◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2014年03月


コースで出てしまうミスショット。。。
その多くの原因が クラブにある とは
あまり多くのゴルファーは考えていないようで、、、

インターネット内や問い合わせなどで
ドライバーやウッド、ユーティリティ、アイアン
ウエッヂなど、色々な組み合わせを
悩まれている方が多いみたいですが、
ロフトの数字が埋まれば、セッティングが
完成する
 とは言い切れません。
tp07sface
一本一本のクラブの互換性 が
ある程度の幅、揺れで収まっていない限り
それが原因でミスショットが生まれます。


硬さの違いの大きなクラブを打つ、
ヘッドの重さの違いのあるクラブを打つ、
これを一球交互交互に行えば
どちらか、もしくは双方ともに
ミスになったりする訳で
少なくとも、自分のゴルフバッグに入っている
クラブが前述のように、ある許容範囲の中に
収まっていて、初めてロフトの話が出来るのです。

同じヘッド、同じ長さ、で
明らかに違う硬さのクラブを2本作った
としましょう。

双方、同じ距離、弾道になるでしょうか?

同じシャフト、同じ長さ
機種、ロフトは同じだけれど、明らかに違う重量
のヘッドを装着した2本のクラブ。。。

双方、同じ距離、弾道になるでしょうか?

双方が「当る」「打てる」と言う条件の元で
言えば、ゴルファーそれぞれによって
どちらかダフリ、どちらかがトップ
になるのが、正しいゴルファーの反応で
両方が一球交互に打つと言う条件の中で
上手にこなせるほうが おかしいとも言えます。
IMG_0040
コースへ出れば、心理的な状況も有りますし
傾斜等によって、微妙にボールの位置も
嬉しくはないですが、ズレテしまったりします。

その上で、タイミングの取り方や
ヘッドの重さ感、リズム、など
同じ条件で打たせないクラブ を交互に
打っていたとしたら、ミスショットが
改善されないのは、致し方の無い事です。

シャフトの性格や重心位置、それらも
良い意味での互換性があった方が
良いのは良いのですが、少なくとも
ヘッドの重量と長さ、シャフトの硬さ
と言う基本的な部分が共通しているクラブが
バッグの中になる というのが
ゴルフクラブでいうトコロの
「セッティング」というか セット と言うコトに
なるのです。

車のタイヤで言えば、4本が同じサイズ
であると言う条件と似ていると思います。

私が見てきた限り、市販のクラブを混載されている
ゴルファーの多くが、わざとミスを誘発するような
セッティングをバッグに混載して、
正しく使えば、ミスになる状況を
なんとかねじ伏せて使っているようにも思えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お世話になります。

 

ゴルフをさせて頂ける感謝の中、この連休もラウンドを重ねました。

 

回数を重ねる毎にアイアンの飛距離、精度も上がりました。ドライバーも自分にとっては極端にティーを低くし打つ事で飛距離の伸びました。

 

ドライバーヘッドのソールにはティーの線が幾重にも引かれ、しゃくり上げの打法から変わりつつあるのではと感じております。

 

しかし、飛距離はこれまでの落下点には達せず、模索が続いております。

 

012


そんな中、3/22のブログを読み返すと言葉で十分に理解しているつもりでも、動きにこれまでの固定観念が働いていたか「あるべき動き」に繋がっていないことに気づかされました。

 

「前傾を保つ」事を意識しダウンに入ると、余計に沈みこんだり又はめくり上がり、体に負荷がかかっていたと思います。

 

自分が気づいたのは、ダウンはトップよりそのまま動かせば良い事が理解出来ました。「前傾しているからクラブが上がる」は分かっていても、帰りも前傾がダウンにたどりつくためには、単にそのまま動けば良いと至極当たり前の事を理解しました。

 

私の意識ではトップから平行に動くように感じます。

 

この世界に引き込まれた方々は理論的で左脳で考える人が多いと勝手に推測しますが、それがかえってあだとなっている場合が多いのでしょうね。

 

