◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2014年04月


お手紙ありがとうございました。



こちらへメール  shop@humminng...がやっと復活し

確認することが出来ました。

遅くなり申し訳ございません。



まだ新しいクラブに関してはドライバーを打ちっ放しで
少し振っただけですが、質問があります。

トップから右手で上から叩いて終わりですか。

それとも振り切ってきちんとフォローまで打つべきなのですか。




ご質問の件ですが、

今一度確認して頂きたいのですが、

肘の動作、体の動作もしくはそれぞれの作業の目的は同じとはいえ

腕の動作と体の動作は別々の同時進行なものです。

曲げた右手をもとに戻す(伸ばす)という行為と

体の向きを変えるというのは

双方必要で、右手で上から叩くという言葉が適切かどうかは分かりませんが

その動作としっかり体を左に向け 終わる というのは

同時に達成されるべきものだと思います。


c20aa9e2

少々、周りくどい言い方になってしまいますが、とても重要なので

以下、よく理解していただけるとよいかと思います。


上から打つ、という言葉は

腕を使って クラブヘッドを高いところから低いところに移動させる

ということを指すのではなく、

動作の進行方向が低い方に向かっている

ボールを打つ方向 (体に対し右から左)

左サイドが低いうちにボールにアプローチすることを指します。

体の姿勢の方が重要ということです。





腕を使って、クラブヘッドを高いところから低いところに

動かす意識が強いと、クラブヘッドの重さ

シーソーというか、てこのようなその働きによって

ヘッドが下がる(下げる)分だけ その方向(体右下方向)に重さがかかります。

右サイドがさがり、インパクト前に左サイドの方が高くなってしまい

上から打つに成らなくなって仕舞うわけです。


スナップショット 4 (2013-11-30 14-41)

体の姿勢を考えたとき、

アドレス姿勢を基準にすると

両方の腕はおおむね伸びた状態です。

同時に、その姿勢がおおむね体(左右両サイド)が平行な状態です。

その姿勢に戻る前に、ボールにアプローチしたい訳です。



ですから インパクトまでに、インパクト直前までに 曲げた右腕、右ひじが伸びていないと

結果 右サイドの方が低い状態になってしまいます。

・・・右腕が元の長さに戻っていないのに、ボールにコンタクトできるということは

   それを体の姿勢が本能的に補うことになるからです。




右腕で というか右ひじで叩く という言葉は

スイングの中で決して間違っている意識ではないと思うですが

それがクラブヘッドを上から下に動かす とか

スイングの円弧の中で、ヘッドで円を描く というイメージの中で

行っている限り、上から打つ=右腕で叩く は成立しません。


スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)


右腕の役割は確かに意識としてボールをストライクする というのは

必要ですが、同時に 体の姿勢を作り出すためのものでもあります。


となると、準備としてのテークバックでの

右腕の役割ということになる訳ですが

それは クラブを短くする、重さを軽くする ということにあります。

スイングを上から見た場合

クラブが地面と垂直に グリップの上にヘッドが来るような状況が出来れば

クラブの長さ。。。重さとしてのクラブの長さは「ゼロ」になったのと同じです。

それによって動作の中で、重くなりがちで遅れがちなゴルフクラブを

出来るだけ遅れさせない、クラブを遅れさせないというよりは

それを持った腕を体の動きに対し遅れさせず、追随、もしくは同期させる

というのが両腕の役割でもあります。




少々、堅苦しい言葉で書いてしまいましたが

ここの部分、大変重要です。

出来れば、ここがわからん ここが理解できん という部分を

ご質問して頂けると良いかと思います。



ありがとうございました。

また よろしくお願いいたします^^   野澤

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング用語に「上げて、降ろす」ってのがありますが、
個人的には賛成しかねます。
遠巻きな言葉の意味は分かるのですが、
兎角、ロジック好きな我々日本人が
なんだか その言葉のマジックにハマってしまいそうで…

まず、正しくテークアウェイをあげていくための
絶対条件は、「重いヘッドのクラブ」を使うこと。
個人差があるとは言え、
左腕一本で動かし難い重さが理想です。
スイングを型で覚える というのもありますが、
部活でゴルフをしている訳ではないので
アマチュア、特におじさんには不向きです。

