーンセンターであれば
ターゲットラインはグリーンの右端か、グリーンの右外
であったりするのが その方向関係なのです。

ややこしくはありますが、
自分自身がグリーンセンターに向いて立っていて
そのまま普通に打てれば、グリーンの右端、右外に
飛んで行ってしまうのが正しいのに
それを無理やり、ひっかけ気味でグリーンセンターに
打とうとする習慣がかなり染みついてしまっていると思われます。

右を向いてひっかけて打っている んですね。
001

そして、さらに
多くのゴルファーはダウンスイングを
下半身主導(言葉はあってますね)
まず体を回してから、クラブを振る という「段取り」
スイングをしていますので
ボールは立ち位置よりもかなり左のモノを振る習慣が
より馴染んでいるんだと思います。

そのスタンスのまま ボールが届かないから
ボールが捕まらないから などと
ボールの位置そのものを中にいれ
 右足寄りの置くようになっていまうと
より悩みは深刻で、複雑になっていきます。


余談ではありますが、練習場やコースのティーグランドで
クラブを数本持って素振りしたり しているのを見ると
この人はどこにあるボールを打つつもりで振っている?の
だろうと不思議に思う事があります。
多少に打ち手によって違うはあるにしても
構えた時の両足の間のどこかにボールは置かれている筈…なのに
素振りでは 明らかに左足よりも外の
しかもかなり空中に浮いているボールを
上に向かっている素振りばかりしています。
何も言わずに素振りをして頂くと
これもほぼ全員に近いゴルファーが
その位置のボールを「打つための」素振りをしているのです。


そこで提案なのですが
日頃から オープンスタンスでボールを打つ訓練 
してみて下さい。
慣れていく上では ボールを打つ方向を
あまりはっきり設定せずに
今までの立ち方よりも 時計の針で言うと
1時ー7時に向いていたラインを
11時ー5時くらいの角度の修正イメージで
やってみて下さい。
002

靴に対してのボールの位置は
左足のかかとにボールの前面が触れるくらいの位置が
良いと思います。
クラブの長さなどによって
ボールの位置を変えるのは推奨しません。
全番手同じ位置、変わるのはボールとの間合いと
右足(靴)の離れ具合(スタンスの広さ)だけです。

始めはクラブを地面に置いて確認するのが
いいかもしれません。

たぶん…ですが、これを我慢して
続けられる人は多くないと思います。
しかし、そこをなんとか
3球ごとに確認し、続けてみて下さい。

これ 実は大きなスイング改造なのです。
右を向いて ひっかいて打っていた人が
左を向いて 押し出して打つようになります。


さらに 体に対してもボールの位置も変わりますので、
上に向かって振っていたのがかなり防がれるようになるのです。
下向きに打つ習慣もつきやすいかと…。
002

練習ではあれど 20度位の立ち向き修正です。
始めのうちは出る球筋は不問にした方がよいと思います。
続けられれば 3〜4回の練習で
より体が素直に回せるようになり
体重移動も自然に出来るようになってきます。

肝心なのは目の前の結果に囚われ
違和感にかられて、元に戻してしまわないことです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パターが一番分かりやすいのかも知れないが、
軽いヘッドを使っていると、
テークバックの初期、
どうクラブを動作させたらいいのか
どこへ移動させたらいいのか
分からなくなってしまう。

行き着く所、ヘッドをどこへあげたらいいか
どう動かしたらいいのか
と ヘッドを動かすことばかり
考えるようになってしまう。

足りないヘッド重量をヘッドを動かすことで
補おうとする動きが
スウィングの中心に成ってしまいがち

致し方ないことではあるけれど
ゴルフをはじめた当初はどうしても
自分にとって硬いシャフトでゴルフをはじめることに
なるから ヘッドの所在や姿勢が掴めない。
ヘッドが軽くなくても、ヘッドを感じることにしにくい
クラブでゴルフを覚えてしまうから
余計ヘッドの動かし方ばかりを気にするようになる。

13016_155517041271702_1616271785_n




市販のアイアンは今や軽量スチール主流がゆえに
より一層軽いんだが、兎も角インパクト時
ボールをどかしてくれない。
ボールの質量に負けている

インパクト時に急激にヘッドが止まってしまう。

それも事前にヘッドをたくさん動かしておく
ことによって、補っておかないと
飛ばないし、打撃の感触として
良い感じがしない(痛い)

ゴルフクラブの使い方として
とても大きな間違いなんだけど、
例えどんなシャフトであろうと
自動的に、ヘッドがシャフトを追い越すこと
は不可能である。

人為的にグリップ部を減速、停止させない限り
ヘッドは『絶対に』グリップを追い抜かない


遅らせて、元に戻す とか
開いて、閉じる なんて
それだけで動作が二つもあるのに
帰りが足らないと 急いだり、増やしたりする。
動作二つでも上手くこなすことが出来ないのに
さらに難しくしようとするなんて
奇蹟への挑戦をしてるのと変わらない。

ヘッド重量の足らない市販のクラブは
まるで エンジンが乗せられていない車に
載っているのと同じ。
そう感じてしまうのは少々オーバーかも
しれないが、正直なところだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


柔らかいシャフトであっても無くても、
多くのゴルファーは シャフトをしならせてしなり戻して使う
と言う認識を持っています。

その使い方は、正直何一つもメリットはなく、
悪いこと、うまく行かないことのてんこ盛り状態なのです。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

まず、一つ目
その作業はすべて手、腕での作業になるからです。
体がある一定の速度、もしくは加速状態で動いている限り
シャフトをしなり戻すことはほぼ不可能です。
体の動きが減速、もしくは停止状態になって
初めて シャフトをしなり戻し始められるのです。
強く、速くシャフトを動かすほど
ヘッドの重さによって クラブは外に膨らもう、飛び出よう
としますから、より強い握力が必要になります。
腕で速く振ろうと作業するのに、手は握りしめる という
速く振る動きを阻害する動きを同時にするのです。
要は腕力勝負という事になります。
それでもやりますか?
sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット

次に、ゴルフクラブは構造上
しならせる〜しなり戻す と言うシャフトの動きに
必ずねじれが発生します。
シャフトの軸線上にヘッドの重量の中心点がないからです。
その捻じれは ロフトの変化だけでなく
ライ角度やヘッドの向きや姿勢まで常時変化させてしまうので
すべてのものが一致した状態は繰り返せません。
毎回、何かが違うのです。
しかも シャフトをしならせるということは
クラブの長さを短くするということになりますから、
ボールと打点の間隔調整が毎回必要になります。
長さだけでなく、ヘッドの円弧もきつくなります。

