◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2013年09月

1.右を向いている右回転 〜テークバック

スナップショット 3 (2012-10-02 13-55)

2.右を向いている左回転 〜ダウンスイング

スナップショット 7 (2012-10-02 13-57)

3.左を向いている左回転 〜フォロー

BlogPaint


左向き 左回転の動作。。。全体が左向きの動きを
している中で、フェース面を重力の垂直に移動させるように
グリップを縦に下げたとしたら
必ず フェースは上を向き始めます。

体の向きの変更もありますが、
フェース面を上に向ければ
本来、低くしていきたい左グリップには
斜め上へ行かせられる負荷がかかりますから
それを封じて、インパクトポイントに持っていくには
当然、力むことになるでしょうね。

クラブが落ちる、ヘッドが落ちる
その重さも加わって、右サイドも下がるのですから
急ぎませんと、ボールとヘッドがコンタクトする前に
ダフってしまいます。

フックグリップのきつい人
テークバックを左腕、左肩だけであげる人
トップの位置でフェース面を上に向ける人
これらのゴルファーは総じて ボールの位置は右寄りです。
BlogPaint左脚かかと線上にボールを置いたら
ダフって打つことが出来ません。
また、このスイングには正面が無いので
ダウンスイングが始まると
直ぐに左サイドは上方向も含めボールから遠ざかり始めるので
左脚かかとにボールを置いたのでは 届かないのです。

ボールの位置からもスイングは判断できます。

hqdefaultジャック二クラウスの時代は
ボールは左足かかと と言われていました。
今は ショットの種類にもよりますが
体の真ん中よりも右に置く場合も少なくありません。
スイングを物語ってもいますが、
特殊なショットを除き、ボールを右に置く度合いは
体への負担度合とも比例するので、出来るだけアマチュアは
避けたいものです。



d18b70e3-s✪ヘッド・グリップは体の幅の中に収める
✪体の向きは骨盤、腰の向きが変わるコト
✪グリップの移動させた量と
 ヘッドの移動する量を出来るだけ同じにする
✪トップの位置からグリップ部を真下…
右のポケット前に移動させる
⇒その際、ヘッド移動量はグリップの移動量分だけ
✪シャフトを地面と平行と終える
 意識としては、それよりもシャフトが上を向いた状態

と言う条件で、フェースをシャット
ちょっと思い切って 地面に向けるようにしてみます。
スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)
右ひじを伸ばして、グリップを下げるのですが
肘を伸ばす、腕を伸ばす という意識よりも
右肩と右こぶしを上下に離す、上下に遠ざける と言うイメージも
良いのかも知れません。

シャットを作ると、クラブの重さは
体に対し左サイドに懸かりますので
トップで出来た左サイドの低さは維持されようとします。

同時に、グリップを下げた分だけ
ヘッドも下がる訳ですが、その下がっていく重さによって
グリップが下げられるだけでなく、自分に近づけられます。
その延長線上で、グリップを自分にぶつける訳には行かないので
グリップは体の…そして飛球線(それよりもやや右?)方向に
逃げ始めます。

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)


左サイドの低さが維持されやすいこと
クラブや腕などの重さが
左サイドに懸かることなどから
シフトが、左サイドへの体重移動が
誘発されるでしょう。
そのタイミングも『重さ』に聞いてください。

シフトで意識するポイントは
下半身だけを左に移動させず
(下半身だけ行ってしまうことを スウェーと呼びます)
左肩、左ひじ、左ひざをやや下向きに移動させることです。
この際、止める必要は一切ありませんが、
体を回す意識を意図的にもつ必要は一切ありません。
右を向いたまま、左に移動するイメージ。。。
あくまでもイメージですが、それでも良いかも知れません。

良くシャンク方向と言われますが、
この動きには 無意識な 「右を向いている左回転」が
同時に付いているため、
そのシフトしていく方向は
トップの位置の両方の膝の関係の方向です。
その関係は左右。。。 だけでなく、
上下(高低)も重要というコトです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドはHBS10

482780_170286899788602_2041560344_n



硬さは ✪悶絶。

最も硬いアイアンが☝悶絶Drと同じ硬さの1◎0cpm

アドレス時点で既にトーダウンしており

スライス・フックのイメージ皆無。

打っていくラインをイメージさせるからなのでしょうか? 

