◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2012年08月

パターも含め ショットを打つのに
ゴルフクラブのロフトは非常に重要だ
ショットで これから打つ距離 を確定するのは
ヘッドスピードとロフト角度で有る。

スピードは打つ前に有る程度 決めているモノで
インパクト間際になって 変更しても 決して成功しない
当然 ロフト角度の変更も 間際でするものではないし
バッグから クラブを抜いた時点で ある程度 決まっている。

パターやアプローチにとっては まず設定したロフト有りきで
そのロフト角度を前提に 自分のスピードなりの距離感を
作るのだ 出来るだけ ロフトを不安定にしたくない
スピード ロフト 共に不安定 不確定 であると
距離が確定出来ないし 今のショットの是非 が
次のショットに役立たない

 でも 忘れては困る 縦方向の軌道も
  
ロフトを構成する大きな要素なのだ
縦の 入射角度(勿論アッパー軌道の場合も含め)が
最終的に ロフトを決める というか
入射角度も ロフトの一部 だと言う認識。

そして クラブはその構造上
ロフトと縦の軌道は密接な関係で
ロフト姿勢を変えずに 完全に縦にヘッドをスライドさせる事も
出来ないし 逆にロフト変化が激しいと
縦の軌道変化も激しくなる駄目なストロークの代表

自分でやってみて欲しい
パターストロークで
肩の振り子に加え 
手首のスナップも行うと
ヘッドの振り子の弧もよりキツクなる

その逆に 刷毛塗り もしくは右肘だけのクランチ
の動きで 出来るだけ ヘッドを平行にスライド
もしくは ロフト変化を抑えてあげると
ヘッドの上下(縦)の弧や移動も かなり抑制される

誤った 
大間違いの肩周りの振り子のパッティングストローク
実は これがサンプルとして 一番分り易い
その 動きをオーバーにやる為 スナップの動きも加えよう
フェースの開閉や左右の動きが無いから より分り易いだろう
その 弾くようなストロークは
インパクトタイミングよって かなりロフトが変わるし
ヘッドの上下、高さ変化も激しいから
ボールのどこに? ヘッドのどこに? コンタクトするか
全然 分らない 打ってみないと分らない 
それも 打つ距離によって変化してしまうし
ヘッドスピードや立つ傾斜などによっても
 変化してしまうだろう。

これでは 前のストロークが参考にならないし
同じ距離 似たようなシチュエーションでも
前回のストロークがフィードバックされない

 
 
だから パターが上手く行かないんだよ

このパッティングストロークをしている限り
パターだけに限らず クラブの機能は
 一切使う事は 出 来 ま せ ん 



自分のショットを振りかえって貰いたい
ゴルフショットが向上する絶対条件は
ミスショットが、ナイスショットが、
要するに その前のショットや 過去のショットが
次のショットの確立を上げる為に 叩き台になる事で
このパッティングストロークのように
ロフト そして縦の軌道 ボールの当たり所 が
打ってみないと分らないような 不確定な方法では
前後に関係なく 
このショット このショット このショット
このショットだけ
 を 何とか成功させる方法である上
 …とは言っても えらく確率は低いけれど
ショットの場合 これに 左右の横の動きや
フェースの向きの開閉 みたいな 
ものすごく立体な動きになるのだから
打つ前から 成功率は極めて低いと言えるだろう

ミスすることは問題じゃないけれど
そのミスが生かされない
毎回 違う 参考にならない ミスの連続では
単に サイコロを転がしているだけで
そりゃ 年に一回位 イチ が三連続で出たりもするけれど
その次になにが出るかは検討がつかない

そんな方法論だから 当然 必然でそうなっている
 と認識して欲しいのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アプローチやパターをする時だけに
限りませんが、 重要なことは
ある一定の区間 同じロフト 同じライ
同じヘッドの高さ
 を維持し
ボールを移動させる方向にヘッドを
動かすことです。
(同じ高さを維持する と言う意味合いは
地面に平行と言うことでなく、入射角度に
対し直線。。。曲線を描かない と言うコトです)


これによって その区間でインパクトすれば
多少 ぞれがズレテも ミスになり難く
100点満点 とは行かなくとも
及第点のアプローチ、パターを繰り返すコトが
出来ます。