ロフト角度は望みどおりで
クラブの長でも想定内で
ヘッドの高さもおおよそOK
ヘッドの向きの想定内


少なくとも以上の条件が揃ったとき
まあまあ のショットが出るわけですから
練習量が豊富でないおじさんゴルファーが
似たような球筋、距離や高さなどを打つのは
かなり難しい と言えるでしょうね。

ロフトの付いたクラブ
それが10度と少な目であったとしても
シャフトをしならせて、しなり戻して使う限り
それよりも必ず大きなロフト効果で
ボールを打つことになります。
例外がないとは言えませんが
多くのアマチュアゴルファーは
ボールが高めで、スピンが多く
スライス気味の球筋です。
まあ 正直、そうやって打つ限り
その症状から抜け出ることは難しいですし、
加齢とともに腕力が落ち、握力が落ちていけば
より難しい打ち方 だということです。
おもちゃの鼓笛隊-163フレームショット

そして、シャフトをしならせ、しなり戻して使う
ということは その軸点にあるグリップエンドを
止めておかなくてはなりません。
今風な打ち方で言うと、グリップエンドの横移動を
止めるので、必ず 左サイドは引っつれたような
横移動を上移動に変えて グリップの横移動を止めます。
これ。。。正直 とても体に悪いです。
腕のローリングも多い打ち方ですので
肘や手首などへの負担も少なくありませんし、
その上で 左サイドを引っつらせて打てば
首や肩にもとても負担がかかります。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

。。。。
これで ものすごく飛ぶのなら
まあ その選択もありかな・・・とは思いますけれど
ヘッドを返して ひっかけ気味に打てた時だけ しか
それらしい弾道にはならないので
偶然を追い求めるような確率になってしまうでしょう。
多くのゴルファーは
自身の最大飛距離を「自分の飛距離」と認識しますが、
普通のゴルフコースで 14回打った
その総飛距離が自分のドライバーショットの飛距離で
偶然出た火の出るような当たりは
シャフトをしならせて しなり戻して打とうする
その方法にとっては確率的に ミスショット と言えるのです。
その打ち方である限り
だいたいの球は 高めの、スピン多めの、スライス気味の
球になる筈、それがそのショットの実力、
本来の姿なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは 
柔らかいシャフトは飛ぶ
と言う認識「は」持っています。

と同時に 
やわらかいシャフトは曲がる
と言う認識も持っています。

撓るシャフトを撓らせて〜しなり戻して
ボールを弾く・・・そんな発想が根本にあるのだと
思います。

悶絶クラブを使っていらっしゃる方でも
シャフトを大人しく使う ゆっくり使う程度で
撓らせて しなり戻して使う と言う発想は
捨てきれていないのかも知れません。

常軌を逸脱するヘッド重量の装着された
悶絶クラブのシャフトを 撓らせ しなり戻して
使おうとすれば シャフトは しなりきった姿勢で
張り付いてしまうような状態に陥ってしまい
ある種 硬い 撓らないシャフトを同じ に
なってしまいますから ボールが飛ぶ
弾道が伸びると言う状況でなくなってしまいます。

sample 2009_09_29_23_01_02-469フレームショット

悶絶クラブを上手に使う人の
映像などを見ると
テークバック〜切り返しをせずに
トップオブスウィングの状態から
ボールを打っている場面を目にすることも
あると思うのですが

柔らかいシャフトの正しい使い方は
シャフトを撓らせない ことにあります。

長さに対する グリップ部とヘッドの部の
相違はあるにしても グリップの運動量、移動量と
ヘッドの運動量、移動量と同じにする

特に気にして欲しい部分は
ヘッドの移動して欲しいと思う方向と
グリップの移動する「方向」をそろえるコトに有るでしょう。

もっと 突っ込んで言えば
ヘッドの重さを使って グリップを動かす
ヘッドの重さを使って ヘッドを動かさない
ということになるでしょうか・・・

流行のスウィングの多くは
インパクト付近でグリップを止めるコトが
多くあります。それは ヘッドの重さ、それが作り出す
不可抗力と闘う。。。筋力の闘いになりがちです。

正しくゴルフクラブを使う と言う点に置いては
体の向きの変更(脚の動き)
肘による クラブの横スライド
この双方を使って グリップ部を常時 常時
動かしているコトに有ります

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

如何にシャフトを撓らせない か
ここら辺を追求することが
クラブを上手く使い
ヘッドの重さで ボールを移動させる(破壊力)
事に直結して行きます

シャフトの柔らかさ 
シャフトの役割は
ヘッドの形状 ヘッドの重さを
グリップ部に伝えるコトで
それによって クラブの役割である
重さを使って クラブの使い手に
クラブの移動させる方向を伝達する

シャフトの柔らかさは
グリップを基準として ヘッドを動かす為のものでは無く
ヘッドを基準として グリップを動かさせるために
存在すると言うコトになります。

ですから シャフトの必要以上に硬いモノは
クラブからの指示 クラブの形状の意味を
一切 使い手に伝えず
使い手は 単に反復練習によって
クラブを無視する「動作」を刷り込んでいく
という 大変無機質なモノになってゆく訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフを始めて、初期の頃は
借り物で練習場というのはお約束のパターンです。
仲間のだれかがクラブを持っていたり
仲間の誰かのお父さんのクラブだったり
そんな場合も多いかと思います。

そして、ゴルフに興味を持ち
「よし!自分もゴルフをやってみよう」となった時に
初めて 自分のクラブを購入するわけですが、
その初めてのクラブ、初めてのセットが
それからのゴルフ人生に大きく影響を及ぼします。

クラブを売る立場の人間が言うと
手前味噌感が強くなってしまうかもしれませんが、
ゴルフクラブにはある法則がありまして
初めてのセットを買うであろう
あまり予算のない方用のゴルフクラブ
例えば、、、バッグも含めて全部で『〇9800円』
と言うセットの場合、
とても硬いシャフト、
軽いヘッドが装着されていることが
多いと考えてよいと思います。
2f69dcd8.jpg

シャフトは総じて 硬いものの方が強度は高く
壊れにくくなっています。
ヘッドは廉価なものは鋳鉄、ステンレスが多く
なぜか明確な理由はわかりませんが、
驚くほど軽量なものも少なくありません。

メーカーロゴなどが入っていても
多くのものは オープンヘッド・オープンシャフト
と言って、ロゴの入っていない部材メーカーものに
メーカーがロゴを入れているに過ぎません。

その軽いヘッド、硬いシャフト
そして セッティングと言って
ドライバーからパターまでの流れ を
完全に無視した 単に本数としてバッグに収まっている
セットを使う弊害は
かなり大きなものです。

軽いヘッドはボールを遠くに飛ばす力を
クラブが持っていませんから、
打ち手がどの位 強く、速く振れるかの教育の道具です。
上手く当たったとしても
ボールと衝突時の減速、衝撃は
十分な重さのあるヘッドのクラブと比べると
かなり大きいですから、かなり痛く
特に冬は練習したくなくなりますね。

