◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2014年07月


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社のオリジナル アイアンには
 基本 4種類のウエッヂが用意されています。
(一応 PWもウエッヂと分類し)

✪PW ロフト角度45度〜47度  バンス角度9度±1
 ヘッド重量 最大355g

✪PS ロフト角度51度〜53度  バンス角度12度±1
 ヘッド重量 最大365g

✪SW ロフト角度55度〜57度  バンス角度15度±1
 ヘッド重量 最大372g

✪LW ロフト角度58度〜60度  バンス角度12度±1
 ヘッド重量 最大365g
003


 あまり登場頻度は多くありませんが、
LW・・・名称上、ロブウエッヂとなっていますが
基本 サンドウエッヂ…バージョン2 のような存在です。

ソールの作りも 用途に応じ、単一ではなく
PSとSWは 基本同じようなソール幅でバンス角度を変え
SWとLWは LWの方をバンス角度を減らし
 その分、ソールの幅を取り、ヒールの削り(落とし込み)
 も多めにしています。


弊社のウエッヂシリーズは
 ある程度、正しく使える人にとっては
バンスが張っているので、距離が出る(飛ぶ)のと
安定した距離を得やすい のが特徴かと思います。

ただ、LWに関しては わざと飛ばずに
やや抜け気味になるように設定しているので
飛ばさないショットの必要な方にとってはお薦めです。


ウエッヂだけでなく アイアンヘッド全体に渡って
ヘッド重量が超重量級です(今更ですけど…)。
巷で言われる 重めのヘッドのパターよりも
重いウエッヂと言えますので、
ラフやバンカーなど ボール以外の質量物を
一緒にどかさなければいけない状況にとても強く、
いままで バンカーなどが苦手な方、力の無い女性などには
とても好評を博しています。

005

 何かの話題になる 溝 ですが
ごくごく普通の ルール適合品です。
ま、でも その溝がもたらすと言われる
グリーン上でのスピン効果ですが、
世にあるどのウエッヂよりも スピン効果は高い!
と思っています。
スピンは溝が作り出すのではなく、
水はスピンを減らさないためのもので
増やすものではありません^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


番手構成・・・
楽しくもあり 難しい悩みというか、迷いですよね。

それぞれの方の弾道質、高さとか
良くいかれるコースの距離やタイプなどによっても
異なって来るかと思います。

取り合えず ロフト毎
 弾道の性格ごとに羅列してみますね、参考までに。

004

1W
 ✪オリジナル GR−14
   打ち出し低め スピン少な目
 ✪ベガ RAD-03
   打ち出し普通 スピンふつう〜多め
003

  
3W✪コンセプト W422V
  14
  16
  17
5W✪コンセプト W422V
  19
7W✪コンセプト W422V
  22
9W✪コンセプト W422V
  25
11W✪コンセプト W422V
  28
s_811-4

UT✪ミステリー HT811
  3-19
  4-22
  5-25
  6-28
  ⇒打ち出し角度高め スピン少な目
1926891_290033057820099_1047132286_n

  ✪ベガ VU-03
  2-19
  3-22
  4-25
  ⇒打ち出し角度低め スピンふつう〜やや多め

アイアン✪オリジナル HBS-10改
(±は誤差と言う意味でなく、製造許容範囲)  
  25±1 (基準番手4番)
  28±2
  31±2
  34±2
  38±2
  42±2
  46±2
  51±2
  56±2
  58±1


⇒個人の弾道質として
 特に低くも、高くもなければ
1W GR-14 11度
3W-16
5W-19
7W-22
UT#4-25 ベガVU-03ユーティリティ
アイアン #5-28 から SW まで

 こんなかんじでしょうか
cea9c3ea


⇒弾道が低く スピンが少なめな人は
1W ベガ RAD-03
3W-17
7W-22
UT #5-25 ミステリーHT-811
アイアン #5-28 からの SW
これを基準に
9Wをいれ 、UTを5番ではなく6番で
アイアンは #6からの構成 っていうのも
イイのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



正直 弊社の「L型ブリストルパター」は飛びます。
空を飛ぶって意味じゃないですけど…

これって 実は絶大な安定度を作れるんです。
何故かって?
ストロークを小さく、遅く出来るからです。
d4a3aa3c


よく 弊社では、アプローチに
ウエッヂじゃなくて、8番とか9番を使おう!って言う
最大のメリットはストロークを小さく遅く出来るから です。
40ヤードをウエッヂで打つのには
そこそこ振らなければ、場合によっては
フルスケールのスイングにしなければなりませんが
使えるのであれば 7番なら
その半分以下のスイング、スピードで十分届きます。
スイングやストロークを遅く出来る
遅くしても届く と言うのは、安定させるための
絶対条件になります。


このパターで打つ ボールの転がりは非常に独特 です。
ゆっくりなスピードに感じると思います。
ゆっくり転がっても、遠くまで転がります。
とても自然な感じ です。

使い始めは 止まり際の伸び を感じてしまうかも
しれませんが、3ラウンド程すれば 慣れてしまうと
思います。
それは伸びているのではなく、今までのパターだと
減速しているから、そう感じるだけです。