それを 実現する方法のヒトツが
「刷毛塗」であり、これがフルショットの基本
となります。

一般的に見かける アプローチ方法では
練習を沢山行い、常時練習し、それを維持しておくほど
一か八か で、 くじを引いているようなモノです。

sample 2009_11_10_22_54_10-570フレームショット

アドレスから テークバック無しで打つ
と言う練習も非常に有効ですが
肘で! と言うイメージはつき難いので
やはり この写真のように 肘のさばきで
クラブを クラブを持った左手(利き手でない方)
を進行方向に押してあげる事です。

利き手の手首(掌底)で 左手の手首を押す

そんな感じでしょうか

その際に 注意することが二つあります。

☆下に移動するのは問題ないですが
 胸からグリップの距離を離さないコト

⇒ アドレス時の肩から左手がダラリと下がった
  その面場で動かす感じ です。

☆飛球線方向は 練習場に対しては
「結果的」には マットを平行ですが
その意識を強く持つと 体がマットと平行になって「から」
肘を動かし始める可能性が高くなります。
「結果」として マットと平行にするには
体が右を向いている時 胸と平行〜マットと平行
この真ん中くらいにグリップを動かす感覚になると思います。

ですから 動かし始めは グリップを一旦 左胸に近づける
ような感じと考えると良いと思います。(シャンク方向)

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

また 素振りであれば
グリップを腰の高さ以上 ヘッドをへその高さ以上で
クラブが短い(地面〜重力に対し)状態で行うことを
お薦めします。

あと。。。 そうですね
刷毛塗の動きは 前傾姿勢の斜めの運動フィールドの
面上で行われるべき移動なので
ライ方向でなく ロフト方向に動かすんだ ということも
しっかり認識して下さい

その際 腕をシャフトの関係⇒ディッシュアングルは
常時同じ角度を維持したまま 動かす
ことも 素振りでは大事だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブの扱いから 円
 極力 曲線になるような動き を排除し
クラブの構造を活かし、出来るだか不必要な筋力を使わず
動作そのものを クラブの重さや不可抗力にって
行わせ 一度覚えたら 運動性能の低下に関わらず
安定した弾道、人並み以上の距離を打つ
為のクラブ扱い の事を指す

難しい言葉にすると こうなるんだけど
刷毛塗は ごンごろさんの書く通り
クラブによって 場面によって 替える必要が無い
全てのクラブ扱いの基礎になる動き です。

肘の クラブ自体を横にスライドさせる動き によって
胸の幅、体の幅 分 クラブを移動させる。

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

肩の揺さぶりでは無く、肘のクランチ 上腕の上げ下げ
によって クラブを横にスライドさせる 動きで
この動きは クラブが下を指している状態のイメージよりも
胸の高さで行う イメージの方が より実践的 だと思う。

まずは アプローチ・パターでミッチリ覚えて欲しい

それによって このクラブ扱いは
直ぐに スコア向上に直結するようになる。
振り子によるアプローチでは無く
刷毛塗のアプローチは ロフト ライ ヘッドの高さ
それぞれの変化が穏やかで
非常に安定して使えて アプローチにアリがちな
トップとダフリのミスを一気に解消出来る。
番手を変えない限り アバウトではあっても
均一なインパクトロフトで打てるようになれば
少ない練習量でもすぐに距離感を掴むことが出来るようになる。

速くないヘッドスピード、であっても
ボールを上から打て 捕まえられるようになれば
フルショットへの道は開けてくる。

簡単な方法によって、プロのようなスピンの効いた
アプローチを打つことが可能で、逆にスピンを効かせない
打ち方の方が難しくなってくるし、具体的に
特別なスピンを効かせる打ち方 なんてものが存在しない
と気が付くようになるだろう。

右肘でクラブを持った左手を押す
クラブを押すのとはちょっと異なる。

その小さな違いが 大きな違いを生む。

20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット


右腕を伸ばした時に クラブの位置が移動するのでなく
シャフトの角度で変るのであれば それは「刷毛塗」ではなく
クラブの縦のローテーションである

それでは ヘッドが重い効果 シャフトの柔らかい効果は
殆ど発揮されず、その小さなストロークの刷毛塗は
フルショットには反映されない

刷毛塗が 前傾姿勢のある向きの変更 と クラブの形状
によって フルショット時のオートマチック性を作っていくので
今一度 鏡也 ガラスを見つつ 素振りして頂き
アプローチ也 パターを練習をして頂けると
良いかと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


将来、ゴルフをする しない
も全く分からず、当然 競技ゴルフなどしない(だろう)
バッティングセンター感覚で遊びに来る
近所の小学生を対象に ゴルフクラブの実験をしてみた…

