多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。