◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2012年07月



ウッドであっても、アイアンであっても
ゴルフクラブの構造、形状は 必ず
鎌首を自分(打ち手)の方にもたげている

実は 過去には でんでん太鼓のようなゴルフクラブや
鎌首を垂らした、本当に鎌のような形状の
ゴルフクラブも存在したのだけれど
例外なく、その全部が短期間に消えてしまっている。

鎌首を自分の方をもたげている理由は〇〇〇
理由(意味)は明白で、そうでないものに比べると
圧倒的に ゴルフショットが簡単に、少ない労力になる

何処かでも書いているけれど
ヘッドの重さは ボールを打つ、打撃するために
不可欠で、その重さはより破壊力につながる

それと伴に、クラブの使い手に、クラブを動かす
移動させるタイミングや方向などをガイドするのにも
重さがあって、シャフトにしなりがある方が
より一層 はっきりと明解にそれを伝える


スナップショット 6 (2012-04-16 23-16)

ヘッドの重さやシャフトのしなり(柔らか)は
グリップを動かす為に あると考えても良く
その重さによって 落ちようとする力を
グリップを押す力として 動かすコトそのものの
手助けをする と共に 方向も促す

ヘッドの重さでヘッドを動かす
ヘッドの重さでヘッドを落とすのであれば
鎌首を自分の方にもたげている必要はない。。。

それに加え ヘッドを軸として
重心位置 と言うのが存在する

クラブのその各各位置で シャフトよりも
左に重心位置があるのか 右にあるのか
それによって 次に動く方向も
人間の動作も決まってくる

おもちゃの鼓笛隊-161フレームショット

例えば シャフトがこの位置にある時に
(写真上での位置関係で)
シャフトよりも 向かって左側に重心位置があれば
クラブはより 右に倒れようとするだろうし
グリップ、左手には上がろうとする負荷も掛かる

結果として グリップの位置は体から離れるだろうし
それによって クラブは重く 長くなってしまう

重心位置がシャフトよりも右側にあれば
グリップや左手には下がる負荷がかかるだろうし
グリップ部は自分の方に近づいていくだろう

どの位置で クラブがどの姿勢なのか
感じながら行う シャドースウィング なんか
時間もお金もかからない 大切なトレーニングで
あったりする
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


20年前 30年前 英語で書かれた
イギリスやアメリカのレッスン書を読むと
そこには 肩を表す ショルダーと言う言葉は
殆ど出てこなかったと記憶している

当時は 体を回す と言う意味につながる言葉は
ボディ とか ヒップ とか が使われ
体を回すも ツイスト ではなく ターン
→ 向きを変える と言う言葉が
普遍的に使われていた と思う

雑誌なんかは ともかく 図書館レベルにある
レッスン書では ボディターン よりも ヒップターンが
非常に多く使われていたのを記憶している

Img_005

自分の語学力も急に落ちてきたので
最近は 洋書には触らないけれど
日本で使われる 「肩を回せ」と言う言葉が
プロも含め 日本のゴルファーを 技術的だけでなく
肉体的にも 蝕んでいる のでは
無いかと思う

どこのレッスン書にも書いていないけれど
脚を使って お尻(骨盤)の向きを変えると
必然で その上に乗っかっている 肩ラインも
向きを変える  ここまでは分かるよね?!

骨盤を回さず 肩ラインだけ 回すとなると
背骨を捩じらなければ ならなくなる
万歩譲って 体を痛めなかったとしても
背骨には 水平方向にずらす そんな機能が
全く無いので 背骨を捩じることは
立体的な複雑さ よじれやひねり が伴ってしまう

40歳を超えるような おじさん おばさん にとっては
背骨を傷めてしまうのは 人生を左右する
非常に大きな問題で それを事故でなく
自傷行為でしてしまうのは ちょっと洒落にならない

h174h180

そして もう一つ 

「ゴルフクラブは振り子」

「振り子のようにクラブを使う」


もう この言葉に至っては
何と形容して良いのか
悪戯に「エボラウイルス」をまき散らしている
ようなモノで アマチュア同士が 酒飲み話で
使っているのならともかく 一冊幾らのレッスン書
一枚幾らのDVD 一回幾らのレッスンで
プロと呼ばれる人が 口にしてしまった時点で
免許はく奪、業界追放に値すると思う

上の写真を見て欲しい
クラブやクラブヘッドが見え難い かも知れないけれど
クラブやヘッドを振ったのではなく
ゴルフクラブを持った 人間が

「前傾姿勢を保ちながら

 脚を使って向きを変えた」
 だけで

クラブを動かしたのではなく
クラブヘッドを動かしたのではなく
それを持った人間が 約束に従って向きを変えた だけ

ニュアンスの難しい言葉だ けれど

クラブ自身は 動かさないコト

によって 機能を発揮する
 ので

それを 持った人間が 大きな筋肉
脚周りの筋肉を使って 向きを変えてあげる

すると 傍から見ると クラブは振り子に
動 い た よ う に 見 え る

確かに 見えるよね
で それを真似て 振り子に振ると
自分自身は大きく動かず 手先を使って
グリップを支点に ヘッドを振り子に振ると
上の写真の動きに






















前傾姿勢を保ったまま
脚を使って 体の向きを変えると
 自分にとって
自分と胸とクラブの関係は
どこを向いていても 同じ関係・・・
  ここまで 分かる?!
クラブを動かさないで それを持った
自分が 前傾姿勢を維持したまま
脚を使って 正しく 骨盤の向きを変えると
どのタイミングでも クラブと自分の上半身は
同じ関係・・・ ここまで 分かる?!

人間はエクソシストでなく
背骨には ひき臼のように横に動く機能、関節がない!
その上で 肩だけ 左手だけで
クラブを横に テークバックすると
背中はよじられ 水平だけでない複雑な動きが入る
バランスを取ろう とする作用も入るので
腕は体と 反対に捩じらなければならない

単に テークバックの最中でも
タイミングによって クラブと自分の関係は
恒久的に変化し続けてしまうし
自分の体に対し 外へ 外へ 右へ 右へ
クラブ、クラブヘッドを動かして
クラブをより重い姿勢、重く感じる状態に
送り込んでいる上に
それを支えているのは ゴルフスウィングの中で
一番小さな筋肉の左腕一本
重いものが 右上に移動しているから
自分は左に傾かないと バランスとれないし
これって 前傾じゃなくて 側傾 でしょ
もう この時点で ロフトは180度になっちゃったし
上げたつもりでも 結局 ヘッドは下がってる・・・

4190-1-2

この写真だって アドレスから 動いたの
 左手一本でしょ


これで 体で打て って
魚に 足で歩け って言ってるのと同じ でしょ?!
でも 世の中には きっと歩ける魚もいるんだよね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウィング中に 体重移動や前傾姿勢など
意識して 維持したり 動作するのは
決して簡単なことではない。

ボールを当てる、打つ
目標方向、打つ距離 など
沢山の達成目標や願望があって
スウィング全体でも2秒程度の動きに
動作変革をするのは 決して簡単なことではない

前傾姿勢を維持する

これって 体重移動(シフト)と同じく
不可抗力によるトコロが多いのだけれど
実は、スウィング以前の観念とか、概念みたいな
部分が非常に重要であったりする。

最終的には 打つ人の意志 で
 クラブを上げる クラブヘッドを上げる
事はないのだけれど
取りあえず テークバックは ヘッドを上げる
クラブのヘッド重量に位置エネルギー(高さ)を
与える と言うコトにしよう。

まず 第一にスウィングには前傾姿勢があることを
忘れてはいけない。

単純に地面を基本に、高くさえ すれば
良いかと言うと そうではない

自分の胸に十文字の線が引かれているとしよう

BlogPaint


このシャツが ずれないと言うことで
下半身&地面 に対する上と
前傾姿勢のある上半身の上には
前傾角度分だけのギャップ(差)がある訳だ。

重力の力と 重量の与える影響(不可抗力)
それが 双方 許される場所は
このシャツでいうトコロの
垂直の線の上方向と 右方向と垂直のだいたい半分位
この領域だけであろう

あまり難しく考えず クラブを握り
両方の肘の関係を考えれば すぐに答えが出てくる
両肘の高さ関係が 胸に対し 同じであれば
もしくは 両肘の移動量が同じであれば
クラブは 必然的にその領域に収まる

今流行の オンプレーンスウィングの
両肘の関係を見てみよう

no title

右肘を支点に 左腕 左肘だけ動いている
地面/下半身に対しては クラブは高くなったけれど
上半身に対しては クラブは 右 横 に 倒れただけ

右肘は高さだけでなく その位置も動いていない のに
比べて 左肘は高さや その位置 腕そのものの角度も
前ならえの位置から ずいぶんと右に移動している

右の脇の下は締まっているけれど
左の脇はがら空きになる訳だ。。。

ココから ダウンスウィングを始めれば
重いモノが右にあるし
回転するのには 左を上げなければならない

重力に対する上(高さ) と言うのは重要だけれど
スウィング 前傾姿勢と言う傾きのあるスウィングに対する
上 と言うモノをしっかり認識していないと
2秒という短い動作であること
体を傷めないようにする
ボールを打つ
という優先条件があるのだから
必然的に 重力に勝てなくなってしまい
前傾姿勢を失ってしまう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば こんな風に見てみたら。。。


imageCA19VSPF

このアドレスであれば
明らかに 左手の手首を支点に 
打った後 クラブを跳ね上げる事になります。

ボールの位置も中、真ん中 位のセットになりますし
球数を打つ(練習)なら まだしも アマチュア であれば
体重移動が悩みの種になるのは間違いありません。

(このセットアップでは 左に体重は移せない)

