◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2014年02月

482426_165494683601157_1747186060_n

一般的には安定度(ミート率)や方向性を見るのに
フェース面の当り場所を見ますよね?!
正直なところでは、現代のゴルフクラブは
モーメントが非常に高く
  ✪モーメントとはその姿勢を維持しようとする力
   その運動を維持しようとする力と考えてください
フェース面のどこかに当たれば
当たる場所によって、どうか というのは
あまり関係ないのです。。。本当は。

当たり場所という静的なミートよりも
時間の伴う動的なミートの方が重要です。
ヘッドの動いてきた方向(ベクトル)と
ボールの飛びだす方向の整合性が重要です。
ゴルフクラブは 重量の中心点あたりに効果的な打点が
設置、設定されているため
動的なミートが正しいとクラブの構造上、自動的に
真ん中あたりに打点が来るのです。

以下の条件を満たせば 安定して 真ん中で打つことが出来ます。
✪十分に柔らかい、硬くないシャフトを使うコト
✪必要最低限の重さが備わったヘッドであるコト
✪出来るだけヘッドを回転させずに クラブを使うコト


それが 概ね満たされればスピードの乗ってきた時点で
シャフトの延長線上に打点が来ます。 必ず来ます。

十分にしならないシャフトでボールを打つと
シャフトの延長線上に打点は来ません。
多くの… 9割を超えるアマチュアゴルファーの
使っているクラブでは
自分の握っている棒(シャフト)の延長線上で
ボールを打つのではなく
ゴルフクラブの、俗に言う重心距離分
シャフトをボールの内側を通して、
その重心距離分のズレで打つことに慣れています。

これがゴルフを非常に苦しませていると
気付いている人は殆どいません。

ちょっと想像を働かせて貰いたいのですが
シャフトはヘッドの端っこに付いています。
しならないシャフトを撓らせて使うと
重量がずれたところに有る(シャフトの延長線上にない)
クラブの構造上、ヘッドは回転
シャフトは捩じられて使われることになります。
BlogPaintインパクト時、
この姿勢になっていれば
製品の重心距離分 30〜40mm位
シャフトをボールの内側を
通せば、真ん中にボールは
当たる訳ですが、これがもっと
右を向いて、開いて入って来てしまっている場合
その同じ距離分シャフト内側を通したのなら
ボールはトゥに当たってしまいます。
003また ヘッドの重さが後ろに残っているため
クラブ自体に遠心力が掛かるので
上のヘッド姿勢とは同じ軌道を通り難いので
ボールのどの位内側を通すのが良いのか
その時々の瞬間芸になってしまいます。
それはヘッドが閉じていても同じです。
⇒スピードを上げながら
⇒ヘッドの回転を調整させながら
⇒どの位 シャフトをヘッドの内側を通すか

曲芸に近いと思いませんか?

その条件で ヘッドの真ん中に当たることを
なにかの基準にしますか?

こんな実験をします
同じ長さ、同じヘッド重量、同じグリップ
シャフトの硬さだけを変えます。
ひとつは 振動数240cpm  ・・・市販のRスペックですね
ひとつは 振動数150cpm  ・・・弊社のRスペックです

実験に参加してくれるお客様は
ある程度 柔らかいシャフトを使い慣れている
40代後半 50代半ば 60代後半 の3名です。

ちょっと ズルいやり方ですけれど
弊社のRスペックを20球位打って貰った後で
市販のRスペックを打って貰います。

すると 3人が3人とも ヒール・・・
ヒールと言うか アイアンであれば シャンクの位置
シャフトの延長線上に当たるんです。

フェースの真ん中にずれていくのに
早い人でも5球
一人はいつまでたっても そのヒールで打つのが止まりません。
本能として 棒の延長線上で打つ
そこに自動的に打点が来る方が
毎回、微調整の必要がショットよりも格段に
簡単ではありませんか?


