◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2012年10月


 が ありましたので、私(店主)の書きました
返答を記載致します。

限定版記事⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1723288.html
オリジナル版L型ブリストルパター⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1658107.html



御手紙有難うございます

お返事遅くなり、申し訳ありません。

弊社のL型ブリストルパター ですね。

自身で書いてしまいますと、手前味噌のオンパレードに

なってしまいますが。。。

軟鉄で仕上げました こちらのパター

ヘッド重量は 470gあります。

従来のピンタイプの重いモノが330g位

L型などシンプルな構造のものですと 300g程度です。

それを 違和感のない形で 増量するための比重の重い異物などを

一切使わず 仕上げるには 相当な工夫が必要です。



最終的に 軟鉄を使いまして
(実は開発当初は 925銀 スターリングシルバーで
 造る予定だったのですが 予算が合いませんで)

粗い鍛造一回の後、二種類の旋盤(俗にいうNC加工)で

、一体成型 削り出しで造りました。
IMG_0032

この形状、大きさですから 何かモデルになるような

サンプルは一切なく、形の参考として

ジョージローのスポーツマン、ブリストル などを

使いましたが、ほとんど一からデザインをしたのと同じでしょうか。。。



シンプルな形状ですので、一切ごまかしが効かず

大きさを感じさせない と言うコトと共に

テークバックの引きやすい、動かす方向のガイドが

イメージできるようなデザインに仕上げました。



また 従来のパターよりもロフトを多め

バンス角度も強めに設定して、

自然にロフトの立った状態(微妙なハンドファースト?)に

なるようにも仕上げました。



テークバックの取りやすい と言うデザインと

フェース面がストレート というのは かなり難しく

遊びの無い形状の中で、かなり自分の過去の知恵や経験を

盛り込んだと思っています。



L型のパターは右に押し出しやすいイメージ
を醸し出しやすいので
実際はオフセットは無いのですが

重心を高くするという構造を含め、
ネックを違和感のないところまで

長く、太くして グースネックに錯覚する 形状にも

苦労したところです。



100g弱の このパター専用のグラファイトを

お使いになることをお薦め致しますが

このシャフトですと 従来のパターシャフトに比べ

手元を緩めて、逆に先端を締めてありますので

手元の暴れにパターヘッドが反応しにくく

より安定した、落ち着いたストロークが出るかと思います。



よく雑誌等で書いてあります パターストロークで

オーバースピンを生む と言うコトには自分は賛成できません。

本来、きれいなストロークは ボーリングのボールと同じく

打ち始め〜転がり始め はある程度スキッドする区間があり、

推進力が薄れてくると、今度は回転で前に進む

と言うコトを実践するためのパターです。

ボールが低速で、等速で、ゆっくり遠くに転がる と言うコトを

実践するためのパターにしてありますので

このパター以外で打つボールとは 明らかに転がり様が異なります。



是非 ご検討ください    野澤


 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


沢山のお問い合わせ、有難うございます
 IMG_0002
☆一般的な シャフトの半分ほどの振動数(硬さ)
☆5番アイアン並みのヘッド重量
 
(一般的なドライバーよりも50~60gも重たいヘッド)
どちらか一方を体験されている方も
少ない、かとは思いますが、
その二つの組み合わせですので
強烈に破壊力の秘めたドライバーです。

距離に関して、前述の破壊力がありますので
短尺仕様で簡単にし、短尺でも
弾道の高さを確保する為、安定を保つ為
ロフトも大きなモノを選択しています。

飛ぶ スプーン・ブラッシーと考えると
良いかと思います。


元々の打たれる方の弾道の高さ(持ち球)
 というのもありますから、
 11度〜17度の幅の中で
お選び頂くと良いかと思います。
☆大きめのロフトをお薦めします。
IMG_0001
ロフトとの絡みもありますが
 長さも 43インチ〜45インチ
の中でお選び頂くと良いかと思います。
☆短めのドライバーをお薦めします。

ただ ある程度の長さの長いモノになりますと
その分、ヘッド重量を軽量化することになりますので
安定性、方向性なども含め、長くすることの
メリットは見えてきませんのでご一考下さい。

