◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2014年07月


カメラ設置出来ました。
967
自分の上からの映像というのは
なかなか見るコトが出来ませんよね。
コチラでは常設でセットしてありますので
いつでも簡単に見ることが出来ます。

意外に自分の回転や体の向きを
どのようにやっているのか 掴み難いモノで
向きと軸足の関係が正しいかどうか
自分の重みというのがどちらの脚にかかっているのか
本当は回転の軸になるのは
背骨なのだけれど、それが感覚としては
掴み難いものなので 体の厚みに対して
真ん中に仮装の軸を作ってしまっていたり。。。
fromsky-513フレームショット
体を傷めないように
クラブの効能を出来るだけ利用出来るように
スウィング(クラブ扱い)を改善して行く上では
今の自分がどうなっているのか
知るのはとても大切なことです。

誤解しやすいのは 動く映像(動画)において
このアングル
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
にはヘッドの作る円弧というのは存在しません。
このアングルでは ヘッドは画面上
斜めの線を作るだけです。
このアングルでスナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
傾きがあるから かすかに円弧が見て取れるのです。

円弧の基本アングルは
スナップショット 1 (2012-11-04 15-41)
このアングルなのですから
この何かを使って 円弧を描いていくのか
というのが 理解しやすいのではないか?!
と思います。

是非 ご利用下さいませ。

お問い合わせ・ご相談は
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤 まで

ゴルフクラブ・スウィングに関します
どのようなお問い合わせ・ご相談でも
結構です。 お待ちしております

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フルショットではないショットに対しても。。。いや、フルショットでないからこそ
よりヘッド重量は重要で、距離感に対しては絶大な威力を発揮します。

ロフトを寝かして、ロフトを増やして 打つ人にとっては
ヘッド重量増量は
 インパクト前の不意の重量の増加によるダフリやトップ
ミスを誘発する要因になりますが、完全ではなくとも
ロフトを立てられる傾向にある人にとっては
安定したスピンやミスの軽減にもつながるような気がします。

刷毛塗り、そしてヘッド重量の増量によって
よりナチュラルな、手で投げたような、人間の自然な感じに近いスピンに
なってきたような気がしますし、
より小さなテークバック(スウィング) ゆっくりしたスピードで
ボールが打てますから 安全度もより高くできると思います。

数メートル だけ 打ったとしても
このヘッド重量とシャフトの硬度(軟度)であれば、充分にも十二分にも
ボールは潰れてくれるので、それだけでも楽しい

ボールを潰せる楽しみは、ゴルフショットの最大の楽しみ

と個人的には感じているので ヘッド重量の増加はそのまま
楽しみの増加 とも言える。

 メーカーがヘッド重量を増やさない理由がよく見えてくる。。。
 ヘッド重量を増やすということは シャフトの強度増加 に直結するので
 コストを気にする大手メーカーはなかなか そこに手を入れにくいし
 ハミングバードのように ある種 柔らかさと強度 という相反する
 シャフトがこの世にないので ヘッド重量増加は シャフト開発と
 同時進行なのだ と痛感させられる日々である。。。

MOL061_Sc

このパターやアプローチなどの 明らかに振らなくていいショット を
軽いヘッドで始めてしまうと ここから「ヘッド振るショット」を覚えてしまうのだろう

目の前の グリーンなり、カップに対し 安全に、確実にボールを打ちたいのに
振り子で打ってしまうと ロフトも方向も そして一番アマチュアに多い
ダフリやトップのミスとの戦いになってしまう。
それがわかっているのに、ヘッド重量が足りないと本能的になのか
ヘッドのスピードを増やし、ヘッドを振ってしまう。。。
ミスは自分の腕前と誤解して、練習でそれを補おうとする ことになる。。。
日本人らしい と言えばそうなのだけれど。

距離感に関しても 肩の揺さぶり なんて 正直 難解中の難解だし
手首なんて、クラブの重さの影響を受けやすく 小さな弱い筋肉だから
お勧めできないし、多くのスポーツの場合、特に投てき(投げる)に関しては
肘使いによって微妙な距離感を形成するものだと思う。

パターも含めた 小さなショットの場合
クラブをもった左手、もしくはクラブを進行方向に右ひじで押してあげること
決して クラブヘッドを押してあげることではない
多くの人が 肘を伸ばすと シャフトの角度が変わってしまう
(左手を支点にシャフトの角度が変わる⇒手首の角度が変わる)

その練習は テークバックを取らない方法で覚えるのがよいと思う。

肘の使い方 を覚えることが クラブ扱い の第一歩ともいえるので
まずは まずは 肘を閉じないテークバックを身につけることをお勧めします

クランチ 肘を外に張る 上腕を上げる どちらにしても
肘を 腕を一直線上で曲げるのではなく 肘をその線上から外すことで曲げる
腕立て伏せの方法。。。ここがクラブ扱いのカギであろう

そういう意味でも 軽いヘッドだと手首でクラブ扱いや距離感を身につけることを
必然的に 覚えてしまうのかもしれない
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


言葉や文章では非常に言い表し難い ですけれど
ボールをつかまえるとは、単純に球体であるボールの
逃げ場所を失くしてしまうコトです。

その上で、ひとつ大きな勘違いをしているのでは
と思うことがあるのですが。。。

IMG_0006

ロフトとは クラブの持つ破壊力を
特別なテクニックを要さずに
距離の打ち分けをする クラブの機能 です。

*注意
ココにも勘違いがあると思うのですが
クラブの長さによって ヘッドスピードが
距離の打ち分けを作っている と考えている
ゴルファーは少なくないと思うのですが
例えば考えてみて下さい。

クラブを使って 氷の塊を壊そう とする
とします。

39インチ 230gのヘッドの3番アイアン
35インチ 300gのヘッドのウエッヂ

どちらが 壊しやすいと思いますか?

水平方向に対し 垂直方向
そしてスピンは 同じ1m増やすのにも
数倍破壊力は必要とします。

ですから 低い球で170ヤード飛ぶ
3番アイアンよりも 高い球で 数倍の
スピンの必要なウエッヂの方が
ボールを打撃するエネルギーは必要なのです。

それに長さによる スピードの差異を
加算したとしても 殆ど破壊力は変らない
もしくは やはりウエッヂの方が上 です。

5381cd3c-s


話を元に戻します。

ロフトとは クラブの持つ破壊力を
特別なテクニックを要さずに
距離の打ち分けをする クラブの機能 です。


です。

ロフトの角度は クラブの機能 です。
ですから 使う側の仕事 ではありません。

立ち方の際、(アドレス・ポスチャー)
ロフトに応じて ライ角を考える
というのが 最初で最後の そして最大の
使う側の ロフトに対する仕事 で
一旦 動作が始まったら
願わくば 全てのクラブを
ロフト ゼロ度… シャフトと平行
ロフトゼロ度と考え 扱って欲しいのです。

