◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2014年01月


雑誌や会話、良く出てくるゴルフ用語に
「わきの締めろ」というのがありますね。
過去にも何度もきじにしていますが、
imageCA07U19C現代のゴルフスイングで言うところの
「わき」は漢字で表すと 「腋」になりました。
いつの間にか…。




img一般的にゴルファーが気にしている
腋は「腋の下」のことですから
本来の意味の”脇”  ⇒横、側 と言う意味
ではなくなってしまっています。

で、まぁ この言葉を引用していた本当の意味は
別なゴルフ用語で
「クラブはいつも体の幅の中に」ということ
だった筈なのですが、
いつのまにか 腕の使い方に言葉の引用が変化しちゃいましたね。

テークバックで、
左腕だけ動かして
「右の腋(の下)は締めて、左の脇はがら空きにさせるのが
脇を占める と言う本当の意味なのか、
体の幅の中にクラブを収めておくための
腕の形というか、位置を良く考えて
これ、各人が判断して貰いたいと思います。

ちょっと解説しちゃいますと、
これは若干ダウンへと移行している場面ですが
img_849654_25726387_0体(上半身)と両肘の位置関係を
考えてみて下さい。
アドレスから比べると
左ひじは30センチ以上離れました。
右ひじは殆ど動いていません。
クラブを持って、この真似をしてみると
右ひじを支点(軸に)クラブを90度立体的にひねったことが
分かります。

で、ですよ。
ダウンスイングと言う
(本当は動作として
 その言葉を意識するのは良い事とは言えませんが)
とっても重要な、しかもあまり長い時間のない瞬間に近い動き
この時に、利き腕でない方の腕を
30センチ戻して、利き腕の肘の位置は動かさない
なんて事が筋トレもしていない オジサンゴルファーに
可能でしょうか?

ダウンスイングで激しく腕を動かすことも×ですし、
クラブを下に振ろう なんて、前傾姿勢を無くしてしまう
代表的な「デス・ムーブ」…
駄目な動き
100歩譲って、腕を動かす、肘の位置を移動させるに
してもですよ、両方が同じだけ、同じ量だけ動かすのが
一番簡単で、繰り返せる動きじゃないでしょうか?

まして、体は前傾があるとは言え
殆ど地面と平行に向きを変える
横方向への結果として回転の動き であるのに、
右ひじを支点として左腕だけ動かす動きは
それとはかなり方向や角度の異なる
同じく 横〜斜め方向の回転・・・
これが相互に影響しあわない とでも・・・ んな馬鹿な。
しかも、ですよ
クラブの重さは簡単には
 ヘッド(クラブ)の重さ×腕も含めたクラブの長さ
 ×運動のスピード
 に二乗して増えるんで
それを四肢の中で 一番弱い左腕で動かす
・・・はっきり言って 無理です。


t02200278_0327041312030346860結果から言うと
テークバックは肩も含めて左腕だけが動いて
帰りはそれを体で動かす

ってことになります。
この場面から想像出来る通り
ゴルファーの大好きな「スイングプレーン」に沿って
斜め下にクラブを 体で 動かすのですから
体は そのクラブを振ろうとしている方向と
立体的に180度反対、真反対に動こうとします。
左サイドを左斜め上に引かなきゃ クラブは出て来ませんもん。

imagesCAXUT058そしてこのインパクト…
にならざるを得ないですよね。
体の正面?
アドレスの時のボールの位置を体の関係と
この状態…
一体なんだったんですかねぇ。
これを真似て 左首あたりを痛めるのは
仕方がないかと思います。
股関節はアドレスに対して 90度横並び
になってしまっていますから、体重移動って言葉も
絶滅危惧種になりつつありますね。

脇って言葉に戻りますけど、
人間って 脇は左右にある訳で
左の脇 左の側帯は常時がら空き
右わきというか 右わきの下だけが締まっているのが
現代の「腋を締める」って言葉ですから、
個人的な意見ですが、
表玄関は厳重に鍵をして、防犯設備つけてるけど
裏は窓も全開って感じ…
タキシード着て、下はすててこだけ って感じがします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


牡鹿PJさんより転載

ご報告とお礼とお願い。ばかりですが、どうかどうか、あと一歩です(都知事選ではありません) どうぞよろしくおねがいいたします。
(1/18までの振込報告と昨日までの送付報告です)

12/24 N/Kさま男性 12/29 K/Kさま女性 1/6 I/Hさま女性 1/6 S/Eさま女性 1/6M/Mさま女性

1/16 O/Sさま 女性 ご協力ありがとうございます合計で42000円のご支援いただきました

あわせて、商品券を ハミングバード様のお客様やご友人他様(KUアンドアソンエイツさま、から商品券。さいたま市高橋さまからテレホンカード。ご支援頂きました)より 30000円とテレフォンカード18枚をご送付いただきました。 市後屋さまもありがとうございます。

目標の楽器代まで、14万円ほどです!! 本当にいつもいつもありがとうございます

おとなになった私たちが、子供の頃受けた、人が人を思う心を次の世代に伝えてい行かねばと思っています。もうすぐ三年がたとうとしている今、厳しいのは重々承知ですが、この子たちのこころを育てる為に、どうか、ご協力くださいませ。ブログで募集することも考えましたが、内陸ということもあって、想像で園に非難がいくことなどを避けたいとおもい、内々にSNSで募集していましたが、中々難しく

再びここでお願いをさせていただきます。鉄琴・小太鼓各3台 ベルト・台付で、程度の良いものを
中古でも、ご援助いただける方とか、いたらご紹介いただけたら幸いです。

(できるだけ被災地近隣で購入したいので、イオンやセブン関係の商品券や通常商品券でも

かまいません)。内陸の保育園や幼稚園だと
津波の被害受けてないってだけで
批判を受けたり、嫌がらせを園に電話したりする人もいるので
こないだ、ばたばたしたばかりなので、上記のお手紙も園の名前がわかるところは

出せません。
すみませんが、出来る範囲でかまいません
楽器関係、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お声かけお願いいたします

新品で注文すると、合計で 20万ちょっとかかる算段です

(一応は、最悪集まらなかった場合用に、私が個人的に負担する準備はあります。覚悟が

ないと、できない事なので)

尚、楽器をきちんとご支援すると、行政より上記のように、関係部署より
受け取った、という内容のご連絡を頂けるので
それをしっかりと公表させていただきますので
よろしくお願いします。

もし、お家に使っていない
★商品券
★テレフォンカード
★QUOカードなど
ありましたら、 お譲りいただけたらありがたいです

(送り先は、oshikapj@yahoo.co.jp   までお問い合わせください)

あるいは、以下へご協力頂ける方が居ましたら
上記趣旨をご説明頂いて、ご協力をお願いしていただけたら
ありがたいです。


http://ameblo.jp/saramama2010/entry-11758940364.html
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東北、宮城、石巻 内陸の幼稚園で楽器がピンチです。

 *個人的な意見ではありますが、
 直接、津波被害の無い地域には
 支援がなかなか行きわたり難く
 リクエストもし難い と言うのが現状のようです。

もし、、皆さんの中に、吹奏楽関係に知り合いがいて
鉄琴・小太鼓各3台 ベルト・台付で、程度の良いものを
中古でも、ご援助いただける方とか、いたらご紹介頂きたい…。

もし、お家に使っていない
✪商品券
✪テレフォンカード
✪QUOカード
など
ありましたら、 お譲りいただけたらありがたいです


出来る範囲でかまいません
楽器関係、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お声掛け、是非、お願いいたします。


尚、楽器をきちんとご支援頂けますと、石巻市は、関係部署より
受け取った、という内容のご連絡を頂けるので
それをしっかりと公表させていただきますので
よろしくお願いします。

1531982_583831951699952_2066322939_n

弊社では現在、恵比寿ロータリークラブさまのご提案の元、
仙台「ありのまま舎」、石巻社会福祉協議会、
気仙沼児童養護施設等へ 腰痛サポーター、自転車等の支援の
話をして進めております。
今の段階ではありますが、弊社は独自に
仙台「ありのまま舎」へ W支援の資金を利用しまして、
電動アシスト付自転車1台を支援する予定ではありますが、
予算に応じて、こちらの「幼稚園への楽器提供」にも
まわせれば とも思っております。
是非、ご賛同頂き、ご協力下さいませ。



振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


この支援の「きっかけ」となった ある女性のお話を抜粋して。。。
”中には沿岸部のお家を流され、
事情があって親類の家からや、
内陸にできた仮設住宅から通ってきてるこもいます。
色々な事情を抱えているご家庭が増えています。
今までは、入園の際にご家庭で用意していただいていた、
小さな楽器とかは、用意できないこともでるということから、
園では園で用意することにしていました。
でも、沿岸部の保育所、幼稚園の再建の為の予算が当然優先になるので、
そこまで行政の予算は当然おりません。
でも・・・子供たちが大好きな事は、やらせてあげたい!
家庭の事情に左右されずに、
園に来ればみんな同じ子ことができる環境を作ってあげたい。
それが先生方の願いです。どうか、ご協力お願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアン、パターはオリジナル製作済みですが
今回の「GR-14」製作に当たり、
またまたいろいろ勉強することになりました。

019


概ね、想像通りではあるのですが、
ドライバーの場合、常時、ヘッドが空中に有ります。
故に、地面に有るボールを打つ フェアウェイウッドやアイアンとは
違い、重心の高さは ボールのスピン効果と言うか
ロフトの出来方に対し、反対に働きます。
ちょっと重心の効果がティアップ分、ちょっと異なる
というコトです。

017


地面からボールを打つクラブの場合、
スイングとの組み合わせにもよりますが
重心が深いと、ヘッドが上を向き易く
ヘッド軌道が上向きに成り易い可能性があります。
右サイドが下がり、煽り気味に打つ人にとって
ユーティリティが打ちやすく、フェアウェイウッドが苦手になる
原因でもあります。
ところが、ティーアップされて 多少上下方向の
軌道に余裕のあるドライバーの場合、
絶対に意図してやるべき、スイングで作るべきではありませんが、
多少、アッパー気味になった方が
結果として、ロフト効果が減り、スピンを抑制出来るのです。

今回、ドライバーを作るに当たり、
予算の関係から、豊富なロフト構成にすることが出来ません。
そこで、重心の位置をいじれるようにした訳です。
014
そこで問題が発生します。
ドライバーヘッドをよくよく見て貰うと分かるのですが
ドライバーのソール部分は
ヘッドの面の長さに対して
半分に割った時に、
トゥ側とソール側に大きな面積の差が無く
左右対称に近い状態なのですが
クラウン部の方は、トゥ側の方が膨らんでいるものが多く
その度合いは シャロー(うすべったい)形状のものが
強くなります。

シンプルに重心の高さだけを変えたいのに
シャローなヘッドを採用してしまうと
重心高さと共に重心距離も大きく動いてしまいます。

重心を低くする ⇔ 重心距離が短くなる
重心を高くする ⇔ 重心距離が長くなる

012用途的には合ってはいるのですが
大きく性格が変わってしまいそうなので
ディープなゲンコツ型形状を採用することになりました。

ヘッドの剛性計算はプロに任せましたが
最近のヘッドはソールだけでなく
クラウンにも バルジ(凸凹)が付いている
モノが増えました。
クラブのボンネットと同じで、強度不足を補っているのです。
「GR-14」は一枚一枚の鋼材は、一般的なチタンドライバーの
2倍近い厚みを持っていますから、非常に高く
バルジの必要がありません。
唯一、ダフったり、ゴムティーの影響を受けるソールには
飾りの意味も含め、バルジを入れています。

