◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2015年04月


昔の記事の焼き直しになりますが、
ゴルフクラブには ディッシュアングル と言って
腕とシャフトにはなにがしかの角度(120度位)があり
腕とシャフトは一直線になることはありません

f350b387-s
これを維持することがイコール前傾姿勢を維持することでもあり
ゴルフクラブのライ角度を活かすことでもあります。
しかし、これの維持は動作として意識することは出来ませんし
まして、手先で維持するのも不可能に違い所業です。

この維持が安定性を生むことでもあり
方向性を司るところでもありますし、
少々、間接的ではありますが、ボールのつかまり
ロフトの立ち、上から打つ というコトにもつながってきます。

これを出来るだけ維持していくようにする のに
幾つかのヒントを上げていきましょう。


lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット


✪まずは・・・
ボールは高いところに有るという認識です。

アドレスの前傾姿勢を解き、直立して立ち
腕が地面と平行になるところまで 上げると
グリップは胸の前、ヘッドは頭の上 の高さになります。

前傾姿勢があるので、錯覚しやすいですが
クラブと両こぶしの関係は
一番下にあるのが左手、その上に右手、そしてヘッドと
ヘッドが一番高いところあるのです。

ですから、前傾をしているので これまた錯覚しやすいですが
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット股関節から下の脚に対しては
ボールは靴の高さに有りますが
前傾姿勢をしている股関節から上の上半身に
とっては、ボールはあそこ(秀二)〜へその
高さに存在しており、前傾姿勢さえ 何かの作用によって
維持されてしまえば、膝よりも高いところに有るボールを
打つ感覚で十分にボールに届くのです。
lesson 2009_10_31BlogPaint






例えば、練習でやって頂きたいこと ですが
d18b70e3-s右を向きっ放しの状態で
こぶしをおろし、シャフトを地面と平行
もしくはそれ以上の角度を作ります。
フェース面をちょっとシャットに…
イメージとすれば フェースを地面に
向けておくようなそんな感じで有れば
そこから 十分にシフトし、回転すると
クラブをそれ以上 下に動かさなくとも
地面に有るボールとヘッドは接触します。

ここが クラブ使いの分かれ道 と言えますが、
その状態からスタートし、
✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪ヘッドをより下に振る
のいずれかを行うと、その動きは同時に
全てを発生させ、別な形でボールとヘッドは接触します。
これが一般的なゴルファーのショット です。

e968a0acこのななめ下に半円を描く腕さばき
というのが、多くの人のゴルフショットの肝
になっています。
これはクラブの重さも感じやすい行為ですし
それによって実感、打ち応え、振り応えもありますから
練習の中で(結果として)良いショットが生まれれば
そこの部分の研鑽を積むようになります。

この腕で作る ダウンスイング後半の半円 というのは
例外なく ✪前傾を解く
✪デイッシュアングルを解く
✪右サイドを下げる
✪その動作と平行(比例)して体が開く
を生み出しますから、
ロフトの増え
ダウンスイングの最下点の右へのズレ
軌道の偏心
に直結しますので、スライス、ダフリ、トップ
から始まることになります。

それを上に振ることやフェースターンすることで補うのですから
間違いを間違いで修正する のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの大きな移動を
体の向きの変更にて行っていれば

「ボールをつぶす」 も
「ボールを上から打つ」 も
「クラブをインサイドから入れる」 も

実はすべて同意語で、同時に出来てしまうものなのだ。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

逆に 体の回転その物でクラブを移動させていない
体を回して〜から〜腕でクラブを振る
二段階のクラブ扱い(スイング論)では
体が正面を向いて(本来のインパクトタイミング)から
クラブを振る訳で・・・><

それでは既に正面を向いてから 振り始めるから
外から振る、俗にいるアウトから振るしかないわけだし
そこで腕周りで無理やりインサイドから入れるのには
もっと矛盾が生まれてしまう。

