◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2013年03月

極端な方が分かりやすいので、
ロフト80度弱のクラブを作って、
実験してみました。 
ボールの打ち出し角度、
ボールスピードの差は余りにも明らか。
これがアマチュアの「飛ばない原因」でしょうね
(ー_ー) (ー_ー) (ー_ー)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

**投稿レポートです ご協力ありがとうございました

ハミングバードの戸締役が、変なウェッジを作ってたので、自分も軽い気持ちでウェッジを持ってアプローチの練習をしてみました。


自宅の倉庫には、5mくらい先に小さなアプローチ用の籠が置いてあります。

先日の虎の穴での練習を思い出しながら、フェースは伏せて、伏せて、伏せて。
80060a6c-s

ふと、伏せられたフェースに目をやり、目線はそらさずにクラブを左へ送る。

室内の灯りが伏せられたフェース面を照らした時に「ハッ!」と思わず息を飲み込みました。


『これがポケットか!?

ヘッドのネック部分に光が当たって、うっすらと“V字”が浮かび上がったのです。

(過去記事でどなたかがレポートしてましたね)

V字ってこのことだったのか…』

そしてそのVが消えないように左にシフト&刷毛塗ってみると…

『むむっ!!!

今までには味わったことが無い打感。

表現が難しいのですが、グッ!とかグンッ!という重い感じ。

間違ってもカチッとか、パシッとかいう軽い感じではありません。

何球か打っていると、ボールが籠に届くまでの軌道が見えてきました。



『フッ、フックしてる!?



たった5mですが、ハッキリとややカーブ回転が掛かった球が籠の中の的に突き刺さるのが見えました。



試しに、わざとフェースを開いて打ってみると、V字は消え、軽い打感、そして籠を遥かに越える高い球…

クラブヘッドの姿勢ひとつで、全く違った打球になってしまうのです。


0d06b52b

その後、しばらく心地良い打感に酔いしれていました。

ボールを“潰す”ってこのことかも?と感じさせるような大発見です。

以前、虎の穴でアプローチ合戦した時に、戸締役はたった3mの距離を低い弾道で“ピタッ”とスピンを掛けて止めてみせましたね。

あの打ち方、意味が今分かったような気がします。

戸締役はじめ、悶絶上級者の方々は遥か昔からボールを潰す素敵な感触を味わってたんですね。ちょっとズルい感じ(^.^;



これが“365ウェッジ”だったら… と思うとちょっと恐ろしい……



今年は、久し振りに晴れ晴れとした気持ちで桜を愛でることができそうです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ある実験をしてみました。
古くなって使わなくなったサンドウエッヂを折れる限界
極限まで曲げ、ロフトを増やします。
計測器の目盛外なので、正確には分かりませんが、
80度近くのロフトはあると思います。
007

それを二つのスウィングで打ち比べ、撮影し
どんな違いが出るか、調べてみました。

ふたつのスイングとは、そのひとつは
まったくもって間違っているのですが、
巷に横行している 振り子式遠心力打法。
要は、グリップエンドを支点として
腕周りのさばきで、クラブを、シャフトを振る打法。
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)





もうひとつは、クラブ、シャフトを単体では
動かさず、クラブを持った自分が、体の向きを
変えることによって、クラブを動かす 正当な
正規なクラブの動かし方。
(これには名称などありません)

スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)





双方を左右ともに、シャフトが地面と平行になる
そこまで動かす(振る)状態を基準とします。

余談ではありますが、双方のインパクト以降
フォロー、フィニッシュへ行くのに
振り子式遠心力打法の方はヘッドが急激に上がり、
円弧も小さくなります。
このロフトのクラブだと、フェース面が常時
自分の方を向いているような状態になります。

では、打ってみましょう

前半が多くのアマチュアの実行している振り子式遠心力打法
後半が正当で正規なクラブ扱い です。


どうですか?
振り子式遠心力打法は、ボールスピードが
明らかに遅く、ヘッドスピードよりも低い
ボールスピードと言っていいでしょうね。
打撃のエネルギーはスピンと高さに
化けてしまっています。
場合によっては、二度打ちもありそうですね。

