◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2015年03月

スタンス


スウィング中 フェースの向きが
ボールの飛ぶ方向。。。を決める…

 なんて 野暮なこと言ってはイケマセン。

全体で2秒、ダウンスウィングで0.3秒

ドライバーの ヘッドとボールの接触時間
 1/3500秒

ここで ボールが飛ぶ方向を決める なんて
単なる 当てずっぽう を口にしているに過ぎません。

ましてや ゴルフのスウィング クラブ扱いは
立体な上 俗に言う「フェースの向き」も
立体な構成ですので それを瞬時に修正 ってのは
あまりに 継続性の無い話...
今回上手く出来ても 次につながりません。

スナップショット 04(2012-01-10 20-06)

体の向きの変更 でクラブを動かす人に
とっては アドレス時のスタンスの向きが
ボールの飛び出る方向と言って良いでしょう。

クラブを腕で動かす人にとっては
訓練された状況であっても
スタンスの向きとボールの飛ぶ方向に
厳密な関連は有りません。

ですから アドレスを含め スタンスもいい加減に
なってしまうモノです。

no title

最近は調子が悪いようですけれど
石川遼くん。。。 彼のアドレス
どこを向いているかよく分かりません。
初心者のよくあるパターンの
かなり右を向いていて アドレス時から
上半身〜スタンスまで 向いている方向に
何種類かあるように見えます。

スタンスをする際に注意して貰いたい点は
つま先を基準にしてはいけない

と言うコトです。

左右のつま先の開き具合

というのは ゴルファーによってまちまちです。

概ね 左のつま先の方を開くゴルファーが
多いように感じますが
そうであるのなら つま先のラインは
左を向いていて 正解な筈です。

そのつま先が ターゲットラインと平行
と言うことは かかとラインは 右を向いている
と言うコトになる訳です。

自分のかかとラインをターゲットラインと平行に!

少々 左を向き過ぎ 位でも
良いかも知れません。

練習場に通っている方は
少し 左めを向いている かかとラインで
練習して繰り返してみて下さい。

その練習に慣れてきたら
練習場のマットのライン を微妙に違う
方向で繰り返し練習してみて下さい。

練習場の 平行感
何か対象物のある 平行意識を身に着けてしまうと
直線の少ない 立体の曲線で構成されたコースで
アドレスがうまく取れなくなってしまいます。

本来 スタンスを含め 体のラインは
ボールのある ターゲットラインと交わることの無い
平行な 線路のような関係なのですが
不安に陥ると 人間は体のラインを直に
ターゲットに向けてしまう傾向があります。

すると ボールラインは右を向いてします。。。

右を向いて やや引っ掛け気味に打つ習慣を
自然に身に着けてしまうコトになります。

くれぐれも気を付けて
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先月、自分のミスから市販のクラブで
ラウンドする体験することになってしまいました。

前回のコンペのラウンド後のパーティでしこたま
お酒を飲んだことによって、何気なく書いた
宅急便の伝票の行先…。
次のラウンドは自分のホームコースではないのに
ホームコースの住所を書いてしまったのです…。
トホホホ…(ー_ー)
COSTARICATANGO10


ゴルフクラブが届いていないことに焦り
ホームコースのフロントに連絡すると
前日には届いていたそうなのですが、
予約ないのに。。。と不思議に思われていたようで
反省…。落胆…。トホホな一日の始まりでした。

たまたまそのコースが某メーカーと提携していたので、
比較的新しい市販のモデルでその日は
ラウンドすることとあいなりまして候。

今巷で流行の超軽量スチール65グラム…
シャフトの硬さはS…。
スチールをなぜに65グラムまで軽量して、
使うのか疑問を持ちつつ、選択の余地はありませんから
そのまま一番ホールへ。

すでに悶絶クラブは2年以上使っていて、
使いこなしているとは言えないまでも、
ごくごく普通に楽しくごルフは出来るほど慣れてました。

一番ティー前で、丹念に素振りをするも
兎にも角にもヘッドが感じられない…。
「なんだこりゃ……。」
ヘッドが付いていないのではないかと、
疑うほどヘッドが軽い…。

そして、そのティーショットは案の定、
ボールに届かず、コロコロとレディースティーへ…。
そのセカンドショットもまたも届かず、
限りなく空振りに近いチョロ…。
2f69dcd8.jpg

だんだん当たるようになってきましたが、
届かないことを右半身を折ることで、補っているのが
自分でも手に取るようにわかります。
腰の痛みをきっかけに悶絶クラブに
興味を持ったのですが、ああああああ。

そして、これ 当たったとしても
ともかく 飛ばない(';')
自分自身の望む距離を打つのに
歯を食いしばって振らないと
その距離に到底届かないことを実感します。
こんなに振らないと飛ばないのか。。。
こんなに振ったら当たらない、
狙ったところにいくのは一か八かの感じです。

更にびっくりすることが二つ((+_+))

バンカーが出ない、出ない、出ない
出ても止まらない
どこまでも転がってしまう・・・

バンカーの砂にヘッドが触れた途端
急な減速を感じ、重さに負けるとはこのことなんだと実感…。
市販のクラブでゴルフをすると
バンカーを嫌いになるのは必須条件なのかも
知れませんね。
悶絶クラブでバンカーに苦労することは一切ないので
その恩恵もよくわかりました。

そして、思っていた通り・・・
グリーン上で四苦八苦・・・。
ボールが伸びない、飛ばない、転がらない。
だから 真っ直ぐ行かない。
自分のイメージした距離を打つと
はるか手前にショート・・・
何割増し〜〜と自分に言い聞かせているうちに
距離感そのものが曖昧になってしまい
一日中、距離感がよくわからず仕舞いでした…。
006

市販のおおきさばかり大きくて
中身がないかるいパターを使うと
ボールの出足は速いのに、中途から
ボールの転がりにブレーキがかかるように転がり
自分のパターストロークのスピードと
ボールのスピードが一致せず、とても苦労しました。
L型ブリストルパターの場合、
ボールの転がりの速さをイメージし、
それ通りにストロークすればいいので
パターは得意。。。となり始めていたのですけどね。
かなりのショックです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【投稿】

7b751c2e


 練習場で最近気になり出したのですが、
特にアプローチで弊社で聞けるような音を
出している人ってぜんぜんいないですね。

振り子にクラブを動かしてアプローチをしていると思うのですが
(じろじろ見るのは失礼なので、ほのかに音を聞いているだけですが)、
決まってトップをしたような音がずっと聞こえてきます。
繰り返し同じ球を打っているので
(球も上がっているようなのでトップではなさそうだし)
ミスショットではないのですが・・。気にすると結構気になりますね。