始めに説明することは

ゴルフはクラブを円に動かしているように見えるけれど
実際には 向きを変えているだけで
ゴルフクラブを 大きくは (特に腕では)動かしていない

ボールを飛ばす為に付いているヘッド
その重さを味方にしないと ケガをしてしまう
味方にすると簡単に、しかも遠くに飛ぶ


これだけである。

男子女子3人を交互に打たせて
色々と実験をしてみる

何気なく ☆ヘッドが軽くて シャフトの硬い 
    ⇒市販品レベル
☆ヘッドが重くて シャフトの柔らかいモノ
☆その中間クラスのもの

その3種類と用意して 特に何も説明も指定もせず
使っていいよ とだけ言っておく

2008042814282476274

市販品レベルを使うと 明らかに
ボールの打撃音が硬く 飛ぶ球にも勢いがない
男の子はクラブがすっ飛んでしまうまで
 振り始めてしまう

3本のクラブでは 明らかに 当たった時
キャンバスに当る衝撃音と打撃音が違うので
いつの間にか 3人が 一番重く柔らかいモノを
使い始めるようになる。

そこで 「何故 このクラブを使うの?」と聞くと
「疲れない」「一番当たる」「空振りが無い」との答え

確かに 市販品クラスのクラブでは
半分に近い打撃が空振りになってしまう

軽いヘッド 把握出来ないヘッドの位置や姿勢では
修正が効かず とりあえず 闇雲に振って
当るも八卦 当たらぬも八卦 の様子だ。

スナップショット 3 (2012-04-16 23-14)

不定期ではあるけれど
やり始めて 数か月。。。

思っている通り、重いヘッドのクラブ
柔らかいシャフトのクラブで始めると
特に 何も教えなくとも クラブを扱い方を
身に付けて行く。

ある段階になったところで
テークアウエイはヘッドを高くするため
 よりも クラブを短くして軽くするように
アゲルのがコツ だよ
 と知らせた

こどもの力では このヘッドの重さには
対抗することが出来ないので 感覚的に
クラブが重くならないように、
その重さがボールを打つのに利用できるように
反応〜修正して行くのだと思う。

打つ前に重くなっちゃうと 当たらな〜い。。。
 と 非常に感覚に敏感である。

目で見えていることを真似る のは 大人のゴルファーも
同じだと思うけれど、子供は自分がどう見えているかは
一切気にしない、即ち 体の格好(ポーズ)を気にせず
ボールが上手く当たることにしか興味を抱かない。

そこが 大きな違いのようにも感じる。

彼等は 遊びとして ゴルフに触れてみた 
今後 どうするかは分からないし、多分 大人になるまで
することはないだろうけれど
重いヘッド、柔らかいシャフトでゴルフを始めれば
始めの簡単なルール設定(説明)以上に
誰かから 何かを教わらなくとも
クラブの扱いは覚えてしまい、一生忘れないのだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


花道
登り
障害物一切なし
カップ手前
数メートル


グリーンの外 エッジやカラー
 フェアウェイであったとしても
勿論 パターが最優先。。。

では あるけれど あえて パター以外で。

この距離を打つ
ボールを移動させる

ココが ショットの基本中の基本 でしょう。

例えば 5m としましょう。
地上戦の転がしで行けば
原則として 5mの距離を打てばいいのです。

登りであれば そののぼり分の距離(高低差)
だいたいで良いので 横の移動分 5m と
出発点とゴール地点の高低差 50センチ なら
その50センチ分を加算し 5m50センチ 打てばいいのです。

蛇足ではありますが カップイン を狙っている場合
カップの深さも加算しておいた方が良いと思います。
カップインの ゴールは カップの底ですので。。。


160_56949

空中戦にすると 途端に難しくなります。
どの高さ ボールの移動する放物線の距離分
打つ必要(イメージ)が出てきますし
それには どのロフトで打つのか 明確に決めておかないと
くじ引きするようなショットになってしまいます。

8番〜9番〜PW〜AW(PS)〜SW
それぞれの 番手間のロフト差は 4〜5度です。
振り子の打ち方であれば
上手く当たる と言う限定をしたとしても
9番で SWのロフトで当たる可能性もありますし
その距離感を体に馴染ませていく事が出来ません。