製品としては 2月中ごろのリリースになると思います。
製品には 小さなロゴで「GR-14」と共に
SLEルール適合認証のマークが入りますが
それ以外は 何の文字も飾りも入りません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在 ハミングバードには
これだけのバリエーションがあります。

005



*ヘッド重量

参考)。吉屮▲ぅ▲鵑離悒奪表杜
    一般的な市販品 
245g
    ⇒これをD-0で組んだ時を基準にスイングウエイトの比較
   ▲汽鵐疋Ε┘奪造離悒奪表杜
    一般的な市販品 
290g

✪サンプルA  5I/270g  ⇒ E-4
         SW/
330g

✪サンプルB  5I/280g  ⇒ E-8
         SW/
340g

✪サンプルC  5I/290g  ⇒ F-2
         SW/
350g
 *
市販品の重いと言われるパターヘッドの重量が350g位です

✪サンプルD  5I/300g  ⇒ F-6
         SW/
360g

✪サンプルE  5I/310g  ⇒ G-0
         SW/370g

003



*シャフトの柔らかさ(硬さ)

参考)一般的な45インチのドライバー
   ヘッド重量190g ⇒ 振動数
240cpm

データ設定)200gのヘッドを装着 45インチ

✪MD-05  振動数 
200cpm

✪MD-07  振動数 
180cpm

✪MD-08  振動数 
170cpm

✪MD-09  振動数 160cpm

✪MD-10  振動数 
150cpm

✪MD-11  振動数 140cpm

 
 ⇒ドライバーはアイアンのセッティング、ロフト、好み
  使われる方のタイプにもよりますが
  45インチで作ることは殆ど無く、
  43.5〜44.5インチの間がほとんどです。

010



*L型ブリストルパター

✪ヘッドタイプ1  ヘッド重量 
440g

✪ヘッドタイプ2  ヘッド重量 
460g

✪ヘッドタイプ3  ヘッド重量 
480g


✪アルミシャフト 振動数 
280cpm
 (以下、グラファイトシャフト)
 オリジナル1  振動数 220cpm
 オリジナル2  振動数 190cpm
 オリジナル3  振動数 160cpm  
(数値は470gのヘッドを装着した34インチ基準)

006
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーも含め、ウッドの場合
重心距離と共に、重心深度 と言うものがあります。
個体差はあるので、一概には言えませんが、
ウッドは 重心距離の数値と重心深度の数値はだいたいイコール、
アイアンは 重心距離の1/10が重心深度です。

この違いは、ある意味意図的なモノで
重心の深さがスピンとは密接な関係ある 
というコトでもあります。
それも誤解しないように説明しておきますと
インパクト時に その重心の位置が何かの作用を生み出すのではなく
重心の位置によって、入射の角度が変わるという
動的なモノなのです。
意図的にスイングで入射を変えたりすることは
決してお勧めしませんが、

同じロフトであれば、緩い入射角度のモノの方が
スピン効果は少なくなります。
もう一つ 重要な事なので、付け加えておきますと
ヘッドのボールへの入射角度とは
肩も含めた腕回りで作り出すものでは無く
その時の体の姿勢で作り出すものです。
ですから、上から入れてくる と言う言葉は
手でクラブ、もしくはヘッドを入れてくる
上から降ろす と言うニュアンスが含まれていますが、
実際にはそうで無く、 左サイドが低い内に
インパクトに入ってくる と言う意味ですので、
くれぐれも間違わないよう お願い致します。
IMG_0039


ユーティリティクラブ(以下 UT)は
アイアンよりも多少、重心深度は深くなっていますが、
易しいと呼ばれるアイアンも年々重心が深くなって
ユーティリティに近づきつつあり
その境目がはっきりしなくなってきているので
キャビティ部分のふたが付いたアイアンと考えるのが正解です。


UTは大別して
ウッドシャフトを採用しているものと
アイアンシャフトを採用しているものがあります。

ふたつの大きな違いはザックリではありますが、
ウッドシャフト採用のモノの方がヘッド重量が軽く、長め
アイアンシャフトを採用している方がヘッド重量が重く、短め
ですので、飛距離重視、完全にフェアウェイウッドの代用として
考えられている場合、ウッドシャフト用の方が良いかと思います。
アイアンシャフトを採用している方は
ヘッド重量、クラブの長さの関係より
バンカーやラフなど、使い勝手が優先になりますから
フェアウェイウッドとアイアンの間の距離を埋める
と言う役割の方が強いかと思います。

ウッドシャフト採用のモノの方がクラブ長が長く
入射が緩くなり、スピンが少なめになる
故に アイアンシャフト採用のモノよりも
飛距離重視 と考えて良いと思います。
ただ その代わり、少なめのスピン
そしてユーティリティの構造的特徴を考えると
安定して同じ距離を打つ というコトはやや苦手なクラブ
になるというコトです。
004

フェアウェイウッドをあまり得意とされていないゴルファーは
正直にはシャフトが硬すぎるから 、もしくは
過去に 硬すぎるシャフトの装着されたFWで
うまく行かなかった記憶があるのだとは思いますが、
ウッドヘッド特有のソールの奥行きが邪魔になっているケースが
少なくないかと思います。
シャフトが硬すぎるから というのも それを誘発する大きな原因
なのですが、ロフトを伏せて、上から打てないゴルファーにとっては
ロフトが寝た時に、ソールの奥行きが地面に干渉しやすい
それにより、ダフリ、ダフリトップが
フェアウェイウッドを避けたくなる理由なのではないかと思います。


もうかなり古い話になってしまいますが、
一時期、FWでロイヤルコレクションと言うメーカーのモノが
人気になりました。
わりに上級者と呼ばれる方に愛用されたメーカーですので
(純正は柔らかいシャフトが入っていますが)
ハードタイプのシャフトでお使いになられる方が
少なくなかったと思います。
あのヘッドの利点は、ロフトを寝かし、
開いて入れて来ても、地面に干渉する「筈」の部分が
えぐられて存在していないので、ダフらずに
ボールまで届く という点にありました。


ユーティリティクラブがロング、ミドルアイアンより
やさしいのは そのアイアンに比べ、重心が深く
重心が低いことに有るのですが、
それ故に、アイアンで言うところの「フライヤー」現象を
意図的に作り出してもいます。
よって、当たる場所 というよりも
入ってくる軌道やヘッド姿勢によって
似たような弾道でも、飛距離が大きく異なってしまう
可能性が低くありませんので、
個人的には シャフトが長くなり、軌道(入射)が
緩くなりすぎる ウッドシャフト採用のモノよりも
アイアンシャフト採用のモノをお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オリジナル版L型ブリストルパター⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1658107.html




【L型ブリストルパター】
上(左)から
 ✪テフロンブラック
 ✪ボロンブラック
 ✪ニッケルパール
 ✪Wダブルニッケル

010


007
軟鉄鍛造 S20C
ヘッド重量472g
ロフト角度 5度
バンス角度 3度
フェース長 100mm

フェース高  34mm
フェース厚  22mm
ネック長   93mm
ネック径  18mm

008
【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
006


弊社のL型ブリストルパター ですね。

自身で書いてしまいますと、手前味噌のオンパレードに

なってしまいますが。。。

軟鉄で仕上げました こちらのパター

ヘッド重量は 470gあります。

従来のピンタイプの重いモノが330g位

L型などシンプルな構造のものですと 300g程度です。

それを 違和感のない形で 増量するための比重の重い異物などを

一切使わず 仕上げるには 相当な工夫が必要です。



最終的に 軟鉄を使いまして
(実は開発当初は 925銀 スターリングシルバーで
 造る予定だったのですが 予算が合いませんで)

粗い鍛造一回の後、二種類の旋盤(俗にいうNC加工)で

、一体成型 削り出しで造りました。
IMG_0032

この形状、大きさですから 何かモデルになるような

サンプルは一切なく、形の参考として

ジョージローのスポーツマン、ブリストル などを

使いましたが、ほとんど一からデザインをしたのと同じでしょうか。。。



シンプルな形状ですので、一切ごまかしが効かず

大きさを感じさせない と言うコトと共に

テークバックの引きやすい、動かす方向のガイドが

イメージできるようなデザインに仕上げました。



また 従来のパターよりもロフトを多め

バンス角度も強めに設定して、

自然にロフトの立った状態(微妙なハンドファースト?)に

なるようにも仕上げました。



テークバックの取りやすい と言うデザインと

フェース面がストレート というのは かなり難しく

遊びの無い形状の中で、かなり自分の過去の知恵や経験を

盛り込んだと思っています。



L型のパターは右に押し出しやすいイメージ
を醸し出しやすいので
実際はオフセットは無いのですが

重心を高くするという構造を含め、
ネックを違和感のないところまで

長く、太くして グースネックに錯覚する 形状にも

苦労したところです。



100g弱の このパター専用のグラファイトを

お使いになることをお薦め致しますが

このシャフトですと 従来のパターシャフトに比べ

手元を緩めて、逆に先端を締めてありますので

手元の暴れにパターヘッドが反応しにくく

より安定した、落ち着いたストロークが出るかと思います。



よく雑誌等で書いてあります パターストロークで

オーバースピンを生む と言うコトには自分は賛成できません。

本来、きれいなストロークは ボーリングのボールと同じく

打ち始め〜転がり始め はある程度スキッドする区間があり、

推進力が薄れてくると、今度は回転で前に進む

と言うコトを実践するためのパターです。

ボールが低速で、等速で、ゆっくり遠くに転がる と言うコトを

実践するためのパターにしてありますので

このパター以外で打つボールとは 明らかに転がり様が異なります。

是非 ご検討ください    野澤


 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転で直にクラブを動かす
というのが、スイング改造のテーマです。

これも良く耳にするのですが、
あれが出来ると、これが出来ない
あれを意識すると、これを忘れてしまう
と言うのがあります。

当り前の話、なのですが、
腕は体から生えています。
そして ゴルフスイングは時間によって
体の姿勢は刻一刻変化していきます。
特に体の回転には傾きと言うのがくっ付いていますので
その時々によって
下半身の下方向と上半身の下方向は
それぞれ微妙にずれていくのです。

例えば、腕の使い方を考えた時に
どの姿勢の時に動かし始めるか
ということによって、動かし方や動かす方向は
異なることになるので
動かし方、動かす方向よりも
何時動かすのか と言う方が重要になってくるのです。

そして、それを更に上回るテーマは
上記に書いた スイングのメインテーマです。
体の回転が「直に」クラブを動かす のには
体が回転してゆく方向とクラブの動かす方向
相互に助け合えるようでないといけないというコトです。

左への体重移動が上手く出来ない というのが有ります。
右〜左とは左右方向、横方向のコトです。
二段振りをすれば、クラブを斜めとは言え
上下に腕も含めた重量物を動かすのですから
体重移動也、回転なりの横方向の動きとは
立体的に90度異なる方向です。