ハミングバード:そうですね
軽いヘッド、硬いシャフト…主に軽いヘッドが主因だと思いますが、
インパクトまでに加速してきたクラブ…
ヘッドがボールと言う重量物に衝突した時に
重量が軽い故、モーメントが低く、急な速度の減速というのが
音の原因の一つだとも思います。
ヘッドが軽く、シャフトが硬いから
以前のように フェースターン、横のヘッドの回転というよりも
ヘッドを振り子、上に振る、急激に上に持ち上げる
というのが、現代のスイングの主流だと思います。
テークバック、もしかしたらアドレスの段階から
クラブを体の右にずらして、体の右側で
ee213269f2e5a758インパクトを迎える訳ですから
結果、左サイドが非常に上がった状態で
ボールを打つことになる訳です。
左足上がりのライ(地面)から打つのと同じ状況ですね
本来は入射の角度やロフト角度がボールの打ち出しを
決める「筈」だったのですが、
今でも、う〜〜〜ん 恐らく、クラブのせい だとは思いますが、
体の姿勢で左足上がりを作ることが
打ち出しを作るスイングになりつつあります。

大量生産の工業製品としてのゴルフクラブと
ドライバーの距離に偏重し過ぎた結果の芳しくない融合
というコトだと思いますが、
それ故に、体力に自信のないゴルファーや年配のゴルファーが
楽しみにくくなる側面は否めないかと思います。



駄目なストロークの代表

 あと、大型マレットのパターを使っている人と
ラウンドした時によく見てみると、
ほぼ例外なくアッパー軌道で歯でボールを打ってますね。

そのアッパー軌道で打っているパターの打球って不思議と急減速して止まりますね。トップスピンで転がりそうなものですが・・不思議です。見た目によらず意外にヘッドが軽いのかな?

ハミングバード:振り子で打つというコトは
アッパーに打つということにもなります。
歯で当たれば、ボールは下に向かって進むことになるのです。
芝の上のボールは、その自重によって
芝の中の窪みに入った状況にある訳で
初期に下に向かって進めば、窪みの壁に当たって
エネルギーを急激にロスすることになりますし、
あまり知られていませんが、
一定に固定されたヘッドスピードの中で
ボールに最大のスピンを掛ける方法はロフト…ではなく
トップ(ヘッドの角にボールを当てること)です。
10ヤード程度のアプローチショット
普通に転がせば、1000回転/以下になりますが
トップしてしまうと、その回転数は
当たり方にもよりますが 簡単に4〜5倍になってしまいます。
その状況はパターでも同じで、
歯が当たれば、本来の転がりの数倍の回転数が
初期に発生してしまいますから
例え、それが転がり通りのオーバースピンであったとしても
ホイルスピンのような現象になり
地面との不必要な摩擦を生み出すことになります。

本来、パターは打つ距離にもよりますが
初期、地面を舐めるようにスキッドし
着弾し、始めのボールスピードによる推進力が
徐々にスピンへの推進力に移っていくのが
理想とされています。

ボールが転がっていくのには
勿論、オーバースピン(転がり)になるのですが
それを意図的に過度(角)に掛ければ
弊害…ブレーキになる というコトを
認識しなければいけないのですけど…。

まして それをする意図的に)のに
重心が深く、モーメントの高いマレットタイプは
最悪なツールで、ヘッドが前に出易く、ロフトの付きやすい
言い換えれば トップし易いディープマレットは
大きなロフト、インパクト時にヘッド上昇角度によって
空を飛び、着弾すると過度なスピンによる減速(摩擦抵抗)
がかかる、伸びない、飛ばない、ブレーキのかかる
パッティングになってしまいます。
 
それはまるで、ボーリングで
過度にスピンをかけ、ボールを転がすのではなく
空に向かって投げるような状態になり
それがどんな弾道になって、ピンに向かっていくか…
想像すれば、分かると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パターはクラブの中で一番ロフトの少ないクラブ
と言う話をしました。
元のロフトは4度程度
弊社のL型ブリストルで 5度です。

IMG_0034 (2)
そのロフトとなると3度インパクトロフトが
ズレルとなると結構な違いになります。
インパクトロフトが 60%も増えたり減ったり
する計算になるのです。
このようなことが起こりやすい 振り子のストロークでは
今打った距離感が、次のショットに反映されにくくなり
ショットの距離感が都度、都度 になってしまいます。

また ロフトが少なく、スウィングスピードの遅い
パターストロークは ボールが球体で
スピードがあれば 若干のずれは許されるショットと異なり
打点のずれもはっきりと距離に出ます。

振り子のストロークは 振ってるシャフトの角度分と
同様にロフトも動いてしまうので
ヘッドが下向きの時にボールをヒットするのと
ヘッドが上向きの時にボールをヒットするのでは
ロフトだけでなく、ボールのヘッドに対し
触れる、というか 当たる場所も同時に変化します。

ボールは当り前ですが、球体ですので
どの方向にも均等に膨らんでいます。
上から入ってくれば ボールの赤道や
それよりも上側にあたるような
イメージ
になります。 ま、それは少々
オーバーだったとしても
まず、フェース面にボールは
コンタクトすることになります。

しかし、これを今はやりの
ショルダーストローク。。。
縦に円を描くストロークに変えると
概ね、ショットはヘッドが
上がり起動でボールとコンタクト
することになります。
振り子のように振る時、
最下点でボールをとらえる
と言う意識はあると思うのですが、
モノは動かすと重くなります。
プラス、振り子のストロークは
クラブヘッドに対し、対になるのは
打ち手の頭部になりますから
ヘッドを右に持って来れば、頭は左
ヘッドを左に持って来れば、頭は右
になってしまいます。
そんなこんなで、振り子ストロークの
殆どの最下点が
ボールよりも手前、右になってしまうので
ある程度の距離を打つ場合
どうしても 上がり軌道でボールを
捉えることになってしまう。

上がり起動で、ストロークすると
ボールは球体ですから
どうしても フェースではなく
エッジの部分がまず コンタクトしてしまう。
多くのゴルファーのインパクト音が
硬いのはそのせいなのです。


エッジ、すなわちです。
エッジがボールに当たってしまえば
ロフトなんてものは有りませんから
打ち加減と距離が掴めない。
そこがポイントだと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長い棒の先についている重さ
まあ これがクラブヘッドではあるけれど
ここをどう使うか
によってスイングは大きく変わってゆく
スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)

多くのゴルファーは
長い棒の先にある重さを利用して
自分自身の意志で体を回さず
きっかけだけ行い、その慣性や遠心力で
手抜きして体を回そうとしている
あやまった重さの使い方の代表例である。

それを改善するためのドリルとして
テークアウェイ(バック)で
上げてから〜回る という逆な二段階を
練習するといいかも知れない。

原則、テークバックは上げない
クラブや腕を短くする⇔結果クラブの位置エネルギーが上がる
なのだけれど、そこは今回割愛し
上げる そして まわる と言う二段階方式には
たくさんのメリットがある。

上げるのは クラブを横方向に一切動かさず
アドレス時の右ほほ方向に
真っ直ぐ上にクラブを起こす。

その時、腕を使うんだけど
腕を使うと 自分のクラブ扱いの習性が
見えてくるだろう。

体を回さないと
体の向きを変えないと
クラブは横方向には移動しない・・・・「筈」
にもかかわらず、多くの人は腕を使うと
クラブが横、斜め横(斜め上)方向に
動き始めるだろう。