硬さに関しましては、一般的な
振動数250cpmと比較して
140と言っても 160と言っても
ピンと来ないと思いますので
どこら辺まで 楽しんでみたいか
は 是非 直接お尋ねください。
 ☎046-804-1480  野澤

また こちらにも ドライバーの選び方 を
 掲載しておりますので ご覧ください
http://blog.livedoor.jp/hbs-sporte/

 【お問合せ先】

〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで

ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

006
L字型ブリストルタイプパター

77b63111
プロのような…
イヤ 
プロ以上の素晴らしいコロガリ
まさに 至宝のコロガリを生む自信作です
004

ストロークの
そして 
「ショット」
秘密をすべて詰め込みました
何よりも 重さ と言うモノが
ゴルフクラブの機能のすべてだ!
と身に染みるコトだろう

限定版の残り1本御座います
IMG_0032 (2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



inc_wgd

アイディアで飛ばそう
ドライバー改造実例集

BlogPaint

是非!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


 次は、P/S、出かける前に
家の中で打ったS/Wの感触を思い出して、
つい期待してしまいます。
やっぱりウエッジこそ店主殿の
クラブへの知識、経験、造詣の深さなどなどを
凝縮したものではないでしょうか?

再度、今日できる一番いいグリップとアドレス、
完全に近い脱力状態から
テイク・バック、インパクト・・・・・
しびれます(ダフったわけではありません。)
自動的に打ってくれます。
ヘッドがマットに触らずボールだけ拾って、
カチッというような微妙な金属音が
混じったようなインパクト音なんですが、
打感は柔らかく、ナイに等しい程度です。

実は、9月20日にお店で
このヘッドのウエッジを試打させて頂きましたが、
セッティングが違うのか、
よりオートマチックな感じで、
ヘロっと打つことを奨励してくれているような
振りごたえに感じます。
この辺はセッティングの妙なのでしょう。

80060a6c-s
 ボールの飛ぶさまがゆっくりで、
低めの出玉からスピンで上がっていく感じで
飛んでいきます。思ったより高めの弾道で
50ヤードと思って打てば50ヤードに落ち、
75ヤードと思って打てば75ヤードに
落ちてゆきます。

スピンもかかっていて、
まるでうまくなったような錯覚に陥りそうです。
今日は30球程度、
極めてヘロっと打ったのですが、
フェイスにはボールの打痕付きまくりです。
ウエッジの慣らしは
球数がかかることと結構神経を使うので
疲れそうですが、これで慣らしが終わったら
どうなるのか想像しただけでワクワクします。


 次に9番アイアン、これはP/Sと6番の
いいとこどり?みたいな感じです。
おろしたてなのでゆっくりと、
ヘロっと100ヤードにキャリー、
だんだん距離は伸びていくようですが、
このハーフ・スウィングとか
スリークオーターが楽しいのです。
9番と書いてあるウエッジみたいで、
グリップとかアドレスとか体の向きの変更
というような基本というか、
原則として守らなきゃいけないことをきちんとやれば、
ヘッドがボールをつぶしながら拾ってくれ、
自然と「よりシンプルなスウィング」に
なっていくような感じです。


ここで200球を打ってしばし休憩、
店主殿に電話にて状況を報告しようとしますが、
興奮冷めやらず、感じたこと、思ったこと、
その状況をうまく言葉に変換できませんでした。
「ドライバーは?」と聞かれ、まだでした・・・。


 ドライバーを抜き、上がるかな〜?
これ、ロフト何度かな〜?上がんないだろうな〜?

ここの練習場のボールだと上がんないうえに
ドロップするだろうから、きっと飛ばないんだろうな〜
コースボール持ってくるんだった(>_<)
などなど、店主殿にははなはだ失礼、
いや御無礼なことを想像しつつ、
でも、きっと凄いぞー!と思いつつ一発目、
期待?予想?どおり100ヤードにライナーボール。
でも、感触は凄い!!
フェイスにボールがひっつきまくり!
インパクトが長い!重い!
打つごとに球も上がり始め、
30球を打ったあたりから打音も
チタンらしい金属音に変わり、
打球も上がって飛び始め、
50球を過ぎたあたりから
目線で出て行った球が伸び始めました。

こりゃ〜飛ぶぜ!!