ヘッドの重いクラブは
重さそのものもありますが、
クラブの位置や姿勢、ヘッドの姿勢などを
重さのベクトル という形で、打ち手に伝えます。
人間には感覚と言う、かなり精密なセンサーが、
ある訳ですから、それを使わない手はありません。

コースや練習など、毎度毎度、レッスンプロや
アドバイスをくれる人が一緒な訳ではないのですから、
いつも、いっしょ、いつも正確な意見をくれる
ゴルフクラブ と言う意味でも
重たいヘッドのゴルフクラブは大変優秀です。

IMG_0105

重たいヘッドのゴルフクラブは
クラブそのものに、ボールを遠くに飛ばす
エネルギーを秘めています。
あとは、それをどのようにボールに伝えるか
考えればいいだけです。

軽いヘッドの場合、どちらが鶏で、どちらが卵、
それとも双方なのかは分かりませんが、
運動のスピードというのが、飛ばしには
絶対条件になります。ですから、少々、
人間の体の構造に対して、無理な動きであっても
飛距離の為には、必要になってしまうのです。

さて、テークバックの話に戻りますが、
テークバックの基本と言うか、コツは
「クラブをあげない」ことにあります。
ギョエ〜〜 って感じですよね。
クラブは人間の動作として、上げないけれど
高さを創り、位置エネルギーを利用する。
その為に、前傾姿勢が有るじゃないですか?!

そもそも、前傾姿勢とは、軸足の大腿骨と
骨盤の前に傾いている角度差のことを指します。
アドレスの状態では、はっきりとした軸足は
ないので、シンプルに骨盤の傾きです。

IMGA0201

ボールの位置は、ボールの高さは
股関節よりしての脚に対しては
靴と同じ高さにありますが、
前傾した胴体(骨盤より上)に対しては
ベルト位の高さにあるのです。

imga200

アドレスをセットし、前傾姿勢以外を動かさず
前傾姿勢を直立姿勢に戻してください。
ヘッドの高さはベルト位の高さにありますよね?!
そこ理解すること、かなり重要です。

と、なるとです。
スナップショット 1 (2012-12-19 0-40)トップの位置での
ヘッドの高さは
地面に水平になっていた
シャフトが地面に垂直に
なる分、程度しか
動いて居ないのです
(コッキングを多用しなさいと
言う意味ではありません)

動作として、上げなくても良い為に、
前傾姿勢と言うのが存在しているので
テークバックと言うのは
ヘッドの重さを、ボールへの打撃、ボールへの負荷
として利用するが、打ち手への負荷にしないため
クラブを短くしている、
クラブを重力に対し、短くし、軽くしている、
に過ぎないのです。

上げてないから、降ろさない
上げていないから、降ろす必要もない
クラブを短く収納する際に
前傾姿勢も伴って、クラブの位置エネルギー(高さ)
が結果として生まれるだけなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


巷に横行するシャフトしならせ&しなり戻し理論
困ったものです(ー_ー)!!

ウソも百回つくと、本当?になってしまう、かの
勢いですが、クラブの取り扱い、シャフトの取り扱い
としては、大変間違った考え方です

スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)

クラブヘッドの重量の中心点は
シャフトの延長線上には存在しません。
ライ角度も存在しますし、
重心距離や重心深度も存在します。

すなわち、シャフトをしならせる
ということは、シャフトを捩じることと
同意語である、という認識が必要です。

アドレス時、ヘッドの重量は
シャフトよりも右側(飛球線後方側)に
ある訳で、シャフトをしならせる
(ヘッドを右に送り込む) のと
シャフトをしなり戻す(左に)というのは
同一の運動には成り得ません。

さらに、クラブを右に動かしている時よりも
左に動かしている方が運動のスピードも速く
なりますから、質量はそのスピードの二乗分
重くなるのです。

このサンプル映像は、テスト用の
非常に数値の低い(柔らかいシャフト)
アイアンを打っています。

流行りの軽量スチールシャフトの
フレックスSが、振動数290位ですから
半分の数値と言っても良いと思います。

さぁ シャフトを撓らせていますか?
しなり戻す動きをしているでしょうか?