スイングプレーンを強く意識している人は
たぶん。。。腕を稼働させただけで
そのスイングプレーン上にクラブが動こうとするの
ではないかと思う。

そして、クラブを上げ終わってから
体の向きを変える。

この二段階方式をとることによって
クラブには惰性と言うか、慣性が付かない
よって、俗にいう切り替えし、トップオブスイングは
自分の動作によって管理することが出来る。

通常の回してからクラブを上げる方式では
クラブに回るという慣性が強くついてしまうので
自分の想定しているトップの位置よりも
かなり深く入ってしまう。
一概にそれが悪いとは言わないけれど
オーバースイングで悩む人の典型例である。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)
腕でクラブを横に動かさないことによって
その想定以上のトップの深さによる
上半身のねじれ、背骨のねじれはなくなる
体の向きを足腰によって動かさなければ
クラブは横に動かないという意識によって
腰痛などの痛みからも解放されやすい。

違和感を感じるかどうかは別として
クラブを先に起こしてから
クラブを先に実質上、短くしてから
体を回すので、クラブの重さは一番軽い状態に出来
その上、慣性をクラブにつけないので
クラブは軽く、力みを生みにくい。

逆に考えれば、クラブを腕で横に、斜め上に動かし
クラブに慣性をつけて切り返すという事は
クラブを最大の重さにしてしまうのだから
力みの原因、力まざるをえなくなってしまう。

トップオブザスイングでロフトも寝ていないし
クラブも重くなっていない
体も不自然に捩じられず
自分の動作によってクラブの動作も管理できる

勿論これはドリルではあるが
何か逆にデメリットがあるのだろうか。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クラブからの側面 というか クラブ使いの本道
っていうか そちらからスウィングを考えることが
大切なのは確かです。
 ま しかし 悶絶している方々が少しでも
ゴルフショットで快楽が味わえるように
ちょっと ヒントを・・・。

弊社のクラブを手にして
刷毛塗とか、そんなのを意識しなくとも
普通に悶絶せず、クラブを使えて
すご〜〜いヘッド重量の恩恵に授かれなくとも
打ててしまう人と、悶絶してしまう人の
一番大きな差は 肘の使い方にある。

スナップショット 2 (2011-11-12 0-25)

この形のような肘使い であれば
両肘と胸との関係を見て貰えば、分かる通り
左肘は胸から離れ、右肘はアドレスから動いていない

こうで あれば ゴルフクラブは横に寝かされた
状態になってしまっているから、ロフトは開き
重心位置と言う存在のお蔭で、シャフトは捩じられてしまう

ここから ダウンスウィングをすれば
クラブを使う状態の中では、最大の重さ
運動への負荷になってしまうだろう。

自分がこれから動きたい、動かしたい方向(ベクトル)
と 立体的に真反対の負荷が掛かってしまうから
オートマチックに「力まなければならなく」なるし
重さの負荷によって 右側は下がり 左側は上がる

クラブの重さ、ヘッドの重さ、クラブの構造
ヘッドの構造は すべて「負荷」にしかならず
ボールを打つコトを邪魔しても、手伝ってはくれない。
ボールを打つ破壊力には当然なり得ない。

ボールを打っていくのに
 ◆近づきながら 遠ざかり
 ◆上げながら 下げる
 ◆回転させる 回転を制御する
という 真逆なことを同時進行で進めていかなければ
上手に打つコトは出来なくなる。

クラブを体の右側から 左側に横断というか
巻き付ける動きをするのだから
全ての動作の中に、色々な角度の、色々な大きさの
円運動が同時多発的に発生するコトになるだろう。


この肘使い、クラブ使いをする方は
どうしても 体を動かす=腕を止める
体を止める=腕を動かす という 
2アクション
2モーションでしか ボールを打つコトが出来ず
必然的に、一番体の中で筋力のある胴回り
脚力やお尻、腹筋、背筋などが打つコトそのものに
利用する事が出来なくなってしまう。

スナップショット 5 (2011-11-12 0-27)

他方 両肘が同じ運動量を持っていると
クラブは捩じられず ロフトは変化していない。
利き肘が腕立て伏せの外へ張った状態になっている。
弊社では クランチ と呼んでいる。
今のこの状態で クラブの重さは
腕を降ろすことにかかっている訳だし
それは 元の姿勢に戻ることを促している。

これであれば 横のクラブの移動は
体の大きな部分での作業になる訳だし
クラブの構造を含めた重さは 打つコトに使える
というか 打つコトを推進していくのだから
これも 必然で力む可能性もぐんと低くなり
ロフトも寝にくくなるし、重さも破壊力として
使えるのだから 明らかに距離も稼ぎやすい。

そこの部分、基礎の基礎 だが 今一度
自分のそれを振り返って貰いたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このパターのシャフトも非常に柔らかいものが
装着されているようですが、
パターの場合
シャフトの柔らかさがどのように作用するのか教えてください。
例えばこのL型ブリストルに硬いシャフトが装着されていると
どのようになってしまうのでしょうか。

006



パターシャフトについてのご質問ですね。


パターに限りませんが、
ゴルフクラブのシャフトの役割というのは

ヘッドの重さ、そしてその形状によりグリップが動かされる

その重さ&形によって、ある方向にグリップが押される 
ということです。

正しい準備(正しい位置や姿勢)が出来ていれば、
望んでいる方向に押されますし、

押されることによって スピードの加算が出来ます。

労力を少なくして、誘導されるという意味でもあります。

正直、クラブの恩恵を受けにくくなります。

 


006



硬いシャフトであれば、重さによる誘導というか伝達能力が乏しい。

例え、良い準備が出来ていても、
良い方向へのガイドというのが少なくなりますから、

クラブに打って貰うというか、
させられてしまうのも少なくなります。

また 本質的に、人間は長い棒をしならせようとしてしまうので

硬いシャフトでは 支点になるグリップの動きを止めて

ヘッドを振るスイング、
振り子のストロークをすることになってしまいます。


パターであっても、薄〜く ほんの少しですが

ハンドファーストのまま、上から入ってきます。

柔らかいシャフトであれば

ヘッドの重さによって、無意識にグリップが

シャフトに押され その形が作られます。

硬いシャフトであれば、
上から打てませんので(もちろん ほのかですが)

ヘッドの重さの破壊力効果が生まれず、

意識しない限り、ハンドファーストになりにくいので

大き目のロフトで打つか、
振り子のストロークによって
フェースではなく、
歯やヘッドの下側にボールが当たりやすくなります。

ボールへの破壊力が伝わりにくいうえに
トップ気味の球になります。

007


多くのゴルファーがこの事実を知りませんが

同じスピード、同じヘッド重量 
その合計である破壊力が一緒であっても

フェースに普通に当たるショットに比べ

トップ気味の球というのは スピン量が明らかに多く

そのスピン量は5倍〜20倍にもなってしまいます。

エネルギーが決まっていて、スピンが増える ということは

ボールの初速が上がらないうえに、
転がりに対してスピンというのは

ブレーキと同じ作用になりますから、
ボールのスピードの減速も早くにやってきます。

 