ハミングバードが「シャット」にこだわる理由は
スイングにはアドレス時 前傾姿勢がある訳で
その条件の上で右を向けば、体の左右の高さ関係は
左が低く、右が高い関係になる。
体の幅の中にグリップ、そしてヘッド
つまりクラブを収めておけば
その左右の高さ関係から 自然なシャットが出来る。
414

逆にシャットを意識しておけば
その高さ関係や体の幅の中にクラブを収めておくことが
同時にこなされていきやすい


体が先に正面を向いてから、そこから振り始め
基本が間違っているけれど、その状態の中で
普通にクラブを扱えば自然と外(アウト)から入ってくるのを
腕周りのさばきで無理やりインサイドから入れれば
クラブは体の右にずれればシャットを維持できない。
外から入ってくるのを防ぐため、無理やり形だけを
造ろうために 腕捌きでインサイドから入れると
クラブのロフト角度、ライ角度 の意味すら失うほど
ロフトは開く というか あっち(空)を向いてしまうため
インパクト付近という ゴルフスイングの中で
もっともヘッドの移動スピードの速くなる
当たり前だが重要なところで 忙しくなる。

前傾姿勢と右向きによって自然に作られるシャットを
そのまま体の向きでクラブを動かして来れば
認識はしにくいかもしれないが
クラブヘッドの打撃面はボールを見たままの状態が
維持されるだけでなく、今のヘッドの場所、ボール
そして打撃方向は容易に結びついていくが
体を先に回して、あとから腕で振る
しかも、見た目だけのために さらにインサイドから
振るようなこねくり回しだと
今のヘッド場所、打撃(フェース)面、ボール
そして打撃方向は コンマ何秒単位で複雑に動いていくので
正直、一般的なアマチュアの運動性能や練習量では
単なる偶然を待つほか手がないだろう。
スナップショット 2 (2014-06-24 15-38)

もう一つ付け加えさせてもらえば
ボールの打撃方向と言うのは
左右角度だけでなく
上下角度と言うものもあり
ゴルフクラブがバッグの中にパターも含め
14本入っている という根底を裏付ける
大変重要な部分なのだ。

ゴルフクラブは一見すると
ほかの打撃系のスポーツ用具に比べ
異質な形をしているように見えるけれど
ゴルフクラブを体で動かす
ゴルフクラブ単体は動かず、それを持った打ち手が動く
という事を 法律を順守すれば
その形状は打撃することの大きな力になるばかりでなく
その動作そのものも助け、促される形状になっている。

シャットを意識的にでも維持し
体の向きの変更でクラブをインサイドから
ボールにコンタクトさせると
クラブの形状・クラブの重さが
 ★グリップを体の回転に遅れないように動作方向に押し
 ★それによって重さが左サイドの低さを促し
 ★意識をしなくても前傾姿勢やディッシュアングルは保たれる


それによって
 ボールも上から打て
 インサイドから入れられ
 クラブヘッドやクラブの重さが打撃エネルギーに使え
 動作もシンプル
 クラブと言う手助けもあるので
 繰り返すことが容易になっていくもの
スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)

確かに 全く同じ条件なら
 ヘッドスピードが速い方が飛ぶ要素は多いが
以前の寝かして 上から打てない打法に比べ
 ロフトも締まっており、
 クラブヘッドの重さも打撃に利用できるので
寝かして打つ打法の7割程度のスピードがあれば
十分今までよりも飛ぶのは理論上実証済みとも言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


★振り遅れ
★ダフリ
★トップ
★煽り打ち
★突っ込み
★体重が左に乗らない
★右サイドが下がってしまう
★体が早く開いてしまう


それらの症状や悩みの多くの原因が
ダウンスイングで体は回っているのに
そこから生えている腕、、、特に左腕が
それに伴って移動していないことにあるのです

スナップショット 1 (2015-04-26 23-30)


本来、この体を回す。。。シフトも伴った
ダウンスイングの左回転の動きは
結果、クラブ自体をインサイドからボールへとコンタクト
させる動きになります。
と同時に体には前傾姿勢があるので
その感覚的な横の動き〜地面と水平に近い横の動きも
グリップや左サイドを下げることにもなるのです。