クラブの持っている「オートマチック性」
使ってみた方が良いですよね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


いや〜〜 すごかったです。
ビックリ(*^^)v
いろいろビックリ満載なラウンドでした。

手にしてから四か月余
雪の影響で2回ラウンドがキャンセルに、
何時にもましてミッチリクラブと自分の慣らしを。

始めは練習場のマットが飛ばんかの如く
ダフっていたのがだんだん少なくなり
(煽り始めてる?)
スイングの向上は別にして、打音は良くなってきた。
店長さんに言われて初めて気にしたことだが
練習場の打音は
ゴムと言うよりは身の詰まったプラスチックのボールを
打っていると錯覚する。
数球(数十球)に一球だが、ゴムらしい音が聞こえ
その時は決まっていい球。距離もほどほど。

そして先日念願の筆おろし。
まず一つ目のビックリは
パターがすごい。
何とも言えない転がり。
ゆっくりな出玉が加速も減速もせず
カップを通過(通過!)していく。
距離が合っても、曲りを以前の半分位に設定して
置かないとあらぬ方向へ真っ直ぐ→→→→→
当日は雪上りで結構ボコボコなグリーンだったけど
跳ねる訳でもなく、減速する訳でもなく…。
グリーンのせいもあるけど、一緒に回った二人は一日
まったく距離の参考にならない自分のパターに
苦しんでいたようで。。。
(^O^)ラウンド前の練習グリーンで
友人に打たせたお蔭で、その友人は
一日悲惨な目にあっていた(>_<)
2595cdb2

次にびっくりしたのはラフ。
元々あまり体力も体重もない自分は
冬はまだしも、夏の深いラフになると
距離が落ちるだけでなく、
出すのも苦労するのが常だったのだが
まあ サクサクとラフから出てくる。
バンカーも同じ。
これはスゴイなぁ すごく楽。
雪上りでフェアーウェイもドロドロだったので
普段ならダフると極端に距離が落ちる筈が変わらない…。
番手選びに困ったりも…。
(そのお蔭で2発OBになったけど)

そして ドライバー。
練習場で出来ていたことがあまりに出来ず
店長さんの言う「象の亡霊」の重さがぁ…。
テークバック、上げた時にほんのりと分かるけど
ダウンで、そう、お話の通り、インパクト直前で
まるで後ろ髪を引かれるように突然重さが
スイングにブレーキを架ける。
打つ直前に何十倍にもクラブが重くなって
そのボールは…。トホホな結果…。
雲に向かって飛ぶか
(距離にならず棒高跳び(>_<))
ブーメランスライスとなって駄目だしを喰らう。

その中で2球だけ スイングにも、ショットにも
何の感触も無かったのがあった。
それはあのパターと同じで
速くも遅くも無くゆっくりと浮遊するように
飛んで行って、近年の中では一番飛んだティーショット
(ランが出ますね!(^^)!)
となったのだけど、何の感触も無いので
まるで雲をつかむみたい((+_+))
無感触を追いかけるってこと、なんですよね。
563002_155517437938329_730154635_n

良くも悪くも『ヘッドの重さ』はたっぷり味わったけど
シャフトはまったく柔らかく感じなかったなぁ(+_+)
数値(振動数?)で言うところの以前使っていた
シャフトよりも110(cpm)も落ちているのに…。
寒さの影響があるとは言っても、これで柔かく感じなかった
のに、これより110も硬いのを使っていたのは
いったい何だったんでしょうね ><
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


まず ヘッドスピードの計測 ですが、
ph01_15ある程度 共通の要綱は
アドレス時を基準に その手前(飛球線後方)
15センチから 
アドレス時よりもヘッド一個分左(飛球線)
にずれた 区間の時間を計測します。

実は ここにトリック? があるのですが
ボールをその場所からどかしきるまで』を計測するので
どのように当たったのか によって 異なってきます。

ボールは静止時は 45g ですが
弾道にもよるけど、200m飛ばそうとするのなら
その重さ、打点上への加圧は1トン近くになるのです。
しかし、その加圧はどの状態で当たったのか
によって、結構大きく差は開きます。