とは言え、ゴルフでは俗に言う「分かった」なんでゴールは無いのでしょうけど・・・

 

今日も独り言でした。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 このブログに関連する中によく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

  人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。
 そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が
  「仕方がなかった」
というのがあります。

GOLFsystemWORKS K99


車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます
 どのスピードからは 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。  確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います

自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
            {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。


良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです


☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている   ヘッドターンをしようとしている人の
不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれにアガナウか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです



     自分の側から クラブを見るのではなく
     クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
                   ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

パターも含め ショットを打つのに
ゴルフクラブのロフトは非常に重要だ
ショットで これから打つ距離 を確定するのは
ヘッドスピードとロフト角度で有る。

スピードは打つ前に有る程度 決めているモノで
インパクト間際になって 変更しても 決して成功しない
当然 ロフト角度の変更も 間際でするものではないし
バッグから クラブを抜いた時点で ある程度 決まっている。

パターやアプローチにとっては まず設定したロフト有りきで
そのロフト角度を前提に 自分のスピードなりの距離感を
作るのだ 出来るだけ ロフトを不安定にしたくない
スピード ロフト 共に不安定 不確定 であると
距離が確定出来ないし 今のショットの是非 が
次のショットに役立たない

 でも 忘れては困る 縦方向の軌道も
  
ロフトを構成する大きな要素なのだ
縦の 入射角度(勿論アッパー軌道の場合も含め)が
最終的に ロフトを決める というか
入射角度も ロフトの一部 だと言う認識。

そして クラブはその構造上
ロフトと縦の軌道は密接な関係で
ロフト姿勢を変えずに 完全に縦にヘッドをスライドさせる事も
出来ないし 逆にロフト変化が激しいと
縦の軌道変化も激しくなる駄目なストロークの代表

自分でやってみて欲しい
パターストロークで
肩の振り子に加え 
手首のスナップも行うと
ヘッドの振り子の弧もよりキツクなる

その逆に 刷毛塗り もしくは右肘だけのクランチ
の動きで 出来るだけ ヘッドを平行にスライド
もしくは ロフト変化を抑えてあげると
ヘッドの上下(縦)の弧や移動も かなり抑制される

誤った 
大間違いの肩周りの振り子のパッティングストローク
実は これがサンプルとして 一番分り易い
その 動きをオーバーにやる為 スナップの動きも加えよう
フェースの開閉や左右の動きが無いから より分り易いだろう
その 弾くようなストロークは
インパクトタイミングよって かなりロフトが変わるし
ヘッドの上下、高さ変化も激しいから
ボールのどこに? ヘッドのどこに? コンタクトするか
全然 分らない 打ってみないと分らない 
それも 打つ距離によって変化してしまうし
ヘッドスピードや立つ傾斜などによっても
 変化してしまうだろう。

これでは 前のストロークが参考にならないし
同じ距離 似たようなシチュエーションでも
前回のストロークがフィードバックされない
 
 
だから パターが上手く行かないんだよ

このパッティングストロークをしている限り
パターだけに限らず クラブの機能は
 一切使う事は 出 来 ま せ ん 



自分のショットを振りかえって貰いたい
ゴルフショットが向上する絶対条件は
ミスショットが、ナイスショットが、
要するに その前のショットや 過去のショットが
次のショットの確立を上げる為に 叩き台になる事で
このパッティングストロークのように
ロフト そして縦の軌道 ボールの当たり所 が
打ってみないと分らないような 不確定な方法では
前後に関係なく 
このショット このショット このショット
このショットだけ
 を 何とか成功させる方法である上
 …とは言っても えらく確率は低いけれど
ショットの場合 これに 左右の横の動きや
フェースの向きの開閉 みたいな 
ものすごく立体な動きになるのだから
打つ前から 成功率は極めて低いと言えるだろう

ミスすることは問題じゃないけれど
そのミスが生かされない
毎回 違う 参考にならない ミスの連続では
単に サイコロを転がしているだけで
そりゃ 年に一回位 イチ が三連続で出たりもするけれど
その次になにが出るかは検討がつかない