人間にはボールをうまく打つ
遠くへ飛ばす という表向きの意識よりも
体を守ろうとする無意識な意識の方が
当然強く働きますから、
想定外の上下の負荷が掛かれば
そちらを優先して対応するはずです。

スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)この姿勢からクラブを下に振って
体重が左に移ると思いますか?
これも当り前ですが、水は低きに流れます。
重いものは高いところを嫌います。
この動作であると、行きたい方向は刻一刻
高くなっていき、今クラブのある場所は刻一刻
低くなっていく訳ですから、
右から体重を動かすのは、曲芸に近くなってしまいます。

✪体を上手に水平に回す。
✪腰のラインと肩のラインを出来るだけ平行に回す。
✪綺麗に回るために軸足を作る。
✪軸足を作るために、軸足に対する前傾を作る


これらの為に 腕を使う と考えて間違いないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく分かります。
そう、上手に重さが使えるようになると
残念ですが、スイングにきっかけ がなくなります。
体に「無理な軋み・ねじれ」がなくなるから、です。

これ、とてもよく聞かれるんです。
「ダウンスイングのきっかけはナンデすか?」って。

ゴメンナサイ。
『はっきりしたものは無いんです』

自分なりに考えたのですが、
きっかけって、自分の頭の中では無く
自分の体の中などの刺激 と言うボタンだと思うのです。
M3

二段振りのスイングは
本来、水平方向に捩じることのできない筈の
体の構造を無理な方向に使おうとしますから
人それぞれだとは思うのですが、限界点が存在します。
ウッズ選手のように、ベルトのバックルは正面を向いている
けれど、クラブはトップの位置…なんて
エクソシストかと思ってしまいます。
全ての動作が 動く〜止まる と言うはっきりした
区別のつく動作の中で行われるので
体の無理(限界)と言うきっかけがあるのです。

では、逆に質問しましょう。
皆さん、少なからず 野球でいう ボールは投げられますよね。
では、テークバックからダウン
(野球ではそう呼ばないでしょうが)
そのきっかけは何ですか?
そもそも きっかけなんてありますか?
左足の踏込?
そんな意識在りますか?

まず、スイングを改善していこう!
とする時に、絶対忘れてはいけないことがあります。

確かに 飛距離は重要ですし、
ハミングバードのクラブも、飛距離は絶対重視しています。
しかし、フルショット というのは
大きさとして フルスケールなショットであって
運動性能的にフルスイング、フルスピードスイング というコトとは
大きく異なります。
どのショットであっても
フルスケールのスイングもスピードのコントロール下
動作のスピードのコントロール下に無ければいけません。
全力投球はどの場合であっても、存在しません。
遊びですから、そんなに厳密になる必要はありませんが、
1番〜18番まで持続できる、二日連続でも維持できる
そのスピードが自分の動作スピード。
そして、ヘッドスピードはその長さ分だけ、数値が高いだけ
で、あくまでも動作スピードによって直に管理しなければ
いけません。 これは心の片隅に刻んでおいてください。

関節の軋み をスイングの目安にしようとしている限り
重さを上手に使って
ボールを潰すスイングは なかなか見つからないと思います。
体に無理をさせないモノ
その上で、筋力にあまり頼らず飛ばす と言う言葉からも
窺い知れると思いますが、ニュートラルなスイングは
どこにも無理な負担を掛けないこと が目標なのですから
関節の負担を期待している限り、矛盾から抜け出せません。

殆どのゴルファーは
正しく重さを使い、ボールを上から打つ
その技術は既に持っています。
各々のパーツの動かし方は既に知っているのです。
しかし、それを使うタイミング、手順が異なっている
に過ぎません。
ゴルフクラブは正しく動かせば動かすほど
どんどん軽く、運動を正しい方向に促進させます。
弊社の
超ど級のヘッド重量を使っている方からは
最近、ヘッドが軽く感じて仕方ない という意見を
かなり耳にします。

スイングが変わっていかない、改善されないのは
概ね 自分の中に有るベーシックな打撃観念(思い込み)
から逃れられない から とも言えます。

クラブは下に振らないと届かない。
体は思いっきり回さない飛ばない。

自分では当り前というコトをリセットさえすれば
少々、オーバーではあっても「何もしない」というのが
正しく打撃する方法に一番近い と言うのが本音です。
何もしない というのが実は一番難しいのかも
とも思っていますが…。

スナップショット 1 (2012-11-16 10-40)
ですから、まずはテークバックの「肘のクランチ」
という 技術 から 始めてください。


最近のプロを除けば、往年の名手たちは
必ず これを実行しています。
ジャック・二クラウス も
アニカ・ソレンスタム も
ジャンボ尾崎 も
フレッド・カプルス も
必ず クランチな肘の使い方です。
そして 彼らはすべて 飛ばし屋 です。

個人的な感覚ではありますが
本当の 飛ばし屋 って
振っている様・姿より 飛んでいることを指して
親の仇のように振って、飛ぶのって
ただ力任せなだけで、本当の意味での飛ばし屋 とは
異なるようなきがするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東北、宮城、石巻 内陸の幼稚園で楽器がピンチです。

 *個人的な意見ではありますが、
 直接、津波被害の無い地域には
 支援がなかなか行きわたり難く
 リクエストもし難い と言うのが現状のようです。

もし、、皆さんの中に、吹奏楽関係に知り合いがいて
鉄琴・小太鼓各3台 ベルト・台付で、程度の良いものを
中古でも、ご援助いただける方とか、いたらご紹介頂きたい…。

もし、お家に使っていない
✪商品券
✪テレフォンカード
✪QUOカード
など
ありましたら、 お譲りいただけたらありがたいです


出来る範囲でかまいません
楽器関係、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お声掛け、是非、お願いいたします。


尚、楽器をきちんとご支援頂けますと、石巻市は、関係部署より
受け取った、という内容のご連絡を頂けるので
それをしっかりと公表させていただきますので
よろしくお願いします。

1531982_583831951699952_2066322939_n

弊社では現在、恵比寿ロータリークラブさまのご提案の元、
仙台「ありのまま舎」、石巻社会福祉協議会、
気仙沼児童養護施設等へ 腰痛サポーター、自転車等の支援の
話をして進めております。
今の段階ではありますが、弊社は独自に
仙台「ありのまま舎」へ W支援の資金を利用しまして、
電動アシスト付自転車1台を支援する予定ではありますが、
予算に応じて、こちらの「幼稚園への楽器提供」にも
まわせれば とも思っております。
是非、ご賛同頂き、ご協力下さいませ。



振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


この支援の「きっかけ」となった ある女性のお話を抜粋して。。。
”中には沿岸部のお家を流され、
事情があって親類の家からや、
内陸にできた仮設住宅から通ってきてるこもいます。
色々な事情を抱えているご家庭が増えています。
今までは、入園の際にご家庭で用意していただいていた、
小さな楽器とかは、用意できないこともでるということから、
園では園で用意することにしていました。
でも、沿岸部の保育所、幼稚園の再建の為の予算が当然優先になるので、
そこまで行政の予算は当然おりません。
でも・・・子供たちが大好きな事は、やらせてあげたい!
家庭の事情に左右されずに、
園に来ればみんな同じ子ことができる環境を作ってあげたい。
それが先生方の願いです。どうか、ご協力お願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転(が主エンジン)でクラブを動かす というテーマ
勘の良い方は、それが 弊社が提唱する肘の使い方
と一致する と感じているのではないでしょうか。

そう 二段振りのスイングにとっては
利き肘(腕)を使っての クラブリリースは絶対不可欠 です。
そうなると、クラブは斜め下にリリースしなければなりませんから
テークバックで 肘を外へ張る訳には行きません。
肘を外に張ったのでは、腕さばきでヘッドをボールの方に
持っていけなくなるからです。
img20070608_1
遼君のスイングです。
ここから、腕でクラブをリリースする訳ですが
クラブ(シャフト)が180度反転する時間に
その作用・反作用によって
左サイドは上がっていきます。
それを筋力によって、押し留めよう とする訳
ですから、背中、首回りの筋肉、関節には
想像以上の負担がかかると思います。

飛ばすため、反動をつけるために 体の回転を速くする
発射台としての体の回転を速くする ということは
クラブの遠心力、この場面からでは斜め下方向への
遠心力もその分、増大する訳ですから、
飛ばすために体を使えば、その二乗分、上半身上部には
負担が掛かるのです。 これが故障の原因でしょう。

スナップショット 1 (2013-11-30 11-57)ま、それはさておき
肘を外に張ってテークバックを取る
ということは、腕さばきでヘッドを動かし辛くなります。
要するに、骨盤の向きを変えないと
テークバックが取れなくなります。
そして グリップやヘッドが概ね 体幅の中に納まりますから
体の向きを変えないと、クラブヘッドが移動させられなくなります。

そう、重さを正しく使うのには
この「クランチ」の肘の動きは絶対不可欠な条件なのです。

そして、なかなか慣れないと思うのですが
ここから 一般的なスイングと大きく異なるのが
クラブをリリースする(実際にはしませんが)方向が
ほぼ90度異なる というコトです。

これも言葉を取って、勘違いしないで頂きたいのですが
クラブヘッドが円弧を描く、移動する
その主エンジンは 体が向きを変えるから です。
肘さばきは それの補助、補足をしていると言えます。
とは言え、常時、肘の曲げ伸ばしを使って
自分の上半身に平行に、上半身に対し
体の回転に重さが遅れとならないように補助していないと
クラブヘッド、クラブの構造上 手遅れが作られてしまいます。

腕を使って、斜め下にヘッドをリリースする二段振り
肘を使って、動かさないよう動かしておく
(体の向きに追随、遅れを作らないように)
という違いが、テークバックの利き肘の向きに表れてきます。

たすきをかけて、ねじり鉢巻きをして スイング改造!
なんて思わず、まずは 肘を外に張ったスイングだけ
実行してください。
右ひじを高くすることが重要ではありません。
傾きがある と言う上で、
自分の上半身に対し、左ひじよりも高い位置を維持しておく
というコトの方が重要です。
  ✪多少、アレンジし、外に張らなくとも、左ひじよりも
   高くなっていれば、ポイントは得られます。

そして クランチの肘の動きは やがて
グリップやアドレスにも影響を及ぼしてきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東北、宮城、石巻 内陸の幼稚園で楽器がピンチです。

 *個人的な意見ではありますが、
 直接、津波被害の無い地域には
 支援がなかなか行きわたり難く
 リクエストもし難い と言うのが現状のようです。

もし、、皆さんの中に、吹奏楽関係に知り合いがいて
鉄琴・小太鼓各3台 ベルト・台付で、程度の良いものを
中古でも、ご援助いただける方とか、いたらご紹介頂きたい…。

もし、お家に使っていない
✪商品券
✪テレフォンカード
✪QUOカード
など
ありましたら、 お譲りいただけたらありがたいです


出来る範囲でかまいません
楽器関係、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お声掛け、是非、お願いいたします。


尚、楽器をきちんとご支援頂けますと、石巻市は、関係部署より
受け取った、という内容のご連絡を頂けるので
それをしっかりと公表させていただきますので
よろしくお願いします。