抜群の安心感です。

 

ダフることはほとんど無くなりました。

そして、もともとナイスショット皆無に等しい我の実力です。

少しトップ気味ばかりです。

でも、球は浮きます。フェース面には当たっているからでしょう。

 

少し右に出て 左に戻る気配を見せながら飛んで行きます。

これまで使用していた アイアンならば

左に曲がる気配を見せると

ボールスピードが空気抵抗で小さくなる落ち際ほど

左にどんどん曲がって行ったのですが、

今回の✪悶絶は違います。

 

左に曲がる気配を見せても気配を見せる程度の曲がりで

ほとんど曲がらず 前に飛びます。

そして落ち際には少し 右に曲がると言うよりは右に少しズレて着弾します。

不思議な弾道です。

 

アプローチショットも不思議です。

どう言いましょうか、表現出来ません。

ゆっくり動いて それなりの高さが出せるアプローチ。

ロブショットの様な フェースの上をボールが滑るショットではなく、フェースにはしっかり乗っているショット。

ゆっくり動いているのでロブショットじゃありませんね。

質の高い打球だと思います。

 

とにかく 不思議なクラブで 切れ味抜群。

「抜けば玉散る氷の刃」。

ゴルフ界の名刀 村雨 。

そんなクラブです。

624b82fef809175955fd06c299145a09
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを縦に動かすと、体の横の動作のスイッチが入る

クラブとは グリップのコトを指します。
使い手が動かすのは ヘッドではありません。
そのヘッドの姿勢、そこから作り出される重さによる指示やガイド
がヘッドの役割です。

縦であっても、横であっても
グリップエンドを支点とする円運動〜ヘッドを振る動き
を作ってしまっては、
クラブヘッドの重さが作り出す不可抗力、指示は
外へとはらむ遠心力にしかなりません。
adc717b3-s
冷静に考え、ボールを打つまでの遠心力は
打撃することの本当の意味
ボールを「ある一定の方向に飛ばす」とは全く異なる
真反対の方向への指示と言うか、負荷になってしまいますし
ヘッドの重心点が延長線上にないゴルフクラブの構造では
その指示は複雑に絡みあい、毎回、毎回
その不可抗力、負荷、は重さ具合も方向も
微妙に異なる非常に複雑なモノになってしまいます。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)
トップの位置から
そのグリップを縦…真下に下げてみて下さい。
体の動作よりも先に…


ボールを打たない この状況で
まずは。。。 アイアンだと思いますが
ロフトをゼロとイメージして
そのロフトを 重量に対し垂直な面に沿って
グリップを下げたとします。

蛇足…ではありますが
✪繰り返しますが、グリップを下げるのであって
 ヘッドを振るのとは異なります。
 グリップの移動した分、ヘッドが動くだけ
 別な言い方をすれば シャフトは縦にスライドするに過ぎません。
✪どんなに縦に移動しても、その終着点は
 シャフトが地面と平行になったところで終了です。
 ヘッドやクラブ、腕の重さなどによる慣性も働きますので
 地面と平行よりもぐっと少ない移動量で充分だと思います。
 
✤例えば、グリップが右肩の前、肩を同じ高さに有った場合
 右ひじを伸ばしきって、グリップがベルトの高さになった時
 グリップが肩から腰の移動量 とほぼ同じく
 ヘッドのその分縦に移動する感じ です。

 
スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)重力に垂直面を保ったまま、
グリップを縦に動かすと…
ボールを打つつもりがないシャドースイングで有れば何も起こりません。
この写真と似た状況…もっとグリップは体に近い位置 で
止まっているでしょう。


次に。。。 フェースを上(空)に向けて
グリップの位置を縦に移動。。。下げてみて下さい。
どうなりますか?

