◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2013年11月


製品としてのゴルフグリップは
ルール上、左右対称の概ね円形でなければなりません。
特に側面の平面は厳密に禁止されています。
ここがスイングとしてのグリップの基本だと思います。

手と手の平を合わせ、その間に挟む というのが基本に
なるのだと思います。
スナップショット 1 (2013-11-29 11-02)

俗に言う「スクエアグリップ」とは
グリップ…握りそのものを指すよりも
両腕に対し、クラブ、製品で言うグリップ、シャフトが
どの位置、どの関係になっているかを基準としているので
両方の腕に対し、ほぼ均等な関係にあるのが
スクエアグリップ ということになります。

スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)フックグリップ。。。となれば
クラブは両方の腕よりも左に位置することに
なります。
スクエアでない、クラブとグリップの関係は
当然、ですが、左右の手首のコック方向、
スナップ方向にも左右違うものに成り
それは必然としてアドレスに影響を及ぼします。
スイングにとって良い、悪いは別にして
アマチュアだけでなく、プロで有っても
フックグリップが美しく見えないのは
余りに露骨な左右非対称性に有るのだと思います。
IMG_0015IMG_0016






右利き、右打ち の場合
右手が左手よりも遠いところを持ちます。
ずらして持ちます。
これには理由が有るのですが、
基本、左右の腕は同じ長さです。
(これをどうするかは 明日の記事で…)

ズレは作ったとしても、それは最小限で抑えたい
でないと、アドレスが作りきれない。

36ed9c16
出来るだけ、左右のグリップの高さのズレ(差)は抑えたいです。

この高さの差は、そのまま左右のアドレス時の
肩の高さの差になってしまいます。
42ea91fdここまでの高低差があると、かなり苦しいアドレス姿勢
にならざるを得ず、体のセットアップ上
どの方向を向いているのか、分かり辛いものになって
しまうと思います。


グリップの良しあしの目安の一つとして
両手首の高さの差を見るのも良いかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは体のセンターに置く


そんな言葉があります

その本当の意味には 言葉が欠けています

インパクト時の

です


sample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット

弊社のクラブを使う限り
しゃくってしまって あおってしまって
上がり際にボールを打つのでない限り
必ず ヘッドはボールに届きます
ボールを拾う 地面に置いてあるボールを拾う機能は
マックスで備わっていますから
自分で クラブヘッドを下に下げる行為
自分自身が下がる行為は 一切要らない と言えるでしょう

出来れば フルショットをする限り
フェアウェイウッド〜ウエッヂまで
左の靴 と ボールの関係 は一定にして下さい
はっきりと どこ とは言えませんが
ボールの前面がかかと線上 位が基本と言えるでしょう

そこが インパクト時に 体のセンターになる場所 です

ですから 足腰に自信があったり
シフト スライド サイドステップが得意な方は
もっと 左でも良いかも知れませんし
そうでなくとも 出来るだけ 左足かかと付近
そして それを 統一させて下さい

クラブによる スタンスの差は
それを基準に 右足(靴)の位置を変えるだけです

これで ヘッドとボールのコンタクトの基準点が出来ました
番手による違いがなく 一貫したボールの位置
その基準になるのは さきの言葉
インパクト時に 体のセンターになる場所


ドライバーも含め ティーアップするモノは
その高さ分 更に左 と考えて下さい

左足かかとのボール位置 は
ゴルフのショットには非常に重要です
そこが インパクト時 体のセンターになり
概ね 体はボールに正対している
両方の腕の長さが揃っている
体のラインがターゲットに平行

結論として そこに行き着くのには
ヘッドを振る動きでは無理がありますし
ダウンスウィングで 腰を先に切る 動きでも
そこには到達出来ません
クラブを後ろに倒して 寝かせれば
必ず体を開き 右サイドが下がりますから
それも そこへ到達出来ません。

体の向きの変更
その動きを 脚さばき
左右へのサイドステップを身につけなければ
そこに行けないのです

その場所から 巻き戻して
クラブ扱い ゴルフスウィングを構築するのも
ひとつのアイディアかもしれません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 僕は家で、練習場で、いろいろ考えてるとき、

アドレスからトップまでクラブヘッドを見ていません。

十分に右向きをつくるためにも、
そうするようご指導いただきましたし、

ボールを“みつめる”ことでの悪影響もなんとなく理解しています。

ただ自分にとっての落とし穴だったのですが、

現場に行くとボールを見ています。

先日たまたまですが、

家の中でアドレスからトップまでボールを見ながら

やってみるといつもとヘッドが上がっていく軌道が全く違います。

ヘッドが近づいてくる感じ。

ということは現場ではクラブを右に倒してたということになります。

この景色に慣れなければと思いました。

もちろんボールは“ぼ〜っと”見るようにします。

スナップショット 3 (2013-06-22 0-33)


これも習慣と言えば習慣なんですが
ボールを見過ぎてしまうことによって
テークアウェイを左腕だけで所定の位置まで
持って行ってしまう というのは、少なくない例です。
ボール、ではなく、クラブを見つめたまま
その状態のまま向きを変える訓練も必要になるかも知れません。