1531982_583831951699952_2066322939_n

弊社では現在、恵比寿ロータリークラブさまのご提案の元、
仙台「ありのまま舎」、石巻社会福祉協議会、
気仙沼児童養護施設等へ 腰痛サポーター、自転車等の支援の
話をして進めております。
今の段階ではありますが、弊社は独自に
仙台「ありのまま舎」へ W支援の資金を利用しまして、
電動アシスト付自転車1台を支援する予定ではありますが、
予算に応じて、こちらの「幼稚園への楽器提供」にも
まわせれば とも思っております。
是非、ご賛同頂き、ご協力下さいませ。



振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


この支援の「きっかけ」となった ある女性のお話を抜粋して。。。
”中には沿岸部のお家を流され、
事情があって親類の家からや、
内陸にできた仮設住宅から通ってきてるこもいます。
色々な事情を抱えているご家庭が増えています。
今までは、入園の際にご家庭で用意していただいていた、
小さな楽器とかは、用意できないこともでるということから、
園では園で用意することにしていました。
でも、沿岸部の保育所、幼稚園の再建の為の予算が当然優先になるので、
そこまで行政の予算は当然おりません。
でも・・・子供たちが大好きな事は、やらせてあげたい!
家庭の事情に左右されずに、
園に来ればみんな同じ子ことができる環境を作ってあげたい。
それが先生方の願いです。どうか、ご協力お願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体を回すこと、素早く回すことがイコール
ヘッドスピードを上げる
ボールを飛ばす源(と思われている)ヘッドスピードを
上げることだと信じているでしょう。

ヘッドスピードを上げること イコール 飛距離増大 は
殆ど間違っていると考えていいでしょう。
かと言っても、 ヘッドスピードを下げる イコール 飛距離増大
という訳にも行きません。
ただ、現実的に、クラブを軽くしようが、長くしようが
ヘッドスピードを上げるという行為は
クラブではなく、打ち手自身の運動性能に依存する方法です。
年齢が進んでくると実感できるのですが、
その瞬間的な動作も苦手ですが、
それを持続するスタミナの変化も少なくありません。
ストレスも少なく、失敗の許される練習場で掴んだ
マキシマムなスピードでのタイミングが
スタミナの落ちてきた ラウンド後半に活かせるのでしょうか

そして、それとはまったく別に
「ヘッドの重さを使え」 とも言われています。

多くのゴルファーは
ゴルフクラブの構造とスイング、そして
その「飛ばし」の秘密は遠心力だと思っていますし、
そうで無いと気付いたとしても
遠心力が飛ばしの秘密と信じて作り上げた動作、スイングは
そうやすやすと体から流れ出たりはしません。

✪ためを作れ
✪ヘッドスピードを上げろ
✪体を回せ
✪ヘッドの重さを使え


ここら辺の 暗号を結び付けていくと
やっぱり「二段振り」のゴルフスイングになっていくのだと
思います。

スナップショット 8 (2013-06-02 23-18)スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)






一方で
傾きがあるとは言え、体の回転は地面を平行
水平に回れ とも言われます。


体の回転は地面に平行に近い 水平(横)方向の動きです。
しかし、二段振り、腕でクラブヘッドを低くするスイングでは
腰のラインと肩のラインには大きな違いが生じ、
結果として、アドレス時の体の傾きよりも
うんとアップライトは 縦の回転と言うか
別な言葉で言うと、腰回りのギッタンバッコンの動きで
ボールを打つことになります。

この振り方には技術的に致命的な欠陥があります。

ロフトを寝かして、ボールの下をこするような打ち方を
することになるので、速いヘッドスピードでないと
地面のボールを上手に拾うことが出来ません。

その上、インパクト付近は 反動を、遠心力を使った
ヘッドの動きが故に、ヘッドスピードを
自身の動きでは制御することが出来ず
ロフトが移り易いのも伴い、フルショットでないショットに
このままのスイング、ボールの位置、タイミングが
そのまま利用することが難しくなります。

少々オーバーですが、練習場で良く見かける「二段振り」です。



この二段振りをしている限り、
弊社が取り扱っているような ヘッドの重さや
シャフトの柔らかさは 上手に、遠くに
そして 筋力などの運動神経に頼らず
ボールを打つのには 邪魔なものになってしまいます。

遠心力がボールを打つことの手伝いをしていない
とは言いませんが、それが主エンジンではありませんし、
ヘッドスピードは体の向きを変える速度「そのもの」で
決まるモノで、腕さばきのリリースなどとは
関係がありません。

ヘッドが重ければ、遠心力が強くなります。
遠心力は ボールを打ち終わるまでは
クラブのその長さの延長線上、スイングの弧の外へ
外へと、クラブヘッドを、クラブを、
そして それを通してグリップや打ち手そのものを
引っ張る力です。
ボールを飛球線方向へと飛ばす力の方向とは
ほぼ90度以上異なる ボールを打つのに
クラブを移動させるのに 負荷、不可抗力です。
重さ、運動速度、運動量 ともに 増やせば増やすほど
クラブが重くなり、振り難くなります。

また、遠心力が想定以上に増えれば
クラブヘッドが斜め下に動こうとする力が増すので
自分がその真反対、斜め上に動いておかないと
都合が付きません。

多くのゴルファーの、そうですね
コースへ行って、一番ホールのティーグラウンドで
順番待ちをしている時の素振りなどを見ていると
いったい どこに置いてあるボールを打つのか
と思ってしまいます。

アドレスして、ボールは少なくとも
両足のスタンスの幅の中に有るのに
まるで 左足よりも左の空中に浮いているボールを
上に向かって打つんじゃないだろうか
って言う素振りを全速力でしています。

体がねじと言うか、ゴムのように ギュ〜っと捩じられたのを
体から順に解き放ち、体が止まり始めたら
クラブヘッドの重さを利用して、腕を振る
(ヘッドの重さの利用の仕方が間違っています)
これが 多くのゴルファーのスイング なのですね。

このスイングで有れば、シャフトは全く撓らない方が
いいですし、ヘッドも極力軽い方がいいでしょう。
長尺なんて絶対やめた方がいいでしょうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東北、宮城、石巻 内陸の幼稚園で楽器がピンチです。

 *個人的な意見ではありますが、
 直接、津波被害の無い地域には
 支援がなかなか行きわたり難く
 リクエストもし難い と言うのが現状のようです。

もし、、皆さんの中に、吹奏楽関係に知り合いがいて
鉄琴・小太鼓各3台 ベルト・台付で、程度の良いものを
中古でも、ご援助いただける方とか、いたらご紹介頂きたい…。

もし、お家に使っていない
✪商品券
✪テレフォンカード
✪QUOカード
など
ありましたら、 お譲りいただけたらありがたいです


出来る範囲でかまいません
楽器関係、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お声掛け、是非、お願いいたします。


尚、楽器をきちんとご支援頂けますと、石巻市は、関係部署より
受け取った、という内容のご連絡を頂けるので
それをしっかりと公表させていただきますので
よろしくお願いします。

1531982_583831951699952_2066322939_n

弊社では現在、恵比寿ロータリークラブさまのご提案の元、
仙台「ありのまま舎」、石巻社会福祉協議会、
気仙沼児童養護施設等へ 腰痛サポーター、自転車等の支援の
話をして進めております。
今の段階ではありますが、弊社は独自に
仙台「ありのまま舎」へ W支援の資金を利用しまして、
電動アシスト付自転車1台を支援する予定ではありますが、
予算に応じて、こちらの「幼稚園への楽器提供」にも
まわせれば とも思っております。
是非、ご賛同頂き、ご協力下さいませ。



振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大変お待たせしております。
いよいよ製品として登場する準備が整いました。
製品名は仮称そのまま 「GR-14」です。
019

なんと… 申請したら、SLEルール規制まで
通りまして、ルール適合の印も入ります。
 
より一層 SLEのルールに疑問符が付きますけど…。

014


従来、常用していたカムイに比べ
重心距離が短く 右に行きにくいヘッドです。
板材の組み合わせ、重量変更の自由度を考えると
ややディープなヘッドになりました。
どちらかと言うと 「飛ばし」にこだわった
スライス殺しのヘッドと言えると思います。
ですので、外観はオープンフェース
ややフラット目なライ角度に仕上げています。
とは言え 公表は出来ませんが、
ヘッド重量増量、キャビティ効果の増大により
かなり強烈な「慣性モーメント」を持っていますので
安定性も非常に期待できると思います。


板材の組み合わせにもよりますが、
✪安定性重視・スピン不足の方は高重心
✪飛距離重視・スピン過多の方は低重心

を お選び下さい。
その差は重心率で3%近くの差になります。
 56% ⇔ 59%
ロフト効果で言うと 1.5度位の差とお考えください。
56%を選んだ場合、10度のロフト
59%を選んだ場合 13度強のロフト
と考えて良いかと思います。

スピン抑制型のヘッドですので、「飛ばし」狙いのお客様は
勿論、お使いのセットに合わせてのセッティングなりますが、
 やや長め が良い組み合わせかも知れません。
016

使われる板材によって
重心位置が変化しますが
基本スペックは

 体積・・・・・・455cc
 
 横幅・・・・・・116mm
 奥行・・・・・・104mm
 厚み・・・・・・ 64mm
 板厚・フェース・ 3.4mm
          3.6mm
          4.9mm

 ロフト角度   11.0〜12.0
 ライ角度    58
 フェース角度  −0.5

 重心距離 ・・・38.8mm
 重心深度 ・・・37.1mm
 重心高さ ・・・30/27mm(フェース面)
 重心率  ・・・56%強
 重心角度 ・・・20.5度
 基本ヘッド重量  235
  
⇒ご希望によって255gまで増量可能です。
012

 全身 イオンプレーティングの黒のサテン
 クラウン部には塗装無しのオプションも有り、です。
 塗装無しバージョンはロフトが立って見えます。
 ロフトが大きく見える方をご希望の方は
 白や黄色のスコアラインを入れることをお薦めします。
 ご要望ください。

017

製品としては 来月中ごろにはリリース出来る? かと思います。
ご予約お待ちしております。
よろしくお願い致します   店主



 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの様な動作、クラブの使い方を
言葉や文章で表現するのは本当に難しいですね 


『クラブを下に、シャフトを下に振ってはイケナイ』
実は大変重要な意味を含んでいます。
今まで何度も練習して染み込ませた動き、
長い経験があるから、体はなかなか反応しないかも
しれませんが、まずは頭で理解して下さい。
スナップショット 2 (2013-06-02 23-15)何気なく見ると、普通のスイング…に見える? でしょうね。
しかし、もう これでは「手遅れ」です。
言葉通り 「手」遅れ なんです。

クラブ、クラブヘッドは下に動かします。
しかし、それの大部分、そうですね、割合で言うと
7割以上の主エンジンは 「体の回転・向きの変更」に
寄るものです。
スイングをすることによって、ヘッドが高くなったり
低くなったりは、なんとなく見ていると
手作業に依存しているように見えるかと思うのですが
その実、傾いた状態での体の向きによるものが
非常に大きいのです。

スナップショット 3 (2013-06-02 23-15)ですから、この写真のように
体は既に正面を向いてしまっているのに
まだヘッドの高さが残ってしまっている場合
本来は 右向き〜正面向き(シフト)によって
高さが低くなるはずのヘッドは、その主エンジンを
利用する時期を失ってしまいますので
手でヘッドの高さを低くする必要が出てきます。