ドライバーはそこそこ得意でも
地面からボールを打つクラブは トップのミスが増えますし
アプローチはあげるショットが中心になってしまいます。

典型的な煽り打ちタイプ になるのですが
右腰 左肘に故障の可能性を秘めています。


111025_100249

最近 増えてきている アドレスです。
パターと打つのと同じく
へそから下を動かさない
一番 故障の誘発しやすい セットアップ です。

このセットアップでは 体の重い部分が
自分の足、靴よりも 前に掛かっています。

意図的 反意図的に係わらず
クラブを振れば クラブの遠心力は
画像上 左 ボールの方向に掛かりますから
クラブに自分が左に(ボールの方)引っ張られますので
打つ際は 必ず 体を起こすことになります。

アマチュアがこのアドレスを真似ると
口酸っぱく アドレスの前傾 と言うことを
気にすることになるのですが
いざ 打撃をする となると
それは 全く無意味なモノになる訳です。

no title

前傾姿勢が まったくの ポーズ でしかない

457d8efa

それが お分かりになられると思います。

オンプレーンスウィング とは
練習量を維持し 運動性を維持しない限り
ダフリトップ スライス 引っ掛け の繰り返しで
練習を維持し続けると
体も傷めるおまけも付いてきます。

スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)

このセットアップから スタートすると
想像通り 俗に言う アウトサイドイン軌道
カット打ちに当然なります。

軌道が問題ではなく アドレスが問題なのに
アドレスでは無く 軌道を修正すると
無理やり インサイドアウトにするのでしょうから
腕のひねりを使って 打つことを推進して
行くことになり 間違ったコトを間違ったコトで
修正する 無限地獄に陥ってしまうのです。

女性であれば 途中 レッスンを受けたりし
色々と修正が入ると思うのですが
この初期時の グリップを覚えてしまっていると
必ず このアドレスが疲れてきたり
ラウンド中に顔を出すようになります。

ゴルフは 実はラウンド、コースに出れるまでの
覚え方、クラブによって
ある程度の未来が決まってしまったりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


書いたことがあったような 無いような。。。

皆さんは不思議に思ったことはなかったでしょうか。。。

グリップは 右左で
ちょっと だけ でも ズレタところ
右手の方が すこ〜し 遠いところを握る

それと 並行して
体はボールに正対
飛球線に平行に立つ。。。

この両立って どうするのでしょうか。。。

多くのゴルファーを見ていると
上半身を捩じって 右肩を前に出したり
右肩を下げたりして それを調整している
ひとコブシ分 届かない筈の右手の長さを
色々な姿勢から捻出しようとしている

スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)

多くのケースが写真のように
上半身の上の方が 左上  を向いていて
骨盤〜ベルトラインは ボールと正対している

日本の多くのプロゴルファーにも
ここまで 極端でなくとも 少なくなく 見られます。

アドレス時に軽く 左肘が曲がって
 左右の長さも調整している...

アマチュアの代表的なアドレスです。
度合いは兎も角 練習場にいる 殆どの人が
この両腕の長さの問題を 本来であれば 一番始め
ゴルフを始めた初期の時期に解決せず
今に至っており、捻った上半身から苦心して
ボールを飛ばす 真っ直ぐ行かせる努力をしてきています。

スナップショット 5 (2012-04-16 23-15)

実は。。。 割に答えは簡単なんです。

上半身 や 背骨を曲げず 捩じらず 反らさず
両腕は自然に構えられ ボールとも正対 出来ます。

まず 左手で 左の親指を除く4本の指で
グリップをします。 二度握りは出来るだけしないよう
心掛けましょう。

右手は パー にして 左手位置にグリップ・クラブを
挟んだ位置(反対側)に添えておきます。

そして 右手が所定の位置に 収まる分
体〜骨盤を右に傾けます。
所定の位置に来たら 右手もグリップして下さい。

背骨を Cの字に反らせるのではなく
骨盤そのものを ほんの少し 右に傾けます。

頭も少々右にずれるでしょう。

ボールを 右上から見る感じです。

体は 左サイドの方が やや上を向く感じですが
ボールとは正対していますし
上半身は捩じられていません。

ほんの少しですが 重心も右寄り
右骨盤の上に重心もかかり気味になるので
始動もし易いのでは と思います。

この際に 重要になるのが
左右のグリップの上下差 です。


上下差が大きい程 右手は遠くを握らなければなりません。

そして その分 傾きが大きくなり
スウィングするのに 運動するのに 適切ではない
量(傾き)になってしまう可能性が
グリップの上下差には秘めているのです。

ですから 正しいアドレス は 
  グリップと一体の関係
だという コトを理解して下さい


IMGA0204


ま それでも 上半身にヒネリ 捩じりの無い
アドレスは 腰痛などを持った方には
非常に効果が高く 格段に体を痛めなくなるのは
間違いありませんので グリップの上下差も
少しずつ直しながらも アドレスの傾きは実践して
みて下さい。 非常に効果アリマス!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップは クラブ扱いそのものが現れます

グリップエンドを支点に、クラブを横であっても
斜めであっても、縦であっても 振る 場合
クラブがすっ飛ばないように
特に 握力の弱い 支点になる左手は
ガッチリ ガッチリ 握ることになります。

IMG_0002


正しくは 左手は親指を除く
4本の指で握る


で おしまい。

ここから もう一度 親指を握り
左手で グリップ 棒を握るこんではいけません。
。。。俗に言う二度握り


当たり前 ですけれど 腕は
肩の部分から生えて? グリップを握っています

クラブと接する腕は 左右共に
120度位 斜め上から接触する筈。。。
なのですが 左手を二度握りしてしまう と
右手の入ってくる空間を塞がれてしまいます。

imageCA19VSPF

すると 左手はグリップを斜め上からの関係になるのに
右手は グリップに対し 横から入る ことになって
しまい、 そうするためのアドレスになってしまいます。

本来 右手は 左手親指の第一関節ごと握る
ものなのですが 横から入る右手は
人によっては 左手の親指すら握らない

それほど 上下に左右の手が離れてしまいます。

IMG_0016

美しいグリップは 左右の手首の高さ(位置)に
それほど差が無いモノ
ですが 美しくないグリップほど
左右の手首の高さに上下差があり
それに応じたアドレスになってしまう訳です。

クラブを 両手で合掌ばさみして 体で動かす

ここが基本で これが実践されないと
指で握ることは難しいでしょう。

☆茨の道を乗り越え グリップから入っていくか

☆クラブ扱いを覚え 自然にグリップを身につけるか

その方法論(順序)に是非は有りませんが
自分のクラブ扱いの変化は 如実にグリップに現れます
それは覚えていて頂きたい。

また ラウンド中 握力の低下や疲れ
クラブ扱いの乱れから 必ず 後半 グリップが深く
上下に離れ始めますので ラウンド中の目安としても
覚えておいて貰うとイイかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ圧 どう説明したら 良いのでしょうか

ゆるゆるに握る のは イメージが先行している
気がしてしまいます。
ゆるゆるに握る ⇒ ヘッドをフリーに使う
グリップを軸とした 支点運動
をする為のモノだと思います。

非常に伝えにくい部分ではありますが
肘さばき。。。腕の仕事で 動かす
クラブの量 グリップの量は
 せいぜい 体の幅。。 それはちょっと多いか。。。
そうですね 胸の幅程度です。

クラブが ダイナミックに動くのは
体の向きを変える事によって
その土台が移動しているからであって
胸とクラブ 胸とグリップの関係は
それぞれの方の体格によって差異はあったとしても
30〜50センチ程度 だと思います。

IMG_0015

左右の手のひらと 手のひらを
合わせて合掌 と言う言葉を使っていますから
少々 
イメージが先行しているのかも
知れませんが 
両方で左右方向に押し合う
と言うイメージでは無くて
双方 
指で 左右方向に引き合っている
そちらが 近いかと思います

左右の掌底を圧着させ
両手で蝶々を作るかの 如し
指先を左右に離し合っていると言えば良いのか…

IMG_0013

グリップで 打ち手とクラブが接触している
安全面で考えれば 一番怖いのは
クラブに遠心力が掛かった時に 
 クラブが遠近方向 ヘッド方向に
「すっぽ抜けてしまう」コトです

しかし その為に グリップには テーパーが
付いており、悶絶クラブは その部分を強調する
グリップを採用していますし、下巻でさらに
その部分を強調しています。

そこの部分は グリップ 握り方だけで
考えるものでは無く
☆如何に 遠心力を必要以上 生み出さないか
☆如何に クラブの長さをコントロールするか
☆遠心力が掛かった時に それを別な方向也
  別なモノに変換してしまうか(回転など)
という総合的な部分です。

ゆるゆる と言う言葉が フレキシブル と言う意味でなく
少ないプレッシャーと言う意味なのかも知れませんが
正直 グリッププレッシャー って
ゆるゆると言う最小でもなく ガチガチ という
最大でもないような。。。

アドレス時に グリップ圧力 というもの
ソノモノが存在しないような。。。

指で作る 逆Uの字に ハメているだけ
 そんな感じがするんですけど
。。。上手く 伝わらないですかねぇ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あくまでも あくまでも イメージなんですけれど
悶絶を超えるに こんなイメージも
参考になるのかも知れませんので
書いてみたいと思います。

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット


この状態から ボールを打つとしましょう。

スウィングは円運動 とか グリップを支点とする
とか インサイトからヘッドは入れる
そんな 思い込みを持っている人は
この映像・・・この角度からの映像で
シャフトが 地面を垂直から スタートすると
次のアクション 次のコマでは
シャフトは 画像上 向かって 左に倒れていく
と 信じ込んでいると思うのですが。。。