低いプッシュが
目線で伸びていくさまはしびれます。

捕まえにいくと捕まりすぎる感じで、
このつかまり方、
ユウティリティー・アイアンに似てる感じです。
どちらもプッシュのイメージが飛ぶようです。


 そのあと、クラブを換えながら、
といってもドライバー、U/T、6i、9iP/Sの5本で
50球ほど打ってみましたが、
タイミングはバッチリ、
店主殿の力作を堪能させて頂きました。
ドライバーのあとに今日初めて使ったU/T
打ってもミスなし!
軽く丁寧に打って不思議なぐらい飛んでいきます。
ドライバーのフルショット直後の
iのスリークオーターなどいろいろやってみましたが
ミスがないのです。
薄めの当たりでボールをきれいに拾っていきます。


 ということで今日はおしまい。
気が付けば300!!
こんなに打ったの何年ぶり!?
背中パンパンというかズーンと重く、
足(特に左脚)もだるく、
帰りの車のクラッチがだるくてエンストしそうでした。


 ということで1回目の感想文終了です。
悶絶セットは重く、柔らかくなるほどに
「慣らし」の重要度が増してくるように思います。


なので、感想の中に「慣らしが終われば・・・」
という表記が多くなってしまいました。
これからも気付いたことなど送らせて頂きます。

 

 

 sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



セカンドライフさま や みなさま のお蔭で
JA郡山より 野菜 果物等
 お届け出来ました

121027_135043
有難うございます。

今回は セカンドライフ様の協力が
有りましたので、今週もう一度
JA郡山の新米「あさか舞」を
お届けしようと思っています。
121027_135415
引き続き
ご協力ください


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ
【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480 野澤まで
ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP


ー◆―◆―◆ー

また
24年産 新米の発売開始 です
よろしくお願い致します


JA郡山さま HPより転記

A8129_T1

JA郡山「あさか舞」ネットショップ
A8125_T1

こちらから お求めになれます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

究極のセットが届きましたので感想など述べてみます。


 私にとって2年ぶりのおニュウになりますが、
その間にヘッド重量とシャフト・フレックスは
次々に進化を遂げ、
今回のセットのスペックがどんなものなのか
正直言ってよくわかりません。
最新のアイアン・ヘッド等、
最新機能がぎっしり詰まって、
店主殿の渾身の逸品であることは伺えますがm(_ _)m


なので、スペックの細部につきましては
店主殿に加筆をお願いしたいところです。

CA3F00300001

 早速、練習場に向かいました。
ちなみに近くに練習場は2つあり、
1つはフラットでネットまで180ヤードの表示、
でもボールは飛ばず、打ちごたえもないところ。
もう1つは、打ち上げでネットまでは
同じく180ヤード、ボールは飛ばないけど
打った感じはしっかりしているところです。
今日は、クラブの慣らしも促進したいので
ボールの打ちごたえのある方にしました。 

出かける前にS/Wで軽く、
テイク・バック3040cmぐらいのアプローチ、
ボールはレイグランデ、
いや〜、乗っかる乗っかる!すごい!!
ゆっくり低く、玉がフェイスから離れていきます。
その様が見えるのです。参りました。


 練習場に到着、はやる気持ちを抑え、
6番アイアンから・・・
今日できる一番いいグリップとアドレス、
そして軽くワッグルすると期待どおりの
ヘッド重量感と柔らかさ!
思わず嬉しくなってしまいます。
テイク・バックと思った瞬間、
ヘッドが取り残され、
シャフトがすでにフェイス側にシナっています。
自動的にワイングラスの足の左側に
クラブがポジションしてしまう感じです。

切り返しの感じは?と思った瞬間、
右手の人差し指の付け根付近に重さがかかり、
かかったと感じたら打っていました。
これって刷毛塗りもオートマチックに
なったということでしょうか?