ところが、体の構造上、
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)この状態から
手でクラブを下に振れば
体の姿勢は上を向いていきます。
(左サイドが上がっていく)
クラブは下がりながら
自分は上を向いていくのですから、複雑ですね。

クラブは先端に重量物の付いた長い棒です。
ここでクラブに円運動をさせれば、当然、その重さは
増えますから、その振り加減に応じて
上向きの度合いなどを調整しなければならなくなります。

ダフリ のショットの簡単な謎は
ボールの手前をダフル人は存在しても、
ボールの先をダブル人は存在しないことになりますし、
実はトップボールも このダフリの度合いの延長線上
ダフリの予防のせいで発生していると思って
間違いありません。
…ボールは球体で、ロフトのあるモノで打つわけですから
フェース面がボールに向いていれば、薄く当たったとしても
トップにはなりません。
トップボールと言うのは ソールがボールに向かっている
と言う意味合いですから、ダフリの加減の一つで
たまたま ヘッドが地面と接触していないに過ぎません。

クラブは下に移動、動かしても良いんです。
それを体の回転で行っていれば です。

シャフトを、クラブを、ヘッドを
手や腕で下に振っている限り
下に振っているのにトップしたり、ダフったり
その境目の来る ある偶然を待たなければならなくなります。

ここが理解出来てくると
テークバックの意味も変わってきます。
多くのゴルファーが クラブを下、斜め下に
「腕」「手作業」で振る為の準備として
テークバックを取っています。

ここを理解して貰いたいのですが…ね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は質問がありメールさせていただきました。



ここ最近、「トップからグリップを右ポケット前に降ろす」
を実践しています。

これをやると、ダウンスイング中の
「右を向いている左回転」のフェーズが良く感じられ、

自分としては、こりゃすごい特効薬だ、
と一人悦に入っているのですが、

ここで2点ほど質問があります。



1.
球筋としてはストレート〜軽いドローなのですが、
どうもフックが出やすいです。

原因としてはどんなことが考えられますでしょうか?



2.
飛距離を伸ばすための力加減、力の入れどころ、
あるいは抜きどころがどうも分かりません。

まだ右肘を伸ばすことに、
ぎこちなさがあるかせいかもしれませんが。。。

何かヒントをいただけますと幸いです。



よろしくお願いいたします。


まずはコチラのスイングをご覧ください。


何の解説も無ければ、ごくごく 普通のゴルフスイング

弊社の提唱する「刷毛塗・鼓笛隊打法」に比べれば
普通のスイングに見える のではないでしょうか。

意味を掴んで頂けると良いかと思うのですが、
この映像のスイングは典型的な「二段振り」
振り子のスイングです。

体をまず回し、体の向きが正面を過ぎたころに
へそから上の上半身上部、肩、腕を振り始める。

この打撃方法では、インパクト前〜フォローにかけて
ヘッドが反動で、フリーに動きます。
。。。意味わかりますでしょうか?
スナップショット 5 (2013-06-02 23-16)スナップショット 6 (2013-06-02 23-17)スナップショット 7 (2013-06-02 23-17)




ゴルフのスイングが円弧になる為の主エンジン
ヘッドが見た目、大きく移動、傾きがあるので
やや斜めの円軌道を描くのは
体の向きが変わるからです。
その意味は 体のリニアな向きの変更、そのもので
ヘッドも同じとき、長さ分は考慮しても同じだけ 動く
というコトでして、
体を回し、そして、それを止める反動で
ヘッドをビュッと振る、というのも
確かに 体の周りで振っている亜種と言えるのかも
知れませんが、体の向きそのものが動きのエンジンに
なっているのではありません。

44_1_0p


アニカソレンスタムのこのショットを見ても
体の向きでクラブヘッドが移動しているに過ぎず
体の回り、止まり と言う反動で振っているのでは
ありません。
上半身から上だけを見たら
アドレスの時の大きな違いはないですよね。

体が止まる反動で、勢いの付いたヘッドに
円を描かせるという動き
ヘッドが遅れ〜グリップに追いつき〜追い抜いていく
この過程は 常時、ロフトが変化しています。
ちょっと、高度な説明をすれば
その動き分だけ、ヘッドの高さ変化も激しいですし、
クラブの重みや遠心力の増加によって
体の姿勢も当然影響を受けます。

シャットが出来る様になってくれば
そして、上から打つ感じが出てくれば
その方の体力也、年齢也 以上の飛距離は
そんなに難しくなく、歯を食いしばらなくても
出せるようになってくるでしょうから、
より一層の飛ばす と言う部分は、今回、割愛します。

アプローチやコントロールショット。。。
ヘッドをフリーで動かしている打撃方法である限り
当てはまり言葉無いので、このような言い方をしますが
自分で管理していない「無責任」はスピード、ロフトで
ボールを打っている訳ですから
なかなか距離感が身に付きません。
練習頻度、練習量が落ちてしまえば
それがそのまま 飛距離コントロールの精度急落に
なってしまいますし、
今、上手く打てたとしても、それはある種の偶然の産物
になるので、そのショットの距離感は
次のショットのたたき台、基本には成り得ません。

この内容は、前半の記事の「上に向かって振ってはイケナイ」
と共有の話なのですが、
それにも補足説明が必要かと思います。

ボールを上から打つ と言う意味あい
は 手や腕でヘッドを上から入れる、 もしくは
ヘッドを下に振る と言う意味ではありません。

ボールを上から打つ というのは体の姿勢を指します。

左サイドが低くなっている内に
ボールに対しヘッドがアプローチしてくる
と言う意味が本当の意味で、
上から入れる というのに直接的に腕は関与しません。
写真の通り、二段振りスイングは
腕で下に振っているから 上から入れるイメージはモテても
それによって、体は必ず上向きになってしまうので
下に振った分、左足上がりで打つことになります。
この振り方では、クラブの重さは右でたっぷり増えますので
体重を左に移すことは至難の業になってしまいますし
自分のイメージする円弧は 必ず、イメージよりも
手前が最下点になってしまいます。
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)スナップショット 10 (2013-06-02 23-19)
























フックを防止する、距離コントロール をする
というのは、互いに共有な話なのですが、
要するに、クラブの大きな動きは
ダイレクトに体の向きで行う
傾きは有ると言えど、体の向きによるクラブの移動は
限りなく 水平移動に近く、
それに対し、その動きを促進するような
クラブ姿勢、クラブの重たさ、ヘッドの重たさを
作り、維持するのが、腕の役割で
腕を使って、ヘッドを縦に振っている限り
必ず フックなら煽り振りのフック
距離コントロールのむずかしさ が付いて回ることになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は質問がありメールさせていただきました。



ここ最近、「トップからグリップを右ポケット前に降ろす」
を実践しています。

これをやると、ダウンスイング中の
「右を向いている左回転」のフェーズが良く感じられ、

自分としては、こりゃすごい特効薬だ、
と一人悦に入っているのですが、

ここで2点ほど質問があります。



1.
球筋としてはストレート〜軽いドローなのですが、
どうもフックが出やすいです。

原因としてはどんなことが考えられますでしょうか?



2.
飛距離を伸ばすための力加減、力の入れどころ、
あるいは抜きどころがどうも分かりません。

まだ右肘を伸ばすことに、
ぎこちなさがあるかせいかもしれませんが。。。

何かヒントをいただけますと幸いです。



よろしくお願いいたします。


スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)
お手紙ありがとうございます。

シャットを作り、ボールの方では無く
右ポケットの方にグリップを下げる”ような”感じ
というところ、少々、補足説明させて頂きます。

まず、このイメージが全てのお客様に有効か、どうかは
それぞれの方の過去の蓄積やスイングイメージの違いによって
異なりますので、全員ではなくとも、
何かの役に立って頂ければ幸いです。

右を向いている時、
体(上半身)は当然ですが、傾いています。
左サイドの方が低くなっている状況です。
トップの位置で、重力方向というのは
その傾きに対して、一致しておらず
傾いた上半身に対しての下、というのが
右ポケット方向と言う言葉で表されています。

刷毛塗をしようとして
グリップをトップの位置からボール方向へ動かす
というの、の大きな勘違いは
傾きはあれど、回転方向、地面と水平に近い横への移動
というのの主エンジンは体の向きです。
あくまでも 肘なり、腕の動きは補足をしているに過ぎませんし、
右を向いている時の体の傾きに対し
ボール方向と言うのは、ほぼ完全に上半身に対しては
横の動きになりますので
その方向に、腕でグリップを動かそうとすれば
クラブの構造上、シャフト、クラブは倒れてしまう ことに
なります。

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)


また、似たようなご質問を過去にも頂きましたが
右ポケット方向なり、シャットなりを作る ということと
刷毛塗の動き、というのは結果的には大きくつながりを持ち
ヘッドでは無く、グリップを
シャットを作るために、20〜30センチ下げる
と言うイメージは、左サイドを低く保つ
というコトを促すことになりますので
自分では上半身に対し縦(下)に動かしているイメージでも
体の向きの変更の中、流れの中では
その向きの変更に沿って、グリップを遅らせないように
手遅れを作らないように動かしている というコトになります。
より実践的、とも言えるかも知れません。

さて、ご質問への回答になりますが、
少々、長くなりますので、前半、後半に分けさせて下さい。

多くのゴルファーは
スイングの回転 というのを掴めていません。
体の回転は前傾姿勢、傾きは有れど
概ね 地面と水平に回る「筈」のモノです。
お店にご来店される多くの方や練習場で見かけるゴルファー
例えば、何気なく ゴルフクラブを手にし
大振りすることのできないスペースで
グリーン周りのアプローチの様な動きをした場合
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)この画像のように、両肩関節をつかって
首あたりを軸に「振り子の動き」を
しています。
パターもそうなのですが、
この動きがボールを捉える一番の基本に
なっている限り、
体の向きの変更⇒横の移動というか、動きに
対し、上半身上部は縦方向への動き
俗に言う「ぎったんばっこん」を作ることになります。

これを正しく解説しておきますと、
このように スイングをアドレス時の体の正面から
写す、もしくは見た場合
体は傾きのある上で、向きを変えているから
一見すると「振り子」のように見えるに過ぎず、
実際には、振り子では無く、体を回している だけなのです。
写真や動画には奥行きがありませんが、
実際の動作には奥行き、要するに立体なのです。

ここの部分、長年、幾度となく触れている部分で
ゴルフスイングの基本の違い というか
根幹の部分です。

技術の問題では無く
はなから、ゴルフスイング…ボールを打撃するのは
肩を揺さぶって、縦に円を描く動き と言う観念から
逃れられなければ、そのスイング観念に弊社の提唱することは
何一つ当てはまりません。

肩を揺さぶって、縦に振り抜く動きにとって
体の回転とは、それを反動付けするためのモノで
体の回転方向と腕の使い、クラブの振り抜き方向は一致せず
このスイング観念にとって
体の回転=シフト(体重移動) とは成り得ないのです。