良い、悪いの問題ではありませんが、感覚として
ゴルフスイングを考える場合、
インパクトを考える場合、
多くが「アドレス」での、自分の向きや姿勢、
ボールとの関係を基準にします。
説明しにくいのですが、何か固定的なモノを基準に
スイングの円弧を作ろうとしてしまうと思うのですが、
実際には 180度も大きく向きを変えながらの動作で
その180度向きを変えることによって
円弧そのものだけでなく、高低差のある
斜めのスイングプレーンを描くのです。
逆に考えれば、視線や視界も動かしているのであれば
視覚情報としては、動いていないヘッド
という「全く逆」の状況とも言えるのです。

大変重要なことで、かつ忘れてしまいがちな
自分が向きを変えることによって円弧、
特にその円弧が前傾姿勢によって傾いていること
によって ヘッドの大きな高低差が生まれるのですが、
頭の中のイメージとしての円弧は
自分が動かず ヘッドだけが円弧を描いている という
第3者から見た 円弧なのです。

スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)


その当事者である筈の自分が
第3者から見た円弧を描いてしまう
という こんがらがりそうな状況を
多くの人が スイングとしてイメージしています。
それを打破するというコトでも
体の向きと一緒に顔も動かし
ボールからの視線を切ってしまう というのは
有効な手段の一つなのかも知れません。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

休日にハミングバードのyou tubeを見ていましたら
どなたかの練習風景がupされていました。
その中で左へシフトする際左の膝を開く(飛球線方向)ように指導されているシーンがありました。
スナップショット 3 (2013-09-23 15-35)スナップショット 4 (2013-09-23 15-35)






クラブを持たずに鏡の前でやってみるとびっくり。

全く踏ん張れず左方向にばたばたとバランスを崩します。
何度もゆっくりと繰り返しているうちに耐えれるようになりました。
左膝がプルプルになるまでやって終了しました。
ちゃんと受け止めるためには頭も含めて腰から上全部が一緒に左へシフトしないと
バランスが崩れ立ってられないというのも実感しました。

スナップショット 5 (2013-09-23 15-36)スナップショット 6 (2013-09-23 15-36)











そうですね
シフト… というのは
体の回転の一部 です。
下半身の動作 ではありますが、
下半身⇒足が 脚だけ動いてしまうと
クラブも含め、まだ重いものが右側に残っている状態での
動作になりますので、体が横〜右に傾くような
左サイドが茵ではなく、上方向に逃げるような結果に
なってしまいます。
左へシフト  ⇒ 右向きの解き というのは
体の重しが菎に懸からないと、バランスが取れない
キモチだけ… 本当に下半身だけ左へ移そうとすると
バランスの取れない姿勢になってしまいます。

イメージ。。。 ではありますが
トップの姿勢から、左肩、左ひじ、左腰、左ひざ を
ややシャンク方向〜飛球線方向にずらす
回転するのではなく、やや下目に
左サイドだけ、左(飛球線方向)にずらす… ような感じです。

回転では、左右が均等に動こうとするので
シフトではなく、右足軸のままの回転になってしまいます。
右サイドはトップの場所に残したまま
左サイドだけを一体に飛球線方向にずらしてあげるような…

その方向ですが、立体的に
トップ時での、両膝の関係方向に動くような
そんな感じが良いかと思います。

スナップショット 5 (2013-06-22 2-39)


クラブを持って、行っている場合
このシフトによる「右向きの解き」で
クラブが高い位置、インサイドから 腕の動きなしで
入ってくるようなイメージを頭に擦り込んでいく必要が
有るかと思います。

昨日の記事ともつながりますが
この時のフェース姿勢によって
その次の体の姿勢が決まってくるというか
自分の生きたい「立体的な方向」と
クラブが生み出してしまう重さ の整合性が
重要になってくるかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日お店にうかがった時にやったトップから

右腰までグリップを下して(ヘッドは地面に向けて)から

シャンク方向にシフトでしたね。

やってみます。

✪一つ質問させてください。

以前はトップからはグリップを
右胸から左胸になるべく高い位置でスライドさせる
(右を向いてる時は左の方が低いので結果左斜め下になる)教わりましたが、右ポッケだとトップのグリップ位置を基準にして
90度違うと思うのですが、
胸の前をスライドから右ポッケに変更(?)
された理由は何でしょうか?

20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット
それともダウンで左が上がる人だけへの
アドバイスでしょうか?
何かしらヒントが隠されてないかなと
思ったもので質問させていただきました。

先週末は練習場でなく、現場に行ってきました。
27Hプレイしましたのでいろいろ試しましたが、
結論として、現場では
ダウン以降何かを意識するのはだめということがよくわかりました。
トップからダウンに入る瞬間
ちょっとだけグリップを落としてやったら
あとはクラブのいうとおり。
このあとどうしてやろうとか思うとほとんど罰を受け、
仮にうまくいっても再現性がなく、たまたまですね。


 お便りありがとうございます。
多くのゴルファーは
左腕、左手を動かすのを苦手としています。
元来、シフトすることによって
右向きがだんだん正面向きになってくるのにつれ
左腕/左手も前に出てくるものです。
正確な説明ですると、それに伴い
腕が下がるので、前に出て見えないのです。
下げることも、体の向きで動くことも
両方苦手にしてしまい(わざと…と言うのもありますが)
シフトや体の回転をして「から」
腕の動作を分け、別々に動かす
と言うのが、多くのパターンです。