アドレスでの対応を除けば
すべてのクラブを ロフトを無視し
扱って貰いたいのです。

ちょっと 伝わり難いとは思うのですが
多くのゴルファーは ロフトに沿って
振ろうとしています。

特に ロフトの大きな ウエッヂなどは
その例が顕著です。

よくある光景なのですが、
クラブを持たず ゴルフショットやスウィングの
会話をしている際、ウエッヂなど
何気なく ヘッドの軌道に沿って
ロフト・フェース面でなぞる
そんな 素振りを見かけるのです。
ゴルフショットが ソールで打撃するのなら
いざ知らず フェース で
ボールを打つとなると その素振りは
ロフト90度 ロフトの無いクラブで
打つのと同じになってしまいます。
動かしている軌道にたいする ロフトが
稼働、動作ロフトですから
普段、クラブの無い時でも
心掛けて頂けると 良いかと思うのです。


繰り返しになってしまいますが
入射角度。。。 ボールに対し
ヘッドが下がってくる角度〜坂
その坂を ロフトでなぞる
ということは ロフト90度 のクラブで
打つのと変わりがありません。
ほんの少し ロフトが有ったとしても
85度とか それでは ボールに推進力が
つかず だるま落としのような
抜けた球になってしまい、
打撃のエネルギーが 望まれる距離を
満たすことはないのです。
上手く当たることは勿論ですが
ショットの目的、ロフトの意義は
望んでいる距離を満たすことですから
ロフトはクラブに任せ
自分はいつも通り 動かしてくる軌道に
対し 同じ姿勢(ロフト0度)を
維持して頂きたいのです。


ヘッドの下がってくる坂は
出来るだけ 直線のイメージが望ましく
その直線に対するロフトが動作時の
クラブのロフトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジャックの登場によって、この世にフライングエルボーなる言葉が
生まれたともいえます。

後々に 日本ではジャンボ、外国ではノーマンなどが
このスウィングを基本に自分のスウィングを作ったそうです。
pga_g_jnicklaus_400

これは恐れ多くも、ご本人に聞くことは出来ないので
あくまでも都市伝説なのですが、
その「フライングエルボー」という言葉が
あまりいいイメージでなく、悪い動作 という印象を
植えつけたのは ジャック本人? と言われています。

日本ではジャンボ、アメリカではジャック
ともに 史上最高の成績 長い活躍年数
40台を超えてからの活躍 を考えると
「これを真似されたらマズイな。。。」と考えたとしても。。。
もちろん 都市伝説です。

この肘の外への張り方は
脚が体を回していないと 意味をなさないので
年齢をとっても 体が回せる スウィングともいえるのですが。。。
imagesCAQXHBFA
たぶん これは 70歳前後のマスターズでの映像です。

肘を外に張る クランチ 。。。
他にも 有名どころでは カプルス
1636261
ちょっと やりすぎ感はあるけれど ジョンデイリー
480px-John_Daly_at_AmEx_Crop
どちらも飛ばし屋ですね。。。

カプルスのほうは肩関節が柔らかいのか
胸に対しては クラブは開き気味。。。
デイリーのほうは ジャックと同じく
しっかりと脚を使って、骨盤を回していますから
クラブはスクエアなまま
ま、プロですから当たり前と言えば、当たり前ですが
このクラブ使いですと、デイリーはアプローチも上手いです。

これは若かりし頃のマッシーです。
浅めのトップの位置とはいえ
肘は外に張り気味、クラブは寝かさず、しっかりと骨盤の向きを
脚のアクションで作っています。
005009000062
クラブを体の幅の中に収めておけば
必然的に ロフト変化も少なく
両肘で作るラインが胸と平行
方向性も良いうえ、そのままアプローチにも
応用できます。

腕の作用とヘッドの重さ、形によって
上から打てますから 距離も得やすい。

無理に上半身を捩じらないから
故障も少ない。。。悪いところはナイ!
と言えるのですが。。。
やっぱり 都市伝説?!じゃないのかも。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕立て伏せ のような両肘を外に張って
曲げること を「クランチ」と言う。
クランチの運動は 背中の大きな筋肉を使って
肘を曲げる というよりも
「上腕を上げる」のに近い。

弓を引くような感じにも似ている。

腕が捩じられず、より大きな力で動かせるので
多くのスポーツの動きは
これが基準になり、欠点は少なく、利点は多い
41Wc7ybG1zL__SL500_AA300_
このおもちゃのような 腕の曲げ伸ばし 肘の曲げ方
では 使われるのは 腕の中の筋肉になるので
より重いものを持ちにくい。
ヘッドの重さを利用して
「上から打つ」ということには
利用しにくい 動作 である。
アッパーカットであれば 分るけれど
この肘使いでは 下から上への動作になってしまう。

例えば 灯油のポリ缶とか、しょうゆの一斗缶
を持ち上げるとき どのように持つだろうか
tiger
このような肘使いでは 重いものは持てないし
他の部位にも負担は大きくなるだろう。。。

クラブを体の幅の中に収めておけるし
クラブヘッドの重さを利用できる。
肘を使って打撃するということは
打つことが イコール 距離感になる。

ゴルフは総合力を問われるスポーツで
勿論、勿論 飛ばしたい 気持ちは重要だけれど
それと同時に 飛ばさない ことも必要になる。
06
アプローチやパターでは 肘の感じ
肘のリリース感が距離感になっていく

打つことと距離感が別な流行のスウィングより
同時に一つで処理できるスウィングの方が
後々メインテナンスが少ないのと同時に
故障も少なくなる

肘を外に張れる人ほど
悶絶度合いも少ない。

とりあえず ヘッド重量とケンカしないためにも
シャフトを捩じって動かさないためにも
肘は外に張る クランチをして
テークバックを取ってほしい


右の腋を占めて
左だけで上げてしまうような
テークバックは 体のためにも
クラブのためにも 何も利点がない!
多くの右利きの人が右打ちをしている
利点が一切ないスウィングは辞めた方がいい…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
5eff72cc-s

ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブにとって ロフトは重要な機能です。
しかし、そのロフト というのは実際には製品としての角度
ばかりでなく、運動中のロフトと言う意味合いです。
その総合的なロフトによって、打撃のエネルギー
(ヘッド重量×運動スピード)を
飛び出る角度や回転、ボールのスピードに振り分けるのです。

ですから、シャフトの長さによって、ヘッドが入ってくる入射角度
(クラブの長さによってスイングの円弧は異なりますので)
もロフトの一部と言えます。
また、そういう意味合いでは、シャフトの硬さも
ロフトを構成するひとつです。

これもその人、その人のタイプによって異なりますが
同じ長さ、同じロフトのクラブであっても
シャフトの硬さ、ヘッド重量によって
そのエネルギーの振り分けは異なり
柔らかくなると低くなってしまう人や、
逆に高くなってしまう人、それぞれいます。

