◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2013年12月


ゴルフショット・・・
確かにボールは地面に置かれていて
視覚的な印象、ではヘッドの一番高いところ 2mを超える高さから
地面に入ってきます。

スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)


上がったものを下げなければ
地面にあるボールは打てそうもない・・・
 
もっともな話です。

しかし、高くなっただけのヘッド。
傾きがあって、右を向くことによって
上げた訳でなく、高くなっただけのヘッド  は
傾きが維持され(ある意味、自動的に) 右向きが解け
正面を向けば(左を向いていく過程としての正面)
ボールにヘッドは届く! のです。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

ちょっとややこしい話ではあるのですが、
左サイド  左の股関節の前傾が残れば、
存在すれば、必ずボールにヘッドは届きます。

しかし、ヘッドを、シャフトを、クラブを、
地面に有るボールに届かせようと、下に振れば
反応として…多分、防衛反応だと思うのですが、
必ず前傾姿勢は失います。
(多分、地面に下がるヘッドの量の経験的調整でしょうね)

前傾姿勢を失うから、下に振らなければいけないのか
下に振るから、前傾姿勢が失われてしまうのか
それは その人、その時それぞれだと思いますが、
兎も角、左股関節の前傾さえ残れば、ボールには届きます。

ヘッドやシャフトを下に振る動きをせず、最低限
傾きなりな(テークアウェイ〜ダウンスイングは左サイドが低い)
シャットが存在すれば、クラブの重さが
左下に懸かりやすく、前傾は意識しなくとも
維持されやすくなります。

しかし、下に振れば 前傾は消えます。
下に振る意識のあるゴルファーは
それをするために、下に振る為のテークアウェイを
取りますから、その時点で前傾を失う準備をしているとも言えます。

上から打つ
と言う気持ちは分かります。
しかし、ボールに当たるのはフェースです。
ご自分の下振り、下に向かって振っている
それを直ぐに取り止める と言うのはやさしくない
かも知れませんが、せめて、フェース面が下に向かっている時
にボールと当たるイメージを持たないと
今の状態では、重力に対して
ソールでボールを打つために下に動かしているのと
同じになってしまいますから
下に振っている分 プラス ロフト角度 の影響が
ボールに加わってしまい、距離には成りません。

前傾がある限り、ボールはベルト〜股関節の高さ
に有るのです。前傾が維持されるような
特に左股関節の前傾がインパクト時期付近まで維持されるような
クラブ使いをすれば、下に振らなくとも
地面に有るボールをさらうことが出来るのです。

そして、誤解を招きそうなので 付け加えておきますが
こんな解説をすると、インパクトを作ろう
正面を作ろうと 手先に意識が集中してしまう
と思うのですが、基本、地面に有るボールは回転するから
拾う、というか さらうことが出来るのです。
視覚的にヘッドの高さが上下に動くコトの
主エンジンは回転することに有るのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

001

ドライバー:ベガ RAD-03
フェアウェイウッド:コンセプト W422V
アイアン:ハミングバード HBS-10改 Wニッケル仕様
パター:L型ブリストル
003
004
002

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



こんな質問を頂きました。

ダフリが止まりません。

主な原因はダフリです。

トップからクラブを振り下ろしているからなのでしょうか?
ほとんどダフリます。
腕とグリップを自由落下させる感覚で
動かすことが必要なのでしょうか?

