◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2013年01月



自分のシャツにこのような模様が
付いていると分りやすいだろう
BlogPaint
当たり前だけれど ヘッドには
フェースという打つ場所が決まっていて
それには 角度が付いている
ロフトやライという 隣同士とは
数度の違いがあるものを選別して
使うので できる限り
自分の上半身にとって
どの場面であっても
同じ角度の状態にしておいた方が
いつも同じショットを打ち易い。
imageCA07U19C
このように上げてしまっては
アドレス時 ロフト角度は
たとえば 10度であったとして
クラブヘッド単体の製品としての角度だけで無く
自分のシャツの縦線に対しても
10度の状態であったはずなのに
このトップの位置では
シャツの横線との角度に90度
捩じられるような状態になってしまう。

よく 脇を開けるな
という言葉を聞くけれど
img
この状態での 右腋は兎も角
左脇はがら空きになってしまうのは
どう説明するのだろうか。。。

テークバックで 右にハンドルを切るように
腕を使い、関節のない上半身を
捩じって使う ことの方が良い?!

プロであっても 本来体を傷めにくい
道具を使ったスポーツで
出場試合数が少なくなっても
若いうちから 深刻な身体ダメージを
引きずることになるだろう。。。

x459
これはちょっとやり過ぎにしても
1636261
どれも 自分の胸に対し
両肘で作る線は平行な状態
つまり クラブはこの場面で
アドレスと同じ状態で
高さというか 自分の胸の縦線に沿って
動いただけの状態と言える
pga_g_jnicklaus_400
肘を外に張るクランチの姿勢
と作れているから トップの状態で
胸が開き、インパクトに対し
胸が閉じる
一番力の使える状態である上に
クラブヘッドの重さを縦〜重力を利用して
動かせるのだから
アマチュアが真似るべきスウィングは
どう考えても こちらだと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

スマホ・携帯版の弊社のブログが
エッチなサイトに乗っ取られてしまい???
ご迷惑をおかけ致しました。。。

くれぐれも エッチサイト内にある他のサイトへのリンクボタンを
クリックしたりしませんように

u=1496909236,281788952&gp=0

腕立て伏せ のような両肘を外に張って
曲げること を「クランチ」と言う。
クランチの運動は 背中の大きな筋肉を使って
肘を曲げる というよりも
「上腕を上げる」のに近い。

弓を引くような感じにも似ている。

腕が捩じられず、より大きな力で動かせるので
多くのスポーツの動きは
これが基準になり、欠点は少なく、利点は多い
41Wc7ybG1zL__SL500_AA300_
このおもちゃのような 腕の曲げ伸ばし 肘の曲げ方
では 使われるのは 腕の中の筋肉になるので
より重いものを持ちにくい。
ヘッドの重さを利用して
「上から打つ」ということには
利用しにくい 動作 である。
アッパーカットであれば 分るけれど
この肘使いでは 下から上への動作になってしまう。

例えば 灯油のポリ缶とか、しょうゆの一斗缶
を持ち上げるとき どのように持つだろうか
tiger
このような肘使いでは 重いものは持てないし
他の部位にも負担は大きくなるだろう。。。

クラブを体の幅の中に収めておけるし
クラブヘッドの重さを利用できる。
肘を使って打撃するということは
打つことが イコール 距離感になる。

ゴルフは総合力を問われるスポーツで
勿論、勿論 飛ばしたい 気持ちは重要だけれど
それと同時に 飛ばさない ことも必要になる。
06
アプローチやパターでは 肘の感じ
肘のリリース感が距離感になっていく

打つことと距離感が別な流行のスウィングより
同時に一つで処理できるスウィングの方が
後々メインテナンスが少ないのと同時に
故障も少なくなる

肘を外に張れる人ほど
悶絶度合いも少ない。

とりあえず ヘッド重量とケンカしないためにも
シャフトを捩じって動かさないためにも
肘は外に張る クランチをして
テークバックを取ってほしい


右の腋を占めて
左だけで上げてしまうような
テークバックは 体のためにも
クラブのためにも 何も利点がない!
多くの右利きの人が右打ちをしている
利点が一切ないスウィングは辞めた方がいい…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


元記事はこちら→ 
http://money.jp.msn.com/news/toyokeizai-online/%e5%bf%83%e3%82%92%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%ab%e3%80%80%e5%be%a9%e8%88%88%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%a1%98%e3%81%84%e8%be%bc%e3%82%81%e3%81%a6-2


心をひとつに 復興に願いを込めて


 ミカンの美味しい季節になりました。風邪をひきやすい時期に、ビタミンCをたっぷり含んだ旬のミカンは最高ですね。さて、今日は11月4週目に開催された大王製紙エリエールレディスオープンでのお話です。

