◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2013年11月


最近では呼ばれなくなってしまいましたが、
番手ごとにはそれぞれ 名称がありました。(過去形…)

010


1W ⇒ ドライバー
 これは今も変わらない名称です。
ルールブック上、15度未満のロフトのクラブを指します。
ですから、ストロングロフトタイプの 3W(13〜14度)も
ドライバーと言う分類に属します。

2W ⇒ ブラッシー
 一時死語になりつつありましたが、
ドライバーヘッドの大型化、長尺化で
少ないながらも復活しつつあります。

3W ⇒ スプーン
4W ⇒ バッフィー

 ウッドのストロングロフト化、番手ロンダリング化によって
以前は #3.4.5. だったものが、同じロフト構成で
#3.5.7.になってしまったので、消えつつあります。

5W ⇒ クリーク
20〜24度当たりのクラブが以前は クリーク でした。
今では #7ウッド、もしくは #9ウッド です。
ある意味、飛ぶのは当然かも知れません。

u=2368701261,1095988984&gp=0


1I(アイアン) ⇒ ドライビングアイアン
  …ドライビングクリーク とも呼ばれました。
2I ⇒ ミッドアイアン
アイアンの急激なストロングロフト化によって
消えてしまった名称です。
今の平均的な市販のアイアンから追いかけていくと
18度位のロフトになりますから、アイアンではかなりキツイかな

その代わり、ユーティリティ なんてクラブが登場してきました。
ユーティリティ は単純には重心位置の深い、低いアイアンを
考えるべきもので、好まれない方もいらっしゃいますが、
お使いになられるのであれば、アイアンシャフトを装着されたもの
の方が使い勝手が良いかと思います。

3I ⇒ ミッドマッシー
  …サミーとも呼ばれました
4I ⇒ マッシー
5I ⇒ マッシー
6I ⇒ スペードマッシー

シニアになりましたが、倉本プロの愛称ですね。
文献によっては、4番アイアンを呼ぶ場合と
5番アイアンを呼ぶ場合に分かれますが、
番号で呼ばれない頃の名称ですので、曖昧な部分は否めません。

7I ⇒ マッシーニブリック
 …ベニーとも呼ばれました
8I ⇒ ピッチニブリック
9I ⇒ ニブリック
これも死語になりつつありますが、9番アイアンのコトを
指すと言ってよいでしょう。
かなり「ロフトのある」と言う意味です。
これも文献によって名称と番手が前後しています。

ピッチングウエッヂやサンドウエッヂ、パターは
今も昔も名称は変わりありません。

ロフトが多い というコトの意味のニブリックと言う言葉は
8番アイアン位からサンドウエッヂまで使われている場合が
あります。

14本のクラブの本数制限が実施されたのは
昭和13年(1938)75年前です。
ゴルフの歴史の長さから考えると
ほんの最近と言えるのではないでしょうか。
ボビージョーンズは常時16本のクラブを携帯していたそうです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お手紙頂きました。

pic

いつもありがとうございます。

利用者のみなさんも元気に活動しています。

石巻もだいぶ寒くなり、吐く息が白くなってきました。

 

いただいたお米ですが、来週に秋まつりを予定しているので、

その際おにぎりにしてみんなでいただきたいと思います。

 

 

 

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

 

  石巻市社協みどり園 

   〒986-0017 石巻市不動町一丁目13-27  

   ブログ http://green.ap.teacup.com/midorien/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ここ がポイントなのかも知れません。

スナップショット 3 (2013-06-28 2-10)

ここからここまで

スナップショット 7 (2013-06-28 2-12)


まず スイングを真上から見た場合の
スナップショット 2 (2013-06-12 22-56)正面を時計の針で 3時
飛球線を    12時
飛球線の反対を  6時
した場合、
アプローチやショットの練習で
6時から始めた打撃(インパクト)まで、ですが
一つの目の錯覚は 6時から3時まで90度
90度の角度、クラブと言うかシャフトが動いている ということ。

インパクトは体全体が、アドレス時よりも
左に… 平均でも15センチ ずれる訳ですから
6時から始まったクラブの動きは
4時半〜4時位で打つわけです。
時計の本体自体が左にズレルのです。
(説明難しい・・・ッスね)

スナップショット 2 (2013-06-22 2-38)
そして 最大の誤解、錯覚は
この 6時から〜4時まで動く
クラブ、シャフトは
シフトに伴う体の向きの変更(右向きの解け)によって生まれ
この円を描く動きには手や腕は殆ど関係ない

というコトなのです。
脚で! と言うと誤解を生みそうなので
体さばきによって生まれるのです。

スナップショット 7 (2013-06-22 2-39)