スチールシャフトだから と舐めている居るゴルファーが
いらっしゃいますが、市販されているスチールシャフト
セットとして購入したものでも
番手によって、かなりシャフトの硬さはばらついています。
セット品ですので、ロフトやヘッドの長さは
ある一定の流れになっていますが、製品のばらつき
ヘッドのホーゼル長の変化、機械的な組み付け によって
かなり大きくばらついているものも有り
本来であれば、振動数は長さなりに一定な変化で
数値は大きく  290.295.300.305. なる筈なのですが
番手によって数値が逆転しているものも見かけます。

ある番手だけが苦手。。。 なんてのはたいていクラブのせいです。

また 理由はよく分からないのですが
アイアンとは違ったシャフトをウエッヂに使っている
ゴルファーも少なくありません。
総じて シャフトを重いものにしているようですが
シャフトが重い方が弾道が安定しやすい とか
ラフやバンカーに強い 
なんて言うのは「おまじない」でしかありません。

クラブとして使用できる強度 さえあれば
シャフトの重量よりも、自分なりの硬さの方が圧倒的に重要ですし
ラフやバンカー、ボール以外のモノを打つ というコトに関して
モノ というのは質量ですから、
そこに直接接する部分の重さ=ヘッドの重量が重要で
シャフトの重さは殆ど関係ない と言えます。

あ、勿論、これも 好きな道具を、好きな理論で
楽しむゴルフの幅の広さ がありますから
どれが正しくて、どれが間違っている なんてのは重要では
ありません。 単に科学的な話をしているだけです。

言いたいのは、ミスの多くはゴルフクラブの
そのセッティングと呼ばれる その差異、ばらつきのせいが
大変多く、そこを考えず、ロフトの羅列 だけを
セッティングだと思っている限り、
クラブを買い足す、買い替えるたびに
悩みの種が別のクラブに移行するだけで
根本の解決にはなりません。

ヘッド重量が一定しており、硬さ、長さが一定していて
始めて そのロフトの羅列が意味を成してくる
というコトを考えて セッティング見つめて頂けると
よりシンプルにして行けると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パターを除いて、13本のゴルフクラブが
ゴルフバックに入っている。

果たして、その13本のゴルフクラブのセッティングとは
いったい何を指すのであろうか。。。

6178a215


巷で言われる ゴルフクラブのセッティングとは
ドライバー   10度
3番ウッド   15度
5番ウッド   18度
ユーティリティ 22度
5番アイアン  25度
6番アイアン  28度
7番アイアン  32度
8番アイアン  36度
9番アイアン  40度
ピッチング   44度
アプローチ   50度
サンドウエッヂ 56度


このロフトの並びのコトを指しているよう…だけれど
例えば 同じ「5番」アイアンと言う名称のクラブ
.悒奪表杜味横毅娃隋/尭或堯。横僑毅磽陦
▲悒奪表杜味横械毅隋/尭或堯。横坑娃磽陦

この二つが 同じ25度のロフトであっても
同じ距離、同じ弾道、同じ感じ に成り得るだろうか
これは あるメーカーの同じ機種(名称)の実際のスペック。
,魯哀薀侫.ぅ肇轡礇侫隼斗
△老變魅好繊璽襯轡礇侫隼斗諭,
表示フレックス(硬さ)は同じもの。

,諒がヘッドも重く 振動数で言うと25cpm
シャフトの種類が違うとはいえ、2フレックス分柔らかい
△魯悒奪匹盞擇、2フレックス分硬い

クラブセットのセッティングとは
こういったクラブがバックの中に
混載されていないというコトを指すのであって
ロフトを体よく埋めていくことではない。

それぞれの人が、それぞれのタイミングやボールの位置
スイングのコツ みたいなものを持っているので
法則というのは 人それぞれではあるが
◆ドライバー
◆フェアウェイウッド
◆ユーティリティ
◆アイアン
◆ウエッヂ
が ロフトや長さが揃っていても
硬さやヘッド重量がバラバラであると、
単純には、軽いヘッドを打った後で重いヘッドを打てば
ダフったり、スライスになったり…
重いヘッドのクラブを打った後で軽いヘッドを打てば
トップしたり、引っかけたりする

IMG_0039


それは その人のスイングが正しい証と言うか
ある一定のモノであるのに、結果はミスになってしまう。

その人なりには正しいのに、結果から判断して
修正することになる…
正しいことを辞めなければならなくなる。

シャフトだってそうだ。

柔らかいとスライスする人、フックする人
によって反対になってしまうが、
硬さが極端に異なるクラブを交互に打てば
どちらかが上手く当たれば、どちらがミスになる。
そして仕舞いには何が何だか分からなくなってしまう。

実はその殆ど」がクラブのセッティングのせい だったりする。

どのクラブを打っても同じ と言う人が居るが
クラブのその性能差が出ないよう、クラブの機能を
殺して使っているに過ぎない。

563002_155517437938329_730154635_n


そのセッティングの違いは
実は多くの人が感じていて、
練習場で見ると そのクラブクラブによって
ボールの置き場所を変えている例は少なくない。

ドライバーは、幾らティーアップするとは言え
左脚かかとより左に置いて
アイアンになると、途端に真ん中や右に置く。。。
往復で言えば、一メートルもの移動量が違うのだから
どう考えても同じタイミングで打つことは出来ない。
クラブの長さから、長いクラブの方が元々ヘッドの移動量は
大きいのにさらに左に置き、移動量を増やし
クラブの短いものの方を移動量を減らす。。。

クラブのセッティングとは
人間がクラブの違いをカバーするためのモノでなく
その反対の、出来るだけ同じ感じで、同じタイミングの
モノにして、シンプル化していくことを指す筈だ。

車の4輪のタイヤを違うサイズや特性の違うものにして
右左のカーブの曲がり方をテクニックで補ったり
ブレーキの掛け方を工夫する、なんて
より車の運転を難しくするものだから、基本は避けるモノ。

しかし、ゴルフではそこそこ上級者の人ほど
セッティングと言う言葉を、勝手に解釈して
よりゴルフを難しくしている気がする。
勿論、遊びではあるから、何を選んで どう遊ぶかは
その人の自由ではあるが・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このパターのシャフトも非常に柔らかいものが
装着されているようですが、
パターの場合
シャフトの柔らかさがどのように作用するのか教えてください。
例えばこのL型ブリストルに硬いシャフトが装着されていると
どのようになってしまうのでしょうか。

006



パターシャフトについてのご質問ですね。


パターに限りませんが、
ゴルフクラブのシャフトの役割というのは

ヘッドの重さ、そしてその形状によりグリップが動かされる

その重さ&形によって、ある方向にグリップが押される 
ということです。

正しい準備(正しい位置や姿勢)が出来ていれば、
望んでいる方向に押されますし、

押されることによって スピードの加算が出来ます。

労力を少なくして、誘導されるという意味でもあります。

正直、クラブの恩恵を受けにくくなります。

 