ドライバーを基準に、ロフトが大きくなるほど
ヘッドからのボールへの加圧が減る と比例して
ボールからのヘッドへの加圧も減る というコトです。
要するに、長さを同じと言う条件の元では
ロフトが大きくなった方が
 ヘッドのスピードの減速は少ない というコトです。

皆さんも体験があると思いますが
がちっと喰った感触は、その加圧もあるんですが
その加圧によるヘッドスピードの減速も加わっています。


つまり 巷で論じられている
ヘッドスピードはあまり意味が無いというコトです。
こんがらがりそうですが、飛ばすためヘッドスピードを上げる
と世の中で言われている打撃方法や打ち方は
総じて スピードは上げるためだけの動きで
結果としてロフトを開いてしまうので意味も無いですし、
そのヘッドスピードの数値を論じても、比較基準が違いすぎます。

確かに 同じ条件であれば
ヘッドスピードが高い方が飛ぶには飛びます。
「ヘッドスピードを上げるためにロフトを開いて打つ」
のであれば
「ヘッドスピードは無視し、飛距離効率を損じない方法」
でショットした方が格段に飛ぶし、
ショットの労力効果は高くなります。

とっても当り前ですけれど、
ヘッドスピードを上げて 9番アイアンで打つよりも
普通に5番アイアンで打った方が飛ぶ というコトです。

ちゃんとヘッド重量があって
その人なりに ちゃんと動く(軟らかい)シャフトであれば
正規なヘッドスピード 38msあれば
実測、正しい計測で 220ヤード以上のキャリーボールを
打つことが可能です。
で、参考までにですけれど その38msと言う数値は
こすって打つ人の 43msに相当するものです。

ヘッドスピードを上げようとして こすって打つのは
アラジンのランプをこすっているみたいで
エネルギーは単に 摩擦による熱とスピンと高さに
化けてしまうようなものです。

ちなみにですけれど
私のヘッドスピードは 40ms弱です。
でも 球筋を無視して、こすって打って良いというのであれば
48ms位までは
(意味がありませんけど)上げられます。
その振り方では 確かに20球打って
最高飛距離は 40msの時より飛びますが(一球位かな?)
平均飛距離は 40msの時よりかなり下回り
前後左右のばらつきは比較になりません


私は 飛距離とは18ホールのトータル だと思いますし、
もっと重要なのは 例えば90歳までゴルフをするとすれば
いまから 90歳までのトータル飛距離/割ることのホール数が
飛距離 だと思っています。
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)







ロフトを寝かしてスピードを上げる方法や
若い時だけしか出来ない飛ばすための「煽り打ち」は
かならず それが出来ない年齢が来たときに
帳尻が合う以上に 飛距離が落ちるか
体に支障、故障を持つことになります。

飛ばす ことは絶対の魅力です。
しかし 体に無理させて 「もっと振る」というのは
実際には夢物語でしかありません。
ゴルフは大人の、知恵のゲームですから
もう少し ゴルフクラブの機能と言うのを理解して
なぜ 遠くに飛ばすためにこの構造なんだろ? って
考えてみるのも ゴルフの楽しみ方の一つだと思います。
017

単に振り易くするのなら
ヘッドの重量はもっと少なくても良いでしょう。
速く振ることがそのままイコール距離なのなら
長い棒の先に重さを付ける必要は無いでしょう。
にも拘らず 長い年月を経ても、ヘッド重量が
少なくなったとは言え、半減していないのには
理由が有ります。
まして 理論上、ボールは上から打ちます。
ヘッドの重さで落ちていくことが ヘッドスピードの助け
になるのは間違いありません。
そう考えると、スピンの問題を解決するために
意図的に上に煽って振ったり
ヘッドを回転させる打撃方法は
そのヘッドの重さと真っ向から闘うこと
即ち ゴルフクラブの機能と反目しあうことになります。