最近のヘッドの異様に大きな、そして異様に軽い
マレットパターを使用している場合、
マレットパターは重心が深く、ヘッドが前に出る効果が
非常に強い。。。
そして、巷ではパターは肩を揺さぶって
振り子のストローク というコトになれば 

 その傾向はより強くなり、歯で当たる可能性は否めない
こんなこと言うと 嫌味たっぷりなんですけれど
フェースで打たないのに、フェース面にソフトな素材の
インサートが入っていたり、パターヘッドの角で打つのに
ボールはソフトな方が良いとか。。。
なんだか 笑い話を超えて、もの悲しくもあります。

軽いヘッドで、振り子ストローク、ヘッドの角というか
フェースの下側で上に向かってヒットすれば
必要以上に強くインパクトしなければ、望みの距離は打てませんし
ボールの初速は早くとも、途中でブレーキが強くかかるので
減速も早く訪れ、ボールスピードの変化が激しいから
転がりの感じとストロークのヘッドスピードの一致が
非常に難しい。。。
プロのように、一日何時間もパッティング練習をするのであれば
なんとかなるかも知れませんが、一か月に一度の
ラウンドの前にほんの10分だけ練習するオジサンゴルファーには
パッティングを下手になるための パターと
パターストロークとしか思えないですね。

手前味噌たっぷり…ではありますが
弊社の『L型ブリストルパター』は
余程、担当者の失業でも覚悟しない限り
大手メーカーでは絶対に作れない。
そんな勇気があるデザイナーやクラフトマンは
このご時世では出てこないでしょう。

このパターの優れたところは
ボールの転がりスピードの均一性というか

08_PLA_1134_CLplow-759375


グリーンの速さを調べるのに「スティンプメーター」と言うのが
ありますよね。溝を切ってレールの上に
ボールのハマる箇所があって
レールの片側をあるところまで上げるとボールがレールを
転がりおり始め、ボールの自然な落下で
どこまで転がるか計る奴ですけれど
あれって 当然自然な転がり
自然なスピードで、自然な感じでボールが止まる
途中になんの不自然な加速や減速がない・・・当り前ですけど。
それと非常に似た転がりをするのが
この「L型ブリストルパター」です。

ゴルフの本やレッスンで受けるショルダーストロークのせい
ってのもあると思いますけど、
ま、今の流通している道具ではそう打つ他ないのかも
しれませんが、 その道具とストロークでは
非常に不自然なボールスピードの減速が入るので
距離感が何時になっても体に馴染まない。

当然です。
パターの角の部分が当たっているので
そのあたり具合、角の接触の薄さ、厚さの調整なんて
職業にしている人以外、不可能と言える。

まして ショルダーストロークは
深く体を曲げて、へそから上だけを揺さぶるのですから
腰や背骨に懸かる負担は小さくない。
自信の持てるパッティングにするのには
身を削って、体を痛めるまで練習し、それを維持しないといけない
ですから、職業に近い形でゴルフと付き合う気持ちが無い限り
パター下手から脱することは出来ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



シャフト選び

なんて ほぼ全く意味ない のが
現在の ゴルフ用品業界じゃないですか?

しなる 動く

という条件で 初めて キックポイント とか
スピードとか 特性は出る訳で
例えば ですよ
昔も書きましたが
車を選ぶとしましょう
加速がいい とか ブレーキがいい とか
ハンドリングがいい 居住性がいい とか
殆どの項目は 走って 動いて ナンボ ですよね

走らない 走らせない 動かさない 車 で
あれば スタイル とか 色 とか 価格
とかで 選ぶしかない訳で
動く性能は分かりませんし
動かさないで 車を使うのであれば
単に 5m×2m×1m の鉄の塊
普通の家庭であれば 邪魔なだけでしょう

019A9s1s

現在 流通している
アフターマーケットのシャフトは
殆ど 動きません
正しく ゴルフクラブを機能させようとすれば
殆ど しなりません

材質も 10年前に比べれば
かなり低くなっている
趣味のモノ というよりは
売る側の 利益を生み出す「商品」でしか
ないと断言できるほどの代物 です。

撓らなければ 動かなければ
キックポイント なんて 選考の材料には
当然 ならないわけですし
もし 万が一 しなったとしても
キックポイントは 負荷をかけた時に
一番 外に膨らむ部分です
その部分が緩いから そこが膨らんでいるのか
その前後が緩いから 膨らんでいるのか
は 個々のシャフトによって異なりますし
全体のしなる先調子もありますし
局所的にしなる元調子もあります
手元の緩い 先調子もあれば
手元の締まった元調子もある

メーカーの特色にも差があるから
三菱系の元調子(あんまり無いけど)は
フジクラの先調子よりも より先調子っぽいし
グラファイトデザインの先調子は
三菱の中調子よりも もっとまったりしている

カタログの言葉尻だけを追いかけていては
それでは まるで
最高馬力の数値 だけを追いかけているようなモノで
それが どのシュチュエーションで出るのか
そこに行くまではどうなのか
そんなモノは無視されるような状態です。

遊びですから こうでなければイカン!
と言うのは勿論ありませんが
動かないシャフトのキックポイント論争
 ちょっと 淋しいですよね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはいくらボールを打つための道具とは言え、
機械ではなく、道具なので
自分が動かないことには動きません。

市販のクラブに備わっているとは思えませんが
その重さやヘッドの形状などが
促進剤や補助として機能する部分はあったとしても
自分が動くからクラブも動く(
正確には移動)のです。


とても当たり前に感じていること…な筈ですが
色々試してみると 実はそう使っていない人が
大多数なのではと思っています。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

少々しつこいようですが
体の向きを変えるから、その分、それと同量
いや正確にはクラブやクラブヘッドには重さという
重しがついているので
体の向きを変えた分よりも やや少なく移動するのです。


前傾姿勢もなし、腕のアクションもなし
クラブを持った状態で 体の向きを変えてみます。
前傾姿勢がありませんから
ほぼ地面に平行にクラブも移動します。
腕捌きなどのアクションも何もないので
自分の体の、骨盤の向きを180度変えれば
クラブも180度向きを変えます。
もしも クラブの総重量として30キロもあったとしたら
当然 自分が180度向きを変えても
それ以下、何度かはよくわかりませんが
175度とか、170度しかクラブは向きを変えないでしょう。
124

一般の家庭にはありませんが、ここには
ヘッドの付いていないグリップだけ装着されているクラブ
があります。

先端に重さの存在しないクラブ ということになりますね。
(まあ 市販のクラブはそれに近いと言えるのかも…)

この先端に重さのないクラブと普通のクラブ
(弊社のクラブが普通なのかどうかはこの場合割愛します)
この二つを動かし比べてみると
多くのゴルファーは
自分が体を回すから、その分、クラブが移動しているのでなく
クラブを動かして、それを利用して体を回してることに
気付くのではないでしょうか。
故に 先端に重さのないクラブの見本を使うと
自分の周りが足らなくなってしまう。

004自分で、自分の体を回す
 そのゴルフショットの基本の基本を 手抜きして
クラブのその構造、重量配分を
自分できっかけだけ作り
クラブに自分の体の回転を作らせる という
誤った使い方をしている人が少なくないかと
私は見ています。

