◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2015年04月


昔の記事の焼き直しになりますが、
ゴルフクラブには ディッシュアングル と言って
腕とシャフトにはなにがしかの角度(120度位)があり
腕とシャフトは一直線になることはありません

f350b387-s
これを維持することがイコール前傾姿勢を維持することでもあり
ゴルフクラブのライ角度を活かすことでもあります。
しかし、これの維持は動作として意識することは出来ませんし
まして、手先で維持するのも不可能に違い所業です。

この維持が安定性を生むことでもあり
方向性を司るところでもありますし、
少々、間接的ではありますが、ボールのつかまり
ロフトの立ち、上から打つ というコトにもつながってきます。

これを出来るだけ維持していくようにする のに
幾つかのヒントを上げていきましょう。


lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット


✪まずは・・・
ボールは高いところに有るという認識です。

アドレスの前傾姿勢を解き、直立して立ち
腕が地面と平行になるところまで 上げると
グリップは胸の前、ヘッドは頭の上 の高さになります。

前傾姿勢があるので、錯覚しやすいですが
クラブと両こぶしの関係は
一番下にあるのが左手、その上に右手、そしてヘッドと
ヘッドが一番高いところあるのです。

ですから、前傾をしているので これまた錯覚しやすいですが
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット股関節から下の脚に対しては
ボールは靴の高さに有りますが
前傾姿勢をしている股関節から上の上半身に
とっては、ボールはあそこ(秀二)〜へその
高さに存在しており、前傾姿勢さえ 何かの作用によって
維持されてしまえば、膝よりも高いところに有るボールを
打つ感覚で十分にボールに届くのです。
lesson 2009_10_31BlogPaint






例えば、練習でやって頂きたいこと ですが
d18b70e3-s右を向きっ放しの状態で
こぶしをおろし、シャフトを地面と平行
もしくはそれ以上の角度を作ります。
フェース面をちょっとシャットに…
イメージとすれば フェースを地面に
向けておくようなそんな感じで有れば
そこから 十分にシフトし、回転すると
クラブをそれ以上 下に動かさなくとも
地面に有るボールとヘッドは接触します。

ここが クラブ使いの分かれ道 と言えますが、
その状態からスタートし、
✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪ヘッドをより下に振る
のいずれかを行うと、その動きは同時に
全てを発生させ、別な形でボールとヘッドは接触します。
これが一般的なゴルファーのショット です。

e968a0acこのななめ下に半円を描く腕さばき
というのが、多くの人のゴルフショットの肝
になっています。
これはクラブの重さも感じやすい行為ですし
それによって実感、打ち応え、振り応えもありますから
練習の中で(結果として)良いショットが生まれれば
そこの部分の研鑽を積むようになります。

この腕で作る ダウンスイング後半の半円 というのは
例外なく ✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪右サイドを下げる
✪その動作と平行(比例)して体が開く
を生み出しますから、
ロフトの増え
ダウンスイングの最下点の右へのズレ
軌道の偏心
に直結しますので、スライス、ダフリ、トップ
から始まることになります。

それを上に振ることやフェースターンすることで補うのですから
間違いを間違いで修正する のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの大きな移動を
体の向きの変更にて行っていれば

「ボールをつぶす」 も
「ボールを上から打つ」 も
「クラブをインサイドから入れる」 も

実はすべて同意語で、同時に出来てしまうものなのだ。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

逆に 体の回転その物でクラブを移動させていない
体を回して〜から〜腕でクラブを振る
二段階のクラブ扱い(スイング論)では
体が正面を向いて(本来のインパクトタイミング)から
クラブを振る訳で・・・><

それでは既に正面を向いてから 振り始めるから
外から振る、俗にいるアウトから振るしかないわけだし
そこで腕周りで無理やりインサイドから入れるのには
もっと矛盾が生まれてしまう。

ハミングバードが「シャット」にこだわる理由は
スイングにはアドレス時 前傾姿勢がある訳で
その条件の上で右を向けば、体の左右の高さ関係は
左が低く、右が高い関係になる。
体の幅の中にグリップ、そしてヘッド
つまりクラブを収めておけば
その左右の高さ関係から 自然なシャットが出来る。
414

逆にシャットを意識しておけば
その高さ関係や体の幅の中にクラブを収めておくことが
同時にこなされていきやすい


体が先に正面を向いてから、そこから振り始め
基本が間違っているけれど、その状態の中で
普通にクラブを扱えば自然と外(アウト)から入ってくるのを
腕周りのさばきで無理やりインサイドから入れれば
クラブは体の右にずれればシャットを維持できない。
外から入ってくるのを防ぐため、無理やり形だけを
造ろうために 腕捌きでインサイドから入れると
クラブのロフト角度、ライ角度 の意味すら失うほど
ロフトは開く というか あっち(空)を向いてしまうため
インパクト付近という ゴルフスイングの中で
もっともヘッドの移動スピードの速くなる
当たり前だが重要なところで 忙しくなる。

前傾姿勢と右向きによって自然に作られるシャットを
そのまま体の向きでクラブを動かして来れば
認識はしにくいかもしれないが
クラブヘッドの打撃面はボールを見たままの状態が
維持されるだけでなく、今のヘッドの場所、ボール
そして打撃方向は容易に結びついていくが
体を先に回して、あとから腕で振る
しかも、見た目だけのために さらにインサイドから
振るようなこねくり回しだと
今のヘッド場所、打撃(フェース)面、ボール
そして打撃方向は コンマ何秒単位で複雑に動いていくので
正直、一般的なアマチュアの運動性能や練習量では
単なる偶然を待つほか手がないだろう。
スナップショット 2 (2014-06-24 15-38)

もう一つ付け加えさせてもらえば
ボールの打撃方向と言うのは
左右角度だけでなく
上下角度と言うものもあり
ゴルフクラブがバッグの中にパターも含め
14本入っている という根底を裏付ける
大変重要な部分なのだ。

ゴルフクラブは一見すると
ほかの打撃系のスポーツ用具に比べ
異質な形をしているように見えるけれど
ゴルフクラブを体で動かす
ゴルフクラブ単体は動かず、それを持った打ち手が動く
という事を 法律を順守すれば
その形状は打撃することの大きな力になるばかりでなく
その動作そのものも助け、促される形状になっている。

シャットを意識的にでも維持し
体の向きの変更でクラブをインサイドから
ボールにコンタクトさせると
クラブの形状・クラブの重さが
 ★グリップを体の回転に遅れないように動作方向に押し
 ★それによって重さが左サイドの低さを促し
 ★意識をしなくても前傾姿勢やディッシュアングルは保たれる


それによって
 ボールも上から打て
 インサイドから入れられ
 クラブヘッドやクラブの重さが打撃エネルギーに使え
 動作もシンプル
 クラブと言う手助けもあるので
 繰り返すことが容易になっていくもの
スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)

確かに 全く同じ条件なら
 ヘッドスピードが速い方が飛ぶ要素は多いが
以前の寝かして 上から打てない打法に比べ
 ロフトも締まっており、
 クラブヘッドの重さも打撃に利用できるので
寝かして打つ打法の7割程度のスピードがあれば
十分今までよりも飛ぶのは理論上実証済みとも言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


★振り遅れ
★ダフリ
★トップ
★煽り打ち
★突っ込み
★体重が左に乗らない
★右サイドが下がってしまう
★体が早く開いてしまう


それらの症状や悩みの多くの原因が
ダウンスイングで体は回っているのに
そこから生えている腕、、、特に左腕が
それに伴って移動していないことにあるのです

スナップショット 1 (2015-04-26 23-30)