ダウンに入ると、上半身の右向きが解けてきますが、
トップで作ったディッシュアングルを確保しようとしても、

ヘッドの遠心力に負けて、ボールの手前に着地してしまいます。


クラブの動かし方(動かさない方法?)のイメージを教えてください。


スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

何回かのシリーズで説明いたしましょう
是非 みなさま 参加して頂き どしどし質問して
疑問や矛盾を解いていきまひょ〜〜〜

まずは ボールの高さについての話です。

ボールは地面に置かれています。

ドライバーでティーアップをしても
せいぜい 6センチ程度の高さですから
ボールは一律地面 という感覚でいて下さい。

ボールを打つのは。。。 ボールに唯一触れられるのは
ゴルフクラブ。。。クラブヘッドです。

それは 腕で持っていて。。。
腕は 当たり前ですが 胴体から生えています。

さて そこで考えなければいけないのですが
ゴルフには 前傾姿勢 というのがあります。

ボールは地面、体で言うと足=靴 の高さにあるのですが
前傾姿勢の有る無し では 胴体(上半身)に
対しては違いがあるでしょうか

前傾姿勢の無い 直立の状態であれば
地面〜靴の高さにボールがあるのは 下半身に対しても
上半身に対しても 同じです。

しかし 前傾姿勢のある場合
下半身(脚)にとっては 地面〜靴の高さにありますが
上半身にとっては それと同じではありません。

少々 極端ではありますが この写真を見て下さい。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

直立した状態では ボールはベルトの高さにあります

これを 前傾姿勢と同じく 傾けます。。。

lesson 2009_10_31

では 今度は普通の姿勢です。

BlogPaint

そう アドレス(静止状態)を基準とした場合
前傾姿勢とは 脚〜大腿骨 と 骨盤の角度差を言います。

ですから ボールは上半身に対しては
ベルト付近の高さにあるのですが
それが前傾姿勢をもっているので 下半身に対しての
靴の高さにあるのだ。。。というコト。

クラブを持っている腕は 上半身から生えていて
その上半身は前傾しているので 感覚的には
ベルトの高さ ベルトの正面の高さを振れば
ボールに届くのです。

imga200

これは 普通のアドレスを逆の角度
前傾姿勢分 起こした写真です。

詳しくは 別の記事で書きますが
クラブと言う物体を使って 重量物であるボールを
遠くに飛ばすのには 腕を使って上下に振るのではなく
脚を使って クラブを持った腕の生えた上半身を回す
それの方が より重く より強い破壊力を作れる
という考えから 前傾姿勢は生まれたと思われます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

逆を言えば ベルトの高さのボールを打てばいいのに
上半身にとって 存在しない筈のベルトより下の低さ
にクラブを持って行こうとすれば 身の安全の為
体はそのスペースを作り出そうとしてしまいますから
下に振る=前傾姿勢を失う は パックな動き
必ず リンクする動きで 前傾姿勢を維持したまま
下に振れば かなり地面をぶっ叩くことになります。

僕個人で言えば ボールに届きが悪い時
当たりが薄めの時に 意識するのは
当然 クラブを下に振ることでは無く
如何に 左軸足になる過程での
左股関節の前傾維持 というか
左股関節に前傾を受け渡せない原因を考えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス時の ボールの高さ
・・・マット也、地面也

これを 基準に ゼロ として
身長などにあまり関係が無く、一番ヘッドが高くなる、
その高さは 2m30cm 位になると思う。

これも なんとなく 観念なんだと思うけれど
  
0m   2m30
と言う高さを 当たり前だけれど 自分で作る
しかも 
クラブを持っている 腕で
作らなければ ならない 
という
深く考えてみたこともない 観念みたいなモノが
スウィングを形成しているのではないか

クラブやヘッドを 少なくとも 2mの高さまで
上げなければイケナイ!
 と思っているのでは
ないだろうか

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

ヘッドの高さ変化 0230 
このうち 約70% は
殆ど 腕の動作とは関係なく
前傾姿勢と体の向きの変更によって
作り出されている というコトを
忘れてしまっているのではないか

上の写真のクラブと腕の状態を維持したまま
体を右に向ければ 当然 クラブヘッドは
高くなる

一般的な感覚で言うと 上げる 下げる は
腕で行う役割に感じるけれど
そのほとんどを クラブとは一番離れた 脚 で
行っている認識があるのと 無いとでは
かなり スウィング動作も異なると思う。

230cm 上げる動作を 腕で全部行うのか

そのほとんどを 脚にやらせて 腕はあまり使わないのか


その差は決して小さくない。

本来 ゴルフクラブの形状は 自分の方に鎌首を
もたげているようになっているのだから
上に動く場合 半ば 自動的に シャフトは起きようと
するし、下に行く場合には クラブヘッドやクラブの重さが
クラブヘッド自体を下に落とす というよりも
その重さを グリップに伝え クラブ全体を下げる構造に
なっているのだから 残り30%の部分も
腕の役割としては ゼロ ではないけれど
大変少ない と認識が必要だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今の時点では明解な「言葉」には出来ない
でも なんとなく ニュアンスを感じ取って欲しい