嫌味な言い方ですが、ゴルフクラブの本来の目的は
簡単に、遠くへ、繰り返し
「ボールを打つ」ことであって、
体を回すためのものではありません。
違う目的でゴルフクラブを使えば
そりゃ うまくいく筈もありません。

是非、弊社にお越しになった時
もしくは それを確かめるためにも弊社に来て
ヘッドの付いていないゴルフクラブと普通のクラブの
動かし比べをしてみて下さい。

自分の体を回してクラブを動かしているのでなく
クラブを動かすことで体を回すというかひねっている
そういう自分に気付けてば、かなり前進です^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスウィングで 体の稼働部分 というのは
手足 四肢 であって
胴体の部分はひねったり、ねじったり
一切しない と考えるのが基本。
displan_gpk57-a7-11_1
勘違いをされているゴルファーが多い かと
思うんですが、首からお尻
背骨から尾てい骨までの間に
関節として捻る、捩じる、回す と言う部分は
まったく無いし、
怪我の予防として ストレッチはしても
その行為を意図的に、取り入れたのでは
体を痛めてしまう。

ゴルフ用語でいうトコロの
肩を回す とは
肩を結んだライン〜胸
の向きを変える事であって
肩甲骨を積極的に動かすことではない

両肩のライン、この向きを変えるのは
それが乗っかった胴体
この胴体には当然骨盤が含まれているから
これを脚の動きによって
向きを変える事を指す。


腕や肘を単独で動かすことと
肩甲骨を揺さぶるコトは違うことで
そこがゴルフスウィングを難しくしてしまう
ところでもある。

腕や肘を積極的に 自分で動かしているつもり
でも、多くのゴルファーは 肩〜肩甲骨を
動かし、揺さぶり? 肩甲骨が動くことによって
肘が移動していること と 肘自身が動いている
ことを 勘違いしてしまっている と思う。

元来、右腕は使ってはいけない とか
肘を意識することもなかっただろうから
肘を上手に使えるか というのは
意外に難儀なことなのかも知れない。

テークバックで肘を外に張る
は、人によっては上腕を上げる 
そんなイメージの方がうまくいく人もいるし…
スナップショット 2 (2012-10-02 13-54)
クラブの重さが伴って来れば
結果的には同時 に見えたとしても
ダウンスウィングでは出来るだけ早めに
右肘、もしくは左肘を移動させたい。

トップの位置では 上半身の右側にあった
グリップの位置を 左方向に移動させたい
体が右を向いているうち
ある意味、止まっている内に
グリップの位置を 腕さばきというか、肘さばき
で 右⇒左 方向 へと動かしてしまいたい。

実際には ひとコブシ分位しか、左方向へ
移動させられないけれど
右の胸の前から、左の胸の前まで 大きく動かす
イメージをしっかり持っていないと
ひとコブシ分は動かないよ。

この時に 良し! 動かすんだ!
って気持ちは大切だけれど、
筋力で無理やり動かそうとすると
肩が動いて、その位置を移動させやすい
肩が動き出した時点で、自動的に体が回り始め
体の肩向き通りでは無く、肩甲骨の稼働特性上
やや上向き(アップライト)な小回りな円運動に
なってしまうから
この動きだしの部分は要注意!

クラブの重さを受けて
グリップが自然に動くような、少々 脱力するような
そんな感じで動き始めると良い。

速く動きたい と 早めに動きたい
はちょっと意味合いが異なるので
動き出しは早めに、重さによる脱力で!
みたいな感じが良いでしょうね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まあ 全部が当てはまる訳ではないけれど
市販の一般的なスペックのクラブ
よほどのマッチョでない限り
完璧な『オーバースペック』です。

☆感じること出来ないほどの軽いヘッド
☆大型ドライバーであっても短い重心距離
(重心距離⇔ヘッドの重量点からシャフトまでの長さ)
☆無理にしならせないと動きのないシャフト
☆しならないがゆえにヘッドの重さがさらに感じられない


その一方で、 『シャフトのしならせ方』 だとか
一般的なゴルフレッスン用語には
『ヘッドを感じて振れ』 とか
『ヘッドの重さを使え』 だとか
ある訳ですよね。

軽くて感じにくいヘッドを感じようとして
無理しないとしならないシャフトをしならせようとして
スイングと言うか、クラブの扱い方を意図的に
複雑怪奇にしようとしてるとしか思えません。
0000135080_p01_01

そういった正しいクラブの扱いとしては完璧に誤った
クラブの機能を使わない(使えない)スイングが
横行してしまっている、その代表例が昨今の
テークバックとトップの位置ですね〜

一般的なオンプレーンスイング打法や
それに付随するようなスイング論は
軽くて感じにくいヘッドの重さを無理やり感じるように
テークバックを上げ、
無理にしならせないとしならないシャフトを
撓るように使うためにテークバックを取らせます。
それと並行して「ボディターン』って言葉が
あるんですから、これはもう喜劇以外なにものでも
ない

どう見ても手、左腕しか動かしてない
手上げテークバックを取らせて
動かしていないボディをそっから動かすなんて
奇妙奇天烈です。

まあ それはさておいて
体の正面にクラブを上げると
過去に記事にしたように
練習と言うか、ドリルのために
まずは正面に上げてから、体を回す
という事をすると
大体の人が この上げたトップの位置に
奇妙な違和感を感じる「そう」です。
123

それは何かと言うと
クラブの重さが極端に軽くなってしまうので
力の入れどころがないんだそうです
クラブを最大に重くする
クラブヘッドの重さを最大に重く感じられる場所に
クラブを動かしてしまい
その重さを大きくない腕周りの筋肉で
支えるわけですから
正しい位置にクラブを移動させると
クラブはずっと軽く感じる存在になります。
それを大きな筋肉でやるとなると
その奇妙な違和感を感じるのでしょう。

それには慣れなくてはいけないでしょうね。

正しい位置のクラブを移動させれば
クラブの重さは、人間を次の動作に誘いますし
クラブやクラブヘッド その重さは一種の加速装置
にもなります。
よほどのことがない限り、大きな筋肉で
ゆっくりと体を動かすので体への負担も少なく、
良いことづくめなんですけどね。

軽いクラブを重くして、しならないものをしならせて
体を捩じって、無理させた方が
触感というか、感覚的にははっきりとわかるので
記憶しやすいのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

005
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップは クラブ扱いそのものが現れます

グリップエンドを支点に、クラブを横であっても
斜めであっても、縦であっても 振る 場合
クラブがすっ飛ばないように
特に 握力の弱い 支点になる左手は
ガッチリ ガッチリ 握ることになります。