上記のフェースを垂直に降ろした時とは
かなり異なり負荷が体にかかりますよね?!
体がその状況を逃げたがっていませんか?

そう ゴルフスイングを既に知っている人であれば
体が回りたがっていることに気付くでしょう。

d18b70e3-sこのような状況下で
フェースが上を向くと
殆ど自動的に体が回り始めます。
ボールを打つという前提の上では
もう回るしかありません。
クラブを腕や肘単体で更に動かそうとすれば
その負荷は増え続け、その方向はボールを飛ばしたい方向とは
あまりに異なるので、その動きはすることが出来ません。
クラブの重さが体の右側に懸かるので
直ぐに右サイドが下がり始め、
左サイドが上がります。
クラブや体の重さが右に懸かりますから
当然、体重は右に残ります。
左に体重が移せず、左サイドは上がる訳ですから、
右軸のまま、正面〜ボールと正対する向きをすっ飛ばし
いきなり 崩れた形で左、実際には上を向き始めます。

本来ゴルフスイングは 時間の区切りとして
1.右を向いている右回転 〜テークバック
2.右を向いている左回転 〜ダウンスイング
3.左を向いている左回転 〜フォロー
と言うのがあり、2〜3の間辺りにインパクトが存在します。

ところが フェースを上に向けてダウンを始動すると
2.右を向いている左回転 〜ダウンスイング
の行程が省かれてしまい、
1.右を向いている右回転 〜テークバック
3.左を向いている左回転 〜フォロー
と言う体の向きの変更になってしまいます。

それでは 本日の最後に…
では、本当のボールを打ってみよう、
そこそこのスピードでのシャドースイング、
というコトを前提に
フェース面を地面に垂直に移動するよう
グリップを縦に動かしたら、成功するでしょうか?



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを持ってきて!
上半身を捩じらず、足を使って 右を向いてみよう。

ストレッチのように左腕を伸ばすようなテークバックや
肩や上半身上部(へそから上)をひねって
体の向きを変えるのではなく、
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)この写真の向き/角度で
カメラに向かって へそ 秀二(あそこ)
練習だから少しオーバーに
ズボンの左ポケットをカメラに見せるように…
練習していけば、股関節の可動域が広がるけれど
始めのうちは、左足のヒールアップも必要かも・・・

左脚を積極的に使って、イメージではあるが
右ひざに左ひざを近づけていくような感じ。

imageCA07U19Cこのように 左腕とクラブだけを
動かして、偽装のテークバックを取ってしまうと、元々無理のある動きだから
背中の筋肉や筋膜は引っ張られてしまい
体の向きをちゃんと変える以前に
背中の張りが来てしまい、強烈に浅い向きの変更になる。
それを肩甲骨の可動域を広げる なんて
馬鹿の一つ覚え みたいに やるのは愚の骨頂。
上海雑技団に入隊したいのであれば別ですがね。

さて・・・本題に移りますが、
まず 文章では書ききれないので、端折りますが
(知りたい方は是非ご来店を)
前傾姿勢〜体の向きの変更〜クラブの構造
この組み合わせによって
腕を縦に動かす ということは イコール 体を横に動かす
向きを変える 横への動きのスイッチになります。

クラブを持ってやってみて下さい。

特にボールを本当に打つ という意識の中では
右を向きっ放しのまま
腕也、クラブを縦に動かそうとすると
右を向きっ放し というのは瞬時に解かれます。

多くのゴルファーは
言葉で説明しても、伝わりにくい ですが
クラブヘッドは練習場のマットの上で
ボールの後ろから来て、ボールを打つ、その飛球線へと
抜けていく マットと平行に動くことによって
ボールを打撃するイメージを持って居る筈です。
視覚的にそう見えますからね。
IMG_0040