でも 正しくは 逆 
  
あくまでも イメージですが
 右に倒れていくのです

 

では ちょっと 言葉遊びになるかも
知れませんが 理屈で説明しましょう。

ns153


こちらの画像上であっても
ボールを打つ際は ヘッドの方が 向かって右
 ボール側に、グリップの方が左
アドレス〜このポジションになるまで
平面上の話になりますが
 グリップの方がボールに近い
 ヘッドの方がボールから離れる
ことは 起っていません。

テークバック〜トップオブスウィング は
打撃するための準備です。

ここから 完全に とか ピッタリ と言う意味では
ありませんが 元のポジション(クラブの姿勢)
戻していくのですから
アドレス時 ヘッドがボールに一番近く
グリップは遠い と言う状態に戻すのに
なぜ ダウンスウィング。。。
 残り ゼロコンマ何秒 と言う段階で
グリップのみをボールに近づけて
ヘッドを この姿勢(トップオブスウィング)
から ボールから遠ざけるのでしょう。

極端に言えば その行為は
ボールを打たない為の行為 と
言えるのではないでしょうか


sample 2009_09_24_03_46_35-267フレームショット

イメージですから 正しい間違い は
問い難いと思うのですが
私個人の場合 
トップオブザスウィングから
シャフトで 突き!
 シャンク方向に突き!
 みたいな
イメーージを持っています。

本田忠勝の 蜻蛉斬り なんて 呼んでいたりも
しましたけれど 刀 と言うイメージよりも
槍の使い方に近いイメージを
持っていたりもします
(蜻蛉切り 斬りと言う言葉を使っていますが)

少なくとも トップのポジションよりも
左手の甲を地面に向けていく
そんなイメージは 強く ではなくとも
持っていて 何の損も無いと思います。

sample 2009_09_29_23_01_02-514フレームショット

スウィングするのに この写真のフレームの中で
収める。。。そんなイメージを持ったら
ボールを打つ条件がそうであったら
シャフトを左に倒す しか
ヘッドとボールを接触する方法は無いと思うのです。

え〜〜〜〜〜 円運動は〜〜〜?

それは 体が向きを変えるから付随してきますし
低いところにあるボールは 前傾姿勢があります。

その双方ともに 腕は 一切関与しない訳で
自分が直接的にクラブを腕(肘)で動かすのとは
関係のない、ただ 同時進行の別の行為です。

体の向きが同時に変わっていき
あくまでも 結果として
円運動に見える と言うだけの話で
トップオブスウィングから シャフトを左に倒す
そんなイメージでクラブ扱いを考えていくと
左サイドが低い 低く保たれる とか
自由落下 ヘッド重量を重力と共に 上から打つ とか
ボールを潰す 捕まえる とか
自然に 左へシフトする とか
理屈がつながってくるのではないでしょうか

出来る 出来ないは別にして
クラブをこのように右に倒せば
BlogPaint


必然的に右サイドは下がり 左サイドが上がり
この姿勢からも 丈量物としてのクラブが右に
残ることからも 左へのシフトは不可能になりますし
この状態での フェース面の向きとボール
そして ボールの飛び出る方向
 と言う絡みから
考えても 上から打つ と言う言葉は
そぐわなくと思うのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Q:ロフト角とバンス角の機能について、
疑問が出てきてしまいました。





ロフト角:クラブの推進力を「ボールの推進力」
と「スピン」に振り分ける

バンス角:クラブの入ってきてほしい方向を示す
 & ボールの打ち出し方向(高さ側)を決める

と感じました。
そうすると今までの知識等とか色々疑問点が出てきました。





   「バンス角が大きいほど、インパクト時にヘッドが
跳ねる力が大きくなる
(バンカーはこれを利用してエクスプロージョンさせる)」は大嘘?

   クラブを地面と平行に動かしたら(円運動の最下点で打つも含む)
バンス角は邪魔にしかならない?

   逆にクラブの位置エネルギーを利用しようとしたら、
どの番手でも絶対にバンス角は必要?

そうすると、ウッドは?





5381cd3c-s


A:お手紙有難うございます。

ロフト角度 バンス角度
ともに 誤解されている部分が
少なくないと思います 

.丱鵐ーショットも 普通のショットと変わらず
 何か 特別な方法がある訳でなく
 普通に対処するべきだと思います。
 ただし それは クラブにボールを飛ばすだけの
 しっかりした破壊力=ヘッド重量が備わっている
 場合にのみ 言える事かも知れません。
 市販の 290g程度のヘッド重量の
 サンドウエッヂで 普通にバンカーショットをしたのでは
 ボールだけの負荷だけでなく 結果として
 砂などの異物も除去しなければならない場合
 ヘッドを必要以上に振って スピードの加算で
 ヘッド重量の少なさを補う必要があるのかも知れません。

 バンス角度は その角度分 地面に対し
 ロフトの立った状態で ボールに接触します。
 つまり 正しくは バンスは地面と平行
 バンス角度分 地面に対しロフトの立った状態で
 インパクトする そんなイメージが必要です。

 一般に言われている エクスプロージョンでは
 バンスは ボールを打つ前に使われる
 そんな感じですが、正しくは バンスは
 打った後、必要以上に地面にクラブがめり込まない
 と言う為のモノです。

 厳密に! と言う訳では無いので
 大嘘! とまでは言いませんが
 どうやって ヘッドを入れて来るのか
 という 事前のイメージでは 正しくは無いと思います。

▲好Εング中 肘が曲がる ということは
 腕が短くなると言うコトです。
 肘を使ってクラブを 大きくではなくとも
 動かせば クラブヘッドには 円運動と言う意味では無く
 位置エネルギーが発生します。(上下に動きます)

 刷毛塗で誤解される部分は
 肘のさばきによって クラブを胸に対し平行に!
 と言うフレーズがあるのですが
 小さなアプローチであったとしても
 スウィングには 前傾姿勢 というのが存在する
 訳ですから ボールを打つ前の状態と言うのは
 右=高く 左=低い
 そのことを 忘れないで下さい

 ですから 胸に平行に が そのまま
 地面と平行とは ちょっとニュアンスが異なります。
 スウィング中 胸が 地面と平行になる機会は
 アドレスを除けば一度しかなく
 それは意識する必要というか 意識してはイケナイ
 と思うのです。

 即ち パター等の本当に肘さばきだけ で
 行った場合でも 腕の長短の変化によって
 上下移動があるのですから
 必ず クラブヘッドは その量に関わらず
 上から入ってくるものです
 (フェース面が ボールを上から見て)

 ですから 書かれている通り
 
地面と平行にヘッドが動く
 と言うことを バンスの存在そのものが
 あり得ない行為!
 だよ と言っているのと同じです。

IMGA0238


ハイ! 全てのクラブにバンス角度は必要です。
 ハミングバード オリジナルのアイアンでは
 5番アイアンであっても 5度前後のバンスが存在していますし
 ウッドであっても ソール面には曲面が付いていて
 入射が緩い分を計算に入れた バンス「角度」が
 存在して ミスの軽減や安定したロフト角度形成の為に
 働いています。

 L型ブリストルパターにも バンス角度を付けています
 ・・・実は このバンス角度が このパターの秘密
 だったり するのかも・・・

IMGA0234


 特に 45度の以上のアイアンの場合
 このバンス角度が 安定した距離の決め手になりやすく
 ウエッヂであれば ロフト角度 引くことの バンス角度
 が 機能としての 本当のウエッヂロフト と言えるのかも
 しれません。

 重量が一番 
とは言えども
 弊社の サンドウエッヂは 16度を超えるバンス角度を
 設定しているのに まだ どなたからも
 バンス、バンス角度のせいで 跳ねて 使い難い
 という声を聴いたことはありません。

80060a6c-s


 365スペシャルウエッヂには 18度と言う
 超ド級のバンス角度 バンス幅が設定されていて
 これが アプローチマシーン として
 大活躍する要因の一つだと思います。


 


 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全英オープンが終わりました。

10年振り?で エルスが優勝しました。
おめでとうございます。

zennei


ショットは体の回転で行っていますね。
さすがですね。
あいも変わらず ゆったりしたいいリズムで
非常に参考になります。

身長も大きいコトもあるのですが
アプローチは ショットとは異なる
手先の。。。特に左腕 左肩の動きが
クラブ扱いの主エンジンになっているのが
気になります。



これが 彼の苦手でもある パットの悪影響を
及ぼしているのかも なんて。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よく よく 映像を見て下さい。

ゴルフスウィングの基本は
クラブが動いているのではなく
クラブを持った自分が動く(向きを変える)
だけなのです。

理屈っぽく考えると
クラブは全長で見ても ヘッドだけを見ても
対称性のない 非常に歪な形状です。

番手 と言うことで考えると
数度のロフトの誤差も 番手の意味を失ってしまう
そんな形状をしています。

GOLFsystemWORKS K99

体の使い方で言えば
ゴルフのスウィング、クラブの扱い方は
四肢が動いて 胴体は動きません。

股関節から肩関節までの胴体部分は
動かされているだけで 
何かのアクションをしている訳ではないのです。

巷にあふれる スウィング理論は
この胴体部分をひねったり 捩じったりして
逆に 脚や腕を使うことをタブーとしているものも
あったりします。

胴体を支える 背骨には 関節はありません。

FMA9921_front_120x120

大事な 臓器を護る為 箱型の形状をしています。

四肢を動かさず そこを捩じれば
必ず 体の支障をきたします。

また 四肢といっても
肘と膝の運動と言っても良く
もう少し 絞って考えると
右肘と左膝の運動と考えても良いかと思います。
左腕と右脚を動かさないとか 使わない
と言う意味ではないのですが クラブを移動させるのに
積極的に使うモノではありません。