このクラブの移動の本流 を逃してしまうと
クラブの横の動きも縦の動きもすべて
あとから腕捌きにしなくてはならなくなります。

一つの動作で済むはずのことを
 二つの動作にしなくてはならなくなるのです。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)


だから スイングがちゃんと見れるようになると
二段型のスイングは タイミングが遅く、動作が速い
体で動かしてこれたスイングはタイミングは速く、動作は遅い
と見えるのです。

また、体の動作でクラブを移動させていれば
動かしている筋力も大きな上(足腰)に
動いている箇所も大きな部分ですから
それに対してのクラブや腕の負荷、重さも割合も
比較的小さなもので済むのですが、
体の動作でクラブを動かしていないと
動かしている筋肉も小さく(腕周り)
移動している部分もクラブと腕だけになりますから
その重さ、その重さのかかる方向に
非常に左右されてしまうことになります。

体の動きでインサイドから入って来れれば
クラブの重さも利用できるので
左サイドの低い時間も維持しやすく
故に前傾姿勢のことを意識しなくとも
前傾姿勢が左の股関節に維持しやすくなりますが
体の動きでクラブを移動させて来ないと
クラブを動かそうとしたときに
その重さによって右サイドが下がることになってしまうので
必ずと言っていい位、体重は右に残ります。
よって 前傾姿勢はなくなる ということです。

44_1_0p


ここまでの話を理解出来ていれば
やることは簡単です。
トップの位置からいったんグリップを下げ
そこから体の回転で打つ。
もしくは グリップを下げて、両腕が概ね伸びた状態で
体の回転だけでアプローチする
という事を何度も繰り返し、
打撃と言うものを体に刷り込んであげるのです。

使う番手にもよりますが
特殊なショットを除いて、50〜60ヤード程度の
アプローチは 本番でもこれで十分・・・というか
これが アプローチの基本中の基本です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

まずはコチラをご覧ください。


マークオメーラですね。
個人的には好きなスイングをする選手のひとりです。



スローで見た方が、ある意味騙されやすいと思うのですが
彼のスイングは今は絶滅危惧種の属する
体の回転、和製英語では「ボディターン」で
ショットする選手です。

スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)






この写真を見る通りに、
体の向きが変わるから、クラブの向き、シャフトの向きが
変わっていて、世間でよく言われる
手を返している」訳ではありません。

ゆっくりした動きに比べると
クラブの作り出す重さや遠心力などの「不可抗力」が
増してしまうことによって、それを補う
腕や手回りのアクションがあるに過ぎず
原形はこの写真と同じことをしているに過ぎません。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)






体では無く、腕の返し、かいな とも言いますね
その動作によって、クラブの向きを変えているのでは
ありません。

それを踏まえたうえで
コチラもご覧ください。 今度はジャンボです。

解説を聞くと 「よく腕が返っています」
との言葉がありますが、
決して 「よく腕で返しています」と言っているのでは
ありません。
言葉足らずの部分もあるのかも知れませんが、
体の回転、向きの変更に対して
腕やクラブをずらさず、遅れさせず
体の回転に応じて」腕が返っています、
と言っているのかも知れませんし、
動作と言う意味で「返っている」のではなく
単に 位置関係と言うか、相関関係として
ボールに対し「腕が返っています」
体の回転によって 腕の向きが変わっています
と言う意味かも知れません。

しかし、見る側の人は
これを参考にしよう! とした時に
腕が返っている 返すんだ
腕をひねるんだ と言う固定観念があると
腕周りの部分しか注視せず
全体像で、体の向きが変わるから
クラブの指す向きも変わる ということを
見落としてしまいます。


はす斜め上からのスロー映像を
全体像をちゃんと掴みながら見ると
腕は殆ど動作をせず、その腕、クラブを持った腕を
脚の動きでの体の回転で動かしています。

インパクト、その直後
そこら辺の映像は アドレス時の上半身と
殆ど違いが無いのが分かりますでしょうか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の近くにトップが納ま・・・ってない。