シフトしていくことによって生まれる
自然な体の向きの解けによって
クラブヘッドは 6時から〜4時まで円を描くのです。

多くのゴルファーは
ここの部分を手で、腕で円を描こうとします。
大いなる間違いなのですが
この大いなる間違いに ショット、スイングの醍醐味を
憶えてしまっているのです。

一番クラブが重く感じる瞬間。。。
この手応えを体が「ある種の快感」として
憶えてしまっているのです。

。。。ですから、弊社で言うような 打撃では
飛ばない、当たらない、打てない不安と言うか
充実感の無さから、踏み切れない というのが
自分が多く目撃してきた事例です。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)






スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)






スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)ここの円裁きを
腕也、手也、肩なり と行えば
それをするためには骨盤の動きは
止める必要が起こる為
肩の回転は捻じれ〜上に動くことに成り
骨盤と肩が別な角度、方向に動くことになります。
これが「ギッタンバッコン」になるのです。

肩が上に向き始めれば、左は高く、右は低くなりますから
当然、左へのシフトは出来ません。


肩が上を向き始めれば、体は開き始めるので
骨盤、肩が揃って 正面を向く瞬間が生まれません。

シフトできない。。。
体の開きが早い。。。
ヘッドを振ってしまう。。。

それらは関連した一体の動きから始まるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ちょっと話は横道にそれますが、
弊社で言うところの「刷毛塗」とは
両肘を自分の胸に沿って、横に動かすことで
それは同時にシャフトを胸に平行にスライドさせることです。

それは へそから上、胸から上、肩を
20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット腰〜骨盤と平行に回すことを促していて、
同時に、インパクト意識の強い多くのゴルファー
左の壁意識の強いゴルファーが
インパクトで 左わきを締め 体を止めてしまう習慣を
左ひじを抜くことによって、より回転を促す行為です。

多くのゴルファーは
先に腰を回し、インパクト前に腰〜骨盤の回転を止め
その反動で 肩、そしてクラブヘッドを振ろうとします。
よって、骨盤を左に向ける習慣がありません。

左に体重移動が出来ない多くのゴルファーの特徴でもあります。

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショットまた、刷毛塗の習慣を付けることによって
上半身上部(へそから上、胸、肩)をそれ自身、単独で
動かさせない為、逆に積極的に動かしていく
骨盤と同じ方向に動かしていくことによって
骨盤の回転と同調させたい と言う目的があります。

最終的には、幾分かの調整はあったとしても
骨盤の回転にまかせて、股関節から上の上半身を移動、
運動させたいのです。

だから 進行方向にある肘 を
(自分の体の回転)+(前傾姿勢) の方向にそって
積極的に動かしていく必要があります。
動かしていく方向が重要です。
駄目なストロークの代表肩を骨盤で回す習慣をつけるため
肘を使って代用し、クラブやシャフトを
スライドさせる習慣を付けるアプローチやパター
などの影響はショットに出てきます。

パターストロークで前傾を深くし
目線をボールの上に置き、肩を揺さぶって打っている限り
ショットの「ギッタンバッコン」は消すことが出来ません。
体の姿勢にとっても悪影響ですし、
単に上から見た自分から
ヘッドがまっすぐ動いて見える 誤魔化しでしか無く
実際にはこのストロークは
ヘッドの高低変化、ロフト変化は一番大きく
パッティングやアプローチで一番重要な
「距離感」を養うことが非常に難しくなります。

姿勢の悪いパッティングの「ショルダーストローク」。
強烈な練度、持続的な練習の必要なこの動きによって
スコアにこだわるゴルファーは 腰を痛めていくのです。
ストロークは替えず、姿勢だけ変えたのが
ロングパターやベリーパターということになります。
s12
テークバックの右ひじ
ダウンスイングの左ひじ 意識によって
骨盤と水平な肩の動きを作り
始めは同調したその動きを
次第に骨盤、脚に預けていけるように
なれば、ゴールは間近です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ズバリ言いますと
ロフトを立てる とは
手作業でハンドファーストを作る」事ではありません

20090801 2009_09_02_15_09_49-20フレームショット
単純には、アドレスでこうなっている姿勢
自分の体が。。。



20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット
こうなる。 というコトなのです。
(体が左にズレル)


ボールをつかまえられる と言うゴルファーの
平均値で 体そのものが進行方向(飛球線方向)に
15〜25センチずれる というコトです。

体が左へ20センチずれる というコトは
同時にグリップの位置も20センチ近く左にずれる

それを グリップだけ意識して
ハンドファーストを作れば、
グリップだけ左にズレ、体の姿勢が右に傾き
故に右腕が元の長さに出来ず、
(右サイドとボールの距離がちかくなってしまい)
結果、ロフトは寝てしまいます(フェースが開く)
20090801 2009_09_02_15_28_53-465フレームショット20090801 2009_09_02_15_28_53-485?????ю???????