ちょっと嫌味な言い方ですけれど
ゴルフクラブの機能を闘っている打撃方法を選んでいる方が
ゴルフクラブの機種を選ぶ のは
なんだか意味がないような・・・
出来るだけ ゴルフクラブの機能の薄まったものを
選んでいる? って気がするのは私だけでしょうか?
そして そのゴルフを続けていくほど
体力の低下 ⇒ ゴルフクラブの機能の薄さ
を選んでいくことになってしまうと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




http://livedoor.blogcms.jp/blog/hbs/article/edit?id=1848364
002

http://livedoor.blogcms.jp/blog/hbs/article/edit?id=1848369

「軽いヘッド、硬いシャフトがゴルフを滅ぼす・・・」

昨日、一昨日からの続きになりますけど
この問題 意外に深刻なんです。
ゴルフ人口は 15年前2000万人近く居たのに
今では 700万人を切っています。
特に若年層のゴルフ離れは顕著。。
景気や雇用問題との関係も勿論ありますけれど
若い方の 「娯楽」のニーズは変わって来ています。

今の市販ゴルフクラブほど 
上達には身体能力、そして練習頻度が要求されます。
本来、ゴルフは社交的な要素が強く
オリジナルでは ネクタイ、ドレスがゴルフの正装でした。
それが アスリートという言葉が横行して以来
運動性能に自信の無い方にとっては
かなり厳しいものになってしまいました。

良い悪いの問題ではありませんが
50歳を超えるような世代にとっては
スポーツはうまく行かなくて当然、うまく行くのには
ある程度の練習が必要 と
下手な時期も普通に過ごせますが
若い世代はそうは行きません。
昔に比べ、もっと娯楽が多様化し
スポーツでない、もっとお金のかからないネットゲームなどが
ゴルフのライバルな訳です。
ほどほど練習しても、当たらない、飛ばない、上手くいかない
ゴルフクラブでは、彼らを惹きつけることは出来ません。
その上、多くのゴルファーはショットに、
スイングに、痛みまで感じています。
そして、それが当たり前 だと思っています。

まあ 絶滅危惧のクラブを作っている私からすると
市販のゴルフクラブのヘッド重量/シャフトの硬さでは
軽すぎて モーメントが少なく
ボールを飛ばすのには 
身体能力と練習頻度は絶対条件になってしまっています。
その身体能力とは運動性もありますけれど、
痛みに鈍感なことも少なくありません。
ヘッド重量が軽いと、インパクト時に
ヘッドスピードの減速が顕著です。
シャフトの硬さも伴い、その衝撃は体に来ます。

また ここまで軽いヘッドが付いて
ここまで硬いシャフト。。。 特にスイングを覚えるために
練習場で練習する多くはアイアンですから
軽量スチールという まるで言葉だけでは魅力的な
スイング破壊兵器 というか
もう ゴルフ破壊兵器とまで呼べる代物では。。。
打つ度にゴルフの魅力を削いでしまう とも言えます。

鉄の先っちょの付いた棒を振って
ゴムのボールを潰す感覚 というのは
なかなか他のモノでは味わえません。
コースに行かなくても これだけで 結構な快感です。
ゴムのボールがつぶれる音、感触…
それがゴルフを続けさせる一番の魅力なのかも?!
とも思っています。

ところが、 市販の軽いヘッド&硬いシャフトでは
撓らせる為思いっきり体を捻って使っても
ヘッドも軽いので飛ばない上、痛い
そして ボールがつぶれない・・・

練習場で音を聞いている限り
まるで 石のボールを打っているような音しか
聞えて来ません。
非常に不快な音 です。。。


ゴルフクラブで石のボールを打ってみたいと思いますか?
痛そうですよね

実はこれって なんとなく ゴルフから離れさせる要因
なのではないかな って 思うこの頃です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 

この度は、多大なるご配慮を賜わりまして、
誠にありがとうございます。

電動アシスト付自転車の写真をお送りさせて頂きます。

雪がまだ残っている為、
構図がいまひとつかもしれません。

皆様のこれからの益々のご活躍をご祈念申し上げます。

 