そんな方法論だから 当然 必然でそうなっている
 と認識して欲しいのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


どうだろう。。。
 色々考えてみても軽いヘッドの利点は見つからない

ドライバーのヘッドを軽くして。。。
速く振れる と思ってしまうけれど、
楽をしたいから軽いヘッドにして、結局のところ
速く振らなければいけないのは なんだかおかしい。
クラブがかるくなったから、その分、自分が働いているだけ。。。
本当はクラブに助けてもらいたい…筈なのに。

軽いヘッドはボールをどかさない。
静止している時のボールの重さは 45g
しかし、これを200ヤード水平移動させるのには
800kgを超える重さがヘッドに掛かる。
単純なる計算式で 破壊力は 重さ×速さの二乗 になるのだから
重さが減った分は、自分の労力で補わなければならないし、
重さというのは同時にモーメント
 運動を維持しようとする力 と比例するので
重さが無くなると、その運動を持続しようとする力も失う。
ph01_15

軽いヘッドは 上げてきたヘッドスピード が
ボールの負荷(重さ)を受けた時に、スピードの減速が
激しいので、そのスピードギャップが故障の原因になる。
多くのゴルファーがそのお蔭による関節痛になっている。

 横道に逸れるけれど
シャフトと言うのはテーパーが付いており
負荷のかかりやすい先端部が細い。
グラファイトはその部分を補強したり、
繊維の強度の組み合わせで、
シャフトそのもののバランスをいかようにでも出来るが
スチールシャフトは単一素材の為、細くなる先端部の
肉厚を増やしてしか、強度を補強することが出来ない。
故に見た目と異なり、スチールシャフトはシャフトそのものの
先端部が重く、装着するヘッドの重量が軽くなる。


その軽量スチールが主流になってきたのに合わせ
各メーカーとも ドライバーヘッドを軽くしてきた。
シャフトも強度を工夫するよりも、先端部を重く、
厚くした方が安上がりで済む。
主流になったのも、単価を下げ、売れていないアイアンの
販売を伸ばすがためで、売り側の都合とも言える。
✪打っても飛ばない。
✪当たっても「快感」が無い。
✪インパクトが痛い。⇒特に冬。
✪スイングを教える機能が乏しく(無いに等しい)進歩し難い。

ゴルファーの平均年齢層がますます上がり、
昔に比べ 体育会系若者が減ってきたこと
それらが相まって、ゴルフ人口は激減している…。

売り上げを伸ばそうとした努力は認めるけれど、
本末転倒で、緩やかなる自殺のようになっている。。。


これが実は総じての 軽量スチールシャフトの弊害だ。

ま、それはさておき
軽量ヘッドのアイアンで一番困るのは
スピードで解決し辛い アプローチショットに
如実に表れてくる。

「ヘッドを振る」って訳でなくとも
先端に重さの無いモノってのは リズム感というか
タイミングってのが作り難い。
アプローチショットで一番重要な「距離感」って
行き着く所、スピード感な訳で
動作のスピード、ボールのスピードの感覚的な
繋がりが距離感になって行く。
本来、短くとも、一番ヘッドの重いウエッヂは
メトロノームの様な役割もある訳で
それが乏しい訳だから、うまく行きにくい。
090804_01

まして、バンカーやラフなど、ボール以外の
重さもどかさなければならない状況には
軽量ヘッドは滅法弱い。
力の無い人、早く動けない人、体重の無い人
女性などにとっては、最近のクラブは
「バンカー恐怖症発生装置」になってしまっている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


市販の45インチクラスのドライバーヘッドのの重量 188g
    弊社の悶絶クラブと呼ばれているヘッド重量 240g
    *(45インチ換算)

市販の45インチ Rシャフトの硬さ・振動数    
230cpm
 弊社の悶絶クラブと呼ばれているシャフト硬さ  140cpm
  *(45インチ換算)