本来、この体を回す。。。シフトも伴った
ダウンスイングの左回転の動きは
結果、クラブ自体をインサイドからボールへとコンタクト
させる動きになります。
と同時に体には前傾姿勢があるので
その感覚的な横の動き〜地面と水平に近い横の動きも
グリップや左サイドを下げることにもなるのです。

このクラブの移動の本流 を逃してしまうと
クラブの横の動きも縦の動きもすべて
あとから腕捌きにしなくてはならなくなります。

一つの動作で済むはずのことを
 二つの動作にしなくてはならなくなるのです。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)


だから スイングがちゃんと見れるようになると
二段型のスイングは タイミングが遅く、動作が速い
体で動かしてこれたスイングはタイミングは速く、動作は遅い
と見えるのです。

また、体の動作でクラブを移動させていれば
動かしている筋力も大きな上(足腰)に
動いている箇所も大きな部分ですから
それに対してのクラブや腕の負荷、重さも割合も
比較的小さなもので済むのですが、
体の動作でクラブを動かしていないと
動かしている筋肉も小さく(腕周り)
移動している部分もクラブと腕だけになりますから
その重さ、その重さのかかる方向に
非常に左右されてしまうことになります。

体の動きでインサイドから入って来れれば
クラブの重さも利用できるので
左サイドの低い時間も維持しやすく
故に前傾姿勢のことを意識しなくとも
前傾姿勢が左の股関節に維持しやすくなりますが
体の動きでクラブを移動させて来ないと
クラブを動かそうとしたときに
その重さによって右サイドが下がることになってしまうので
必ずと言っていい位、体重は右に残ります。
よって 前傾姿勢はなくなる ということです。

44_1_0p


ここまでの話を理解出来ていれば
やることは簡単です。
トップの位置からいったんグリップを下げ
そこから体の回転で打つ。
もしくは グリップを下げて、両腕が概ね伸びた状態で
体の回転だけでアプローチする
という事を何度も繰り返し、
打撃と言うものを体に刷り込んであげるのです。

使う番手にもよりますが
特殊なショットを除いて、50〜60ヤード程度の
アプローチは 本番でもこれで十分・・・というか
これが アプローチの基本中の基本です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

まずはコチラをご覧ください。


マークオメーラですね。
個人的には好きなスイングをする選手のひとりです。



スローで見た方が、ある意味騙されやすいと思うのですが
彼のスイングは今は絶滅危惧種の属する
体の回転、和製英語では「ボディターン」で
ショットする選手です。

スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)






この写真を見る通りに、
体の向きが変わるから、クラブの向き、シャフトの向きが
変わっていて、世間でよく言われる
手を返している」訳ではありません。

ゆっくりした動きに比べると
クラブの作り出す重さや遠心力などの「不可抗力」が
増してしまうことによって、それを補う
腕や手回りのアクションがあるに過ぎず
原形はこの写真と同じことをしているに過ぎません。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)






体では無く、腕の返し、かいな とも言いますね
その動作によって、クラブの向きを変えているのでは
ありません。

それを踏まえたうえで
コチラもご覧ください。 今度はジャンボです。

解説を聞くと 「よく腕が返っています」
との言葉がありますが、
決して 「よく腕で返しています」と言っているのでは
ありません。
言葉足らずの部分もあるのかも知れませんが、
体の回転、向きの変更に対して
腕やクラブをずらさず、遅れさせず
体の回転に応じて」腕が返っています、
と言っているのかも知れませんし、
動作と言う意味で「返っている」のではなく
単に 位置関係と言うか、相関関係として
ボールに対し「腕が返っています」
体の回転によって 腕の向きが変わっています
と言う意味かも知れません。

しかし、見る側の人は
これを参考にしよう! とした時に
腕が返っている 返すんだ
腕をひねるんだ と言う固定観念があると
腕周りの部分しか注視せず
全体像で、体の向きが変わるから
クラブの指す向きも変わる ということを
見落としてしまいます。


はす斜め上からのスロー映像を
全体像をちゃんと掴みながら見ると
腕は殆ど動作をせず、その腕、クラブを持った腕を
脚の動きでの体の回転で動かしています。

インパクト、その直後
そこら辺の映像は アドレス時の上半身と
殆ど違いが無いのが分かりますでしょうか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の近くにトップが納ま・・・ってない。

まずはとにかく体の近くにトップを作ってみる練習に

切り替えました。ほら打てる気がしない(ToT)

まあいいや,どうせ練習だし。



とりあえずトップつくったら

体の近くへスライド

そのまま上からどーんと重さを乗せて〜

あれれ全然当たらない。

当たってもひどく飛ばない。

悶絶ど真ん中をさまようこと約60球。

体の向きの変更がほぼ全て・・・というポイントを

思い出しました。言葉が簡単すぎてピンとこないけど。

手先のアクションに気を取られすぎだったのは間違いない。

最近グリップを気にしてたのもあるし。



スライドはほんのちょっとのベクトル出しにすぎないのか。

先にちょっと方向を出して,あとはどーんと

体が動いていくだけ,なのか。

結構アバウトな言い方だけど(^^;



なんか必死でスライドさせようとするうちに

スライドそのものが打撃まで繋がるイメージを

描きすぎたのかな〜。

結局手でインパクトまで持っていっていたみたい。

当たらず飛ばずのハイレベルな物件が完工間近?

いや,ちゃんと作り直しましょうね。



スライドしてからどーん(目標)

まだ手で置きに行ってる感じだな〜。

スライドも遅いな〜。



小さなスライドアクション→ちょっとで終了!もう不要!

次は大きな脚の動き→最後まで。

こんなイメージでだいたい合ってますかね??

bcb3a5e8


お手紙ありがとうございます。
ダウンスイングのシフト〜スライドの意識
というのは大切と言えば大切ですけれど
少し別の観点から…。

ゴルフスイングの場合は
体の向きを変える
アドレス〜テークアウェイ〜トップ
 右に向きを変える  ⇒ 体に対しての右への動き
トップ〜ダウン〜フォロー
 左に向きを変える  ⇒ 体に対しての左への動き

進行方向が 右の時と左の時がある訳です。

その際、必ず前輪駆動で動くことをお勧めします。

右へ動く時は右半身優先駆動
左へ動く時は左半身優先駆動


私の見る限り、多くのアマチュアは
ここの部分 クロスした体の使い方
後輪駆動は動きの方が多いように感じられます。

スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)


多くのスイングがそうなのですが、
トップから体が回るなり、シフトするなり の
動作を始めても それに左腕が付いて行っていない と
思うのです。
脚が動き 骨盤が向きを変える(左へシフトする)
となれば 上体(上半身)も当然移動しています。
にもかかわらず 左腕の位置が「そこ」に残ったまま。。。

トップからインパクト付近に向け
脚を中心にした体の動作は
左が低い、斜め下への回転〜横移動です。
クラブを斜めに楽に移動させられる
ある意味 無意識で 斜め下に移動させられる
最大のチャンス(機会)を逃してしまっています。

「左方向への前輪駆動」をするのには
腕も含めたクラブと言う重量物を
しっかりと体の動作で移動させる必要があると思います。

ここのところを 一度グリップを下げてから
体の回転でボールをさばく と言うドリルで
刷り込んでいくのがよいかと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そして 悩み多きアマチュアゴルファーが
一番多く採用しているのが
こちらの方法です。
スナップショット 3 (2015-04-18 18-58)

 グリップを支点とした
 「腕捌き」による円運動(ヘッドの振り)
 という第一のものすごく大きな過ち に加え
 それを同時に
 180度フェースターンさせる 
 のです。