006



硬いシャフトであれば、重さによる誘導というか伝達能力が乏しい。

例え、良い準備が出来ていても、
良い方向へのガイドというのが少なくなりますから、

クラブに打って貰うというか、
させられてしまうのも少なくなります。

また 本質的に、人間は長い棒をしならせようとしてしまうので

硬いシャフトでは 支点になるグリップの動きを止めて

ヘッドを振るスイング、
振り子のストロークをすることになってしまいます。


パターであっても、薄〜く ほんの少しですが

ハンドファーストのまま、上から入ってきます。

柔らかいシャフトであれば

ヘッドの重さによって、無意識にグリップが

シャフトに押され その形が作られます。

硬いシャフトであれば、
上から打てませんので(もちろん ほのかですが)

ヘッドの重さの破壊力効果が生まれず、

意識しない限り、ハンドファーストになりにくいので

大き目のロフトで打つか、
振り子のストロークによって
フェースではなく、
歯やヘッドの下側にボールが当たりやすくなります。

ボールへの破壊力が伝わりにくいうえに
トップ気味の球になります。

007


多くのゴルファーがこの事実を知りませんが

同じスピード、同じヘッド重量 
その合計である破壊力が一緒であっても

フェースに普通に当たるショットに比べ

トップ気味の球というのは スピン量が明らかに多く

そのスピン量は5倍〜20倍にもなってしまいます。

エネルギーが決まっていて、スピンが増える ということは

ボールの初速が上がらないうえに、
転がりに対してスピンというのは

ブレーキと同じ作用になりますから、
ボールのスピードの減速も早くにやってきます。

 

最近のヘッドの異様に大きな、そして異様に軽い
マレットパターを使用している場合、
マレットパターは重心が深く、ヘッドが前に出る効果が
非常に強い。。。
そして、巷ではパターは肩を揺さぶって
振り子のストローク というコトになれば 

 その傾向はより強くなり、歯で当たる可能性は否めない
こんなこと言うと 嫌味たっぷりなんですけれど
フェースで打たないのに、フェース面にソフトな素材の
インサートが入っていたり、パターヘッドの角で打つのに
ボールはソフトな方が良いとか。。。
なんだか 笑い話を超えて、もの悲しくもあります。

軽いヘッドで、振り子ストローク、ヘッドの角というか
フェースの下側で上に向かってヒットすれば
必要以上に強くインパクトしなければ、望みの距離は打てませんし
ボールの初速は早くとも、途中でブレーキが強くかかるので
減速も早く訪れ、ボールスピードの変化が激しいから
転がりの感じとストロークのヘッドスピードの一致が
非常に難しい。。。
プロのように、一日何時間もパッティング練習をするのであれば
なんとかなるかも知れませんが、一か月に一度の
ラウンドの前にほんの10分だけ練習するオジサンゴルファーには
パッティングを下手になるための パターと
パターストロークとしか思えないですね。

手前味噌たっぷり…ではありますが
弊社の『L型ブリストルパター』は
余程、担当者の失業でも覚悟しない限り
大手メーカーでは絶対に作れない。
そんな勇気があるデザイナーやクラフトマンは
このご時世では出てこないでしょう。

このパターの優れたところは
ボールの転がりスピードの均一性というか

08_PLA_1134_CLplow-759375


グリーンの速さを調べるのに「スティンプメーター」と言うのが
ありますよね。溝を切ってレールの上に
ボールのハマる箇所があって
レールの片側をあるところまで上げるとボールがレールを
転がりおり始め、ボールの自然な落下で
どこまで転がるか計る奴ですけれど
あれって 当然自然な転がり
自然なスピードで、自然な感じでボールが止まる
途中になんの不自然な加速や減速がない・・・当り前ですけど。
それと非常に似た転がりをするのが
この「L型ブリストルパター」です。

ゴルフの本やレッスンで受けるショルダーストロークのせい
ってのもあると思いますけど、
ま、今の流通している道具ではそう打つ他ないのかも
しれませんが、 その道具とストロークでは
非常に不自然なボールスピードの減速が入るので
距離感が何時になっても体に馴染まない。

当然です。
パターの角の部分が当たっているので
そのあたり具合、角の接触の薄さ、厚さの調整なんて
職業にしている人以外、不可能と言える。

まして ショルダーストロークは
深く体を曲げて、へそから上だけを揺さぶるのですから
腰や背骨に懸かる負担は小さくない。
自信の持てるパッティングにするのには
身を削って、体を痛めるまで練習し、それを維持しないといけない
ですから、職業に近い形でゴルフと付き合う気持ちが無い限り
パター下手から脱することは出来ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを手で振るな!
というのは 何十年も、たぶん 世界中で
言われ続けていること、なんだと思います。

例えば、テークバックで 手で上げるな
と言って重さのある、それもヘッドという歪な
重さのあるものを動かさないでいれば
その重さと重心位置構造によって
結局は 手で元の場所へと戻す作業が
強いられることになります。
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
テークバックでは 想定される 移動の場所へ
積極的に動かしておく 位に考えておくほうが
結果 体で動かす風に 見えるのかも?!

長さのある、またクラブの姿勢によって
重さとしての長さ も変化がしやすく
クラブヘッドは右に偏重している
ことを考えると
体のセンターとは言わないまでも
体の幅の中にグリップも、ヘッドも収めておく
のには 動かしていないと
動かしていないようには見えない?!
と考えるべきではないでしょうか
。。。なんだか一休さんのトンチみたいですけれど

前傾姿勢一つ とっても
両方の手の甲の向き 次第で
維持されたり、解かれてたり
してしまうもの ですから
それにも 維持するための クラブ移動
があったほうが 「結果」として
維持されると考えてみるべきでしょう。
tp07stoe
では 手で動かす場合
横に対しても、縦に対しても
グリップとヘッドの運動量を
クラブの長さ分の差異を除いて
円を描くように動かせば
運動、円 というのが
クラブヘッドの偏重した創りを
増幅させてしまうのでは
ないでしょうか
スナップショット 1 (2012-12-19 0-40)
クラブが、クラブヘッドがダイナミックに
大きく 傾いた円を描くのは
前傾姿勢が伴った状態で体の向きが
変わるからです。