現場へ出た時に だふってしまったり
ラフからボールを打つ場合など
ボール以外のモノも一緒にどかさなければならない場合
更に その軽いヘッドの悪い効果は発揮されてしまうので
非常にミスヒットに弱く
悪環境にも弱くなります。

故に 多くのアマチュアゴルファーは
バンカーが嫌いか 苦手であったりする訳です。
03_b

硬いシャフト装着のクラブでゴルフをはじめた場合
本来 ゴルフクラブの一番の特徴は
棒の先に打点である重さの付いた棒 な筈なのですが
(軽いヘッドというのもありますが)
単に棒状の物体を振る という事を覚えてしまうので
それはかなり大きな違いです。

ゴルフクラブは 各番手間が数度の角度の違いで、
それによって距離を打ち分けるゲームなのです。
しかし、それには
その角度の付いているヘッドの位置や姿勢などが
ある程度把握できなければいけない筈なのですが
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを覚えてしまうと
そういったことは二の次、三の次で
兎も角 棒を速く動かすことが スイングの主
になってしまうのは、大きな弊害です。

IMG_0001_NEW

厳密には廉価盤のクラブは仕方ないかも知れませんが
クラブのセッティングの流れ というものが
存在しないクラブでゴルフを覚えると
ドライバーはこうやって打つ
アイアンはこうやって打つ
と クラブの機種などによって打ち方を変える
という事を覚えてしまうというか
そういうものだと誤解してしまうのもよくないと思います。

クラブが ウッドやアイアン 長さや角度などが
違うのは、一つの方法でクラブを変えるだけで
距離や球筋、弾道などが変わるためのモノで
それをスイングやボールの位置、構え方などを
変えていたので、本来クラブが何本も存在する意味が
なくなってしまうのです。
流れがある程度あるセットで覚えれば
クラブは一つの打ち方で クラブを変えて
距離など対応する という事を覚えていきます。

しっかりした重量のあるヘッド、
そのヘッドの位置や姿勢などを感知することのできる
柔らかさのシャフト
それでゴルフを覚えていけば
ただ 打った弾道で良し悪しを決めるのではなく
人間の感覚、感触がそれとマッチし
クラブの重さ感などでスイングを形成して
行けるようになりますし、
それが目安となって、反復することができるようになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示

 〒238-0024 
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480
◆メールアドレス hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


001


これは パター です。

では 皆さんのイメージしている
パターのロフト角度 って
どの部分ですか…

弊社のお客様は知っているとは思いますが
多くの ゴルファーのイメージは
地面とフェース面の角度・・・
ですから 数値で4度とか、2度と知っていても
なんとな〜くの イメージでは
90度 直角 だと思うのです。



では これは?
多分 6番アイアン位だと思います。
004

さて 何度?

頭の中にある 知識 としての数値ではなく
自分の漠然とした イメージとしての
ロフトは いったい何度ですか

数値として 30度 とか 35度とか です。

でも イメージでは 地面からの角度
120度 とかではありませんか・・・


ではもう一度
このパターのロフトは・・・

99fe6633-s

自分のゴルフクラブを フェース面を下にして
シャフトを地面に置いて下さい。
バックフェース… キャビティが上を向くように
すると フェース面と地面の隙間に角度があります。

これが ロフト・・・

要するに ここに 球体である ボールは
逃げる場所を見つける訳です。
004

このイメージが理解出来れば
悶絶クラブで苦しむことは無いと思うのです。

地面に対して 120度のロフトのアイアンの
イメージを持って ボールを横から打つような
イメージを持っている限り
打たなければイケナイのは 一番難しい
 ボールの底 です。

ここは ボール自体にも隠されていますし
自分からは 一番把握の出来ない 見えない部分です。

アイアンほどの厚みのある物体を
その隙間に入れるのは 曲芸 とも言えますし
そこを通すのには スピードは絶対条件と言えるでしょう。

しかし イメージとして
地面とフェースとの隙間がロフト 30度 となれば
打つべき場所は その反対のボールの上面。
何も邪魔するものもありませんし、目の前にあります。

当たり方に厳密性も必要ありませんし
成功とスピードの速い遅いには関係がありません。

かたや 難易度の高い スピードの必要な
しかも 120度のロフトで打つのと
難易度が低く スピードはどちらでも良い
30度のロフトで打つのとでは
どちらが簡単で どちらが繰り返せて
どちらが飛ぶんでしょうねぇ〜。

イメージできない人には
全く意味不明の記事になっちゃいましたが…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングというか、クラブの扱いが悪くなってくると
それは
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)
だいたいグリップに出てきます。

世間一般では、グリップは フック、スクエア、ウイーク と
握るアングルと言うか、方向で判断、区別されることが
多いのです。
しかし、スイングチェックの目安としては左右のグリップの
上下の離れ具合で見るといいと思います。

自分でも確かめてみるといいと思いますが、
ラウンドの始まりとラウンドの後半〜終盤
必ずと言っていいほど、グリップは上下に離れてきます。

グリップが離れてくる原因は
手作業が増えてくることなんですが…
例えば テークバックの初期、ヒョイッと手で上げるとか
ローテーションが激しくなるとか。。。
だいたいの場合、左手のグリップ 握力の低下と比例して
離れてくることが多いようです。
左手の握力が落ちてくると 左手が深く握るようになり
本来、右手の入る方向がふさがれてしまうので
右手が斜め上でなく、横から入ってしまう。。。
そんな感じみたいですね。

グリップが離れてくると
それは必ずアドレス姿勢の乱れに直結して来ますから
ミスショットを誘発しやすくなるわけです。

36ed9c16
42ea91fd

くたびれてきて 左手の握力が低下してきても
グリップが変わらず、アドレスにも影響が出なくする方法は
理解不能かもしれませんが
左手を握らない というか
左手でクラブを支える意識を持たないことだと思います。
左手は初めから指で握って
クラブの重さを支えられないようにしておく…
その重さで左グリップが逃げるような
がちっと受け止められないほどのグリップにしておくこと
だと ハミングバードは考えています。
クラブの重さを左手ががちっと受け止めず
左手をその重さで逃がさざるを得ないグリップが
スイングつくりの理想形ではないかと思っています。

クラブ、クラブヘッドの重さはグリップを動かすための
ものですが、多くのゴルファーは
グリップを支点に ヘッドを動かすもの
ヘッドの重さでヘッドを動かすと考えています。
そこらへんがグリップに表れてきて
くたびれてきて、握力が落ちてくると
左グリップがさらに深く握り、アドレスが狂ってくる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをより遠くに飛ばしたい
という欲というか、願望は何歳であっても
性別にも関係なく存在します。
それはゴルフの、特にドライバーショットの
魅力の一つだとも言えます。
ph01_15

