Rさん お元気ですかー❓
参考動画ありがとうございます。
早速 動画を見てみましょう🤗


SWのスローな状態では
 かなり良いになってきてるなぁ…と思います。
おそらく それは結果にもつながっているのかな、と。

動画は 6I→5W、そして 1W になっていくのですが、
長いものになるにつれ ソレは表れてきますね。
この部分は 当然、ご本人も承知されている、と思います。
(昔にも書いたかな)

一番 気になる点は
 腕、特にグリップの移動 と からだの向きの変更
 につながりが薄く、
 特に 切り返し時に グリップを
 画像で言うと奥行き方向( 飛球線方向 ⇔ 後方 )に
 残してしまうような
 動作で言うと、微妙に曲がった 左ひじを一回伸ばすような
 そういうアクションが見られます。
👉切り返しの左サイドの動き、からだの回転の動き に
 左腕を取り残してしまう(癖、タイミングの取り方)感じです。

((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

ココの部分、間違って欲しくないのは
 その行為、動作は Rさんご自身のタイミングの取り方や
 過去にしていたスイングの名残り だったりするので
 早急に、無理に、治すべき部分ではなく、
 「あ、いつの間にか 無くなったなぁ…」
 というのが これに関しては 一番良い終着点 だというコト。

その上で 
 幾つかの「意識変更」
 ゆっくりしたアプローチから やって頂きたい のです。

,らだの向きを変える目的
 厳密にする必要はありませんが、
 理想論!として からだの向きを変える目的は
 その行為、それソノモノで グリップを移動させ、
 結果、つながっているヘッドを移動させるコト
 です。

 ヘッドを高くして 低くするだけでは
 ボールは水平方向、横方向には飛びにくい ですし
 距離も必要ですから
 その比重はなんとも言えませんが、
 からだの向きを変える速度も必要でしょう。



 ところが、あくまでも 「今」の時点ですが、
🔴このグリップを残すアクション、
🔴その後のグリップの 高さ変化
🔴インパクト以降の振り抜き
 を見ると、クラブを振るため の 空間を作るため
 クラブを振るための準備(予備動作)としての体の向き変更
 が強いように思われます。
 からだの回転が「ダイレクト」にグリップの移動と
 つながっていない、もしくは関係性が薄い、ように思えます。

 ココの部分は そうする為に グリップを残す から
 余計 そうせざるを得ない のも確かではあるので
 奥の手✋ がございますので ご来店ください

コレは アプローチのような
 加速の全くない、等速運動で
 ダウンスイングのフェースの向き
 特に ロフトの向き を意識しながら
 「とりあえずは」練習してみて下さい。