IMG_0002


正しくは 左手は親指を除く
4本の指で握る


で おしまい。

ここから もう一度 親指を握り
左手で グリップ 棒を握るこんではいけません。
。。。俗に言う二度握り


当たり前 ですけれど 腕は
肩の部分から生えて? グリップを握っています

クラブと接する腕は 左右共に
120度位 斜め上から接触する筈。。。
なのですが 左手を二度握りしてしまう と
右手の入ってくる空間を塞がれてしまいます。

imageCA19VSPF

すると 左手はグリップを斜め上からの関係になるのに
右手は グリップに対し 横から入る ことになって
しまい、 そうするためのアドレスになってしまいます。

本来 右手は 左手親指の第一関節ごと握る
ものなのですが 横から入る右手は
人によっては 左手の親指すら握らない

それほど 上下に左右の手が離れてしまいます。

IMG_0016

美しいグリップは 左右の手首の高さ(位置)に
それほど差が無いモノ
ですが 美しくないグリップほど
左右の手首の高さに上下差があり
それに応じたアドレスになってしまう訳です。

クラブを 両手で合掌ばさみして 体で動かす

ここが基本で これが実践されないと
指で握ることは難しいでしょう。

☆茨の道を乗り越え グリップから入っていくか

☆クラブ扱いを覚え 自然にグリップを身につけるか

その方法論(順序)に是非は有りませんが
自分のクラブ扱いの変化は 如実にグリップに現れます
それは覚えていて頂きたい。

また ラウンド中 握力の低下や疲れ
クラブ扱いの乱れから 必ず 後半 グリップが深く
上下に離れ始めますので ラウンド中の目安としても
覚えておいて貰うとイイかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフボールは、当たり前ですが
 球体 マル です。

クラブヘッドにある ロフト角度 は
ボールを打撃するエネルギーを
ボールのスピード、角度、回転 に
ロフトなりに分散させ、意図的に
距離をロスさせ、距離を打ち分ける為に
番手ごとに設定されています。

スナップショット 1 (2012-12-07 17-08)
球体であるボールを
円を描くように、特に腕を使って
ヘッドの上下(高さ)方向に円を描いてしまうと
ボールに加えられた打撃のエネルギーは
高さやスピンに化けやすくなり
距離のロスになってしまいます。

縦であっても、横であっても
それが円を描くのは、体の向きの変更が
あるからで、それがヘッドの高さの変化に
なるのは その向きの変更に前傾があるから、です。
(何度も書いてしつこい、ですけど)

ビリヤードをしたことがありますか?!
tc6
自分の当てなければイケナイボールが
別なボールの陰に入ってしまい、
クッションをさせないと当てられない場合が
ありますよね?!
その時に、普通に打つのと、意図的に回転を
つけるように打つのでは、クッションの仕方
ボールの跳ね方も異なります。

私はそんなにビリヤードの事は詳しく無いですが、
スピンをかければかけるほど、手玉(白い球)
の直線としての移動距離は短くなり
同じ距離を打つのには強く打たなければ
いけないのだと思います。

余程のコトが無い限り、普通に打つ方が
大切で、逆に回転を付けてクッションさせなければ
ならない状況を作ってしまう人には
それをこなすのは、ギャンブル なのだと思います。
*回転させてクッションさせられる人は
きっと その状況を作りださない 出し難い
のだと思います。
スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)
ともかく ボールを上げる必要のある
状況だとしても、それは選択するクラブ
選択したロフトによって行うことであって
インパクト付近の手首周りの動きは
ミスの軽減や距離の安定の為にも
固定(ロック)する習慣を まずは
アプローチから付けるのが良いと思います。

弊社で刷毛塗と呼ばれるドリル は
ドリルでもありますが、ショットそのものでも
あります。イメージは体から離さず、
自分の胸に平行に。⇒結果としては
飛球線に対しヘッドを同じ姿勢を保ち、インパクト
(飛球線に対し、やや右方向のイメージの方が
実際とリンクしやすいと思います)
する と言うコトです。

手首周りを使って
ボールをさらったり、肩を動かして
ボールを拾うようなアプローチは
必ず フルショットにもその動きは反映します。
駄目なストロークの代表
パッティングでいうトコロの このような動きは
ヘッドの高さの変化、ロフトの変化が
非常に激しく、打撃エネルギーを
シンプルに距離に替えられないので
出来れば、一刻も早く辞めた方が
加齢とともに落ちる距離を防げると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブには他の多くのスポーツ用品(道具)にはない
重心位置(重心のズレ)と言うのがあります。

IMG_NEW他のスポーツ用品。。。
例えば野球のバットやテニスのラケットは
重心のズレと言うのがありません。
ゴルフクラブの場合、
重心のズレの少ないモノでも3センチ
多いものになると5センチちかくも
打点の部分は握っている棒よりずれています。

このずれが不要だと考えるゴルファーもいるようですが
この「ズレ」は上手に使うと
打撃と言う動作を補助、促進する役割にもなります。

カタログなどでは 重心距離が長いモノの方が開きやすい
短いモノの方がヘッドが開きにくい とありますが
半分合っていて、半分間違っているとも言えます。

最終的には 適切なヘッドの重量とシャフトの柔らかさ
があれば、遠心力の作用によって
重量は一直線に並ぶのですから
そう言った「開閉」「回転」の効果と言うより
同じヘッドの重量であっても
長いモノの方が重く感じられることと
長いモノの方がシャフトの動きが大きく
トゥダウンの量も増えるから、
結果、そのように言われるのだと思います。


その 重心のズレの効果を考えてみましょう。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)練習と言うか、ドリルで
この姿勢を作ってみましょう。
右をむいたまま、骨盤を右に向けたまま
腕(肘)を伸ばし、グリップを下げます。
少々オーバーですがフェース面が地面を向くようにするのと
空を向くようにする 二通りを行ってみます。

地面を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは左と言うか、進行方向側にあります。
空を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは右、進行方向とは逆にあります。

さぁ それぞれ、左手〜左腕にどんな重さが掛かりますか?

ゴルフのショットのドリルです。
これから ボールの方に、目標(飛球線)の方に
動きたい訳です。

そして ここからフォローまで体は
シフト〜ターンをしていくのですが
それを阻害するのは いったい どちらの向きでしょう?

フェースを地面に向けたものでは
左手〜左腕に下への重さが掛かります。
また、重量方向に懸かるクラブやヘッドの重さは
左手やグリップ部分を飛球線の方に押します? よね。
また、グリップ部分は自分の体の方に押されてくると思います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)
フェースを空に向けたものは
左手には上に向かっての重さが掛かりますし
グリップ部がボールの方に押され、体から離されてしまう
と思いますが、如何ですか?