ゴルフスイングの基本は
 クラブ単体を動かさず、それを持った自分が
 向きを変えることによって ⇒結果、円を描きます。
 クラブ単体には円運動をさせていないのです。
 傾きがあるうえで、向きを変えて横移動させているに
 すぎないのです。

なのに 第一の間違いは
 ★その描円をクラブ単体を動かして作り出す
ということ。
これには ロフトが始終動いてしまうという欠点が
付いて回ります。
打ってみないと 実際のロフトがわかりません。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

そして、グリップを支点としてヘッドを振るので
そのクラブやヘッドが作り出す遠心力と
いつも「闘って」いなければなりません。

 まあ だからヘッドの軽いものが欲しくなる のでしょう

グリップを支点として円運動している人が
テークバックで左手の甲を平側に折ると
いい球が出るようになる…スライスが解消できる
というのは 基本ここです。


001

忘れられがちですが、
ロフトが変化するという事は同時にバンス角度が
変化するという事です。

打ってみないとバンス角度が何度なのか
分からないクラブは使いにくいですよね。
それと同じ方法論を採用してしまっています。

ロフトが安定せず、バンスが安定しない だけでなく
遠心力と言う…負荷と言うか 不可抗力がかかりやすい中で
ヘッドの高さ変化が激しく起こりやすい方法なので
ボールとヘッドの高さ関係も一定しにくくなります。

これはバンスを除けば パターでも一緒です。

ロフトもバンスも安定し辛く、高さ変化も激しい打撃方法で
スピードで解決できないアプローチが安定するでしょうか…
005

それと同時に
フェアウェイウッドと言うのは
アイアンと比べると、スピンを増やさずに
出来るだけボールを上げやすくする構造上
奥行きが深くなっています。
バンス角度が一定せず
アイアンに比べ、左足の方にボールを置きやすい
フェアウェイウッドがうまく打つことのできない打撃方法です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーの悩み、よく耳にする悩みは

 ☆ドライバーがスライスする

 ☆フェアウェイウッドがうまく打てない

 ☆アプローチにミスが多い〜安定しない

   〜〜〜距離感がつかめない

ですよね。

そして、その多くのゴルファーは
これらはそれぞれ単独の別の悩みと思っています。

しかし、基礎の部分は共通しているのです。
各各のショットにはそれぞれの要素はありますが、
基本の部分を一新すれば、解消とは言えないまでも
改善され、希望の道が見えてきます。
cap02

その悩みの解消の入り口は 実は「技術の改善」や
「練習量」「技術の習得」ではなく
ゴルフショット、ゴルフスイングに対する概念を
正しく修正すればいいのです。

その悩みの始まりは
 ゴルフスイングは円 だということです。
ゴルフスイングは円(円運動)ということそのものは
決して間違ってはいません。
しかし、その円をどのように作ればよいのか
何で作ればよいのか そこを大きく勘違いされています。

平均的なアマチュアおじさんゴルファーに
クラブを持たせ、何気なく会話をしていると
その話の最中、
多くのゴルファーはスイングのイメージなのか
片手でクラブを持ち、グリップを支点に
クラブをブランブラン動かし 半円を描きます。
大体の場合、縦の円を描きます(地面に垂直に立った半円)
      イメージできますか?
スナップショット 1 (2014-06-26 13-45)

ゴルフスイングの 「結果としての」円運動は
クラブ単体を独自に動かさず、
それを持った打ち手が体の向きを変えるから
外の人には円運動に見えるのです。


クラブが動いているのではなく、
自分が動いているに過ぎないのです。
その結果、クラブが円を描いているように見えるのです。
以下の動画を見てください。

まず 体の向きを変えるだけで
結果 円を描いています。
ゴルフスイングには理由があって
前傾姿勢があるので、結果「斜めの弧」が描かれます。

次に グリップを支点として
ヘッドを振り子のように動かし、
シンプルに円弧を描きます。
これ自体もスイングとして、
ゴルフクラブの利用方法として間違いです。
なぜならば、ゴルフクラブにはルール上
パターを除く13本のクラブが利用でき、
そのクラブのフェースの角度/ロフト角度によって
同じ方法で、同じような力加減で
距離を打ち分けるものだからです。
この打撃方法では、シャフトのふり幅、ふり角度と
同時進行で、クラブのロフトが変わってしまいます。
ゴルフクラブの番手間のロフト角度の差異は
4度程度です。
時計の針の1分/1秒が6度ですから
ミスなどは仕方ないにしても
打つ前の時点から、いったい何度で打つか
分からない方法論を取るべきではありません。
スナップショット 1 (2015-04-18 18-56)

 ・・・しかし、この方法論は
    パターの振り打法と同じで
    この次のアマチュアの最主流派打法に比べると
    方向性もよく(比較論ですよ!)
    ボールに対するロフト効果も少ない
   (最主流派打法よりも立ったロフトでインパクトしやすい)
    ので、現代のスイング改造論として
    潮流になっています。
    ☆故に縦振りにしろ!
    ☆手先の細工ではありますが、シャットを造れ!

    と言うのだと思います。


そして 悩み多きアマチャアが一番多く採用しているのが
こちらの方法です。
スナップショット 3 (2015-04-18 18-58)

 グリップを支点とした
 「腕捌き」による円運動(ヘッドの振り)
 という第一のものすごく大きな過ち に加え
 それを同時に
 180度フェースターンさせる 
 のです。

ゴルフスイングの基本は
 クラブ単体を動かさず、それを持った自分が
 向きを変えることによって ⇒結果、円を描きます。
 クラブ単体には円運動をさせていないのです。
 傾きがあるうえで、向きを変えて横移動させているに
 すぎないのです。

なのに 第一の間違いは
 ★その描円をクラブ単体を動かして作り出す
ということ。
これには ロフトが始終動いてしまうという欠点が
付いて回ります。
打ってみないと 実際のロフトがわかりません。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

そして、グリップを支点としてヘッドを振るので
そのクラブやヘッドが作り出す遠心力と
いつも「闘って」いなければなりません。

 まあ だからヘッドの軽いものが欲しくなる のでしょう

グリップを支点として円運動している人が
テークバックで左手の甲を平側に折ると
いい球が出るようになる…スライスが解消できる
というのは 基本ここです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事で
シャフトの先にピンクのボールを付けたゴルフクラブ…
こいつでパターをしてみると
振り子打法のダメさ加減がわかります。
001

ものすごく当たり前ですが
パッティング・・・
パッティングだけではありませんが
ゴルフのショットの目的はボールを打撃して
目標の距離を出来れば望む方向に移動させる
ことです。
特にパッティングではそれは顕著です。

スピンは必要ではありますが、
空中を飛ぶ場合、浮遊させることと
クラブ、ロフトによって距離の打ち分けが可能なこと
パッティングの場合、地面には摩擦があって
転がるので存在するに過ぎません。

スピンを生み出すことを主目的に
打撃しているのではない 
ということです。

振り子打法の場合、
首、もしくは両肩甲骨を結んだ背骨あたりに軸点が来ます。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
ヘッドを進行方向(打撃方向)に動かす
という事は、
軸点を中心として
その対称、反対部分にある頭は
飛球線と反対方向に動かさざる得ません。

首もしくは背骨のどこかには
大かな体を動かせるような
臼のような関節は存在しませんから
完全なる横運動は出来ず、ひねりが入りますので
飛球線方向にヘッドを動かすということは不可能です。

ようするに、アドレス時セットした
この場合は ボールとボールですが
インパクト時には 打たれるボールの上面を
ピンクのボールでなぞり上げるような
そんな打撃になってしまいます。

打撃の主目的がスピンを生み出す ことになってしまいます。

このピンクボールのパターもどきの場合、
ヘッド部の重量が無さすぎるからかも知れませんが、
しかも ボールを弾くように打つので
飛ぶ方向もなかなか一定しません。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)