 

sample 2009_09_29_23_01_02-522フレームショット


全部のタイプのゴルファーに当てはまる訳では
有りませんが、ダウンでシャットを作る
グリップを右側(上半身に対し)に落とす、という
イメージを作ると、左手が下がったり、
左腕が体と共に移動するようになったりしています。

刷毛塗は、グリップを自分の胸(上半身)に対し平行に!
と言うイメージですが、
トップからインパクトまで
理想的には左サイドの方が低くなっています。
刷毛塗、そしてグリップを真下に
という 90度違って感じる行為も
実際には非常に近似値のモノで、
グリップを真下に… と言うイメージが
左サイドの低さを維持するのに、一役買っていたりします。

sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット


また、刷毛塗とは、上半身の上側(へそから上)を
脚の骨盤の向きの変更と連動させるための効果もあります。
意識せず、骨盤を動かすと、遅れさせずに
上半身を移動できるようになると、
グリップ位置を下げる(自分に近づける)というのも
重さを上手に利用していくためのステップになるかと
思いますが、如何でしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウィング中 フェースの向きが
ボールの飛ぶ方向。。。

 なんて 野暮なこと言ってはイケマセン。

全体で2秒、ダウンスウィングで0.3秒

ドライバーの ヘッドとボールの接触時間
 1/3500秒

ここで 瞬時の動作によってボールが飛ぶ方向を決める なんて
単なる 当てずっぽう を口にしているに過ぎません。

ましてや ゴルフのスウィング クラブ扱いは
立体な上 俗に言う「フェースの向き」も
立体な構成ですので それを瞬時に修正 ってのは
あまりに 継続性の無い話...
腕さばきによって、ヘッドの回転を同じようにしたとても
ロフト角度とライ角度の組み合わせによって
その「フェースの向き」の回転量は異なります。
フェースローテーションによって
ボールの方向をコントロールしている限り
短く、ロフトの大きなクラブほど左に行くことになりますし、
長く、ロフトの少ないクラブほど右に行くことになります。
例え、今回上手く出来ても 次につながりません。
ラウンド中での混乱も生まれます。

スナップショット 04(2012-01-10 20-06)

体の向きの変更 でクラブを動かす人に
とっては アドレス時のスタンスの向きが
ボールの飛び出る方向と言って良いでしょう。

クラブを腕で動かす人にとっては
訓練された状況であっても
スタンスの向きとボールの飛ぶ方向に
厳密な関連は有りません。

ですから アドレスを含め スタンスもいい加減に
なってしまうモノです。

no title

スタンスをする際に注意して貰いたい点は
つま先を基準にしてはいけない

と言うコトです。

左右のつま先の開き具合

というのは ゴルファーによってまちまちです。

概ね 左のつま先の方を開くゴルファーが
多いように感じますが
そうであるのなら つま先のラインは
左を向いていて 正解な筈です。

そのつま先が ターゲットラインと平行
と言うことは かかとラインは 右を向いている
と言うコトになる訳です。

自分のかかとラインをターゲットラインと平行に!

少々 左を向き過ぎ 位でも
良いかも知れません。

練習場に通っている方は
少し 左めを向いている かかとラインで
練習して繰り返してみて下さい。

その練習に慣れてきたら
練習場のマットのライン を微妙に違う
方向で繰り返し練習してみて下さい。

練習場の 平行感
何か対象物のある 平行意識を身に着けてしまうと
直線の少ない 立体の曲線で構成されたコースで
アドレスがうまく取れなくなってしまいます。

本来 スタンスを含め 体のラインは
ボールのある ターゲットラインと交わることの無い
平行な 線路のような関係なのですが
不安に陥ると 人間は体のラインを直に
ターゲットに向けてしまう傾向があります。

すると ボールラインは右を向いてします。。。

右を向いて やや引っ掛け気味に打つ習慣を
自然に身に着けてしまうコトになります。

くれぐれも気を付けて
MOL061_Sc

ボールの飛び出る方向を一番大きなウエイトで占めているのが
『スタンスの向き』です。
スタンスにはそれそのものの方向と
そのスタンスによって、ボールの位置が微妙に動いてしまう
というのが付いて回ります。

よくあるミスは、スライスが出ているからと
左を向くと、ボールは中に入ってしまい
引っかかっているからと、右を向くと
ボールは外(左)に出てしまい、
出したくない球筋がより強調されて出てしまうことが
少なくありません。

コースで体の向きを変える場合は
ボールを軸、中心の向きを変える感じを身に付けたいものです。

スタンス、そしてボールの位置の確立。
これだけでも、コースでの方向だけでなく
ミスショットの率を相当軽減出来るようになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールポジション。。。

市販のクラブを 巷にあるスウィング理論で
打つのは どうするのか よく知らないが。。。
ハミングバードのクラブを使うのなら

★地面にボールがある場合

左脚かかとにボールの前面


を合わせる「辺り」をお薦めします。

これは クラブの長さに関わらず
 と言う意味です。

フェアウェイウッドであっても
 ウエッヂであっても 左脚かかと付近

にボールを置いて下さい。

この時、注意して貰いたいのは
多くのヒトが 
利き目は右
 です。
右利き目のヒトが その位置のボールを見ると
実際のモノよりも 右にあるボールが
その位置に見えます。
目に見える位置が 左過ぎる〜〜〜
と言う位の位置がその位置ですので
一度 クラブを地面において などの実際の確認の後
その位置に 視覚的に慣れて下さい。