結果、インパクト後、体、部位で言うところの
骨盤を左に向けることが出来ず、
概ね止まった骨盤も含めた下半身に対し
上に振り抜くスイングが主流になっています。

距離の調整の部分とも一致するので
また 後半で記事にしますが、
シャットが出来、クラブヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ
によって、意図していないハンドファーストが出来てきている
のだと思うのですが、
それが 少々、上に向かって振ることになっているのが
フック回転が強くなってしまう原因です。
レッスンでは「二段振り」と呼んでいますが、
先に体を回し、体の行く所が終わりに近くなり
減速し始めると、その反動で、へそから上の上半身上部を
下から上に向かって振る
というのが、殆どスイングですので、
その感覚から早く離れなければならないのです。
ここの部分、長い刷り込みによって作られた感覚ですので
あまり焦らず気長にその感覚が
クラブに徐々に教えられていく と考えて良いかと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この季節(温度)になるとお客様も含め、ゴルファーから
「夏より飛ばない」
「シャンクが多発する」
「スライスが多くなる」
「引っかけが増える」
という声を良く聞きます。

実は この現象は、度合いにもよりますが、
 ✪ヘッド重量が足らない
 ✪シャフトの柔らかさが足らない

の一つの目安になります。
019

多くのゴルファーは実体験として
同じシャフトの違うフレックス、もしくは
硬さの大きく異なるクラブを比較したことがありませんから
分からないんだと思いますが、こんな例があります。
在るそんなに有名でないゴルフメーカーが
新開発のシャフトをテストするため
試打会の中で、シャフトのフレックスを目隠しに
殆どの参加者にテストして貰いました。
そのメーカーは、オーソドックスなモノを創るメーカーなので
わりに上級者と呼ばれるゴルファーに好まれています。

300人を超えるテスターの中で
一番評判が良かったのは
「実は一番下の振動数のもの」
ゆうに7割を超えるテスターは
「これが一番振り易く、飛ぶ」 との声。

その数値は 振動数で言うと
45インチで 220cpm位 のものですから
標準的(市販品一般では)には 
レディース と呼んでも、
おかしくないモノ です。

この試し打ち会は初夏に行われたものです。

これが この時期、メーカーで言うと
新しいものをそろそろ発表する時期に当たりますが
この温度下で 目隠しテストをすると
好評7割だった 一番柔らかいフレックスは
一気に 9割越え になります。

そこそこ振れる、そこそこスピードのあるゴルファーを
対象にした 試し打ち(目隠しテスト)でこの結果ですから
あまち体力に自信のないゴルファーを対象にした場合、
45インチ 振動数220cpm では
まだまだ硬すぎるのかも知れませんね。

柔らかいのが良いからと、本当にレディースを使ってみよう
とされるゴルファーがいらっしゃるみたいですが…。
残念ですが、レディースは飛びません。
シャフトは柔らかいですが、ヘッドは超軽量のモノが多く
ただ 軽くて振り易い だけのクラブになってしまっています。

ボールを飛ばす破壊力は
ヘッドの重量 と 運動スピードの 掛け合わせ…

クラブの長さ(長尺化)によって
あがるヘッドスピードは 1インチ1m/sはちょっと無理で
3インチでやっとこ2m/s 上がる程度。
(それも結構厳しいですけど)
しかも、長尺化するのにヘッドは軽量化されているので
ヘッドスピードが上がったにしても
単に数値としてヘッドスピードが上がっただけに過ぎず、
ボールへの破壊力は減少していると考えて
間違いないと思います。
計算上は、ヘッド重量5gの増加は
破壊力として、ヘッドスピード 1m/sの相当します。
これを 「ロフトの増え」にしなければ
ヘッド重量の増加は距離を生みだす卵 というコトで
15g増量してあげれば ヘッドスピード3m/s近く
増えた破壊力になるのです。
012

話は元に戻りますが、
弊社でも まだまだシャフトの柔らかいのが少なかった頃
シャフトの硬さを 振動数で管理しているメーカーの
シャフトを目隠しテストをしましたが、
上記のクラブメーカーの試し打ち(目隠しテスト)と
全く同じ結果が出ています。
更に、そのクラブを実際のコースに持ち込んで
何人ものお客様にテストして貰いましたが、
やはり 一番柔らかいフレックスが評判も結果も良く
硬いフレックス程、後半、距離も落ち、ショットも乱れ
柔らかいフレックス程、後半、飛距離も伸び、ショットも安定する

と言う 真っ二つに分かれる結果が出ています。

硬いけれど、なんとかギリギリ のモノは
数グラムの鉛を掛ければ なんとかしのげますが。。。
それも長い時間で考えると、その場しのぎに過ぎず
やはり 自分の体力やクラブの扱い方に応じて
柔らかいものほど結果が出る というのは
間違いないと思います。

冬になると 極端に飛ばなくなる スライスが増える
ラウンド後半、決まって、乱れ始める
そんな場合・・・
 是非、柔らかいフレックス お試し下さい。

入門編としての シャフトもご用意しております。
 
004

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大変お待たせしております。
いよいよ製品として登場する準備が整いました。
製品名は仮称そのまま 「GR-14」です。
019

なんと… 申請したら、SLEルール規制まで
通りまして、ルール適合の印も入ります。
 
より一層 SLEのルールに疑問符が付きますけど…。

014


従来、常用していたカムイに比べ
重心距離が短く 右に行きにくいヘッドです。
板材の組み合わせ、重量変更の自由度を考えると
ややディープなヘッドになりました。
どちらかと言うと 「飛ばし」にこだわった
スライス殺しのヘッドと言えると思います。
ですので、外観はオープンフェース
ややフラット目なライ角度に仕上げています。
とは言え 公表は出来ませんが、
ヘッド重量増量、キャビティ効果の増大により
かなり強烈な「慣性モーメント」を持っていますので
安定性も非常に期待できると思います。


板材の組み合わせにもよりますが、
✪安定性重視・スピン不足の方は高重心
✪飛距離重視・スピン過多の方は低重心

を お選び下さい。
その差は重心率で3%近くの差になります。
 56% ⇔ 59%
ロフト効果で言うと 1.5度位の差とお考えください。
56%を選んだ場合、10度のロフト
59%を選んだ場合 13度強のロフト
と考えて良いかと思います。

スピン抑制型のヘッドですので、「飛ばし」狙いのお客様は
勿論、お使いのセットに合わせてのセッティングなりますが、
 やや長め が良い組み合わせかも知れません。
016

使われる板材によって
重心位置が変化しますが
基本スペックは

 体積・・・・・・455cc
 
 横幅・・・・・・116mm
 奥行・・・・・・104mm
 厚み・・・・・・ 64mm
 板厚・フェース・ 3.4mm
          3.6mm
          4.9mm

 ロフト角度   11.0〜12.0
 ライ角度    58
 フェース角度  −0.5

 重心距離 ・・・38.8mm
 重心深度 ・・・37.1mm
 重心高さ ・・・30/27mm(フェース面)
 重心率  ・・・56%強
 重心角度 ・・・20.5度
 基本ヘッド重量  235
  
⇒ご希望によって255gまで増量可能です。
012

 全身 イオンプレーティングの黒のサテン
 クラウン部には塗装無しのオプションも有り、です。
 塗装無しバージョンはロフトが立って見えます。
 ロフトが大きく見える方をご希望の方は
 白や黄色のスコアラインを入れることをお薦めします。
 ご要望ください。

017

製品としては 来月中ごろにはリリース出来る? かと思います。
ご予約お待ちしております。
よろしくお願い致します   店主



 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




手は親指側が上、小指側が下

ゴルフクラブは、クラブヘッドは
手の上に構えています。


ヘッドの方が下、手〜グリップの方が上
と感じてしまうけれど それは
前傾があって、腕も降ろしているから

スナップショット 1 (2012-10-21 13-05)

前傾も解き、直立して
腕も前ならえのように 地面に平行にすれば
ヘッドは顔や頭の高さに来るのです。

スイングのダイナミックなヘッドの動き
ヘッドが斜めの 弧を描く動きの大元 は
前傾があって 体の向きが変るから
であって その大きな動きには
あまり手は介在しておらず
それを補助しているに過ぎません。

スナップショット 1 (2012-10-02 13-54)

しかし 多くのゴルファーは
アドレス時は グリップが上 ヘッドが下
トップの位置では ヘッドが上 グリップが下
ダウンスウィング〜インパクト では
ヘッドが下、グリップが上

そう感じているのではないでしょうか

お互い(ヘッドとグリップ)の相関関係を無視し
地面に対する それぞれの位置だけを見れば
それは 間違いではないのですけれど
それは 体の向きがそう見える状況を
作ったに過ぎず 
ヘッドとグリップの上下関係の
一見すると逆転を腕が作ったのではありません。


多少の違い、変化はあるにしても
腕、クラブを持った腕全体が
上に上がった というのが腕の仕事で
グリップが下、ヘッドの方が上
と言う関係の差が広がったに過ぎず
その上下関係が入れ替わったのでも
その入れ替わった(入れ替わってないけど)
その作業を腕でしたのでもありません

スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)

先端に重さの付いた
しかも 進行方向である 左方向への動き
回転に対し ゴルフクラブは放っておくと
右に残ろうとする構造を強く持っています。
重心距離や重心深度 と言って
 シャフトの延長線上よりも重量の中心点が
右に存在しているからです。

それを腕によって 先に その進行方向
左への回転に対し 動かしておく もしくは
動かしておく感じ によって
脚によって行われる体の向きの変更の
邪魔にならず よりその動きが促進され
体のセンターや体の幅の中から
 グリップやクラブが外れにくくなります。

クラブが、ヘッドがセンターから外れない
ようにするために ちょっと先回りして
腕はクラブを 胸に対し
横にスライドさせている に過ぎません。

ただ 体の向き に 前傾姿勢が伴いますので
単に 左へ と言っても 重力方向が伴う時もあれば
重力に逆らう時も その動かす時期によって訪れます

ですから トップの位置
左サイドが低い状態の時に
率先して 動かしておけば
動かす方向に重力の手助けを得られます。

しかも トップの状況が
クラブや腕が一番短くなっており
イコール軽くなっています。
運動エネルギーも少ない状況ですから
 遠心力などの不可抗力も少ない状況です。

このタイミングであれば
マッチョな筋力が無くても 動かしやすい
と言うだけの事です。

sx4

このタイミングを失うと
クラブや腕も進行方向に対し 長く
運動エネルギーも加わってしまうので
重くて動かし辛くなります。

話しを元に戻しますが
これが インパクトのクラブとグリップの関係です。

スナップショット 9 (2012-10-02 13-58)

BlogPaint

アドレス時と殆ど変わっていないのです。
兎も角 ヘッドが高くなるのは
主に体の向きの仕事、、、
イメージしにくいからも知れないですけれど
ヘッドから一番遠い 脚の仕事で
腕の仕事は補助… 殆どしてないと考えて
間違いではありません。

ヘッドが高くなるのは
クラブ自体が、クラブを持った腕自体が
高くなるのであって
ヘッドとグリップの位置関係が上下逆転するの
ではありませんし、
それらを高くするのは脚の仕事です。

ですから ヘッドとグリップの位置関係を
上下 逆転させると言う発想そのものも
間違いですし、
それを 腕で行う 「手作業」というのも
二重の大きな間違いだ! と言うことを
理解して頂きたい です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは観念として
『しゃふとの撓り(しなり)、もしくは働きは
グリップを基点として、ヘッドを動かすもの』

