◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2014年11月

打つコトの出来ないサンプル品とか
展示品をみて シャフトの性格を見抜く為に
良く観察するのは カタログ とか データ
ではなく、シャフトの形状
である。
gp2

シャフトの外観 外側のサイズは概ね決まっており
昔有ったようなバブルシャフトは既に博物館行き。
シャフトに特殊な形状は余り多くないのだが、
一本 一本を 比べてみると
その形状はかなりはっきりと異なる。

シャフトを オリジナルで作る場合
1.既成のシャフトの ロゴのみ入れる
2.既成の芯金(マンドレル)を使って
 シートの種類
 巻き方、枚数のみをオリジナルで作る
3.芯金もオリジナルで作る
この3種類がある。

シャフトの場合、その形状によって
オリジナルの性格は半分以上決まってしまうと
言っても過言ではない。
人間でいうのならば、芯金はどこの国に生まれ
男なのか、女のか そこら辺まで決めるのに
相当すると言える。
勿論、同国人、同性であったとしても 個性は
それぞれであるけれど 大きな部分は似るだろう。

ウッドの先端径は 8.4mm
グリップ部はだいたい 15.0mm
前後
長さは 1150mm
 一メートルチョイだ。
この 8.4〜15.0 
までが どのようなテーパー
と寸胴の組み合わせで 性格も決まるし
芯金の形状が決まれば どの位の量
どの位の弾性(強度)の繊維を使うかも
概ね決まってしまう。

先端から 寸胴気味で細いところが長ければ
強度の高い繊維を使わざる負えなくなるし
その分 手元側にキツイテーパーが来るので
手元の締まったシャフトに成り易い。

全体に平均的なテーパーの付いたシャフトであれば
細いところに負荷が掛かり易くなってしまうので
巻き方や異種の繊維を組み合わせ 工夫しなければ
商品として有効ではない。

良くシャフト選ぶをするのに
キックポイントKPなんて 言葉が出てくるが
KPのみで シャフトを判別するコトは
殆ど意味のないコトであって
その形状や使われている繊維の強度によって
大きく異なってしまう。
7b751c2e

全体的にしなる 先調子もあれば
手元の締まった 先調子もある訳で
土台 シャフトは 1150mmの全寸に対し
先調子と元調子の差は 40mm程度なので
誤差とも言えるし
メーカーによってその基準も大きく異なる。

カタログ上 A社の先調子は
B社の元調子よりも
ウンと 元調子だったりもする。

土台 一般成人男性が
振動数で 220cpmを超えるモノを
使った場合 硬すぎて どれも同じ。
撓らないモノを撓らせて
使ってしまうのだから、
 本来の使用方法と異なる
ネジレを意図的に作って使うのだから
KPなど 意味もないと言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スピンの効いた球

良く使われる用語です。

アプローチの際に グリーンに落ちた球が
スピンによって ブレーキがかかったり
バックスピンで戻ったり。。。

果たして これは どんな状態なんでしょうか

スピンが多ければ良いのでしょうか・・・

  答えは そうではないのです。

7番アイアンとか 8番アイアンのショットで
スピンで止まってしまう
そんな経験をされたことがあるかと思います。

その番手の正しい製品ロフトで打つと
単純ではありますが フルショットのスピン量は
番手×1000 と考えてよいでしょう。

7番では 7000回転/一分

ウエッヂでは その回転数は10000回転を超えたり
します。

  余談ではありますが ウエッヂショットで
使われる スピンコントロール というのがありますが
それは スピンの量をコントロールする イコール
 距離のコントロール であると言うコトです。

同じ距離を打つのに スピンの増減 と言う意味でなく
同じ距離は一定のスピン スピンの量の増減=距離
と言うことを指しています。

0d06b52b

ボールを打撃する破壊力の基準は 重さ です。

運動性(速度)が加わる… 
これは 重さを増やす行為と考えてよいと思います

それが ボールの初速 や スピン 音 熱
などに 分散、、、化けるわけですが
そのエネルギーの総量は 必ず 破壊力とイコール です。
つまり スピンが増えれば 必ず何かが減るのです。

その都度 スピードを変えたり ヘッド重量を
変えずに マシーンに打撃させれば
その分散割合は 単純にロフト
(長さによる入射角度も
ロフトの一部ではありますが)
によって決まってきます。

ウエッヂショットで スピンを増やそうと思って
ロフトを増やすと 確かに スピン量は増えます。

そして その分 ボールのスピードは落ちます。

スピンは 空中では浮力と共に 進行方向に対する
パラシュートのような役割もありますので
 接地時と同じくブレーキ でもあります。

スピンが多く 初速(ボールスピード)も遅い訳ですから
スピンは早い段階でピークを迎え
落下時や 設置時には 惰性になってしまう可能性が
非常に高くなります。

80060a6c-s

スピンを効かせるコツは
ボールを潰し 初期飛び出し時
出来るだけ スキッド(空中を滑らせるイメージ)
を持つコト。

落下時の接地角度が
あまりに薄く ブレーキ効果が薄いが
5番アイアンのアプローチでもスピンは効く

逆に サンドウエッヂは設置角度 そして
高さを取る事に特化したクラブで
サンドウエッヂでスピンを安定して効かせるには
ロフトを寝かせないことと バンスは欲しいところです。

ちなみに あまり初歩的なので書きたくはないのですが
ウエッヂの溝 は 水分や砂利などの異物を
ボールとフェースの間に入れない為のモノです

スピンは 双方の 接地面積と接地時間によって
決まってきますので 異物が挟まることを避けるため
タイヤの溝と同じ効果 です。

ですから スピンを増やすのが溝の役割でなく
スピンを減らさない為のモノです。


 晴天の異物が挟まり難い環境であれば
溝のないクラブが一番 スピン量は増大します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フェアウェイウッドをあまり得意としていない
ゴルファーは多い

どうなんだろう?!

