◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2014年08月


アイアンの軽くて、硬いのは悲劇の始まり・・・
IMG_0061



シャフトの硬さ
それを計る目安として 
振動数
 と言うのがあります。
シャフトを計測器に固定し、運動させ
一分間にどの位振れるか を計測します。

ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713


硬いものほど、動く幅が少ないので
細かく動きますから、往復サイクルは『回数』として多くなります。

数値としては
一分間に 100回〜300回 位でして
それを 300cpm(サイクルパーミニッツ)と表示します。

大体、平均値として
10cpmの差を ワンフレックス としています。


現在、市販のアイアンシャフトは軽量スチールシャフトが中心です。
概ね ゴルファーは初期段階、アイアンによって
スイングを学び、作り、ゴルフを憶えます。
正直、軽量スチールからゴルフを始めた方は
 悲 劇 だ  と思います(>_<)

異様に軽いヘッドの付いた
異様に硬いシャフト。。。
ヘッドも小さく、
ロフトも番手のすり替えに近いほど
ストロングになっているアイアン。

ゴルフクラブそのモノに破壊力、打撃力の少なく
それを補うための ストロングロフト???

撓らないシャフトを撓らせるスイングを憶え
ヘッドが軽いので、振り回すスイングを憶える。

ロフトが必要以上に立っているので
ロフトを寝かすことを憶えるので
バンスがあると、その機能を使えなくなる。

総じて、シャフトを撓らせるスイングや
ヘッドを振りまわすスイングでは
ダウンスイングの早期段階で 体は上を向きます。
(左サイドが上がり、右サイドが下がる)

そうやって打たないと打てない 軽量スチール装着のアイアンでは
ボールは中〜右に置かないと届きません。
ドライバーと違い、ボールが地面に有るからです。
となると、ボールを左に置くドライバーとは
タイミングなどを含め、色々なモノが大きな違いになります。
より練習は必要になるというコトです。
スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)


元来、ボールをつかまえる ことは
ボールを上から打ち、フェースを地面でボールを挟み
球体で有るボールは ロフトと言う逃げ方向へと
飛び出すもの(イメージ)ですが、
ボールを上から打つことを憶えられない
軽量スチールシャフトアイアンは
スイングの基本を無視することになります。

また 人間の動作としては、無視してよい
トゥダウンよる『ヘッドの下がり』・・・
本当は意識する必要のないこのクラブの機能によって
地面など、低いところに有るボールを拾う のですが、
ヘッドが軽く、シャフトの硬い軽量スチールシャフトのクラブは
その「クラブの機能」が希薄、というか
殆ど無いと言ってよいでしょう。
となると、そのスイングには無かった筈の機能を
行為、動作、テクニック としてしなければならなくなります。

ヘッドは振らないのに、振らなければ飛ばない
下に振らなければ当たらない という二重の罠にハマることに
なりますし、動作を”必要以上に”早くしない限り、
飛距離を伸ばすことが出来ません。

ヘッドが軽い ということは
モーメントが低く、クラブの移動と言う運動を持続する力が
少ないという意味です。
☞インパクトでスピードの低下が顕著になります。。。
シャフトが硬い というコトは、衝撃の減衰力が少ない
と言う意味です。
インパクトで掛かる衝撃を打ちぬく のが ショットな訳で
打ちぬく力の少ないヘッド重量
減衰力の少ない硬いシャフトは
無理な動作、必要様な動作を強要する上
衝撃も大きいのですから、故障の原因に成り易い。。。
その衝撃は必要以上に少なくないです。

私、それ以上の年齢の世代は
根性スポーツ、部活を体験していますから
うまく行かなくとも、多少傷みが伴っても
中途で辞めることは少ないのですが、
傷みの伴う「軽量スチール」でゴルフを始める若者には
少なくない「ゴルフリタイア組」がいます。

痛くて、うまく行かない、飛ばない のであれば
魅力のある遊びに成り得ない。。。 ですね(>_<)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの硬さ
それを計る目安として 振動数 と言うのがあります。
シャフトを計測器に固定し、運動させ
一分間にどの位振れるか を計測します。

ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713


硬いものほど、動く幅が少ないので
細かく動きますから、往復サイクルは『回数』として多くなります。

数値としては
一分間に 100回〜300回 位でして
それを 300cpm(サイクルパーミニッツ)と表示します。

大体、平均値として
10cpmの差を ワンフレックス としています。

市販のシャフトで言うところの
SRを基準とすると
SRが 
190cpm である場合、
 Sが 
200cpm
 Rが 180cpm と考えて頂くと良いかと思います。

735007_165494646934494_2124497929_n

市販のドライバーで
アスリート系のモデルであれば
45インチで 基準値であるSRは   250cpm 位
シニア・エンジョイ系のモデルであれば 230cpm 位 です。

後付けのリシャフト系のスポーツモデルであれば
 基準値のSRで 260cpm を超えるモノも少なくなく
同じ SR であっても、シニア・エンジョイ系のドライバー
シャフトより、リシャフト、スポーツ系のシャフトに
シャフトを入れ替えた場合、振動数は 30cpm
3フレックス分も跳ね上がりますから
 SR から X もしくは XX に替えたのと同じになります…
殆ど良いことは無いでしょうね。

482426_165494683601157_1747186060_n悶絶クラブと呼ばれる
弊社・ハミングバードの
ドライバーシャフトの振動数の
平均値は 150cpm前後 です。
ヘッドの重さも重たいですが
その分、長さも短く、
その方、その方にもよりますが、大体 43.5インチ
今、主流になりつつある市販のクラブ 46インチから比べると
スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)6センチ位。。。指3本分位 短くなります。

市販のクラブと比べると
振動数で 80〜100cpm
フレックスで8フレックス以上柔らかくなるのです。

多分、想像以上だと思います。

最大で 限りなく100cpmに近いモノまで
テストしている私の立場で言うと
市販のクラブは 
「異様に硬く」
SRを Rに変更したところで
殆どなんの差も生まれません。

特にリシャフトをして、より硬くした場合
シャフトの運動性能が減る訳ですから
より 打ち手、人間の運動性能が問われます。

また、硬くしたほど、打撃の衝撃減衰力は失われますので
体への色々な意味での負担は増えるでしょう。

遠くへボールを飛ばしたい

と言う気持ちは、永遠のゴルフのテーマですし
その気持ちは大切です。
しかし、同時に

思った方向へ飛ばしたい

というのがある訳です。

BlogPaint



よくゴルフのブログや動画などで
「シャフトの撓らせ方」
「シャフトの撓り戻し方」
を見かけますが、
撓らない 硬い シャフトを撓らせて使うコトは
撓らない 硬いシャフトを使って「遠くへ飛ばす」テク
だと思うのですが、
それは同時に「思った方向に飛ばす」と反目する方法でもあります。

余程、練習をコンスタントにするゴルファーを除けば
硬いシャフトを使って
遠くに飛ばす と 思った方向に飛ばす は
いつも 天秤の様な関係にあるのだと思います。


撓らないモノをしならせるのなら
撓るモノをしならせない 方が
遠くに飛ばす と 思った方向に飛ばす を両立できる
チャンスが多くなるのではないでしょうか…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