実際にはそうはいきませんが
イメージとしては、左サイドが低い内に
インパクトを迎えることが
「ロフトを立てる」=「上から打つ」 ということなので
手作業によって、作ることではありません。


目で見えるスイングをなぞる、コピーすると
人間は器用に動かせる手や腕を使って
それを作ろうとします。

しかし、ことゴルフに限って(かどうかは分かりませんが)は
道具には非常に意味のある重さ配分、形状がありますので
腕はあくまでも体を上手く動かさせるための
クラブ姿勢を作ることに従事し、
クラブ自体を腕で動かすことはしない
 と思って
間違いありません。

クラブヘッドはシャフトの延長線上(立体的)に
重量の中心点が無く、重心距離や重心深度というものがあり
それをうまく利用すれば、姿勢を作れば
体はそれに応じて、自然にスイングの形が作れるよう
形作られているのです。

特に重心距離を上手に利用すれば、
自然な左へのシフトも出来ますし、
少し上がった腕もあまり意識せず降ろせるようになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


肩を水平に回す… と言う言葉があります。

この言葉には重要な「欠落」がありまして、
まず 何と(何に対して)水平に回すか ということ。

言葉だけでは、地面に水平にと言うニュアンスが
ありますが、実際には腰(骨盤)と水平に回す のです。

スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)


そして、
一番重要な欠落というか、勘違いは
腰(骨盤)が回るから肩が回るのであって
肩自身が積極的に回ることではない!

 というコトです。

実はこの問題はかなり根深くて
ヘッドやシャフトを振ってしまうのとも同意語と言えます。
ヘッドを振ってしまうから、肩が回ってしまうのか
肩が回ってしまうから、ヘッドを振ってしまうのか
はそれぞれのゴルファーで異なると思うのですが、
この症状は 俗に言う「肩のギッタンバッコン」になり
ある方にとっては こすり(ロフトの寝)
ある方にとっては チーピンの連続
になってしまいます。

言葉で説明するのは易しくありませんが、
今回はその部分を掘り下げてみたいと思います。

スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)



弊社で呼ばれている「刷毛塗打法」を目指すと
多くはありませんが、スピン不足のチーピン病に
ハマってしまう方がいらっしゃいます。

ヘッドの横回転(ローテーション)が少なく
トップやダウンで「シャットが作れている」のは
大変良い事なのですが、肩と腰の回転の同期、同調が
取れずに、上に振ってしまうことに原因があります。

逆に従来のヘッドローテーションを抑え
シャットが作れないお客様
正しい方法とは言えませんが、以前のボールをつかまえる術を
失ってしまったので、ボールスピードが上がりません。
重いヘッド、柔らかいシャフトで
シャットを意識しないと、放っておけば
シャフトよりも右に重心のあるヘッドは
運動に対し ロフトを開こう開こう とします。

ふたつ共に原因の一つになっているのは
「ロフトを立てる」と言う言葉かもしれません。
これも同時に改めて考えてみたいと思います。

同じクラブで、同じゴルファーが
ボールを打ち続けても 何種類もの弾道が、距離が生まれます
ボール、自分の立ち位置、目標方向は同じ。。。
なのに、弾道や距離に種類がある となると
グリップの位置が動く ということになります。
gp2
インパクト時のグリップの位置が
上になれば、ライ角度が減りますから
右方向、右回転が付き易くなります。
インパクト時のグリップの位置が
下になれば、ライ角度が増えますから
左方向、左回転が付き易くなります。




gp1インパクト時のグリップの位置が
右に来れば、ロフトが増えますから
高回転、右回転が増します。
そして 同時にこれはヘッドスピードの
減速も意味しています。
インパクト時にグリップの位置が
左に来れば、ロフトは減りますから
低回転、左回転が増します。

俗に言う ヘッドの回転(ローテーション)は
これの複合技 と考えて良いので
円運動(体の向きを変える)と歪な道具(ゴルフクラブ)
の組み合わせにはもっとも不向きです。

しかし! これにも重大に錯覚が生まれます!
             続く・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


念願のドライバー「完成」致しました
 
仮称「G-14」
 重力・グラビティのG
 14年モデル

008
体積     455cc
ロフト角度  9.0〜12.0度(0.5度刻み)
ライ角度   56〜62度(0.5度刻み)
フェース角度 -2〜+2度(0.5度刻み)
ヘッド重量  210〜260g

001
基本重心距離   39mm
基本重心深度   37mm
重心高さ(下から)33mm
    (上から)23mm
重心角度     21度
003
各データは個別の重量配分によって
 プラスマイナス 2mm程度変えられます。