IMG_0004

その位置が設定されたら
クラブの長さ等による変化は
右足(靴)の位置 の変化、スタンスの広さ だけです。

ですから スタンスが広いクラブであれば
左かかとの位置は 体に対しては すごく左な感じですし
スタンスの狭いクラブであれば
左足かかとの位置は 体に対しては
 中に入ってくる感じです。

標準的な スタンスの幅は
両胸(乳首)の幅が両靴の内側幅
と言う感じでしょうか

そう言う意味では 各人のスタンスの幅に
関係なく その幅での 左靴かかと
というのが スタンダートと言えるのかも
知れません。

左足かかと というのは
インパクト時に 概ね 体のセンター と言う意味で
シフト 体の回転が得意でない場合は
やや 右寄り(ボール半個〜1個程度)も許容範囲だと思います。

ただし ボールを左足かかとにピッタリセットし
体の回転やシフトの不具合を許容せず
未来の自分に照準を置いて 練習することも
重要な考え方だと思います。

IMG_0003

ティーアップするクラブにおいては
ティーアップすることによって
立体的に、上下遠近と言う意味で
ボールと自分の関係は近づいていますので
ボールを その分 左にずらして
ボールの位置をセットしてください。

✪またコースへ出ると、練習している時よりも
中(右)、近くにボールはなりがち です。
練習では かかとよりも左と言うか
ボールの後ろ面が左かかと位ですると
良いのかも知れません
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールポジションと関係しますが
スタンスは人それぞれと思います。

基準値 は 6番〜7番アイアン以上の
長いクラブで 左右の靴の内側(靴幅)
に胸(左胸と右胸の距離)の幅
ここら辺だと思います。

スナップショット 5 (2012-03-02 19-54)

肩幅が両靴の内側となると
かなり広いスタンスと言えるでしょう。

そうですね、
スタンスの広い人は ボール位置も
左足かかとよりやや中目になると思います。

スタンスが広い方が 弾道も低くしやすくなります
距離も稼げると言えましょうか。。。
しかし これには脚力が必要になりますので
逆効果になるので いっぺんにはトライしないで下さい。

脚力が付いて来たら 徐々に と思って下さい。

最終的には 肩幅で ボール位置は 1〜2個
左かかとよりも 内側 そんな感じでしょうか

スタンスを取る際に 気にかけて貰いたいのが
方向です。 利き目にも関係があるのですが
9割以上のアマチュアゴルファーは右を向いて構えています。

その原因の一つに 多くの右利き 右打ち ゴルファーは
左のつま先をほんの少し開いています。
それ自体には一切問題はありませんが
開いているにも関わらず つま先を
方向に平行に揃えています。

IMG_0001 (2)

自分の手のひらで行ってみれば分かりますが
指先・先端を揃えると かなりクローズスタンス
右を向いている事なります。

左脚は軽く開いているのに 足は右を向いているのです。
この状態で 無理やり 上半身を イメージ上
もしくは マットに平行にしようとすると
右サイドを下げるとか、前へ出すとか
少々 体をひねった状況から
スウィングをスタートすることになるのです。

アマチュアらしい 個性的なアドレスをしているゴルファーに
非常に多くある症状です。

複雑に捻られたアドレスから始まる スウィングは…
想像に難しくないですよね。

アドレスのセットアップは
両つま先の開く具合などに関係なく
 かかと でセットしてください。

多くのゴルファーは かなり左を向いた
開いた印象、感じを受けると思うのですが
それは 慣れて貰うしか 仕方ありません。

IMG_0001


もしも、もしも 間違っているとしても
左を向いている方が いろいろな弊害は少ないのです。

ちなみに 私自身のですが(フルショット)
スタンスは広い方ですので 左靴かかと一個右側
ボールポジションは 
クラブの長さが変っても ティーアップ以外では変えませんが
クラブの長さに応じて 左つま先の開きは
ほんの少しですが 増やします。

ボールのターゲットと平行に構えるイメージよりも
やや 左寄りに体のラインも作る 意識を強く持っています。

また おまけですが、そのターゲットラインを基準に
曲がろうが 曲がるまいが
 出球も含め ターゲットラインよりも左に出る
もしくは 行く弾道は 結果兎も角
すべて ペケ と思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが「非常に大きな勘違い」
「非常に危険な勘違い」をしているのが、体の回転 と言う言葉。

練習場やコースで耳にする 「体が硬いんだよね〜」って…。
誤解を生み易いゴルフ用語に「捻転」ってのがありますが、
そのニュアンスは消しゴムを捻るような、
ぞうきんを絞るような、そんな感じがあります。
しかし、体の構造は多少の遊びは有ったとしても
通常 雑巾のように体を絞ることも出来ませんし、
それが捩じる戻るのにパワーが発するとも思えません。
(もし、そうだとしても痛める可能性と引き換えには出来ない)
FMA9921_front_120x120

