スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。

 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
主に、ですが その横運動には傾きが含まれている というのが
 クラブが、ヘッドが、高くなったり、低くなったりする要素
 なのですが…。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングの円

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人に スイングの良くない基礎になっています。


高いトコロにあるヘッドで
 地面にあるボールを打つ…拾う を
 主な目的として スイングを行う、クラブを動かすと
 クラブを縦に回転させなくてはイケナイ のですが、
 腕を上下に動かす必要が生まれます。

はっきりと 腕を上下に動かす、
 クラブを縦に回転させる為に 腕を動かす には
 カラダを止める必要が生まれますので
 手で振るコト になります。

また、これは伏線になるのですが、
 フェースで地面にあるボールを拾う には
 ヘッドがグリップを追い越す が付いて来ます。
と、同時に からだの回転から切り離した
 クラブの回転 では、ヘッドの遅れは即ち
 フェースの開きになります。

ですので ヘッドの返し、ヘッドの閉じ、フェースターンは
 その初期のボール打ち(アプローチ程度の) のまま
 ショットをすると 弱いスライスになる から
 生み出されるのでしょう。

  👉ここで クラブも絡んできます。

 ヘッドの遅れ ⇒ 悪 と言う存在になりますので
 ヘッドの返し易い、もしくは 遅れの少ない
 軽いヘッド、硬いシャフト 選ばれやすく
 柔らかいシャフトは ヘッドが遅れる(フェースの開き)
 という 刷り込みが始まる、のです。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
ゴルフ用語で言う キャストの差 になりますが、
(両脇画像)ちょうど この辺り、この若干、手前から
 クラブを縦回転させ(ヘッドを解き)ます。
(真ん中画像)クラブは下に解かず、からだの向き で
 ヘッドの位置が低くなります。
(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







クラブの縦回転(手打ち/手振り)には大きな欠点があります。