コチラ ご覧ください。 

(両脇の画像)地面にあるボールを拾う
高いトコロに上げたヘッドで、フェースで、
ボールをこう打ちたくなる、拾いたくなる、
気持ちは分からないではないのですが…。

ゴルフクラブのメカニズムを理解した上で
 ボールを打つのと
とりあえず 分かんないけど、真似て当ててみる、
 打ってみる の違いとも言えます。


アプローチやバンカーショット では
意図的に こう打つ「場合」もない訳ではないので
余計 ややこしい んですけれど…。


 あ🙄 前提として、画像の違いが判るのかしら❓
 というのはありますね。


(両脇の画像)ある点(支点)を軸に
ずっと フェース(ロフト)を同じ状態で
ウエッジなどの大きなロフトのクラブであれば
フェースを支点に向けたまま
 クラブを縦に回転させる   
そんな感じです。
全体の動きの中で
 グリップの動き(移動)に比べ、ヘッドの移動が明らかに多く、
 「回転運動」とは言え、同角度運動とは言えない、
 軸点になるのが よりクラブ(グリップ)に近い、感じになります。
映像にはカラダは映っていませんが、
 このクラブの動き、ですと からだの動きとクラブの動きが
 つながらない、リンクしません。
 止まったからだ に対する クラブの回転 と言ったトコロ。

 早い段階で 縦方向にクラブが長くなる(ように見える)のですが、
 スイング用語 では それを キャスト と言います。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

(真ん中の画像)比較すると 両脇の画像に比べ
 ロフトの立ち、フェースの上下の向きが異なります。
 全体の移動の中で
 クラブ自体が「スライド」している感じです。
 からだの回転とクラブの動きがリンクしています。


距離の短いアプローチ、とは言え (両脇の画像)では
 ショットの基本、からは外れてしまいます。
 コレをそのまま 大きな動き、速い動き、
 高いトップへ移行し、通常のショットにしたのでは
 あとあと 悩みは深くなるのは保証出来るほど。 

どんな球になるか…比較対象になりますが
(両脇の画像)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目、です
(真ん中の画像)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め、です。

 アプローチのような 遅めのスピードで打つ場合、
 (両脇の画像)では スピンの効き は良くありません。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
実は 非常に多い、アマチュアゴルファーの…
 ショットの悩みの半分は ココに隠れているような…
 そんな気がします。

スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。
 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングは円、丸く振る、

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人にスイングの スタート地点良い見本ではないになっています。