まずはとにかく体の近くにトップを作ってみる練習に

切り替えました。ほら打てる気がしない(ToT)

まあいいや,どうせ練習だし。



とりあえずトップつくったら

体の近くへスライド

そのまま上からどーんと重さを乗せて〜

あれれ全然当たらない。

当たってもひどく飛ばない。

悶絶ど真ん中をさまようこと約60球。

体の向きの変更がほぼ全て・・・というポイントを

思い出しました。言葉が簡単すぎてピンとこないけど。

手先のアクションに気を取られすぎだったのは間違いない。

最近グリップを気にしてたのもあるし。



スライドはほんのちょっとのベクトル出しにすぎないのか。

先にちょっと方向を出して,あとはどーんと

体が動いていくだけ,なのか。

結構アバウトな言い方だけど(^^;



なんか必死でスライドさせようとするうちに

スライドそのものが打撃まで繋がるイメージを

描きすぎたのかな〜。

結局手でインパクトまで持っていっていたみたい。

当たらず飛ばずのハイレベルな物件が完工間近?

いや,ちゃんと作り直しましょうね。



スライドしてからどーん(目標)

まだ手で置きに行ってる感じだな〜。

スライドも遅いな〜。



小さなスライドアクション→ちょっとで終了!もう不要!

次は大きな脚の動き→最後まで。

こんなイメージでだいたい合ってますかね??

bcb3a5e8


お手紙ありがとうございます。
ダウンスイングのシフト〜スライドの意識
というのは大切と言えば大切ですけれど
少し別の観点から…。

ゴルフスイングの場合は
体の向きを変える
アドレス〜テークアウェイ〜トップ
 右に向きを変える  ⇒ 体に対しての右への動き
トップ〜ダウン〜フォロー
 左に向きを変える  ⇒ 体に対しての左への動き

進行方向が 右の時と左の時がある訳です。

その際、必ず前輪駆動で動くことをお勧めします。

右へ動く時は右半身優先駆動
左へ動く時は左半身優先駆動


私の見る限り、多くのアマチュアは
ここの部分 クロスした体の使い方
後輪駆動は動きの方が多いように感じられます。

スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)


多くのスイングがそうなのですが、
トップから体が回るなり、シフトするなり の
動作を始めても それに左腕が付いて行っていない と
思うのです。
脚が動き 骨盤が向きを変える(左へシフトする)
となれば 上体(上半身)も当然移動しています。
にもかかわらず 左腕の位置が「そこ」に残ったまま。。。

トップからインパクト付近に向け
脚を中心にした体の動作は
左が低い、斜め下への回転〜横移動です。
クラブを斜めに楽に移動させられる
ある意味 無意識で 斜め下に移動させられる
最大のチャンス(機会)を逃してしまっています。

「左方向への前輪駆動」をするのには
腕も含めたクラブと言う重量物を
しっかりと体の動作で移動させる必要があると思います。

ここのところを 一度グリップを下げてから
体の回転でボールをさばく と言うドリルで
刷り込んでいくのがよいかと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そして 悩み多きアマチュアゴルファーが
一番多く採用しているのが
こちらの方法です。
スナップショット 3 (2015-04-18 18-58)

 グリップを支点とした
 「腕捌き」による円運動(ヘッドの振り)
 という第一のものすごく大きな過ち に加え
 それを同時に
 180度フェースターンさせる 
 のです。

ゴルフスイングの基本は
 クラブ単体を動かさず、それを持った自分が
 向きを変えることによって ⇒結果、円を描きます。
 クラブ単体には円運動をさせていないのです。
 傾きがあるうえで、向きを変えて横移動させているに
 すぎないのです。

なのに 第一の間違いは
 ★その描円をクラブ単体を動かして作り出す
ということ。
これには ロフトが始終動いてしまうという欠点が
付いて回ります。
打ってみないと 実際のロフトがわかりません。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