そこに横でも、縦でも
円を描くような動きを入れれば
その 運動の時間進行よりも
当然遅れますし、ヘッドの重心位置の
移動距離は 基準になっている
体の向きが作るはずの円よりも大きく
膨らもうとします。
そこからは負のスパイラルで
大きくなれば、重くなる
動かしてく方向の負荷も複雑になる
こりゃ 繰り返せませんよね。。。
5eff72cc-s
多くのうまくいっていないゴルファーや
飛ばしに自信のないゴルファーの多くが
本当は トップの位置からインパクトまで
↑この写真のアングルから見た場合
写真上、左ななめ上から
ボールのあるところまで 斜め下に動く
主エンジンは 体の向きの変更 な筈なのに
そこの円というか 1/4の円というか
そこのヘッドの移動を腕で、手で
手の返しでしようとするから です。
クラブが進行方向に対し
一番重い状態になっていて
複雑な負荷も係っているうえに
道のりも長くなり、ロフトも増えがち
そんな動きを意図的にしなければ「ならない」
のは テークバックの上げ方
ではなく 変な日本語ですが
「上げな方」にあるような気がしてなりません。
tiger
手で上げるな
と言って まずは体を回し
結局、あとから 腕でクラブを
トゥアップさせるように 持ち上げれば
背中方向への慣性だけでなく
順番として、回転方向へも慣性が付きますから
自分では頑張っていても
クラブは寝る方向、寝る方向へと
動いて行ってしまい
ボールを打ちに行く方向に対し
一番重く それをさせ難い状態に
なってしまいます。

所定の場所に収めるために
テークバックはヘッドの慣性を与えない
とともに
その所定の場所に ヘッドを多く動かさず
向きの変更以外の円を作らず
出来るだけあらゆる方向に対し「スライド」
するように 両腕を先に使っておく
と考えるほうが、アマチュアには正解な気がします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょっと意味不明な内容に感じるかも…。


こんな素振りというか、練習をしてみて欲しい。
…クラブを右手一本ので持ち、
左手はアドレス時ボールを指差す

テークアウェイ(バック)に入っていくと
体の向きのまま、指差している場所もボールよりずれ
右を向いていく…

トップオブスイングと呼ばれる位置では
高さはともかく、左手の指差す場所は
左股関節〜き○たまの前あたり・・・


イメージ、感覚としてのボールの位置
向きを変えても 体の対し常時同じ場所
ボールもグリップのクラブもだいたい体の幅の中になる。

右を向いているときの
「その仮想のボール」を地面に向かって打つ
と同時に 体の向きも変えていくから
実際のボールが目標方向に飛ぶ

言葉で伝えると非常に難しいことであるけれど
そのイメージは大変大切である。
スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)

で、誤ったイメージは というと
みなさん コースのスタートの前で幾らでも
目にしていると思う。

自分たちのティーオフまで少し時間があると
クラブを数本持って素振りをしてる方がいますよね。
よく観察してみてください。
素振りではありますが、打たんとするボールは
両足、両靴の間にあります。
結果として、その位置にあるボールを打つのです。
当たり前の話なんですけど…。

しかし、多くのゴルファーは
自分にとって 両足の幅にあるボールを打とうとしていません。
素振りを見れば明らかです。
多くのゴルファーは自分の左腰の横、左腰の左にあるボールを
空に向かって打とうとしています。
意味わかりますでしょうか…

img20101101例えば この遼君
確かにボールを打っていますが、
この姿勢から考えると
ここから「振る」ことになりますから
左腰の横にあるボールを
左ななめ上に打つための姿勢です。
昔、ジャンボが遼君にアドバイスしていた
そうなんですが、体の正面でボールを打つということは
顔が体に真っ直ぐ正対していなければいけない…と。

この姿勢だと 本来のイメージは
アドレス時の左腰の横にあるボールを上に打つものなのに
結果として クラブを振り始める手間でボールとコンタクト
してしまっています。
まあ これは体を回すこと=打つこと ではなく
体を回す、止める の反動で腕を振る
というスイングもどきな訳で
嘆かわしくも今はこのスイングが主流です。

さて そのティーグランドや練習場で
素振りしている方を見てみると
本来、靴と靴の間にあるはずのボールを打つために
素振りしていますか?
ボールを打ってから クラブを振っていませんか?

靴と靴の間に位置するボールを打つための「素振り」に
なっていますか?
ohigas80

そんなところにある仮想のボールを振る素振りをして
実際はそれよりもうんと手前にあるボールを
上手く打てるでしょうか?

では、一番初めの正しいイメージ作りの練習に戻ります。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)
今度はテークバックしていくのに
左で指している方向を体を共に移動させず
そのままボールを指していてください。
トップオブスイングでは 体は右を向いているのに
自分の体に対して、左腰の左を指は指していますよね…。

そしてそのままダウンスイングに入ると
体の向きとともに、その指も左を向いていきます。
体は左を向くと 左側が高くなっていきますから
そう あの遼君の写真のような
アドレス時に対し左腰の横にあるボールを
上に向かって振っていくような感じになりますよね

トップオブスイングの時に
実際のボールの位置、そしてその時の体の位置関係…
そのイメージを追いかけていくと
打ってから振るようなスイングになります。
これ 実はとっても重要なんです。

正しくは無いんですが
例えばスイングにはフェースターンなんてのもあります。
フェースターンをしましょう って意味は
手でクラブを返しなさい と言うことではなくて
ボールを打つところを振りなさい って意味なんです。
打ってから振ったでは間に合いませんから…。

打つべくボールの仮想の位置は
自分の体の向きが変わろうとも
いつも 左股関節〜左き○たまの前にあるのです。
それを「フェース」
::::ソールじゃないですよ、フェースで
その仮想のボールを地面に向かって打つ
・・・と同時に体の向きを変えていくと
結果として 実際のあの場所にあるボールは
目標方向に飛ぶ  のです。

これ ちょっと意味不明な記事っぽいですけど
これがなんとなくイメージとしてつかめると
ショットってものが見えてくるようになると思います。
正しいイメージ構築としては最大のミスに
なっていると気付くと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フェアウェイウッドの嫌いゴルファーって
思っているほどたくさんいらっしゃいます、ね・・・。

アマチュアゴルファーのスコアの統計で
フェアウェイウッドを手にしたホールで
ダブルボギー以上になる確率は、それを手にしていない
ホールに比べると倍以上になるそうです・・・とほほほ

ま、そんなこんなもあって
フェアウェイウッド(FW)が嫌いな人もすくなくありません。
005

実は… それには理由がありまして…
多くのフェアウェイウッドのセッティングというか
状態と言うのはその結果を導き出して「然るべく」なのです。

例えば セットもので
ドライバーを同じ機種のFWを購入しても
ドライバーよりも使いやすいものは非常に少なく
総じて ドライバーよりもヘッドが軽く、
ドライバーよりもシャフトの硬いものがほとんどです。

また、使用頻度の少ないFWと言う存在は
なかなか買い換え意欲につながりませんから
(うまく当たらないという理由もありますけどね)
セット全体から比べると古い世代もものを
使っているケースも少なくありません。
古い…クラブが悪いのではなく、
若かったころに購入したクラブな訳ですから
今の年齢ではキツイ可能性が高いということです。

フェアウェイウッドはドライバーに比べると
決定的に違うのは、ティーアップがなされていない
と言うことです。
そしてドライバーショットに比べると
あのティーグラウンドよりも傾斜があったり
不安定な状況ですから、気持ちを除いて
長さなりのヘッドスピードも出にくいものです。