『80度』という極端なロフトで実施している訳ですが
これが30度のロフトになったとしても
この関係は変わらないと思います。

これがアマチュアの「飛ばない」理由の原因と
ハミングバードは考えています。
若手プロよりも体力のない、パワーも
スタミナも、ヘッドスピードも無い我々、
アマチュアオジサンゴルファーが
プロよりもキツイロフト角度を使っているのは、
この打ち出し角度を見ると答えが見えてくるのでは
ないでしょうか。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。

osteologia

そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

上の骸骨の画像の 左の正面から見た図

多くの人が間違えているのは
左右方向に対し 背骨を軸とするような回転
をすることにあると思うのです。
...説明難しいですけど
その動作をすると
大腿骨と骨盤は一体になって動き
膝と足首が捻られる 向きの変更になります。

その動きでは 体の向きの変更と体重移動
ということが つながりのない別なアクションになりますから
反復練習で 半ば不可能に近いような事を
憶えなければなりません。

12_2_0


これも説明し難いところではあるのですが
背骨を軸とするイメージは 体の厚みに対して
持った貰う必要があると思います。
 
背骨を軸に 右を向けは 重さの多い身の部分は
右の股関節の上に
左を向けば 左股関節の上に・・・

つまり 体重移動と向きの変更は同時、同意語であり
必要不可欠な関係にある訳で
その動作をすると 股関節が
ボールジョイントである意味を成してきて
体の向きや前傾姿勢を作る動きが出来てくる

骨盤と大腿骨の角度差が前傾姿勢
⇒しかも それは軸足の大腿骨と骨盤
体の向き差は やはり 軸足の大腿骨と骨盤
の向き差 である

鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット

実はこれには 結構 うち腿やお尻 腹筋
などの筋力も必要で 初めてのひとにとっては
数球で 根を上げてしまう程。。。

ここら辺の筋肉がゴルフだけに限らず
普段の生活でも 重要な部分で
歩幅が広がり 膝が上がるようになるから
歩行時に 突っかかりとかが少なくなり
姿勢も良くなるのよ。
歩行時の無駄な体の振りも減るから
量も歩けるようになるし 速度も上がる。
非常に重要なコトなんだけどね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

パターが一番分かりやすいのかも知れないが、
軽いヘッドを使っていると、
テークバックの初期、
どうクラブを動作させたらいいのか
どこへ移動させたらいいのか
分からなくなってしまう。

行き着く所、ヘッドをどこへあげたらいいか
どう動かしたらいいのか
と ヘッドを動かすことばかり
考えるようになってしまう。

足りないヘッド重量をヘッドを動かすことで
補おうとする動きが
スウィングの中心に成ってしまいがち

13016_155517041271702_1616271785_n

市販のアイアンは今や軽量スチール主流がゆえに
より一層軽いんだが、兎も角インパクト時
ボールをどかしてくれない。
ボールの質量に負けている

インパクト時に急激にヘッドが止まってしまう。

それも事前にヘッドをたくさん動かしておく
ことによって、補っておかないと
飛ばないし、打撃の感触として
良い感じがしない(痛い)

ゴルフクラブの使い方として
とても大きな間違いなんだけど、
例えどんなシャフトであろうと
自動的に、ヘッドがシャフトを追い越すこと
は不可能である。

人為的にグリップ部を減速、停止させない限り
ヘッドは『絶対に』グリップを追い抜かない


遅らせて、元に戻す とか
開いて、閉じる なんて
それだけで動作が二つもあるのに
帰りが足らないと 急いだり、増やしたりする。
動作二つでも上手くこなすことが出来ないのに
さらに難しくしようとするなんて
奇蹟への挑戦をしてるのと変わらない。

ヘッド重量の足らない市販のクラブは
まるで エンジンが乗せられていない車に
載っているのと同じ。
そう感じてしまうのは少々オーバーかも
しれないが、正直なところだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


RIMG0029-thumb-560x420テークバック時、このように左手の動きで
クラブを動かすのは、明らかに
ヘッド重量の運動エネルギーを増すための準備 です。
裏を返せば、クラブヘッドに元々もエネルギーが
少ない、足りないということの証にもなる訳です。
ヘッドが軽いんです。
クラブヘッドを体の右にずらした時点で
ここからの打撃は複雑な修正の繰り返しです。
一番、クラブを重く感じる場所に持っていくので
体力、筋力も必要になりますから、
アマチュアのオジサンゴルファーには不向きです。