そして、グリップを支点としてヘッドを振るので
そのクラブやヘッドが作り出す遠心力と
いつも「闘って」いなければなりません。

 まあ だからヘッドの軽いものが欲しくなる のでしょう

グリップを支点として円運動している人が
テークバックで左手の甲を平側に折ると
いい球が出るようになる…スライスが解消できる
というのは 基本ここです。


001

忘れられがちですが、
ロフトが変化するという事は同時にバンス角度が
変化するという事です。

打ってみないとバンス角度が何度なのか
分からないクラブは使いにくいですよね。
それと同じ方法論を採用してしまっています。

ロフトが安定せず、バンスが安定しない だけでなく
遠心力と言う…負荷と言うか 不可抗力がかかりやすい中で
ヘッドの高さ変化が激しく起こりやすい方法なので
ボールとヘッドの高さ関係も一定しにくくなります。

これはバンスを除けば パターでも一緒です。

ロフトもバンスも安定し辛く、高さ変化も激しい打撃方法で
スピードで解決できないアプローチが安定するでしょうか…
005

それと同時に
フェアウェイウッドと言うのは
アイアンと比べると、スピンを増やさずに
出来るだけボールを上げやすくする構造上
奥行きが深くなっています。
バンス角度が一定せず
アイアンに比べ、左足の方にボールを置きやすい
フェアウェイウッドがうまく打つことのできない打撃方法です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーの悩み、よく耳にする悩みは

 ☆ドライバーがスライスする

 ☆フェアウェイウッドがうまく打てない

 ☆アプローチにミスが多い〜安定しない

   〜〜〜距離感がつかめない

ですよね。

そして、その多くのゴルファーは
これらはそれぞれ単独の別の悩みと思っています。

しかし、基礎の部分は共通しているのです。
各各のショットにはそれぞれの要素はありますが、
基本の部分を一新すれば、解消とは言えないまでも
改善され、希望の道が見えてきます。
cap02

その悩みの解消の入り口は 実は「技術の改善」や
「練習量」「技術の習得」ではなく
ゴルフショット、ゴルフスイングに対する概念を
正しく修正すればいいのです。

その悩みの始まりは
 ゴルフスイングは円 だということです。
ゴルフスイングは円(円運動)ということそのものは
決して間違ってはいません。
しかし、その円をどのように作ればよいのか
何で作ればよいのか そこを大きく勘違いされています。

平均的なアマチュアおじさんゴルファーに
クラブを持たせ、何気なく会話をしていると
その話の最中、
多くのゴルファーはスイングのイメージなのか
片手でクラブを持ち、グリップを支点に
クラブをブランブラン動かし 半円を描きます。
大体の場合、縦の円を描きます(地面に垂直に立った半円)
      イメージできますか?
スナップショット 1 (2014-06-26 13-45)

ゴルフスイングの 「結果としての」円運動は
クラブ単体を独自に動かさず、
それを持った打ち手が体の向きを変えるから
外の人には円運動に見えるのです。


クラブが動いているのではなく、
自分が動いているに過ぎないのです。
その結果、クラブが円を描いているように見えるのです。
以下の動画を見てください。

まず 体の向きを変えるだけで
結果 円を描いています。
ゴルフスイングには理由があって
前傾姿勢があるので、結果「斜めの弧」が描かれます。

次に グリップを支点として
ヘッドを振り子のように動かし、
シンプルに円弧を描きます。
これ自体もスイングとして、
ゴルフクラブの利用方法として間違いです。
なぜならば、ゴルフクラブにはルール上
パターを除く13本のクラブが利用でき、
そのクラブのフェースの角度/ロフト角度によって
同じ方法で、同じような力加減で
距離を打ち分けるものだからです。
この打撃方法では、シャフトのふり幅、ふり角度と
同時進行で、クラブのロフトが変わってしまいます。
ゴルフクラブの番手間のロフト角度の差異は
4度程度です。
時計の針の1分/1秒が6度ですから
ミスなどは仕方ないにしても
打つ前の時点から、いったい何度で打つか
分からない方法論を取るべきではありません。
スナップショット 1 (2015-04-18 18-56)

 ・・・しかし、この方法論は
    パターの振り打法と同じで
    この次のアマチュアの最主流派打法に比べると
    方向性もよく(比較論ですよ!)
    ボールに対するロフト効果も少ない
   (最主流派打法よりも立ったロフトでインパクトしやすい)
    ので、現代のスイング改造論として
    潮流になっています。
    ☆故に縦振りにしろ!
    ☆手先の細工ではありますが、シャットを造れ!

