一般的に グリップ、握り方の種類…と言えば
インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール
(10フィンガー)
 インターメッシュ などの
 「左手と右手の絡み方」
スクエア、フック、ウイーク などの
 「手のひら、甲の向き」
 分類されると思うのですが、

フィンガー 指側
 セミフィンガー 中間
 パーム 手のひら側

左手が中心 になりますが、
この『どの位置で握るのか』
 かなり密接にアドレス姿勢と関係してきます。

通常、からだの向きの変更 とは別に
 腕やクラブを振るスイングである場合、
 クラブがすっ飛ばないように強く握り ますので
 左手の パーム と フックグリップ が主流になり、
その左手の握り。。。だと 右手の入るトコロが確保出来ず
 どうしても 両手、左右の手が離れ気味になります。
👉グリップを握るのに 長い区間が必要になります。
failgrip
左手、右手のグリップが上下に離れるほど
当り前、ではありますが、アドレスでは
右肩が下がるか、前に出ることになり、
アドレスでからだが 立体的にねじれた状況になり易く、
加えて クラブがすっ飛ばないように強く「左手」を
握るためのモノなので、疲労、握力の低下 などによって
ラウンド中に左手の握り方、握り具合の変化が激しく、
それに伴い アドレス姿勢も変わります。
IMG_0706_MomentIMG_0706_Moment(3)






両手が「離れ気味」なグリップを改善する場合、
グリップ、握りの形 を変えても
クラブの扱い、からだの向きに対するクラブの振り
が変わらない限り、数球と持たず 握りが元に戻るか、
強く クラブがホールド出来ない 為、
緩く振るか のどちらかになってしまい、
改善 としては 体に刷り込まれません。

ですので クラブを振らない、からだの向きでクラブを動かす
と 形としてのグリップの変更を同時進行で「変えていく」
ようにしないと、いきなりグリップが変わるコト、
 それが直ぐに馴染むことはありません。