シャフトの本当の役割は
ヘッドの重さ、特に重要なヘッド形状がつくりだす
重さを打ち手に伝え
動かしていく方向をガイド/誘導したり
クラブやクラブヘッドの重さを
運動のスピードに加算するため、です。

シャフトはヘッドを動かすのが役目
ではなく
グリップを動かさせるのが役割です。

ここが最大のポイント。

市販のクラブではその概念は
絶対に味わうことが出来ないと思います。

クラブが作り出す、重さとベクトルを
シャフトを通して、グリップ〜打ち手に
伝え、上手に打たせる
打たさせてしまう、というのが
本当のシャフトの役割なのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久々に出てくる言葉ですよね
刷毛塗・・・
最近から読み始めた方には、イマイチぴんと来ないかも
しれませんが。。。


まずは、こちらからご覧ください。


前半は、肩を揺さぶる「振り子式ストローク」
後半は、弊社で「刷毛塗」と呼ばれている
ストロークです。

その大きな違いを抽出してみましたので
こちらもご覧ください。
スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)






スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







ストロークで大きな違いがあるのは一目瞭然。
ヘッドの高低の変化の激しい「振り子式」の場合
フォローを出せば出すほど、ヘッドは高くなります。

パターヘッドのロフトの変化を見るには
シャフトの角度を見れば、分かりやすいですが、
振り子式のシャフトは 90度近くも動いていて
片や「刷毛塗」では、シャフトの角度は10度程度の
変化しかありません。

☆インパクト時のロフト
☆インパクト時のフェースのどの部分でのコンタクト
☆ヘッドの高さの変化


どちらがそれに優れ、どちらがそれに劣っているか
言うまでもありませんが、それだけでなく
ヘッドをたくさん動かす「振り子式」の場合
必然的に、ストロークそのものが大きくなります。
ま、これは市販のパターのヘッド重量
少なすぎる・軽すぎることに対する補正手段
ですから、仕方がない部分はあるのですが、
大きなストロークでは均一なパッティングは
簡単ではないでしょうね。

ご自分で素振りをする場合、
パターヘッド、では無く、シャフトの角度
というものに注目してください。
749d4652

また、L型ブリストルタイプパターの場合
後ろのえぐれの部分が、曲面に削り込まれているので
ロフトを変化させず、フォローを出していけば
自分の視線で、その面の見え方(光り方?)が一定に
なります。
その前に、フォローでその部分が見えるように
フォローを出してみる必要もありますが。。。

スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)






振り子式ストロークでは、多分、広背筋を使って
肩周りを揺さぶる運動になるのだと思います。
確信はありませんが、そこで微妙な距離感は
とても難しいと思いますし、その動作そのものは
自分の背骨を捩じるものですから、お薦めはし難い。
総じて、前傾も深くなりがちですので
余程、そのストロークに自信が無い限りは
辞めた方が良いと思います。

刷毛塗のストロークは、利き肘の曲げ伸ばしです。
右左のグリップは上下に少し重なっていますから
右手を飛球線に伸ばしていく
(厳密には自分の胸に平行に伸ばしていくこと。
パッティングストロークの場合は向きの変更が
殆ど無いので、それが飛球線と一致している、だけ

これを出来るだけ 左の肘で受け止めず
左の手首を手のひら側に逆折りしていくことで受けます。

右手で左の掌底を押していくような感じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターを作る際
当初は販売価格を無視し、比重の重たい925の銀を
使った作ろうと思っていました。
ところが金属加工屋さんに相談すると
銀を削り出しで作ると その削りカスは
切削過程での熱によって極度に酸化してしまい
元の銀に戻すのに、銀を買うより高くなってしまう
とのアドバイス。。。
500gのパターヘッドを作るのに
750〜800gのインゴットが必要で
それがリサイクル出来ないとすると。。。
 ここで挫折

そこで今度は 弊社のアイアンを作ってくれている
共栄ゴルフさんに相談します。。。
削りと言うことも含め
弊社のアイアンと同じ素材で
同じ加工、仕上げで出来るとのこと。
010

L型の形状を採用した一つの要因に
アイアンの延長線上、0番アイアンのようなものを作ろう
というのがありましたから、そのアイアンを作っている
ところにお願いするのは筋だとおもい
決断しました。