昨日、テークバックのコツは
「上げない」こと と書きましたが、
もうひとつ これはテークバックに限らず
非常に重要なことですが、
昨今、スウィングを縦・横の二つに分け
動作として考えているものが多いですが、
賛成できません。

縦横二つに分けなくて、済むように
前傾姿勢というのがあるのであって、
逆に、その縦横の動作が必要であれば
直立姿勢を基本にした方が、
馴染みやすいと思うのです。

そこで 自分のテークアウェイをチェック
して貰いたいのです。
縦・横の動きとは
上げる・回る。。。
一般的なゴルフスウィングであれば 横・縦
回る・上げる という動きですよね。

ほぼ100%に近い、アマチュアゴルファーは
腕を出来るだけ使わないようにイメージしているから
テークバックは回ってから上げています。

回る と言う動作と上げるという動作を
順番に行っています。

回るは体の動き(肩の動きの人が大多数ですが)
上げるはグリップを高くする動きです。

回る動きを上側の上半身(へそより上)
胴体を捩じる動きでしているのは、論外。
自分の胴体は雑巾ではありませんから、
そこは 必ず脚の動作によって骨盤の向きを
変える動きにして下さい。

そして 上げる動作ですが、
多くのアマチュアは グリップをあげる
手を高くすると思っていますが
それも明らかな間違いです。
pga_g_jnicklaus_400このジャックの手の高さ…
この年齢からすれば
ある意味、素晴らしいのですが、
確かに、地面から見れば
身長分くらいの高さにあります。
でも、ここから前傾姿勢を
差し引いてください。
アドレス時、ジャックのグリップは
胴体にとってはへそなり、ベルトの高さに有ったのです。
そこから 肩程度の高さに移動したに過ぎません。

クラブヘッドは自分の方に鎌首をもたげていますから
嫌でも、テークバックの動作の中ではヘッドは上がってきます。
もしかすると、ほとんど左手のグリップ位置を
上げる意識は無いのかも知れません。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)このテークバックであれば
グリップの位置は、アドレス時
から比べれば、ほんの2グリップ分
高くなったに過ぎず
上げない意識であっても
高くしない意識であっても
クラブを短くする(シャフトを起こす)動作や
クラブヘッドが鎌首をもたげている効果によって
こうズレルのだと思います。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)






ヘッドの高さを見て、不十分だと感じますか?

右ひじを使って、左手を基準に
クラブを起こす(シャフトを立てる)
ちょっと正確な表現ではありませんが
そうすることによって ほんの少し左手が
高くなる この程度で十分と言えます。

前傾姿勢を取っている状態で
その動かす☝に対する胴体は傾いていて
『上』というのがどの方向が掴みとり難いものです。
多くのスウィングでは、左手をあげれば上げるほど
このように 胴体に対し、右に動いてしまいます。
tigerimgs








左腕は体と右腕との リンクマン なので
その位置関係を留めておくために、動かす以上の
行為をするべきではありません。

左手を使うな   と言いたい。
でも、リズム感などのために、直ぐには。。。
となったら、せめて、回ってから上げる
と言うのを辞めて、ちょっと極端な修正法ですが
上げてから、回ってください。

この順序に行ってみると
如何に、自分が左腕でクラブを上げている ので無く
クラブを右に動かしているか、実感できると
思います。  まずは、そこから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スイング用語に「上げて、降ろす」ってのがありますが、
個人的には賛成しかねます。
遠巻きな言葉の意味は分かるのですが、
兎角、ロジック好きな我々日本人が
なんだか その言葉のマジックにハマってしまいそうで…

まず、正しくテークアウェイをあげていくための
絶対条件は、「重いヘッドのクラブ」を使うこと。
個人差があるとは言え、
左腕一本で動かし難い重さが理想です。
スイングを型で覚える というのもありますが、
部活でゴルフをしている訳ではないので
アマチュア、特におじさんには不向きです。

ヘッドの重いクラブは
重さそのものもありますが、
クラブの位置や姿勢、ヘッドの姿勢などを
重さのベクトル という形で、打ち手に伝えます。
人間には感覚と言う、かなり精密なセンサーが、
ある訳ですから、それを使わない手はありません。

コースや練習など、毎度毎度、レッスンプロや
アドバイスをくれる人が一緒な訳ではないのですから、
いつも、いっしょ、いつも正確な意見をくれる
ゴルフクラブ と言う意味でも
重たいヘッドのゴルフクラブは大変優秀です。