 今大会は東日本大震災復興支援という大きな目的が掲げられ、大会会場は愛媛県から、復興に向け頑張っている福島県いわき市に変更となりました。今回、3日間で2万人を超える大ギャラリーに観戦していただき、大盛況となりました。初日から1番ティーイングラウンドの周りには早朝にもかかわらず、目の前で女子プロゴルフが見られるチャンスに、人の山となりました。それはすぐに1番ホール全体を囲む人垣に変わりました。

 私たちは、計り知れない復興への厳しい道のりを歩んでいらっしゃる方々に、こんなにも喜んでいただけて、なんと幸せな仕事だろうと思いました。また、各選手が放つすばらしいドライバーショットに感嘆の声と惜しみない拍手を送ってくれました。それを背に受けてプレーできるのは、選手冥利に尽きます。そして優勝を争う最終組には、人が何重にもなって観戦してくださいました。

up_340087_pc
 初日、スタートホールで選手を見送っていた私は、不動裕理選手がショッキングピンクのウエアを着てきたので驚きました。普段は目立たない色を着ることが多いのに不思議に思い「その色いいね」と話しかけたら、「こんなときこそ、目立たなきゃ」と言うのです。私は感激しました。ウエアの色は選手にとって重要です。普段着慣れない色を着ただけで心が落ち着かず、スコアに影響するからです。にもかかわらず、ピンクを着た意味は「私は心から福島を応援するために、ここにいる」という彼女の意思表示だったのです。私はその気持ちがうれしくて、涙が出てしまいました。

 日本女子プロゴルフ協会では、「心をひとつに」という東日本復興支援スローガンがあります。選手たちは毎試合賞金の3%を義援金として、今年は被害の大きかった宮城県、福島県、岩手県それぞれに3000万円以上お届けすることができました。

 私は大会期間中、仮設住宅に暮らす方々のところに行く機会をいただいたのですが、とてもお天気のよい日で、日向ぼっこするようにいちばん前の椅子に笑顔で座ったおばあちゃんたちが10人以上並んでいました。その後ろに20人近い方々がいらっしゃり、そのまた後ろに仮設住宅が並んでいました。その前であいさつすることになった私は、声ではなく突然涙が出てしまいました。天災で、しかも突然生活環境を大きく変えられた。なのに私の前にいるおばあちゃんたちは、にこやかに私を見てくれている。この方たちはなんと強いのだろうと、感激しました。

 いつ何時、何が変化するかわからない。それに負けず、力強く生きている人たちが目の前にいる。この大会は私にとって心揺さぶられる大会となりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ジャックの登場によって、この世にフライングエルボーなる言葉が
生まれたともいえます。

後々に 日本ではジャンボ、外国ではノーマンなどが
このスウィングを基本に自分のスウィングを作ったそうです。
pga_g_jnicklaus_400

これは恐れ多くも、ご本人に聞くことは出来ないので
あくまでも都市伝説なのですが、
その「フライングエルボー」という言葉が
あまりいいイメージでなく、悪い動作 という印象を
植えつけたのは ジャック本人? と言われています。

日本ではジャンボ、アメリカではジャック
ともに 史上最高の成績 長い活躍年数
40台を超えてからの活躍 を考えると
「これを真似されたらマズイな。。。」と考えたとしても。。。
もちろん 都市伝説です。

この肘の外への張り方は
脚が体を回していないと 意味をなさないので
年齢をとっても 体が回せる スウィングともいえるのですが。。。
imagesCAQXHBFA
たぶん これは 70歳前後のマスターズでの映像です。

肘を外に張る クランチ 。。。
他にも 有名どころでは カプルス
1636261
ちょっと やりすぎ感はあるけれど ジョンデイリー
480px-John_Daly_at_AmEx_Crop
どちらも飛ばし屋ですね。。。

カプルスのほうは肩関節が柔らかいのか
胸に対しては クラブは開き気味。。。
デイリーのほうは ジャックと同じく
しっかりと脚を使って、骨盤を回していますから
クラブはスクエアなまま
ま、プロですから当たり前と言えば、当たり前ですが
このクラブ使いですと、デイリーはアプローチも上手いです。

これは若かりし頃のマッシーです。
浅めのトップの位置とはいえ
肘は外に張り気味、クラブは寝かさず、しっかりと骨盤の向きを
脚のアクションで作っています。
005009000062
クラブを体の幅の中に収めておけば
必然的に ロフト変化も少なく
両肘で作るラインが胸と平行
方向性も良いうえ、そのままアプローチにも
応用できます。