ゆっくり、だけど遠くまで転がる
というのは、飛ぶパターだと 怖そうに感じますが
実は下りのパッティングや高速グリーンで
非常に真価を発揮します。

749d4652




そうですね
ちょっとだけ慣れて貰わなければならないのは
非常に直進性が強い というコトです。
余程、ポテトチップの様なグリーンとか
真横からのパットでない限り
ワンピン…3m位のパッティングは
カップを外して、狙う必要は無いかも知れません。

同じライン、通い慣れたグリーンであっても
今までの半分程度の曲り で良いかと思います。

曲線でなく、より直線で狙える というのが
より距離感を掴みやすくさせるのだと思います。

カップまでの見た目通りの距離 を打てば
良いので、余計な道のりを計算しなくて良いのです。

a08683cdストロークのコツ ですが
この構えた時の陰影通り
動かしてください。
ここで引いた線はアバウトですが
動かす方向の陰影の方向に移動させる。
その時、パターヘッドを動かす のではなく
シャフトをスライドさせる というか動かす というコトです。

移動させる方向をイメージさせる
パターに限りませんが、クラブヘッドの
形状、見た目の最大の機能です。
ここにデザイナーの能力が発揮される のでしょうね。
パターだけではありませんが、ヘッドは回転させて
つかうものでは「決して」ありません。
その陰影の方向に、その姿勢のまま スライドさせることが
ポイントになります。
ちょっと 極端な言い方ではありますが、
テークバックは右ひじを曲げます。
肘が曲がる というコトは腕が短くなる
というコトなので、クラブヘッドは自分に近づいてきます。
腕を伸ばしていくことによって、パターが離れていく。。。

ボールの手前側から、外側に
意図的にフック回転を掛けるような そんなイメージです。
・・・あまり極端だといけませんが。。。

平面上で言えば、パターフェースは ずっと
同じような方向を向いたまま そんな感じです。

そう これも憶えておいて欲しいですが
人間が動かせるのは グリップ だけです。
ヘッドはその結果、動くに過ぎません。
グリップとヘッド
必ず同じ運動量、同じ方向に動かす
そんなイメージは非常に大切だと思います。
 ショットも同じです。

d4a3aa3c


この「L型ブリストルパター」は
背面に キャビティの様な削り込みが入っています。
打った後に、そのキャビティ部分が見えるように
ボールの上っ面をフェース面でなでていくような
そんなイメージを持って欲しい と言うデザインです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


在庫は残り少なってきておりますが、
ハミングバード定番「L型ブリストルパター」です。
009

ウッドシャフト、アイアンシャフトの柔らかさ進行
に伴い、パターシャフトも再度 柔らかいものをつくりました。

長さ 34インチを基準にした場合

 従来モデル 振動数175〜190cpm
    
 新シャフト 振動数150〜165cpm

に下がりました。

009

こちらも アイアンと同じく(写真上から)
 ✪ テフロンブラック
 ✪ ボロンブラック
 ✪ パールクロム
 ✪ Wニッケル
を用意しておりますが、各種類在庫が少なくなって
来ております。

ハミングバードチョイス◆Lgata 

在庫は残り少なってきておりますが、
ハミングバード定番「L型ブリストルパター」です。
009

ウッドシャフト、アイアンシャフトの柔らかさ進行
に伴い、パターシャフトも再度 柔らかいものをつくりました。

長さ 34インチを基準にした場合

 従来モデル 振動数175〜190cpm
    
 新シャフト 振動数150〜165cpm

に下がりました。

009

こちらも アイアンと同じく(写真上から)
 ✪ テフロンブラック
 ✪ ボロンブラック
 ✪ パールクロム
 ✪ Wニッケル
を用意しておりますが、各種類在庫が少なくなって
来ております。


 

L型ブリストルパターの最大の特徴は
やはり そのヘッド重量にあります。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。

470gを超えるヘッド重量は
さまざまな恩恵をもたらします。
007

まず ストロークの始動が簡単になります。
比較すれば 非常にわかりやすいのですが
軽いパターヘッドでは 自分自身がずっとパターヘッドを
動かさなければならなく、なかなか始動するきっかけが
掴めません。
このヘッド重量があれば パターイップスには
ならないと思います。

次に 重量、重心が見た目通りです。
そのおかげでストロークが非常にスムースに出来ます。
どういうことか というと
昨今流行っている 重心の深い、モーメントの高い
パターヘッドは、理屈上は重心が深いとわかっていても
いざ ストロークする段になると、人間は
打面であるフェースに意識が行きます。
その打面よりも重心が何センチもずれたところにあると
動かしたヘッドに対し、遠心力などは
重心のかかるが故に、重心部が膨らもうとする
働きがかかり、結果 ストロークがループすることに
なってしまいます・・・。
2595cdb2

パターは特に 空へとボールを飛ばす必要がないので
重心が深い。。。とか 重心が低い というのは要らないもの。
フォローが出るから なんていう謳い文句にのっとって
重心が深いもの、慣性モーメントの高いものを
選ぶ人が少なくないようですが
うまくいっている人を見るのは少ないですねぇ・・・

もしも フォローが出るというのであれば
重心が深いが 重量が軽いものと
重心は浅いが 重量の重いもの
いったい どっちが そうなんでしょうね…。
c534b357

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は抜群です。


ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
そんな直進性能を持っています。

意外かもしれませんが、下りや速いグリーンにも
非常に強く、万能選手とも言えますし、
ラフがないような冬の芝状態であれば
グリーン周りからのアプローチにも威力を発揮します。



 



      
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