フェース・ソール・クラウン・サイドの
4ピース構造になっています。
各板材には重さ・厚さを2〜3種類用意しています。
その構成によって、重心距離は最大で43mm
005重心深度は 40mm
重心高さは 高い方で 重心率 61%
低い方で 重心率 57%
 を作り出すことは出来ます。
大きなロフトは構造上、対応出来ませんが
スピン抑制の無い、上がりやすいヘッドを作れます。
ロフトを立てられた時のスピン不足、失速の無い
ドライバーヘッドに仕上げてあります。


フック回転の入りやすい設計 のギリギリの重心距離

この手の重心構成のドライバーは意外に市販に少ないのです。

>>現在、発注分は ソールが無地の為、
  プロトタイプ となっています。
  (デザイン募集中)
007
セミディープの非常にオーソドックスな形状です。

スピンを抑える重心配分ではないので
シビアな(少な目)のロフトを選んで下さい。
(上がりやすいヘッドです)
スライスの出易いへっどではありません。
右に打ち出してのドロー(フック)のための設計です。
モーメントは重量によって異なりますが、非常に高め。
より安定性を求める方はソール後方下部の枠に
50gを移す と言うのも良いと思います。
(ルール適合ではありません)

どこにもない発想は
✪金属の肉厚で重い重量を作れること
✪個別のご注文で、重量配分を変えられること

✪スコアラインをスタンダード、直線、ドット など
 自由にすることが出来ます
005


✪ヘッドカラーも好きに出来ます
 無塗装サンドブラスト仕上げも可能。

✪ヘッド全体に IP(イオンプレーティング)加工も出来ます。

006
また、今の無地のソールを基準に
 ソールにデザインを施すことも可能です。

ちなみに第一号 G-14 は
ロフト11度
ライ 57度
フェース角度 マイナス1度
ヘッド重量 250g
(重量配分無し、板厚のみ)
黒メタリック
スコアライン ノーマル
イオンプレーティング加工 です。

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【L型ブリストルパター】
初めて勢ぞろいしたので 記念に…。
上(左)から
 ✪テフロンブラック
 ✪ボロンブラック
 ✪ニッケルパール
 ✪Wダブルニッケル

010


007
軟鉄鍛造 S20C
ヘッド重量472g
ロフト角度 5度
バンス角度 3度
フェース長 100mm

フェース高  34mm
フェース厚  22mm
ネック長   93mm
ネック径  18mm
008
【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP
006
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


念願のドライバー「完成」致しました
 
仮称「G-14」
 重力・グラビティのG
 14年モデル

008
体積     455cc
ロフト角度  9.0〜12.0度(0.5度刻み)
ライ角度   56〜62度(0.5度刻み)
フェース角度 -2〜+2度(0.5度刻み)
ヘッド重量  210〜260g

001
基本重心距離   39mm
基本重心深度   37mm
重心高さ(下から)33mm
    (上から)23mm
重心角度     21度
003
各データは個別の重量配分によって
 プラスマイナス 2mm程度変えられます。

>>現在、発注分は ソールが無地の為、
  プロトタイプ となっています。
  (デザイン募集中)
007
セミディープの非常にオーソドックスな形状です。

スピンを抑える重心配分ではないので
シビアな(少な目)のロフトを選んで下さい。
(上がりやすいヘッドです)
スライスの出易いへっどではありませんが
右に打ち出してのドロー(フック)のための設計です。
モーメントは重量によって異なりますが、非常に高め。
より安定性を求める方はソール後方下部の枠に
50gを移す と言うのも良いと思います。
(ルール適合ではありません)

どこにもない発想は
✪金属の肉厚で重い重量を作れること
✪個別のご注文で、重量配分を変えられること

✪スコアラインをスタンダード、直線、ドット など
 自由にすることが出来ます
005


✪ヘッドカラーも好きに出来ます
 無塗装サンドブラスト仕上げも可能。

✪ヘッド全体に IP(イオンプレーティング)加工も出来ます。

006
また、今の無地のソールを基準に
 ソールにデザインを施すことも可能です。

ちなみに第一号 G-14 は
ロフト11度
ライ 57度
フェース角度 マイナス1度
ヘッド重量 250g
(重量配分無し、板厚のみ)
黒メタリック
スコアライン ノーマル
イオンプレーティング加工 です。

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の続きです

    
 
トップでグリップの位置が体の幅から少し右に出てしまう

こちらはとりあえず後回しにしようと言われた課題ですが、
上の対策を思いついた後、
アドレスからトップまでの道のりについても考えました。


鼓笛隊 モデルケース-143フレームショット
まずはトップの目的はなんだろう?から。
ハミングバードでは常識ですが、
前傾姿勢付きの向きの変更プラス右肘のクランチで
ヘッドを地面よりも高くあげる(位置エネルギー)。
ヘッドの姿勢は次にグリップが動く方向に対し
上から押してくれる、サポートしてくれる姿勢。