スナップショット 5 (2012-03-02 19-54)


例えば 体の向きの変更で作る 外周の外側に
円形のレールを引いたとして
胸なり へそなりに いつも正対する形で
カメラが 上半身を捕えれば
上半身に対し ゴルフクラブは 殆ど
グリップの位置は殆ど動かない映像が撮れるでしょう。

クラブが動かず 自分が動くと言うコト
動画を見て それを納得できるようになるコトも
重要な事かも知れません。

動画や他人のスウィングが見えてくる
というのが 理解の証でもあったりします。

他の人のスウィングを見る場合
フルショットでは
右肘と両膝を
アプローチでは 両肩の作るラインを
見ることをお薦めします。


スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)


余談ではありますが。。。
多くのヒトが テークバックで ゴルフクラブは
上半身に対し 右に フォローでは左に
と考えていると思いますが
不可抗力や惰性を除いた 動かす人に意志 と言うことでは
テークバックで 左上半身側
フォローで右上半身側に あると言っても
良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Q:私も体重移動が上手くできず、
悶絶真っ最中で、試行錯誤しています。
ヘッドをボールを押し潰すように動かすから、
体重移動の時に、ヘッドをからだの左側1メートル
くらいに突き刺すイメージで動いたら、
体重移動がスムーズにできたようでした。
まだ、再現性が低いのですが、このイメージは正しいのでしょうか。

A;有難うございます。
まず 体重移動をするイメージ・・・
イメージですから 正しいも 間違いもありません。
イメージをすること 予測、想像することは
大変 大切なコトですから どんどんイメージして下さい。

体重移動・・・

正直 スウィング動作中に それを意識することは
決してやさしい事ではありません。

体重移動できるか 出来ないか の是非は
意識として行う 「動作」ではなく
 ☆強制的に左に移動させられるか
 ☆強制的に右に居残るか

その どちらか だと思います。

20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット


強制的… というのは クラブは
静止時の重量では 450g 位な訳ですが
それに長さが加わり 運動による不可抗力が加われば
十数キロ〜以上になり得ます。

その重みが 右に残れば 左に行くことは難しくなりますし
左に行けば 逆に右に残ることは難しくなります。


それと同時に ダウンスウィングを始める段階では
進行方向である 右⇒左 は 左が低く
横への移動? に下と言う要素も加わるのを
忘れないで下さい。

アドレスに前傾姿勢があり それが向きによって
変わる というところが スウィングのメカニズムの妙
とも言える部分で 感心するほど 良く出来ています。

ですから 左が低ければ 左に行きやすくなりますし
左が高ければ 行くのが難しくなります。

ま この二つは 同意語と言えるほど
深い関係にあり 重量物としての ゴルフクラブが
体に対し 左側に移動すれば 同時に左サイドが
低い時間も長くなりますし 自動的に体重移動も
行われると考えてよいと思います。

ドラムショット

逆に 重量物である ゴルフクラブが 右に残れば
余程の筋力と訓練が無い限り 右サイドは低く
左サイドは早い段階で高くなりますので
体重移動も難しくなると言って良いと思います。

理屈攻め になってしまいますが
ヘッドを振れば 縦でも 横でも 斜めでも
ヘッドをクラブの長さで円運動/支点運動させれば
クラブヘッドの移動距離は増えますので
右に残りますし クラブが重くなれば より一層
右に残り易くなります。

クラブの重さ〜長さ管理も重要になる
ということです。

トップオブスウィング クラブの長さが一番短くなり
クラブ自体の高さが一番高くなる
それに加え 前傾姿勢 体の右向きにより
一番はっきりと 左右の体の高低差がつく その状態で
如何に クラブを上半身 右サイドから 左サイドに
スライド(肘使いによって)か によって
そこから先は真っ二つに分かれるのではないでしょうか。。。

動き出しの始まりが 肘の動き 刷毛塗から
これがイメージで来ていれば その動きは
イコール[同時に]
 体重移動になり得るのではないかと考えています
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スピンの効いた球

良く使われる用語です。

アプローチの際に グリーンに落ちた球が
スピンによって ブレーキがかかったり
バックスピンで戻ったり。。。

果たして これは どんな状態なんでしょうか

スピンが多ければ良いのでしょうか・・・

  答えは そうではないのです。

7番アイアンとか 8番アイアンのショットで
スピンで止まってしまう
そんな経験をされたことがあるかと思います。

その番手の正しい製品ロフトで打つと
単純ではありますが フルショットのスピン量は
番手×1000 と考えてよいでしょう。

7番では 7000回転/一分

ウエッヂでは その回転数は10000回転を超えたり
します。

  余談ではありますが ウエッヂショットで
使われる スピンコントロール というのがありますが
それは スピンの量をコントロールする イコール
 距離のコントロール であると言うコトです。

同じ距離を打つのに スピンの増減 と言う意味でなく
同じ距離は一定のスピン スピンの量の増減=距離
と言うことを指しています。

0d06b52b

ボールを打撃する破壊力の基準は 重さ です。

運動性(速度)が加わる… 
これは 重さを増やす行為と考えてよいと思います

それが ボールの初速 や スピン 音 熱
などに 分散、、、化けるわけですが
そのエネルギーの総量は 必ず 破壊力とイコール です。
つまり スピンが増えれば 必ず何かが減るのです。

その都度 スピードを変えたり ヘッド重量を
変えずに マシーンに打撃させれば
その分散割合は 単純にロフト
(長さによる入射角度も
ロフトの一部ではありますが)
によって決まってきます。

ウエッヂショットで スピンを増やそうと思って
ロフトを増やすと 確かに スピン量は増えます。

そして その分 ボールのスピードは落ちます。

スピンは 空中では浮力と共に 進行方向に対する
パラシュートのような役割もありますので
 接地時と同じくブレーキ でもあります。

スピンが多く 初速(ボールスピード)も遅い訳ですから
スピンは早い段階でピークを迎え
落下時や 設置時には 惰性になってしまう可能性が
非常に高くなります。

80060a6c-s

スピンを効かせるコツは
ボールを潰し 初期飛び出し時
出来るだけ スキッド(空中を滑らせるイメージ)
を持つコト。

落下時の接地角度が
あまりに薄く ブレーキ効果が薄いが
5番アイアンのアプローチでもスピンは効く

逆に サンドウエッヂは設置角度 そして
高さを取る事に特化したクラブで
サンドウエッヂでスピンを安定して効かせるには
ロフトを寝かせないことと バンスは欲しいところです。

ちなみに あまり初歩的なので書きたくはないのですが
ウエッヂの溝 は 水分や砂利などの異物を
ボールとフェースの間に入れない為のモノです

スピンは 双方の 接地面積と接地時間によって
決まってきますので 異物が挟まることを避けるため
タイヤの溝と同じ効果 です。

ですから スピンを増やすのが溝の役割でなく
スピンを減らさない為のモノです。


 晴天の異物が挟まり難い環境であれば
溝のないクラブが一番 スピン量は増大します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

軟鉄鍛造 に 特別な下地、削り、そして仕上げを施し
 ヘッド重量は 365g に仕上げました。 
Wニッケルコバルト仕上げのメッキ は
工芸品としても 非常に素晴らしい仕上がりです。

0d06b52b


ハミングバードならではの アイディアもたっぷり盛り込み
非常にシンプルな形状ですが 素晴らしいアプローチマシーン
 バンカー ラフ フェアウェイともに スコアメイクにも
快感ショットにも 素晴らしい 効能を発揮すると思います。
80060a6c-s



長さ 35〜35.5インチ 硬さは任意設定できます
 **L型ブリストル パターと併用して
  お使いになられますと より効果は高いと思います。

同シリーズのアイアンセットもご用意しております
 詳しいことは お問い合わせください  野澤まで

046-804-1480  080-6785-5571

http://blog.livedoor.jp/hbs/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


トップオブスウィング
右向き の状態から
時間の区分として ダウンスウィング
〜インパクト〜フォロー までの一連の動き

何度も 何度も書きますが
 1.右の軸足(直立脚)を作る
 2.右向きが出来る
 3.右の軸足(直立脚)が解ける
 4.右向きが解ける
 5.左の軸足が出来る
 6.左向きが出来る


この手順は ゴルフスウィング
クラブ扱いの背骨 と言って良いでしょう。

多くのゴルファーの場合
行程の 1. も怪しいですけれど
1.2. が出来たとしても
3〜5 の行程をすっ飛ばして
6. へ行こう としてしまいます。

写真を見ながら 二つのコトを検証して行きましょう。

スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

ダウンスウィングが始まった状態です。

肘を使ったクラブの動きがありませんから
少々 意志の入ったアクションですが
肘を使って クラブをスライドさせていれば
・・・右向きの間に それを始めていれば
右向きの状態では 左サイドが低いですから
クラブは左と言うスライドに 下が伴ってきます。

重量物が 左(下を伴った)に移動し始めますから
低い 左に体も流れ始めます。

スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)
スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

この際に 右脚はアクションらしい
アクションをしません。


多くのゴルファーは この際 右脚の蹴り
右ひざの使い方で回転を作ろうとしますが
単に 右脚が 左に倒れていく だけ
と考えても良いでしょう。

スナップショット 6 (2012-03-06 4-01)

少々 オーバーなイメージでは
靴の裏を 飛球線後方。。。
練習場では 打席の後方にあるイス
それに座った人に そのまま 見せているだけ
そんな 動きです。

逆に 左膝が深くなるような。。。

私個人のイメージでは
左の靴の中の指が 地面を捕まえるような
その左の足が体を引き寄せるような。。。

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

そして もう一つ 

スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

この写真では シャフトは
地面と平行・・・そんな感じですね?!