おうちでの練習方法で
大変 効果的な方法があります。

実際にコースで行うと ルール違反 なのですが
その ルール違反な理由も同時に考えて貰えると
より理解度が進むような気がします。

その 練習方法は。。。

テークバックを取らない コトです。

テークバックを取らず アドレスの状態から
フォロー方向(フォローとはあえて呼びません)
にクラブ(あえて ヘッドとは呼びません)
を移動させる。。。

始めは ロフトの立ったアイアンで行ってください。

ヘッドの上下動を出来るだけ抑え
ヘッドの左右のターンを出来るだけ無くし
ヘッドの上下のターン(ロフト変化)を出来るだけ無くす

この方法は アリマス。

クラブ自体を 移動させること

グリップの移動量とヘッドの移動量を揃えるコト

イメージ的には ヘッドの移動量の方が格段に少ない 位で
 同じ移動量になります。

003


ヘッドとグリップの 移動方向
 立体的に同じ方向を意識する必要があります。

縦であっても 横であっても
 球体である ボールを円の動きで打ってしまっては
エネルギーは回転〜スピンになるだけです。
円を円の動きでは 円を作るだけです。

移動させることにとっては
 スピンはブレーキでしかありません

それは パターであっても同じで
 ボールは地面を転がれば 順回転になります。
意図的に順回転をかければ それもブレーキになります
グリップしていないのに 急にアクセルを踏むのと
全く同じになります。


テークバックを取らないで ボールを 数メートル 転がす

これが ショットの原点であり
クラブ扱い の原点だと思います。

是非


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



フェースの面の向き
と言う言葉があるけれど
それは ライ角度 だけではない

上下の角度 と言う意味では
ロフト角度もフェースの面の向き だし

それの複合によって 双方変ってくる

CDのケースを使って実験してみると
良いかも知れないが

オリジナルの状態で 片側を上げて
ライ角度を一定にしておいても。。。
IMG_0002

このように ロフト角度が変わると
全体の複合した フェース面の向きは
こんなにも変わってしまうのです。

IMG_0003

IMG_0004

例えば グリーンの花道から ピンまで10m
のアプローチをしたとしましょう

ミス? ミスと呼べないのかも知れないが
簡単に 左右に 2m前後ずれることになるだろう

距離もズレ 方向もズレ 当たり所や当たり具合
ヘッドの上下の高さも大きくズレる
この 打撃方法を練習・素振りする 意味はなんなのか。。。

今 主流になっている? 前傾を深くして
パターのようなショルダーストローク
(ゆりかご)の動きで打ったとすると

駄目なストロークの代表

シャフトの角度分 ロフトが変る
 だけでなく 方向もずれることになるのです。
これは パターストロークと同じです。
平面的な感覚では 振り子はロフトの変化だけで
フェースの向きに変化はないように感じるが
実際には そのストロークそのものの大きさや
弧の大小によって 方向も同時に動いている。


肩の振り子のストローク そのものが
一番 確実性の欲しい場面で 一番不確実な方法なのである。


フェースターンは 横の動き だけ

と思っている人も多いと思いますが
このストロークでは フェースターンを縦にしている
と考えてよいのではないかと思うのです。

パターストロークやアプローチは
フルショットのベースになる 打撃 です。
これを 横のフェースターン(リーディングエッジの向き)
だけでなく 縦のフェースターン(ロフトターン)
で打ってしまえば 勿論フルショットにも反映されます。

それだけでなく スコアに直結する
このショットを 何度のロフトで打つか 確定しておらず
それによって 微妙とは呼べない程 方向もぶれる

ゆりかごの動きをすれば ヘッドの上下の高さ変化も
必ず多くなりますし 円弧の最下点が手前に来てダフリ
になり易いだけでなく、ロフトを増やしている過程で
インパクトを迎えれば 必ずと言って良い程 トップします。


それほど 確率性の悪い 打撃方法を
あと ちょっとで ホールアウト、、、ゴール手前で
行っている認識は持つべきだと思うのです。

ゴルフクラブは ロフトとライ と言う非常にシンプルな
モノで構成され ボールの距離と方向を形成します。
それを 非常に複雑に タイミングによって
うまく行くかイケナイ賭け事 に変えてしまっているのは
もしかしたら 自分自身なのかも知れません。