これがアドレスからトップ。
ここで一番やってはいけないのがヘッドを右方向に手で動かすこと。であれば少し極端にヘッドはアドレスの位置に置いたままで、
先に体を動かし後からグリップを
右ひじのクランチで上げてみてはどうか?
実際にはほんの0コンマ何秒だとは思いますが、
本当にヘッドを後から動かす。

部屋の中でやってみると意外とすっと違和感なく
トップの形になりました。
感覚ではクラブの移動量が極端に少ない感じです。

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット



やってみるとクラブが移動する距離が上がる時も
下りる時も非常に短いですね。今度練習場で試してみます。


お手紙ありがとうございます。
トップ時のグリップの位置は
多少、体の右外でも問題ないと思います。
問題なのは、テークバックの最中に
横であっても、縦であっても
グリップを中心として 扇、ワイパーの動きを
入れてしまっていることでしょう。

テークバック段階で、縦であっても、横であっても
(基本はライ方向と言う意味です)
   横…というのは、それを倒して行っているケースです。
重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブで
楽しくゴルフする場合、出来れば 扇…支点運動は
出来るだけ無い方が良いかと思うのですが、
百歩譲って、スイングの改造は最小限で と言う場合
ライのトゥアップ〜トゥダウン方向への動きは
縦に収めておいて欲しいと思います。(重力に対し縦に)

でないと、その動きを横に倒して行えば
ドライバーやアイアンで、意図的にロブショットを
打つことになりますから、スピードを上げても
スピン量ばかりが増え、ボールスピードが上がらず
ボールも高くなりません。
中途半端の高さで、ゆる〜くボールが飛んでいくケースがこれです。

正しい動きではありませんが
まだ縦の動きを縦にしている限り(意味わかりますか?)
ボールにはスピードが付きますし
インパクトまでに右腕を伸ばす習慣が
動きの中に加わっているので、前進し易いかと…。

ご質問のケースですが
体の右外にグリップの位置が来たとしても
クラブを寝かしていないのなら、まったく問題ありません。

スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)肘、肘、右ひじ フライングエルボー
とよく言われますが
基準になるのは、自分の胸に対する 
両肘の高さ関係です。

前傾姿勢があるので、右を向いている時は
右サイドの部位の方が左サイドよりも高くなります。
210フレームショットですから ← これでは 腕でクラブを捩じり上げた
事になってしまいますから、その両肘の高さ関係を
ご確認くださいませ。

上記の 扇の動き ライ方向の支点運動を
寝かして行うと、右ひじの高さは左ひじに比べ低くなり
右ひじは体に対し、全く動かなかった形になります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013110701


2013110702

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お手紙頂きました

    

今日は今自分が思う課題と対策についてお手紙します。




スナップショット 8 (2013-09-23 15-37)


  ダウンで左が上がってしまう。    


まずはなぜ僕は左が上がるのか?
というのをあれこれ考えながらクラブを持って動きながら
検証しました。
やはりクラブが右に倒れるから左が上がるのですが、
クラブを倒さないようにしているつもり
+ヘッドを地面に向けているつもりでもそれを防げない。
グリップを先に動かしてやれば
オートマチックに左にシフトできるはずとか、
いろいろ試しましたが今一しっくりきません。
もう一度クラブを先に動かして左にシフトして
自然に体は正面を向く。
ここで気づきました。
自分が正面を向こうと回転している!
あれほどだめだと言われたのに・・・・
なるべく右を向いたままではなく
右を向いたままグリップを左のポケット方向
スライドさせてやってみました。
なんか良さそうです。
詰まる時は必ず左の肘が邪魔をしてますので、
左肘から動かしてやるのがみそのようです。


お手紙ありがとうございます。

ダウンで左サイドが上がってしまう というのは
少なくないゴルファーの悩みですが
解決方法と言うのは 人それぞれ とも言えると思います。
どのようなクラブで… どのようなスイングを…
どのようなゴルフを目指されてきたか…
などによっても、対処の方法は少しずつ異なるかと思います。

勿論、ダウン、もしくはそれ以前のゴルフクラブ
クラブヘッドの姿勢や位置によって
不可抗力として、そうなってしまうので、
その姿勢や位置を確認、感じてみることは大切です。

クラブが右に倒れるだけでなく
体にとって、右側(ダウンスイング時)で
クラブが重く、長くなってしまうのも原因の一つで
それが 左腕のツッカエ と言うのは否めません。



15cf26df-s
テストケースになるとは思いますが、
ダウン時のグリップを 左ポケット ではなく
右ポケット(ダウン時は真下)と言うイメージで
動かしてみるのはどうでしょうか?!