背骨にはひねる機能が原則論、ない訳ですから
「体、硬いんだよね〜」って言うのは正常な話で
背骨を捩じって、ふにゃふにゃってのは
生きている限り、かなり無理があると思います。

裸でスイングすることも、それを見る機会も
あまりない訳ですから、衣服としてズボンは
回っていなくとも、ズボンの中での骨盤は回っています。
上半身の向きを無理なく変えるのには、
フットワークでの骨盤の運動が不可欠です。

よく下半身は45度、上半身は90度なんて
言葉も耳にする訳ですが、
それも両膝や太もものラインが45度に対して、
上半身(この場合はへそのライン)が90度 と
考えるべきです。
腰は45度、両肩は90度というのは
肩の動きが加わるにしても、背骨を積極的に
捻る動きになりますから、お勧めしません。

そう言った意味でも 利き肘の外に張るクランチの動き や
顔を右に向ける動きと言うのは
フットワークで体(骨盤)の向きを変えるのには
非常に良い エッセンスになると思います。
スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)

特に グリップやヘッドを常時、体の幅の中に
収めておきたい と考える限り
腕のローリング(回転)を抑えるためにも
肘のクランチの動きは憶えたいものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 振り子のストロークをすると
縦に描く円弧が強くなってしまう。
これに加えて、重心の深いタイプのマレット型
の特性がはいると さらにその円弧は
きつくなってしまう。
重心が深いヘッドの特性は
運動中、遠心力と重量が一直線上になる
と言う働きによって、ヘッド自体が前に出る
その作用によって ロフトが増えて やさしい
ということなのですが、
ショルダーストローク+重心の深いパター
では、より一層上がり軌道でインパクトする
という結果がついて回る。

マレット型をショルダーストロークで打っている
ゴルファーの打音を聴いていると
おおかた、角の当たった硬い音をしている。
マレット型には、フェース面にソフトな異素材を
ハイブリッドしているものも少なくないが、
そこで打たずに角で打ってしまうなんて
冗談なのかとも思ってしまう。

スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

パターストロークの弾道計測 なんてのは
今までしたことが無かったが
ここまでの差が出るとは思っていなかった。
刷毛塗のストロークで行うと
ばらつきはあるとは言え
5m位の距離感覚で 
プラスマイナス20%
程度の幅で収まるのだが
振り子のストロークにすると
そのばらつきは 何倍 と言う世界になってしまう。

打撃エネルギーを固定と仮定すると
その力は ボールのスピード 回転 などに
分割されていくのだから、回転が増えれば
それだけボールスピードは下がる。
たかだか 5mのパッティングでこれだけ
回転数がばらついてしまうと、毎日のように
パット練習をしていないと、距離感は体に
馴染まないのではないかと思います。

鏡やガラスなどを見ながら
自分のシャフトがどの位振られているか
確認してみよう。
シャフトのふり幅分と、ロフトの変化は
いつも等しい。
シャフトが振られれば、振られるほど
ロフトも変わってしまうし、
円弧も縦のキツイものになってしまう。

そこは 要チェック!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアに限らず、ゴルフのミスショットの原因の
7割が「回転不足」「右向き不足」です。
それが改善されるだけでも、ミスの割合はぐっと減ります。

クラブさえ、シャフトさえ 所定の位置に行けば良い
というのではありません。
そのクラブの右向きを何でやっているのか
というのが「右向き不足」になる訳です。

pga_g_jnicklaus_400練習場で誰かのスイングを見てあげる、とします。
テークアウェイ〜トップでまずチェックするのは
両方の肘の関係です。
前傾姿勢がありますから、右を向けば
右サイドの方が若干高い位置関係になります。
それを基準に 両肘の関係がそれと同等 もしくは
それ以上右の方が高ければ
右向きは骨盤によって作られているので OKです。

スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)しかし、このように右ひじが低く
腕が捩じられてしまっている場合
その捩じられた角度分だけ「右向き不足」であり、
この時点でクラブは体の正面から その捩じられた分
ズレタ場所に有るというコトです。
ここで更に一生懸命骨盤を回したとしても
運動する量そのものが増えた に過ぎず
腕で作ったクラブのズレと体の正面との関係は変わりません。
肘をクランチ(外に張る)運動を少しずつ増やし
腕で行っている横へのクラブの動かし を
徐々に骨盤〜足の運動に変えていく必要があります。

t02200278_0327041312030346860ウッズ選手のこの写真と上にある
ジャック二クラウス氏とのクラブを比較して下さい。
二クラウス氏のクラブヘッドは
その上半身に対し、アドレス時のロフトはそのまま。
それに比べ、ウッズ選手は90度のロフトのクラブ
(別な言い方をすれば、ロフトとライの関係が入れ替わってしまっているかのようです)
になってしまっています。
そして、体が正面に戻ることによって ボールを打つ「筈」
なのに、そのタイミングは既に逸してしまっていますから、
先端に重いモノの付いた1メートルを超える棒を
肩も含めた腕力で出してこなければならない上
元のロフトの戻さねばなりません。
それはそれで超人的ではありますが…。

二クラウス氏の場合、重量を伴い、グリップを下げる
クラブが落ちる という腕力が重要でない動作と共に
脚を使って向きを変える という別な二つの動作ですが
シンプルな動作をすれば ボールは打てます。