鏡を前に 10〜20mのアプローチをしてみて下さい
右脚の前から 左脚の前をヘッドが通過する間
変化する シャフトの角度分
 ロフトは変化しています。
そして それ双方 ライ角度と複合したフェースの向きも
 変っている、 のです。
そして それに応じて ヘッドの高さも常時動いていて
シャフトが地面に垂直になった時が 一番低く
それ以外では 本来 アドレスよりも地面から離れた高い状況に
なっている筈ですね
ヘッドがシャフトを追い抜き ヘッドが前に言っている
インパクトであれば トップの可能性は否めません。



このアプローチの後半部分をご覧ください

この程度の距離のアプローチであれば
同じ角度から見て ヘッドが左脚より 左に行くことは
無いと見ていいと思います
ご参考までに。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


肘を外に張る

ココの部分が既存のゴルフスウィング理論と
一番 異なる部分かも知れない

スナップショット 6 (2011-02-11 21-47)

巷にあふれる ゴルフ理論の殆どが
利き肘をたたみ、利き肘をあまり使わない

スナップショット 2 (2011-02-11 21-46)

肘の使い方は 体の向きの変更にも
直結しているし スウィングの一番の壁
障害になる ゆりかごの方の動きも
抑制することが出来るから
スウィングを動作 という見方ですると
一番 憶えなければイケナイ 動作 とも言える。


肘を外に張る

それを基本に 肘の曲げ伸ばしがあっても
胸からのグリップ(コブシ)の位置が変わらない
そんな感じだろうか。。。

外に張った まがった肘を伸ばしても
グリップを 右から左へ 体から離さず
移動させる〜〜〜これを 刷毛塗 と言っている。

手首などの 小さな筋肉のパーツは
クラブや手を 全体が動いても 動かさないように
稼働させる と言ってもイイだろう。

20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット















行き着くところ やっぱり 肘の動きを含めた
この 刷毛塗 が上手く出来る出来ないかに
戻ることになると思う。

クラブ シャフトの角度を出来るだけ変えず
自分が動いた分 以下で ヘッドを動かす

肘さばきで行う 回転の伴わない脚さばき で
行う。。。 どちらも有効
両方を組み合わせれば もう フルショットの一歩手前


この動きが フルショットの動きの基本だし
同時に アプローチやパターを向上させる
一番の近道だと思うよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


鼓笛隊打法。。。なんだか 懐かしい響き〜

基本は ロフトを正しく使うコト
 ヘッドを移動したライン(上下)
 入射角度に対するライン

これに対して 製品ロフトを維持(キープ)する
このラインに対するロフトが 正規なインパクトロフトです

006


フェース面がボールを上から見て
インパクトに入ってくる

これが ボールを上から打つ

 もしくは ボールを潰す

と言うコトです。

それをするのには クラブ を
体の幅に収めておかなければ 無理があるので
次の項目も必須 パックと言っていいかも
しれません。

ggr


そして 体の向き 股関節から上の
 骨盤〜上半身 を
上半身を捩じるコト でなく
一つの塊として上半身を脚で動かすコト

この二つを守ることです。

正直 あまりどこかのポジション(場所)での
体の姿勢とか 厳密にする必要はありません。

まぁ それを守るのには
両肘の使い方
 外に張り 上腕を上げる クランチの使い方
必須になるとは思いますけれど。。。

うまく行かない方を見ていると
この クランチ が上手く出来ていない

この 肘の使い方だけでも …とりあえずは
覚えていくと良いと思うんですけどね

それには テークバックに
しっかり 右肘を外に張る
・・・野球でいうトコロ キャッチャーのスローイング
のような姿勢にすることが重要かと思います。

多くのゴルファーが テークバックを左手で
しかも ヘッドの重さを反動で利用する
腕やクラブを体に巻き付ける方式を
取っています。

タイミングやリズムもあるので
そこを替えるのは容易でないのは分かるのですが
そこが 鍵になりますから
そこは 怠らず 意識して貰いたいです。

BlogPaint

例えば イメージなのですが
アドレス時の 右腕 のラインに沿って
右腕に沿って 段ボール也 壁があったとします。
それの内側 その中で腕を動かしてほしい

確かに体の向きが変りますけど
腕を グリップを 円で動かしたら
長い棒の先に重さの付いてクラブは
それよりも 更に 円になる上
腕の作る円 と違う 二重の二種類の円に
なってしまいますから。。。。

そうですね 最終形 って訳じゃ無いですけど
まず 腕でクラブを真っ直ぐ 自分の方に引きつけて
それから 向きを変える
って 順番にしてみたらどうでしょう?!