あくまでもイメージではありますが
右を向いた時、股関節から上の上半身は
左が低く、右が高い状況になっており
上半身に対する「下」はやや斜め右下 ということになります

そのイメージの方が シャットも作りやすいですし、
左腕を単独で、体で移動させるだけでなく
単独で動かす習慣の無いゴルファーにとっては
左ポケット…となると、それを体で動かして(移動)
自分で腕を動かしている錯覚に陥ってしまう場合もあります。

左サイドが上がっている状況 というのは
体が左を向いている状況とほぼ一致しています。
右腕を伸ばそう、肘を伸ばそうと
右腕でグリップを押しても
左腕を動かそうとして、体で左腕を引っ張ろうとしても
どちらのケースでも「左サイドは上がって」しまいます。

トライしてみて下さい♫
また報告お待ちしております(^.^)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




コチラから ハミングバードYOUTUBEチャンネルに入れます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ご来店になられない遠方のお客様とのやりとりで
こちら(野澤)からの返信の抜粋です。

482780_170286899788602_2041560344_n



カスタムメイドの場合、

一つの基本は「その方に合ったクラブ」というのがあります。

具体的に言えば、体力は勿論のこと、

過去になじんできたクラブや得手不得手などを

考慮して、スイングの改造なしで結果を重視するもの を指します。


もう一方で、クラブを未来の指針、そのクラブに合わせたスイングを構築する

という未来の灯台のようなクラブを作る
「自分をそのクラブに合わせるためのクラブ」

というのも御座います。

弊社で言いますと、ヘッドの機能を最大限まで重量で増幅させ、

シャフトの機能を柔らかさで増幅させたクラブです。

市販のクラブは総じて、すぐの結果を重視せねばならないため

出来るだけ機能を薄めた重さ、柔らかさと言えます。

それに慣れてこられた方がすぐにその重さ、柔らかさに馴染むには

時間を要するので、弊社のクラブは「悶絶クラブ」と呼ばれたりします。



私の場合、前者を経て、後者もクラブも長く作っております。

後者のクラブを作っている人間の前者のクラブ(直近の結果を重視するクラブ)と

後者のクラブを作ったことのない(その発想のない)人間の作る前者のクラブは

大きく異なります。



誰よりも大きな幅の ヘッド重量、シャフトの柔らかさを知っているが故の

微妙にクラブ使いも誘導し、結果も出させるクラブ創りを出来ると自負しております。

225484_170587513091874_290037338_n

そこで質問では御座いますが

✪直近の結果重視を0(数値の0)

✪スイング改造重視を10(数値の10)

とした場合、どの位(数値で言うと)のイメージをお持ちでしょうか?

非常に漠然とした質問で、答えにくいとは思うのですが

例えば ゼロ〜10の数値で示します具体的なイメージは

 現在のクラブ(ドライバー)を ヘッド重量190g 振動数250cpm と仮定した場合

✪イメージ 0       200g    230cpm

✪イメージ 10      230g    140cpm

このような感じです。

以前の御返事によって、自分(野澤)には大体のイメージが出来ているのですが

そのイメージを お客様と共有しませんと、良いクラブは出来ません。

非常に答えにくい質問かとは思いますが、是非 お願い致します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クロムメッキ

さて再びHBS-10改についてですが、
完全に球を捕まえたときのインパクトでは、
ヘッドの重量が存分に球にのしかかっているのが感じられ、
手にはボールがつぶれた感触が残ります。

北島康介であれば「チョー気持ちいい」と
叫びたいところです。

飛距離の原動力であるヘッド重量が増していますから、
これまでのクラブと同じ距離がもっと楽に出せるようになり、
特にロングアイアンを握ったときの安心感といったら・・・
北島康介であれば「何も言えねぇ」となるところでしょう。


より簡単に打て、飛距離も増大、ミスにも強い、
とくれば、これはもう迷わず「買い」です。
財布さえ許せば(笑)。

L
型ブリストルパターもそうですが、
店主さんの深い英知と優れた材料が結集した一品
ではないでしょうか。

5
年前、雑誌チョイスでHBSの記事を見なければ、
恐らく今でも毎年大手ゴルフメーカーのクラブを
買い替えていたことでしょう。

確かに市販のクラブより価格は高めですが、
市販のクラブを買い換える支出、
HBSのクラブでしか味わえないあの感触、
正しいクラブ扱いのレッスン付き、などを考えたら、
有形・無形を含めて十分にその価値があります。

願わくは、私がゴルフを続けている間は、
店主さんにクラブを作り続けていただきたいです(笑)。



    店主…有難うございます。そう有りたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

002


ご協力ありがとうございます。

引き続き、よろしくお願い致します。  野澤

W支援
また、福島・郡山の野菜・お米を
お届けしていますので
コチラにもご協力下さいませ

A8129_T1



振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ
【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日、私にとって二代目のクラブセットがドイツに届きました。


35cb88f77052c597adb8-L


なにせ絶滅危惧種なだけに
密輸入がバレて懲役になるか、
重さで飛行機が墜落しないかなどと心配しましたが、
無事に税関を通過し、私の手元にやってきました。

 店主…ワシントン条約に引っかかる???