ところがウッズ選手の場合、主に腕力で
それぞれが良い意味では干渉しあわない回転、捻りを
創り出し、その上で、望みのロフト、望みの面を
1/2500秒のインパクトにしなければならないのです。
また、回転もそうですが、重さと言うものを
重力方向に動かす瞬間がほとんど無いので
ヘッド重量と言う飛ばす球の「パワーの源泉」は
利用することが出来ません。

体の向きで円弧を作り出していれば
例えば「叩く」と言う言葉と
真っ直ぐ行かせる というのは両立できる可能性がありますが、
腕のさばきで円弧を作っている限り
アマチュアの常識的な体力、運動神経、練習頻度から
考えると、それは奇跡に近いものになってしまいます。
飛ばすために真っ直ぐ行くのをあきらめるか
真っ直ぐ行かせる為に飛ばすのをあきらめるか

それでは面白味がないですねぇ〜。

また、良く言われるダウンからフォローまでのビジネスゾーン
ここを腕で振る限り、ヘッドは軽い方が良いですし
シャフトも硬い方がいいでしょう。
ゴルフショットを楽にするはずのその機能達を
すべて「無し」にして、それを運動性能でカバーするのは
本末転倒です。
アマチュアゴルファーの運動性能や練習頻度の低下を
道具としてカバーするために有る筈なのに…。
どちらが道具で、どちらが使い手の立場なのか
よく分からなくなってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社ではテークバック等で、右ひじを外に張る
「クランチ」と言う使い方を推奨しています。

ゴルフクラブは長い棒の先に重さの付いた道具です。
その先端に付いた重さは クラブ全体の6〜7割にもなります。
そして、ゴルフクラブにはロフト角度とライ角度。
それはある何かの基準を元に角度を作っている訳ですが
それをひねって、捩じって使ってしまっては
全くもって意味を失ってしまいますし、
運動性能と言うクラブの機能を利用しない打撃方法に
なってしまいます。

そのゴルフクラブの機能を利用する絶対条件として
体の向きを変える と言う動きを
体のひねり、ではなく 向きの変更(骨盤の向きの変更)
で行う必要があります。
t02200278_0327041312030346860例えば ウッズ選手のこの前準備。。。
製品として10度のロフト角度クラブを
使っていたとしても、
この状態で 一体何度のロフトで打とうと
しているのか、分かりません。
アドレス時は 自分の上半身、もしくは顔や目に対し
水平方向に対し 10度の傾きがあったのがロフト でしたが、
この状態では、上半身の垂直方向に対してのロフトと、
90度もロフト角度とはあまり関係のない方向に
変わってしまっています。

体にお金や時間が掛けられ、職業として
体を酷使しても。。。と言う条件であれば
それでも良いのかも知れませんが、
楽しむためにゴルフを行う「筈」のアマチュアが
それを真似ることに何か良いことがあるのでしょうか。
現に、ウッズ選手もゴルフでは考えられないような
まるで サッカー選手のような箇所「左ひざ」の手術を
何度もしているのです。

スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)肘を外に張る 『クランチ』の動きを行うと
左肩を入れる
左腕を伸ばす
左手であげる

・・・クラブを右に
スナップショット 3 (2013-11-19 11-20)クラブを90度回転させるのに
左腕や左半身で行っていた その行為が一気に
体で行えるようになるのです。

クラブヘッドやグリップを概ね
体の幅の中に。。。と言う言葉がありますが
ふたつの写真
一見すると似たような場所にグリップ位置は
存在していますが、
平面上(写真)では分かり難いかも知れませんが
ふたつの上半身の向きは全く異なっています。

実はこの二つは 単に肘の使い方を変えてみただけで
こんなにも 色々なことが変化する訳です。
右ひじを外へ張ることによって

クラブの移動が半自動で骨盤で行われます。
(骨盤の向きを変える意識を持たれるとより効果的です)
7f13e7e5同時に、左半身が前に出て、体が前のめりになるのが防げます。左手で。。。 クラブを右ハンドルを切るように
上げるのと、前に倒れるようなテークアウェイに
なるので、その反動は切り返しで伸びあがりになります。
(前傾姿勢を失う)

右ひじを外に張って、テークバックを取る。
是非、トライしてみて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


当り前な話ですが、人間の背骨には関節はありません。
FMA9140_front_120x120

ゴルフのスイングで言うところの 体の向きを変える
ということは、脚を使って骨盤の向きを変えることを指します。

7f13e7e5テークバックの視覚情報を器用な腕でなぞる
真似てしまおうとすると、結果として
腕だけの向き変更 ⇒背骨のねじりになってしまいます。
これでは背骨に負担が掛かります。
鼓笛隊 モデルケース-123フレームショットベルトのバックルがこっちを向くような
骨盤がしっかり右を向くような
そんな「右向き」が出来ることが
ゴルフ用語でいうところの
「インサイドから振る」と言う言葉の原点です。

巷では、バックルは正面に向いているような
そんなテークバックを作るのが流行…かも知れません。
しかし、プロのように 体のメインテナンスにお金も時間も
掛けられないアマチュアゴルファーが遠くへ飛ばす 
というゴルフの最大の魅力と
体を壊さず楽しむ という両立を成し遂げるのには
しっかり体の機能なりに動かす というのは絶対条件です。