今 この時点で 僕の頭の中には
人間が行う クラブの縦の動き 自分の縦の動き は

  一 切 無 い と 思 っ て い る


ゴルフスウィングの アドレス時に存在する
 
  前 傾 姿 勢 を 維 持 す る こ と

それ そのモノが ゴルフの縦の動き なんだと思う


多くのゴルファーが陥るミス の原因に
視覚的に ヘッドの作り出す円弧が 完全な水平運動では無い事だ


もう一度 非常に重要だから
ボールの高さに対する位置と前傾姿勢を振り返ってみよう

是非 ボールを持ってきて
  目の前の机の上に置いて欲しい

その前で アドレス姿勢を取って欲しい

机の高さは 平均的に 70〜80センチだから
 「直立」する体に対しては 膝なり 太もも の高さの筈。


でも アドレスすると そのボールの高さの感じはどう感じますか


lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

そのボールの高さ って自分の胸位の高さに感じませんか

自分のグリップしているコブシの方が
 ボールよりも低い所にある感覚 ありませんか

実際に 打つ場合のボールは
 その胸の高さから 机の高さ分 低い 股ぐらなり 太ももの 高さに
  あるんです 前傾した上半身にとっては




でも でも テークアウェイ時   テークバック時


クラブを 上げる 必要 を感じるでしょ

   ここに クラブの形状

       重心の位置  と

       前傾姿勢の秘密 が隠れんているんじゃないですか



お客様から こんな「つぶやき」メールも来ています

人がした縦の動きは、全てロフト 増 になるようです

思うんですけど、
アドレスの上半身の形とインパクトの形
ヘッドの重さ分の遅れが違うだけ・・・・

ということは、「上半身はその形のまま (意図的には) 動かさない」 のではないかと・・・・
変な表現 その形を維持する仕事をするのが肘の関節では・・・・
上半身が維持されていると、いきなり左を向く回転ではインパクト出来ないし・・・
下半身は左にシフトする 粘りのある うごきになりやすいし・・・・

動かしたぶんは全てミスの原因となるのでは・・・・????

こう見えても私は人一倍欲深いタイプ
いい思いが出来るならと、あれもこれも練習でトライしました
しかし、自分が何かした打撃方法は 結果的には ヘッドが振られてしまい
ヘッドの重さ分の遅れが消えてしまう・・・・
グリップよりも ちよっと 遅れてくれるだけで ボールはつぶれるのに・・・・


ひょっとしたら・・・・なんにもしないのか

いやいや、妄想 妄想!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
まずは この映像をご覧下さい
90センチ位ティアップしたボールに対して 普通にセットアップ/アドレスしてみました。  ボールの位置は90センチですから ベルトなり へそなりの高さの筈… ですが 実際にやってみると顔の前 目の前にボールがあります

感覚的には 頭より高いところにボールがあるような感じがします。
このボールの高さを打つのには この姿勢は 全く適していません。
このティーの根元を打つような そんな感覚にとらわれます。

 また クラブを持っている腕
  その腕のはえている体と言うか 肩と言うか
   その部分から ボールまでが近過ぎて
    このボールとの間合い
     では このボールを打つのは 至難の業です

このボールを ある程度遠くに飛ばす為に ボールを叩く為には
 クラブを動かさなければなりません
  そうすれば クラブは重くなり 遠心力が働くので
   多分 腕は 意志とはあまり関係なく 伸ばされてしまうでしょう

この位置関係では 自分のこぶしで ボールを打つ感じです
腕だけの長さでは届かなそうだし… かと言って クラブは長すぎる
なんとも 中途半端は ボールとの間合い と言って良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット ですから 傾斜地に止まっているようなボールを打つ姿勢と 間合いが必要になりますよね…
実際にこのような条件下でボールを打つ場合には
クラブのロフト角度に注意して下さい
ロフトが多い(寝ている)方がやさしく感じますが
この 高さを打つとなると ロフト と ライ角度の本来の機能を失ってしまいますので ロフトが多いほど クラブは左を向いている事になります
 少ないロフト(立った)ロフトのクラブを短く持つ事をお薦めします。

それでは 上の画像の骨盤/股関節から上の部分をカットし
 30度傾けてみます 二つを良く見比べてみて下さい
lesson 2009_10_31BlogPaint














上の画像は へその高さまで ティアップしたボールに 前傾なし
           セットしている絵、 
下は  地面に置いてあるボールを 前傾あり でセットしている絵

ヘッドとティー 画像奥のキャンバスの傾き を良く見て下さい

微妙な違いはありますが もしも 後ろの背景は全く同じだったら
 騙されるでしょ…

へその高さに ティーアップし それにセットしたクラブ 上半身
 それを 30度傾けただけ  あれ?  ボールの高さって?
  下がったの?  ただ傾いただけ?
   90センチ ティアップされたボールを打つの?
    それとも 地面に有る ティーの根元を打つの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