30%の軽いヘッドの付いたクラブが
60%も硬いシャフトなのです。
好き嫌いは別として、どちらが機能が多いか
比較に成らないのではないかと思うのです。
014

お悩みの方など、多くの方のクラブの扱い というか
スイングを見ていると、既にスイングの技術として
全てのモノを持っていらっしゃる
どちらかと言えば、多すぎる位…。

そう 打撃するのに
ヘッドの重量が明らかに足らず、
スイングをガイドしていくれる筈のシャフトの硬さ(軟らかさ)が
明らかに足らない ということは
そのクラブの足らない分を打ち手が人間の動作で
補ってしまっているのです。

そうですね。
犬小屋を作るのに すべての材料は持っています。
多すぎる位・・・
でも、のこぎりで釘は打てないし
カナヅチで木は切れない・・・
今のゴルファーはなんとか技術やスピードなどの
運動性能によって、無理やり のこぎりで釘を打っているし
カナヅチで木を切っている。
・・・そんな感じに思えます。

単に必要なモノが 相棒で有る筈のゴルフクラブに足らない
だけの話から始まっているのですが


仕舞いには ロフトが変えられるクラブだとか
ライ角度が可変式のモノだとか
なんだか意味不明なモノが横行し・・・
それだけ クラブの機能がどうでもよい というコトを
自ら謳っているようなクラブを作ることになり・・・

なんだかな、 って感じです。
005

どのクラブでゴルフをするか それぞれの人が選べるのも
ゴルフの一つの楽しみ です。
そして、購入されたクラブをどうにか
「使いこなそう」と色々やってみるのも
ゴルフの楽しみの一つです。

ただ 人間の技術 にでは無く
ゴルフクラブの方に、明らかに足らないモノが
多く出回っているのも事実で
どんな性能
(単に謳い文句とも言えるが)が付いていたとしても
軽いヘッド分、割り引かれた性能になってしまいますし
どんな謳い文句のシャフトであったとしても
動かなければ ただの棒・・・

そして、それ以上に 軽さも硬さも
足りない分は 人間の努力によって補うことになる
要らないことに時間と労力を使わなければならない
というコトも憶えておいて頂きたいのです。

スイングはクラブによって構築されます。

基本部分が足らないゴルフクラブは
それによって 要らないことを覚えなければならない分
金額以上の無駄な部分(損な部分)も
含まれていると思います。
総じて 要らないことは複雑な動き に なりがちなので
習得するのに大変な 複雑な動きは
一度手にすると 解除するのは もっと大変。

クラブ選び って 後々 残るものだから。。。
本当に大事な基本性能 重さと柔らかさ
 そこだけ が 一番肝心だと思うけどね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スチールシャフトは同一の金属で作られています。
基本、複合することが出来ません。

そして ご存知の通り
シャフトは手元が太く、先端が細くなった
テーパーの付いた形状です。
アイアンですと、手元は 約150ミリの直径
先端部分は 95ミリです。
HBS 005

故に、負担の大きい先端部分は
金属の肉厚で補強するため、外側の形状と
反対に 先端に行くほど肉厚になっています。

グラファイトシャフトは箇所箇所によって
色々な繊維を複合することが可能です。
同じ重さのシャフトを作っても
手元を重たくすることも、先端を重たくすることも可能です。

よく グラファイトは飛ぶ。 スチールは飛ばない。
と言われますが、これに「直接的」にシャフトは
関係がなく、そのまま鵜呑みにしてはいけません。
この原因は 上記の通り、スチールシャフト装着のクラブは
シャフトそのものの先端部が重いので
軽いヘッドが装着されています。
その差は、アイアンで、長さを同じとすると
15〜20gも違うのです。
飛距離の差はここに有ります。
ですから、スイングウエイトの数値を無視し
同じ重量のヘッドを装着していれば
双方、飛距離性能、飛距離のポテンシャルは同じです。