腕の作用とヘッドの重さ、形によって
上から打てますから 距離も得やすい。

無理に上半身を捩じらないから
故障も少ない。。。悪いところはナイ!
と言えるのですが。。。
やっぱり 都市伝説?!じゃないのかも。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


この2週間。。。パソコン作業が多かったからか、
パソコン用語のようなブログの題材ですけれど。
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
ゴルフクラブ、、、先端であるヘッド
これを動かす最大の領域、大きさは
手首や肘など腕を一切使わず、アドレスを基準に
体を回す(向きを変える)
⇒脚を使って骨盤の向きを変える
これで作る円(上から見た時の)
これが一番大きな、外側に当たります。

これを最大値として
この内側、そして上側
でクラブを動かすのが「腕の役割」
別な言い方をすれば 肘の役割 です。

ロフトが寝てしまう(開き)
フェースが右を向いてしまう(開き)
というのは クラブが体の正面。。。
そんなに厳密ではありませんが、
体の幅の中にない。。。
体の右にずれてしまうこと が
結果的には原因です。
imagesCAXUT058
先ほどの クラブヘッドの通る最大値
これには 進行時間 がある訳で
その最大値よりも多くの道のり
長い道のりを通れば、時間もかかります。
道のりも長くなり、時間もかかる。。。
クラブヘッドの重心位置、ヘッドの重量は
シャフトよりも右側にもともとありますから
クラブも重くなり 労力も増します。
…の上にロフトも開くのですから
よいことは何一つありません 

体の向きで作る最大値
この上側で、しかも最大値には
インパクト以降、
インパクトも含めたインパクト以降
になると考えるべきで
スピードによる不可抗力
重力による不可抗力
なども考慮に入れると
クラブ(ヘッド)はボールよりも右側
体が右側を向いている間は
できる限り
体の近いところ
別な言い方をすれば
腕も含めて短く使っておく
ことが肝心!な気がします。

計測器などを使うと
ヘッドスピードだけでなく
ボールスピード
弾道なども
右側で クラブを短く使う
・・・重量という意味で短く使う方が
よい結果が出ています。
スナップショット 2 (2012-12-27 17-49)
インパクトまでには
右ひじは伸ばしたいのですが、
腕も含め クラブの長さを長くせず
。。。体からヘッドまでの距離をできるだけ離さず
使ってあげることが
労力も減らし、ロフトも立て
引力落下も利用してスピードを上げ
遠くへ飛ばす ヒントになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


リカチャン人形知ってます?!
GIジョーでも良いんですけど…

服を脱がして・・・
 おっと 変な想像しないでくださいね。

u=1496909236,281788952&gp=0

左腕を左胸をくっつける
仮面ライダーの変身ポーズを
取らせると ボールジョイントになっている
左腕 は ゴムで止まっているのですが
外れてしまうことがあります。

お医者さんじゃありませんので
詳しくは分かりませんが
体の横 にある筈の 肩関節
幾ら肩甲骨や肩には可動域が
あるとは言っても
横にある筈のものが胸の前に
来ることは ない と思うのですが…

s3

肩周りも含め 胴体の乗っかっている
骨盤が 右を向けば
左肩も移動します。

クラブや左腕だけを見れば
まるで それが動いたように見えるでしょう


でも 背骨や胴体を捩じるよりも
より 安全・・・人体的に危険度の少ない
この方法は 人間のどこかの部位を
痛めてしまうことはない筈です。

この写真を見ても 肩周りに不自然な
負荷が掛かっているようには見えません。


この手の 用語シリーズ
 面白いから続けますが
どう考えてみても プロフェッショナルな
アドバイスで無い気がしますし
にもかかわらず 理不尽なアドバイスを
シングルハンディだから
上級者だから
 
いいから言うコトを聞け!と
無理矢理 押しつけている
ような気がしてなりません。

左肩を入れろ!
って どこに入れるんですか
肩を回せ!
って それの乗っかっている骨盤は
回せるけれど 肩だけは
クッションの範囲でしか動かせません。

言いたい意味合いは分からない訳では
無いのですが あまりにも

自分の頭で考えないで やれ!