ロングホール ツーオン狙いとか
ティーショットのミスの後のリカバリーとか
ドラコンホールに匹敵する位、もしくはそれ以上
期待して、気合が入っていることが多いのかも
しれない

距離は人によってまちまち かと思うけれど
140〜200ヤード位の距離の時 使うのだろうか。。。

将来、歳を重ねてから ゴルフを楽しむのには
FWと仲良くしておく方が 良いことは多いと思う。
実際には 最大の武器になるのだから…



sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

フェアウェイウッドは ユーティリティやアイアンに
比べると 重心が深い
アイアンの10倍 ユーティリティの2倍は
重心が深い

その為に奥行きのあるソールになっている

これが 長所でもあり 苦手な人には短所となり得る。

どの位かは兎も角、フェースを地面〜下に向けて
入れて来られる人にとっては ソールの奥行きは
向きや角度の修正になるし
うまく打つことのガイドにもなるのだけれど
フェースを下に向けられない人にとっては
跳ねて ダフッタのにチョロ と言うのも考えられる。

本当は地面から打つのに 一番簡単なクラブ
ではあるのだけれど
期待度 みたいなモノもあるから
打つ条件(傾斜やライ)を考慮に入れよう。

先日、ボールの置き位置 の話が出たけれど
それが 通常の位置でなく もっと右寄り
で打ちたいようなシュチュエーションの時は
特に注意するべきである。

傾斜や地面の具合が ちゃんとした体重移動を
し難い状況? であれば FWの選択には熟慮 しても
良いかも知れない。

アイアンに比べ ヘッドが軽く その分 シャフトが長い
クラブヘッドを振り回しやすい状況
でも クラブの構造とは その反対で
ヘッドが軽く クラブの長いモノは
クラブがそれをしてくれるので 使う人は
それを 
より一層しなくて良い
もしくは、してはいけない と言うことを示唆している

sample 2009_09_19_23_41_53-255フレームショット

コースでの使用のコツは
脚を使って よく使われる言葉だけれど
両肩を平行に回すコト
左右の方の上下差を作らないように意識する
ことが 一番簡単に打つ コツとも言える

シャフトが長く ヘッドが軽いから
手先〜腕 で振り回すような事をすれば
それによって 造られる不可抗力が
肩の上下 左右の肩の上下差を作ってしまい
上半身だけ 傾斜地から打つような結果になって
失敗の元になってしまうよ。

テークバックを急がず 少し小さ目にとって
くるっと回る

くるっと回るのに補助として 利き肘を使う
(出来れば 先目先目 に使っておく)
そんな感じでしょうか・・・
左に乗って くるっと回るのには 薄い左下がり
の方がうまく行くことも多いかな?!


ハザードが無い限り、前進することが目的の
大きな一つになるので ゴロでも良いと考え
プッシュを打つイメージを持つことをお薦めします

フォロー・フィニッシュは 無理に止めない限り
悶絶クラブでは もれなく付いてくる から
あまり考える必要はないと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね

ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。


最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」
って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。

g-421

例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。

分かりますか????

ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

分かります?!

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。


006

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
現在の プロも含めたゴルフ界は
正しく ゴルフクラブを使うコトに誘う用品
には 興味が無いと言うか 余裕が持てていないのが
少々 気になるトコロです。


ただ 専門的に言えば
バンス回りがしっかりすると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

唐突ですが……利き肘の使い方は重要です。

体のまわり方 回す部分とも密接な関係が
発生する動きですし
アマチュアが楽しむコトを主軸にするのなら
この 利き肘使い だけで 十分
ゴルフは楽しめますし
ボールを遠くへ飛ばすコト にも直結します。

2007wo88

多くのアマチュア ゴルファーは
左腕だけで テークバックを取ります
最近では プロの多くも こんな姿勢が
少なくなく、、、 ちょっと ぞっとしています。

このテークバック〜トップオブスウィング では
肩甲骨を中心に 頸椎〜胸椎〜腰椎を
捻りこんでいますし、特に 胸椎〜腰椎 の捩じりは
若いうちだけの特権 とも言える 無理のある動作です。

tuarsu6

見ての通り 左肩 が胸の前に来ている
見ようによっては 脱臼状態 とも言えます。

体の傾きがある上で 右を向いている  
ですから 体の右側の部位の方が 左側の部位
よりも 高い位置関係になっている筈なのに
どれもが 左肩の方が高く見えますよね。。。

スナップショット 1 (2011-01-18 23-43)

一見すると胸周りは回っているように
外側のシャツは見えますが
これ 上半身裸になってみると 分かるのですが
体のセンター 芯の部分は 殆ど動いていません。

また この左腕の動かし方では
上半身が 背中側に反ってしまうので
本来 軸足になる 右脚に 前傾角度が
出来る筈なのですが 左脚に前傾角度が
出来てしまいます。

また バランスを取ろうとする本能のせいなのか
左腕だけを動かすと必然でこうなってしまうのか
よく分からないのですが
右上半身を軸に 左上半身だけが動くので
体 背骨も ボール側に傾きます。

4190-1-2

体が前に傾くのですから
膝の大きく曲がっている 短くなっている
左脚が軸足 というか 左右の軸ではなく
ボール側 前体重 前後軸になってしまいます。
俗にいう 逆ピボット って 奴ですかね…

上半身…骨盤から上は 一つの塊にして
骨盤の上に乗せておいて
脚で骨盤を動かす。。。

上半身。。。背中の筋肉とか
腕とかを使って 回転/向きの変更を誘発、
誘導するのではなく
非常に単純に 脚を使って
骨盤の向きを変えれば良いだけです。

スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)

それには 護って貰うべき
 決して 
外してはいけないルール があります。

☆向きを変える方の脚 を 軸足にする

☆軸足が出来ると 向きが変えられる

☆軸足を解くと 向きも解ける

軸足 ⇒ 地面に直立する脚
 と考えて下さい


慣れてくると はっきりとは分かれませんが

1.右直立脚が出来る
2.右向きが出来る

1.右軸足が解かれる
2.右向きが「自然に」解かれる

1.左直立脚が出来る
2.左向きが出来る

こんな感じ です。

右向きへの行程は
左脚 左ひざが 右へ移動する
左股関節が右へ移動する
右の股関節(お尻)が その圧力を受け
アドレス時の後方へ逃げる


体の部位のどこで と言うのは 各人の感覚的な
ところであるので 割愛しますが
こんな感じでしょうか・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドライバーが飛ばない

よく聞く悩みです。
22dfc18d-s

何故でしょう…

そう 人的 動的なロフトが寝ている から

ロフトが大きくなると 高く上がる
と思うでしょ?!

それは あるロフトまでで

それ以上に増えると
推進力も失うので
遅い 上がらない 飛ばない 
弾道になります。

この状態では スピードを
上げても 下げても
どちらも まったく 距離に影響しません。

だから ハイボールのスライスになっているのは
まだ 良い方で
俗に言う その 『抜け球』 を打っている人の
次のステップは ハイボールスライス なのです

練習場也 コース也 で
自分の フェース面を見てみましょう

ドライバーは 一番ロフトの立ったクラブです

幾ら 最近のヘッドは歪む とは言え
絶壁に近い板で 球体のボールを叩けば
ボールは潰れます( 潰れるはず です )

フェース面に 下から 上に
擦られた クマの爪跡 みたいな
ボールの傷 ありませんか・・・

想像して見て下さい
その 擦り跡 は どの位の角度だと
付くと思いますか?