IMG_0105

重たいヘッドのゴルフクラブは
クラブそのものに、ボールを遠くに飛ばす
エネルギーを秘めています。
あとは、それをどのようにボールに伝えるか
考えればいいだけです。

軽いヘッドの場合、どちらが鶏で、どちらが卵、
それとも双方なのかは分かりませんが、
運動のスピードというのが、飛ばしには
絶対条件になります。ですから、少々、
人間の体の構造に対して、無理な動きであっても
飛距離の為には、必要になってしまうのです。

さて、テークバックの話に戻りますが、
テークバックの基本と言うか、コツは
「クラブをあげない」ことにあります。
ギョエ〜〜 って感じですよね。
クラブは人間の動作として、上げないけれど
高さを創り、位置エネルギーを利用する。
その為に、前傾姿勢が有るじゃないですか?!

そもそも、前傾姿勢とは、軸足の大腿骨と
骨盤の前に傾いている角度差のことを指します。
アドレスの状態では、はっきりとした軸足は
ないので、シンプルに骨盤の傾きです。

IMGA0201

ボールの位置は、ボールの高さは
股関節よりしての脚に対しては
靴と同じ高さにありますが、
前傾した胴体(骨盤より上)に対しては
ベルト位の高さにあるのです。

imga200

アドレスをセットし、前傾姿勢以外を動かさず
前傾姿勢を直立姿勢に戻してください。
ヘッドの高さはベルト位の高さにありますよね?!
そこ理解すること、かなり重要です。

と、なるとです。
スナップショット 1 (2012-12-19 0-40)トップの位置での
ヘッドの高さは
地面に水平になっていた
シャフトが地面に垂直に
なる分、程度しか
動いて居ないのです
(コッキングを多用しなさいと
言う意味ではありません)

動作として、上げなくても良い為に、
前傾姿勢と言うのが存在しているので
テークバックと言うのは
ヘッドの重さを、ボールへの打撃、ボールへの負荷
として利用するが、打ち手への負荷にしないため
クラブを短くしている、
クラブを重力に対し、短くし、軽くしている、
に過ぎないのです。

上げてないから、降ろさない
上げていないから、降ろす必要もない
クラブを短く収納する際に
前傾姿勢も伴って、クラブの位置エネルギー(高さ)
が結果として生まれるだけなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


 メゾンゴルフさんのひととき より転記
481010_538084616207979_425789842_n.jpg

夢屋ガラス工房さま

http://www.yumeya-glass.com/


canvas_20130323141751.jpg

長野は木島平にある夢屋ガラス工房
ひょんなことから先日 とんぼ玉作りを体験する機会にめぐまれました

で 改めて確認
物づくりってこんなに楽しいコトだったんだね

599611_166178243538915_1743341425_n.jpg

さらには新しい発想も芽生えさせてもらえました
わずかの滞在でしたが とても有意義な時間となりました
お世話になった方々に改めてお礼申し上げます

beads_box.jpg

今回はなつかしい方々にもお会いすることが出来
場所柄 大自然に囲まれていたこともあったりで
リフレッシュというか明日へのエネルギーも頂くことが出来たのもよかったなぁ〜

P1010863.jpg

これでまたお仕事がんばれそうです!
どうもありがとうございました!

P1010861.jpg



ちなみに 今回の一連の行動は フェイスブック にアップしてあります
ドタバタあり 真剣アリ なごみアリ ですので 覗いてみてくださいませ!

facebook-repas_20130322214848.jpg




夢屋さまホームページ
キレイな画像いっぱい乗ってます
ぜひご覧なってください!


http://www.yumeya-glass.com/

tonbo_13.jpg



ちなみにこちらがわたしの作品です

P1010870.jpg



(体験者談)
重力はナンピトたりとも見逃してはくれません
ゆえに真円を描く(形作る)ことは もはや神業のように感じました

しかし1回目よりは2回目の方が 見れる?作品になり
作るという喜びを再確認できたイイ経験でありました

場所柄 家族でも単位グループ単位でも
はたまた個人でも
とても楽しめるところですので
家族サービスにはもってこいのところ

特にトンボ玉は子供たちにも好評のようですので
一度訪れてみてはいかがでしょうか(^^)v


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