近年、スイング破壊兵器、ゴルフ破壊兵器である
軽量スチールシャフトが主流になっています。
それは実は 単価を安くし、アイアンを販売するという
売る側の都合 なのですが
それによって ほとんどのアイアンは スイング破壊兵器
が装着され 販売されています。

練習って言うのは、概ね アイアンでする訳ですから
軽量スチールシャフトのヘッドの軽さ
それに伴う シャフトの硬さ に どんどん慣れていきます。

そうなると、グラファイト装着のウッド・・・
特にドライバーは ヘッドも大きく、クラブも長い
そして 比較論として、スイング破壊兵器装着の
アイアンより ヘッドが効いている・・・
うまく行きませんよね。
015

そこで 考えました。
グラファイトシャフトは 如何様にでも重量配分を
いじれます。
そう シャフトの重量配分を先端部を重くすれば
双方 互換性が良くなると・・・。

幾つか 調べてみました。
過去の 大体のウッド用グラファイトシャフトは
先端が0 グリップエンドが100とすると
だいたい 52〜54 の辺りが重心点だったんですが
今の主流のシャフトの多くは 50 を切っています。
ウッドシャフトの素管(切らない状態)は
だいたい 1150〜1200ミリですので
3センチ以上も 先端に重さが寄ってしまったんです。
モノによって 46 なんて数値のものも有ります。

これって 多くのゴルファーは気にしている
キックポイントより 重量じゃありません?

だいたい キックポイントの差は 
元調子と先調子でも 上記の数値で 4程度の
差しかないんですけどね…。

で、その重量配分の差がどうなるか って言うと
従来、私の頭の中では 常識的な、
別な言葉で言うと 良心的な重量配分のシャフトであれば
45インチで スイングウエイト D-00 を作るのに
ヘッドの重さは 195〜198g 必要です。
ところが、スイング破壊兵器に合わせたウッドシャフトの場合
45インチで 186gあれば余裕で D-00 は
出来てしまうのです…。

同じ スイングウエイトであっても
10gも軽いヘッドの付いたドライバー・・・
飛ばなそうじゃありませんか?

そう、それだけじゃありません。
ゴムでは無く、プラスチック系のグリップが
流行っているお蔭で、グリップの軽量化も
どんどん進んでいます。

グリップ部は 4g軽くなると
だいたい スイングウエイト1ポイント分です。

普通(良心的な)のグリップは 50g強 なのですが
軽量グリップだと 30gなんてのも少なくありません。
上記の ドライバーに その 30gのグリップを組めば
178gもあれば 余裕で D-00 になってしまう…。

普通のシャフト、普通のぐりっぷであれば
195g以上である筈の ヘッド部が
20gも減量って・・・ 一番美味しいメインディッシュの
部分を 10%以上減らされて・・・
ものすごく損した気分になるのは私だけでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


クラブを円に、丸く振る と言う言葉がありますが、
基本、クラブを持ったまま
「クラブは動かさず」体を向きを 右〜左 と変えれば
結果 クラブヘッドは円弧を描くのです。
分かりますよね
44_1_0p

でも、意識の中のどこかに
「クラブヘッド、もしくはクラブで円弧を描かねば…」
があると、円は二重なモノになってしまいます。

ゴルフクラブは当り前ですが、無機質な物体です。
自分自身に 動力源もない訳です。
「重さがあるじゃないか?!」と仰いますが
重さは質量に関係なくすべてに懸かっていて
ヘッドだけが特に運動する、なんてことはありませんし、
重さは重力方向に均等にかかるモノ…。

遠心力は…?