長さの関係から 「も」 ドライバーは
一番 擦り難い クラブなのですが…

では 今度は ティーアップせず
マットから 打ってみましょう。

ドライバーで ティーを使わない時
本当は ティーの高さ分 右(右打ち)に
ずらすのが正しいのですが
練習ですから そのままの位置で
言ってみましょう。

多くの人は ダフリ ではなく
チョロ とか トップ から始まります。
それは 届いていないのではなく
上がり軌道で打っているから なのです。

正しく 打てれば 100ヤードも
キャリーしない程 のライナー です
センター前 クリーンヒット みたいな感じ

そう ロフトを寝かしている人は
これが うまく行きません。

ヘッドが フェースが ボールのところに
到達するより先に マットや地面と
手酷く接触してしまいます。

ゆっくりでもイイです。
30ヤード から始め 50ヤード
転がしも含め 100ヤード 打ってみましょう。

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット


多少のダフリはアリ!です。

そのツイデニ ソールの
マットのこすり跡も見てみましょう

ドライバーの飛ばない人
ドドド スライスの人は
ソールの後方 フェースの反対の
方にこすり跡
それも ヒール側 にありますし
苦労しない人は
跡がないか
フェースに近いトコロの真ん中あたりに
チラッと マットの擦りカス が
付いていることと思います。

ま これも さ★らちゃんみたいに
酷いクラブやロフトの扱い方であっても
幾ら ロフトを寝かしていても
研鑽によって 打てる って言えば
それまで なんですけど…

ドライバーは弧も大きく
入射角度が緩いですから
多少のダフリ トップでは
影響を受け難い ですし
ボール、そしてその進行方向
に対する打面は 一番大きいので
当たり所に左右されることは
殆どありません。

それが 悶絶ドライバーで出来るように
なれば 距離の苦しみ および
スライスの苦しみ からも解放されます

ロフトをどう使うのが正しいのか
それが クラブの使い方の答え です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブが打ち手、使い手の方に
鎌首をもたげている理由。。。

幾つかあると思うし
逆に カマのように ヘッド(トゥ)の方が
落ちている形状では メリットが少な過ぎると思う。

ヘッドが逆形状であったら
ヘッドがそれ自身の重みで下がってしまう。
ヘッドが下がる と言う動き は 同時に
グリップ部分を浮かしてしまうであろう

ゴルフのスウィングは 180度 を
120度と60度で分けた部分が多く 構成されている
前傾姿勢であったり クラブのライ角度
腕とクラブの関係 俗に言う
ディッシュアングル
なんかもその一つと言える

BlogPaint

ヘッドの形状が 逆 鎌のような構造であれば
インパクト時 腕とシャフトが一直線になるような
ゴルフスウィングになってしまうであろう

それから 考えていくと
ヘッドが自分の方に鎌首をもたげているのは
ヘッドの重さを使って グリップを動かし
腕を 重力に従って
肩からダランと垂れ下がった 元の場所に
収めるためには 不可欠なのかもしれない

そうであれば ダウンスウィングの
運動性 に 腕の重さまで利用できる事になる!

…その形状がトゥダウンを生む訳だけれど
ちなみに トゥダウンとは シャフトが
反って トゥ部(先端部)が落ちる のではなく
ヘッドがヒール〜トゥ方向に 
重心位置のズレ分だけ ヒール側に
ずれるコトを指します

それによって 腕が下がることを
促進させる ゴルフクラブの機能
なのだと思います。

123

クラブの形状 ヘッドの重さ分
そして 腕の重さ分 下方向
に正しい不可抗力が掛かれば
同時に 前傾姿勢も維持させられる
と考えるのが正しいのではないでしょうか

ヘッドの重さでグリップを動かされれば
右から左への体重移動も
不可抗力(良い意味での)
となる訳ですから
正しくクラブを 正しい位置へセット
出来(さえす)れば
オートマチック性は高くなるのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに関連する中によく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

  人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。
 そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が
  「仕方がなかった」
というのがあります。

GOLFsystemWORKS K99


車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます
 どのスピードからは 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。  確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います

自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
            {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。


良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです


☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている   ヘッドターンをしようとしている人の
不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれにアガナウか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです



     自分の側から クラブを見るのではなく
     クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
                   ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一般的なスウィングの悩みの始まり
もしくは、新たな悩みの始まりは
クラブが原因であることが殆どである

imageCA751Q6C

例えば、市販のクラブセットを持っており
ユーティリティクラブやドライバーを
一本だけ買い足す、もしくは買い替えたりすると
 そのクラブ単品が 他のセットと何かの部分
例えば ヘッド重量の割合だったり 重心距離だったり
シャフトの硬さ(ココの原因が一番多い)だったり
ここに違いがあると いくばくかの時を経て
悩みが発生したりする。

硬さを例にとれば タイミングの取り方も
地面に対するシャフトの垂れ方というか 下がり方も
違うので ボールの置き場所や構え方
トップオブスウィングでの魔の取り方
なんてのも そのクラブだけ 変えなくては
なんて話は よく よく 耳にする。

バンカーが苦手 とか フェアウェイウッドが苦手
というのは よく聞く 
苦手クラブ
 だが
その原因の多く 9割以上が クラブになると言って
間違いないだろう

軽いヘッドの サンドウエッヂや
バンス角度や幅の少ない サンドウエッヂ
(ヘッドの軽いのは致命的 ウエッヂの役割を
 殆ど持っていない ただの耳かき)
こんなウエッヂでゴルフを続ければ
バンカーショットは当然 苦手になって然るべし 
だし アプローチだって なかなか上手くいかない。
距離感 と 上手く打つことを 同時に達成
しなければならない訳だから 一番確実性の欲しい
目の前の距離 のショットが ギャンブルになって
しまうのは コチラの目から見ると 必然。

006

バンスが何度だとか 溝がなんだ
なんてのは 単なる飾りと言うか
販売するためのセールストークにしか過ぎず
ウエッヂの命は重量であるし
そこが無ければ 魂は入っていないも同然。
これでは 確かに 練習量 球数次第で
それを失った途端 初心者に戻ってしまう...

クラブの持つ 距離感覚やリズム感は
ヘッド重量と完全に比例するようなモノだから
慣れさえすれば ヘッド重量の重いウエッヂは
オートマチズム性が非常に高い。


001

フェアウェイウッドの苦手な人も少なく無いが
それも クラブのせいが殆ど。
軽いヘッドのFW や 硬いシャフトのFW
で ゴルフを憶えていけば 上手く打てないから
そこには お金を使わないし クラブも替えない。
自分は FWが下手なんだ の一言で終わってしまう。

やはり コチラの目で見れば
そのFWを使っていれば 上手く打てないのは必然だし
長く 緊張感が高く 痛手の大きい FW が
やはり 軽いヘッド、硬いシャフト であれば
偶然というか 奇蹟のような可能性の「ナイス」を
待っているようなモノ…

一度 よく 自分のゴルフクラブを
 調べてみる必要があるだろう…

自分の悩みの大半は クラブが持っている
 もしくは クラブ同士のかみ合わせ が原因である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトをしならせて
 その しなり戻し で
ボールを打とう!
そう思っている限り
ゴルフクラブの機能は
殆ど使うことが出来ない