ちなみにこれまで愛用していたクラブセットは、
5年前にHBSで作っていただいたもので、
私にとっての初代悶絶クラブでした。

ウッドは1W5W9W、アイアンは6-SWというもの。
これにハイブリッドと5Iが加わったのが二代目になります。
ますますゴルフバッグの重量バランスが悪くなったのは
言うまでもありません。


 店主…頭が重たい ですよね


初代と二代目のスペック表を見比べてみると、
ヘッド重量は、ドライバーは約30g増、
6I以降は40g以上も増えています。

また振動数を見てみますと、
ドライバーは約40cpm減、
6I以降にいたっては50cpm以上の減となっています。
今まで富士山を登っていたのに、
次はエベレストに登ることになったような気分です。



初代とHBS-10改を持って練習場に行きました。
まだアイアンでも十分な慣らしはできていませんが、
思ったことを少しばかり書きたいと思います。


GOLFsystemWORKS K99
構えてみてまず思ったのは、
「ヘッドがでかい」(笑)。






同じ共栄さんのヘッドながら、
初代とは一回り違います。
安心感にもつながりますね。

二代目の後に初代を持つと、
「アレ?アスリート用モデルだったっけ?」
と勘違いしてしまいそうです。
Wニッケルの渋いめっきも素敵です。


それから、もちろん「重柔!」です。
店主さんに、「一番柔らかいので作って〜」とお願いした手前、
覚悟はしていましたが、ゴルフクラブを全く知らない人が、
「先に極端に重いものがついたフニャフニャの棒」をイメージしたらこんな感じだろうな、といった印象。

手に取った段階ですでに、
このクラブに抗おうとする気持ちが無くなります。
この重さに対抗するのは危険すぎますね。

さて打ってみた感想ですが、
一言で言えば「より簡単になった」でしょうか。


とにかく、重いヘッドとシャフトの柔らかさによる、
お導きの力、というかクラブを誘導してくれる力がすごいです。

普段、鈍感を自覚している私は、
初代ではまだクラブの行きたい方向が感じ取れないことがあり、
そのため手や身体の力で
飛距離を作り出そうとしていた面が少なからずありました。

しかし二代目はそのヘッドの重さとシャフトの柔らかさで、
打撃の主役であることを猛烈にアピールしますので、
自分が主役になって何かやろうとすると痛い目を見ます。
お約束
(正しい前傾姿勢、骨盤の向きの変更、肘使い、
クラブヘッドの正しい位置・姿勢のセット、フットワークど…)
を正しく守ると、クラブが最も短くなるトップオブスイング以降、
本当にオートマチックにクラブが動いてくれ、
気持ちよく飛んでくれます。

また、クラブヘッドがいつも同じところに
降りてくれるのでしょうか、

初代よりもダフリやトップが明らかに少なく打点が安定し、
ミスショットの確率が圧倒的に下がっています。

出球はやや低めのようですが、
そこから糸を引くようにストレート〜軽いドローで飛んでくれます。また何人もの方がすでに書かれていますが、ランがすごく出ます。推進力が強いのでしょうか。あまり遠くに飛ぶとよく見えないので(笑)、フルスケールでゆっくりスイングして100Yあたりの動きを見てみましたが、やはりよく転がっています。

    後半へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


お手紙頂きました。




 f350b387-s


いつもブログを読んで参考にしているつもりでしたが、

そこに書いてある事も自分の今までのゴルフ感が入っ

フィルターを通して見ていたんだなと痛感しています。

前傾を持った右向きによる左サイドが低い状態が方向を作っているという部分は、

自分視点+写真のイメージを元にした考えだと意味がわからなかったです。

右を向いて進行方向にボールを飛ばすのには、ヘッドを左を向けないと出来る訳がないと思っていたので(自分では疑いもしなかった部分でした)、左サイドの低い前傾確度が方向を作っているなんて目から鱗でした。