現に他のスポーツよりも、過激でなく
接触スポーツでもないのに、若手の背中の故障や
サッカーの選手かと思うような箇所の手術など
体の基本を無視した動きで飛距離を稼ごうとするプロに
無理な証がちらほら見えています。

骨盤の右向きを作るのには
体、背骨や腰の負担を無くす というメリットばかりでなく
色々な良い面があります。
逆に悪い面は殆どありません。

骨盤を右に向ければ、体重は右に乗れます。
腕の作用、動作だけでクラブを上げると
体重は必ず必要以上につま先に懸かり
打撃そのものを起き上がりながらすることになります。
前傾姿勢を失う というコトです。
骨盤を右に向ければ、準備動作として
それを防げるチャンスは拡大します。

行き(テークバック)は骨盤・・・腰を動かしていないのに
帰り(ダウン)で腰を切る。
行きと帰りが別な動きになるのですから
これでは元の姿勢には絶対帰れません。
スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)

骨盤を右に向ければ、ダウンスイング〜インパクトまでの
時間も作ることが出来ますし、骨盤を右に向けることによって
ダウンスイングで通過するスペースも生み出せます。

ゴルフ用語でいうところの
アウトサイドイン で悩んでいるゴルファーが
一番原点である、インサイドから振る為のスペースを
確保(準備)しないのは盲点だと思います。

その為に 視線や顔を右に向ける というのも
アイディアの一つだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

001



 ✪カムイ TP−07S
 ✪バース グラムール #7
    ハミングバード特製シャフト MD
 ✪KE-4ツアー 25
 ✪軟鉄鍛造 HBS-10 ボロンブラック仕様
    ハミングバード特製シャフト TRI
 ✪L型ブリストルパター テフロンブラック仕様


002

   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場で上手く当たらないと
「ボールを良く見ろ!」と叱られたりします。
動かないボールに対し、本当にボールを良く見ることが
問題の解決になるのか、今もって疑問です。

シニアで活躍中の 渡辺司プロのこんな記事もあります。

img9




スイングする時の運動の軸は人間の背骨です。
目と言うのはその背骨に対し、人間の体の厚みの分
30センチ以上もズレた前の位置にある訳です。
ボールを見ないという条件の上で、背骨を軸に向きを変えれば
体の厚み分、目の位置は動きます。
回転(右向き〜左向き)となれば、その厚みが半径ですから
都合60センチ以上、目の位置は移動することになります。
確かに ボールを見ること は悪い訳ではありません。
しかし、
ボールを見ることと
✪ボールと目との距離を一定にすること
 

勿論、別な事ではあっても、
人間は動作中、本能的にそれをイコールにしてしまい
ボールを見るため、目とボールの距離を一定にしてしまい
目をスイングの軸にしてしまうこと になりがち です。

体を回す、体の向きを変えるのが苦手なオジサンゴルファーは
積極的に、顔の向きや、視線を動かして
体の向きの変更を促進してあげる と言う手もあります。

スナップショット 1 (2013-11-17 19-19)テークバックで背骨をひねるのではなく
脚を使って骨盤、あそこを右に向けてあげる
それをスムースにしていくのには
胸やへそが右を向いていくのと同時に
顔も右に向けて、ボールから目を離し(視線を切る)
のも 決して悪い手ではありません。

また、テークバックもそうですが
ゴルファーの多くが左の壁の意識からか
インパクト〜フォローで、腰は止めて
上半身上部だけを左に向けていきます。
意外に骨盤を左に向けられるゴルファーは多くないのです。
ですから、インパクト以前〜以後も視線や顔の向きで
骨盤を左に向ける習慣を促すのも悪い手では無い筈です。
想像ではありますが、女子のトッププロであった
ソレンスタム選手はスイング改造に挑戦する際、
骨盤を回すのが苦手だったのだと思います。
それを 指導者の発案か、自分の考えかは分かりませんが
視線を動かすことによって解決したと思われます。
近年のプロの中では、もっともローテーションの動きを
入れない、アマチュアには理想的なスイングだと思います。

44_1_0p


また、ちょっと別件ではありますが
ロフトを立てられるようになったゴルファー、
もしくは煽り打ちが激しいゴルファーには
左回転が生み出せる替りに、
ボールの浮力を作るスピンそのものが
不足がちになり、キャリーボールが生み出せません。
左回転を打つごるふぁーにとって、浮力はイコール
距離になります。
色々な要因によって 左サイドが上がってしまい
結果、上に振ることによって、スピンを減ってしまうゴルファーには
上を向いてしまう前に、左を向いてしまうことをお薦めします。
それには骨盤を左に向けることによって解決、
それも視線誘導 と言う手があります。
是非、トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


002



003


004


 くくくく。。。
ヘッドを遅らせて打つ。。。人向き???