カタログに書いてあるような
クラブのメリットや特性は
生涯 味わうことも出来ない ばかりか
メーカーや機種を変えたところで
新しくクラブを買い替えたところで
大きな変化は 生涯 訪れない

せいぜい クラブヘッドの重量や
総重量が軽くなったことによる
期限付きの 疑似★運動性能の向上
が 精一杯 だろう

furiko

大きな勘違いをしている
 と思うのだけれど
シャフトをしならせて
 そして しなり戻す  コトが
実際に可能 かと言うと

実際には しなったら
 先端が戻るのではなく
自分では 支点 だと思っている
手元の部分が動くだけ

棒高跳び をする時
ポールが しなって しなり戻るのは
根元の部分を かっちりと固定出来る からで
棒高跳びの競技でいうところの
ボックスが存在せず 平らな地面で行えば
支点部が 前方に移動してしまうだけ で
ポールのしなりを使って
跳躍することはかなり難しいし
出来たとしても 棒高跳びの記録 には
遥かに及ばない だろう。

シャフトをしならせる
というコトは
これからボールを打つであろう
前方方向に支点があり
その後方にヘッド・作用点がある
しなり と言うのはシャフトの材質に
とっては 歪み なので 復元したい
という 運動が生まれる

そのエネルギーが 支点の後方にあるのだ

支点を中心に作用点が運動するには
支点 と言う読んで字のごとく
支える 要するに 止まっている
固定されている部分が必要なのに
その支点を動かしたい と思っているし
その支点の概ね動いていくであろう方向と
しなり によって 支点に掛かる負荷の方向
は かなり 酷似しているのだ

しなり しなり戻り と言う作用は
作用点であるヘッドの運動ではなく
支点部の移動(としての作用・反作用) 
と考えるのが妥当なのではないか


しかも その動きには
今度 ヘッド重量の外力も加わるし
しなり しなり戻り と言う動きには
重心距離分のねじれも加わり
正直 その不可抗力を 計算式 にするのは
そうとう 大変で 僕には出来ない…

それもすべて 支点部
そして それを支えている打ち手に
負荷として 掛かり
その方向は 複雑で 多岐に渡る

スウィングは遠心力
クラブは振り子だ
と考えている人は
この記事を ちゃんと読むことが出来ない
意味も分からない
 というより 分かりたくない
と言った方が正解だと思う

でも これは物理的に考えれば
そんなに難しいハナシではないし
しならせてみれば 分かるけれど
その通りの負荷が手に掛かる

これによって マメが出来るのだから
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クラブのカタログや雑誌上で比較する際、
重心位置 と言う言葉が必ず出てきます。


日本のゴルファーのイメージでは
重心位置というのは スウィートスポット
「芯」で有ったりする訳ですが
舶来なゴルフ と言う意味では
グラビィティ・ポイント
 と呼ばれます。

その グラビィティ とは 重力 を指しますので
漢字の中にも含まれていますが
 重量や重力 そのモノを指している
と言っても 過言ではないでしょう。

その 重心 と言うモノも意味合いの
解釈が非常に重要で これがゴルフそのもの
クラブ扱いそのものを理解する鍵になる のです。

ちょっと 頭を使わないと…
頭の中で汗をかいて貰わないと意味が分からないかも
しれません。

これもHP上とかで 何度も書いていますが
多くのゴルファーは この重心位置 というのが
打撃の際、インパクトの時に
ボールに対し何かの作用をもたらす
と考えている、もしくはイメージしています。

重心位置が深いと…なになに
重心位置が高いと・・・なになに
という言う風に考えている筋があると思うのですが
それが 間違いの始まり です。

IMG_NEW

例えば 重心位置が低いと
ボールが上がり易い と言われています。
それは間違いではありません。

しかし、インパクト時に
重心位置がボールに対して
何かの作用をもたらす訳ではありません

アイアンの場合 ソール(下から)23mm位から
15mm位までの幅で 機種ごとに種類が
ありますが 23mmだからボールに対し
上がり易い作用が少なく、15mmだから
インパクト時に下がり易い作用が働く訳では
ありません。
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

それでは いったい その差は
何を生み出すのでしょうか・・・

少し簡略化して説明しますが
アイアンの場合 重心が低くなると 重心点は
重量物の多く集まったソール部に近づきます。
(逆に言えば 重心を低くするためソールを大きく
 もしくは 重くします)
そうなると アイアンの形状上
同時に重心も深くなり、重心も長くなるので
慣性が掛かり、重心と遠心力が揃おう
とする働きが掛かった時に ヘッドが
前に出る量が多くなるのです。
単純には ロフトが増える ということになります。

ウッドの場合は 形状が異なるので
反対の現象が起こります。

ですから 面白いコトに
低重心でロフトの増えやすいアイアンは
必ずストロングロフトですし
高重心でロフトの増えにくいアイアンは
必ずウィークロフトです。

ですから 実は どちらも同じなんです。

重心距離の長いクラブは
振り難いけれど 飛ぶ と言われます。
それは 重心距離が長い ということは
その距離分 重さが重くなるのと同じです。
ですから 同じヘッド重量のモノに比べ
重く感じる、重いのですから 振り難い。
しかし、トゥダウンが起こり それが直列化
した状態では 長いクラブで打っているのと
同じになりますし、ヘッド重量効果も高い。
だから 飛ぶ のです。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

ですから 重心の効果 というのは
非常に間接的な ボールへの効果 ですし
絶対条件として グリップの延長線上に
重心位置が来る というコトを前提にしています。

ココには 二つの大事なコトが隠れており
クラブの効果 というか クラブの扱い というのは
非常に 間接的な代物 であって
直接的なモノではありません。
スライスの原因が フェースが開いている から とか
腰が開いているから とか ボールを見ていない とか
などと言葉にするのは あまりに稚拙 だと
いうコトになります。

そして クラブは グリップの延長線上に
自然と打点が来るように 扱う
というのが 機能させる大前提になるのです。

その クラブで言うところの 自主憲法 みたいな
部分をスキップして ゴルフを憶えてしまっているのが
現代のゴルファーのような気がしてならないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近のゴルフシーン…
アドレス時、セットアップ時のボールの置き場所は
クラブによって大きく異なってしまう

本来は すべて 同じ
ある共通事項の中で 同じにするべき

比較的 不変であったドライバーのボールの位置でさえ
最近のクラブでは かなり中に入ってきて
PGA男子の中には ドライバーショットですら
ボールを体の真ん中にセットする人も
決して少なくない

tngb

アドレス時のボールの位置の設定の条件
を 考えてみると
まず 第一にボールに当たる もしくは
   届かなければイケナイ だろう

ビギナーの人に 一本クラブを渡して
練習場でボールを打たせておけば
まずは 一番 ヘッドとボールがコンタクトする
場所を模索することになるだろう

ボールとクラブが届くか どうか には
勿論 打ち手のクラブ使いも表れるだろうけれど
優先順位という事では ヘッドの重さ シャフトの硬さ
が先になるだろう

硬ければ 軽ければ クラブの下に垂れ難く
なるのだから その分 動き也 場所也で
補助しておかなければならないだろう

届く 当たる という事に関しても
正しく クラブのメカニズムを知っていないと
クラブその物を選ぶことも出来ないし
いざ クラブを持っても 機能するように
扱う事も出来ない