真っ直ぐ飛ばす 目標に飛ばす意識 というのも
当然ありますから、フェースが ボールを後ろから見て、
ボールを打つ・・・マットと平行にヘッドが動くイメージの中が
強いが故に、体がボールと正対してから
腕を動かす習慣が圧倒的に多いと思います。
体を先に動かし、腕は動かさない
腕は動かしてはいけない⇒手打ち とも思っています。

シフトや体の回転よりも
腕を先に動かしてみましょう とか
肘を先に伸ばしてみましょう とか
グリップを先に下に動かしてみましょう なんて
アドバイスをしたとしても 拒否感が強く、
グリップや肘を体で動かすことが多いでしょう。

ですから余計 腕なり、肘なり、グリップ也を
先に動かすと 回転なりシフトのスイッチが入ります。

結果として、体の動きで肘なり、グリップを移動させただけで
肘や腕を単独で動作させていないケースも
多々見られますが。。。それであっても
腕や肘を先に動かし始める意識はとても重要です。

BlogPaintこのクラブの姿勢から
グリップの位置を縦に動かす
そのイメージを強く持って下さい。
縦に動かせば、ほぼ同時に
体は必ずなにがしかのアクションを
起こします。



BlogPaintゴールはここ・・・ として

この映像に騙されないでください。
カメラは固定 ですが、
自分の向きは変わっています。
もしも、カメラが常時体の正面から
撮影していたとすると、グリップ位置の移動は
錯覚しやすい この映像上での移動量より遥かに少なく
シャツと★の関係で言うと、たかだか30センチ程度です。
先端に重さのあるゴルフクラブという構造も考えると
下がり始めれば、動作以上に移動しますからから
多分、動作として10センチ程度移動させるイメージで
十分だと思いますよ。

     重要なことは…また明日
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブヘッドには重心位置という重量の中心点がある。
その重心位置に向かって、シャフトから矢印をイメージすると
分かりやすいと思うよ。
001それぞれのポジションで
シャフトから重心位置に向かって
伸びる矢印方向に
クラブの重さ、ヘッドの重さは
掛かっている。
その方向が
「クラブの行きたがる方向」
というコトだ。

クラブの行きたがる方向と
自分の行きたい方向が似たようなものでない限り
物質の計量した重さの何十倍と言う負荷が
体のかかるのだから
当然、力むことになるし
瞬間的には 20キロにも40キロにもなる
クラブが体の次の動作や姿勢を形成してしまう。

d18b70e3-s例えば この状況で
フェース面が上を向けば
向きと前傾によって形成されている
黄色い線で描かれた十字架。。。
   (体〜胴体に対する 上下左右)
この十字架は D部が下がり、A部が上がるように
十字架自体が反時計回りを始めてしまう。
これでは、右サイドがさがり、左サイドが上がるので
ロフトを立ててインパクトに入っていくのには
相当の筋力と練習が必要になる。
この状態でフェース面が上に向いているスイングに
クラブの機能はマイナスにしか働かない。

逆にフェース面が下を向いた状態を作れば
この十字架の角度は、より長い時間維持され
クラブの重さそのもの、ヘッドの重さそのものも
これから行きたい!と思っている方向への
スピードの加算になりうる。
当然、必要以上の労力と言うか、力は要らなくなる。
しかも、ヘッドの姿勢から
クラブや腕の重さが この時点で低くなっている左サイドに
掛かっているので、左サイドの低さの維持、
低い時間の延長もし易くなるし
左へのシフトも誘導?誘発されやすくなる。
これによって、前傾姿勢が左の軸足に移しやすくなる。

t02200278_0327041312030346860フェース面が上を向いている
このヘッド姿勢から始めれば
右サイドが下がる。
アマチュアであれば絶対に下がる。
右サイドが下がれば、体重は
左には移動できない。
よって、前傾姿勢は維持できない。
あとは筋力と技術、反復練習によって
なんとかするしかないが、体への負担も小さくないから
明らかにアマチュア向きではない。