理想的(理論上)には
インパクトまでは体は右向きです。
右向きの間は左半身の方が右半身よりも低くなっている訳で
その時間は出来るだけ長い方が良いでしょう。

この段階で左サイドに上がる重さがかかり
クラブが体から離れると 遠心力が増します。
外へとはらもうとする力
所定の場所にあるボール(通過地点)

外にはらむ力と反対の動作を行わないと
所定の通過点であるボールを打つことが出来なくなります。

左サイドが上がる というコトは
イコール 左を向く 事になります。

スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






このドリル、アプローチは
必ず役立ちますので 是非^^

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示

 〒238-0024 
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480
◆メールアドレス hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング用語の中に
「ヘッドの重さを使え」
というのがありますが、この用語は
多くのゴルファーに誤解されています。

その典型的な例がテークアウェイ(バック)での
重さの使い方です。

ご存知のように ゴルフクラブは長い棒の先に
重量が集中した狷散餃瓩任后
しかも、その先端に付いたヘッドの部の重量は
持っている棒(シャフト)よりも右側(後方)に位置するため
(重心深度と呼ばれるものですね)
右方向への動きは大変得意としています。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

テークバックの際、「動きのきっかけ」だけを作り
ヘッドの重さが慣性で動くのを使って
逆に体を回してしまうような動き
練習場で大変多く見かけます。

ゴルフショットは 飛距離や弾道を管理して
コースを攻略する遊びです。
上手くいかないことはもちろんあっても
ボールを管理するためには、それを打撃するクラブ、
そして打撃部分であるヘッド部を
出来る限り「管理したい」筈です。

スイング、クラブの扱いの中での管理とは
自分が動作している分、クラブも移動、ヘッドも移動
しているという事であって、
自分が止まった反動で、無造作に動いているヘッド
と言うのを管理しているとは言いません。
その反動をつけた無造作な、無責任なヘッドの扱い方の
きっかけになってしまうのが 
テークバック初期の段階でのヘッドの重さの使い方なのです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を回し始める
→浅い段階で体の回しを止める
→ヘッドには慣性が付いているので
 その影響でクラブは動き続ける
この手のテークバックには大きく二つの欠陥が生じます。

まず グリップを軸にクラブが回るため
ロフトが最大限増えてしまいます。
例えば10度のドライバーだったとしても
ロフトが90度も増えてしまうようなテークバックでは
それをインパクトまでに戻してくるとしても
毎度毎度同じロフトにはなりにくく
製品として「ロフト10度」の意味は
ほぼ無くなってしまうのと同じです。

次にロフトとつながっていますが
体を止め、ヘッドのその慣性でクラブを動かし
そして腕を横に振る(振られる)状態になると
クラブそのものの姿勢も、ヘッドその物も姿勢も
ダウンスイング方向に対しては最大の重さ(負荷)
になってしまいます。
その重さは感覚的な感じではありますが、
概ね正しくクラブを扱いテークバックした時の
クラブやヘッドの重さと比べると
倍では済まず、5倍も10倍もの重さに感じます。

そうなれば 逆な方向への動きが始まった時
必要以上にクラブやヘッドが重い訳ですから
当然「力む」ことになるでしょう。
4289f9fa-s

そして、その重さはインパクトまでの間に
必然的に右サイドを下げていくわけになる訳ですから
上から打ちたい という願望があるゴルファーにとっては
禁忌なテークバックと言えるわけです。


注)上から打つ というのは
腕の作業でクラブヘッドを高いところから
入れてくることではなく、
ダウン→インパクト のその進行方向に対し
進行方向の左サイドが低いうちに
ボールに対しアプローチしてくることを指します。

テークバックのここの部分は
大変重要な改善ポイントな訳です。

スイングをいったん解体し
リズムやクラブの扱い方を再構築するためにも
俗に言う「上げ方」、テークバックの取り方の順序を
逆にして練習しましょう。

アマチュアおじさんゴルファーのほとんどが
体を回す→クラブを上げる
と言う手順でテークバックを取っているはずです。
それを逆にするのです。

クラブを上げる と言う言葉は正しくないので
クラブを起こす → 体をまわす
と言う具合です。

クラブを起こす際は、決してクラブを横には
1センチたりとも動かさず
真っ直ぐ 自分の右ほほに向かって上げ
上げ終わったら、体の向きを変えるのです。

実際に自分で素振りなりしてみると
ここでいくつかのポイントに気付くと思います。
上げる→まっすぐ  ×横の動きを加えず の筈が
腕を動かすと クラブを横に動かそうと
スイングプレーンをなぞるように横に動かそうと
しているゴルファーが大半。。。なんじゃないかな

次に、テークバックは意外にも
クラブは軽く、短時間で終わりに来るはずです。
クラブを先に起こしてしまっているので
クラブは一番軽い状態になっており
その状態で体を回しても、クラブには慣性が
ほんの少ししか付きません。
殆ど存在しない程度の不可抗力でしかありません。
従来の自分のスイング手順とは
ずいぶんとクラブの重さが違うと思います。

そして 今まではクラブの、クラブヘッドの重さで
骨盤ではなく、上半身を捩じっていたので
非常に無造作に、ほとんど意思なく
クラブの、クラブヘッドの重さで体を捩じっていたので
今度はもっと「積極的」に自分の意志で
お尻なども含めた足回りを使って
骨盤を動かして、体の向きを変えなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

非常に奇異に感じる動きかも知れませんが
鏡で見てみれば、自分の想定している
トップオブスイングの クラブの位置に
そして、体の姿勢もなっているはずです。

この練習はもちろん練習場でボールを打ちながら
することが有効ですが、素振りですら
短期間のうちにいろいろなことを変えていきますので〜〜
 レッツトライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
右肘を外に張る
弊社でいうトコロのクランチ。。。
imageCA07U19C
肘をこのように 体に張り付けて、
もしくは 下を向けてしまうのには
理由があるのです。

左腕のみでテークバックして、
腕の力、腕の作用でクラブを横に振る場合
正直、クラブの姿勢として最大の重さになった
この状態を左腕一本では支えられません。
ですから、下からつっかえ棒というか、支え棒
としての このような右腕のスタイルが必要に
なってくるのです。
t02200278_0327041312030346860
腕振りと言うか、横ぶりと言うか
それの証、とも言うべき 右肘。。。
数年〜10年前までは これを「クラブを寝かす」
と呼んでいたんですけど。。。
時代の流れでしょうか?!

この状態から ダウンスウィング〜インパクトに
入ってしまうと 右サイドはもぐってしまいますし
クラブも更に重く、長くなってしまうので
当然、体重は左に移せなくなります。

非常に、複雑な作業を経て、ボールを当てる、
さらに高度には、目標方向に飛ばす、
そしてもう神業レベルでは「遠くに飛ばす」

スタック&ティルト とか 左イチジク打法
なんてのは、間違った基礎から始まって
それを間違ったことで誤魔化すのですから
体を鍛えられない、おじさんゴルファーには
言葉は悪いですけど、恐ろしい打撃方法です。

テークバックを左腕〜左肩だけで上げるから
右手が左手に被られてしまい、結果として
このようなトップオブスウィング。。。
右肘になってしまう。
29フレームショット
クラブが重くなっていますし、
利き腕を使うことも出来ない。。。
これでは、体で、回転也、体重移動也で
クラブを引っ張るしか、打つことが出来ない。
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット
テークバックを左腕で上げず、
体の向き(脚)と右腕(肘)で上げれば
こんな所から切り返しを始められるんですけど…
この方が肉体的にも、ずっと楽だし
クラブはずっと軽いし、ヘッドの重さや
クラブの重さ、クラブの形状や構造は
ボールを当てる、打つ、目標方向に飛ばすコトに
利用出来ると思うんですけど。。。