そうですねぇ 経験的な感覚ですけれど
フェアウェイウッドの振動数が260cpmを
超えたものを「とりあえず」バッグに入れている場合、
コースでよりそれを選択することも少なく
→使用頻度少なし
ミスショットも多いみたいで
FWに対して良い印象を持っているゴルファーは
非常に少なく思います。

嫌い…苦手…出来れば使いたくない
そんな印象を多く持ってしまう のも
実はクラブのセッティング〜シャフトの硬さに
よるところが本当に少なくありません。
002

そんなゴルファーが 振動数200cpmを切るような
FWを持つと、ゴルフ人生変わるというか
突然 FWが好きになったりするのです。


ある年齢を超えてくると
FWがどうしても必要な、非常に重要なクラブに
なってくるわけで、その年齢が来る前に
意識として FWが嫌いでなくなる というのは
とても大切なことだと思います

その「意識」とか「潜入観念」を覆すのは
大変簡単で… クラブさえ楽にしてしまえばいいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


バックの中に入っているセットを計測していると
だいたい計測通りの使用結果が伴ってきます。
003
✪アイアンセットの場合…

アイアンがセットになっていれば
当然、同じヘッド機種、シャフト、グリップを使用して
いますから、長いものから短いものに
一定の流れが出来ていて当然の筈ですね

ところが多くのアイアンセットは
硬さであったり、ヘッドの重さであったりが
番手ごとにばらついていて
それがそのまま使用結果に表れるものです。
今までに一万セット以上のアイアンを見てきましたが、
許容範囲の中で流れになっているセットは
ほんの2〜3セットだったような気がします。

番手の流れの中で、突発的に硬かったり
重かったり、軽かったりすると
その番手に苦手意識を持ったり、使用頻度が低かったり…
硬いシャフトの入ってしまっている番手は
ソールの傷や打痕などに必ずその証拠を残します。

例えばライ角度は
長さが変わるに従って、ライ角度の数値も一定に
アップライト(多い数値)に変わっていきますが、
(そのライ角度も結構バラバラだったりもしますが…)
それはシャフトの硬さが一定でないと意味を成しません。
その硬さのばらつきに対処して、その番手だけ
違う打ち方をしなければ、硬いものほど
ヒールに集まりやすく、距離も出にくくなります。

そうですね… セットの中に柔らかめの番手と
硬めの番手が混在してしまっている場合、
7割を超えるゴルファーは柔らかめな番手を好み
その番手の方が距離や出て、ミスも少ない傾向にあるようです。

何番アイアンが苦手とか…
バンカーショットが嫌い〜苦手 という
潜入観念のほとんどは そのデータの中に答えが隠れています。
特のバンカーショットやラフの場合、ヘッドが軽いとか
シャフトが硬い と言った場合にはそれは顕著で
女性や腕力に自身の無い方にとって
本当はクラブのせいなのに、自分が下手なんだ という
観念を植え付けられたりします。
しいては アイアンが下手、苦手なんだと勘違い
してしまうことも少なくありません><


001


アイアンをヘッドを上、もしくは横にして
番手順に並べて、ソールの傷を見ると
だいたい そのソールの傷が流れていないというか
似通っていない番手 というのは
シャフトが硬い証と言って間違いないでしょうね。

ヘッドの製造技術はかなり進みましたから
突発的に軽いものや重いものなどが出来ることは
大変少なくなりましたが、
グラファイトシャフトの場合はいまだ均一な製品を作るのは
なかなか難しく、温度や湿度などによる製造公差も
小さくないのだと思います。
大手メーカーの場合は、一本取りと言って
一種類のシャフトから全番手を作り出すのですが、
シャフトの硬さを計測しながら組み立てる と言うことは
まず間違いなくされませんので、
どうしても番手の中に硬さのブレ
3フレックスが一つのセットの中に混在することも
生まれてしまいます。
特に昨今、データ上はかなり手の込んだアイアンヘッドが
製造されていますので、ホーゼルの長さの変化も激しく
また、機種によって何かの意図によって
その流れもまちまちなので
例え、公差の少ないスチールシャフトであっても
その流れを人的に調整して組んでいかないと
硬さの流れがばらついてしまう原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングについての お問い合わせを頂きましたので
久々に書いてみようと思います。

パッティングに限りませんが
ゴルフショット〜スウィングには
前傾姿勢 というのが存在します。
この前傾姿勢 というのは
大腿骨(太もも)に対する骨盤の角度差
のことを指します。
背骨の曲り度合 ではありません。
ここ、結構、勘違いしている人が多いかと
思うのですが、人間の体のへそから上の部分って
正確には分かりませんが、結構重いと思うのです。
背骨自体を積極的に 前に曲げる(猫背)にする
そんな機構は体にはない訳で、長い時間やその姿勢の
蓄積によって 体を痛める原因になると思います。
ですから 前傾姿勢は不可欠ではあっても
出来るだけ起きた姿勢にした方が良いかと思うのです。

プロゴルファーは腰や背中を痛める大きな原因の一つです。
プロゴルファーは練習の7割近くを アプローチやパターに
割くのです。

006

最近のパターストローク流行りは
かなり前傾を深く折って、ボールの真上に
目が来るようにするのですが
ハミングバードとしては上記のような理由も含め
あまり賛成できません。
両肘を深く曲げ、腕と胸で5角形を作るような
アドレス・・・ なんだか見ているだけで緊張感が
高まるような気がします・・・
パターストロークは スピード?勢いでなんとか
するといった類のものではありません。
動いてはいるけれど、どちらかと言うとスロー です。
勢いをつけて、反動をつけて というのが少ない分
動き出し(初動)がやさしくないので
出来るだけ緊張感を生まないアドレスが良いかと思います。

アプローチそのもの という訳には行かなくとも
出来るだけ腕を伸ばしているような、曲げているような
みたいな 感じの方が 体にも優しい と思います


グリーンエッジ から カップまで15m
ピッチングウエッヂ?9番?8番?
そんな中にパターが組み込まれても違和感がない
そんなセットアップをお薦めします。

グリップ。。。そうですね
それぞれで良いとは思います。
オーバーラップでも、逆オーバーラップでも。。。
ただし 左右のグリップが上下(グリップとヘッド方向)
に離れているのは、よくないと思います。
多くのゴルファーは 左手首を中心(軸点・支点)として
右手でシャフトを押しています。
そうならないよう 上下方向に左手・右手がひとつの
グリップになるような感じをお薦めします。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

アプローチにも通じるところがあるのですが
パターストロークの基本は 「距離感」です。
昨今の 肩を揺さぶって打つ ショルダーストローク
は 距離感よりも、真っ直ぐ打つことを重視
しているように思えます。
それも それぞれの方の考え、だとは思いますが
オジサンゴルファーには腰の負担は怖いですし
パターとショットの結びつきを切ってしまう打撃は
やはりお勧めできません。