次には ボールが一番 真っ直ぐ行く場所
ということになる
 真っ直ぐいく というのは語弊があるけれど
自分の目標としている方向
グリーンならグリーン フェアウェイならフェアウェイ
の方に 一番多く行く可能性 のあるボール位置だ

これも ボールが一番 目標の方に行く 行かせる
アドレス通りにボールを飛ばす メカニズムを
知っていなければ 単に経験値と修練 
の問題になってしまうだろう

そして二番目との順序はともかく
 一番 ボールの飛ばせられる場所
という事も 忘れてはならない

多くのゴルファーは
ドライバーは飛ばすモノ
アイアンは飛ばさないモノ

の思っているようだけれど
それ自体が 大いなる間違いで
その考えが 根本的にゴルフを難しくしている

どちらも 飛ばすモノであり
どちらも ある一定以上は飛ばさないモノだ

しかも それは クラブ、主にロフトが
それを振り分けるので 打ち手の仕事は
その場面に適したクラブを選ぶのみ。

ドライバーであっても
自分の定めた距離を打つ道具であって
偶然を狙って 最大飛距離を望むもの ではなく
平均飛距離を狙って
その平均飛距離を 道具や知恵、研鑽によって
上げていくことで その使い方はアイアンと
なんら違いはない

123

話は元に戻すけれど
誤ったクラブ、自分に適切でないクラブ を
使っていると 実はこの3つの問題が
スウィング、体使い、クラブ扱いに
多大に影響を与えていき、それが突然ではなく
徐々に 徐々に 知らず知らずの内に
長い時間と 球数によって 生み出されてしまうので
あまり はっきりとした意識がないから
元に巻き戻すことが大変難しい

誤ったクラブ 自分に適切でないクラブ とは
自分が27ホールや二日連続ゴルフをしても
十分な ヘッドの重さ シャフトの柔らかさ
そして ロフトなどを持っていることで
簡単に言えば 
☆オーバースペック では無い事!

ヘッド重量不足、シャフトの軟度不足 になれば
ヘッドはボールに届き難くなるから
ボールを近く、そして右足寄りに
置かなければならなくなる


これが同時に 
第二の問題 方向
第三の問題 距離
 を同時に解決してくれれば
良いのだが オーバースペックのクラブの場合
それぞれが単独の問題になってしまい
届く 当たる を解決すると
今度は 方向&距離の問題が出てくる

この三つは 単に
☆届く 当たる の高低(上下)の問題
☆真っ直ぐ行く かどうか(左右)の問題
☆飛ぶか どうかの(奥行き)の問題
と 立体 立方体を形成しているに過ぎない

この立方体を綺麗に形成するには
まず 適切なスペックのクラブを持ち
それから クラブを適切に使う事を覚える
という 絶対条件がある
一見すると 難しく感じるかもしれないけれど

届かせるために 
右に置く
右にボールを置くと 左右の問題は右に行きやすく成り
その上 飛ばすための助走時間・距離が足らなく成りやすい
かといって 飛ばすために左に置けば 届かなくなり
届いても 今度はボールが左に行き易く成る

結果、スペックの適切でないクラブを使っていると
ドライバーは飛ばすモノ
アイアンは飛ばさないモノ

という事になり ドライバーは左
アイアンは右にボールを置くことに成り
コースで一打毎に まったく 微妙に違う打撃方法
微妙に違う助走距離、微妙に違うスウィングタイミング
を使い分けねばならず
興奮し、緊張した 現場でのゴルフは
自分の計画通り 混乱をきたしていくことに成る訳だ

また コースでは 複雑に傾斜や風景なども
絡み合い 自身の疲労も進んでいくので
ラウンド中に 気付かないうちに 大幅に
いつもと違うボールの置き場所に成り易い
クラブ毎に 複雑なボールの置き位置を設定している
人にとっては より一層 複雑化していくこと
この上ないだろう・・・

コースで出るミスショットは
 コースへ行く前に 決まってしまっているのだ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長尺化の影響なのか
昔であれば 二極的に 重いヘッド/軽いヘッド
というのが、存在していたのだけれど
現在では 「軽いヘッド」しか 見当たらない。

A:重いヘッド 硬いシャフト

B:軽いヘッド 硬いシャフト

C:重いヘッド そこそこ柔らかいシャフト

D:軽いヘッド そこそこ柔らかいシャフト


一応簡単に解説しておくと
ドライバーで言えば 45インチを基準に
195gより軽いモノを軽いヘッド
 190gを下回るモノが現在は主流
シャフトの硬さで言うと
 振動数250cpm を超えるモノを硬いシャフト
 それを下回るモノを柔らかいシャフト
と規程したとしましょう。

スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

この中で一番関節を痛めるモノは

B、軽いヘッド 硬いシャフト です。

それが 市販されているクラブの半分以上を占めています。

次に体の故障を起こしやすいモノは

D、軽いヘッド そこそこ柔らかいシャフト

と言うコトになると思います。

この二つの組み合わせで市販されている
クラブの殆ど95%以上を占めるのではないでしょうか

一般的に リシャフトする行為 とは

Dのクラスのクラブを B に変えるだけ

中古クラブ屋さんやネットオークションの
ゴルフクラブの墓場に辿り着くことになりますね…


ハードタイプ、アスリートを謳うゴルフクラブの殆どが
シャフトばかり硬く、ヘッドは軽めの小振り
「操作性が良い」とは 
ヘッドの重量化効果が
 少ないと
言う言葉の すり替えの言葉 と言って
 間違いではないと思います。

結局のところ、軽いヘッド というのは
シャフトの硬さに関わらず 「振り易い」 

もっと もっと 振る
もっと 速く 振る

ことを強要する訳ですから
飛ばなくなって来た⇒諸処の事情によって
体力や筋力が衰えた方にとっては
逆効果でもあり、体を痛める原因になります。

また 手首や肘などの関節を痛める
大きな原因になるのが インパクト前後の
ヘッドスピードの急激な変化なのではないでしょうか

アマチュアであっても そこそこ速い人は
時速で言うと 160kmhを超えるスピードがあり
それが インパクトの衝撃で急激に減速する。。。

ヘッドの軽いモノほど、クラブやヘッドソノモノに
進もうとする力、進むことを維持するチカラ
慣性モーメントが少なくなりますので
ボールと言う負荷を受けた時に、
減速が激しくなるのでしょう。