        JA郡山市だから出来る!!
        http://www.jakoriyama.or.jp/kome/index.html
        米穀検査で1等米と認定された「あさか舞」(コシヒカリ・ひとめぼれ)を


        注文を頂いた後に精米してお届けします。

 郡山市は福島県の中央に位置し、北に安達太良山を仰ぐ安積(あさか)平野は粘土質の土壌で肥沃な水田が多く、猪苗代湖からの清らかな水と澄んだ空気にも恵まれ、また内陸型の気候も米づくりには最良の自然条件を備えています。

 こうした抜群の環境で育てられた「JA郡山市の米」は、全国市町村別でも有数の生産量を誇り、食味ランキングにおいても福島県中通産米「コシヒカリ」「ひとめぼれ」が常に「A」「特A」のトップレベルにランクされており、消費者からも“美味しい米”と評価が高く、量、質とともに全国トップクラスの米の産地であります。

 農家の心のこもった栽培と厳選された「JA郡山市の米」は、自慢のツヤ、香り、味、粘り、柔らかさなど、美味しさの条件をすべて備えた全国に誇れるお米です。

玄米全袋検査放射性物質検査を行っております。

●参考サイト (財)日本穀物検定協会 お米の食味ランキング


【JA郡山市からのお知らせ】

 日頃より「JA郡山市のお米・あさか舞」をご購入頂き、誠にありがとうございます。

 当JAでは、全袋検査で安全性を確認された玄米のみを使用し、販売される「玄米・精米」を再度自主検査し、何重もの安全性を確認し、皆様へお届け致しますので、ご安心してご賞味ください。

 なお、福島県郡山市内にお住まいのお客様の配送料金は無料となりますので、JA郡山市購買課(精米センター)までお電話ください。
TEL:024-921-0528 

新着情報
2013/10/16
25年産米発売開始!!
お客様 各位

 平素は、当組合の「JA郡山市の米・あさか舞」をご購入頂きます事、誠にありがとうございます。
 10月16日(水)より25年産米を発売致しました。
 平成25年産米の情勢と致しましては、西日本を初めとし、全国的に値下げ傾向となっております。
 又、本年度についても、福島県産米は、全量「全袋検査」を行い、出荷・流通となっております。
 当組合の「あさか舞」は、全袋検査で安全性を確認された玄米を使用し、「玄米・精米」を更に自主検査し、再度安全性を確認した上で、出荷して参ります。
 今後とも引き続き、安全性の情報伝達・風評被害払拭のPRなどを行って参りたいと考えておりますので、「JA郡山市の米・あさか舞」のご購入につきまして、引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの基本構造は
クラブ全体の重さ、 その6割也 が先端の
打撃部分に集中している ということ

そして その打撃部分には
破壊力をボールの回転や速度に分散させ
距離を打ち分ける ロフト と言う角度が
存在する 
。。。。勿論 クラブの長さも ヘッドスピード
 と言う意味でなく 距離を打ち分ける機能はあるが。。。

ロフト だけではないが
10ヤード〜15ヤード打ち分けるには
4〜5度のロフトの違いが必要になる
逆に言えば プラスマイナス15度の幅
30度のクラブを 15~45度に変化させ
ボールを打つとなると トップやダフリ
等もミスがなくても 増減で60ヤードの
距離差を打つことが出来てしまう ということ。。。

019A9s1s

時計の分針の 一分は角度で言うと6度の違いである
3分分も角度を間違えてしまえば
簡単に30ヤード 増えたり 減ったり 仕舞う訳である

それは ボールの飛びだす方向も同じ。。。

それを踏まえた上で
ゴルフクラブ クラブヘッドが描く 円
これは 腕さばきで作るのであろうか
自分が動かず クラブだけを振るのであろうか。。。

それとも クラブを動かさず それを持った
打ち手の方が向きを変える事で 円を描くのだろうか。。。


あまりに 答えは明らかである。

クラブ、ソノモノの形状もいびつ
重量配分もいびつ。。。偏重していて
ボールを打つ 打撃部分は 上下左右前後 非対称
にもかかわらず 打面はあり それには 割に精密な
方向や距離を決める角度が存在する。

これを 使って ボールを目標方向に
目標距離 打っていくのに
ヘッドターンをすることが有効だろうか
ヘッドターンをするのに一番適さない形状・構造では
ないのだろうか