へそから上には 殆どナンのアクションも
無いのに 右の直立脚が解け 右向きが解けると…

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

おおよそ ボールを打てるヘッドの高さ。。。

シフトしたことによって
右の股関節に有った 前傾姿勢が
左の股関節に移ったので
向きが解け 正面を向いていれば
ベルトの高さのボールのイメージで十分!
というのが この画像から分かるでしょうか?!

軸足を先に作る
軸足を解く
というのが 向きを変える 基準になる
それを守りさえすれば
前傾姿勢を意識して 維持しようとしなくても
自然に 右 ⇒ 左 に移ります☆

左の軸足が出来てしないのに
自分の意志で 回転してしまうと
必ず 左サイドが早い段階で高くなります。

左サイドが 打つ前に 高くなってしまえば
クラブは必ず右サイドに残ります。

同時に 前傾姿勢は 右に残りますが
前傾姿勢では無く 自分の側帯 側面の傾斜に
なってしまいますので 必ず 以下 のような
姿勢になってしまいます

02

故障の原因になってしまいますので
ご注意ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんな練習はいかがでしょう。。。

右を向きっぱなし
そのままで クラブを シャフトが地面と
並行になるまで 縦スライドさせます

スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

ヘッドを振らず
グリップを支点とした 円運動をさせず
シャフト自体を下にスライドさせ
おおよそ 地面と平行になるまで
ヘッドの高さは ベルトからへそ 位
になるでしょうか

その時の注意点は3点です

☆ 回転は一切入れない 右向きのまま

☆ フェース面を地面に向けて

☆ グリップ位置は出来るだけ
   自分から離さず


この 3点です。

動きはゆっくり ごく ゆっくりで良いと思います。

その姿勢を造り 止まったその姿勢から
行っても良いかも知れません。

ここから は 腕 肘 手首
 特に 肩周りは 一切使いません


スナップショット 8 (2012-03-02 19-55)


次に 左ひざを深く 曲げて
頭も含め 体を左へずらします

この時も 
回転は 出来るだけ
自分の意志では行わない
右を向きっ放し
 位の意識で良いと思います。

左ひざを深くして 体を低い方へ呼び込む?
そんな動き でしょうか。。。

その際 ちょっと 下っ腹に力を入れる感じ
 でしょうか。。。

スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

左の靴の上に 頭も含めた上半身が
乗ったな?! と思ったら
秀二(大事なところ)を進行方向に向ける
左回転をして下さい。

前傾姿勢が 右軸足から左軸足に移せていれば
回転だけで ヘッドはボールに届くはず です

地面と平行のシャフト
ベルトの高さだった ヘッド

それよりも クラブを下に振らなくても
ボールに ヘッドは届く

それを覚えるコト 理解することが
このドリルの目的です。
。。。
実際には ショットそのものですけど

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

写真を見ても 腕が殆どナンの動作もしていないのが
分かるかと思うのですが、
この ボールをさばく 一番大切な部分は
前半は自然な軸足の解けによる 右向きの解け
後半は左軸足が出来てからの 積極的な左向き
によって行われます

しかも 実際には 後半部はクラブの長さが長くなり
それによって 造られる遠心力で助けて貰えるので
すごく意識した 自力 労力での回転は要らないのです。

僕個人の感覚では スウィングには
意識的な回転 向きの変更は 無いに等しく
それを阻害しない動作 と 軸足をしっかり作るための
回転の伴わない 軸足形成 だけです。

軸足を ぶれない しっかりしたモノとする為にも
頭を含めた上半身を その靴の上にしっかりと乗せ
漬物石にしておく必要があります!

クラブをベルトの高さよりも下に振らない
と言うことを覚えると かなり画期的に
クラブ扱いは変ってきます。

このドリルは是非トライしてみて下さい♡
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


左手 右手 その上下関係が
体の姿勢を作る ということ

それには例外がない

と考えて間違いないと思います。

それと 同時に 両肘の使い方は
体の向きの変更に大きく影響を与える。。。
もしかすると 
体の向きの変更のコツ
なのかも知れません。

スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)

ちょっと おさらいをします。

右の軸足が出来る
⇒ 右向きが出来る
右の軸足が解ける
⇒ 右向きが解ける
左の軸足が出来る
⇒ 左向きが出来る

軸足が出来る
 と言う行為を
体〜上半身 頭を含めた上半身が
その足の真上(重力上)に来ることと
規定しましょう。


。。。 とすると

その姿勢では
例えば 右の軸足が出来た状況では
頭を含めた上半身が 概ね
右の靴 の上 真上にある。。。。

となると 右の肘は 靴、右の靴より右
外にあることになります。

殆どの人の苦手な
左への動きで考えてみましょう。

スナップショット 5 (2012-03-02 19-54)

右の軸足を解く

すると 右向きは自然に解かれます。

右の軸足を解いて 左の軸足が形成されるまで
意図的な 意志の入った 回転行為は
存在しない。。。 ココは心がけて下さい。

勿論 クラブの形状によって
自然な 軸移動 シフト というのが
(クラブの重さによる 強制的な…とも言える)
望ましいのですが そこはちょっと割愛し
自分では 左の軸足が出来た 造った
と言う状況は 左靴よりも 左肘の方が
左。。。飛球線方向に存在している筈です。

その左肘が 左の靴よりも右 後ろにあると
すると、右に存在する状況では
体は内回り というか 小回りしてしまいます

スウィング的には 正面が出来ず
右向きの状況から 一気に左を向く
ゴルフ用語で言うと 体が開いている状況
と言うコトになります。

では そこのところを逆手にとって
左肘を早い段階で 左の靴よりも飛球線方向に
動かしてしまう それが 左へのシフトを
生むかもしれません。。。

特に 前傾姿勢を利用すれば
右を向いている状況は 左サイドの方が
低いのです。

全てのモノは 低いところには移り易い…筈

例えば シフトを促進なり 補助する為
稼働部分で一番引くい 左ひざを
そのタイミングで もう一度 深く曲げる、とか
左手の甲を地面に向けるようなイメージを持つ とか

実戦的には グリップを自分から離さず
自分の胸と等距離。。。
上下関係的には 下に下がっても
平面上(上から見た際の)距離を保っておくと
ヘッドの重さによって
グリップの位置は左に押されます。

重いモノが 右から左に動き
ハッキリとしたベクトル(指向性)を持つのですから
左サイドが低い と言うのが伴って
より自然に 強制的に シフトがし易い
かも知れませんよ。

やはり 鍵になるのは
右を向いた 左サイドが低い 
その限られた時間に それを活用すること
と言うコトになりますか。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶するお客様の多く
良くないコト と分かっていても
そこを抜け出せない方
は 刷毛塗や鼓笛隊打法では
当らない・・・ 飛ばない・・・
と 感じている。。。

分からないではありません。

理屈で説明すれば
ヘッドを振れば ヘッドの軌道は
円軌道になります。

imageCALYCF4L

ごンごろさんも書かれていましたが
丸いボール 球体を円運動で
打ってしまえば その力の多くが
回転に化けてしまいます。

クラブの形状、構造上も円軌道
それを 腕さばきで作ってしまえば
必ず ロフトが付くことになり
それを 無理やり 伏せてしまえば(ロフト)
今度は 右左 という新たな 永遠のループ
に入ってしまいます。

縦の円軌道では 不必要なヘッドの上下移動も
多く 急激である為
トップやダフリのミスも 永遠のループです。

遠心力を使おうとすれば
その遠心力は方向的には ボールを打たせない
ボールを目標方向に飛ばさせない形で
「必ず」作用するばかりか
それを持つ人に 労力として 握力也
筋力をより一層必要とさせます。

上から打てれば 落下のエネルギーは使えるし
締まったロフトで打つことが可能です。
ボールの大きさのズレ とまでは言いませんが
ボールの打つ場所の上下のズレは厳密ではありません

99fe6633-s

取りあえず
取りあえず
一度でも ボールを潰して
ボールを捕まえて
ボールを上から打つことを体験すれば
ゴルフ人生は激変する筈です。

その為には クラブ・・・
 ヘッドではありませんよ。
体では無く 肘(腕)を先に動かす感覚
クラブヘッドを下に振らない感覚を身に着ける
必要があります。 正直、それは
技術として反復練習で覚えるものでは無く
クラブとスウィングのメカニズムを理解し
信じることに他なりません。

クラブの形状 そして
前傾姿勢で 右を向いている時は
 左サイドの方が低い
というのが 最大のキーポイントです。

おもちゃの鼓笛隊-159フレームショット

実際に 左サイドが低いうちに打つことが出来ませんが
そのイメージは非常に大切です。

自分のどの動き どの動かしが
ボールを打つ前に 左サイドを浮かしてしまう か
右サイドを下げてしまうか
自分の動きをゆっくりと トレースしながら
想像力を働かせて貰いたいのです。

切り返しの 一番始めのアクションを
左肘から動かす<(イメージ) とか
フェース面を地面に向けるイメージ
そんなイメージは非常に重要です。

右を向きっぱなし 回転 等 を
始める前に クラブ〜シャフトを地面と
並行になるまで
縦のスライド
(ヘッドを振る〜グリップを支点と
した円運動 と言う動きでなく)をする

その時 フェース面を地面に向けて行く・・・
そうしていく事によって 右手は左手の
上に覆いかぶさります

それが 左サイドの低さを維持したりする訳です。

両手の上下関係が 肩のライン 姿勢の上下関係
(右サイド/左サイドの)
を司ったりするのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



