現在、アプローチでAさんにもトライして頂いています。

 ✋Rさんもココに引っかかったまま ですね…💦

ドリルと呼べるか微妙ではありますが、
 実感して頂きたいのは
 如何に 自分の左サイドが止まっているか❓
 左サイドの壁 を勘違いしているか❓ の部分です。


このドリルを行う上で ひとつ 座学 をしてみましょう。


何故 スイングは 円弧が大きい方が良い
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentと言われているのに、
トップやテークアウェイにおいて
手首で行ったり(コッキング、スナップ)、肘で行ったり
円弧を縮める、小さくする、クラブを短くする動きを
誰彼問わず、例外なく入れるのでしょうか❓

✋まあ 一つは 長さは重さになってしまう ため、
 スピードが上げにくい、負荷が多過ぎる が有りますよね。

その負担、負荷はちょっと棚に上げた として
.▲疋譽校のクラブの長さ(腕の含めた)のまま 振る
▲董璽アウェイにおいて、一旦 クラブを短くする

それぞれで 打てた場合、どんな球 になるのでしょうか❓

,蓮_鹽召靴疹豺隋▲悒奪匹僚鼎気料えが大きい ので
 カラダがボールと正対しても 当たる時期が来ませんから、
 左を向いた時当たる か
 正面でからだを止め、クラブの慣性で打つ(もしくは 手で送る)
 コトになります。 遅れが 開きになり易いので
 カラダが止まり、クラブが動いている時、ロフトの補正が必要です。
 これも フェースローテーション と呼びます。

△蓮|擦した分、アドレス軌道よりも 内回り、中廻り になります。
 それを利用し、遅れをロフトの立ちに換える工夫は必要です。
 ,話戮譴亮茲衞瓩掘↓△話戮譴燭泙淆任舛泙后

,和任曾个靴高く、スピンが少な目 です。
△和任曾个靴低く、スピンは多め です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

それぞれの特徴は
,和い速度で打つ場合、問題は誤魔化し易いですが、
 大きいロフトのクラブ や アプローチなどの
 かなり多岐にわたる球種、球質が出る可能性があります。
 入射が緩く、ロフトが開いている可能性があるので
 距離の無いバンカーショットや
 ソールに奥行きの有るフェアウェイウッドが苦手になり易い。
 また スピードが低下してきた時、
 スピンが少ないので 高さを維持、浮遊させる能力が急に落ちます。
▲好ぅ鵐阿遼榮擦覆里如↓,茲蠏臈世楼掬歸に少ないですが、
 ヘッドスピードが低下した時、高さを取り難くなるので
 無理をしないロフト選定が必要です。
 コチラの高さは 浮遊能力 ではなく、最高到達点 です。

アプローチをずっとやっているのは
 少々、退屈 ですので ソコソコのショットと交互交互
 に行ってみましょう。
「手は伸ばす?」_Moment(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment










ここら辺のポジションから始めます。

ここから 廻るだけ 向きを変えるだけ で
 ヘッドがボールと接触するでしょうか…❓

意志の強い 手を伸ばす、ヘッドを下に振る は無しで
 始めは当たらない にしても
 どういう風に廻ると
 ボールとヘッドが接触するでしょうか❓
 どういう風に廻ると
 その遠心力が 手を伸ばさせるでしょう❓


カラダが伸び上がる、前傾姿勢が無くなる のは
 ヘッドを下に振った時 でしょうか❓
 それとも ロックに近いこの状態のまま 振った時でしょうか❓


おそらく カラダを廻しただけ
 副産物的(受け身)に 遠心力で腕が伸びた で
 ヘッドがボールと当たる、前へボールが飛ぶ 体験は
 非常に奇妙なモノ に思えるでしょう。

✋今まで 手でクラブを、ヘッドを、シャフトを
 ボール方向に振る、下に振る というのが
 自分の打撃 だった訳ですが、
 そこが全く存在せず、 届かない、当たらない筈のボールに
 ヘッドが当たる…。
 まるで 何もしていないような…。
 え? なんで⁈ と言う感覚 に陥るかも 知れません。
 『自分で』ボールを当てた、軽く…ではありますが、
 『自分で』打った感触はないかも、です。
 Rさんは ソコが乗り越えられない のでしょう…。

この動画では 一生懸命 腕を伸ばして
 クラブを下に、ボール方向に腕を伸ばしている のが
 見て取れます。
 腕をボール方向に伸ばしている感じ…ですね。
 そういうイメージではなく
 よくある スイング弧 があったとします。
 その弧はアドレス通りのクラブの長さの弧 で
 打つまでは…その弧に触れないように…
 内側で、言葉として適切か微妙ですが、振れるような…
 打った後、飛球線の方に腕が伸ばされるような…
 そんな感覚 というか、
 そうなるような からだの廻し方 と言う感じですね。

これも 適切な表現と言えるか微妙ですが、
 からだの回転によって 引き起こされる遠心力を
 クラブではなく、自分の腕にかかるようにする 感じです。
 そして それは 今まで ハンドリリースしていた人からすると
 何もしていないような程度のモノ です。