年齢を重ねてくると
徐々に距離が飛ばなく、飛ばせなくなってきたりします。
そして、その上でクラブを変えようかな
ってなりますと
多くの人が「軽いクラブ」を選ぶようです。

全体重量が軽く振り易い(?) 扱いやすい(?)
クラブは 自分が今までよりも より速く動くことが
飛ばすことの条件になるのです。
飛ばせなくなってきたから クラブを変えるのに
結果、自分が今までよりも速くか、強くか、多くか
運動しなければ飛ばない というパラドックスのような
状態になる訳です。

大まかには ボールをより飛ばすのには二つの方法しか
存在しません。

★より大きな破壊力を造りだす

 これはヘッドの重量とヘッドの速度
 この二つの掛け算です。
 例え ヘッドスピードが上がったとしても
 同じヘッド重量であれば 破壊力は増えますが
 ヘッド重量を落として、スピードを上げても
 破壊量の総量は変わらないばかりか
 減っているケースも少なくありません。
 f=1/2M(モーメント・重さ)V(ベロシティ・速さ)2
 の法則から逃れることは出来ません。

★より効率の良いエネルギー分散にすること

 破壊力は ボールの速度、回転、角度 に
 分散します。 それをより効率よくするという方法が
 あります。 単にロフトを減らす のではなく、
 安定性を加味したうえで距離にしていくのは
 ヘッドだけで考えず、元(製品として)は普通のロフト
 もしくは大きめのロフト なんだけれど
 使ってみると、インパクト時はロフトが締まった
 立ったロフトでインパクト出来るセッティングが
 よりベターかな と思います。

 やや大きめのロフト使う理由は
 まず精神的に楽です。
 そして ミスショットを打った時に
 ボールは左右でなく、上に逃げるので
 距離をロスするだけで、大きなミスにはなりません。
 そして、クラブの構造上
 ロフトの大きなクラブは ライ角度との絡みで
 やや左を向いていますので
 距離不足に悩んでいる人にとっては
 好都合なことが多いと思います。

M3

⇒振り易そう、扱い易そう と言う理由で
軽いクラブ、特にヘッドの軽いクラブを選ぶと
自分が速く動かなくてはならない
にもかかわらず 破壊力総量としては
下がっている場合が多い、と言う理由だけでなく
体の故障の原因になり易いのです。

運動には必ず慣性、持続しようとする力が働きます。
それは 重量の大きなものほどその力は大きく
今までの運動を持続しようとします。

ドライバーショットのインパクト時の
ボールの負荷、加圧は600キロをゆうに超えます。
ヘッドスピードなどにもやりますが、場合によっては
その加圧は1トンを超えることもあります。

運動の持続力が大きいほど
衝突時、ヘッドやクラブの減速は少なく
ボールをどかし、打ち抜こうとしますが、
軽いヘッドのクラブほど減速が大きくなります。

インパクト前後という、気持ちの上では
最大のスピードを出したい と思っている箇所で
大きな減速が生まれてしまうのですから
体には 手首や肘などには少なからずの負担になります。

ボールは今までよりも飛ばせなくなったゴルファーには
あまり良いことではないでしょう。

ですので
ボールをもっと飛ばしたい というのであれば
扱える限り 重たいヘッドのクラブ
(クラブの総重量は軽めでも構わないと思います)
そして、インパクトでロフトの立ちやすい
シャフトの柔らかいクラブを使う事をお勧めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブは変わりません。
特にグラファイトシャフトが装着されている限り
劣化するのは、グリップの粘着剤か、
ヘッドを止めている接着材位で
まともな材料であれば、10年、15年は持ちます。

シャフトが使いこなされた状態だと
それ以上、硬くなることも、柔らかくなることもありません。
ちなみにスチールシャフトは劣化します。
使う量/頻度にかかわらず7年と考えられています。
487360_167526473397978_1043654355_n

しかし、残念ですが
人間は日々劣化していきます。
ゴルフに熱中している時はいいですが、
ある程度の技量や年数が経つと 何かの要因で
数か月、ゴルフクラブを握らない なんてことも
発生します。
久しぶりにゴルフクラブを握ると
まるで以前の感じと違う、別なものに感じるような
そんなこともあるか と思います。

そう・・・クラブは硬くなったりしませんが
自分の方がいろいろと劣化するので
結果、クラブが硬くなっていくのと同じなのです。

以前よりボールが捕まらない。
以前よりもインパクトが硬い...痛い...。
ボールを中(右)に置きたくなる…。などなど
ここら辺が発生し始めたら
 もう そのゴルフクラブの賞味期限は来ています。

自分にとって、硬いシャフトを使い続けることの代償は
あとあと かなり響いてきます。
依然と同じようにしならせようとしてしまったり
無理やり ためを作ろうとしたり
無意識のスイング改造をしているのと同じです。
しかも それはスイング改良でなく、
必ず改悪になります。

クロムメッキ

ゴルフクラブは現場で使うのに
一本一本交互交互に打つ訳で
同じクラブを続けて、3球打つことは稀
ほとんどないと言えます。

ドライバーショットが不調になった原因は
実はその前後に打つアイアンが自分にとって
硬すぎるクラブになってしまった可能性は
実は少なくないのです。

まあ 私の経験則ですが
シャフトの性能、例えばキックポイントなんちゃら
その手のカタログ値やうたいもんくよりも
シャフト選別の命は「硬さ」です。
『柔らかさ』さえ合っていれば
 シャフト性能は問わない とまで言えるほどです。

そして その硬さ…正確には「柔らかさ」は
柔らかい分には問題ありません。
   『硬い』 方に問題があるのです。

体の故障もかなりここに関係があると思います。

シャフトを意図的にしならせ使おうが
そうでなかろうが、柔らかい動くシャフトは
硬いシャフトに比べ、クラブそのもの
そして人間そのものを動かす慣性力が強くなります。
慣性力の強いクラブの方が
インパクト時の打撃の加圧に減速がかからなくなります。
人間が最大の最高のスピードに上げようとしている
インパクト付近での減速、これが体に故障を生む
大きな原因になります。

一つのクラブを長く、大切に使うことは
悪いことではありません。
正直、頻繁にクラブを変えるよりもずっといいでしょう。
しかし、それにも使用期限と言うか
有効期限がある という事も知っておいてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


柔らかいシャフトと重いヘッド
あまり使ったことのないゴルファーにとっては
シャフトを大きくしならせ
重いヘッドをしなり戻して弾いて打つ
そんなイメージなんだと思います。

シャフトを、ヘッドの重さを恒久的に
安定して使うのには もう一歩、もう二歩
突っ込んで使っていくべき なのですが
(スイング動作を突っ込む って意味ではありません)
まあ、それをタイミングで上手に打っている方も
いらっしゃるのは確かです。