そう考えるのが自然だろう。。。

tuarsu6

今 日本? 世界の主流のクラブ扱いは
腕を振って クラブローテーションをする方法

一番 ゴルフクラブの機能を活かさない方法

となると 形状を大幅に替えると
商品として 売れなくなってしまうから
形状は変えず ヘッドを軽くする
シャフトを硬くする という コスト削減と
合致するテーマで クラブの機能と言う味を
薄くしてしまう...なくしてしまう他 手段が
無いのだろう。。。

体を痛めやすい クラブを活かせない
そのスウィングを長年して もうそうでないと
ゴルフが出来ない という方を別にすれば
何も今さら 機能の薄いゴルフクラブを使って
体を痛めていく必要はないと思うけれどね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【質問です!】

トップでシヤットを作る

テイクバックでシャットにしてしまう

 

のと

 

ダウンの最初にシャットを作る

 

この2つでは やはりヘッドの軌道に大きな差がででしまう

ということですか

 

言葉では難しいところかもしれないですが。。。



【スポルテ】シャットに上げようとすると
左手でクラブを動かす悪癖も生まれやすくなります。
多少、ヘッドは遅らせて移動させるにしても
スクエアに上げたいものです。

その上で、シャットに「降ろす」メリットを
憶えて貰いたいのです。

スナップショット 2 (2013-11-30 11-58)シャット…具体的に言うと
トップ〜ダウン での過程で
フェース面を地面に向けるように「グリップを動かす」

⇒ここでも誤解のないように説明しますと
シャット と言うフェースの動きを意識するあまり
ヘッドばかり動かすことになるゴルファーがいらっしゃいますが、
人間が動かせるのはグリップです。
グリップを動かした分、ヘッドは勿論動きますが、
ヘッドを動かすことを主眼にしてしまいますと
逆にグリップは動かなくなります。


✪シャット フェースを地面に向けるように「グリップを動かす」こと
によって、左腕が下がる習慣が付くようになります。
100%に近いアマチュアゴルファーは
左腕が下げられません。

左腕が横方向に動くのは
体の向きが変わるからで
意志を持って、左腕を斜め、というか スイングの円弧に沿って
動かすのは、間違いです。

スナップショット 1 (2013-11-30 11-57)厳密に言えば、体の向きが横方向に
腕自身の動きが縦方向(自分に近づくように)に
同時に動いていくから、斜めに動いて見える訳です。

腕を、腕自身で斜めに動かそう とすれば
体は止めていなければならなくなりますから
どうしても、回転 ⇒ 腕の振り と言う順序が生まれてしまいます。


✪左腕が下がる習慣が付くと、左サイドの低い時間が保てます。
同時に、意識しなくとも前傾姿勢が維持できるようになります。

この動きの中で、ヘッドを振るような ヘッドを縦に降ろすような
そんなイメージを持ってしまうと、グリップが自分から離されます。
クラブが長くなって、重くなってしまう訳ですから
必然、体は起きてしまいます。
これでは前傾は失われます。
クラブの円弧が体の右で大きくなってしまい、重くなってしまいますから
左へのシフトも難しくなります。

グリップが動いた分、ヘッドが動く

それを忘れないでください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【質問です!】

トップでシヤットを作る

テイクバックでシャットにしてしまう

 

のと

 

ダウンの最初にシャットを作る

 

この2つでは やはりヘッドの軌道に大きな差がででしまう

ということですか

 

言葉では難しいところかもしれないですが。。。



【スポルテ】まず、本題から離れるかも知れませんが、
ちょっと困る点がありまして。。。
多くのゴルファーは シャットやクローズと言う言葉の使い方が
少々曖昧だというコトですね。

ロフトを立てる
フェースを左に向ける

というのを混同してしまう部分があります。

001

これをアドレスの状態と考えると

これはフェースを左に向けた状態

003


こちらがシャット(ロフトを立てた)状態です

002



当り前ではありますが
ヘッド(フェース)でボールを打つ と言う条件は同じで
違う作用にする ということは グリップの位置が変わる
というコトなのです。

シャットを作る目的(大義)は
球体であるボールの「逃げ場所」を無くしてしまうコト。
クラブの機能としての「ロフト」以外に
球体の逃げ場所を無くしてしまうことに有ります。