これ、特に良く自分の頭で考えてください。
もしも、遠心力がショットすることの源
破壊力の源であるのなら
ショットの手前で クラブを離してしまっても
(握る〜離す の離すです)
ボールは打ってくれる筈 ですが、
そんなことはあり得ません。
クラブはダウンスイングの中途の
下向き、地面向きの方ですっ飛んで行きますし
練習場でそんなことしたら ワンバウンドしたクラブが
前の打席の人に向かって 飛んでいきます。
意図的にやったら 出入り禁止 になりますよね…。

ショットの目的は ボールを望みの方向に飛ばすこと
な訳で、 それには明確な「方向」が存在します。
その「方向」とクラブが作り出す遠心力の「方向」が
揃うのは フォロースイングの終盤になります。
クラブの作り出す遠心力を全く使わない とは言いませんが
使う必要はない! 出来るだけ遠心力は排除する
と理解しておいた方が
スイング、クラブの扱いはシンプルに出来ます

スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)

手を返す、とか ヘッドターンさせる
なんていう 行為は、ゴルフクラブの構造そのものを
否定する非常に芳しくない行為です。

ゴルフクラブは 市販のクラブであっても
その総重量の半分以上〜7割位は
先端部分のヘッドに集中しています。
ヘッドをターンさせる行為、シャフトを振る行為 とは
クラブのグリップ部やグリップエンドを支点に
ヘッドをたくさんな角度動かす行為な訳ですが
自分でそんな行為をしないゴルフクラブにとっては
大迷惑な話で、
それをするのには手元を止めるなり
手元の移動を辞める、もしくは移動の方向を突然変える

という、重さと闘う行為になります。

届きそうもない
ボールは低いところに有る
飛ばしたい
 そう言った人間らしい部分は理解出来るのですが
ダウンスイングの中途、大体後半ですね
ここで クラブヘッドを丸く振る行為で表現しなくとも
それらはちゃんと表現することが可能です^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイングのイメージというのは
やはり 視覚情報 目からの情報 というのが非常に
大きくウエイトを占めていると思うのですが、
この 真上から見る映像というのを
出来れば しっかりと頭に焼き付けて欲しい のです。
 として居る筈です。

両グリップの上下左右の関係
クラブの重さ配分
打撃部分であるヘッドの構造
それらを結び付けていくと
結果として円運動になる 体の向きの動き
これを利用しつつ、その動きの量(角度)を減らすことが
本当の意味での ヘッドの重さの使い方になります。

スナップショット 2 (2013-06-12 22-56)
その上で、の話なのですが、
誤解を生み易いので、しつこいようですが
もう一度 説明します。

アドレスを基準点として
この時のクラブ(シャフト)の向きを時計の針で12時
とします。
テークバックを取ると、
体の向きが概ね90度近く右を向くので
シャフトの立ち上がりは割愛させて貰い
シャフトの向きは だいたい午後3時を向くわけです

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


ここまでは 想像通り です。

で、このシャフトの指す時間というのは
大原則として 体の向き で行う訳ですが、
行う訳ですが 行う訳ですが
これに 腕は介在、介入、干渉します。

 エッ えっ エッ  

体の回転で って言ってましたよね
 常日頃。

そ そうです。 体の回転です。
しかし、腕のさばきもこれに介入するのです。
逆の意味で

普通の考えれば 体の向きが 12時の向きから始まり
午後3時〜12時〜午前9時と
イメージの中では 180度のターン をするのですから
当然、クラブ、シャフトの向きも
180度のターンをすると思いますよね。

多くのゴルファーはこの180度の動きに
更に90度以上増やした
延べ延べで 270度以上のクラブターンをしよう と
しています。

逆です。

これをご覧ください
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)







スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)
スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)








体の向きの変更、180度ターンによって
グリップ部、握り部は確かに180度向きを位置を変えます。
しかし、ゴルフクラブの構造を考えると
長い棒の先に重さが付いています。

それには 機械も動力も付いていない訳ですから
主たる移動、運動は 人間の動作によって
行われるのです。

重さというのは、重し、おもり でもある訳で
その重しの付いた部分が、主たる運動よりも
大きく動くとは考えにくいのです。
いや、そうするためであれば
この ゴルフクラブの構造は意味がなくなってしまいます。

多くの人は その運動を増やそう としていますよね

体の向きの変更によって
グリップの位置の移動は 180度のターンですが
シャフトはその半分の90度以下に抑える
それが腕の役割 です。


そう この動き どこかで見たことがありますよね…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