パッティング言うところの
良い転がりとは
ボールの外周は13センチ位ですが
ボールが10回転して130センチ移動することではなく
130センチをいかに少ないスピンでスキッドさせながら
移動させることです

6e87384e

振り子打法は 打ち手の目線で
ヘッドが真っ直ぐ動いているように見えるので
さも よい打法と勘違いしがちですが
打撃を横から見た場合、
ヘッドの高さ変化、ロフトと言う向き変化が激しく
パッティングの主目的である
自分の打ちたい距離をボールを移動させる
というのは不向きです。

ボールを先端につけたパッと練習用具
いい感じだとは思うんですが
何分 ヘッド重量なさすぎ・・・かもですね。

L型ブリストルパター並みの
鉄球。。。プラスチックもでもいいかと思うんですが
(プラスチックだとでかくなり過ぎかも。。。)
作ってみようかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールとヘッドがミートすること
と言うのを考えてみましょう。
BAQCDJeCIAANbVf

ボールを自分の腰の高さまで
ティーアップします。
このイメージは斜面で高いところにある
ボールを打つのとつながると思います。


ちょっと悪戯して シャフトの先に
ボールを取り付けた練習用のクラブです。
001

ミートするのに絶対に勘違いしてはいけないのは
フェースのどこに当てるのか をイメージしている人が
多いかと思いますが、その必要は一切ありません。
細かい部分は割愛しますが、ある条件さえ満たしていれば
フェースの溝のある部分であれば、どこでも大きな違いは
ありません。
この実験はそれを想起させるものではありません。

ティーアップされているとは言え
空中に浮いているのに等しいこの状態のボールです。
普通にボール同士ぶつけるのもやさしくないでしょう。

ピンクのボールの装着されたゴルクラブもどき

これで毎回空振りせず ボール同士を接触
コンタクトさせるのには
まず絶対条件として
自分の胸とピンクのボールまでの距離を大きく変えないこと
つまり クラブを伸縮自在の長さのもののように
使わないことです。

クラブを先に起こして、体を回す
一見するとクラブの長さを変えているようですが
ご覧ください。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)414







写真撮影のポイントにもよりますが
あまり変わっていませんね〜

このテークバックではどうですか?
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

位置関係も自分の胸からも距離もだいぶ複雑です。
ここからスタートして 空中に浮いたボールを打つのは
かなり困難。。。
まあ 世の中には上海雑技団調のスイングをよし
とする人もいますから、それはそれですが。。。

そしてフェースローテーションについて なのですが
ゴルフクラブには重心位置というのが存在します。
ゴルフクラブのクラブヘッドの重量の中心点は
立体的にそれが装着されているシャフトの
その延長線上に存在しない、ずれた位置に存在しています。
001

ちょっと極端な発想ではありますが
このシャフトの先につけたピンクボールでなく
ドライバーヘッドに差し替えます。
中は空洞、中空ってことですね。
その中にパチンコ玉を20個くらい
コロコロと中でパチンコ玉が移動する程度に
収納しておいたとしましょう。
(うるさそうですが・・・)

パチンコ玉は クラブヘッドの姿勢によって
位置を当然移動します。
スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)トップの位置ではそのパチンコ玉は
ヒールのシャフト装着部分にあります。

パチンコ玉がトゥヒール方向に移動すれば
体に入ってくる重さの情報が変わります。
トゥ側に移動すれば クラブが重く
長くなったのと同じ情報が体に伝わります。
クラブヘッドが重くなれば、自然にヘッドは体から
離れていくようになりますよね。
しかし、ボールの位置は変わっていません。
このままでは空振りか、シャフトでの打撃になってしまいます。

ローテーションスイングの場合
それが毎回、同じ位置、同じヘッド姿勢になるのは
ほとんどありません。
それは 人間の演算能力が必ずその変化に応じて
反応してしまうからです。
トップの位置から腕と言う小さな筋肉のもので
動かすヘッドの道のりは2mを超えるのです。
その通過時間は0.2秒程度です。


そのクラブ扱いで腰の高さにあるボールを
同じように打つのはかなり無理があります。

ヘッドを動かさない
グリップの移動分以下でヘッドを移動させるイメージは
トップで作ったヒールに集まっているパチンコ玉を
そのままの状態でインパクトに入ってくるような
そんなイメージです。
スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)

インパクト付近で内部のパチンコ玉が移動したとしても
それは ソール側(フェースと反対の奥側)ではなく
フェースの面の裏側をパチンコ玉が移動しているイメージです。

まあ実際にはそうはなりませんけどね…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


少々、元に戻ります。

飛ばしたいという意識は分かります。
世界中のゴルファーはたぶん全員そうです。
そのために
ヘッドを振る、
ヘッドを返す
腕をローテーションさせる
ヘッドでグリップを追い抜く

など、実はスピンや高さなどのロスを生むばかりで
よほどの練習量、頻度、そして体へのケアがない限り
アマチャア「おじさん」ゴルファーが
目指すべきではないと思います。

imagesCARZT6DK


体の回転、向きの変更で
ボールをさばくことを覚えない限り、本当の意味での
☆ボールをつぶすことも
☆ボールをつかまえることも
☆ボールを上から打つことも
☆ヘッドをインサイドから入れることも

全く体験できず、ゴルフが終わってしまいます。

それでは面白くないですよね(#^.^#)v

そこで このドリルが大変重要になってくる訳です。

打つ番手は6番とか7番とか
体の姿勢が楽なものでいいです。
打つ距離は20〜50ヤード程度
低いライナー、もしくはゴロを打つ訳ですから
動きの勢いも、ましてやヘッドの勢いなんて
ほぼ一切要りません。
飛ばすため、逆説的ですが
例えば40ヤード打つのに
どこまで遅い動作、少ない動作で打撃することが
出来るか?! の方が重要なのです。


まず、基礎中の基礎
体でボールをさばくことが出来るか
そこを身につけましょう。

スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)


アドレスから体の回転をせず、クラブをその場で起こし
体の向きを右向きに変える そのトップを造ります。

そして、グリップの位置をクラブの重さの通り
重力に向かって真っすぐ下げて下さい。
この際、ヘッドを上下左右動かす意識を持たず
逆にトップの位置に置いておくような意識でいいです。
結果、グリップの下がった分、ヘッドもその場で下がります。

飛ばしたい意識が強いと
ここでヘッドに勢いを付けたくなるでしょう。
そこで ヘッドをグリップの移動以上 移動させた瞬間
もう体でボールをさばくことは出来なくなります。

スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)


言葉は変ですが
このドリルではほとんどの「動きが静的」なものです。

そして そこから 体の向きを変えます。

シャットになっているか、クラブヘッドがグリップ以上に
上下左右動いていないか、そこで一度確認するため
静止してみてもいいかも です。

体の回転の際に、体重移動に意識が行くかも知れませんが、
そこはこう考えてください。
右を向いている時は、左サイドの方が低くなっています。
その状態から始めるので
体の回転で グリップを斜め下に「直線」で
移動させる意識です。

この際、ボールの飛び出る方向とは
かなり異なる方向への直線移動になると思います。

体の向きを変えますから、結果第三者からは
円を描いているように見えますが、自分は
体の向きの変更で 斜め下に直線でグリップを
動かしただけです。

*斜め下とは 右を向いている時の重力方向真っ直ぐは
 上半身に対してやや斜めになるからです。

スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)


