詰め込み授業は良くないの…ですが、
おそらく ご来店されるであろう Rさんの予習のために
一番 始めの話しに戻りますが、
 ボールを上から打つ ⇔ ボールをつぶす
練習を緩いアプローチ、
加速の一切ない(等速)アプローチでしてください。



単純に…ですが、
 ヘッド、クラブもそうですが、
 フェースの向いた方向に動きます、動きたがります
 ですので よく言うフェースターンは
 クラブフェースを 左に向けるので
 その軌道は その加減次第ですが、どんどん 内に切り込み、
 フェースターンを始めた時の ゴールと
 し終わった時のゴールがずれてしまい、
 アウトサイドインを防ぐために フェースターンしたのに
 よりキツイ アウトサイドイン
 になったりします。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 上下の向き もそうですが、
 フェースターンは インパクト、そしてインパクト以降
 ロフトが閉じますので
 ヘッドやクラブの進行方向が 下に行きたがります。
 フォローなのに…です。

 ですので フェースターンの量、しているか否か は
 フォローの抜け口、抜け場所を見れば 判別が可能です👁

 ✋ゆっくりの、加速の無いアプローチで
 フェースがどこを向いて ボールに入ってくるか
 自身で確認してみて下さい。


どこかの記事で何度も書いていますが、
 ボールを上から打つ は
ヘッドが高いトコロから 低いトコロに移動して
ボールを打つコト ではなく、
 その移動軌跡、この場合は上下、高さ、高低の移動軌跡に
 沿った ロフト形成がされているコト
 です。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
具体的な数値で言うと
 5度の入射角度であれば
 その入射角度に沿った 製品ロフト
 地面を対象にした時 5度以上ロフトが立った状態、
 5度 シャフトが飛球線方向に倒れている状態 を指します
(適切な表現ではありませんが ハンドファーストになっているコト)
 その 入射角度は 好みもありますし、タイプもありますし、
 何度でも良いと思います。

✋✋✋✋✋
 そのクラブには長さがあり、
 アドレスで構えた 自分からヘッドまでの距離は
 一番長い、弧で言うと一番大きな状態です。
 まったく 腕もたたまず、クラブも短くせず、
 手首も肘も動かさず 右を向いて、元に戻る、
 ボールを打たなくても 前傾姿勢がありますので
 地面と平行よりも ほんの少し上目
 (円弧で言うと 小さめ、内目になっている)
  入射角度うっすら(2〜5度位)が存在します。
 グリーン周りなどの テークアウェイが極小の場合 は
 おそらくそうでしょう。

(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 通常のショットでは、
 テークアウェイにおいて、なにがしかの形で
    クラブが短くなっています
 スイングの半径は小さく(短く)なり、
   内回り(上下に)になりますので
 その角度よりは 少しキツイ角度(入射)、
 そのキツク成った角度分 ロフトが立っている、
 入射角度に対しては 製品ロフトになっている

 というのが クラブの構造上、
  
 正しい 上からの入射 です。


 そして、それはインサイドアウト、アウトサイドイン
 などの 横の動きに関しても 全く同じです。

 長さがアドレスの状態の弧 と比べると
 クラブや腕が短くなる「筈」
 移動の主力が からだの回転で行われる となると
 その弧より 下から や 外から は
 物理的にはあり得ない のです。

 ですので ソコに フェースローテーションという
 入射とロフトの関係に 規則性のない方法は
 そういう振り方をして ボールを打つコトも出来る、
 のは確かですが、個人の修練、感覚で掴むモノであって
 クラブの構造と結びつけた理論にならないのです。