感覚的な部分ではありますが、重いヘッドを使うと
多少 トゥやヒールなどの フェースの端っこで
ヒットしても よく言う ビビったような衝撃を
感じにくいモノですし、重いヘッドから軽いヘッドに
替えて打った時の インパクト時の停止感は拭えません。

何度か計測をした事があるのですが
(シャフト等 ヘッド重量以外を完全に揃えてはいないので
推測の部分もあるにはあるのですが)

弊社でテストできる 最軽量のヘッド と 最重量のヘッド
では インパクト後のスピード差は
時速にすると 6〜10キロ弱有り
科学的とは言い切れませんが 差はあるのは
間違いありません。

最大のスピードに上げたところで 急減速を
衝撃と共に受ける というのは どう考えても
クラブに近い 手首や肘に良いことはない のでしょう

シャフトの硬い・柔らかい
ハミングバード視点で言えば やわらかい方が
良いとは思いますが、少なくとも
小さな関節をいたわってあげるには
軽いヘッドはマズイ ような気がしてなりません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どうも ゴルフクラブは過剰なダイエットブーム
って 感じがしてならない。。。

重心距離はどんどん短くなってきて
10年前の長いタイプのモノから比べると
1センチ近くも 短重心距離のモノも少なくない。

重心距離 そのものが 3センチとか 4センチ のモノ
であるから その 25〜35%に匹敵するモノが
無くなってしまうのも なんだか 変な気がする。

アイアンに至っては どんどんと小ぶりなモノが
普通になりつつあって なんだかなぁ 。。。

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

シャフトの硬いのも 徐々に増しつつあって
それも 動かない と言う意味では ダイエットというか
没個性の世界へ埋没しているような気がする。

003

サンドウエッヂでは バンスの少ないのが主流で
6度〜8度なんて バンスもごく普通になっていて
通常だと 8番アイアンとかのバンス角度・・・

バンスの幅や角度も含め 厚みがあったりすると
跳ねる 地面に干渉するって イメージが強いみたいだけど
そのイメージって あの食器を乗せたまま
テーブルクロスを引っ張りぬく そんな感じなのかしら。

ボールとマット ボールと地面の隙間に
クラブ。。。特にウエッヂは板状の薄い形状だから
その隙間に だるま落としのように滑らせるイメージを
もっているのだろうか。。。

そのイメージだと ボールは上に飛ぶ & 過剰な回転
になってしまい スピードも含めた打撃エネルギーは
非常に距離に対してはロスになり易くなる。

もともと だるま落としは不可能に挑戦とも言える
難しい事なのに 成功したとしても 予定通りの距離が
打ち難い、達成しにくいイメージを持ってはいないのだろうか

006

サンドウエッヂのバンス・・・
ホントはある程度の角度也 バンス幅也が
ある方が 距離が生まれやすい。
飛べば良い訳では無いけれど
少なくともサンドウエッヂで70ヤード位は
打ちたいし 元々ロフトが大きくロス率の高い
ウエッヂには必須条件なのだけれど・・・

バンス角度がしっかりあった方が
多少 いい加減な姿勢で入ってきても
打撃時にバンス角度によって修正されるから
ホントは 12度以上有った方が
バンカー以外でも使い勝手が高いのだけれど…

バンカーで使うのであれば
まずは ヘッドの重量がたっぷりあること

ゴルフを始めた当初に 軽いヘッドのウエッヂで
バンカーで苦労すると 生涯 バンカーが好きで
無くなってしまうから これは覚えておいた方が良いと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボールの飛ぶメカニズム

水平距離に1メートル飛ぶよりも
垂直距離に1メートル上がる方が
6〜9倍もエネルギー・破壊力が必要になる。

長さとの関連も無いとは言えないけれど
故に 
ロフトの大きなクラブは
 ヘッド重量が重たい
 のである。

ゴルフのショットの中では 高さを出すコトが
実は一番難しく それに特化しているのが
ウエッヂと言える。

80060a6c-s

ヘッド重量など ボールを打撃する破壊力
これを ロフト角度や長さによって
距離 から 高さ(含むスピン)に変換 分散させ
距離を制限する... 言い換えれば 距離に対し
意図的なロスを 高さに逃がすのが ロフト
とも言えるので
高さが必要な時、脱出するような場面 に
適したクラブと言える。

逆に グリーン周りなど 手で投げても届く
ような距離で アプローチする場合には
その 意図的なロス を高さに変換する機構が
距離を正確に打つことを難しくさせる

どうしても 使わなければイケナイ場面を
除いて 出来るだけ ロフトの立った
クラブから 選択して行く方が賢い と思う。

消去法で 致し方なく使う場合を除いて
7番〜9番 あたりでアプローチすることを
お薦めします。

7番あたりでアプローチが出来るのなら
ウエッヂに比べ 売り幅も小さくなりますし
刷毛塗 を覚えられれば
当たりの厚み で 結果はされないと思います。

当たりの厚み・・・トップ・ダフリ

よく耳にする話ですが
下り だとか ピンが手前だとか
バンカーを越す だとかの為に
ウエッヂを選択されるみたいですけど

アプローチの最優先事項は
よせる ことではなくて
その場所から 
計算された打数で
カップインさせることです


その場所から そのアプローチショットも含め
3打 でカップインさせる
アプローチ + パッティング2回
であるのなら バンカーを避けたラインに
打って行っても良い訳ですし
手前に切ってあるカップに対し
意図的に オーバーさせ パッティングを2回
すると言うのもある訳です。

また ロフトの立ったクラブでアプローチし
ボールを捕まえる感覚を維持しておけば
そのアプローチは 以降のショットの感覚も
良くしていくと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近では多くは無くなったようだし
クラブのデザインの工夫によって ライ角度が
アップライト過ぎても あまりそう感じさせない
そんなクラブが増えたようです。

スナップショット 8 (2011-10-07 3-14)

最近のクラブは 長尺も増えたお蔭か、ヘッドも軽くなり
シャフトも 15年くらい前の硬さ基準にもどってしまって
います。 悶絶系クラブ以外の 少々市販っぽいクラブを
創らなければいけない場合、非常に選択が難しく
良いシャフトを見つけるのが不可能に近づきつつあります。

それは 兎も角 アップライド過ぎるクラブを持つと
当初はボールが 右に飛び出にくくなります。
スライスに悩んでいる人には 良いのか と一瞬
思いがちなのですが
視覚要素のせいなのか ボールが徐々に近づき
(ボールと自分との距離・間合い)
前傾姿勢も失いがちなります。

また、市販されているクラブで アップライトの
きついモノは 理由は読み切れないのですが
軽いヘッド & 硬い無機質なシャフト が
装着されているケースが極端に多く
軽量グリップが装着され 計測上だけの
スウィングウエィトが出ていて 
あまり ちゃんと考えられているようには
思えないクラブが多いです。

悪く言えば 買った一瞬だけはスライスが
解消されることを目的にしているように見えます。


006

振り回しやすいクラブ と言うコトになるのでしょうか
この手のクラブは 年齢にもよりますが
それが原因で 慢性的に手首や肘を痛める方も
多くおられ 速く動かすコト ヘッドが軽いコト
シャフトが無機質であること などが その原因とも
考えられますが アップライトなクラブの為
激しく 上下に振るイメージも理由かも知れません。。。

その手のクラブでスウィングを憶えたゴルファーは
年齢を取られたときに 距離や安定性に苦労されるケースも
多いようで 出来るだけ早めに気づかれて
シャフトの硬さはホドホドでも ちゃんと質感のあるもの
ヘッド重量はちゃんとしている クラブを。。。
アップライト=右防止ではないので
そこら辺も踏まえて上で 変えられるコトヲお勧めします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヘッドの重さの使い方・・・・???