体の回転でグリップを低くすることが
結果、左への体重移動を生んでいきます。


このドリルが先…かもです。

これは実はドリルではなく、いずれ
打撃そのものだと感じるようになりますし、
このドリルがそのままアプローチになっていきます。

そして それをスイングに馴染ませ行くのには
体を回転させず、その場でクラブを起こし
そして体を右向きに変える というのが必要になってきます。

多くのゴルファーはきっかけとして
テークバックの初期に体を少し回し
クラブヘッドの勢い、反動、慣性をつけ
それによって腕を振り 準備を始めます。

このドリルではクラブヘッド、クラブには一切
反動、勢いを付けません。
逆にクラブを起こすので、アドレス時に
クラブを地面につけずにいる状態よりも
クラブは軽くするのです。
(クラブの長さを重量的な意味でゼロにするから、です)

この際も意識するのはグリップだけです。
グリップを体に引き寄せるように シャフト起こせば
グリップ以上にヘッドを動かす必要は「一切」ありません。

グリップの位置をこぶし2〜3個程度
上げてあげると、シャフトはアドレスの向きで
地面と平行位(もしくはややそれより立ち気味)になる筈です。
シャフトを地面と垂直にまでする必要はありません。

そこからお尻なども含めた脚さばきで
骨盤を右に向けます。
男性の場合は 秀二(?)をしっかり右に向けましょう。
・・・秀二についての逸話を知りたいからはお電話を^^

あら 不思議
クラブヘッドを大して上げていないのに
ゴルフスイングのトップに近い位置まで
クラブ、クラブヘッドは来ますよね。
どうですか?

ゴルフスイングのクラブそのものの腕での移動量
ヘッドの移動量 は 実はその程度のものです。

2008042814282476274


多くのゴルファーは 腕のさばきによって
立体的に斜めの円を描く と信じ込んでいます。
その移動量は円の外周ですから
数メートルになります。
少なくとも3メートルは腕のさばきで
クラブヘッドを動かすと思っています。
往復の動きなので5メートルを超えるかも…です。

でも 真実は
先ほども書いた通り、グリップをこぶし3個程度
動かして シャフトが地面と平行強に動かした分
そうですね 50センチ程度です。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)
5メートル50センチ
円弧直線


この差はあまり大きくて歩み寄る部分がありません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヘッドスピードを上げると 飛ぶ    の?

半分正しく 半分間違っている

まったく同じ条件で スピードだけ 1ms上がると 
   増える距離は たったの 「4ヤード」

4msヘッドスピードが違っても 15ヤード位の差である

良く耳にするコメントで
 「俺 あいつより30ヤード 飛ぶんだ!」
 単にヘッドスピードの差であれば
 8msも違う事になる
  そんなはずは ない って思うよね
 
スナップショット 6 (2015-01-18 15-58)
  
同じような年齢で 8msもヘッドスピードに
差があるとは思い難い

我々 アマチュアが ボールを飛ばす
そのための 「鍵」 は
 適正な(インパクト)ロフトで打つこと
☆インパクトロフトというと 単にクラブの姿勢
 ヘッドのインパクト時の姿勢と感じてしまうが
 ヘッドの入ってくる角度(上下の角度)
 入射角度もインパクトロフトを構成するひとつ



45msの人がコスって20度相当のロフトでインパクトすると
37msで11度で打った人には 「当然」 負ける!!!

ここ 昨今のドライバーは ライ角度も非常にアップライト
15年前は長さも違ったけれど
 ドライバーのライ角度・57〜58度が標準だったのが
長さが1インチ以上長くなっているうえに
平均的なドライバーのライ角度は60度を超え
なかには 66度・・・
 サンドウエッヂよりもアップライトなドライバーも
実は少なくない現状だ…。

重心深度も深いから 運動中の実質フック角度は相当ある
中には重心角度30度なんて スウィング破壊兵器も存在する
 要は 非常に「スライスし難い」 
「右に行きにくい」クラブが
    世の中心なのは みんなが 
開いて ロフト増やして打っている
     そういった 証なのだよ


自分の体力にあったロフト
 それも物理的なロフトという意味だけでなく、
入射角度も含めた ちゃんとしたインパクトロフトを作ること、
もしくは作り易いクラブを持つ事が
 実はヘッドスピードを増やすより
 労力、体力的には簡単である

自分がロフトを開いているから
「キツ〜イ」ロフトのクラブを使うのではなく
正しいクラブの使い方で 正しいロフトで打つ
 それを目標にする方がアマチュア向き でしょ!

ちゃんと打てるようになると 弊社の悶絶クラブと呼ばれている
重いヘッド&柔らかいシャフトのクラブは
弾道が低くなることが多い。
ただ クラブを寝かして使っている人にとっては
重いヘッド&柔らかいシャフトのクラブは
ハイボールスライスか天ぷら製造機になってしまう。
寝かしが激しすぎる人は
そこまで到達できず 遅い球質の低い
だらしない抜け球になるケースもあるんだよね。

006

ヘッドスピードを増やす
  …この行為 実はロフトを増やす とかなりつながっている スピードが上がればロフトが増えちゃう これでは変わらない

 ゴルフはやっぱり ニュートンの法則であって
 消費カロリーの法則ではない よね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の向き「だけ」でクラブを動かす
ゴルファーの好きな視覚情報、静止画表してみよう。
414
ごくごく普通のトップの位置ですよね
クラブを起こして、それから体の向きを変える
テークアウェイのドリルと行っていくと
アバウトであるけれど、このくらいの位置が
トップの位置になっていくと思う。

では この2枚の写真を比較してほしい。
414スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)








片方の写真を90度回転させているけれど
上半身とクラブの関係は
殆ど変っていないのに気づくだろう。

違いと言えば
上半身に対し、グリップがやや左に移動した位で
これも意識しなくても、
左サイドが低い右向きの状態の間に
グリップを下げてしまえば
自然に発生することになる。

さて イメージつくりにもうひとつ。
414スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)





この二つの映像の
グリップとヘッド部を直線でつないでほしい。
ゴルフのダウンスイング〜インパクトに
手作業が主になっていないのがよくわかるだろう。

力をいれて利き腕を伸ばす という間違いが
起こりやすいニュアンスになってしまうけれど
利き腕で左グリップを下に
押し付けただけ と言う感じ。

体と腕の役割・・・
ある部分視覚映像に頼ってしまうと
体を動かしてから、器用な腕で自分のイメージを
なぞりたくなってしまう。
故に、グリップをまず下げ、そして体の回転で
ボールをとらえるというドリルで
刷り込んでしまおう。
スナップショット 4 (2015-04-06 2-09)

いずれこのドリルは ドリルではなく
打撃そのものと言う感覚が身についてくるはず。

体とクラブの関係を維持したまま
体の回転だけで打撃するその感覚は
卓球やテニスのスマッシュに通じるものがあると思う。

ロフトが付いている打撃面で
腕のローテーションなどで打撃すれば
打撃のエネルギーの主な部分は高さとスピンに
化けてしまう という事を理解できるようになるといいね。

悪口で言う訳ではないけれど
巷の打撃理論では、必要な距離を打つのには
ロス率が高すぎて、人間の運動速度の限界に挑戦
しているように感じてしまう。
まあ 極限までダイエットしたヘッド重量
アマチュアが使ったら動きのないシャフト という
クラブそのものに運動性の少ないもので
やるとなれば 仕方ないのかもしれないけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


過度に意識する必要はないけれど
インパクトは体の正面で行いたい。


そのためには概ね両腕が伸びた
突っ張らかった状態ではないにしても
両腕、特に利き腕が伸びた状態で
ボールをとらえたい。
スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)