さて ここからが大変です。
一般的なパターは 300g強
500g近いものを作るには
単純な構造が故に倍の大きさになってしまう…。
オーソドックスな形状を維持しつつ
その重さを倍にしなければならない。。。
よくある タングステンなど異素材を重量増加の
ために使うとなると、面積、体積が取りやすい
ソールになってしまい、重心が低重心化・・・
パターにとっては芳しくない状況になってしまう。

a08683cd

かといって フランジのついているような形状にすると
当初の目的であった 初期の動きだしイメージのしやすい
形状にできない。。。

何度作り直したことでしょう。。。

クレイモデルから サンプル削り出しにすると
その削りの陰影によって、歪んで見えたり。。。
構えた時に見えるラインによって
フェース面が反って見えたり。。。

出来ればグースはつけたくないけれど
グースに見えるような形状。。。

パターヘッドとして出来るだけ高重心な形状。。。

そして 何より 動かす〜移動させるイメージの
浮かびやすい形状。。。

重心を高くするため 出来るだけネックを太くし、
グースに見せるため、削りの手法を変えてもらって
削り出しパターに投入できる技術はすべて
注ぎ込みました。


10数度のテスト&エラー
一年半の歳月によって 今の形状は出来ています。

自信作です。

ちょっと気がかりなのは
非常にシンプルな形で、完成形に近いものを
作ってしまったので、このパターを凌駕するものを
この先、作ることが出来るのだろうか ってことですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パターだけに限らず、アイアンやウッドなどもそうですが
ボールがどこに飛び出そう と言うイメージだけでなく
クラブヘッドをどの方向に移動させるか、引くか、
(引くという言葉は手で動かすというニュアンスがありますが…)
それを醸し出す造形はとても重要です。
424f9307

自分が古いタイプの人間だから
そう感じるのかも知れませんが、
最近のクラブ、特にマレットやL型タイプのパターには
その「醸し出す雰囲気」を感じ取れません。
確かに 数値上、やれモーメントが高い とか
重心が深い と言う理屈は理解できるのですが、
人間は機械ではありません。
OB三連発をしたホールでのパターは
気落ちして弱くなったり、怒りで強くなったり
そういうものだと思います。

パターストロークは
ショットのように、スピードやパワーで解決出来ない
非常に静かなものです。
ショットのように「エイ!」という
乾坤一擲で誤魔化すことも出来ません。
ですので、ストロークまでの見つめている
ボールとパターのイメージは
とても大切だと思うのです。
20110627192758

このL型ブリストルパターを作るきっかけとなったのは
ベティナルディと言うメーカーの
中尺のピンタイプのパターヘッドです。
削りだしのピンタイプの形状で
中尺パター…
当時は中尺パターはまだまだ市民権を得ていませんでしたから
どちらかと言えば、パターの苦手な
パターイップスになりそうな人の
一時しのぎの存在でした。
ですので、流通するものも安価なものが多く
削りだしのベティナルディという高額なパターは
ほとんど回転しない状態。。。
しかも、ピンタイプ&中尺というのは
日本ではあまり認知された組み合わせではないので
ほとんど売れません。
非常に正当というか、オーソドックスすぎる形状というのも
この組み合わせにはイマイチだったのかも知れません。

販売元と仲が良かったこともあり、大量に買い付けました。
ヘッド重量が 405g超だったこともあり
それを引っこ抜いて、弊社オリジナルのパターシャフト
を指して、再販しておりました。

それが在庫切れし始め、
同時に弊社で販売しているオリジナルのウッドや
アイアンヘッドのヘッド重量がより重たくなり
よりシャフトの柔らかくなり・・・
お客様から パターが軽い、パターのヘッドが感じられない
という意見をちらほらと聞くようになります。

そこで オリジナルのパターを作ろう
と言うことになったのですが
当初は そのピンタイプの重たい版を作ろう
と思っていました。
正直、ピンタイプのパターは直線に使い形で
構成されているので、デザインは意外に簡単です。
004

クレイモデル(粘土)から始めるのですが、
なんと言ったらいいのか
ピンタイプのパターは
静的には完成された形状ではありますが
人間が使う〜動かすということに掛けては
何もガイドが無いというか
どの方向へ動かすのかのガイドが存在しません。
何度作り直しても
動かすイメージよりも動かさないイメージしか
出て来ません・・・。
同時に マレット形状もいろいろやってみましたが
これはもっと動かせない。。。
動かす方向のイメージがほとんどなく
イップスになってしまう形状です。