と考えているのだと思う。
imageCA07U19C
ゆえに、シャフトはしならせてナンボのもの
しならせて、しなり戻して、弾いて打つ
みたいに感じになってしまう。

意図的にシャフトを撓らせる というコトは
基点(支点)運動が必要で
単純には、グリップの動きを減らし、ヘッドの移動量を
極端に増やす。
テークバックの様な右(右回転)へ動きであっても
ダウンスイングの様な左への動きであっても
どこかの時点で、支点になるどこか(例えばグリップ)の
停止、減速のような動きが必要になる。



腕を止め、体を回し、体が左を向き
減速を始めると腕を振る。

この動きで有れば、支点に成り得る
左グリップなり、左サイドはインパクト付近で減速する。
その反動を使って、ヘッドがグリップを追い越す
というのが、世の中の主流を言える。

シャフトの使い方を体感するには
是非、弊社に来店されたら
弊社の中でも強烈にシャフトの柔らかいクラブをもって
素振りをして貰いたい。
弊社のクラブはシャフトが柔らかいだけでなく
先端に付くヘッドの重量は市販のそれを比べて
30%近くも重いので、グリップを基点に
ヘッドを支点運動させようとすると
その作り出されてしまう遠心力。。。
外へはらもうとする不可抗力によって
グリップが引っ張られてしまい、
お望みの基点ポイントが作れない。
スナップショット 1 (2014-01-17 0-17)

そこで、シャフトの使い方を体感するために
左右のグリップをウンと離して
左手⇒グリップエンド
右手⇒シャフトの真ん中あたり(真ん中やや上)
を握って、素振り、もしくは軽く打って貰いたい。

シャフトはヘッドの重さを使って
グリップを動かさせるものであって
ヘッドとグリップは常時、ほぼ等量の移動量を持っている。

で、あるから、上記(写真)のポジションから
右ひじを伸ばした時に、それによって
左手は押されて移動する と考えて良い。
腕だけの働きでは無く、体の向きの変更も含め
スイングが終わるまで、左手の移動は止まらない。

シャフト単体の働きだけではないが、
シャフトの働きはグリップを移動させるもの
今、持っている観念とは全く反対のモノ
だというコトを是非、認識して貰いたい。

付け加えるのならば、右手であっても
左手であっても、勿論体の回転による
移動量が基本ではあるが、移動していく方向は
体の回転(少々、前傾した)の沿ったものである
というコトで、その体の回転していく方向を
阻害するモノでは無いというコト。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多分、そう言って間違いないと思います。

市販のクラブの ドライバーは
 ヘッド重量 190g
弊社の平均的 ドライバーは
 ヘッド重量 235g

市販のクラブの ドライバーは
 シャフトの硬さ 45インチで 240cpm
弊社の平均的 ドライバーは
 シャフトの硬さ 44インチで 155cpm

市販のクラブの 5番アイアンは
 ヘッド重量 240g
弊社の平均的 5番アイアンの
 ヘッド重量 290g

市販のクラブの 5番アイアン
 シャフトの硬さは 38インチで 290cpm(異常
弊社のクラブの 5番アイアン
 シャフトの硬さは 28インチで 175cpm



多くの初ご来店の方は
想像されている 重さと柔らかさ ではなく
ある種「常軌を逸脱した重さと柔らかさ」
驚かれるケースが少なくありません。
スナップショット 3 (2012-11-01 20-25)
重いヘッドが飛ぶエネルギーになる!
と言うのは、来店前からのイメージと
変わりがないのかも知れません。
しかし、シャフトの使い方のイメージ
(シャフトの柔らかさで弾いて飛ばす)
実物を持って打ってみると
いとも簡単に壊されてしまうと思います。

本当に柔らかいシャフトを
捩じって使ったり(フェースターンさせて)
弾いて飛ばしたり(撓らせて、撓り戻して)
使おうとすると、動くシャフト(柔らかいシャフト)
の持っている、シャフト本来の働きによって
グリップをグイグイと押されてしまいます。
どちらも グリップの支点を止める ことを
基準にしているので、自分の思っているようには
クラブを動かすことが出来ず、上手く当たりません。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
また、柔らかいシャフトは「インパクトが遅い」
と思っていらっしゃる方は
その人にとって 本当に「柔らかいシャフト」
打ったことが無いので、推測でそう語っていますが
実際には、グリップを押してしまうシャフト本来の
働きによって、柔らかいシャフトは硬いシャフトよりも
数段、早く インパクトポイントが訪れます。

そして 多くの方が
アドレス時やビックリするほど柔らかいのに
スウィング中は、その柔らかさを感じるコトが
全くできない
 と感想を述べられます。

重いヘッドにすることによって
テークバックやトップの位置での
ヘッドの位置や姿勢、というのを
ビックリするほど感じるコトが出来ます。

上手く扱えていない方の多くが
本来は、味方の筈の そのヘッド重量が
ダウンスウィングに ボールを打つその方向とは
異なる方向に掛かり、増えるのを感じる事に
なると思います。
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)
重いヘッドにしたから と言って
ヘッドスピードが下がる、極端に下がる方は
殆どいらっしゃいません。
始めの数球は戸惑ったとしても
重さを重力方向に使うコトによって
ボールを打つ訳ですから、スピードは落ちません。


その重さとスピードを如何に
距離と言うモノに変えるか、変換できるかどうかは
シャフトの柔らかさにかかっているのかも知れません。

シャフトが柔らかいと、弾いて飛ばす
のではなく、上から打てる
体やクラブ、クラブヘッドは下向きの間に
重力方向に重力を伴って、進んでいる内に
ボールと言う質量を打撃するのに
非常に便利なのです。
それを強調する重さも、漏れなく付いてきます

弊社の多くのお客様は、今風な感じとは
かなりスウィング・クラブ扱いが違います。
幾ら 毎日ブログを書いていたり
動画をYOUTUBE などに載せている とは言え、
こんなに大幅に、動きと言うか、扱いが変るのは
ひとえに 重いヘッド、柔らかいシャフト
を上手くこなそうとする、それぞれの方の自助努力であって
文章や映像はほんの少しの役にしか立たず、
やはり スウィングはクラブでしか変わらない
という実感は強まるばかりです。

スウィングの原理を知る
数少ない方法のヒトツ だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドライバー 200cpm ⇒ ゼロ悶絶 
          150cpm ⇒ 10悶絶 と仮定義

クラブは手で振ることにより飛ばすものと思い
 振り易い 硬くて軽いクラブを こよなく愛していた
マン振り君がおりました。


数年前から ゼロ悶絶クラブを
強制的に使用させられておりました
マン振り君は、硬くて軽いクラブを捨て切らず
隠し持ってはキャディーバッグに忍ばせて 併用。


当然のことながら ダフリ・トップ のオンパレード。


硬くて軽いクラブでのマン振り時代より 悪化。


結果として 悶絶クラブに疑惑の目を向ける マン振り君。


マン振り君には 猪木道場訓 (「迷わず行けよ。行けばわかる。(一部抜粋)」)と共に、10悶絶クラブ注文書を送りつける。


間もなく マン振り君の下に 10悶絶クラブが到着。


流石 マン振り君です。

もともと 腕力があり 運動神経がよい
マン振り君ですから 10悶絶クラブすら 振ろうとします。

当然 以前よりも 酷い ダフリ・トップ 
で しかも 当たっても 飛ばない。

part02


シャットフェースでのバックスイングは出来ているのに
オカシイなぁ〜 と思っていたところ、
正月休みの16番ホールで ティーグランドでマン振り君から

「右手で こうやって 突くんですよね!」 
と 質問がありました。

あぁ〜 未だ手を使おうとしていたんだ と確信。


トップから腕は動かすな!


⇒ 動かさなくて打てるんですか?

動かさなくても、動く!


⇒ 動かさないのに 動くのですか?

動く! 10悶絶クラブが動かせてくれる!


⇒ ハイ 解りました。

解っていないだろう! 信じていないだろう!


⇒ 本当に解りました。

本当とは何だ(怒)。 
理解してこそ 解るのだ。
シャットフェースで上げたフェースの向きと
上半身の前傾と クラブヘッドの重さとシャフトの軟らかさ 云々・・・


⇒ 悶絶クラブのお導きですね。

おぉ〜 そのとおり。


⇒ よくは理解出来ておりませんが 解りました。

なにぃ〜 (怒)  
やりますと言えんのか(怒) 
野球部は 直ちに やります と言うぞ。そこが違うところ!

⇒ 解りました。やります!

解りましたはいらん。


⇒ やります。

最初から そう言えば よかとよ(笑顔)

スナップショット 5 (2011-10-07 3-13)


こんな 指導・バトル がありまして
16番ホール横で 50ヤードのアプローチ練習。

肩付近まで上げて 腕を動かさずに体の向きの変更で打つ練習。

半信半疑でやってみたのでしょうが マン振り君は
直ちに 出来ました。低くて フェースに乗っかった 打球。


出来るじゃないか(笑顔)

⇒ そうだったのですね。 やっと解りました。


いや 解っていない。猪木道場訓 を 思い出せ。

⇒ ハイ(勢いよく)


スコアは二の次。 弾道の美しさを追い求めよう!

一週間後の昨日。マン振り君とラウンドしました。


若干 右方向へ バーンと飛び出し
直ちに 左へ戻って来る。
弾道は 中弾道で 途中で伸びている。


飛距離は 230〜240y。


そして 突然 FWが打てるようになっている。

50y前後のアプローチでも ダフらなくなっている。

でも ですよ。

軽くて硬い SW を隠し持っていたのです。


捨てに行け!

⇒ もう持って来ません。


捨てろ。不退転の決意が足りん。
信じる力 信じきる力 信じ込む力が足りん。

⇒ スミマセン


埋めたのでは駄目だ。
また 堀り出して 使う。
深海に沈めろ!


⇒ 解りました。

解りましたでは駄目だ。
捨てますと言え。


⇒ 捨てます。

ちょっと待て。
道具は大切にしなければならないので
しっかり手入れして 神棚にあげて 封印せよ!