利き腕が伸びている状態というのは
別な言い方をすれば
右利きの人で言えば、右サイドが高い状態が
維持されていると言える。

スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)普通のトップの位置から
「右腕を伸ばせ〜〜」と言うのは大切だけれど
それを筋力で何とかしようとすると
多くの人は右サイドを下げることで
グリップの位置を下げるようになってしまいがち…。

そのコツも クラブを起こしてから向きを変える
グリップを下げてから、一呼吸おいて、体を回す
と言うドリルの中で掴んでいこう。

クラブを起こし、体を回す順序で作るトップの位置では
クラブヘッドの反動、慣性がほとんどない状態なので
クラブの重さはグリップにぐっとかかっている。

ここからグリップの位置を重力に向かって
真っ直ぐ下げていくのだから
そのクラブの重さを利用してあげよう。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

力でぐっと腕を伸ばすとか
グリップの位置を低くするのではなく
微妙なニュアンスではあるけれど
脱力するに近いような。。。だらんと下げる
そんな感じなのだ。

腕を無理に伸ばそうとすると
グリップの位置が自分の体から離れてしまったり
力で解決しようとすると
自分では腕を伸ばして
グリップの位置を下げているつもりでも
体の姿勢をくの字に折って、右サイドを下げて
グリップの位置を下げているケースが少なくない。

腕で意識しておくことは
グリップ部を重力を利用して
だらりと下げる時、
(まあ その量もこぶし2〜3個程度だけれど)
体はまだ右を向きっぱなしの状態で
体の姿勢は右サイドの方が高いのだから
右のグリップが上下関係と言う意味で
しっかり左のグリップの上にある状態
シャットをちょっと強めに意識しておくこと。

実際の打撃。。。となると
必要以上に意識しておく必要はないけれど
ここにはある秘密が隠されている。

トップの位置からヘッドを振ったり、
体を先に回して、後からクラブと振る(腕を動かす)
と言う順序であると
クラブを振るイコールキャスティング
左手首が解け ライ角度を失うことになる。

前述したとおり
右を向きっぱなしの状態で
クラブそのものの重さを利用して
グリップをこぶし2〜3個分、だらりと下げる。
その時、右グリップが左グリップに
上下で被った状態(シャット)でいると
このキャスティングは逆スナップに入れ替わる。
スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)
注意点としては
ヘッドの位置として
クラブを起こして、体を回した そのヘッドの位置
ボールから離れたところにあるその位置を
グリップを下げても残しておくという事。
bcb3a5e8

ボールの方にはグリップが近い ということ。
これを維持して
あとはイメージ通り
体の向きの変更によって
斜め下直線にグリップを動かす
 と
自分が想像しているのとは違い
ボールは目標方向に飛び出る。

たぶん このドリルでは
力も入れにくいだろうし、
今までのリズム感とはかなり異なるから
違和感バリバリ なんだと思う。
故に、速く動くことは出来ない筈だけれど
それとは異なり、ボールの出球は異様に速く、低いはず。

その打撃の感触も今までとは大きく異なる筈。

これを「つかまえる」って言うんだよ。

ちと極端ではあるけれど
1mmでもヘッドを上下左右に
グリップの移動以外で
体の向きの変更以外で動かして
打撃してしまえば
その感触は一気に消えてしまう。

これを繰り返して
ボールをとらえる というこをつかんでしまおう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


人間の反応力と言うか
瞬時の演算能力と言うのはすごいものです。

ダウンスイングでヘッドで「手先で円を描こう」とすると
円を描いたその外の方向に当然、遠心力は働きます。
それは立体の力ですから かなり複雑。。。
円の大きさ(通り道)やヘッドの姿勢等によって
毎回微妙に異なるでしょう
スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

事前のイメージではグリップなり、体なり
どこかの支点、軸になるポイントはあるのに
その支点は遠心力によって引っ張られ
想定とは違う位置にずれてしまいます。
 しかし そうは考えていない…。

ずれる支点を体は瞬時に察知し
色々な反応(演算処理)をして
ヘッドとボールが当たるようする訳です。
左サイドが開いてしまう、上がってしまう
右サイドが下がってしまう と言う悩みのゴルファーは
それそのものを直すことが重要でなく
その反応を生み出してしまう ヘッドの振り を
消去しない限り その悩みからは脱することは出来ません。
そして その悩み解消には
ヘッドを振るための準備をテークアウェイの初期段階で
していることがほとんどなのです。


体の位置や姿勢にも影響はあるでしょうが
基本、手先、腕によってクラブの軌道を造ろうする場合
腕周りの大きくない筋肉(筋力)に対し
クラブ、そしてそのクラブが作る遠心力や慣性などの
不可抗力はかなり大きなものです。
グリップと手袋を油まみれでぬるぬるにしていたら
クラブはすっ飛んで行ってしまうでしょう。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

ヘッドは、クラブは、手先でなく
体の向きの変更によって インサイドから入れてきます


トップの位置から まずグリップを下げ
そこから体を回す、向きを変えるというドリルで
まずはインサイドから入れるイメージを構築しましょう。

クラブヘッドは第三者から見ると
 
 "結果" 円を描きます。
しかし それはクラブ自体を動かさず
クラブを持った自分が体の向きを変えたからであって
クラブ自体を動かしたのではありません。

そして 重量と言うものの特性上
体を100動かしても(この場合は向きを変えるという行為)
グリップは100動きません(100以下という事です)
そして グリップを100移動(動かす)したからと言って
ヘッド部は100移動(動き)ません。
スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)

それらを踏まえたうえで
トップの位置から先にグリップを下げ
ここでいったん止まり(一呼吸入れ)
体を回す、体の向きを変える際
クラブ、ヘッドをインサイドから入れてくるイメージは
直線でなければいけません。
スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)
ヘッドをたくさん動かしたければ
自分が動くしかありません。

ヘッド自体を多く動かすということは
全体が動作中の場合、必ずグリップを止める
もしくは自分自身の動作を止めるしかないのです。
bcb3a5e8
グリップを直線で「体の回転で動かす」
その結果、ヘッドも移動する。
言葉にすると矛盾しているのですが。。。ね。

そのイメージを持つことが重要です。

イメージが出来るようになったら
その直線は立体ですから
やや斜め下方向への直線と段階を進めてください。

グリップを先に下げてから、一呼吸おいて
「体の向きの変更での」斜め下方向へ直線
414
右を向いたこのような状態から
斜め下に「体の回転で」グリップを直線移動
・・・たぶん ですが
今までイメージしているものとは大きく異なり
ボールを打ち出す方向は相当右方向と言うか
練習場で言うと
前の打席の人にボールを打ち出すのか・・・と言う角度
だと感じることでしょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを起こしてから体の向きを変え(右向きを作り)
グリップを下げてから、体の向きを変える。

この練習はショットとして
大変重要な
「体の向きでクラブをインサイドから入れてくる」
という事を実践できる大変良いドリルになる。

まず、クラブを起こして「から」 体の向きを変え
 トップの位置を作ってみよう。
スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)
クラブを先に動かし終えているので
クラブを動かしている反動がないから
深いトップにはならない。

テイクアウェイ(バック)で大事なことの一つに
当たり前ではあるけれど
グリップが移動するから、ヘッドも移動する。
体が向きを変えるから、グリップも移動する。
この段階で 決してヘッドによってグリップを動かしたり
体の動きに影響を与えるような反動を作ってはいけない。

ゴルフで言うところのリズムやタイミングは
「自分の動作を指す」 のであって
クラブヘッドが作り出す遠心力や慣性などの
他力なリズム感ではないということを
実感するのではないだろうか
スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)