って 命令 のようなニュアンスを感じます。

これらの アドバイスは
技術的な問題よりも
長い時間を掛けて
自分の頭でゴルフを考えないコト
それを徹底させていく洗脳の様 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


弾道解析機を経て、2週間が経ちました。
現代の機器らしく、メインのパソコンより外部の
HDDなどへの外部出力との相性が悪く
パソコンとの格闘が続く毎日でした。

もう バッチリ!です

ちょっと おまけが付きまして。。。。
電子メールはこちらにお願いします
⇒ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

shop@hummingbird-sports.com は不調です。。。

BBbk6A5CEAAetcG
シュミレーションゴルフ。。。
というよりも 弾道解析をして
カスタムメイドしていくための色合いが強く
非常にシビアなデータが出ます。

パソコンの調子が悪く、ご来店された
全員にテストして貰うことは
出来ませんでしたが、
やはり ヘッド重量が重いものの方が
安定して距離を稼げる

というデータははっきりと出ました。

ここ何度か書いていますが
切り替えし、トップオブザスイングでの
重心位置とシャフトの関係
これによって 労力をかけても
スピードも上がらず、距離にならない
クラブ姿勢・位置 と
手加減したつもりなのに
その重さが加速への加算となる
姿勢・位置 というのが
非常に顕著に表れますので
大変参考になるかと思います。
BAQiRhYCQAA4OJO
安定した弾道、望ましい距離を
打つのに、ダウンスウィングでの
何かの動作 はほとんど役に立たず
基本的なクラブ扱い(刷毛塗)は
重要であっても
それらはテークバックで
殆ど決まってしまう
というのが 表れています。

テークバックで 腰のライン
ベルトのラインよりも大幅に
右にずれてしまったヘッド、クラブは
クラブの重さ だけでなく ヘッドの重さも
ボールを打つ行為の負荷
になりますし、その状態では
大きなロフトでインパクトすることになります。
インパクト間際でヘッドを返す
という動作を入れたとしても
「安定」して飛ばす ということには
なり難く、労力の割には得るものは少ない…
そんな感じですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールは止まっている。。。
止まっているボールを打つのに何故こんなに
苦労するんだろう。。。。よく聞く言葉ですよね。
2008042814282476274
アドレスからスウィングが始まって
ボールを見続けていても、ミスは出ます。
ボールを見続けていると
動作中、本能的に目とボールの距離を
一定に保ってしまう、なんてことが起こりがち、です。

正しいテークバックは、いったん目とボールとの距離は
離れるもの。。。でも凝視してしまうと
それはなかなか難しいものです。
BlogPaint

体は脚を使って、骨盤の向きを変えることが
重要ですので、その感覚を得るために
一回 骨盤〜胸の向きと一緒に
顔の向き、視界、視線も回転させてみたら
いかがでしょうか?


胸の向きとともに
顔も動かしてしまうと
割にスムースに右を向けます。
もしかすると
顔や頭という大切な部分を
本能的に守ろう、バランスを取ろう
とするのかも知れません。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)
始めはとっても変な感じで
慣れないかもしれませんが、
脚を使って 骨盤(体の向き)を
変える
 ということを覚えるのには
一番おすすめな方法です。

また 慣れてくると ボールを凝視しない
という意味でも、現場で、
必要以上の緊張感を作らず
アドレスで凍り付いてしまう
ということが少ないかと思います。

是非トライしてみてくださいね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ヘッドの重さを感じる。。。
シャフトの先端に、ボールを打つ打撃部分として
ヘッドがある! それだけではありません。

目をつぶって クラブを握ってみてください。
ヘッドを地面に向けたり、空に向けたりすると
左右の手には 異なる重さや重さの方向性(ベクトル)
を感じたりするはずです。
tp07sface
クラブヘッドには 重心位置と言って
重量の中心点があり、それはシャフトの延長線上には
存在していません。
その「ズレ」によって、クラブがどこにあるのか?
ヘッド。。。フェースがどこを向いているのか?
目でヘッドを追っかけていなくとも
なんとなく 感じられると思うのです。

同じ長さ・同じ硬さのシャフト
同じヘッド重量のクラブであっても
重心距離(シャフトから重心までの距離)が
長いもののほうが 重く感じますし(重さ効果も高い)
同じ長さ・同じ重心距離・ヘッド重量 で
あっても、シャフトの柔らかいほうがヘッドを
感じやすいものです。

クラブヘッドの重心がシャフトの延長線上
に存在しないクラブ。。。
これには非常に大きな意味があり
そうでなくてはいけない のです。
重さ というのは 重力方向にかかります。
そのズレがあるため、
クラブの位置や姿勢次第では
ヘッドとクラブに別々な(方向の)
重さがかかることになります。
クラブヘッドの重さ
その作り出す 方向によって
クラブをボールのところに、
ボールを目標方向に打つ
そんな重さの作り方
クラブの位置や姿勢を
模索していくためにも
重心位置(ヘッドの重さ)を
感じてほしいのです。
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
その重さの感じ方を
シンプルにしていくために
グリップは出来るだけ「スクエア」
良いでしょうね。。。