⇒ 神棚にあげます

神棚はあるのか? ・・・  
  きりがないのでやめます。(笑)


悶絶クラブの威力は絶大です。

これと 不退転の決意さえあれば
美しい弾道を手に入れるのは 間もなくと確信しております。


特に 当方 野球部の悶絶クラブによる弾道の美しさは抜群です。

悶絶クラブに感謝です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とりあえず,練習の報告(後編)です。

 

左脚がある程度動かせるようになってくると,

前工程の不備が見えてきました。

高い右肘を支点にするようにフェースを地面へ向ける(グリップは

体に近づくように下がる?)とこまではいいのですが,

それと左シフトだけだと,若干下から入ることがある。

何年も前から言われている刷毛塗り,スライドのポイントが

抜けていたようです。

せっかくヘッドをフェースの方向に動いていくように

しむけたのだから,そのまま行かせるべきなんでしょうね。

自分はそのへんをどうこうしている意識はないのですが,

スライドの意識を少し持つほうが結果が揃うようです。

トップでフェースシャットとシャフト軸左側キープが出来てさえいれば,

スライド動作自体はヘッドの慣性に従うだけのゆる〜いアクション。

「ヘッドにグリップが押される」感じになるまではもう一歩か。

 

ゆる〜い動きが多いHBS打法ですが,

実はゴルフに付きものの「頑張りたい本能」を

左脚付け根の負荷で十分満足させられることを発見。

だんだん,おっかなびっくりからダイナミックに変化しているというか,

感覚と結果が一致してきているのが楽しいですね。

人間が頑張って操作する部分はほとんどないのですが,

体全体のど〜んという流れは強烈で,

今まで味わったことのない「打ち切った感」があります。

体をメリメリ言わせて振り回していた昔のアレじゃなく,

クラブが怒濤の勢いで体を押し動かしていくような不思議なものです。

 

※廻りの打席を見て,10ydsのアプローチをやりながら

「ふうふう」言って脚をほぐしている怪しい男は私ぐらいのもので,

スコアライン03番目にこってりと打痕を付けている人物も

あまりいなかったのかもしれません。

テイクバック60cmでもみゅ〜っとトウダウン気味に球を拾いにいく

へんな感触が面白すぎて,打つのが止められなくなる危険があります(^^;

 

店長さんにはもりもりと沢山聞きたいことがあるはずなんですが,

クラブ先生が先回りして示唆してしまっている気がして

それを聞くので精一杯みたいです。

次はパターやバンカーショットのレポートになるか,

他になにか面白いテーマが見えるか,予想も付きませんが

またご連絡いたします。

スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)

スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とりあえず,練習の報告(前篇)です。


練習場には行かなくなってはや1年。

積み上げると莫大になる練習費用を

クラブ購入に廻して手に入れたHBS悶絶セット。

いつもラウンド同伴させてもらってるお客さんからは

変態クラブをちゃんと打ちこなしてこいよと言われるものの,

本人は悶絶先生からの指導が楽しくてしょうがなく

スコアなんかどうでもいい状態ですが

次回ラウンド(悶絶2回目)には

ちょっと良いところを見せて差し上げようと

ふら〜っと練習場に向かいました。

今日はなにやるか・・・だいたい基本の扱いはわかってきているというか

動きが単純すぎて頑張るべき箇所があまりないので

とりあえず左シフトをしっかりやってみようと,

まずはフェースシャット状態で左股関節にじわ〜っと乗せていく

変なシャドーから開始。


最近家で四股状態から左右へ向きを変えるトレーニングをしていて

左を向けば右膝が地面に付く感じで,

低い体勢でイチ,ニ・・・と方向転換。

今の自分にはものすごく苦しいのですが,

自宅勤務で弱り切った下半身を

フツーに動ける程度には鍛えないといけないだろうということで,

わりと楽しんで続けているのですが

その効果が早くも出てきている様子です。

球のすっ飛び方がヤバい感じ。


どうやら左に乗りきれない→最後は手で「振っている」という状況が

色んな悪さの原因であることが明確になってきました。

せっかく左を低くすることを意識していても,

最後の最後で壊してしまっている。最後まで乗り切れ!

まるで懸賞欲しさにあるページのパズルを必死で解いていたところ,

実はその左のページが懸賞対象だった・・・というぐらい,

とにかく的はずれな話。


左に乗って,そのまま脚で動き切れれば,

ロフトが立ったまま上から打つ状態になり,

弾道はえげつないほど強烈。

脚はつらいが,結果はあっけない感じ。

 

 

 

スナップショット 9 (2012-03-02 19-56)

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大晦日の初悶絶ラウンドでは,
大変面白い体験をさせてもらいました。

091018_1257~02


あるホールでドライバーのトップで力が入ってしまい,
同伴者から

「シャフトが90度位曲がってたよ」と絶句されたり…。

シャフトをしならせないよう扱うという点では

ドライバーが一番苦手かもしれません(^^;



ホールをこなすにつれて,
左シフトが全然出来ていないことに

気づかされ」,改善の突破口になりました。

飛ばないフックが多発していたので,

わりと簡単に左シフト原因説に行き着いたわけですが,

これは,お店でのレクチャーが効いてますね。


フェースをシャットにというのは

違和感を除けばわりと簡単にできますが

左股関節へ乗っていくというのは今の私には

ちょっと頑張らないとできない,
今まで全くやっていなかった動作。

どうやら次の悶絶先生からの宿題は左股関節のようです。

変則四股踏みなら家で訓練できるので安上がり〜!


02_b


ラウンド後半は十分使えるレベルの弾道が沢山打てましたよ。

180〜200yds前後のロングショットは同伴者の中で一番精度が出ていたかも。

ホールデザインがわりとねじれていたり狭かったりして

立ちづらいホールが多いのですが

直線シフトのHBS打法なら関係ないみたいです。


逆に逃がしたり,トップ気味に木の下を通したりといった

当たり損ねを使った小細工がうまく出来る気がしない・・・


まだまだクラブとの意思の疎通を深める余地があるんでしょうね。

でも,ちゃんと出来れば即座に結果に反映されるレスポンスの良さは異常。


たとえ話でもなんでもなくクラブが
リアルタイムで採点してくれます。


悶絶クラブにのみ備わったもの凄い機能かも・・・
と思うのですが。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日パターを拝見いたしました。

これで不格好な自作パターとおさらばできます(^^;

とてつもなく格好良いですねー。

うちの小学生も一目見ておお〜っと言ってました

(ゴルフはしませんが)。

男子の心をざわつかせる機能美があるんでしょうねー。

010

今日,作っていただいたセットを持って

凸凹ヒルCCで遊んできました。

フルバックで7000yds超ですがそんなに易しくはない感じ。

前半はドライバーはどろーんとした大曲がりフック,

全体的にショットは手打ちの低いフック。

アプローチも勘がないので寄らずでボロボロ✪✪回。

寄せられないとスコアにはなりませんー(^^;

後半は左股関節に乗るようにしたら

だいぶショットの成功率がUPし,◆◆回でした。

いや,スコアはどうでもいいのです。

今日の目的は,スコアよりも悶絶先生からの鬼指導でしたので,

たっぷりしごいてもらえて大満足。

鬼指導のおかげで生まれて初めて,
左股関節に前傾を作れたんですよ。

スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)


いやぁ〜左に乗って左を低く抑えていく場合の
ヘッドの通り道って

今までは下に丸く弧を描いていたんだなあと,気づかされました。

悶絶先生はそんな丸い軌道をゆるしちゃくれないんですねー。

かといって,手で直線的な軌道を描くこともNGみたいですー。

まだまだおっかなびっくりですが,上手くできれば褒めてくれる/ダメなら

ぶっとばされる・・・
たいへん性格のはっきりとした教官様でした。


とにかく,これまでのショット感覚が
どんどん崩されていくのが痛快です。


来年の練習の目標がはっきりとつかめた(気がする?)1日でした
全然違うんですねー。
トップからいきなり直線的に動いてくる感じというか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

✪慣らし運転
2日かけて一通りのクラブを

4〜50球ずつ打ってきました。ふへぇ〜(^^;

左脚ももが上がらないですよ。

寄っていく右脚もずっしり重く,フィニッシュでぷるぷるします。





教えていただいたクラブの行きたがってる方向を邪魔しない件,

トップからのほんの1〜2センチの動きに思える。

あっちへいくかこっちへくるかの差がえらく大きいみたい?

右肘高いままちょこっとフェースを地面へ・・・

左肘もちょこっと下へ。ほんの,ほんのちょっとの話。





昨日とは入替でアイアン偶数番手と9W,Drを持参。

アイアンとFWはぼちぼち打ててるかな〜と思えど,

球にヘッドの重さを乗せ切れてない感じの高めの弾道。

ドライバーは相変わらず下から入ってる低めのおじぎボール。

ヘッドの希望通路と別の動きをしてるようで,クラブがやたら重く感じる。

どうやら無理に手で横へ引っ張ってしまい,

シャフト軸が右サイドへ外れているらしい・・・。

グリップが体から離れているとも言える。

どうもヘッドの希望通路は自分の感覚より随分高いところなのではないか?

と仮定し,ゆっくり動かしてみる。ヘッドがグリップより先行して

つんのめるようにインパクトに向かうように感じるのが怖い。

しかも自分の感覚よりも数十センチも上を通るように思える。

違和感に怯えながらやってみると,ドライバーの弾道に高さが出てきた。

これが正解ならば,初日に良かった5Wもまだまだ

下から入ってるのを誤魔化してる可能性が出てきた。

とはいえ,初日のフェースシャット・・の実体験は大きな収穫。

今日の収穫はシャフト軸を左サイドに放り込んでいく体感ができたこと。

アイアンのイマイチ感はこのポイントを意識してやれば解消するかも。

いずれにしても,無理にシャフトをこじるような動きはクラブが許してくれな

い。全ての動きはちょっとずつ,ほんのちょっとずつ。

全体の流れはクラブの超重いヘッドと軟体シャフトがガッチリ支配してる。

人が出来るのは動きのベクトルを整えてあげることのみか。

スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)


店長さんの言っている「重さがなくなる方へ」という言葉が意味するものが

おぼろげに見えるような・・・。なんといってもクラブのダメ出しっぷりが

凄すぎるため,迷ってる場合じゃないというのが正直なところです(^^;


 

003

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とりあえず慣らし打ちに行ってきました。

レンジは80ydsしかないので,

最終飛距離がつかみにくいのが難しいところ(^^;

正面ネットへの突入角度を目視で確認,

あとはボール初速測定器を併用して

おおよその判断をしてます。 


アイアンはロフトマシマシの高い弾道〜(50点)。

ちゃんと上から球を潰したときの高弾道とはちと違う。

プッシュスライスもちらほら。

このスペックならではのミスともいえそう。

総じてシャフトをこじるような動きになり,

結果は俗に言う「下から入ってる」状態か。

左サイドが低いうちに打て!と意識すれば

Goodな弾道も出ることもある,だがしかし

そこを意識したところで,さほど結果が揃わないことが判明。


※球の位置ですが,アイアンはやはり

左足かかとの前が基準になりそうです!

004


シャフト水平+フェースシャットであとは打たされる感じ・・・

を体感出来たのは5Wでした(95点!)。

W422Vの澄んだ綺麗な高音に感動。

弾道はグイグイ前へ行く中段道で,全く申し分ナシ。

同時にこんな変な打ち方で(すんません)
。。。ちゃんと打てることに驚愕。


ドライバーは上がりっぱなで打つ癖が出て

低いおじぎ弾道が多い(20点!爆)

多分飛んでない。ほぼ予想通り。

シャフトをこじるような動きになり,
ヘッド重量が邪魔(喧嘩)してる感じ。


イマイチな原因は,左に乗れてないから・・・
上へ振ってしまってるから・・・

と,色々説明は出来そうですが
 そこを意識してもうまくいかない予感。


<今日の総括>

とりあえず5Wの打ち方で全部打てればいいのかなあと。

トップからフェースを地面に向けるようにしむけて,

あとは左方向へひゅ〜っとただようだけというか。

予想外に人間がする動作の幅は小さくてよさそうな?

なぜこれでうまくいくのか?さっぱりわからない。


おもちゃの鼓笛隊は主人が眠っていないと

絶対に現れないということ〜?


…引き続き慣らし運転を続けます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