自分でクラブを持って 実験して貰いたい。

次に自分が行きたい方向、場所
そちらに対し、どれが一番楽に入って行ける準備、姿勢なのか
クラブが重さで伝えてくる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの機能の恩恵をうけるための条件
(クラブを体の幅に常時収めておく)
これを頭に入れた上で、実験して貰いたい。

スナップショット 16 (2013-06-03 19-49)


001ゴルフクラブ、クラブヘッドには
重心位置と言うのが存在する。
ヘッドの重量の中心は、シャフトの延長線上に無く、機種によって、それぞれ異なるけれど、シャフトよりも 3〜4センチ位離れた、ずれた場所にある。
アドレス時の向きでまずは左手一本でクラブを持ち
シャフトを地面と平行の高さまで上げて欲しい。




例えばアイアンで◇◇◇
ハミングバードの悶絶クラブは
市販のアイアンヘッドよりも60g位重たい。
(25〜30%増量中 って感じかな) 
しかも、その重さはシャフトの長さで 1m位離れた場所
腕の長さも居れれば、もっと遠いところに有ったり するので
それに「抗う・
あらがう」のはかなりきついし
これに運動が加われば、スピードの二乗分重くなるから
おじさんには、到底無理だ。

それを前提に…

左手一本でシャフト・クラブを地面に平行にした上で
握りかえても良いし、腕をひねってもイイけど
フェース面を上(空)に向けて欲しい。

フェース面を横に向けているよりも
重心距離分、重さが加わるので
重さは一気に増えたように感じるだろう。

さて、今度は フェース面を下(地面)に向けてみて。

624b82fef809175955fd06c299145a09上に向けた時、下に向けた時
それぞれ左腕に懸かる重さの感じ…
だけでなく、方向の違いも感じるでしょ。
しかも、それは左腕だけでなく
体全体に懸かる重さの感じも変えてしまい
フェースを上に向けた時は
体の右サイドを下げたくなり、
フェース面を下に向けた時は、体の左サイドを下げたくなるでしょ。

tc3_search_naver_jpCAIGVQ67その上でこの写真を…。
フェースが上を向いた状態… の上に
腕の長さも重さとして加わり、
運動による加算を除いても、
クラブの重さが一番重くなる方法だ。
静止状態でも結構辛いのに
これには「これから運動したい方向」が
加わるから、静止状態よりも負荷は数十倍になる。

・・・さあ 次はどんなアクション、姿勢になるか

想像が付くよね?!

tigerこのクラブの姿勢から始めて
右サイドが下がることを防ぐことが出来るだろうか…
筋力をつけて、研鑽を重ね。。。。
アマチュアではかなり難しいよね


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングには確固たる理由が有って、前傾姿勢が存在し
そして それには時間(時期)によって
体の向きの変化があるので、両方が絡み合う。

d18b70e3-s右を向いている時は位置関係と言う意味で
右サイドの方が高く、左サイドの方が低くなる
左を向いている時は
左サイドの方が高く、右サイドの方が低くなる

動作と言う意味で、特に意識する必要は
ないけれど、傾きと向きの変更によって
右サイドと左サイドの位置関係は変わっていく(入れ違っていく)