ま、いいか…。

一般的なL型パターには”グース”がキツクついています。
弊社の『L型ブリストルパター』はネックを長くし
重心を高くしているんですけど、
同時にネックを太くして ⇒18mm
(一般的なアイアンのネック径は 13.5mm)
グースが付いているように見せていますが、実際には
フェースはシャフトセンターよりも 
2〜3mm前に出ているんです。
010
最近は精密な機械工作が主流なので
フランジ部分を左右対称にするのが流行っている訳ですが
人間の感覚的に動かす方向を示すデザインのパターが
少なくなっています。

パターにとって、一番大事なのは「距離感」。
その為には、いつも同じようなロフトで、
同じような位置でボールとコンタクトすること!なんですが
現代のパターの主たる考え方は
振り子に真っ直ぐ引く という
人間の見た目には真っ直ぐ引いて。。。と言うもの。
一見すると真っ直ぐ行きそうな気がするけれど
ヘッドのロフト、当たる姿勢も変化しやすい
その引き方、そしてその引き方をガイドするような形状は
パター本来の主目的とは異なるような気がする。
どだい、パターなんで大曲りする訳もなし、
構えた時点で概ね方向は決まっているのだから
動作に入ったら、パッティング行為に入ったら
一番重要なのは感覚が司る「距離感」だと思うけどね。

左右対称のデザインは、確かに
目標に対し垂直に構えやすいのかも知れないけれど…
(じゃあ ウッドやアイアンはどうなるんだ?!)
感覚に司られた人間が使うんだ という観点が
失われてしまっているような気がする。
気のせいかな・・・。



重いヘッドのパターをコースで、芝の上で
打ったことのある人はこの重さから忘れられないみたい…
このパターだけが持つ「えも言われぬ転がり」
スピードは速くないけど、遠くまで転がる
この転がりは「プロのパッティング」みたい。。。
プロの転がりより良いかも・・・(手前味噌ですけど)
カップ周りでブレーキがかかったように止まってしまう
市販のパターとは勝負にならないと思う。
転がりが良いから切れない。
勇気を持ってカップの中、薄いラインを狙えるか
と言うところなんだと思う。

009



トーナメントプロがパターイップスに陥っているケースの
多くは軽い、しかも見た目は大きく、重く思える
マレットタイプを手にしている場合が多い。

重いパターは静から動に移すのが簡単。
『動き出せる』

✪小さなストロークにして遠くまで飛ばせる
✪カップ間際に伸びる
✪直進性が強く、ライン読みがシンプル
✪大きな曲りを読まなくて済むので、距離感=道のり が
 合いやすい
✪高速、下りのパターが簡単になる
✪グリーン周りのアプローチの武器になる

デメリットはとっても少ないと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブには他の多くのスポーツ用品(道具)にはない
重心位置(重心のズレ)と言うのがあります。

IMG_NEW他のスポーツ用品。。。
例えば野球のバットやテニスのラケットは
重心のズレと言うのがありません。
ゴルフクラブの場合、
重心のズレの少ないモノでも3センチ
多いものになると5センチちかくも
打点の部分は握っている棒よりずれています。

このずれが不要だと考えるゴルファーもいるようですが
この「ズレ」は上手に使うと
打撃と言う動作を補助、促進する役割にもなります。

カタログなどでは 重心距離が長いモノの方が開きやすい
短いモノの方がヘッドが開きにくい とありますが
半分合っていて、半分間違っているとも言えます。

最終的には 適切なヘッドの重量とシャフトの柔らかさ
があれば、遠心力の作用によって
重量は一直線に並ぶのですから
そう言った「開閉」「回転」の効果と言うより
同じヘッドの重量であっても
長いモノの方が重く感じられることと
長いモノの方がシャフトの動きが大きく
トゥダウンの量も増えるから、
結果、そのように言われるのだと思います。


その 重心のズレの効果を考えてみましょう。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)練習と言うか、ドリルで
この姿勢を作ってみましょう。
右をむいたまま、骨盤を右に向けたまま
腕(肘)を伸ばし、グリップを下げます。
少々オーバーですがフェース面が地面を向くようにするのと
空を向くようにする 二通りを行ってみます。

地面を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは左と言うか、進行方向側にあります。
空を向いている場合、握っている棒よりも
クラブヘッドの重さは右、進行方向とは逆にあります。

さぁ それぞれ、左手〜左腕にどんな重さが掛かりますか?

ゴルフのショットのドリルです。
これから ボールの方に、目標(飛球線)の方に
動きたい訳です。

そして ここからフォローまで体は
シフト〜ターンをしていくのですが
それを阻害するのは いったい どちらの向きでしょう?

フェースを地面に向けたものでは
左手〜左腕に下への重さが掛かります。
また、重量方向に懸かるクラブやヘッドの重さは
左手やグリップ部分を飛球線の方に押します? よね。
また、グリップ部分は自分の体の方に押されてくると思います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)
フェースを空に向けたものは
左手には上に向かっての重さが掛かりますし
グリップ部がボールの方に押され、体から離されてしまう
と思いますが、如何ですか?

理想的(理論上)には
インパクトまでは体は右向きです。
右向きの間は左半身の方が右半身よりも低くなっている訳で
その時間は出来るだけ長い方が良いでしょう。

この段階で左サイドに上がる重さがかかり
クラブが体から離れると 遠心力が増します。
外へとはらもうとする力
所定の場所にあるボール(通過地点)

外にはらむ力と反対の動作を行わないと
所定の通過点であるボールを打つことが出来なくなります。

左サイドが上がる というコトは
イコール 左を向く 事になります。

スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)






このドリル、アプローチは
必ず役立ちますので 是非^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