技術と言うより考え方を(特に自分で常識だとすり込んでしまっている部分)見方を変えないといけないですね。



先日教えた頂いた事に関する部分を過去の記事を参考に考えてみます。

先日教えて頂いたキーワードでは、

・グリップが動かされる姿勢

・関節が可動範囲の端でロックされる力感でスイングを作ってきてしまっている、小さい筋肉をフルに使う感覚でタイミングを作ってきた

・左へのシフト、左の股関節に乗って回転

・複雑にした問題をそこを治そうとせずにそうなる元に戻って考えてみる、その部分だけをどうにかすると言う考えでなく紐の三角形の考え

・下半身で上半身を動かす、捻らない、アプローチショットから

・ヘッドを動かすとグリップの位置が変わる、ヘッドを被せる≠ヘッドを左に向ける

などなど、沢山あるのでゆっくり消化していきます。





 

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドスピードを速いことがボールを飛ばすこと

う〜ん 合っているようで、合っていないような…。
すべてのことが同じ条件であれば、たしかに…
2f69dcd8.jpg


ただ ここで間違って貰っては困る重要なポイントは

ヘッドスピードが速いことはボールを飛ばすポイント
ではあるけれど
ヘッドスピードを上げることがボールをもっと飛ばすポイント
とは限らない ということ。

多くの人は インパクト付近(前後)で
adc717b3-sクラブをこう振るもの
と考えている。
でも、その実態は
インパクト前後も
体の向きが変わっていて
それがこの角度から見た時、円弧を描いているのは
前傾姿勢があるからであって
この円弧には、殆ど腕や手は介在していない… 



体の回転でこの円弧を作っていれば
このカメラのように ある静止点から見れば
円弧通り ロフトは変わって見えるけれど
本当は 円弧に対しロフトは変わっていない。

その円弧を手や腕の作業で作ってしまえば
ロフトも変わってしまうし、
円弧、そのものも急激な半径の小さい様な円弧に
変わってしまう。

ph01_15幾らドライバーの様なロフトの少ないモノであっても、ロフト角度はある訳で、
打つボールは当り前だが球体。
球体にとって、角度は逃げる場所になる。
ロフトを増やしていく動きは
回転を生み出していくだけで、
スピードを上げても 回転が増えるだけ。
ボールを飛ばそうとした時ほど、無意味に高くなったり
無意味に風に弱くなった経験は多くのゴルファーが
味わって居る筈。

スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)このようにフェースを扱っている限り
スピードを上げることが
それに比例して距離を伸ばすことには
結びつかないないし
ゴルフクラブにはヘッドの重心のズレ(重心位置)があるので
このような使い方をすれば、スピードを速くすれば
その分ヘッド重量が重くなり、より一層ロフトが寝る。
ヘッド重量が重くなれば、総じて クラブが長くなる。。。
(自分からヘッドまでの距離が離れる)

手や腕で円弧を描けば、遠心力が増し
遠心力とは、クラブが体から離れていく力 だから
それを距離にするのはとても難しいし
✪体から離れていこうとするクラブ
✪変わらず同じ場所に有るボール
✪そして自分の飛ばしたい方向
この3つを瞬時に折り合いつけるのは容易ではない。

正しいクラブ扱い、ヘッド重量の扱い、シャフトの扱いは
スピードを上げた分だけ、比例して距離にすることで
叩けるのなら、叩ける分だけ飛距離になる。
そこは大きなポイント。

理解するのは難しいかも知れないけれど
正しくクラブが使えれば、
ヘッドスピードが上がれば 打ち出しは低くなるし
(飛距離が出る分 最高到達点は高くなる可能性はある)
左回転に成り易い。
正しくクラブが扱えないと
ヘッドスピードが上がる分 打ち出しは高くなるし
右回転は強くなるだろう。
実はそのメカニズムはシャフトが柔らかくなるのと同じ。

先日… あるお客様が来て
そのお客様は大変要領よく、上から打つ というのを
ほんの十数球で掴んでしまった。
若くて スピードのあるお客様だったが、
それ以前は 260ヤードとか、たまに当たると290
なんてのもあったそうだが、220ヤードも出る。
コツを掴むまでは、気合が入るほど 右ハイボールが増え
スライス回転、バックスピン量も増加し、
平均で260ヤード強と言ったところだったが、
コツを掴んでからは最高到達点が10ヤードに達しないほどに。

なんと 弊社計測器ランキング2位の
314ヤードを達成。。。
スピードや体力のある人が上から打てるという条件を
持ってしまうと、凄まじい。。。
ドライバーのヘッドがもつんだろうか。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドが軽い為、ヘッドを感じるよう
シャフトが硬い為、シャフトを撓らせるよう
クラブを扱う現代のスイング論では、シャットを作って
ボールを打つことを『クラブから教わる』ことは、
超人的な感性があるか
感覚を無視して、動作を大量の反復練習によって擦り込むか
 どちらか...。

市販のクラブで、打ちながら、弾道を見ながら練習している限り
ヘッドを感じるよう、シャフトを撓らせるよう と言う限定の元で
上手く打てることを模索することになる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