これに「上から打つ」というのが合体すると
答えは出てくると思います。


で、質問についてですが
ゴルフスイングと言うのは大変上手く出来ていて
傾き(前傾姿勢)というのがあるので
右を向けば、左サイドの方が低くなります。
ですから、それをそのまま自分に対し、自分の腕も含めた上半身に対し
スクエアにすれば、外からの見た目はシャットになる訳です。
意識して、それをするには、テークアウェイの始まりで
ヘッドを動かさず、遅らせて移動させようとすれば良い訳です。

スナップショット 2 (2013-07-05 23-43)シャットと言う少々曖昧な言葉のせいで
トップの位置で、この写真のアングルで言うと
コチラに向けて、上げてしまうケースがあるのですが
それはシャットでは無く
自分に対し、フェースを右に向けたに過ぎず
そのトップや上げ方では
確かにクラブヘッドの重心はシャフトよりも左(進行方向)にはありますが
動き(ダウン)を始めると、その重さは
右(飛球線後方)に懸かってしまうので
右側でクラブが長くなりやすく、左へのシフトが困難になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ というのは、型ではあるが
自分の動かすための、自分の動作の集約 とも言える。

スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)全てが当てはまるとは言えないけれど
フックグリップにしているゴルファーの多くが
フックグリップそのものが目的なのでは無く
テークバックを脚を使って、体を回さず
左腕だけで上げるために、それがし易いように
フックグリップにしているように思える。

テークバックを左腕だけで、疑似的に右向きを作っていくのには
右ひじを下に向けて、たためる姿勢が必要になる。
それが フックグリップ という訳だ。

このテークバックの手順が自分に有る限り
グリップを直そうとしても、上手くボールが打てず
10球も打てば、元のグリップに戻り
「自分の動作」「自分のリズム」に戻ってしまう。

右ひじを外に張り、体の向きでテークバックが
取れるようにならないと、フックグリップも
アドレスも変わって来ない。

故に グリップの変更は
少々 気長に のんびりと構えた方が良いと思う。
グリップを変える! と意気込むのでは無くて
自分のスイングの変化のチェック、目安として
グリップを捉えておいた方が良いかも知れない。

例えば ラウンド中
左手の握力が落ちて来ると
左手が自然にフックグリップに
もしくは深く握るようになる
そうなると、アドレスから
左肩が上に張る ような姿勢になってしまい
体が逃げ、開きが早くなり
それが引っかけやスライス、トップなどの原因に成り易い。
そんなところもチェックしておくと良いかも…。

グリップが変化し、上半身の姿勢が変われば
下半身に対するボールの位置は同じでも
上半身に対するボールの位置は変わってしまう
ボールの置く位置とグリップも含めたアドレス
これの不変性 というのが
ミスショット根絶の基本です。

グリップが基本。と言われますが
スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)上から打つ
ボールを潰す
ボールをつかまえる
と言う意味が見えてくると、自然とグリップも
変わってくるもの
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング、ゴルフショットを始める時
初めてゴルフクラブを握った時
大いなる疑問を抱くケースがある

✪両腕の長さは同じ
✪グリップはズレタ位置を握る
✪ボールに正対して立つ


腕の長さは同じであるのに、
右のグリップの方が遠いところ、
ワングリップ分遠いところを握る。
これと並行して、ボールには正対して立つ。

多くのアマチュアゴルファーは
これを両立させていくのに
右サイドを前(ボールの方)に出したり
背骨を右に Cの字 に反らしたり
アドレスの段階で不自然な体を歪ませた形で
セットアップしてしまう。

特にフックグリップなど
左右のグリップが上下に大きく離れている場合、
アドレスの段階から 左サイドが妙な形で
上に動く、上に向かって動いてしまう準備を
しているようなものである。
swing102

左右のグリップに大きな離れが無い。
概ねスクエアグリップである。
左右の手首に上下の離れが無い。
 という限定の元ではあるが、
アドレスは「その左右のグリップの少々のズレ分」だけ
骨盤をほんの少し右の傾けて構える。
3f148fe4

背骨を右に Cの字に反らせるのではなく
直立姿勢の骨盤と背骨の関係のまま
肩のラインと腰のラインの平行を保ち
ほんの数度 2〜3度?位 骨盤を右に傾ける。
これによって、準備段階として
体(肩ラインと腰ライン) 上半身、胴体を分離させず
平行に向きを変え為の姿勢を作る。

42ea91fd大袈裟ではあるが
ここまでグリップが上下に離れてしまっている場合
この時点で、腰ラインに比べ
肩ラインが上を向く度合いが激しく
アドレスの状態で既に平行に回ることが出来なくなってしまう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