その位置からグリップを右のポケットの前に
下げてみよう。

刷毛塗のイメージは胸に平行な横の動き・・・
と言う感じではあると思うが、
スイングの流の中では
重力に対し、真っ直ぐ下げる ようなイメージで良い。

実際には自分の体には前傾姿勢があるから
右を向いた時の重力へ真っ直ぐな動きには
横と言うか斜めな動きが内包されている。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

この際、上下左右ともに
ヘッドは出来るだけ動かしたくない。

グリップが下がった分だけ
ヘッドも下がる というか
クラブヘッドはトップの位置に置き去り
位のイメージでちょうど良いと思う。

ここまでの動きで
今まで 自分がヘッドを跳ね上げ
それがしなり戻ってくるとか
反動で帰ってくる動きを利用して
スイングしていたことを実感する人も
少なくないのではないだろうか。

クラブが、クラブヘッドが重くなったり
軽くなったりするそのリズムでスイングしていたと
実感する人もいるのではないだろうか

クラブヘッドの付いていない仮のゴルフクラブで
スイングしてみるのと
普通にクラブヘッドが付いているゴルフクラブで
スイングしてみる のでは
当然 ヘッドの付いているゴルフクラブの方が
先端部(ヘッド部)の移動量は少なくなるはず。
重量物は負荷なのだから。

自分の動作が行われている時「のみ」ヘッドも移動し
自分の動作が止まれば…当然ヘッドの移動も止まる。

その感じも含めて このドリルをやってみて欲しい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドをユーザー自身が調整するタイプの
ドライバーヘッドのブームと言うか
流行も定着せずに終わりそうな気配です。

発想としては遊び心をくすぐられるので
ちょっといいかな〜 とは思いましたが、
なんだか違う方で進んでしまったような気がします。

ネック着脱式のゴルフクラブは
メーカー独自のカスタムフィットをする時に
その場でシャフトを付け替えられる と言う発想から
始まったものだと思います。
まあ それはともかく
本来、大型化ヘッドの特徴は
重量が遠くに大きく配分されていること
それによって モーメントが高くなり
安定性や重量効果としての破壊力が増す訳です。
012

ネック部分を調整して ロフトやライ角度を
いじれるタイプのドライバーヘッドは
普通のタイプのヘッドと比べ
機種によっても異なりますが、 8g〜15g分も
ネックに重量が必要になります。

これでは大型化のメリットが薄くなってしまいます。

その重量を出来るだけ配分した方が
安定性も高くなりますし、破壊力だって望めます。



また、ロフトがいじれるタイプのドライバーヘッドの場合
アマチュアゴルファーにとって
ヘッドを返して打つ方法が金科玉条のように信じられていますから
ロフトを2度少なく調整しても
   ハイボールになることもあれば
ロフトを2度多く調整しても
   ローボールになることもある訳です。

正直、主流のスイングとの相性というか
かみ合わせから、無意味な調整になってしまいます。

ドライバーの平均的インパクト
ボールとヘッドの接触時間は2000〜3500分の一秒です
ヘッドを返して打つ ということは
ヘッドを回転させながら打つ訳ですから
毎回インパクトロフトがバラバラ・・・。
ドライバーヘッドのロフトを調整することよりも
出来るだけいつも同じロフトで打つことの方が
重要ではないでしょうか・・・・・・・・



ライ角度を調整できる場合
アドレスするのに何の目安もないコースでのラウンドで
人間の心理や視覚情報も含め
ライ角度に応じて、ボールとの間合い(距離)も含めた
構えが変わってしまう可能性が少なくないですから
よりスイングの悩みを深めてしまう可能性があります。

調整式のドライバーは それを調整した時に
人間の心理と言うか 適応能力を無視して
人間を機械として開発されています。
ロフトを少なくして、立ったロフト(に見えるとき)
ロフトを多くして、大きなロフトに見えるとき
コースで同じような心理で打撃できるのでしょうか…。

コース前の練習で、ひっかけばかり出るから
ライ角度をフラットにして
その練習場で打っていたのと同じボールとの間合いで
コースで打てるのでしょうか・・・

スイングの悩みが深まるばかりかと思います。

003

ドライバーヘッドにウエイトが付いていて
スライドさせたり、交換したり、それを調整できる
タイプのヘッドは謳い文句そのものが滑稽に感じます。
自分でゴルフクラブをデザインした経験から言うと
ドライバーヘッドの元の重量が190g程度のものですと
5g程度余剰重量を トゥ側に付けるのと
ヒール側につけるのでは
ヘッドのタイプにもよりますけれど
重心距離(ヘッドの重量の中心点とシャフトまでの距離)で
1mm程度の差しか生まれません。

ヒールに設置して 37mm弱
トゥに設置して 38mm強

これに何か大きな違いが出るのでしょうか・・・

もし違いが出るとしたら
190g+5gと言う重量が
シャフトから 37mm離れているものと
38mm離れているものでは
シャフトの運動効果
ヘッドの重量のシャフトへの影響が含まれていますから
ヘッドその物の影響なのか
シャフトの運動効果の変化なのか
それもわかり辛いですね。

余談ではありますが、
現在のメタル(チタン)ヘッドは
昔と比べ、大変大きなモーメントを持っています。
モーメントとは単に重量。。。と理解しても
間違いではありませんが、ゴルフクラブヘッドの場合、
モーメントが高いほど、姿勢や運動を持続しようとする
力が大きくなるという事です。
ヘッドに重量として鉛等を張り付ける場合
よほどの重量でない限り、ヘッド性能は変わりません。
単に どの重量をシャフトからのどの距離(遠さ)に張るか…
その重量と距離の掛け算が
シャフトの運動性能を変える という事を
知識として知っておいてください。
001

ヘッドに装着された重量の位置を調整できるタイプの
モノに至っては、もう飾り以外何物でもありません。
◆トゥ側にスライドさせるとスライス系
◆ヒール側にスライドさせるとフック系

こんな程度のことで球筋が変わるのであれば
逆にものすごく神経質にボールを打たなければ
同じ球は出ないという事になります。
まあ 人間ですから気分と言うにはもちろん否めませんが
せっかく ヘッドの基礎その物を軽量に作る技術があるのなら、
どこか一点に重量を集中させるような
大型ヘッドを殺してしまう設計にせず
まんべんなく出来るだけ遠くに配置するのが
一番良い方法なのですが。。。
 それも慣性モーメントのルールの縛りがあるから
ダメなのかもしれません・・・。

軽量スチールシャフトのアイアンがどんどん進むにつれ
ドライバーやウッドに使われるグラファイトシャフトも
そのシャフトバランスに合わせ
先端が重く、装着するヘッドが軽量化が進んでいます。
打つ人間ではなく、道具としての
ドライバーそのものに破壊力がどんどん失われていますが…
どうなってしまうのでしょうか…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


業界ニュースを見ていると
軽量スチールシャフトが 
さらに進化と言うか、軽量化が進み
アイアンで言うと素材として
グラファイトとスチールの重量的境目が
なくなって来ている。
スナップショット 1 (2012-10-26 1-37)

それはそれでゴルファーの選択肢が増えた
と考えられるので悪いことではないが
どうも アイアンヘッドの軽量化 が進みそうな気配が
してきている。

何度も説明しているが
スチールシャフトの場合、
細くなる先端部分を補給する手立てが
単一素材であるため、大変少ない。
素のシャフトを見たことがある人は
分かると思うが、先端部はグリップエンド部に
比べるとかなり「肉厚」になっている。
が故に、シャフト単体のバランスが先端寄りになり
そこの部分を自由にバランス配分・強度配分できる
グラファイトに比べると
装着できるヘッドの重量に大きな差が出来てしまう。