    と言うのだと思います。


そして 悩み多きアマチャアが一番多く採用しているのが
こちらの方法です。
スナップショット 3 (2015-04-18 18-58)

 グリップを支点とした
 「腕捌き」による円運動(ヘッドの振り)
 という第一のものすごく大きな過ち に加え
 それを同時に
 180度フェースターンさせる 
 のです。

ゴルフスイングの基本は
 クラブ単体を動かさず、それを持った自分が
 向きを変えることによって ⇒結果、円を描きます。
 クラブ単体には円運動をさせていないのです。
 傾きがあるうえで、向きを変えて横移動させているに
 すぎないのです。

なのに 第一の間違いは
 ★その描円をクラブ単体を動かして作り出す
ということ。
これには ロフトが始終動いてしまうという欠点が
付いて回ります。
打ってみないと 実際のロフトがわかりません。
スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)

そして、グリップを支点としてヘッドを振るので
そのクラブやヘッドが作り出す遠心力と
いつも「闘って」いなければなりません。

 まあ だからヘッドの軽いものが欲しくなる のでしょう

グリップを支点として円運動している人が
テークバックで左手の甲を平側に折ると
いい球が出るようになる…スライスが解消できる
というのは 基本ここです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事で
シャフトの先にピンクのボールを付けたゴルフクラブ…
こいつでパターをしてみると
振り子打法のダメさ加減がわかります。
001

ものすごく当たり前ですが
パッティング・・・
パッティングだけではありませんが
ゴルフのショットの目的はボールを打撃して
目標の距離を出来れば望む方向に移動させる
ことです。
特にパッティングではそれは顕著です。

スピンは必要ではありますが、
空中を飛ぶ場合、浮遊させることと
クラブ、ロフトによって距離の打ち分けが可能なこと
パッティングの場合、地面には摩擦があって
転がるので存在するに過ぎません。

スピンを生み出すことを主目的に
打撃しているのではない 
ということです。

振り子打法の場合、
首、もしくは両肩甲骨を結んだ背骨あたりに軸点が来ます。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
ヘッドを進行方向(打撃方向)に動かす
という事は、
軸点を中心として
その対称、反対部分にある頭は
飛球線と反対方向に動かさざる得ません。

首もしくは背骨のどこかには
大かな体を動かせるような
臼のような関節は存在しませんから
完全なる横運動は出来ず、ひねりが入りますので
飛球線方向にヘッドを動かすということは不可能です。

ようするに、アドレス時セットした
この場合は ボールとボールですが
インパクト時には 打たれるボールの上面を
ピンクのボールでなぞり上げるような
そんな打撃になってしまいます。

打撃の主目的がスピンを生み出す ことになってしまいます。

このピンクボールのパターもどきの場合、
ヘッド部の重量が無さすぎるからかも知れませんが、
しかも ボールを弾くように打つので
飛ぶ方向もなかなか一定しません。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)


パッティング言うところの
良い転がりとは
ボールの外周は13センチ位ですが
ボールが10回転して130センチ移動することではなく
130センチをいかに少ないスピンでスキッドさせながら
移動させることです

6e87384e

振り子打法は 打ち手の目線で
ヘッドが真っ直ぐ動いているように見えるので
さも よい打法と勘違いしがちですが
打撃を横から見た場合、
ヘッドの高さ変化、ロフトと言う向き変化が激しく
パッティングの主目的である
自分の打ちたい距離をボールを移動させる
というのは不向きです。