 社会福祉法人ありのまま舎

 DSC_0050

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


お世話になっております。

皆様の協力によりまして集まりました今回の『支援金』
 総額 213’500円になりました。
誠に有難うございます。


そのうち 10万円を
☆被災地の幼稚園楽器支援をするため
 ⇒牡鹿の海を未来へプロジェクト様
 

003



93870円を
☆筋ジストロフィーなど重度障害施設
 宮城県仙台市太白区にあります「ありのまま舎」への
 電動アシスト付自転車提供のため
 ⇒相澤輪業様へ送金させて頂きました。
 過去のありのまま舎への支援
 http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1434382.html
 http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1433982.html

004



 また 以前もご協力、ご支援頂いた相澤輪業様に
 またもお世話になりました。
 ブログ上で申し訳ありませんが、御礼申し上げます。
 http://livedoor.blogcms.jp/blog/hbs/article/edit?id=1596393

お蔭さまで「電動アシスト付自転車」届きました。 

自転車P2210198

有難うございます



残りました支援金は 来月、宮城県気仙沼市児童養護施設
「旭ヶ丘学園」と石巻市障害者施設「みどり園」への
郡山からのお米の提供にまわさせて頂きます。

是非 引き続き、ご支援頂けますよう
お願い申し上げます。   野澤

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


また、恵比寿ロータリークラブから
気仙沼「旭ヶ丘学園」様に向け
児童用自転車15台支援のプロジェクトが進行中です。
こちらは フランス・サンジロンRCの協力もありまして
継続的な支援を思案中です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


一般のアマチュアの9割以上が使っている
硬いシャフト、要は撓らないシャフトを使うには
ふたつの条件をクリアしなければなりません。

1.シャフトをわざとしならせた時、インパクトのタイミングまでに
それを 元の姿勢まで戻してこれるのか
2.その過程の中で、どの位 ボールの内側シャフトを通すのか
   ***そして その量を機種ごとに変えねばなりません。

一般のオジサンゴルファーでも
時速に換算すると、130キロを超えるような
ヘッドスピードで ドライバーを打ちます。

大✪体を回転させる
中✪クラブ(シャフト)を振る
小✪ヘッドを回転させる


これがそれぞれ 遠心力を発生させる円運動なのですが
それぞれが 違う円弧 違う方向に動いています。
勿論、それはそれぞれ干渉し合います。
その上で、重心距離 と言う数値
3センチから4センチ ボールセンターの内側を
通すのですが、それが1センチずれれば 
ヒールヒットにも トゥヒットにもなります。
忘れてはいけないのは 上下もあるのです。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

で この難易度は一本のクラブです。

これが 硬さの異なる、重心距離の異なるウッドとアイアン
有った場合、その総合難易度は二乗倍的に増えて行きます。

ドライバーはイマドキ 大型が中心です。
少なくとも 35mm位の重心距離は有りますし
40mmを超えるモノも少なくありません。
また、ドライバーはさすがにメーカーも分かっているのか
市販品には狂ったような硬さのシャフトは余り存在しません。

フェアウェイウッドは使い勝手
好まれ方からして、ドライバーよりもかなり小振りですし
シャフトもドライバーに比べると硬めの方が多いです。

このテーマに関しては、市販のユーティリティクラブは
難物です。アイアンやフェアウェイウッドに比べると
重心距離は長め、シャフトはアイアン相当の硬さ
どう整合させていいのか 難しい代物です。

アイアンは 軽量スチールシャフトのお蔭で
この10年で一気に小振りなモノが主流になりました。
重心距離で言うと 1センチ以上短くなったんじゃ
ないでしょうか??

003

ちゃんと撓るシャフトのゴルフクラブを正しく使えば
スイングするのに 重心距離は意識する必要がありません。

単に重量として捉えればいいんです。
ただ 重心距離 ⇒シャフトの延長線上に重量がない
というのを 方向。。。動きの方向性として
利用と言うか、誘導されれればいいんです。

ところが 市販の動かないシャフトをゴルフクラブを
使っている限り、この重心距離のセット構成は
ゴルフを複雑に、難しくします。

シャフトの長い、アイアンに比べると遥かに柔らかい
ドライバーには 重心距離の長いものが付いています。
重心距離が長いということは 同じ重さでも
より重く感じる というコトです。
そして、シャフトを撓らせて使う人にとっては
柔らかさは 更に重さを感じさせます。