ただ 覚えておいていただきたいのは
シャフトをしならせて、しなり戻して打つ
ヘッドを遅らせ、ヘッドを返し
ヘッドがグリップを追い抜いて打つようにすると
その量やスピード分、体は上を向いて
体重は右に残って打ちやすくなります。
ティーアップしたドライバーショットは
下から煽って打つとフック回転の入った飛ぶ球に
なり易いからいいのですが、同時に地面から打つショット
特にシャフトの長いフェアウェイウッドや
逆にスピードでごまかしの利かないアプローチショットに
悩みを抱えることになります。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

まあ そこら辺を割愛して
利き手でボールをさばきたい と言うゴルファーに
利き手を使ったシャフトのさばき方
ミスしているそのイメージの解決のヒントを。
 ホントは体の回転そのものでボールはさばいてもらいたいですが…。

多くのゴルファーは
ゴルフクラブの動かし方
そのゴルフクラブを上下、高くする、低くするの基準が
ゴルフクラブのライ角度方向
 これを上下だと思っているようですが、
もしも 腕でクラブをさばくのであれば
(お勧めはしませんが)
ゴルフクラブの上下、高くする、低くする は
ゴルフクラブのロフト角度方向です。
006

握りの方のグリップは基本上下左右に微妙に重なっています。
ですので、利き手(右)でクラブ捌く場合でも
決して 左グリップを支点としたシャフトそのものを
押すのではなく、
必ず クラブを握っている左グリップを押すことが
クラブ扱いの基本です。

それをライ方向でなく、ロフト方向に押してあげるのです。

と言いますから、ゴルフクラブは基本
ライ方向には人間は動かしません。
ゴルフクラブは構造上、ライ方向には自動的に動きます。
そういう形状をしているからです。
そういう重さ配分があるからです。

ゴルフクラブをライ方向に
使い手が意思を持って動かしてしまうと
それは無駄な動き、余計な動きになりますので
必ず ゴルフクラブ、クラブヘッドは
必要な通る道筋よりも多く動くことになり
基本、ゴルフクラブを移動させている本体〜体の
動作に対して、遅れてしまいます。
単純に動く道のりが多くなるからです。

そして、握りの方の左右のグリップの関係から
考えてみても、左右の握りはゴルフクラブを挟むような
関係にありますから、ライ方向への動きには弱い というか
あまり対処の仕様がありません。
最近のへんてこりんな握り、
汚いほどの左のフックグリップ
それに対して同量でない右のグリップ
手でヒョイッと上げる と言うのもあるとは思いますが、
クラブをライ方向に動かす というのが基盤に
なっているような気がします。
腕や手、グリップの構造を無視して
何がどの方向かわからない「握り」をしている限り
理論や物理で解決できないスイングになるのは
致し方ないのかも知れません。
スナップショット 2 (2014-06-24 15-38)


利き手で 左グリップ、クラブを握った左手を
ロフト方向に押してあげる。
クラブの上下はロフト方向である。
これを生かすには
ロフト方向とクラブの進行方向が一致していないと
なんの意味もありません。
クラブを開いていれてくる現在流行の打撃方法で
右手を使ってはいけない。。。と言うのもそういう理由で
右手を使って、クラブ〜クラブを握った左グリップを
進行方向に押してあげる、イコール ライ方向に押して
上げない限り 右利きの人が右打ちしている理由も
クラブの構造も生きてきません。
嫌味な言い方ですが、ヘッドを硬くして無きモノとし
シャフトを硬くして同じく無きモノとする風潮が強いのも
そんなところにあるのかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでお薦めしている
★クラブを起こしてから…体の向きを変える
★グリップを下げてから…体の向きを変える
このドリルなり、練習のイメージは
テニスや卓球のフォアハンドのグランドストロークに
近いものがあるかと思います。

ラケット、腕の姿勢を先に決め
ラケット(打面)を伏せ(地面の方は向け)
とはステップで体の向きを変えることで打撃する。


ゴルファーの多くは
ステップ(足を動かす)してから、そのステップが終わり
下半身の動きが止まるとその反動を利用して
へそから上の上半身を回す=腕を振る
と言う二重の回転で打とうとしています。

これでは足で一回、肩で一回と二重に回転するだけでなく
もう一度 肘から先を回転(フェースローテーション)
が必要になり、結果 3重の回転になってしまいます。


慣れないうちは 左ひじ也、左グリップが
先に移動し、それをステップ(足)が後追いする感じも
良いかもしれません。


あと、このドリルをするのに
とても重要な「観念」「感覚」があります。
このドリルもそうですが、
ダウンスイング以降、スイングには
意図的な「ヘッドスピード加速」は一切必要ありません。

スピードを速くするのは
全体のスピード、動作スピードを上げるだけで
フルショットであろうが、ハーフショットであろうが
スイング中の加速は一切同じなのです。

多くの方がダウンスイング中…加速
ヘッドスピードを上げようとしていますが、
それは全体動作スピードで上げるもので
ダウンスイング中の「加速」では
例え ヘッドスピードが上がったとしても
その上がり度合いを比例して
インパクトポイントは右にずれてしまいますし、
ロフトが開く可能性が大きくなりますので、
ヘッドスピードを加速させた意味はほとんど無いばかりか
失敗確立を上げてしまう「投げやり」な打撃に
なってしまうのです。
 気持ちは分かるんですけれど
そのヘッドスピードの加速イメージが
スイングの二重、三重の回転を生み出し
体の回転がクラブの移動のきっかけにしかならない
スイングの手順を生み出してしまう可能性が高いのです。
前述の通り、ヘッドを最後に振る動きは
ロフト管理、ヘッドの高さ管理
インパクトの左右管理が一切出来ない
偶然待ちのような打撃方法です。
しかも、体への負担は格段に高いですから
若い時ならばいざ知らず、ある程度の年齢になったら
出来れば避けなければいけないイメージなのです。


 グリップを下げてから…一呼吸おいて…体を回す

このトレーニング、
6番アイアンを持って
10ヤードの転がしから始めてよいと思います。
それを 20〜30〜50ヤード と伸ばしていくのは
ダウンスイング中のヘッドスピードの加速ではなく
全体の動作スピードを変えることで行うのです。
ですので、10ヤード、20ヤードの少ない距離のドリルでは
テークバックと同じ運動速度、
ヘッドスピードの加速のない 等速度運動を
身につけることがとても大切になると思います。

そして、それが「距離感」なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは 体の右側にあれば
最大の重さになります。
勿論 左側に有っても 重くはなります。
スナップショット 1 (2012-10-29 19-18)
しかし、これから 自分が左方向へ
動きたい、動かしたい場合
左側にあれば クラブは殆ど重量が無くなる
と言って良いのかも知れませんし
その重さによって、動作自体も促進され
だいぶ、楽になると思います。
そこを ダウンスウィング と言いますよね。