424f9307


数年前 まで ハミングバードでは
ベティナルディパターの 市販品の中で
一番重い ミドルパターを改造し
普通のパターとして 販売していました。

それでは ボールの伸びが足らない
 との 意見やピンタイプのパターでは
パッティングを悩んだ時に ヒント。。。
ガイドが生まれる形状ではないと言うことで
L型パターを作ることを決意します

往年の名器 というか
幻の一品と言われる
 ジョージ・ロー のスポーツマン
をイメージして 造り始めますが
なにぶん この世の中に 数本しかない
スポーツマンは実物を見たことがありません。

バブル期と比べますと だいぶ
値段が下がったとは言え 今現在オークションで
400万円の値段の付く代物です。


749d4652

取りあえず その復刻版と
スポーツマンの市販タイプ 自前のブリストル
を参考に作り始めますが
オリジナルは 300g程度。。。

最終的な ヘッド重量は 470g

単一素材である為
大きさや厚み、高さを大きくせざる負えません

イメージだけを頭に
プロトタイプを クレイモデルを削り 
工場に金属化して貰うコトを繰り返します。

当初は 小ぶり化を目指したため
975のスターリングシルバーを考えていましたが
余りの価格 にビビり 素材を変更します。

弊社のアイアンと同一の素材
同一の仕上げ 同一のメッキにし
そのデザインも 
ブリストルタイプと
弊社のオリジナルアイアンの 0番アイアン

その共通する部分で進めます。


77b63111

テークバックの動かす方向をガイドしてくれる形状

その為には その方向に対し 美しいアール(曲面)
を作らなければなりませんが
常にシンプルな構造である為
そのアールが フェース面が反っているような
視覚効果を生みやすい。。。


何度も試作を繰り返し
バックフェースの削りに 同じ角度のアールを入れ
視覚的に 後ろ側に瞳型の影を作ることで
落ち着かせました


捕まり易い 印象を与えるために
視覚的にグースを付け 実際にはオフセットの無いモデルに
するところもかなり苦労しました。

ネック部分を2種類の削りにすることで
実際には存在しない くぼみが影で出来るデザインにしました

トップブレードを厚めにしたため
アップライド目の見えやすいところを
バックフェースの終わりにちょっと工夫をしてみたり
フェース面のミーリングを被って見えないように
フェース面がてから無い(眩しくないように)
逆の同心円でミーリングしてみたり
自分の持っている ゴルフクラブに対する知識と
イメージを余すところなく 注入してみました。

約1年半の準備期間 十数回の及ぶ クレイモデルの
試作削り直し を繰り返し おおよその完成が見えてきます。

シャフトにもこだわり ウッド アイアン
弊社のオリジナルシャフトを同じ 緩み
特に手元の緩みにしました。

贅沢に セルロイドのオリジナルソケットも作り
最終形に至りました。

手前味噌ではありますが
今も このパターが 自分のゴルフクラブに対する基本
であり 日々 このパターを乗り越えられるクラブを
作れるよう 努力しております。

皆さまが このパターで楽しんで頂けることを
祈っております。



003


刷毛塗、もしくはクラブのスライドで
ショット、ストローク出来る方には
史上最高のパターとなる筈 です

プロのような…
イヤ 
プロ以上の素晴らしいコロガリ
まさに 至宝のコロガリを生む自信作です



絶対にショートしない!
絶対届く! 必ず届く!
ストロークが小さく出来るから安定する!
自分の思った距離感を実践できる!
ゆっくりした転がりで遠くまで飛ぶ!
グリーン周りからのアプローチにも最高!
迷っても 
絶対引ける!
絶対 パターイップスにならない!

そして スウィング造りの切り札?!
かも知れません…
これが欠けているから出来ない??のかも…
スウィングの答えを出すために
待っているお客様も多数います。
002

問い合わせ 046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


鷹の目・・・俯瞰した観察眼
虫の目・・・一つの事を深く掘り下げた観察眼



ゴルフクラブのデータを見る場合
単一のデータを考えず 複合している要素を
考慮しないと 殆どが意味をなさない

どんな意味であるか と言うと
例えば スウィングウエイト。。。

D-00 と言うスペックがあったとしよう
同じ D-0 であっても Rシャフトが装着
されている D-0 と Sシャフト、Xシャフト
が装着されているものでは ヘッドの効き具合
というのが 全く意味が違う

ヘッドの重量と言うのは
その使用するシャフトに対する負荷になる訳で
硬いシャフト やわらかいシャフト
双方に 同じ重量。。。同じ数値のヘッド(負荷)が
装着されていれば 当然 硬いシャフトの方が
負荷が少なく、柔らかいシャフトに対しては負荷が多い

極端な比較例だけれど 3センチ と言っても
シロナガスクジラにとっての3センチ を
ハムスターにとっての 3センチは 数値としては
同じであっても 意味合いは大きく異なる
。。。そんな感じだろうか。。。

IMGA0234

だから 使用するシャフトの種類や硬さが
異なるのに 同じスウィングウエイトにこだわる
理由は殆どなく、「俺は D-1!」みたいなこだわりは
逆に クラブの性能を無駄にしてしまうコトが多い。

アイアンのライ角度なども別な意味で同じで
ヘッドの質量や使用するシャフトの硬さが異なるので
あれば ライ角度の意味は異なってくる

同じ 60度のライ角度で使っても
シャフトの硬さ・・・例えば 振動数 300cpm
で使うのと 250cpm で使うのであれば
低い数値(柔らかい)方を アップライト目に
して置く方が使いやすいと思う

自分の数値を決めつける時
その単一の数値だけにこだわっても
百害あって一利なし のコトの方が多いし
いい例が シャフトの硬さ 「俺は S だ!」
であっても メーカーや機種によっても
ものすごく シャフトの硬さには幅があるし
ヘッド重量によっても 機能性が全く異なる。

メーカーによっては ココのメーカーのRシャフトは
別なメーカーの Sよりも硬い なんてのが
ごろごろ あるし 硬い方のシャフトに
柔らかいモノよりも 軽いヘッドが装着されている
なんてのは 本当に掃いて捨てるほど ある。

シャフトを選ぶ際、もしも 間違うのであれば
柔らかい方に間違えた方が のちのち 財産になるし
ヘッドであれば 重いヘッドを選んだ方が
それもまた 財産になる。

確かに 通販なども増え ゴルフショップが専門店で
無くなりつつあるのは確かで、自分自身の判断で
ゴルフクラブを選ばなければならないかも知れないけれど
出来るだけ 重いヘッド やわらかいシャフトを選ぶことが
ゴルフの腕前のひとつ とも言える
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

足から胴体、頭を、<幹>
肩からクラブヘッドまでを
<枝>と考えて、
幹が動いている間だけ
 枝が動くのが第一歩。

ただし、
枝の先っぽに右に偏芯した錘
ついているので、
テークバックの終わりで
幹が停止しても、
枝だけ右に倒れながら
 単独で動こうとする。

このおまけが、
当たらない、
開く、
飛ばない、
曲がるの組み合わせを生む。

この不可抗力は、
クラブヘッドを
地面にソールしている時は隠れている。
動き出したとたんに
作用し始める。

重いヘッドと
やわらかいシャフトほど
  この力は大きい。

おまけをつけないためには、
右偏芯を解消しながら枝が動けばよい。

シャフトの中心と
クラブヘッドの重心が
重力方向に直線にそろいながら動く。

結果、ゴルフクラブは、
自分から見て
おおむね体の左半分を通ることになる。
   これが、B→Aの意味。

 
ハイ、正解と言えます。
しかし 理屈上そうであっても
それを 運動として取り入れると
何故か出来ない。
結果、不可抗力と闘うことになる

クラブは全体として
先端に(局所的)に集中して
重量が掛かっている

それは 何のためか
単に ボールと衝突する時
 に 対重量 の為「だけ」なのか

何故 回転の中に 傾きを維持しておく
もしくは 傾きそのものがあるのか

本筋とは違うヒントですが
クラブの偏った重量配分、
右に偏重した打撃物(ヘッド)
 これの生み出す 作用によって
必然で 動かされ
結論としては
 前傾姿勢を必ず失う

これが悶絶の、ミスショットの
「結果論的」な原因です。

その一つに
傾きがある上での向きの変更なので
スナップショット 1 (2011-02-28 17-16)

右を向いている時は
左手の甲はやや地面を
右手の甲はやや空を向いているのが
正しい 前ならえ ということ。

それが維持できないと
必ず クラブの不可抗力に
間違った方に誘われてしまう

そこの部分が 領域を捩じってしまう
原因にもなる訳で
コトをより複雑化していきます。

また 右を向いている時の行為
テークアウェイ(バック)も
不可抗力が掛かるのですから
その不可抗力 その前ならえを
「維持させる」には どうするべきなのか

☆上げる
☆ヘッドを高くする

と言うことから 一度
考えを離してみる必要があると思います。




動かさないために動かす。
この禅問答のような考えが
すべての鍵では?

その通りです。
ゴルフクラブやスウィングを
考えてみると
重力に対して垂直なモノが
殆ど無く 斜め が沢山存在します
それは 何故なのか?

クラブは それそのものが動く
為のモノでなく
人間を動かさせる為の形状
考えるべきです

スウィングは 動いているのではなく
動か「させられて」いる
と考えるべきでしょう。


また、平行刷毛塗りと
立体刷毛塗りでは、
少し考え方を変える必要があるのでは?

