グリップ(握り)のチェックポイント としては
 ◌両手が出来るだけ離れないように
 👉アドレス姿勢に影響
 ◌左手の握力頼りにならないように
 👉疲労による変化〜アドレスへの影響

IMG_1306

1.インターロック、オーバーラップ、ベースボール等々
 その握り方は問題ではありません。
 どの握りであっても
  両手が必要以上に離れないモノにするコト‼
 👉左手(右打ち)の親指が見えないような…モノが良いです。

2.フック、スクエア、ウイーク等々
 これも厳密にはどれでもよく
 左右のグリップが離れない ようにしていれば
 好みのモノで良いと思います。

3.パーム、フィンガー(推奨)、セミフィンガー(推奨)
 手の大きさなどにもよりますが、
 これも 両手が離れない 👉左グリップが鍵
 のであれば 好みで良いと思います。
 とは言うモノの、手のひらの無い✊握りは
 出来れば 解消したい… というか
 ✊握りにしなければならない原因
(クラブを振る、腕を振る)
  を解消したいトコロです。
 


そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534
 ですので 手のひらはこのような形になります。
IMG_0532
⊇侏茲襪世院〇愨Α⊆蠅『平』は残す
 
✋指で握ったのち、もう一度『手のひら」で握らない。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531
手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。
IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。