両肩を結んだ線の背骨を軸として肩を揺さぶる方法
同じく、左手首を支点としてシャフトを振る方法は
ヘッドのロフトを動かすごとに変えてしまいます。
ヘッドの高さ変化も激しいですから
同じロフト、同じボールとの接触状態になることが
非常にまれになりますので、
それで上手に打つのには 練習量、頻度が必要になり、
背骨を折った姿勢のストロークであるため
腰を痛める ってのが よくあるパターンです。

パターを含めた ショットというので 一番重要なのは
距離感です。 じぶんの望む距離を打つ ということが
ショットの基本。。。
真っ直ぐ打つこと も重要じゃない とは言いませんが
今打つ このショットが次のショットの
そして その積み重なりが成熟につながる打撃方法を
取っていないとあまり意味がありません。

振り子打法・肩のショルダーストロークの場合
あまりに真っ直ぐ行かせることに意識が行き過ぎていて
いつも 出来るだけ似たようなロフトで打撃する
という ショットにとって一番重要な部分を
無視してい待っているような気がします。
そのショットでは、今、このショットがうまく行っても
そのショットの距離感が、次のショットに
応用できるとは限らない。
距離感がその都度、その都度になってしまいます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブには他の多くのスポーツ用品(道具)にはない
重心位置(重心のズレ)と言うのがあります。

IMG_NEW他のスポーツ用品。。。
例えば野球のバットやテニスのラケットは
重心のズレと言うのがありません。
ゴルフクラブの場合、
重心のズレの少ないモノでも3センチ
多いものになると5センチちかくも
打点の部分は握っている棒よりずれています。

このずれが不要だと考えるゴルファーもいるようですが
この「ズレ」は上手に使うと
打撃と言う動作を補助、促進する役割にもなります。

カタログなどでは 重心距離が長いモノの方が開きやすい
短いモノの方がヘッドが開きにくい とありますが
半分合っていて、半分間違っているとも言えます。

最終的には 適切なヘッドの重量とシャフトの柔らかさ
があれば、遠心力の作用によって
重量は一直線に並ぶのですから
そう言った「開閉」「回転」の効果と言うより
同じヘッドの重量であっても
長いモノの方が重く感じられることと
長いモノの方がシャフトの動きが大きく
トゥダウンの量も増えるから、
結果、そのように言われるのだと思います。


その 重心のズレの効果を考えてみましょう。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)練習と言うか、ドリルで
この姿勢を作ってみましょう。
右をむいたまま、骨盤を右に向けたまま
腕(肘)を伸ばし、グリップを下げます。
少々オーバーですがフェース面が地面を向くようにするのと
空を向くようにする 二通りを行ってみます。

地面を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは左と言うか、進行方向側にあります。
空を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは右、進行方向とは逆にあります。

さぁ それぞれ、左手〜左腕にどんな重さが掛かりますか?

ゴルフのショットのドリルです。
これから ボールの方に、目標(飛球線)の方に
動きたい訳です。

そして ここからフォローまで体は
シフト〜ターンをしていくのですが
それを阻害するのは いったい どちらの向きでしょう?

フェースを地面に向けたものでは
左手〜左腕に下への重さが掛かります。
また、重量方向に懸かるクラブやヘッドの重さは
左手やグリップ部分を飛球線の方に押します? よね。
また、グリップ部分は自分の体の方に押されてくると思います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)
フェースを空に向けたものは
左手には上に向かっての重さが掛かりますし
グリップ部がボールの方に押され、体から離されてしまう
と思いますが、如何ですか?

理想的(理論上)には
インパクトまでは体は右向きです。
右向きの間は左半身の方が右半身よりも低くなっている訳で
その時間は出来るだけ長い方が良いでしょう。

この段階で左サイドに上がる重さがかかり
クラブが体から離れると 遠心力が増します。
外へとはらもうとする力
所定の場所にあるボール(通過地点)

外にはらむ力と反対の動作を行わないと
所定の通過点であるボールを打つことが出来なくなります。

左サイドが上がる というコトは
イコール 左を向く 事になります。

スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






このドリル、アプローチは
必ず役立ちますので 是非^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ビリヤードのショットに「マッセ」というのがある。
通常のショットは進行方向に突くわけだが
その「マッセ」と言うショットは進行方向ではなく
縦方向に強く突く 特殊?なショットなんだと思う。

素人の私はそんなことは到底出来ないし、
古い昔の記憶では、ビリヤード台の置いてある店に
「マッセ禁止」なんてのを見かけたことがある。 
多分、ビリヤード台を傷つけてしまうからだと思う。
IMG_3252w
ビリヤードのゲームをちょっと
無視して、自分の打つ球を
当てる球…
ゴルフのパッティングで
言うところのカップと考えると
普通に打つショットは
その見た目の距離を打つだけだ… 
当たり前すぎるけれど
しかし、この打ちたい距離に対し
マッセショットをした場合、その強さというか
打ち加減はかなり強くなり、
加減も難しいし、ショットの難易度も上がる。

それは 打撃のエネルギーを主に「移動」ではなく
(基本はボールの速度ということになるだろう)
「回転」に変換しまうから、距離をつかむのも難しいし
ショットの難易度も上がるということになる。

さて、これをゴルフに置き換えてみよう。
アプローチをする場合、
手にしているクラブは大抵ロフトの大きなもの・・・
001ヘッドが、クラブが
やや上から その姿勢、
ヘッドで言えばロフトを維持したまま
直線的にボールとコンタクトするのと
極端だが、グリップを支点として
振り子の円運動したのと
どちらがよりボールに回転が
かかるだろう? どちらがヘッドの速度がボールの速度に
変換されにくいだろう

どちらのショットが ある一定の距離を打つのに
速く、もしくは強く打たなければいけないだろう。。。
それをスイング、ストロークの大きさで表すとすると
明らかに 円でスイングする方が
大きく速いスイング、ストロークを必要とする。
上手く打てても力加減も大変難しいしね(ー_ー)

で、この話
ロフトが大きいからイメージしやすいかも
しれないけれど、これ ドライバーでも全く同じ
ドライバーヘッドにも少ないけれど
サンドウエッヂと同じく「ロフト」があるのだから…。

アプローチの時は難易度が高く、距離感が合いにくく
ドライバーの時は同じく難易度が高く、距離にならない
そんなショットのイメージは
アプローチやパターから生まれて来ちゃうんだと思うよ。

普通にその距離を打てばいいのに
わざわざ 「マッセ」ショットにして
難しくする必要なんて全くないし、
そのショットがそのままドライバーのように
距離を必要とするショットを壊してしまうんだよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップというのは、その人のその人の
クラブの扱い方を如実に表している。。。

多くの人が体験したことだと思うのだけれど
「グリップを変えよう」と思ってトライしても
違和感の問題と言うよりも、球を打っているうちに
数球でもとのグリップの形に戻ってしまう…。