アイアンは ドライバーに比べると遥かに硬い。
アイアンには 重心距離の短いものが付いています。
重心距離が短いというコトは 同じ重さでも
より軽く感じる というコトです。
そして、シャフトが硬いので その軽さ感は助長されます。
また 軽量スチールは構造上、強度上 重いヘッドが
装着できませんから、グラファイトのそれと比べると
15g以上軽いヘッドが装着されています。
ヘッドが小振りになったうえに、ヘッドまでも軽量化
されているのです。

長くて重い、ヘッドが重く感じる ドライバー
短くて軽い ヘッドが軽く感じる アイアン


振る、扱う というだけでも うまく行く理由が少ないのに
ここに ミートとなると。。。。 もう無理。

この二つの構成を多くのアマチュアゴルファーは
一つのバックの中で、セットとして使っていますが
殆どの方が極端にボールの位置が違います。

ボールの位置が20センチも違う ということは
タイミングも異なってくるというコトです。
往復で 40センチ以上、
しかも 長い方のドライバーの方が その移動距離は
多い訳ですから・・・

IMG_0040


その上に 重心距離の違いによる
シャフトの通すラインとボールの関係・・・

仮に同じシャフトの硬さ(しならないという同条件で)としても
重心距離が違えば、相互に上手にミートすることは
易しくありません。

シャフトの硬さが異なれば、テークバックの取り方
切り返しの感じも異なりますし、力み感も違うでしょう。
シャフトの撓らせ方も同じにはなりません。
そして、ボールの位置も違う…。

まあ 難しいことにトライするのも
確かに面白くないとは言い切れませんが、
嫌味な言い方になっちゃいますけど
その条件の上で、全ショット上手く打とう っていうのは
ちょっと無理があると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのゴルファー、お客様のゴルフクラブを見てきました。
クラブ持参でご来店されれば、基礎的な計測をします。
IMG_0106

市販のクラブの代表的な例がこんなところです。
     長さ   振動数(cpm) 
1W   45   233
3W   43   
258
 ←ドライバーとは違う機種
5W   42   
255
UT#4 40   278
5I    38   292
 ←アイアンは基本的にセット

6I    37.5 318
7I    37   312
8I    36.5 315
9I    36   316
PW   35.5 328
SW   35.5 322


 ←見た目は3番と同機種

 振動数とはシャフトの硬さを表すものです。
違うシャフトで同じ数値の場合、どちらが硬いかは
シャフトの特徴によって異なりますが、
数字が大きければ硬いと判断して間違いありません。

さて、上のセットですが、
もし ドライバーがそこそこ気に入っているのなら
フェアウェイウッドは ちょっと ??? な状態。
シャフトの硬さに「離れ」があります。
ドライバーに比べ、フェアウェイウッドが「硬い」というコトです。

このセットでラウンドすると
後半、疲れてきたあたりで フェアウェイウッドの(特に3番)
手痛いミスが発生しやすくなります。

逆にファウェイウッドの方が気に入っている場合
ドライバーにはスライスの注意が必要になります。

また フェアウェイウッドは同機種、同フレックス…
表示上、同じ硬さであるのにもかかわらず
実際は 短い方の5番ウッドの方が柔らかく
ワンフレックス違うものが混載されている状態です。
もし 3番の方が好きなら、5番はダフリ、スライスのミス
5番の方が好きなら、3番はトップ、チョロ
 そして 双方の平均飛距離は殆ど変らない と思います。

セット全体としては
ウッド系に比べると、アイアンが硬い です。
多分、これではアイアンが飛びません。
5番ウッドと5番アイアンとの間にかなりの距離差が
生まれるので、ユーティリティは必要になりますね。
で、多くのゴルファーはドライバーの数値には気を使っても
フェアウェイウッドにはあまり関心を抱かないので
この構成だと フェアウェイウッドそのものを
あまり好きにはなれないと思います。
ですから、7番ウッドでは無く ユーティリテイな訳です。
538067_156953224461417_86771680_n