正しくは ヘッドの重さに使われ方
(なんか変な日本語ですけど)

イメージ の話だけれど
体を動かさず そのヘッドの重さを動かす
と言うコトになると その接続ポイントである
腕でクラブを振る というか 動かすことなるだろう。

体の大きなパーツの中で
もっとも小さな筋肉で しかも直に重さを
持っている部分。。。

動かせば その作用・反作用に勝てない筋力

結局は 一番先端にある 重さに振り回されることになる。

ゴルフクラブは 回転(ローテーション)方向にも
対称 ではない形状をしているから
かならず その非対称さは体への歪みになってしまう。

近年、軽くなったヘッド・硬くなったシャフト
(正しくは 安くなったシャフト) のお蔭で
肘や手首だけでなく、首まで傷めるゴルファーが
少なくない

ssng

本当のクラブヘッドの重さの使い方は
ゴルフクラブの形状や重量配分、ヘッドの形
それを使って、体を動かされるように
することであって、それを理解し、覚えてしまえば
自分で 意志を持ってアクションする必要は
殆どないと言える。

例えば ダウンスウィングと呼ばれる 時間帯で
クラブヘッドの重さを使って
グリップを動かし、そのグリップを動かすことによって
右に有った重心を、左に移してしまう(シフト)
そんな事も可能な 形状なのである。

クラブヘッドの重みで ヘッドを落としてしまったのでは
ヘッドが自分の方へ鎌首をもたげている理由が
無くなってしまうのだ。。。

腕も含め クラブが長くなる
⇔ 自分から クラブヘッドが遠くなる
ことは クラブが重くなるのと一緒で
そこにかかる遠心力も 同時に増えてくる。

トップオブスウィングは
重力に対して クラブが一番短くなる時間帯で
それが 徐々に長くなり
例えば ドライバーショットでは 一トン近くかかる
インパクトの重さを 長くなったクラブの
遠心力が 自分の体の回転を補助し
その重い重さをどかしてくれる 訳だ。

それを インパクトまでに クラブを長くしてしまい
遠心力を使ってしまったのでは
その 円軌道は 外に引っ張られてしまい
円の軸点は 右にずれてしまうし
その重さと筋力は 打つ前に闘うコトになってしまう。

クラブをインパクトまでに長くして
横であっても 縦であっても 斜めであっても
円に 腕で振ってしまっては
クラブが重くなってしまい 長くなり 更に重くなる

そうなれば 自分の体に対し
右側に 重さが発生してしまうから
自分の意志で体重を左にシフトしたくても
その「おもり」があなたを引きとめる。。。

ドラムショット


ちょっと 分かり難い表現かもしれないけれど
ゴルフクラブを動かす その不可抗力に
よって よくも悪くも あなたは動かされてしまうのだ。

ゴルフクラブのその重量配分と
形状をよく考えていくと
自分がどのように動きたいか ではなく
どう動くために クラブをどこの位置に置くか
どの姿勢にしておくか と分かるようになってくる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大分 下火になったというか
忘れ去られ気味になった話題 「反発係数」

ま これの源流になった考え というのは
インピーダンス理論 といって
ボールと激突物(ヘッド)の固有振動数が
近ければ 近い程 破壊エネルギーに
距離へのロスが少ない というコトなんだけれど

ボールと金属との 歪み率(ヤング率)には
その種類等によって差異はあったとしても
150倍以上の差がある

こう考えてみると良い
4階の高さから 人間が飛び降りる…
  
…当然 実験はしないように!

落下地点が金属状の地で出来ている
それが ステンレスであったとしても
チタンであったとしても 銅であったとしても
致命傷である。その差はほとんどない。

しかし 少々細工をして
しなっても破損しない金属の板を
スプリング等で空中に浮かせるよう
ある程度吸収させる仕組みを作ると
致死率やケガをする率は激減する
そんなところと考えてよい


その効果は 250ヤードの距離に対し
プラスマイナス 数ヤードの範囲の差…
何の意味があるのか…

006


しかし そこにも クラブの使い方が
隠されていて その板で ハエを叩くように
ボールを打てば その歪みの意味も少ない
固定されたような向きのまま 移動するから
その効果があるのであって
それを「ヘッドを返す」動きにしてしまえば
その 反発係数の意味もほぼ薄れてしまう。


また 驚きなのかも知れないけれど
ゴルフクラブ史上 最大の反発係数を誇るのは
なんと パーシモンヘッド なのである。
反発係数の ルール上限は 0.83

これは単純に 1メートルの高さからボールを
落とした際 どの位跳ね上がるか と考えてよい
0.83は 83cm

パーシモンは どの機種も楽々 0.90 を超える
まぁ 反発係数のルールは 単純なる利権の問題で
ルール制定の理由の後付として 反発係数なる
言葉が創られたのだから この事実は永遠に伏せられる


SLE ・・・スプリング ライク エフェクト
とは ずいぶん面白い言葉で
「ばね のような効果」ということだけれど
のような と 効果 は似たニュアンスの語彙で
この用語が 如何にあやふやか
表しているようなきがしてならない
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

初めてご来店される お客様のクラブ診断 を
すると 沢山の秘密が分かったりします

多くのお客様、ゴルファーは多様な悩みを
持っていますが、それの大半はクラブの事が
少なくありません。


バンカーショットが嫌い

バンカーショットが苦手


という ゴルファーは多いのですが
それの殆ども ウエッヂのせい だったりします。

IMG_0002

現在のクラブが そうかも知れませんし
ゴルフを覚えた頃、コースにデビューした頃の
ウエッヂに原因があって、トラウマのように
なってしまうコトもあるでしょう。

女性がバンカーを苦手とするケースの
殆どが 軽いヘッドのウエッヂで
バンカーショットに挑んだことが原因でしょう。

ヘッド重量 290g程度の
短めの34インチとか 34.5インチの
ウエッヂで バンカーショットにトライすれば
ボール以上に質量をどかさなければイケナイ
バンカーショットが上手くいかないのは 必然
とも言えます。