テークアウェイは クラブに遠心力のエネルギーや
なんか チカラを溜める って行為では無く
クラブの長さを短くし 軽くし
 格納する動き と言う風に把握して貰えると
動かし方も変わってくるのではないか と思うのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフの歴史をさかのぼると 文献としては
1450年ごろ スコットランド全体で ゴルフ禁止令
を出していた と残っている。

国の一大事に、あまりにゴルフにかまけていてはマズイ!

とのコトだそうだ。

1600年ごろに ゴルフクラブのメーカーとして
エジンバラで 王室より製造許可がおりている。


oldcourse

1800年頃までのゴルフクラブは 一本の無垢の木から
削りだされていたが、破損すると丸ごと修復〜交換
の為に ヘッドとシャフトがパーツとして分かれるように
なっていった。 その当時、ヘッド部は
リンゴ、ナシ、柿、薔薇、桃などの木が多く使われ
シャフト部は トネリコが使われていた。

当時のクラブは 現在のそれよりも トゥ〜ヒール
方向に長い「ロングノーズヘッド」であった。

ボールは羊などの皮を使い、縫い合わせ
中に羽根を詰め込んだ フェザリーボール

aero_1

そして 1800年代に入ると スコットランドで
ゴムによく似た性質の「ガッタパーチャボール」が
生まれる。 フェザ―ボールに比べ モチも良く
飛距離性能が格段にアップした上に
工業製品として価格も安価であったことから
ゴルフボールは一気に ゴム?質の時代になる。

今度は そのゴム質のボールでは
ロングノーズタイプのヘッドでは破損が激しく
ヘッドの形状はショートノーズへと、、、
そして 金属質のヘッドが生まれてくるようになる。

また ガッタパーチャボールは
使い始めのころは ツルツルのボールであったが
使用して来ると いろいろな傷が表面に付き
それにより 飛距離が増大。。。
ホールが進むほど飛ぶようになってくることが判明。
多くのゴルファーがそれにならい、意図的に
模様や傷を入れるようになっていく。

2006_014


空気抵抗によって、浮力が生まれ 飛距離が増す
という ディンプル発想へとつながるようになる。

1900年に入ると アメリカのハスケル医師が
ゴム芯にゴムを巻き それを
ガッターパーチャの薄皮で包んだ
二層構造の糸巻きボールが生まれてる

トネリコ〜ヒッコリーであった
シャフト素材も 1910年以降
工業製品である スチールにとって代わられる

ウッドシャフト時代は
使い方、振り方によっては破損の危険が高く
シャフトやクラブ製作・修復の技術も
ゴルフの技量のヒトツと考えられていたので
安価な工業製品である スチールシャフトは
ゴルファーの裾野を広げることに一役買った

ロングノーズ トネリコシャフト時代は
クラブ製造・修復の技術ばかりでなく
クラブの使い方も ちゃんとしていないと…
今流行の クラブを捩じって 捩じり戻す
シャフトをひねる振り方では
数球でシャフトは破損
ヘッドターンで打てば やはりヘッドは破損
ゴルフは非常に門戸の狭い娯楽
だったのかも知れない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


一般的には ゴルフは遠心力だ! と言われている。

遠心力が増すと 加速性が上がる
 そんなイメージを持っているのだろうか。。。

では グリップと手にたっぷりと油を
塗って ツルツル ぬるぬるにして置いたら
どうなるんだろう。。。

遠心力が加速力を増す
 のであれば 握り難いだけで
打つことが可能かも。。。

ま 危なくて実験は出来ない。
 必ず すっぽ抜けるであろう。。。

いつ?? どこへ???


多くのゴルファーは 切り返しですっぽ抜けるんでは
ないだろうか・・・
・・・後ろの打席の人が危険? 

グリップの痛みの激しい人ほど
その傾向は激しいような気がする
痛みは摩擦によって多く生まれる訳で
摩擦は二つのモノが相反する方向の力の
発生によって。。。

すっぱ抜けようとする力
それを阻止する力

開こうとするヘッド
閉じさせようとする力

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

遠心力で一番影響が出るのは
 握力では無いだろうか

外にすっぽ抜けていこうとする遠心力
クラブを長くし 重くする

計算外の力が働けば 人間は瞬時に
全機能を使って それに対処するモノ

左サイドが伸びるのも 体を開くのも
全部 遠心力に対する反応〜対処とも言えるのだろう


そう考えていくと 局所的にグリップが傷んだり
必要以上にグリップの痛みが早い のも
一つのサインと見ていいのかも知れない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