前傾姿勢や
ディッシュアングル(左手とシャフトのコッキング角度)を
動作中に意識して、維持、形成することは簡単ではない。

そこで・・・

秘密・・・をお知らせしましょう。

その秘密はクラブの構造にあるのだが…それを利用するのには
一つ 大切な条件というか 約束がある。

その条件を満たせない限り、
クラブの構造による機能は
スイングと言う動作に対し、マイナスにしか働かない。

その条件を満たせば、
非常に単純なことで、自分の『次の姿勢』
ある意味オートマチックに作って行ける。

005009000062その条件とは
少なくとも、アドレス⇒テークバック⇒トップ
ここら辺の期間
グリップ・ヘッドともに 
 概ね 体の幅の中にあるコト


体の幅の定義 とは、出来るだけ
腰(ベルトのライン)〜胸・肩のラインが一体に
同じ方向を向く動作をすること。

☞両腰の幅=体の幅 と考えても良いでしょう。

故に 今 巷で流行っている このようなテークバック
imageCAX9G566肩ライン(腕だけを動かす)テークバックでは
クラブの機能は殆ど一切使えず…
使えないだけでなく、マイナスに働くことになる。
現在、流通している市販のクラブには
ヘッドの重量と言う本当は非常に重要な機能が薄く
シャフトの動き(軟らかさ)と言う、これも大変重要な機能が
殆ど無い・・・・からそうなるのか
それとも、スイング理論が先に有りきで、
機能の殆ど無いクラブしか売れないから、そうなるのか
どちかが鶏で、どちらが卵なのかはわからないけれど。

スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)体を捩じる、
上半身を捩じるスイングをするために
それをし易い
「フックグリップ」があるとも言って良く
アドレス時に左手の甲がボールを向いているような
フックグリップをしているゴルファーの殆どが
テークバック時に左腕だけが動き、上半身を捩じる
スイングを採用している。

当り前の話だが、背骨には関節は無く
上半身を捩じろうとするスイングは
肩甲骨を動かして、無理やり背骨をひねろうとしているに
過ぎず、これが出来ない と言うのは
人間の構造上当然というか、生命の危機にもつながる動きなので
拒否して当然。
歳を取って来て「体が固くなってきて…」と言うセリフを
耳にするが、当り前の動きであるし
人間の体の構造上、非常に危険な動きであるので
体幹筋肉が多かったり、脂がのっていたり、トレーニングを
している、出来ている、若いうちはなんとかなるに
過ぎないので、ご安心を。

体の幅の中に(常時、真ん中に! と言う意味では無い)
クラブを置いておかないと、納めておかないと
クラブの機能は「一切」発揮されない
ことは、スイング作りとしては非常に重要なので
是非、憶えておいて欲しい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


BlogPaint


ここの描かれている線(汚くてゴメンね)は
クラブそのモノ そして ヘッドの運動方向だ
二つは それぞれ微妙に異なり
左右方向だけでなく 立体的に上下方向にも
一致しない
その上で ロフトの大きくなった状態は
ライ角度も無くなり 更にヘッドも右を向いている
それが円運動のさなか ボールとコンタクトするんだから
ボールにはこの回転と逆の作用が働く
ロフトも大きいから 右に出て 高く上がり スピンそのモノも多い
スライス回転も入っている筈

その逆のヘッドが左を向き始めれば
ロフトも少なくなり ライ角度も起きる
左 左 左回転 がアンコで揃う訳だ

しかし これは 良い方の例で
ヘッドの回転とクラブの回転 そしてライ角度と向き
さらに ヘッドの上下(高さ)がそれぞれ一致するとは限らない
少なくとも 4つ以上の要素が不可抗力も伴い
複雑に絡み合うのだ
忘れてはいけないのは
打ち手は機械では無いので
それら複合の不可抗力は
グリップの位置にも影響が出る
不可抗力が下方向に多く働ければ
グリップ位置も下がるし
外方向に膨らむチカラが働けば
グリップ位置も当然外に引っ張られる

また ヘッドターン シャフトターンをするには
グリップを多く 速く動かすことが出来ないので
出来るだけグリップ部は動かさないから
グリップ位置の変化は出来るだけ避けたいから
(ヘッドがグリップを追い越さなければならないので)
左へのシフトが非常に困難になる
体や頭といった重いモノが右に残る事になる