ゴルフスウィングには クラブを無理やり
自分の左に置かなくとも、実質的に
それを同じになる 場面〜瞬間が存在します。


何故ならば、スウィング動作には
前傾姿勢と言う傾きがあり、
それに加え、向き と言うのがあるからです。

右を向いていて、体の左サイドの方が
低い状態であれば、正規のクラブ位置で
自分に対しては 真ん中からやや右にあるクラブも
その方向きのお蔭で 重力的には
左に置かれているのと 似た関係になる瞬間が
ある筈です。

その機会を逃してはイケマセン。
スナップショット 1 (2012-10-29 14-03)

体だけを先にシフトさせたり、回してしまったり
すれば、せっかく重力的に左に位置しているクラブも
いきなり 右に追いやられてしまいます。

次の動作 と言う意味では
最高に軽く、促進もされ 動かしやすい 瞬間を
逃して クラブや腕を置き去りにして
体を動かしてしまうと
次の瞬間には
次の動作に対し、最大に重いモノに
変ってしまいますし
必ず 傾きや向きの変更も その複雑な
重さのベクトル性によって 複雑な立体へと
化してしまうので、 一言で言えば
天国と地獄の境目 と言うコトです。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

クラブヘッドの重心位置が
シャフトの延長線上にない、重心位置 や
重心距離が存在するのも
次の動作が簡単に出来る状態で
左肘やクラブヘッド〜クラブを動かし始めれば
その重さも形状も 打つ、効率よく、安定して
打つと言うことには最大の恩恵をもたらすのに
その瞬間を失った時点で
最大の負荷 に変わってしまいます。

シフトによる自然な体の向きの解け
によって クラブを出してくると
腕周り、腕力には 殆どナンの負荷も掛かりません。

いままで 体を正面に向けてから
腕力だけで クラブを出してきている多くのゴルファーには
その 無力感が耐えられないのかも知れません。

正直、そこには 何の充実感も
打撃感もありません もの。。。
スナップショット 2 (2012-10-29 14-23)
逆に クラブ形状を伴う その重さによって
スタートしたり、動いたりするので
ダウンスウィング中のクラブの重みは
殆ど ゼロになる
 と言っても決して過言では
無いと思います。

また クラブヘッドやクラブの重み
それだけでなく 腕の重さによって発生する
引力落下の力と言うか、スピードも
ある種 ヘッドスピードに加わってくるので
自分が加速する感じ…スピードを加える感じは
あまりしないのも有りますね。

どちらかと言うと、トップの位置から
インパクトまで 落下による直線〜〜〜〜
みたいな感じなので 非常に短時間
殆ど時間は有りませんから、余計なコトを
している暇など一切ない、寄り道なんかできません。
自由落下に付いていくのが 精一杯
そんな感じの方が強いでしょうか。

重さ感も無く、充実感もない
飛びそうもない感じがするんですよね、きっと。

そこは 頭と勇気で乗り越えて欲しいですけど
クラブを重心位置に従って 左に落とすのと
体の右に落とすのでは ロフトにはものすごく
大きな差が生まれます。
右に落とす限り、打ち手の運動性能による
疑似的な、偶然的なつかまり しか体験出来ませんし
必ず 重力に逆らいながらのスピードが必要に
なります。

クラブヘッドの重さが重力方向に落ちる
と言うスピードや破壊力も ボールを打つことに使えません。

落としてから ボールを的確に打つ
と言う動作と言うか、修正も必ず必要で
それは インパクト直前〜ダウンスウィングの後半
という 一番忙しい難しい時間帯です。

左に行くか
右に行くか

これによって 天国と地獄
クラブで打つか、運動性能で打つか
に真っ二つに分かれます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手を返して打つ
という事はイコール、グリップを止めることになります。
グリップの移動を止める には
体の動きを止めるなり、減速するか
体の移動を横移動ではなく、縦移動
今はやりの左サイドを上にひっつらせる
(スイング用語っぽく言うと 左を上に蹴る)
という事になります。

手を返して打っていると
感覚的にはヘッドスピードを上げているような気がするのかも
しれませんが、
実際には土台はとまり、
インパクトポイントはどんどん右にずれてきますから
実はヘッドスピードを上げない原因にもなるのです。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

今、流行の左をひっつらせて打つ打法は
体を鍛えられ、ケアにもお金の掛けられるプロは兎も角
アマチュアのおじさんゴルファーには大変危険が多く、
10年前まではなかったような
首の故障が多発している原因にもなります。


そして、理屈っぽくなってしまいますけど
モノを動かすと必ず慣性、などの外力が発生します。
特にゴルフクラブのような
長さが1mもあり、その先端に重さが集中している構造では
手を返すような 動きをすると
クラブ全体に、そしてそれを支えている本人にも
クラブを振ったその延長線上
外へ外へと引っ張られる働きが作用します。

手を返す動きは
読んで字のごとく、手さばきを使って
クラブヘッド、フェースをターンさせる動きですから
クラブ姿勢、位置は毎度毎度微妙に異なり
その外力、不可抗力の量や方向も毎度異なることになります。

そして、それを微調整する体の部位は
腕が中心になる訳ですから
まあ、あまり大きな部位、筋力の場所ではありません。

ボールの位置、打ちたい方向と言うのは決まっているもの ですから
運動中、外力が発生すると
人間はその外力を打ち消すため
その外力がかかる魔反対の方向に
それを同じ量分だけ引っ張ろうとします。

つまり ヘッドを返そうという動きは
体を必ず左上に引っ張る動き で
消そうとしますから
ヘッドを返そうとした分だけ
体は開き、上を向くことになるのです。

フェースが開いているから、
ロフトが開いているから
一生懸命、手を返して フェースを閉じたり
ロフトを締めたりする動きが
結局、体が上を向いて
かなりの左足上がりのライから打つのと
同じ状況を造りだしてしまうのですから
失敗しても、成功しても 結局 無駄な行為なのです。

体の構造上、
体を左に開いて、上を向くと
体は右に倒れるような、反るような姿勢になりますから
必ず右体重になります。

上手く手を返せば返すほど
右体重になるのですから
うまく当たっても、高くなるだけのような気がしますし、
その練習は 地面からボールを打つ。。。
特にフェアウェイウッドのようなものに対しては
害悪のような気もしますが、いかがですか?
スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)

それよりも
体のさばき、足の動きで変わる体の向きに
ダイレクトにクラブが動く
手を遅れさせない方法の方が
大きな筋肉で動ける上、
インパクト付近の時間の短い箇所で
忙しい思いをしなくていいわけですから
お薦めなんですがね…。