スウィング動作には 傾き(前傾姿勢)
がありますから、それに対し
過度にねじった姿勢では
重さの感じ方は非常に複雑になります。
少なくとも 傾きに対し
両方の肘は平行な関係
が クラブヘッドの位置や姿勢を
正しく把握する基本になるでしょう。

クラブヘッドの重さが
次の動作。。。。
ダウンスウィング(下方向)
しやすいような場所に
位置していれば、コンスタントに
打撃することも簡単になりますし、
ヘッドの落下というスピードが加算
されることになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


という タイトルなのですが
今回は 特に技術的なコトではなく
本当に 基本 というか スウィングの背骨…

ゴルフスウィング・ショットというのは
ゴルフボール…球体を ゴルフクラブ特有の
性質を利用して 打撃するコト
 だと思います。

ですから その打撃を ホウキやラケットなどで
出来てしまったのでは 「ゴルフ」ショットと
しては意味がないと思うのです。

ゴルフショットの基本は
繰り返す事です。
繰り返せること とも言えるかもしれません。

ですから 陳腐な言い方ですが
シンプルにしなければ なりません。

シンプル というのは技術論
動きを少なくする 小さくする は勿論
目的となることを ヒトツ也 フタツ也に
集約することだと思います。

どういう事かと言うと
例えば パターやアプローチで
ボールを打つコト
地面にあるボールを拾うコト
目標方向に打つコト
距離感を持って打つコト
を ヒトツの動き にしてしまわないと
天秤のように
 
あっちが出来ると こっちが立たず
になってしまうと思うのです。

特に アマチュアが 趣味や娯楽、道楽として
ゴルフという「遊び」で楽しむ場合
何度も書いていますが
何かをするために 自分の体を犠牲にするような
コトは 絶対に避けなければなりません。

ゴルフは本来 社交性の高い貴族の遊びとして
発展した訳で 昔はネクタイ・ドレスが
服装の基本だったのですから・・・

2

アプローチやパターの場合
多くのアマチュアは 何を使って
やるかは別として ヘッドを
催眠術の「コイン&紐」のように
縦の振り子で打とうとしています。

これでは 最下点でボールを打つ
その行為が成功したとしても
その時のロフトが不確定なため
距離感をミスします。
多くは アプローチショット「打つコト」を成功すると
必ず 距離はショートするのです。

ベアグラウンド等で 距離を強く
インパクトを強くしようとすると
今度は ヘッドの最下点 や ロフト姿勢が
ミスしてしまい ダフリやトップになります。

振り子打法の場合
上手くボールを捕えるのには
概ね アドレス時よりも 大きなロフトで
インパクトすることになりますから
距離に対するエネルギーが
高さやスピンという 非常につかみどころのない
大きなロスを生みますので
上手くとらえるほど 距離はロス します。

ロス率を計算に入れ 強く〜速く動かせば
今度は ミスヒット率が上がる訳で
これでは 練習場のマット とは全く異なる
生きた芝 生きた土の上では
何年やっても くじを引いているのと
そう変わりありませんから
結局のところ お金と時間を使って
場数を生む必要があるのです。

距離感とは球技の場合
確かに 原則としてはスピード感です。
寝かしたロフトで打つコトを前提に
していれば ボールと地面という
 ゼロの空間に
いくばくかの厚みのある ヘッドを
する抜けさせるわけですから
急がなければダフリます。

ダフリが 球筋ととして ダフリになるか
トップになるかは その時次第です。

ゆっくり振りたくでも それでは
ボールをミートすることが出来ません。

急ぐ → ロフトが寝る
更に急ぐ → ミスの確率も
ロフトが大きくなる → ロス率も増えます。


と ここまで来ると
いったい 何を目標にしているのか
見えなくなりますよね…
練習場で 10年も20年も
アプローチの練習してきたのに
あまり変化がないのではないでしょうか?!
残念ですが 
 それが皆さんのアプローチの現実です。

それは ショットの中に
色々な 関門を3つも4つも
同時に 別なアクションで行おうと
しているからで
ショットでもそうですか
打つコト
飛ばすコト
真っ直ぐ行かせる(目標に行かせる)コト
そして お望みの距離にするコト
これを ヒトツのアクションに
まとめなければなりません。

これが刷毛塗
 特にアプローチやパターの場合
右肘を使って クラブのスライドで
すべて満たせます
たった ヒトツのアクションです。

脚を使った体のスライド
でも 可能は可能ですが
この動きでは 距離感は満たせません。
打つコト=距離感
実はこれが全てなのではないでしょうか…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