クラブの扱い方が変わってこない限り
グリップを変えることはかなり難しい。。。

自分にとって理想的なグリップの形があったとしても
先にグリップありきで、クラブの扱い方が変わってくるのではなく
頭の中にゴールとしてのグリップの形を思い描きながら
クラブの扱いを徐々に変えていくことが
結果、理想的なグリップへの道のり となる訳だ。

基本、グリップの形というのは
右手ではなく、左手で決まってしまう。

多くのゴルファーは左手グリップを支点にして
シャフトなり、ヘッドを振るので
どうしても左手はがっちり握っていなくてはならない。
それを「二度握り」というのだが、
まず一度親指を除いた4本の指でクラブを握る。
そして、もう一度左の掌で握る。
これによって 左手はグーになって
非常に力感のある握りになってしまう。。。
スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)

世の中ではそれをフックグリップと呼んで
正直、誤魔化しているけれど
基本、体ではなく 腕を振って、クラブを振って
そういう扱いとするのに
左手の握りはガブッと握っていなくてはならないから
結果、フックの方向の握りになるだけなのだ。
上半身全体に対しグリップのせいで
腕や肩周りを右に捩じっているので
アドレスの姿勢も独特。。。

フックに握ってしまうと
右手の入ってくる位置が左手の親指の根元によって
ふさがれてしまうので、
左手はななめ上から握っていても
右手の入るところが無いので
右手は横から握ることになってしまう。
それによって左右のグリップが上下に広がってしまうので
必要以上に右肩の下がった、左肩の上がったアドレスに
なってしまう。。。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)
左肩の突っ張ったアドレスに
なってしまうので、この時点で
体の。。。骨盤を上手に使うことが難しくなる。

左グリップを支点にしている のと同時に
フックグリップはテークバックを
左手一本でひょいと上げるのに非常に適している。


そんなこんなで テークバックの取り方や
クラブの支点運動などが消えない限り
このグリップとおさらばするのは大変難しい><
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



お客様から 「バンカーショット」のコツ
みたいなモノを質問されました。。。

それに関連して話をしましょう。

ゴルフクラブの一番低いところは
ヒールの角の部分
ココさえ ボールの真下 と言う意味ではなく
ボールよりも低いところに入れば
バンカーショットはそんなに難しくない

IMG_0002


その上で、多分、多くのゴルファーが勘違い している
部分について 言及してみよう。

ゴルフのスウィングは 一見すると
アドレス時は ヘッドが下、グリップが上
にあるように感じる、見える。

そして、トップになると それが逆転し
ダウンでまた 逆転〜 フォローでまた逆転
数度 ヘッドと上下の逆転が繰り返され
スウィングを構成していると勘違いしている。

これも昔の記事で書いたことだけれど

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

こうやって、クラブを持ってみると
腕の延長線上よりも、クラブの方が高い位置にある
それが 前傾すると
lesson 2009_10_31

こうなるだけで、実はこの写真は同じものを切り抜いて
傾き(前傾)を付けただけなのである

だから、例えば 前傾が無くて 直立した状態で
素振りをした場合、少ししかヘッドの上下動はなく
拳よりも少々高い位置を クラブヘッドは動くだけで



この画像の 10秒あたりにある素振りにならないと
前傾して、体の向きを変えている意味が
無くなってしまうし、直立状態で あのスウィングで
出来るはずの円弧が出来てしまうと 前傾も
体の向きの変更も実際のスウィングでは飾り物
であると宣言しているのと同じになってしまう。

だから バンカーショットに限らないが
常時、ヘッドの方が拳よりも上に存在する感覚
もしくは観念は ショットの基本とも言える。

ここは このところずっと言ってきている
スウィングの円弧や高さの部分と共有の部分で
実は大変重要な部分であったりしている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショットで(中途半端な距離で…)
同じクラブ、同じ打ち手が同じ距離を打ったとしても
スピンの量が2000回転になったり5000回転
なったり するのです。
これはどういうことか と言うと
ゴルフショットのエネルギー
 ヘッドの重量や運動エネルギーの合算は
ロフトというものによって
 ボールの速度、角度、回転に分配されます。

そして ロフトと言うのは
インパクト時の地面に対する角度ではなく
ヘッドの入射角度(移動)に対してのヘッド姿勢
簡単に言えば、ヘッド姿勢だけでなく
ヘッドの入射角度もロフトの一部というか
ボールに影響を与える要素の大きな部分である。

090804_01

例え ヘッドスピードが同じで
インパクト時、地面に対するヘッド姿勢が同じでも
⇒入射角度が緩いと
 球速は遅くなり、打ち出し角度が高く、スピンは少な目
⇒入射角度がキツイと
 球速は速くなり、打ち出し角度は低く、スピンは多め
になります。

補足ですが。。。
ボールスピードのボールの移動距離なんですけれど、
ボールスピードが距離に反映される と言う意味では、
必要以上に打ち出しが高いと
ボールの移動距離=道のり になってしまい
ボールの「水平」移動距離には反映されにくいものです。
だから 実際、ロブショットのボールスピードは
決して遅くはないのですが、距離にはなりません。
e968a0ac

多くのゴルファーはダウンスイングに置いて
クラブヘッドを腕のリリースによって下に振る、
クラブを腕のリリースによて円弧を描く
と思って実践されていますが、
長い棒の先の重さのあるゴルフクラブを下に振れば
ほぼそれに比例する形で
体(左サイド)は上を向いてしまいます。
円が二つ作られるのですから
結果、入射の角度は非常に緩くなります。

ドライバーショットで言うと
ドライバーヘッドは重心が深く、その結果として
ヘッドが前に出ようとするので ナチュラルな
(意識する必要のない&してはいけない)
アッパー軌道というか、インパクトが上がり際に
なることが 飛ばしの基本です。
それを意図的にアッパーに振ってしまうと
完全な上がり軌道になってしまい
(まあ たぶんこれは左サイドが上がっている分が大きい)
空に向かって打つショットになってしまいます。
。。。必要以上にロフトも開いているでしょうし…

これではボールは道のりばかりを稼いで
水平距離になりません・・・よね。

その解決方法 なんですけれど
やっぱりここも技術というよりもイメージの問題が
大きいような気がします。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






スイングのここの部分、
ヘッドがこの↑高さからボールの高さまで下がり
そして、結果的に スイングが4分の一の円を描くのは
体の向きが変わるから です。
腕周りの仕事はほとんどなく
逆に言うと、クラブがずれたり、動いたりしないように
動かさないように使う、動かさないように動かす
ということなんだと思います。

このヘッドの高さ変化や円弧を
腕の動きによって代替えしてしまえば
体は必ず上を向くことになりますし、
体の回転もクラブの振る方向や角度に沿ったものに
なってしまい、この時点で体の回転や前傾姿勢は
全て無駄なものになってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