この方法を取れば、
クラブの外力、遠心力などによって
体もより回せますし、
その重さによって自然に体重が左へ移せます。
ようするに
インパクトポイントを前にもっていける のです。
左側に打つことが出来るわけです。

それを練習することによって
より地面から打つショットに好影響ありますし、
なにより アプローチショットとフルショットに
つながりが出てきます。

手を返して打つ打ち方は
ロフト、ヘッド姿勢、フェースの向き、ヘッドの高さ
クラブの長さ などが毎回複雑に異なり
毎度毎度違う状態になるため
動作の、運動の速度と距離や弾道がなかなか一致しません。
同じ動作速度で行っても
毎度ずれてしまう インパクト位置、ロフトによって
その距離感が体に刷り込まれません。
ですので、練習量を積み重ねても
次のショットは、次のショットの距離感は
打ってみないとわからない になりがちなのです。
スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)

体でクラブをターンさせる方法は
ロフトやクラブの長さなど、ほとんどのものが固定です。
ですので、体の運動速度、回転の速度が
距離に直結します。
ですので、練習するほど距離感が身に付く のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを起こしてから、体を回す
グリップを下げてから(一呼吸おいて)体を回す。


このドリルは多くのゴルファーにとっては
スイングの手順が魔反対の違和感バリバリのドリルなはずです。

現に、お店に来られて ドリルされている方も
動作として グリップを下げて と言う行為だけを
しているつもりでも、その時既に脚は動かし
骨盤は正面を向いていたり、
利き腕の肘を伸ばして、グリップを下げ
そこから体だけを回す と言う動きである筈なのに
もう一度、肘を曲げ(右サイドを下げて)
結局を腕捌きで打つ と言う例がたくさん見られます。
スナップショット 3 (2015-06-14 18-03)

まず 知識として
しっかり把握しなければいけないのは
スイングには 小さな筋肉の腕周りで
クラブを大きく上げ下げしなくてもいいように
基礎姿勢として前傾(骨盤と大たい骨の前傾差)あり
体の向きの変更、そしてクラブの形状があるのです。
右を向いたトップの状況から
「直に」足による上半身全体の向きの変更により
クラブやクラブを持った腕、肩回りを遅れさせなければ
クラブは自然に低さを得ますから(低くなりますから)
以降、クラブを下に振ったり、上に振ったりする必要が
なくなるのです。

しかし、その重要なタイミングを逸する動き
脚が動いているのに
へそより上の肩回りが向きを「保持」したままだと
そのあと、クラブを下に振る必要が出てきてしまいます。

脚が、もしくは骨盤が概ね正面を向いた状態から
クラブを下振れば、腕やクラブの重さによって
体の左サイドは上がっていきます。
左サイドが上がる。。。という事は同時に開く
という事です。

遅れているものを急いでさらに速く・強く動かせば
その分、より一層体は上を向きます。

自分では下に振っているつもりでも
結果として、土台が上を向きますので
どんどん左は上がっていくわけです。

この症状は前傾姿勢が深く
ボールとの間合いが近くなるクラブほど
顕著になります。

スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)


体(足)→腕 と言う手順を覚えてしまっている方には
グリップを下げてから、体を回す
と言う動きに「もうひと手間」 必要になるかもしれません。


ここで登場するのが「刷毛塗」です。
グリップを下げ、すでに利き肘も伸ばしていますから
本来は腕の主な仕事は終わっています。
ですが、ここで さらに
刷毛塗のイメージで
左の肘なり、グリップを先にインサイドから
移動し始め、それを脚、体が回転で後追い していく
そんなイメージがいいかも知れません。

スイングは少々オーバーな言い方ではありますが、
ヘッドが動くと
ヘッドが円を描くと
その量や速さ分だけ
グリップは止まり、
極端な言い方では逆方向に動き始めます。

自分の体が向きを変えると
動くのはグリップなのです。
グリップが常時先行して、その体の動きに同期する。
その意識を強く持っていれば
クラブの形状が、クラブの姿勢が
そのグリップの移動を助けます。
スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)

逆に、時を逸して
ヘッドを 縦であっても、横であっても、斜めであっても
動かそうとした時
グリップはより留まろうとしますし、
クラブの重さはそれを邪魔しかしません。
ヘッドをより移動させたいのに
グリップがより留まるので
想定よりも多くのヘッド移動が必要にある という
無限地獄なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく頂く質問に
「どうやったら前傾姿勢が維持できるのだろうか?」
「どうやったら ディッシュアングル
 (クラブと左グリップの角度)が維持できるんだろうか?」
と言うものがあります。

がんばって
「維持しましょう」では身も蓋もありません。
ダウンスイング⇒フォロー この区間は
時間にして 0.2秒程度です。
身体能力によって、超絶技巧を施して
と言うレベルでないと 意識してその区間体を制御するのは
神業レベルです。
スナップショット 1 (2015-06-14 18-02)

逆に、どうするとそれらはスイング中、
消失してしまうのでしょうか
ここに参考例を持ってきました。

まあ その一番の理由は
ボールを打つ その一番運動の激しいところ
肝になるところ その区間
体の回転でクラブを動かしていない からなのです。

ダウンスイング…ダウンと言う言葉はありますが
ダウンからインパクトまで
高いところにあるクラブ、もしくはクラブヘッドが
低いところ(地面)まで下がってくるのは
スイングの基礎姿勢に前傾性とそして動作に
体の向きの変更が存在するからです。
ダウンスイングで それを意識していれば
放っておいても、クラブの高さは低い位置になってしまいます。
その流れ(バス)に乗っていれば…です。
スナップショット 2 (2015-06-14 18-02)

ところが。。。

脚は動かして 骨盤はおおよそ正面を向いていても
へそから上の上体、上半身を置き去りにして
そこに残してきてしまえば
前傾姿勢&右向き⇒正面 と言う流れに乗せていないので
自然に発生する 高さの変化(低くなる)が生まれません。
だいたいの場合、意図的と言うか
長年、「わざと」そうしてきたので
魔法のようにはすぐに変化しませんが。。。
スナップショット 3 (2015-06-14 18-03)

高い⇒低い と言うバスに乗っていないので
今度は自分で クラブ、クラブヘッドを低く
スイング用語的には「下に振らない」と
ボールまでとどかなくなってしまいます。

質量のあるもの
特に先端に重さの集中したゴルフクラブを
人海戦術、肩も含めた腕で下に振ってしまえば
体の構造上、上半身は上を向かざるを得なくなってしまいます。
これがよく出てきたもので
強く、速く振れば振るほど、体が上を向く姿勢は
同量以上に激しくなり、
しまいには左サイドを上に蹴り上げるような
スイングになってしまうのは 必然 なのです。
スナップショット 1 (2015-06-14 18-16)