さて アイアンですが、
お決まりの 数値の逆転がありますね。
本来、同じヘッド、同じシャフトですから
ある規則性を持って 短くなるにつれ
数値が大きくならないといけないのですが
これでは「本当の意味でのセット」にはなっていません。

     長さ   振動数(cpm) 
1W   45   233
3W   43   258
 ←ドライバーとは違う機種
5W   42   
255 ←見た目は3番と同機種

UT#4 40   278
5I    38   292
 ←アイアンは基本的にセット

6I    37.5 318
7I    37   312
8I    36.5 315
9I    36   316
PW   35.5 
328
SW   35.5 322


これもウッドの構成と同じく 数値がバラバラ。
この場合の多くが 5番アイアンは結構「好き」な場合が多く
6番は良い印象が無いので、あまり使いません。
硬いんですよね
そうなると ミスも多いうえに、距離も出ませんから
6番〜7番〜8番アイアンに あまり距離の差が生まれません。
番手間の距離が打ち分けられないので
「ああ ワタシはアイアン苦手なんだ」という印象も
植えつけられるので、金額にかかわらず
高く付いてしまっています。
それでも5番アイアンは 打ちやすい ので多用します。
柔らかいからですね^^

また ピッチングウエッヂが硬いので、
アプローチはサンドウエッヂを多用することになります。
本来、グリーン周りなどは
出来るだけ、使えるのなら
ロフトの少ない(ロフトの立った)クラブ
例えば パターとかで転がした方が
距離感が身に付き易く、スコアに成り易いのですが、
サンドウエッヂの上げる球を持ち球にすることになるので
アプローチもなかなか上達しない状態になります。

実はクラブセットの流れ というのは
「打つ前から予想できる」ミスの要因になっています。

「腕前でカバーする?」…それもイイでしょう
豊富な練習量、時間とお金があるのなら
それもゴルフです。
でも、ちょっと知恵を絞れば、
クラブセットの流れによるミスの誘発は
割と簡単に解決するのです。

安易にセットを構成してしまうと
そのクラブによって作られてしまうスイングは
(それらのクラブを打つために訓練するのですから)
あとから直すのは かなり大変です。


02

今回の記事の内容とは別な話ですが、
多くの方は 本来使うべき硬さ(軟らかさ)よりも
格段に硬いシャフトを使っています。
それを使って 上手く打つ訓練をするのには
硬いものをしならせて使うことを覚える必要があります。
ここに矛盾を感じて貰いたいのです。
シャフトの硬さには種類があるんです。
硬いものをしならせて使う必要があるなら
始めから
「硬くないモノ」を使えばいいんじゃないですか?

ゴルフクラブは 理由があって
シャフトがヘッドの端っこに付いています。
ヘッドはロフト角度やライ角度など機能があって
前後上下左右非対称の構造物です。
そのヘッドの端っこに付いたシャフトを撓らせる ということは
歪なヘッドの姿勢を常時変化させながら
ボールを打つことになるんです。

シャフトを撓らせることが、ヘッドを有効に使うこと と
思えますか?

番手間のロフト差は 3〜4度です。
時計の針一秒分(6度)動かしたら
番手の意味は無くなってしまいます。
ロフトにもよりますが、ライ角度を2度ずらしただけで
150ヤード先では 左右10ヤード以上 方向がずれます。

それでも シャフトはわざとしならせるべき
ものだと思いますか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


お世話になっております。

皆様の協力によりまして集まりました今回の『支援金』
 総額 213’500円になりました。
誠に有難うございます。


そのうち 10万円を
☆被災地の幼稚園楽器支援をするため
 ⇒牡鹿の海を未来へプロジェクト様
 

003



93870円を
☆筋ジストロフィーなど重度障害施設
 宮城県仙台市太白区にあります「ありのまま舎」への
 電動アシスト付自転車提供のため
 ⇒相澤輪業様へ送金させて頂きました。
 過去のありのまま舎への支援
 http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1434382.html
 http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1433982.html