いえ 基本は全く同じです。
脚さばきが入ると
傾きがあるコトを考慮する
と言うよりは
クラブの形状を使って
その傾きを利用する だけ
ですから
立体刷毛塗(スウィング)の方が
より 安易、簡素 になってくる
と考えるべきでしょう

クラブの形状と傾きは
非常に重要な「手抜き」の要素です

人間が繰り返し行う
高速で しかも 厳密な 動作が
行えるように クラブは考えられている
なのですから
傾きと偏重は「必然」なのです

ゴルフクラブには 取扱い説明書は
添付されてきませんが
その形状が その重さが
使い方指示書 そのものなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

ゴルフスウィング クラブ扱いが
こんがらがるのは この領域が
向きを変えたり 角度を変えたり
時間、その時に応じて
 動いていくことが原因だろう。

この ABCD で 構成する平面は
体の向き・・・脚の動きによって
向きを変え カメラを固定していると
右を向けば この面は 線に見えてしまう
左を向いても やはり 線に見えてしまう

今はいなくなってしまったけど
チンドン屋さんの首からぶり下げる広告
板をイメージしてくれると良いだろう

右肘を曲げる(右上腕を上げたり)
左腕を上げれば 腕の付け根を支点に
角度を変える

向きと角度がいつも いつも 変化している
イメージがし難いモノとも言える

特に スウィングを分解写真のように
その時、時、コマ、コマ で
型を
作るイメージの強い人にとっては
なおのコト イメージし難いと思う。

また オンプレーンスウィングのように
両腕をひねってしまうと
同じく チンドン屋さんの看板も
捻られてしまうので
スナップショット 4 (2011-01-21 1-04)例えば この手のテークバックでは クラブは高くなったけれど Cの領域に居るので 決して上がってはいない! と言う認識が必要になる

テークバックを取って クラブを上げる!
ヘッドに位置エネルギーを与える
のが その動作の目的なのに
そして それは ボールを打つ
ボールを目標方向に打つ
 というのが
一番の目的なのに
あげるコト! テークバックを取る事!
が目的になってしまっている。





腕を動かさない と言う状態では
この角度から見ると
テークバックでの 領域は
こんな感じ(下記)になる。

ここで 陥り易いミスは
腕也 肘也を動かすのには
当たり前だから 時間が必要!

これは あくまでも
腕を動かしていないサンプル
であって この状態から
次に 腕を動かしたのでは
腕やクラブに向きを変えた、回転の
慣性が付いてしまっているので
体、そして 腕 と上げてしまうと
必ず 腕が捩じられてしまう。

腕を捩じってしまうと
この状態では DAが上で
CBが下にあるのが
AB が上になり
 DC が下になってしまう
この領域が横に倒れてしまう。

まぁ だから あえて 登りも下りも
肘や腕を先に使うように
このブログでも書いているのだけれど・・・

スナップショット 1 (2011-02-28 17-16)

この時点では 体の向きは
半分以上完成しているのだから
腕の作業も半分以上終わっていないと
イケナイ訳だ・・・
単純に この画像に 右肘のクランチが
加わっていれば
(既にそれがほぼ終わっていれば)
クラブヘッドは B→Aを通って
AとDの境界線あたりか
少々 Dに入った領域にあり
グリップ位置は この画像の
Dの文字あたりにあるのだろう。

そう考えると
右肘は 体の傾きに沿って
横に動いているだけ とも言える。



この領域に不必要な
縦方向への捩じり を入れるのが
現代の主流のスウィング…

鼓笛隊打法と呼ばれているモノは
その ねじりを入れないコトで

双方の違いが 180度なら
もう少し 相互関係があり
簡単に学べるんだけれど
90度 縦と横が反対の関係ってのが
悶絶してしまう要因なんだろうなぁ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このブログを見られている方で
まだ 悶絶クラブを持っていないとか
明らかに 軽いヘッドをお使いの方から
鉛(重量)の装着の仕方を質問されます。

例えば です
その年式なのかは 判別不能ですが
以前 シャフトの破損を修理した際の
スチール スウィング破壊兵器
 イエ 人体破壊兵器スチール装着 の
某人気アイアンのPWのヘッド重量は
  
 288g

です(現在の標準)

弊社の悶絶クラブであれば
6番 もしくは 7番に相当する重量


これを このシャフトのままで
 ヘッドの所在が感じるようにするのには
50g 重量を加算しても
かなり苦しいと思いますし
多分 シャフトが耐えられない と思いますので
トライ したり しないで 下さい。
危険です。

IMGA0239

ある程度 重量の見込める アイアンであれば
10g とか 20g の重量を
加算することになると思いますが
鉛 であれば どこに貼るのか
の類の質問が多いのですが
その質量になれば 嵩もかなりモノですから
ヘッド全体 キャビティ全体という事に
なるでしょう。

昔のヘッドに比べ
元々 モーメントが高く 重心の長い
現代のクラブは 10g程度では
特性が変わってしまう程
貼る場所による変化は
非常に少ないと判断して
間違いありません。

それよりも その重量は
シャフトに対し 負荷としての
役割の方が 遥かに大きく
許せるのならば シャフトから離れた場所
に貼った方が 同じ重量でも
効果は高いと思います。

しかし その量となると
キャビティなり
 バックフェース全体に
貼った方が安全です。

10gとか 20gの鉛
となると スウィング中に
それそのものがすっ飛んで
しまう可能性があるので
出来るだけ 強力な
両面テープ等を
お使いください。

また 元々キャビティに
貼物のあるタイプは
貼物でないところに渡って
鉛を貼ることをお勧めします。
貼物は大概 アルミのプレートか
プラスチックですので
使われている両面テープも
強力なものではありません故。


また 添付前に
シンナーやネールリムーバー
などで 脱脂しておくと
より強力です。

また この季節はヘッドが冷えているため
なかなか粘着効果が上がりません。
出来れば 屋外で貼るよりも
暖かい室内で 結露しない程度
ヘッドを温めてから
貼られる方が
途中で剥がれる危険性は
薄れます。

20gを超える何かを
貼る場合は
相当強力な粘着テープ
もしくは接着剤が
必要ですから
ご注意ください。

通常お使いのクラブも
気温が13度を下回る場合
5g程度の増量でも
かなり コースでの
ミスを回避出来ますので
お試しください。

また バンカーが苦手な方
フェアウエイウッドが苦手な方
双方 ともに
ヘッド増量は絶大な効果があります。
量は ケースバイケース ですが
これも 騙されたと思って
鉛 中毒 に
なってみて下さい。

真面目な話
鉛は有害物質ですので
勿論 口にしたり
使い終わったモノを
ゴミ箱に捨てたりするのは
マナーとして
避けましょう。

鉛は何度でも再生可能ですし
悶絶系のクラブの場合
頭が重く
ゴルフバックが
アンバランスになり易いので
バッグの重しとして
お持ち帰りください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分のスウィングの映像を 改めてみると
自分の思い描いている動きとは
全く異なることが多い。。。ようです。

過去の何度か 自分のスウィングを見て
「誰のスウィングですか?」
と 質問された方もいまして。。。
「あの〜 服装が同じですけれど。。。」
「あっ☆ 自分な・の・ね」
との 会話も記憶にあります。

スウィングの結果⇔映像 は
好む 好まざる に関わらず
殆ど 自分の動かしたクラブの作る不可抗力
によって 造られていると言って良い訳で
その不可抗力で 望ましくなく振らされるか
望ましく振らされるかは
その時々での クラブの位置やフェースの向き
によって決まると言えます

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

その大きな要因の一つに
クラブの重さ ヘッドの重さがあります

クラブは 秤で測るとある数値が出る訳ですが
それは 姿勢や位置 運動性によって異なります。

その中でも クラブの長さと言うのが
非常に大きな要素です。

テークバックとは クラブの長さを
出来る限り ゼロにする行為 とも言える訳で
それを 徐々に 長くしていくのが
スウィングとも言えます
(ダウンスウィングではありません)

クラブを最大に長くすれば
皆さんの好きな
(嫌味ですけど)
遠心力
も最大になるのです。

どちらにしても遠心力は発生する訳で
そうであるのなら その遠心力を利用する
とすれば 何に対して 
そして どの場面でしょう。

ドライバーショットを打った時の
自分の受ける衝撃… ボールの重さは
1トンを超えるのです。

それに適しているのが 遠心力 だと思うのです。
遠心力を利用して ボールをどかす
(移動させる)

その為には クラブの長さを上手にコントロール
する必要があると思うのです。

ボールより手前で遠心力を発生させれば
・・・クラブを長くしてしまえば
重さを体の右側にかけてしまい
 別な言い方をすれば 右の重さが残ってしまいます

インパクト付近で 長さを最大
もしくは インパクト以降で長さを最大にするように
考えていけば テークバックがクラブの長さをゼロにする
クラブを格納する と言えば良いのか
と言うのも 理解出来てくると思うのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


煽り打ち。。。もしくはしゃくり打ち
の殆どの原因は。。。 シフト
 体重移動が出来ないコトに有ります。

体重移動は ゴルフのスウィングにとって
必要不可欠なアクション・動作ではありますが
体重移動は 単独で存在する訳ではありませんし
あの忙しいダウンスウィング中に意識して
行わなければならない
「テクニック」
ではありません。

ゴルフのスウィングで 体の向きを変える
その行為の軸 支点 柱 になるのは
人間の背骨 です。

人間の体の厚みに対し 背骨は一番後方にあり
内臓など 重い部分は 当然ですが
それよりも前方にあります。

背骨を軸にして 体〜上半身(股関節より上)を
右に向ければ その重い部分は 右脚の上に乗る形
右に体重が乗る形になります。
股関節は 左右共に これも当たり前ですが
背骨の真下には無く 具合良く
右を向いた時 左を向いた時 それぞれで
体の重さを支えるように出来ています。