L型パターの有名なところでは
ウイルソンの8802、8813
マクレガーのIMGなどがありますが
いずれも グースが強く、ヘッドを回転させる
そんなテークバックのイメージが出てしまいます。

そこで 自分の古いパターのコレクションの中から
ブリストルパターを引っ張り出してきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターの最大の特徴は
やはり そのヘッド重量にあります。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。

470gを超えるヘッド重量は
さまざまな恩恵をもたらします。
006

まず ストロークの始動が簡単になります。
比較すれば 非常にわかりやすいのですが
軽いパターヘッドでは 自分自身がずっとパターヘッドを
動かさなければならなく、なかなか始動するきっかけが
掴めません。
このヘッド重量があれば パターイップスには
ならないと思います。

次に 重量、重心が見た目通りです。
そのおかげでストロークが非常にスムースに出来ます。
どういうことか というと
昨今流行っている 重心の深い、モーメントの高い
パターヘッドは、理屈上は重心が深いとわかっていても
いざ ストロークする段になると、人間は
打面であるフェースに意識が行きます。
その打面よりも重心が何センチもずれたところにあると
動かしたヘッドに対し、遠心力などは
重心のかかるが故に、重心部が膨らもうとする
働きがかかり、結果 ストロークがループすることに
なってしまいます・・・。
2595cdb2

パターは特に 空へとボールを飛ばす必要がないので
重心が深い。。。とか 重心が低い というのは要らないもの。
フォローが出るから なんていう謳い文句にのっとって
重心が深いもの、慣性モーメントの高いものを
選ぶ人が少なくないようですが
うまくいっている人を見るのは少ないですねぇ・・・

もしも フォローが出るというのであれば
重心が深いが 重量が軽いものと
重心は浅いが 重量の重いもの
いったい どっちが そうなんでしょうね…。
c534b357

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は抜群です。
BlogPaint


ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
そんな直進性能を持っています。

意外かもしれませんが、下りや速いグリーンにも
非常に強く、万能選手とも言えますし、
ラフがないような冬の芝状態であれば
グリーン周りからのアプローチにも威力を発揮します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある実験をしてみました。
古くなって使わなくなったサンドウエッヂを折れる限界
極限まで曲げ、ロフトを増やします。
計測器の目盛外なので、正確には分かりませんが、
80度近くのロフトはあると思います。
007

それを二つのスウィングで打ち比べ、撮影し
どんな違いが出るか、調べてみました。

ふたつのスイングとは、そのひとつは
まったくもって間違っているのですが、
巷に横行している 振り子式遠心力打法。
要は、グリップエンドを支点として
腕周りのさばきで、クラブを、シャフトを振る打法。
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)





もうひとつは、クラブ、シャフトを単体では
動かさず、クラブを持った自分が、体の向きを
変えることによって、クラブを動かす 正当な
正規なクラブの動かし方。
(これには名称などありません)

スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)





双方を左右ともに、シャフトが地面と平行になる
そこまで動かす(振る)状態を基準とします。

余談ではありますが、双方のインパクト以降
フォロー、フィニッシュへ行くのに
振り子式遠心力打法の方はヘッドが急激に上がり、
円弧も小さくなります。
このロフトのクラブだと、フェース面が常時
自分の方を向いているような状態になります。

では、打ってみましょう

前半が多くのアマチュアの実行している振り子式遠心力打法
後半が正当で正規なクラブ扱い です。


どうですか?
振り子式遠心力打法は、ボールスピードが
明らかに遅く、ヘッドスピードよりも低い
ボールスピードと言っていいでしょうね。
打撃のエネルギーはスピンと高さに
化けてしまっています。
場合によっては、二度打ちもありそうですね。

『80度』という極端なロフトで実施している訳ですが
これが30度のロフトになったとしても
この関係は変わらないと思います。

これがアマチュアの「飛ばない」理由の原因と
ハミングバードは考えています。
若手プロよりも体力のない、パワーも
スタミナも、ヘッドスピードも無い我々、
アマチュアオジサンゴルファーが
プロよりもキツイロフト角度を使っているのは、
この打ち出し角度を見ると答えが見えてくるのでは
ないでしょうか。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【L型ブリストルパター】