長さを同じにして考えると
グラファイトに装着できる ヘッド重量に比べ
15〜20gも軽いヘッドが使われている。
(従来のスチールシャフト比)

これが よく言われる グラファイトが飛んで
スチールシャフトが飛ばない 一番の原因と言える。

まあ 裏話では成るけれど
モデルとして グラファイト専用ヘッドの場合
飛距離を求めるユーザーのため と言うのもあるから
ストロングロフト設計と言う場合もあるにはあるが…。


軽量スチール化が進むことによって
どうもそれに伴う ヘッドの軽量化が進んでいる らしい…。

従来のスチール用のアイアンヘッド重量(5番)が
 240g強
普通のグラファイト用のヘッド重量が
 
260g前後
弊社の悶絶アイアンと呼ばれるもののヘッド重量が
 300〜310g
ということなのだが
いまや 220〜230gのヘッド重量のものが
かなり出回っている。
IMG_0061

ゴルフ業界事情として
特にアイアンセットが売れなくなってから久しいが
すでに セットと呼ばれるものが 
5番アイアンからの構成が故に
ストロングロフト化が顕著に進み
今や 
24度より立った5番アイアンヘッド
30度よりも立った7番アイアン 
も少なくない。

そこで軽量化し、長尺化を狙うのかも知れないが
練習量も少なく、体力や運動性能にも自信のない
おじさんアマチュアゴルファーにとっては
いくら進化が進み低重心、深重心のヘッドに
なったとしても、コースで楽に打てるアイアンのロフトは
だいたい30度が境目になるので
今のストロングロフトのアイアンセットでは
 7番から後ろ(8.9.P.PS.SW)
6本のアイアンしか 楽しめないことになってしまう。
まして スコアと言うものが一つの目標となっている
ゴルフの場合、そのスコアを作るために使う
アイアンが守備範囲が広く、アマチュアが最も
打つであろう 130ヤード以下
100ヤード以下にクラブが少なくなってしまう。

180〜130ヤードの距離の間をクラブで充実させるのと
130〜80ヤードの距離の間をクラブで充実させるのでは
どちらが スコアの味方になるか
誰でもわかるだろう



002


ヘッドを軽量化する
長尺化する

ということは
打ち手が速く振る という事が前提となる。

遠くに飛ばせなくなって
クラブに頼りたいから、クラブを買い替えようと
思い立ったのに
結局、自分が速く振らなくてはいけないクラブには
魅力を感じにくいのではないかと思う。

弊社での実験データでは
アイアンの 1インチの長尺化 では
誤差程度しかヘッドスピードが変わらず
基本、長いクラブを苦手にしているアマチュアゴルファーに
とっては、長くした方がスピードが落ちてしまうケースも
否めないところ…。

軽量スチール、軽量ヘッド
ストロングロフト化して長尺。。。
そういうクラブもあっていいと思います。
思いますが、
最終的に速く振ることの出来る人だけに
恩恵があるので
クラブを速く振ることの出来る人は
 クラブに頼らないゴルファー層(ゴルフは腕-層)なので
その人たちのために、
ゴルフクラブ開発も進めてもなんだかな…って気がします。
u=341495341,3618090510&gp=0

打撃部分である ヘッド重量を軽量化することが
ヘッドのモーメントを下げ(慣性力を下げ)
ミスヒットに弱くし
打撃衝撃に弱いがゆえに
手首や肘、首などに加わるうれしくない衝撃も
増やしてしまうことが
どんどんのゴルフクラブ需要、ゴルフ人気を
下げてしまうと危惧するのは私だけだろうか…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング用語には
インサイドアウトとかアウトサイドイン
とかありますね。

このスイングの軌道、ヘッドの軌道を
腕捌きで作っている限り
永遠に答えは見つかりません。
腕捌き、手の返しで軌道を造っている限り
単に それぞれの方が望む軌道をなぞっているだけで
それそのものが弾道を決める要素にはなり得ませんし、
クラブヘッドの通る軌道には遠近も含めた
立体が伴うため、再現性は非常に低いものになります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)胴体の向きの変更で 右向きから⇒正面
の過程の中で インパクトを迎えるから
インサイドからクラブは入ってくるのです。


一般的に インサイドアウト と呼ばれるのは
トップ〜ダウンの間はクラブが起きていて
(地面に対し垂直に近い状態)
短くなっていて
インパクト〜フォローでは
クラブの遠心力も伴い、クラブが長くなったような状態に
なるから、そう見えるのです。

スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)胴体〜骨盤から上の上半身が
向きを変える。。。と言うだけの行為では
緩やかなるインサイド〜ストレート〜イン
というのが本来のものです。

さて、今までのゴルフスイングのイメージ通り
トップ〜ダウンスイング この切り返しで
体を先に回して、それから一呼吸おいて
クラブを腕で下なり、斜めに振ると
どういう軌道になるのでしょうか・・・


スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)クラブを腕で振れば
この写真で言うと、右上の方に
遠心力がかかります。
その方向はボールを飛ばしたい方向とは
明らかに異なる訳で、それでも人間の調整能力によって
ヘッドとボールを当てようとする訳ですから
そのかかる不可抗力(遠心力)とは反対の方向に
体を引くことになりますから、
正面を作る間もなく、すぐに体を開くことになりますね。
これが俗に言う 外から というか
アウトサイドイン と呼ばれる軌道になるのです。
遠心力がかかるのでひっかくような軌道になり易いですね。

ここまでは 単純に
ダウンスイングの工程のミス で済んでいます。
ところが そのスイングは大体の場合
ひっかけやスライスなどミスを生みやすい…
なぜならば 体 ⇒ 腕(クラブ)と言う順に
クラブを動かすと その通り道やクラブの姿勢などによって
無限のパターンの遠心力(不可抗力)の量と方向が
存在するからで、毎度毎度 その場の偶然性に
非常に左右されます。

しかし、ここまでは頭の中を整理して
 ダウンスイングの工程「」を
体 ⇒ 腕(クラブ) であったのを
(クラブではないです) ⇒ 体 
誤解を招きやすいですが
に変えてあげればいいだけなのです。

スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)それを、その工程「順」を直さずに
ミスが出ているから…と言って
クラブの通る道を腕で
さらに寝かしこみ
背中側からインサイドから
更にロフトを開いていれてこようとしてるのが
正直、今のほとんどのスイングと言えるのでしょう。

レッスン書などを読んでみても
ダウンスイングの工程順は
 1.体(下半身)
 2.ためを作って
 3.クラブをインサイドから入れ
 4.ヘッドターンさせる

という工程順そのものが間違っているのに
練習量も取れない、運動性能にも自信のない
アマチュアおじさんゴルファーがトライするのに
一番難しい方法を説いているものが少なくないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


都内,某練習場にて

テイクバックとの壮絶な戦いが始まっています。

ひえ〜,おっかなびっくりもいいところですよ(^^;



グリップを持ち上げようとすると

無駄に力が入って元に戻ってしまいます。

両肘を外に張るようにして

出来るだけグリップは左右合わさってるだけの

感じで体を右向き。


トップ以降は左右の肘の位置関係を呼び水にして

ヘッドがフェース方向へゆらっと動いてくれれば

あとはついていくだけの感じかな。



まだグリップの位置がトップで右にずれ気味です。

それが原因なのかヘッドが寝て入ってしまうことも

頻繁に・・・。グッと打ちに行っちゃう力感も

顔を出します。



でも,「ゆらっ」から入れれば

絶対に〜いいインパクトになりそうですね(なにこれ日本語?)

まだバラツキが大きいですが

いずれもっとロフトを締めて球をぶっ潰してやる!

と勝手に妄想しております(


スナップショット 1 (2015-02-12 13-27)

 

 

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