経過は違えども、二つの写真の大きな差は
右腕というか、右肘だけで
腕を90度捩じっているか、捩じっていないかは
勿論 左腕(肩)だけで上げてるか
の違いを除けば、右腕の違いだけ。
imageCAIKYONT
もうこうなってしまうと
重力を味方にするゲームではなさそうですね
imgs
マッチョであることに妬みがある訳でも
羨望がある訳でもないんですけど
最近の 男性トッププロ達の上半身の
筋肉のつき方はちょっと異様。。。

遊びなので、どのような方法を採用するかは
それぞれのヒトの自由だと思いますが
何でも 欧米の真似をしている限り
いつまで経っても、二番煎じ じゃないですか?!
どう見たって 知的な要素の高い、精神性の高い
ゲームなのですから、肉体戦に入り込んで
欧米の人達に勝ち目があるとは思えませんが…。
それも 自ら。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


握り方 と言う意味でなく
製品としてのグリップには
通称「バックライン」と言うのが入っています。

正確には バックラインと言うモノが
備わっている製品もございます。
IMG_0089
ちょっと判り難いかも知れませんが
それはこのように、丸い筈のグリップの
内側に 出っ張った部分がありまして
それが丸いシャフトに装着されると
その分が 背張りのようになって
外側に出っ張る訳です。

日本では「バックライン」と呼ばれていますが
英語での正式名称は「リマインダー」
もう一度、使う人に思い出させる というか、
認識させる と言うような意味合いの言葉です。

これによって、自分が正しく握れているか
今日のフィーリングはどうだろう?!
みたいな 機能な訳です。

また フルショットでも、アプローチでも
バックラインは概ね、フェースの向きというか
ボールの飛びだす方向と90度の関係に
有りますから、フェースの感じと言うのを
手に伝わる重さと共に、実感できる部分でもあります。
右手を使って、右肘を使って
左手、左グリップごと クラブを押す
と言う意味でも その板状の向きは重要になります。

上手に付き合えば、丸いグリップ、シャフトを
板状の感じで使うことが出来る
たいへん便利な機能です。
IMGA0209
過去のゴルフクラブには
グリップそのものを板状にしてしまうモノも
存在していました。 それはあまりに簡単!
ということから ルール違反になったのでしょうか…
その名残、みたいな部分で、「バックライン」
は現存しています。

そのバックラインを、いつもどこに収めておくか
自分の手の、グリップのどこの部分と
バックラインを接しておくのか は
人それぞれあって良いかと思いますが
蛇足ですが、私の例を。。。。

私はバックラインは大好きです。
無いと困ります。
で、グリップの時、どうしておくか というと
バックラインを感じないようにグリップします。
左で言うと、第一、第二関節を曲げますと
指で箱の底のような部分が出来るわけですが
IMG_0089 (2)
その底の部分に バックラインを持ってきます
第一関節と第二関節の間ですね。
だから バックラインを強く感じてしまう場合
あ?! 握り方がいつもと違う
というのを一つの目安にしています。

右手の場合は バックラインを第一関節の
くぼみに収めるので これも同じ。
感じている時は いつもと違うグリップだ!
と判断しています。

参考になるかは、分かりませんが
これも一つの例でしょう。

それぞれの方が、上手にバックラインと
付き合うコトによって、クラブとの唯一の接点
であるグリップをいつも同じ状態に
しておけるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は緊張した場面で
その場を「早く立ち去りたい」と言う意識が
働くと言われます。

コンペの一番ホールのティーショット…
多くの人が見守っている状況
楽しいのは楽しいですが、
自分の番を出来るだけ長くしたい と
思っているゴルファーはそう多くはないかと思います。

14,11,013225


ショットの準備であるテークアウェイ
これ(準備)をし損ねてしまうと
切り返しやダウン、インパクトは
非常に速く、複雑な動きですから
あとから修正するのはかなり大変です。

ボールの位置も含めたアドレスやグリップのミスを除けば
ミスの原因のほとんどがテークアウェイに詰まっています。

コースでの実践を踏まえたうえで
そのテークアウェイからミスを排除するための
いくつかの知恵 があります。

アドレスからテークアウェイ
静から動への動きは
緊張感のある時は焦りがち、急ぎがちです。
特に緊張感があると小さな筋肉は
なかなかうまく動作、動き出してくれませんから
自ずとヘッドの重さを利用して
クラブを振ってテークバックを取りがちになります。

クラブヘッドを振って
結果手だけで腕だけで
向きの変更、回転を疑似的に作るのを避けるため
テークバック時、トップオブスイング時
左手の手首を平側ではなく、甲側に折っておく
習慣をつけるといいと思います。
量としてはちょっとでも甲側に折れていればOKです。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)


甲側に折れていれば、次の動作で
クラブの重さを利用しやすくなりますし、
ヘッドやグリップを体の幅から外しにくくなります。


もう一点ですが、
これは 
ハミングバードのYOUTUBE などを見ると
よく見がちな、弊社のお客様の典型的な練習というか
訓練の一環で、
多くのゴルファーは、特にドライバーショットの際
ヘッドの重さを使って、
まるでマフラーを首に巻きつけるように
テークバックを取ります。
体を回すことを意識して練習してきた正しくない成果
なんですが、それを解除しましょう。

練習場に行ったら、周りの人を見てみてください。
まず 8割以上のアマチュアゴルファーが
回る〜上げる という順序の
二段階のテークバックをしていて
回るその反動で上げている様子が見て取れるはずです。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)


このテークバックの取り方では
緊張感が入るコースでのショットが
よりスピードが上がり、よりクラブが寝てしまい
体の外(右)にクラブが外れてしまうので
必要以上にクラブが重くなってしまいます。

反動も付けているので、切り替えし時
クラブはまだテークバックの延長方向に慣性がかかり
自分は切り替えし という正反対のアクションになります。
この最大にクラブを重くしてしまう方法では
「力まなくてはボールを打てません!」から
良いことはなにひとつありません。

そのテークバックの取り方を改善し
動きを相殺していくために
順序を逆にして練習してみましょう。

今までは 回ってから→上げていた
回る反動で上げていた筈ですから
動画を見ると必ずと言っていい位
自分の想像よりも深い、大きなスイングになっていた筈です。

クラブを反動であげ、体の外(右)に外すということは
即ちロフトを寝かすことでもあり
右に外した分、体は回っていない筈です。

少々オーバー位がいいです。

最終的にはテークバックは
クラブを上げない と言うところがゴールでは
あるのですが、まずはその反動を使ったテークバック
クラブを寝かしてあげる癖を改善するため
まず 先に上げる・・・
この上げるとき、クラブは横方向には
絶対に動かしてはいけません。
アドレスから、自分の右ほほにシャフトをもってくるよう
そのまま正面で上にまっすぐ上げます。

そして上げ終わったら、回る。
注意点としては、グリップを体から離さないよう
逆に近づけていくようにしてみて下さい。
まずは 横ではなく、
  上に向かってクラブを動かす。




この習慣をつけてみて下さい。

違和感。。。。 そりゃああるでしょう。
今までとは順序が逆だし、
クラブを腕で横に動かしていたのを
90度違う方向に動かすのですから^^
変えるという事は 今までの習慣でないことを
するわけですから(*^。^*)V

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