上(左)から
 ✪テフロンブラック
 ✪ボロンブラック
 ✪ニッケルパール
 ✪Wダブルニッケル

010


007
軟鉄鍛造 S20C
ヘッド重量472g
ロフト角度 5度
バンス角度 3度
フェース長 100mm

フェース高  34mm
フェース厚  22mm
ネック長   93mm
ネック径  18mm
008
【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP
006
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング とは
ゴルフクラブというゴルフスイングにとって
便利なものを利用して、打撃することを指し
ゴルフクラブでなくとも打撃出来てしまう もの
もしくは、ゴルフクラブを利用しようとしない もの
は 単なる打撃であって、ゴルフスイングとは呼ばない

ハミングバードではこう定義しています。

では ゴルフクラブ、人間、ボール と言う関係を
見ていきましょう。

ゴルフクラブ、打撃部分であるヘッドには
当たり前ですが、打つ場所 打撃面があります。
一般的にはそれはフェースと呼ばれています。
22dfc18d-s箱形状であるウッドが分かりやすいので
ウッドをイメージしてみてください。
丸い形状をしていますが
フェース面、ソール、クラウン、サイド
と少なくとも、4面構造です。
そのフェース面でボールを打つのです。

では 今度は人間の方です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)人間にとって
打つボール
飛んでいくボールというのは
体・・・
写真では分かりにくいですが
骨盤を基準に
体の真ん中よりも
左に位置しています。
と 同時に クラブの構造をもう一度見て頂くと
わかりますが、この写真の向き、方向と合わせると
a08683cdボールとクラブの関係も同じく
ボール、そして飛んでいく方向は
クラブに対し、クラブヘッドに対し
左に位置しています。
なんだか 当たり前すぎて
飽きてきますよね…

と言うことはですよ
スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)ゴルフクラブには打撃面
というのがある訳ですから
このような状況でない限り
その打撃面で打つことが
出来ないはずなんですよね

では これはどうでしょう?
4289f9fa-sおかしくありませんか?
体、骨盤にとって
ボールの位置、飛んでいくボールの領域は
真ん中より左に位置していたはずなのに
この状態では 体の右側
下手をすると、体の右側よりも右の可能性があります。


584506d7この状態で
いったい打撃面はどうなっているんでしょう?
自分の骨盤(体)よりも左を向いているはずの打撃面
このボールと体の位置関係では
本来の打撃面ではなく、ウッドで言うところの
ソール面がボールに向いているはず… です。
セットアップした状態を基準に考えると
体の向きにおおむね 平行な方向に飛んでいくはずのボールは
体に対し、90度とまではいきませんが
それに近い 明後日の方向に飛んでいますよね。

本来は ソールがボールに当たる
もしくは ソールがボールに向く筈の姿勢であるのに
フェースに当たり、望んだ方向に飛んでいる という歪みは
想像以上に体に響きます。
練習量などはともかく、接触プレーもなく
とても過激とは思えないこのスポーツで
20代半ばで故障者が続出しているのは
その啓示と見て間違いないでしょう。
スナップショット 2 (2014-04-20 10-04)

そうですね テニスラケットには詳しくありませんが
多分、テニスラケットはガットの張られている面で
打つものだと思います。
表裏があるのかはわかりませんが…
卓球もそうだと思います。
しかし この状態だと
ラケットで言うところ
サイド面、フレームでボールを
打とうとしているのと
同じだともいます。
そりゃあ 練習を重ねれば
フレームでもうまく打てるように
なるのかもしれませんが、、、
その打撃論を追いかけている限り
ある意味、ガットを張る必要性がないのかも知れません。
今のゴルフクラブ事情ととてもよく似ていますね。

ラケットにとって重さ というのが
どういうものが分かりませんが、
少なくとも 正しく使うのであれば
ガットは張る必要がありますよね、冗談みたいな話ですが…

しかし、峰打ちすることを推奨する
現代のゴルフスイング論では
ヘッドやゴルフクラブの機能は
ほとんど用をなさない訳で
峰打ちしか知らない剣士 が
刀を論じることは出来ない のではないかと思います。
曲芸としては凄いんですけどね…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