004



 また 以前もご協力、ご支援頂いた相澤輪業様に
 またもお世話になりました。
 ブログ上で申し訳ありませんが、御礼申し上げます。
 http://livedoor.blogcms.jp/blog/hbs/article/edit?id=1596393

 今回 お届けする「電動アシスト付自転車」はこちらです

BE-END636S



残りました支援金は 来月、宮城県気仙沼市児童養護施設
「旭ヶ丘学園」と石巻市障害者施設「みどり園」への
郡山からのお米の提供にまわさせて頂きます。

是非 引き続き、ご支援頂けますよう
お願い申し上げます。   野澤

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


また、恵比寿ロータリークラブから
気仙沼「旭ヶ丘学園」様に向け
児童用自転車15台支援のプロジェクトが進行中です。
こちらは フランス・サンジロンRCの協力もありまして
継続的な支援を思案中です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


昨日の記事の続きになるんですけど
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1847731.html

現在、世の中で主流になっている
手でクラブを丸く振る打法(スイングプレーンなんちゃら)
であると、
スイングの最下点はボールより手前になるんです、必ず。

003


でも、ややこしいことに それを
上に向かって振るので、バンスの大きいウエッヂや
ソールの奥行きの長いフェアウェイウッドは
敬遠されることになります。
ユーティリティクラブが全盛なのも
そのせいだと思うんです。

右サイドを下げて、左サイドを上げてから
手作業でヘッドの円を描かせるのですから
地面に対しても思いっきりロフトが寝ます。
ウエッヂのバンスが大きかったり、広かったり
フェアウェイウッドのようにソールの奥行きがあったりすると
ボールとヘッドが接触する前に
ヘッドが地面と接触、干渉されちゃうんですね。
本来、下に向かって落ちている最中に
バンス也、ソール也が地面に接触しても
(変な言葉ですが 正しいダフリです)
ヘッド姿勢が修正されるだけで、ショットには
良い影響以外ほとんど無いんですけど、
ロフトを寝かして、上目に振っている訳ですから
ソールやバンスが地面と接触すると
ヘッドは急激に上に跳ねます。
そうなると、ダフっているのにトップやチョロに
なっちゃう訳です。
625be574-sソールはフェース面側がリーディングエッヂを言い
後ろ 後方側をトレーリングエッジを言います。
トレーディングエッジが地面に出っ張っているのを
バンスソールと言い、引っ込んでる方をスクープソールと言います。

アイアンは大小あれども、どれもバンスソールなんですが
ウッドは性格上、殆どがスクープソールです。

フェアウェイウッドに比べると ユーティリティクラブの方が
スクープソールがきついので より選ばれる理由ですね。

それは形状、外観の話なのですが
それと共に バンスが大きい、張っている
ソールの奥行きがある というコトは同時に
重心が深い というコトでもあります。
体の右サイドを下げ、ロフトを寝かし、手で上に振る人
にとっては 重心の深いクラブは
よりロフトが寝て、よりスイング軌道が上向きになりやすいので
苦手でしょうね…。

体を先に動かし、上半身上部(へそから上)を
後から動かし、手で丸く振る人にとっては
(クラブの機能を利用しないスイングなので)
ヘッドの重い、シャフトの柔らかいクラブは
自分のその欠点とも言えるその軌道を
更に助長させてしまう効果があります。

上半身を捩じらない と言うのがポイントです。

ボールを上から打てば良い訳ですが
(ヘッドを上から入れればいいのですが)
その言葉のニュアンスから 手作業でヘッドを
上から入れようとすればするほど、
体は上(左サイドが上)を向いてしまうので
うまく行きません。
ボールを上から打つ と言う言葉の意味は
左サイドが低い内に
右サイドが低くならないうちにショットする
というコトで、ちょっと間接的な関係と思われるかも知れませんが
体の姿勢とインパクトの時期を示しているのです。

スイングをしていれば、いずれ左サイドの方が
高い「時間」「時期」がやって来てしまうのですが
それまでに打てばいいので
それを無理やり『技術』で解決することではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