ボールを先端につけたパッと練習用具
いい感じだとは思うんですが
何分 ヘッド重量なさすぎ・・・かもですね。

L型ブリストルパター並みの
鉄球。。。プラスチックもでもいいかと思うんですが
(プラスチックだとでかくなり過ぎかも。。。)
作ってみようかなぁ…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールとヘッドがミートすること
と言うのを考えてみましょう。
BAQCDJeCIAANbVf

ボールを自分の腰の高さまで
ティーアップします。
このイメージは斜面で高いところにある
ボールを打つのとつながると思います。


ちょっと悪戯して シャフトの先に
ボールを取り付けた練習用のクラブです。
001

ミートするのに絶対に勘違いしてはいけないのは
フェースのどこに当てるのか をイメージしている人が
多いかと思いますが、その必要は一切ありません。
細かい部分は割愛しますが、ある条件さえ満たしていれば
フェースの溝のある部分であれば、どこでも大きな違いは
ありません。
この実験はそれを想起させるものではありません。

ティーアップされているとは言え
空中に浮いているのに等しいこの状態のボールです。
普通にボール同士ぶつけるのもやさしくないでしょう。

ピンクのボールの装着されたゴルクラブもどき

これで毎回空振りせず ボール同士を接触
コンタクトさせるのには
まず絶対条件として
自分の胸とピンクのボールまでの距離を大きく変えないこと
つまり クラブを伸縮自在の長さのもののように
使わないことです。

クラブを先に起こして、体を回す
一見するとクラブの長さを変えているようですが
ご覧ください。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)414







写真撮影のポイントにもよりますが
あまり変わっていませんね〜

このテークバックではどうですか?
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

位置関係も自分の胸からも距離もだいぶ複雑です。
ここからスタートして 空中に浮いたボールを打つのは
かなり困難。。。
まあ 世の中には上海雑技団調のスイングをよし
とする人もいますから、それはそれですが。。。

そしてフェースローテーションについて なのですが
ゴルフクラブには重心位置というのが存在します。
ゴルフクラブのクラブヘッドの重量の中心点は
立体的にそれが装着されているシャフトの
その延長線上に存在しない、ずれた位置に存在しています。
001

ちょっと極端な発想ではありますが
このシャフトの先につけたピンクボールでなく
ドライバーヘッドに差し替えます。
中は空洞、中空ってことですね。
その中にパチンコ玉を20個くらい
コロコロと中でパチンコ玉が移動する程度に
収納しておいたとしましょう。
(うるさそうですが・・・)

パチンコ玉は クラブヘッドの姿勢によって
位置を当然移動します。
スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)トップの位置ではそのパチンコ玉は
ヒールのシャフト装着部分にあります。

パチンコ玉がトゥヒール方向に移動すれば
体に入ってくる重さの情報が変わります。
トゥ側に移動すれば クラブが重く
長くなったのと同じ情報が体に伝わります。
クラブヘッドが重くなれば、自然にヘッドは体から
離れていくようになりますよね。
しかし、ボールの位置は変わっていません。
このままでは空振りか、シャフトでの打撃になってしまいます。

ローテーションスイングの場合
それが毎回、同じ位置、同じヘッド姿勢になるのは
ほとんどありません。
それは 人間の演算能力が必ずその変化に応じて
反応してしまうからです。
トップの位置から腕と言う小さな筋肉のもので
動かすヘッドの道のりは2mを超えるのです。
その通過時間は0.2秒程度です。


そのクラブ扱いで腰の高さにあるボールを
同じように打つのはかなり無理があります。

ヘッドを動かさない
グリップの移動分以下でヘッドを移動させるイメージは
トップで作ったヒールに集まっているパチンコ玉を
そのままの状態でインパクトに入ってくるような
そんなイメージです。
スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)

インパクト付近で内部のパチンコ玉が移動したとしても
それは ソール側(フェースと反対の奥側)ではなく
フェースの面の裏側をパチンコ玉が移動しているイメージです。

まあ実際にはそうはなりませんけどね…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