ゴルフスウィングをしない
クラブを持たない ボールを打たない
左右の向きの変更の動作では 誰もが
簡単に出来てしまう 当たり前の動作です。

しかし クラブを持つ スウィングをする
ボールを打つ となると 途端に出来なくなるのは
一体なぜなのでしょう。。。

fromsky-1098フレームショット


煽り打ちのように 左を向いたつもりでも
結局 姿勢を崩し 本当は上を向いている
疑似左向き になってしまうのは
何故なのでしょう

それは。。。

その打つ人の作り出す クラブによる
不可抗力が 打つ人の姿勢や体重を大きく
左右してしまうからです。


ゴルフクラブ… 悶絶クラブであっても
7番アイアンで 400〜420g位です。

しかし その重さには 一切 長さ
が加味されて居ません。

その400g強の重さは 重力上
グリップの真上 シャフトが垂直になった
状態の重さですから
シャフトが地面と平行になった時は
1m程度の重さが加算 400g×100
となる訳です。

これに 運動が加わります
例えばヘッドスピード 30ms としても
400g × 100僉 漾。械ms
人間の受ける 負荷は 桁違いに増えていきます。

グリップを支点に クラブを円に振ってしまえば
これに 遠心力も加わってきます。

ヘッドターン(フェースローテーション)をすれば
更に 重心距離×ヘッド重量分×運動速度も加わりますし
これも 小さな円運動ですから 遠心力も加わります。

どのようなアドレスであっても
左脚は ボールよりも前(ボールの飛球線方向)
にある訳ですから ボールを打つ前に
必要以上にクラブを長くしてしまったり
クラブを振ってしまったり
打つ人の負荷としての クラブの重さを増やして
仕舞う行為をしてしまえば
当然 打つ人は その影響を受けることになります。

クラブを必要以上に 重くしてしまえば
左にシフトしたくとも 右に重さ
想定以上の重さが掛かります。
クラブを円運動させてしまえば
外方向 や 下方向に 引っ張られる力 が
働きますから 左に 行きたくとも イケマセン。

右サイドに 錨が打たれてしまうようになるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


煽り打ち

ドライバーショットに限らず
スウィングの最下点〜以降で
インパクトすることを指します

これも勘違いしないで頂きたいのは
スウィングの最下点 …ヘッドの一番低くなる
ところは 腕のアクションでは無く
体の向きの変更 & 傾き によって
一番低くなるトコロ ⇔ 体の正面
と言うコトになります。

ドライバーショットの場合
ティーアップをしていますから
その部分が ティーアップの高さ分
左にずれているので あくまでも あくまでも
あくまでも 結果として ややアッパー
になるのであって スウィング軌道を意図的に
アッパーにするのは 百害あって一利なし
と言えるでしょう。

ohigas217

体のライン
ベルトのライン や 肩のラインが
地面の平行気味 になっている時が
インパクトタイミング ですから
例え ティーアップ分 ボールが左気味にあるとは言え
左かかと付近では 正しくクラブを扱えば
そこが最下点付近になる筈。。。 なのです。

アッパー打法は スライスもし難く
距離増加には一役買うのは確かなのですが
その 副作用は ショットにも深刻な問題を生みますし
体への負担の強烈になります。

鼓笛隊打法 習得の過程で
弾道を下げていきたい 希望と重なり
煽り打ちを 正解と勘違いしてしまっている例が
少なくありませんから 十分 ご注意ください。

煽り打ちが始まると
ご想像の通り 地面から打つ フェアウェイウッドなどが
ダフリチョロやダフリトップになったり
クラブのダフリ傷が バンス側に強く付くようになります。
また バンカーショットを苦手をする傾向も
強くなりますから 症状が進行する前に
早めに 自覚しておく必要があります。

1.右軸足が出来る
2.右向きが出来る
3.右軸足が解ける
4.右向きが解ける
5.左軸足が出来る
6.左向きが出来る


これが 正しいゴルフでの向きの変更です。

煽り打ちの多くが 3.の行程後
いきなり 積極的に 左向きを作る場合に
多く発生します。

左の軸足が出来ていないのに 無理やり左向きを
作ると 本当は上を向いている のに
脚などの姿勢を崩して 疑似左向きを作って
仕舞うからですが その主原因は
左に体が預けられない シフト出来ないから です。

シフト は 本来 自然に出来るよう
 クラブ(形状)は形成されています。

正しくクラブを扱えば 自然に いつの間にか
左へシフト させられてしまうモノです。

関節の可動域や 左脚の基礎筋力は
身に着けた方が良いのかも知れませんが
テクニックとして 左にシフトするのは
正直 不可能に近い程難しく
一番忙しい ゼロコンマ数秒の間にそれを
毎回行おうとすることは 空を飛ぼうとするのに
匹敵するほど のコトとご理解下さい

    続きは また明日。。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「ラインを出す」って言葉がありますね
アプローチなんかをする時に 使われる言葉
ですよね。。。

フェースローテーションを主体とする
スウィングの人にとっては どういう意味合いなんでしょうか
よく分からないのです 今でも。


刷毛塗であれば それでラインは作れます。
実際のスウィングの際には そのラインは
自分の胸を平行ですので トップオブスウィング時には
シャンク方向〜かなり右方向と言うコトになります。
アドレス時のターゲットライン。。。
そこに持ってくるのには 動き出す段階で
かなり右をイメージして ターゲットライン
俗にいう ラインを作っておかなかなければなりません。

MOL061_Sc

一方 フェースローテーションスウィングの場合
ヘッドをターン させる訳で
クラブが曲線運動〜円移動 するのに加え
フェースローテーションをすれば
その軌道は 更に小さな円 イン トゥ イン
になる訳で その中で どう ラインを出せばいいんでしょう?

ルーレットから飛び出る球
のような イメージをも持ってしまうのですけど
それを どうイメージし コントロールすれば
良いのか 未だ 掴み切れないのです。

ゴルフ中継などでは 盛んにその言葉が使われている
ようなのですが 使っている方ですら
イマイチ 言葉の意味や動作とのつながりは
掴めていないようで。。。

アプローチの際だけは ローテーションをしないと
すると 大きなロフトで打つことになりますから
左右の回転は無くとも ボールの回転は増えることになります
左右の方向性は良くなったとしても
前後(距離)の方向性は掴みにくくなる筈 です。

ラインを出すようなシチュエーションでは
転がし に近い弾道を打ちたい のでしょうから
そこで 上げる球を打つのは
上手く打てば打つほど ショートする結果が
目に見えている訳です。

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

刷毛塗のライン出し としては
両肘さばきと。。。肩の揺さぶりでなく
両肘さばきで グリップ部が胸から離れないようにすること
と 右胸の前から左胸の前にグリップ部をずらすのは
体の向きが右を向いていて 左サイドが
低い間に 行い「始める」 ということでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


フェアウェイウッドであっても アイアンであっても
隣同士との番手は 3度〜4度 である。

時計の針の秒針 一秒が角度としては 6度

一秒分のズレで 隣同士とのロフトは逆転して
仕舞うのである。。。

クラブの距離差は長さ
 と思っているゴルファーは
少なくないけれど 長さはいつも その装着される
ヘッド重量とともに変化しているのだから
長くなれば 軽くなり 短くなれば 重くなる
という 破壊力を生み出すモノは あまり大きな
変化を生まない

逆に 高さやスピンの方が エネルギーが
必要になる訳で 破壊力としては
短いクラブの方が 多く持っている と言っても
過言ではない。

厳密には クラブの長さも ヘッドの入射角度を
産み出すと言う意味で ロフトの一部とも言える訳で
ゴルフバッグから クラブを抜き出す理由は
やはり その番手のロフトの距離を打つため
と考えて間違いないだろう。

2f69dcd8.jpg

フェースをローテーション
特に開いている フェースを
閉じていく過程と言うのは
フェースを上方向に回転させる動きになる

ダウンスウィングと言う 全体を下げていく
時間の中で 局所的に上げる動きをしなければならず
下げながら 上げる という相反することを
同時にしなければならない

フェースをローテーションさせる
という小さな円運動は
クラブ全体の円移動と 大きさも方向も
異なるものであるから
クラブ全体の円移動に影響も与える

フェースローテーションの無いスウィングと
フェースローテーションの有るスウィングでは
当然 その軌道は ある モノの方が
波を打つようになってしまう

大きくロフトも変わり
ライ角度を含めた 飛び出しの方向も変わり
打点もあがったり 下がったり
下げながら 上げる 難易度の高い動きになり
クラブ全体の動きにも 決して良い意味でない影響を
与える フェースローテーション

しなければならない? しなければ打てない?

アドレスの状態では 決して 開いていないロフト
それを開くから 閉じなければならない訳で
開かなければ 閉じる必要もない。。。


開く動きは 本来 体の向きの変更で
動くはずのヘッドの横移動 円移動を
単に 両腕のねじりによって ものぐさ しているに
過ぎず 手先で動かしたクラブの補正を
難易度を上げる覚悟の上で 手先で動かしているだけに
過ぎない

ローテーションして クラブヘッドを
グリップ部よりも追い越す 動作をするのには
グリップ部を減速する とか 止める 必要が
出てくる訳で それは 必ず 体…関節へのひずみに
なって蓄積されてしまうだろうし
ボールをさばく ボールをどかす 一番負荷のかかる
部分 箇所 時間を 腕の回転力によってのみ
するのだから 若く 鍛えられる時ならいざ知らず
女性や おじさんになってから やって
良い事はなにひとつ無いと思うのだけれど・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