一般的な手順で追うと
まず 体を回し 終り始めた反動で
腕を右から左へと動かし
加速最中 肘から先の手先を動かす

大きい筋肉から 徐々に小さな筋肉を
加速させながら 使う

逆ならまだしも 重いモノをもった負担を
一番受ける部分が一番小さな筋肉で 速度が増し
更に重くなったクラブを高速で動かすなんて
神業としか言いようがない 

ヘッドターンを多用する人が
トップ/ダフリのミスを繰り返すのも納得できる

また 打ち終わった状態では 殆んどのモノが
止まっているから 加速中のクラブの反動は
よりクラブに近いところから順に受けていく
手首 肘 肩 背中 腰 膝…

痛そうだ…




BlogPaint
こちらは というと
クラブ全体のベクトル ヘッドのベクトルが同じ
当たり前だけど…

しかも 下方向に動いているから
重力が利用出来る

前傾姿勢が作る
右向き時の 左が低い

クラブ全体が右から左へ移動

クラブが下がる

それぞれの仕組みやベクトルが一致しているから
一度覚えてしまえば 自然な流れの中

見ての通り ボールの飛ぶ方向
そしてロフトの変化が極端に少ないので
繰り返す事も困難では無い

上下方向に多少ずれても
ボールは球体 であるから
フェース面が下向き
ボールに向いていさえすれば
フェースにボールが入ってくる

ボールがどの方向に飛び出るか
容易に想像が付くだろう


そして大きな利点は
クラブを持つ
クラブの不可抗力や負荷などの
影響を一番受けやすい 手や腕の動きそのものが
少なく シンプルであるが故
その負荷や衝撃を受けにくい という事

また 運動そのものがまだ半分の行程で
打撃するので 負荷を受けにくいと思うし
受けたとしても それは腕ではなく
横の動きをしている 脚の動きと
クラブから一番遠いところで強い所である


どちらを選ぶか
聞くまでも無いのだろう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「ラインを出す」って言葉がありますね
アプローチなんかをする時に 使われる言葉
ですよね。。。

フェースローテーションを主体とする
スウィングの人にとっては どういう意味合いなんでしょうか
よく分からないのです 今でも。


刷毛塗であれば それでラインは作れます。
実際のスウィングの際には そのラインは
自分の胸を平行ですので トップオブスウィング時には
シャンク方向〜かなり右方向と言うコトになります。
アドレス時のターゲットライン。。。
そこに持ってくるのには 動き出す段階で
かなり右をイメージして ターゲットライン
俗にいう ラインを作っておかなかなければなりません。

MOL061_Sc

一方 フェースローテーションスウィングの場合
ヘッドをターン させる訳で
クラブが曲線運動〜円移動 するのに加え
フェースローテーションをすれば
その軌道は 更に小さな円 イン トゥ イン
になる訳で その中で どう ラインを出せばいいんでしょう?

ルーレットから飛び出る球
のような イメージをも持ってしまうのですけど
それを どうイメージし コントロールすれば
良いのか 未だ 掴み切れないのです。

ゴルフ中継などでは 盛んにその言葉が使われている
ようなのですが 使っている方ですら
イマイチ 言葉の意味や動作とのつながりは
掴めていないようで。。。

アプローチの際だけは ローテーションをしないと
すると 大きなロフトで打つことになりますから
左右の回転は無くとも ボールの回転は増えることになります
左右の方向性は良くなったとしても
前後(距離)の方向性は掴みにくくなる筈 です。

ラインを出すようなシチュエーションでは
転がし に近い弾道を打ちたい のでしょうから
そこで 上げる球を打つのは
上手く打てば打つほど ショートする結果が
目に見えている訳です。

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

刷毛塗のライン出し としては
両肘さばきと。。。肩の揺さぶりでなく
両肘さばきで グリップ部が胸から離れないようにすること
と 右胸の前から左胸の前にグリップ部をずらすのは
体の向きが右を向いていて 左サイドが
低い間に 行い「始める」 ということでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