半インチで8g 1インチで16gは必要です。
一般的な290gのウエッヂヘッド 
35.5インチを使う男性にとっても
決して 必要十分と言えず 軽量ヘッドに属します。

それが 1インチも短いクラブで使う
非力な女性となると バンカーのアリ地獄に
陥るのは必然と言えるでしょう。

0d06b52b

**宣伝になりますけど 365ウエッヂの
  その数字は ヘッド重量を指します



フェアウェイウッドにも セッティングの穴
というか 問題も垣間見えます。

ドライバーやアイアンに比べると
フェアウェイウッドは使用頻度も低いので
割とおざなりな状態で セッティングされていて
さすがに もう パーシモンの方はいない?
と思うのですが 15年以上前の
キャロウェイ ウォーバードなんかも
よくよく見かけます。

最近のゴルフクラブのセッティングには
一つの傾向がありまして
スウィング破壊兵器である 軽量スチール
が セッティングの中心となっている為
より一層軽いヘッドが使われています。


スチールシャフトは単一素材である為
負担のかかる しかも シャフトの細くなる
先端部分が肉厚になっており
シャフト単体の先端部が重くなっています。


その為 装着される ヘッドは
従来のグラファイトのモノに比べ
長さ分も含めると 
15〜20g
 軽くなっています



軽量スチールは 強度維持の為
手元部分を軽量にしているので
その傾向(ヘッドが軽くなる)は
増しています。

最近では その 先端が配分として重くなる
シャフトが主流。。。コストがさらに安くなる
ことも それに拍車をかけているのでしょうが
ウッドのグラファイトシャフトも
それに合わせた シャフト重量配分に
なっている傾向が強まっています。

軽いヘッド 先端部の補強度合の強いシャフト
⇒ 振り応えで言うと 硬く感じるシャフト です
撓りを感じにくい ヘッドを感じにくいシャフト
と言って良いでしょう。


本題に戻りますが
10〜15年位前の ゴルフクラブの傾向は
今に比べると シャフトも柔らかめなモノが多く
(先端を緩め 手元を締める 今とは反対のモノ)
ヘッド大型化 全盛期でしたから
重心位置もシャフトから 離れたモノが
少なくありませんでした。

ドライバーであれば 今の方が大きい ですが
フェアウェイウッドの大きさは
もしかすると 当時のモノの方が大きいかも
知れません。

ヘッドの効いた感じのシャフト
ヘッド自体も重心の離れたタイプ

そんな フェアウェイウッドを

現在の 軽いヘッド 先端の締まったシャフト
と組み合わせれば
ヘッドが重く感じ ダフッたり スライスしたり
と ミスを多発することになるでしょう。。。

それが 今の ユーティリティ全盛 を
生んでいるのかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフというスポーツの 他のスポーツとの一番の相違点は
騙しあう事が 勝負を左右しないことにあると思うのです。

サッカーやバレーなどで 行うフェイントは
相手をだます技ですし 野球だってピッチャーの配球は
いかにバッターを騙すか と言うところは否めないと思います。

確かに ゴルフでも マッチプレーなんかは
番手通りの距離を打たないようにしたり も しますが
基本論は 誰かを騙す必要のない
自分一人で闘い 楽しむ娯楽なんだと思います

しかし この間 男子のメジャートーナメントを
見ていて 多くの選手が素振りしているのを目にしました。
インパクトの手前 ダウンスウィングの途中の部分を
多くの選手が繰り返し 繰り返し 反復練習しているのを
目にしたのですが それを見る限り
一体全体 この選手は クラブヘッドのどの部分でボールを打ち
どの方向に飛ばそうとしているのか まったく読めない
そんな動きをしているように見えました。

eroo

テニスやバトミントンの類であれば
ボールをどのように どの方向に打つのか
読ませないのは重要?なのかも知れませんが
基本的には 誰も邪魔しない ゴルフのショットで
ボールの方向や球筋の決まる ホンのコンマ何秒か手前の
場面で 打つ場所と打つ物をつなげないような素振りに
何の意味があるのか 僕にはさっぱり理解出来ません。

その選手の素振り途中で言えば
ソールでボールを打とうとしているのか とさえ
思ったほどで その反復練習をした後で
フェースで ボールを打つのであれば
何のための 事前練習だったのか さっぱり分かりません。

日本の多くのレッスン書などを読むと
静止画では 確かにそう見えるけど
実際にアクションとして 動くことを前提にしたら
そうやっておいたら そうはならない
という事が理解出来ていない 教え手は多いように見受けます。
言葉は間違っているかも知れませんが
モノには作用・反作用 みたいな部分があり
道具を使えば 俗にいう不可抗力みたいなモノは
素手・空手よりも 複雑に増幅する訳で
それを計算にいれ クラブって こういう外力を生むから
こう動かすと 結果として こうなるよ!
って 教えている「教え手」が全くいないように見えるのです。

まるで 魔法のように 自分さえこう動けば
クラブも何の外力・不可抗力も生み出さず
一緒になって こう動きますよ って教えている打撃論では
当然 外力・不可抗力を抑えるためのクラブ
ヘッド重量 ヘッド体積 重心距離 シャフトの硬さ
要するに 自分の動き以上に 動かないことが
最低条件 になってしまうと思うのです

僕は元来 怠け者 ですから
道具の機能は道具にやらせ
出来るだけ少ない運動量・動作で
効率よく 遠くに 正確に そして繰り返し
ショットしたい訳で
必要以上に あまのじゃくなのかも知れませんが
何でも 自分の運動性能に頼って ショットする事が
粋なゴルファー には感じないのです

意図的に 誰かを騙すつもりはないんですが
まるで 魔法みたいに ゆっくりした 少ない動きで
遠くに飛ばすのって カッコいい じゃないですか?
だって 僕らの時代のプロ って言ったら

「なんで プロって あんなにゆったり
 振っているのに 飛ぶんだろう?!」


って合言葉じゃなかった ですか?

良い意味で 振り加減と距離が一致しないのが
プロの証 で 今みたいに 逆の意味で
一致しないのって 素人の証 じゃなかったでしたっけ?

飛ばすことの魅力は ゴルフのすべてと言っても
決して過言ではないと思います。
何十年か振りでの 同窓会ゴルフで
やっぱり 距離 負けたくないじゃないですか 誰にも。
でも いい年齢になって
体の故障や痛みを顧みず 無茶振り するのは
ちょっと 頂けないですよね 正直には。

サラッと 振っているけど ちゃんと飛ぶ
しかも 弾道も ただ無闇に上がるんじゃなくて
低めの球で ランもあり 風にも強いプロ球

いい歳して 9度のエックス を自慢にしているより
12度の トリプルL(レディース)
誰よりも飛ぶのって ちょっと快感?!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