また スイングには勢い(慣性)がありますから
ゴルフクラブを重力方向に強く振ってしまうと、
腕のような小さな部位では制御しきれませんので
地面をぶん殴らないように、防衛本能的に
上に向かって振るように仕向けるのも 必然なのだと思います。

これによって 例えば 目を目安にすると
インパクト付近の ほんの0.1秒 の時間のうちに
 十数センチ、ボール3個分前後高くなってしまう のですから、
意地悪な言い方ですけれど
ボールを凝視、直視している意味も
あまりないのでは…と思います。


二つの写真を並べてみると
スナップショット 3 (2015-06-14 18-03)スナップショット 1 (2015-06-14 18-16)下に振ったことによって
体が自然に反応して
蹴り上げる。。。というか
空間を造りだそうとしているさまが
よくわかるかと思います。


「どうやったら前傾姿勢が維持できるのだろうか?」
「どうやったら ディッシュアングル
 (クラブと左グリップの角度)が維持できるんだろうか?」

これを解決するのには
テークバックもそうですけれど、
クラブの大きな動き
特にダウンスイングでは
体の向きの変更そのもの、
体の向きの変更でダイレクトに
クラブの位置を低くする
腕を使って クラブヘッドを下げる、地面に届かせるような
そんな動かし方を辞める というか
高さ(低さ)が足らないから していることですから
あまり 何もしなくても クラブヘッドの低さが足りる
その時期に、体に任せて クラブを動かすことで
そのバスに乗り遅れてから
腕の動かし方、クラブの動かし方を制御、調整して
その問題を解決するのは無意味だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフクラブ
シャフト〜ネック〜ヘッドのトゥ部分
この方向というか ライ角度方向というか
これを 
クラブにとっての縦
そう定義した としましょう。

それに対し 平面上 垂直な関係
これが 横のイメージなのですが
ここで ヒトツ
ハッキリさせなければ 行けないのは
スウィング ショット というのは
約2秒間 の 時間の流れの中にあります

ですから 飛球線
練習場で言えば マットの向いている方向・・・
というのは クラブを扱う人 にとって
クラブにとっての横 スウィングにとっての横
とは言い切れない
というコトです。

うわ〜 なんだか こんがらがりますね…

確かに 例えば 練習場のマットの白線があって
それが 目標とする 飛球線を指している…

CA3F00300001

運動中(スウィング中)にとって
これが 自分の横と一致する瞬間は
体がその線に正対した瞬間
もう少し厳密に言えば
腕の生えている肩、胸のラインが
それと平行(正対)した瞬間のみで

体の向きを変えている限り
延々とその 横は移動している


というコトなのです。

う〜〜ん ちょっと 複雑かな…

しかも その 横 というのは
基本姿勢として 前に傾斜しているので
かなり 立体な・・・

そのマットの面 と その面が
面として 平行になる瞬間は存在しない


というコトが 意外かも知れませんが
理解されていないと思うのです。

ですから 練習場で その白線が
有ったとしても それは ボールの飛ぶ
ターゲット 方向のイメージだけであって
その線を イメージの中に入れながら
運動、クラブを動かす その感覚が
スウィング、クラブ扱いをおかしくしてしまう
のです
。(その線、そしてマットの面 と
一致するモノそのものも、それを対象にしている
動きそのものもほぼ一切存在しないので)


ですから より一層 頭がこんがらがる かも
知れないのですが どうしても スウィングの
横の動きをヒトツの面 と考えたい場合
例えば スウィングの写真や動画を
前傾姿勢分 前上がりにして イメージしてみる…
(無理だよね)
なんてのも アリだと思うのです。

また オンプレーンスウィングなんてのが
あります。 ま 日本ではよくあるコトですが
このオンプレーンスウィングの元型は
ベンホーガンのガラスのプレーンにあるのですが
実は ご本人は 推奨者、提唱者 ではなく
本人も そのコトに微妙に「?」を付けられています。
英語の原本[モダンゴルフ]を読めば著者が違うのも
ベンホーガンがあとがきを入れているのも
分かるのですが かなり曲解されていると
言って間違いありません。

自分で読んでいないのに さも・・・
 というお決まりのパターンです。

この スウィングの面
面ソノモノの構造や角度 なんかよりも
その面が 「ガラス」である というコトが
大事なんですがね…

ガラスであれば その面をなぞって振る
というのは 「当然」禁忌なコトだと思います。

まして その面を フェースでなぞる
と言うのは ガラスの面の下面を
なぞる 訳ですから
どこかで ガラスを割って上の面に
ヘッドを出してこないといけないので
材質が ガラスであるコトを否定します。 

ベンホーガン本人でなく
それを見ていた人が 書いた というのが
この理論の味噌 である 

ちなみに 付け加えておきますが
スウィングの動作 として
冒頭に書いた 縦の意識は不要


縦のアクション は

 存在しません!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはその重量配分や形状によって
使い手の動きを誘導する役目を持っています。

そこで チェックしてみて欲しいのですが、
クラブを起こしてから ⇒ 体の向きを変える
グリップの位置を下げてから ⇒ 体の向きを変える
という素振りなり、ドリルで
グリップを下げた時、左手はどうなっていますか?
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

このドリルをして頂くと多くの方は
グリップを腰の高さなり、右のポケットの辺りまで
下げた時、左手の手首が甲側に折れたような形
なっています。

これでは クラブの姿勢が作る重さによって
グリップが押されていきにくい。。。

左手の手首が甲側に折れて状態になっていると
クラブの重さをそこで受け止めてしまい
体が向きを変えた時、上半身の上側、肩、腕、クラブ が
そこに残ってしまい易い。

クラブを下げた時、左手の甲がやや下向き
オーバーにすると 地面と向いているような そんな状態
であると、グリップはおおよそこれから行きたいと
思われる方向にクラブの重さによって
押されているから、体の向きの変更に遅れにくく
ズレが起こりにくくなるのです。

ここ、結構重要なポイントなんです。
スナップショット 1 (2015-05-05 16-54)

脚だけ動かして
あとから 肩を回す 二重のスイング 二重の回転を
するタイプの方の多くはこの手首が甲側に折れた状態で
クラブを受けてしまっています。

せっかく、前傾姿勢&右向き という
体の左サイドが低くなった状態
そして、それによって作られたシャットなクラブ姿勢が
グリップをインパクト方向に押す重さかかる便利さを
放棄してしまうアクションなのです。


おまけ みたいな部分ではありますが、
手首が甲側に曲がって クラブを受けてしまう人は
おおよそ 左右のグリップが離れたルーズな握り方を
しています。
逆に、左手の甲が地面を向くような姿勢を造れる人は
左右が圧着したきれいなグリップをしているケースが多いです。
グリップから直しましょう とは言いませんが、
そこも一つのチェックポイントになりますね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