切り返しでシャフトがしなって
グリップを左に押すという動作?機能?を
感覚として感じる前にインパクトしています。
優しい6番です。
玉が上がってくれるかどうか
多少不安もありましたが、問題はありません。
頂点が遠くにある共栄の軟鉄アイアンらしい球筋、
これは慣らしが進行すれば
もっとはっきりとした球筋の特徴になると思っています。

IMG_0036

 次に、今話題のユウティリティー・アイアン、
黒いヘッドがシマって見えます。
タマの高さに自信がなく、
25度のロフト表示とあいまって、
上がるかどうかちょっと不安でしたが
大丈夫そうです。
6番アイアンよりも低い釣鐘型の弾道で
ゆっくり飛んでゆきます。
テイク・バック、切り返し、インパクトの感じ、
タイミングは6番アイアンと同じです。
慣らしが進むにつれ飛距離も伸びて行きます。
最初はライナーで140ヤードにキャリー、
やっぱり高さが取れないのかな〜?
40球ぐらい打ったところで高さもとれ、
180ヤードにキャリー、
慣らしが終わる頃には200ヤードの
キャリーはいけると思います。
何球で慣らしが終わるのかわかりませんが・・・

目安として200キャリーかな?と思っています。

     

>>>>>>>>続く:

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




IMG_0032 (2)


20本
特別仕様の L型ブリストルパター を
販売いたします。
(現時点での残数は 2 です)


IMG_0007



ちなみに 既存のL型ブリストルパター
ヘッドのTF加工も可能です。
お問い合わせください


お問い合わせは

〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

046-804-1480 080-6785-5571

hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

野澤 まで

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


トップからの始動を、
左肘、右肘どちらを意識して行うか
試してたところ、記事に右ひじを伸ばす
(右上腕を下す)が目に留まりました。


確かに右上腕がしっかり上がる
(右肘をしっかり張る)ところから
スタートすると、下す(伸ばす)が
同じことだと実感しました。


自分には右上腕を下すが
一番合っているようです。
その後がオートマチックに動かされる気がします。
重力を使ってる気がします。


始動に関しては、当分これでいこうと思います。



今の課題は、右向きの解きを右脚を
左に倒すことで行う。
右を向いてる状態から
正面を向くまでに間を作ると
いうのでしょうか、急がない。です。


こちらの記事の続き です。
スナップショット 7 (2012-03-02 19-55)
脚さばきに関しては

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1691973.html

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1650953.html

ここら辺を、再度読んで頂くと良いと思います。
スナップショット 6 (2012-03-06 4-01)

体の向きの変更〜体の回転 
忘れてしまいがちですが
人間の体には「厚み」があります。
BlogPaint
ゴルフでいうトコロの
体の向きを変える為の 芯棒
軸に当るのが 背骨です。

体の厚みに対し、背骨は後方
一番後ろに有りますので
それを軸に、右を向けば
厚みは右の股関節に乗ることに、
左を向けば 左の股関節に
と言うコトですけれど
鍵になるのは
回転〜円運動は靴の外側にある(感じ)
と言うコトです。

軸足が出来てから
まず 軸足が出来るコトが先で
左右にシフトしている事が先で
どの場面であっても
シフトしている最中には
意図的に回転をしてはいけない
回転はいったん保留にしておく
ということを忘れないで下さい。


先ずは回転の伴わない左右への
左右へのダッキングが、スライドが基本
と思って下さい。

実際のスウィングになれば
ドリルしたり、練習した量の半分位しか
シフトすることが出来ませんので
練習では 少々オーバーではありますが
頭三つ分くらい動かす感じで良いかと思います。

トップの位置から、左の肘也
右の肘が動き出す
左へのシフトは高いところから
やってくると考えてよいと思います。

蛇足ではありますが
俗に言う「スウェー」と言う状態は
頭が残り、腰部分だけがズレ
体が横にくの字になった姿勢を
言うのです。

僕個人のやり方、意見ではありますが
体の向きの変更、シフトは
稼働させる部位は脚なのですが
その方向や行先、大きさなどは
進行方向にある 肘で決まる と考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